超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



烈車戦隊トッキュウジャーに登場する敵のボス。闇の皇帝ゼットは、シャドーラインの幹部たちが真の支配者にしようとした皇帝でした。

ゼットは中々に変わったキャラクターで、最初にトッキュウジャーと戦った時も敵意ではなく好奇心でちょっかいをかける感じだったんですよね。今までの戦隊もののボスキャラと比べると、第一印象はかなり違う感じがします。

今回は、そんな謎に包まれた闇の皇帝ゼットについて徹底的に調べました!読んでいくうちに彼の意外な素顔が見れるかもしれないですよ~。

闇の皇帝ゼットとは?

引用先:列車戦隊トッキュウジャー公式HP

ゼットは真の支配者となるために、シャドーラインの幹部によって目覚めさせられる人物です。そんな幹部達は怪人の姿をしていました。

シャドーライン

シャドーラインとは、闇の力で地上を征服しようとしている組織です。真の支配者を立てるために、ゼットをよみがえらせた。

しかし、登場初期のゼットの姿は怪物どころか人間の姿をしているのです。ですが驚くほどに、その姿とは感じ取ることが出来ないほど体の内に秘めている闇が多い闇の化身でした。

闇の化身だったら、死神の格好やオノを持っていそうなイメージだったんですけど、想像とはかけ離れた格好で、いい意味で期待を裏切ってくれた感じだったんです。特に一番意外だったのは容姿。

それはそれはかなりのイケメンなんですよ~。こんなイケメンを闇の組織のボスにするのはもったいないくらいです。なんなら、夜の街で大活躍してそうなんですよね。

そんな闇の化身の皇帝様は闇とはほど遠く、むしろユニークなんですよ。遊園地で楽しんだり踊ったり、悪の感じとは正反対のことばかりするんです。

まあ、それには身内の幹部たちも驚きだったようですね。

ゼットは「きらきら」にとらわれている

ゼットは闇で生まれて光には弱いはずなのに、光がとっても好きなんです。不思議ですよねー、光が原因で逃げることもあるのに。そして、闇が嫌いなんです。

そんな理由で自分の部下が闇を広げていても全く興味を持たず、逆に「きらきら」したものにしか興味が無いのです。そのため、きらきらしたものを見つけるのも得意なようで、それがはっきりと見られたのはグリッタ嬢に対しての対応の変わりようです。

さっきも言ったように闇を広げる部下を煙たがり、グリッタ嬢もその例外ではなかったのですが将軍に対する好意で目に「きらきら」を発見!その「きらきら」を自分のものにするためにお嫁さんにしようとしたのです。

グリッタ嬢

グリッタ嬢とはシャドーラインの幹部で、ひそかにシュバルツ将軍を想っている女性キャラクターです。見た目は人間ではなく、怪人のような見た目です。

「嫁さんくらい奪うんじゃなくて自分で探せよ!」って思っちゃいますよね!そもそも、探さなくても良い容姿がたくさんの女性を集めそうな気もしますけど…。

ちなみに、彼が好きな「きらきら」は自らから出ているものが好きなのであって、他者から奪うものは好きではないのです。しかし、ゼットは人から奪うことでしか「きらきら」を手に入れることが出来ず、ゼットが望むものは一生手に入りませんでした。

パパ
自分の好きなものを手に入れられないのはかわいそうだね。
ママ
それでも、人から奪って幸せを手に入れようとすることは良くないことだわ。
パパ
きっと奪うことでしか手に入らないとしか考えられないのが駄目なんだ。

ちなみに、彼が「きらきら」を求めるようになったきっかけは、自身が大量の闇を吸い込む際に闇の中にわずかに光る「きらきら」があったことで「きらきら」を求めるようになったのです。

「きらきら」を求めるあまり、自らミラーボールを白に持ち込み部下たちを困らせることもありました。

このキャラクターは矛盾点が多いキャラクターですよね。しかし、この問題は私たちにも求められていて、いろんな切り口、角度から物事を考えないといけないことを、彼は教えてくれたのです!

冷酷非道な闇の皇帝ゼット

自分の部下たちのことを煙たがっているからなのか、それとも最初から冷酷非道なのか?それははっきりわかりませんが、とにかく部下は恐れられるのです。

「どんなに優秀な部下でも、不要と感じたら切り捨てる」と言い放つゼットを幹部で強いはずのネロ男爵も恐れるほどでした。「どんだけ圧が強いんだよ!」って思っちゃいますよね。

つまり彼は仲良しこよしのみんなで協力する組織を作るのではなく、力による恐怖と絶対的服従によって支配しようとしているのです。

ネロ男爵

シャドーラインの幹部の一人です。幹部の中でも上の立場にいます。

ちなみに、その犠牲になってたの幹部のシュバルツ将軍です。将軍については「シュバルツ将軍は何者?烈車戦隊トッキュウジャー1話から登場」を読んでみてください!

トッキュウジャーとの出会い

トッキュウジャーとの出会いは突然でした。出会ったときは敵のボスだとは知らずに、普通に遊園地で遊んでいました。

ゼットは例の関係で彼らが「きらきら」しているように見えて、友好的に振舞っていたんです。

引用先:列車戦隊トッキュウジャー公式HP

しばらく経ってから、幹部たちがボスを迎えに来て、その時に読んだ名前で初めて正体がばれたのです。まあ、「最初に名前くらい聞いとけよ!」とは思ってしまいましたが、それを聞いてはストーリーが成り立たないので見て見ぬふりをしましょう。

ちなみにゼットは闇のボスとして目覚める途中にクライナーから勝手に降り、その場所がたまたまトッキュウジャーのいる遊園地だったのです。

彼はちょっかいをかける程度の攻撃で、最後に「お前ら一回闇に飲まれたことがあるだろ」と捨て台詞を残し立ち去っていきました。

結局、トッキュウジャーとの最初の出会いはまさかの遊園地で一緒に遊ぶというシチュエーションだったんですね。これがもし世界が本当に征服されてたら、この時の出来事は一生のトラウマになったに違いありません。!

ゼットの変身形態

ゼットは吸収したり闇の力を解放させたりすると、自らの姿を変えて力を解放することが出来ます。ここでは、作中で彼が変身した姿を紹介していきます!

【ゼット怪人態】

登場初期はまだ人間状態で、恐怖を感じるような姿ではなかったのですが、ある条件を満たすことで変化します。その条件とは、グリッタ嬢を自分の体内に取り込むこと。

取り込むとはいっても直接食べるのではなく、まずはゼットがグリッタの体内に入り込みます。そして内側からグリッタ嬢を吸収してジワジワと自らの力にしていくという…。

その後、グリッタ嬢から登場するシーンは、なかなかグロッキーな映像として放送されました。「朝から放送していいのか?」って思った視聴者も多かったと思います。その分リアリティーがあって、私はくぎ付けになって観てしまいました。

【真・ゼット】

自らの幹部たちによってグッリタ嬢から分離させられ、闇の力があふれ出して登場した姿がこちらです。これはただ分裂して変化したのではなく、周りの環境に影響して変化したと考えられます。

引用先:列車戦隊トッキュウジャー公式HP

ノア婦人

シャドーラインの幹部の一人です。ゼットに吸収されたグリッタ嬢を救うために、自らのボスを敵に回しました。ノア婦人については以下の記事も読んでみてください!

なぜ二人を話す必要があったのか…。それはグリッタ嬢には闇の力を抑える力があり、皇帝は底なしの闇の力を持っていました。この二人はお互いに矛盾を生んでる存在で二人がひとつになった状態の怪人態では皇帝が闇の力を出すことが出来なかったんです。

そのグリッタが分離したということは、皇帝の闇の力が戻るだけですよね。しかし皇帝は分離した際に、周りが次々に「きらきら」を手に入れることに怒り、そしてその怒りが爆発したことで闇の力があふれ出し、真のゼットの姿になったのです!

パパ
たしかに自分の欲しいものを持っていると羨ましいよね。
ママ
それにしてもキラキラ好きね。
パパ
ちなみにこの姿のゼットはトッキュウジャーも恐れていたんだよ。

【闇の巨獣】

引用先:列車戦隊トッキュウジャー公式HP

この姿は闇とキャッスルターミナルをひとつにさせた姿です。この姿は闇の塊といってもいいでしょう。巨大な城についている目からは膨大な闇を出すことができ、歩くだけで闇に取り込むことが出来ます。

しかしこの巨獣には弱点があり、倒されてしまうと闇の力の半分を失ってしまうんです。ということは、一回倒されてしまうと元の姿に戻ってしまうという事ですね。そして、この無敵にも思える巨獣はトッキュウジャーによって倒されるのでした。

しかし弱体化したとはいえ、その力はトッキュウジャーと互角の力を持って戦います。激しい戦いの末、6人同時攻撃を食らい人間態に戻るほどの重症ダメージを負いました。

助けに来た幹部たちは自身の闇を皇帝に分け与えようとしましたが、まっすぐに戦おうとするトッキュウジャーたちの中に「きらきら」を見つけてしまったゼットは、その闇を受け取ることを一度は拒否しました。

ですが、やっぱり悪の心は簡単には変わりませんよね。助けに来た幹部二人を吸収し、力を取り戻したゼットはトッキュージャーに最後の執念で攻撃を仕掛けます。しかし、六人のイマジネーションを受けた虹のトッキュウ一号によって、ゼットは猛攻を食らい敗北するのでした。

敗北後は闇の力が弾け出し、ひそかに生きていたグリッタによって吸収され彼女と一緒に闇へと帰り物語は終わります。ゼットはトッキュージャーに敗れましたが、闇の力が弾け出しただけで消滅はしていないのでいつか復活する可能性も?

パパ
一度吸収して死にかけたのに、もう一度吸収するなんて・・・。
おばあちゃん
それだけ皇帝には悪とは言え、尽くす気持ちががあったのよ。

そんな大口兼悟さんがゼット演じた烈車戦隊トッキュウジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

闇の皇帝ゼット役は大口兼悟(おおぐち けんご)さん!

ゼット役は俳優の大口兼悟さんです!兼悟さんは「仮面ライダー555」をデビュー作とし「海猿」や「クローズZEROⅡ」などの作品に出ていました!趣味はアクセサリー作りで特技は少林寺拳法とのことです。

アクセサリー作りってなかなか可愛い趣味ですよね。それとは反対に特技が少林寺拳法。このギャップがファンには萌えポイントではないでしょうか。

兼悟さんにとって烈車戦隊トッキュージャーはかなり思い入れのある作品で、ツイッターにも番組紹介や商品紹介もしていたんですよ。

ちなみにゼット役をしたことで子供好きである兼悟さんが子供たちに怖がられるということがあり、複雑な気持ちになってしまったそうです。確かに、悪役の人がいきなり現れると怖いかもしれませんよね。

ステージでも人気者で、その容姿とキャラのイメージから一目を置かれていいました。悪役がここまでの歓声を浴びることはそうそうないですよね。

残念ながら大口兼悟さんは、2016年のミュージカル「アニー」を最後に引退してしまいました。トッキュージャーの放送が終わってから間もなくのことで、とても寂しいです。

しかし2019年に一時的ではありますが復活を果たしました。作品はやはりトッキュージャー!愛を感じますね~愛を。

大口兼悟さんの演じた作品の数々

約13年間、芸能活動をしてきた兼悟さんですが沢山の作品に出演していました。

  • 水戸黄門
  • 仮面ライダー555
  • 海猿
  • 絶対零度
  • 東野圭吾ミステリーズ
  • 婚活刑事

など約90種類の作品

90種類と聞けばすごく演じているように感じますよね。兼悟さんはテレビドラマや戦隊もの以外にも、舞台の活動も多く幅広く活動していました。

よく見るドラマにも出演していただけあって引退してしまったのは残念でなりませんが、またいつか俳優として活動再開することを期待しています。

そんな大口兼悟さんが出演した烈車戦隊トッキュウジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • ゼットは「きらきら」が好き
  • ゼットは冷酷非道な男
  • ゼットは闇そのもの
  • ゼットの俳優は大口兼悟さん
  • 大口兼悟さんは既に引退

ゼットは冷酷非道の男だと言いましたが、彼にも自分なりの野望があった訳です。そう「きらきら」を求めるために色々とやらかしていましたが、結局奪うことでしか得ることが出来ないと考えたんですね。

ゼットが奪う以外の選択肢を見出していれば、もしかしたらトッキュージャーと対立することなく済んだかもしれません。しかし「闇があってこその光」というくらいですから、闇そのものと言われるゼットがいなくなれば「きらきら」も無くなってしまうのかもしれませんね。

俳優の大口兼悟さんは既に引退されましたが、彼の演技はとても魅力的なのでまたいつかどこかでお会いしたいなと思いました。今は彼の今進んでいる道を素直に応援していきたいですね!

久しぶりにスーパー戦隊シリーズが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

昭和のスーパー戦隊

平成のスーパー戦隊

 

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ