超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



1971年から1973年まで放送された人気番組仮面ライダー。当時のお子様たちはテレビの前に陣取ってライダーたちを応援し、休日は友達と仮面ライダーごっこをして遊んでいたことでしょう。

仮面ライダーを含めたヒーロー作品に欠かせないのが、ヒーローに倒される数々の悪役達ですよね。ヒーローの活躍を輝かせてくれる悪役の中には、劇場版でしか見られないキャラクターもたくさんいるんですよ。

今回は、劇場版仮面ライダー第1作に登場する劇場版オリジナルキャラクターのザンジオーについて調べてみました。ザンジオーはどんな悪だくみをしてくれるのでしょうか。また、TV版でも出るのかどうかも気になります!早速見ていきましょう。


ザンジオーは人気キャラクター!


ザンジオーは仮面ライダー劇場版第1作・仮面ライダー対ショッカーに登場する怪人です。仮面ライダーシリーズ初の劇場版オリジナルキャラクターですが、テレビシリーズでも再生怪人として登場するんですよ。

ザンジオーはとても人気があり、雑誌・テレビマガジンの1972年9月号で発表された「ショッカー怪人・人気コンテスト」では「1番好きな怪人部門」で2位、「一番強い怪人部門」では3位に入賞しています。

そんな人気者のザンジオーはいったいどんな怪人なのでしょうか。

ザンジオーとは


ザンジオーとは、日本アルプスに住む人喰いサンショウウオの怪人です。もとになったサンショウウオは粘膜におおわれてヌルヌルしていそうな体ですが、ザンジオーはなんだかゴツゴツしていますね。デザインの原型は漫画版に登場するロボットなんだとか。

ザンジオーは「エリート怪人」の異名を持っていて、生み出した死神博士いわく最高傑作なんだそうです。作中では、エリートの名に恥じない活躍が見れるんですよ!気になるザンジオーの基本情報がこちらです。

  • 身長:195cm
  • 体重:84kg
  • 出身地:日本アルプスの緑が沼
  • アジト:日本支部本局
  • 鳴き声:イギィー・ギェ・ギェー
  • 弱点:乾燥すること(動きが遅くなる)

個人的なイメージですが、ザンジオーはプロレスとか総合格闘技が強そうって感じしませんか。ザンジオーの両腕「マシンアーム」は常人の20倍の腕力を発揮して、両足は両腕と同等の仕組みに強化筋が備わっているんですって。強そうって感じるはずですよ。

仮面ライダーに引けを取らない腕力とジャンプ力を持っているため、能力無しでライダーと戦っても良い戦いを見せてくれそうですよね。技の掛け合いなんかしたらそこにリングが見えてきそうです。

頭に付いた触角は場所を問わず指令を受信するためのもので、その名も超触角アンテナ。そのまんまのネーミングに思わず笑ってしまいました。場所を問わず受信できるのはすごいですが、受信専用と考えると現実世界では役に立ちそうにありませんね。

ザンジオーの能力

特殊能力を複数持つ怪人って何体もいますよね。ザンジオーも2つの特殊能力を持っているんですが、思わず「えっ!」っと言ってしまうほど不思議な能力なんですよ。ザンジオーの能力はなぜ不思議なのか。簡単に特殊能力をご紹介しますね。

能力その1・身体を〇〇に変化させる


ザンジオー最大の能力は、その身体を泡状に変化させ予測不可能な行動ができるというものです。水辺に住むサンショウウオの怪人なので、泡状になれるのは納得ですよね。身体を液化させるという表現もありました。

この能力によって、ザンジオーはどんな狭い場所にも入り込むことができ、地中を移動したり、泡の中に人を引きずり込んで誘拐することもできるんです。どこから現れるかわからない、まさに神出鬼没の怪人ですね。

実際どのように動いているのかは不明ですが、瞬間移動もできるそうですよ。泡になって飛ばされて、飛ばされた場所で怪人になって?想像力が追いつきません(笑)

能力その2・口から〇〇を吐く


ザンジオーの2つ目の能力は、口から10,000度もの高熱火炎を吐くというものです。鉄が約1,500度で溶け、コンクリートが約1,300度で液化しますので、建物なんか即ドロドロになる温度ですね。仮面ライダーじゃなきゃ戦えません。

建物を溶かすほど高温な炎を吐くってすごいですよね。ですが、冷静に考えてみてください。火って水に弱くないですか?しかもザンジオーの弱点は乾燥です。火って水分を飛ばしてしまいますよね?

これが「不思議な能力」とお伝えした理由です。水辺に住むザンジオーの身体は炎の威力を弱めてしまいそうですし、炎を吐くことでザンジオーの身体は悲鳴を上げてしまいそうですよね。現実的に考えるとツッコミを入れたくなります。

パパ
乾燥しすぎると、最悪死んじゃうんだって。火炎攻撃を使い過ぎたら自滅しちゃいそうだね。

そんなザンジオーが登場する仮面ライダーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


初登場作品をご紹介!


ザンジオーが登場するのは仮面ライダー劇場版第1作・仮面ライダー対ショッカーです。この作品は、たった32分間の間にストーリーの要点をまとめ上げ、子供たちが見たいであろうシーンがたくさん盛り込まれています。

そんな劇場版に登場するザンジオーは37体の再生怪人のリーダーで、エリートの名に恥じない活躍を見せてくれます。ただ…自分より格下の怪人に命令されるそうです(笑)はたしてザンジオーはどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

仮面ライダー対ショッカーはこんなお話

あらすじの紹介に入る前に、簡単に登場人物をご紹介します。

  • 本郷猛(ほんごう たけし)
    仮面ライダー1号
  • 一文字隼人(いちもんじ はやと)
    仮面ライダー2号
  • 滝和也(たき かずや)
    本郷達の仲間のFBI捜査官
  • 石倉五郎(いしくら ごろう)
    立花レーシングクラブに出入りする少年
  • 大道寺(だいどうじ)博士
    地球物理研究所の研究員
  • 阿野(あの)
    大道寺博士の助手
  • 珠美(たまみ)
    大道寺博士の娘
  • 死神博士
    ショッカー大幹部
  • ザンジオー
    再生怪人たちのリーダー
  • 再生怪人たち
    多数登場するもあっさり負けます

地球物理研究所の大道寺博士は、地球の回転軸(地軸)を変えることができるという人口重力装置GXを発明します。この人口重力装置GXをめぐってストーリーが展開されていきますよ。

研究所を襲撃!


世紀の大発明の存在を聞きつけ、死神博士率いるショッカー達が人口重力装置GXを奪うために地球物理研究所を襲撃します。そんな気はしていましたが、早速装置を奪いに来ましたね。行動が早い!

大道寺から研究データを持って逃げるように言われた阿野は、扉の隙間から現れた謎の泡に飲み込まれ、研究データは奪われてしまいます。研究データを手に入れたショッカー達は研究所を爆破。アジトに戻り、データの解析を行います。

今回のショッカー達の作戦は、地軸を変えて大洪水を起こし、日本列島を海の底に沈めること。劇場版なだけあって作戦もダイナミックですが、なんと肝心の装置は方程式が抜けていて不完全だったのです。

研究データが悪用されないよう細工をしていたようですね。装置を完成させるための鍵を握っているのは?!

仮面ライダー2号の登場!


研究所を爆破されたものの大道寺博士はなんとか脱出し、データを取り返すため車を走らせます。その途中、道路に倒れている阿野を発見し保護。そこで方程式のありかを阿野に話してしまいます。ということはやはり?

案の定、倒れていた阿野は再生怪人・ハエ男の姿に。方程式が珠美に預けられていることを知ったハエ男は、用済みになった大道寺博士を始末しようとしますが、そこへショッカーの極秘暗号通信を解読した一文字と滝が駆けつけます。

大道寺博士は滝に保護され、一文字は逃げたハエ男を追いかけますが、再生怪人・サボテグロンとモグラングに行く手をはばまれ仮面ライダー2号に変身。サボテグロンのサボテン爆弾を蹴り返し、あっという間に3体の怪人を倒します。

研究データは大道寺博士の娘・珠美が持っていることがわかりましたね。ですが、珠美はまだ子供です。子供の珠美はどのようにデータを所持しているんでしょう?

珠美の誕生日パーティー


大道寺家では珠美の誕生日パーティーが開かれ、五郎も参加していました。珠美がろうそくの火を吹き消しますが、なぜかケーキが激しく燃え上がります。驚いた五郎達は慌てて窓から逃げようとするも、再生怪人・アリガバリとドクガンダーが襲ってきました。

アリガバリとドクガンダーが珠美を連れて乗ってきた車に戻ると、残っていた戦闘員達が全滅しています。ショッカー車に乗ってるの?!というツッコミは置いといて…笑い声が響き渡り、頭上には本郷の姿が!

本郷は仮面ライダー1号に変身。サクサクっとアリガバリたちを倒しますが、謎の泡と共にザンジオーが登場し苦戦を強いられます。そこへ仮面ライダー2号が駆けつけるも、珠美はザンジオーに連れて行かれてしまいました

立花レーシングクラブに保護されていた大道寺博士のもとへ、本郷・一文字・滝の3人が気絶した五郎を抱え帰ってきます。珠美が連れ去られたことを知り、ショックを隠せない大道寺博士。そんな中電話が鳴り響きます。

電話の主はなんと死神博士!翌日の正午、地獄谷にて珠美と方程式を交換するとのこと。手紙が着いた矢が飛んでくるのを想像していましたが、わざわざ電話番号を調べて電話してくるんですね。

緊張の取引!方程式はどこに?


翌日、一文字と大道寺博士が取引のため地獄谷へ向かうと、死神博士が現れ取引が始まりました。大道寺博士と珠美が交換されると、一文字の周りを再生怪人たちが取り囲み、死神博士は勝ち誇ります。しかし一文字は高笑い。

人質にされていた大道寺博士は変装した本郷で、今度は死神博士を人質に。レアな大幹部の人質姿ですが、一文字を囲んでいた怪人たちが退散するも、空からプラノドンとギルガラスの奇襲を受け、死神博士を逃がしてしまいました。

本郷と一文字は仮面ライダーに変身。28体もの再生怪人たちを次々に倒していきますが、そこにザンジオーの姿がありません。ザンジオーはいったいどこに行ったんでしょう?ライダー達はザンジオーを探しに行きます。

駆け付けた本物の大道寺博士に珠美を引き渡し、方程式のありかをたずねます。方程式のデータは大道寺家にある珠美のぬいぐるみに隠してあるのだそう。なんと、研究者たちはデータを悪用されないように身内のプレゼントに隠すそうなんです。

身内のプレゼントにデータを隠すってことは、珠美を騒動に巻き込んだのは大道寺博士じゃないですか。珠美が無事でなによりですが、本郷たちが細かいことを気にしない方々で良かったですね。

ザンジオー発見!


大道寺家に先回りしていたザンジオーがデータが隠されたぬいぐるみを手に取ろうとすると、窓から1号が現れぬいぐるみを奪います。いじめっ子のごとくぬいぐるみをパスしあうライダー達ですが、ザンジオーにスキを突かれ奪われてしまいます。

いつのまにか戦闘シーンでおなじみの場所へ。ザンジオーは高熱火炎攻撃でライダー達を苦戦させるも、攻撃をかわしたライダーたちにボコボコにされ、ダブルライダーキックを受け敗北します。

熱い握手を交わすダブルライダーたちはそのままバイクにまたがりエンディングへ。

パパ
ダブルライダーの並走シーンはすっごくかっこいいんだよ!

ザンジオーの活躍まとめ

ザンジオーが登場するのは、物語の最初と途中と最後です。あらすじを見る限りあまり活躍していないのでは?と思ってしまいますね。試しにザンジオーの行動をまとめてみました。

最初 地球物理研究所にて、大道寺博士の助手・阿野を襲い研究データを奪う
途中 再生怪人たちの活躍後に珠美を連れ去る
最後 たった1人でダブルライダーを苦しめるも、ダブルライダーキックを受けて爆発

全体的に良いとこ取りしていませんか?どれも再生怪人たちが頑張った後です(笑)ですが、違う見方をすれば再生怪人たちの尻ぬぐいともとれますね。リーダーとして部下たちのミスの責任をとっているといったところでしょうか。

ザンジオーの登場をよく見てみると常に単独で行動しています。これは「私は1人でなんでもできます、1人でも戦えます」というの自信の表れに見えます。エリートの名前にふんぞり返っているから痛い目みるんだぞ~。

28体の再生怪人が一気に攻めても勝てなかったのに、ダブルライダーにたった1人で立ち向うってかなり勇気がいりますよね。きっと心臓バクバクだったんじゃないでしょうか。そう思うとよく頑張った!と褒めたくなります。

劇場版には素敵な意味が込められている!

仮面ライダー対ショッカーは、テレビシリーズの主役が仮面ライダー2号から1号へと再交代される時期に製作されています。この作品には、テレビシリーズ2号編から新1号編への橋渡し的な要素が盛り込まれていたんですよ。

テレビシリーズでの仮面ライダー1号の変身ポーズが、旧1号編と新1号編で変わっていることにお気付きでしょうか。「ライダー…変身!」の掛け声も新1号編から加えられていたんですよ。実はこの新しい変身ポーズは、この作品が初めてのお披露目だったんです。

ショッカー戦闘員もガイコツのような骨模様になっていますよね。あのスーツも作中で初めて登場したんですよ。見ていた方は、あれ?なんか違うぞと思っていたことでしょう。

作品には仮面ライダー2号も登場しますよね。2号がいなくなることを知っていると、この作品がその前ぶれに感じてしまいます。それでも、橋渡しの役割を持った作品ってなんだか素敵ですよね。

パパ
最後の1号と2号の握手は、「今まで一緒に戦ってくれてありがとう。」って言葉が聞こえてきそうだね。



ザンジオーはテレビシリーズ第66話にも登場!

ザンジオーは仮面ライダーテレビシリーズ第66話「ショッカー墓地 よみがえる怪人たち」にも登場します。第66話は、劇場版オリジナルキャラクターであるザンジオーが唯一テレビ画面に登場する回なんですよ。

テレビシリーズに登場するザンジオーは再生怪人で、過去に活躍したジャガーマンや毒トカゲ男たちと共に復活します。

再生怪人とは

一度倒されたが、再生手術や暗黒の儀式によって復活した怪人たちのこと。
蜘蛛男によると、改造人間は壊れた機械部分を修復すれば息を吹き返すらしい。

ザンジオーはテレビシリーズでどんな活躍を見せてくれたのでしょうか。エリートらしい姿を期待します!

第66話のあらすじ

海で釣りをしていた2人の男性の前に霧が立ち込め、霧の中からカミキリキッドが登場。男性1人は能力テストとして殺害され、もう1人は儀式「悪魔祭り」のいけにえとしてショッカー墓地に連れていかれてしまいます。

いけにえ1人につき復活する怪人は5体。悪魔祭りによって、ジャガーマン・毒トカゲ男・サイギャング・ハリネズラス・ザンジオーが再生怪人として復活。滝や立花レーシングクラブの仲間たちが次々襲われ、仮面ライダー1号は助けに向かいますが…

第66話は過去の怪人が複数登場し、怪人ファンにとってはたまらない回ですね。再生怪人5体にカミキリキッドと、6対1で仮面ライダー1号は圧倒的に不利ですが、怪人たちは負けてしまいます。それだけ1号が強いということですね。

パパ
再生怪人は戦闘能力が分散されるから弱くなるとも言われているんだよ。1人で5体分と考えると弱くなっちゃうのは仕方ないかもね。

ザンジオーの活躍は?

ザンジオーのエリートらしい活躍を期待していましたが、怪人の主役はカミキリキッドですし、さすがに目立った活躍はできないですよね(笑)

怪人たちの使命は悪魔祭りを成功させ1号を倒すこと。結果負けてしまっているので誰も仕事してないように見えますが、作戦におけるそれぞれの役割は果たしているようですよ。

ザンジオーの役割は1号の注意を引きつけることです。1号の仲間たちの誘拐を成功させるため、1号を倒そうとするフリをして時間稼ぎをしています。見事誘拐に成功しているので、ザンジオーは活躍したと言えますね。

せっかく作戦が成功していたのに、戦闘中にカミキリキッドが仲間たちを誘拐したと1号に言ってしまったため、1号も怪人たちもショッカー墓地に向かうことに。「お前がボロ出すから!」と再生怪人たちは怒っていたことでしょう。

お得な映画・東映まんがまつりでも上映されていた!

ザンジオーが登場する仮面ライダー対ショッカーは、東映まんがまつりというシリーズの中で上映されていました。当時のお子様達はみんな、東映まんがまつりを見に連れて行ってもらって劇場版を見ていたようですよ。

気になったので東映まんがまつりについて調べてみました。東映まんがまつりは通常の上映作品とは少し違うようですよ。

東映まんがまつりとは

東映まんがまつりとは、東映の子供向け映画を数本まとめて上映するシリーズで、春休み・夏休み・冬休みの時期に合わせて上映されていました。

1980年代初期までは、メインとなる1~3本の劇場版オリジナル作品と放送済みテレビシリーズの1エピソードが数本上映され、東映以外の作品が上映されることもあったそうですよ。

1970年以前はビデオなどの映像ソフトがまだなく、テレビ作品の上映は貴重な再視聴の機会だったため多くの子供たちに人気がありました。ですが家庭用ビデオの広まりと共に、上映される機会が減ってしまいます。

タイトル名の変更や作品のジャンル変更を重ねたものの、1990年に上映が途絶えてしまった東映まんがまつりですが、なんと執筆時(2019年)は29年ぶりに復活するとの情報が!人気アニメなど4作品が上映されるそうですよ。

もしかしたら今も映画館で見れるかもしれませんね。一度にいろんな作品が見れるお得なシリーズですので、お子様も大喜びするに違いありません。

上映された仮面ライダーの作品は?

東映まんがまつりで上映された、仮面ライダー1号が主役の作品は以下の3作品です。劇場版作品はそれぞれ公開時に面白いキャッチコピーが付いているんですよ。

ゴーゴー仮面ライダー
(1971年・夏公開)
テレビシリーズ第13話を映画用に画面のサイズ変更をしたもの。
仮面ライダー対ショッカー
(1972年・春公開)
オリジナル劇場版作品。「すごいぞ!ジャンボだ!ボクらの仮面ライダーが映画になった」のキャッチコピーが付いている。
仮面ライダー対じごく大使
(1972年・夏公開)
オリジナル劇場版作品。「あっ!新怪人カミキリキッドだ!ぼくらの仮面ライダーが、大画面で大暴れ!」のキャッチコピーが付いている。

上映当時は、同じ特撮シリーズを手掛ける東宝がゴジラ映画をメインにした「東宝チャンピオンまつり」を上映していて、お子様達は仮面ライダーかゴジラかという究極の選択にせまられていたそうです。

子供の頃は東宝のゴジラを選んだけどやっぱり仮面ライダーも見たかったな~と、大人になってから仮面ライダーを視聴して当時を懐かしむ方も多くいらっしゃいましたよ。

この3作の仮面ライダーシリーズは、2003年12月に発売された「仮面ライダーTHE MOVIE BOX」に収録されていました。専門チャンネルでの放送を待たなくても、自宅で懐かしの映画が見れちゃいます!

仮面ライダー対ショッカーは、昭和・平成含め仮面ライダーシリーズ初の劇場版作品です。記念すべき作品ですので、ぜひとも視聴してみたいですね。

そんなザンジオーが登場する仮面ライダー「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • ザンジオーは劇場版オリジナルの人喰いサンショウウオ怪人
  • ザンジオーはエリート怪人だった
  • ザンジオーは仮面ライダー対ショッカーに登場する
  • ザンジオーはテレビシリーズ第66話にも再世怪人として登場する
  • 仮面ライダー対ショッカーは東映まんがまつりの一遍として上映された

怪人を含むショッカーって、戦闘員を引き連れてわらわら出てくるイメージがありますよね。ですがエリートのザンジオーは常に1人。それだけでも十分他の怪人とのレベルの差を感じますし、劇場版とテレビシリーズの違いも感じます。

仮面ライダー対ショッカーは、現在の半分の上映時間の中に同じだけの要素が詰め込まれています。ストーリーに追いつくのは大変かもしれませんが、きっと見ごたえ抜群です。親子で見たい映画がまた1つ増えました。

久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ