超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



あなたは、列車戦隊トッキュウジャーの真のヒロインをご存じでしょうか?イエローの夏目美緒(なつめみお)?ピンクの泉神楽(いずみかぐら)?

いえ、違います。真のヒロインはそう、グリッタ嬢に他ありません!!えっ?それはありえない?そんなことはありません!

一途にシュバルツ将軍を想う心は美しく、そして健気。さらに声はベテラン声優の日高のり子さんが担当。これは悪側であっても間違いなくヒロインです。なので、ぜひご紹介させていただきたい!そう思います。

グリッタ嬢とはどんなキャラクター?

グリッタ嬢とは2014年から放送の列車戦隊トッキュウジャーに登場する敵、シャドーラインの皇帝に仕えているノア夫人の娘です。

ある男性を想い続け、その性格はまさに美しくも、ささやかに咲く花のよう。視聴者からの人気も高く、隠れファンまでいるとか。これで彼女がこの作品の真のヒロインだということをご理解いただけましたね?

さあ、そっと目を閉じて想像してみてください。たくさんのアニメでヒロイン役を演じた日高のり子さんの声色を持った一途にしおらしい女性の姿を。

さて、どんな女性を想像したでしょうか?純白のドレスを着た清楚な女性でしょうか?明るく元気な女の子でしょうか?ではその姿を思い浮かべながら、ぜひこのいじらしい娘をご覧いただきましょう。

おおっと、もしかしたら彼女の姿を見たらクラッとしてしまう人もいるかもしれませんね?心の準備ができたら下のBOXを開いてみてください。ああ、驚いたら彼女に失礼なので静かに開いてくださいね。

グリッタ嬢

彼女のお顔、見られましたか?見てしまいましたか…。そうですか。恥ずかしくて勇気が出せずにご覧になっていない人の為にあえてお伝えしましょう。そうなんです、彼女すごく見た目が怖いんです!!

しかし、この顔。よくよく見ると犬のある犬種に似ていると思いませんか?

そうです、そうです。モチーフはパグなのですよ。そう考えると可愛く見えるから不思議ですよね?……なるほど、まだ可愛いと思えないと。大丈夫です、心配する必要はありません。

最後まで読み進めればきっとあなたも彼女を「グリッタが真のヒロイン!」声にだして言えるようになるはずです。

いえ、なりましょう!ならなければなりませんっ!!はい、麗しきグリッタ嬢を問答無用でご紹介してしまいましょう。

グリッタ嬢の特徴について

2mを超える身長に200kgを超える体重。高身長のお相撲さんを想像していただければ、その体格の想像は大きく外れていないでしょうね。

そして、歩くたびに足音をドスッ、ドスッと地響きのような音を立たせるのです。サザエさんのタラちゃんの軽快な足音と比べてしまうと……やはり体重が違うのですね。

【シュバルツ将軍への恋心】

そんな彼女はシュバルツ将軍が落としたハンカチをもらい、大事にする乙女チックなところも。

そうなんです。彼女、最初からずっとシュバルツ将軍のことが好きなのですが、物陰からおしとやかに彼を見続けたり、時にはこっそり手助けすることもあるのです。彼がやられたときには心配して積極的に駆け寄ることもありました。

しかし、なかなかその想いは届きません。むしろ、シュバルツ将軍はその好意を利用することもありました。ですが、そんな彼女の一途さは最終的に彼の心を動かすことができました。やはり魅力的な女性は他人の心を掴むことができるということですね!

シュバルツ将軍とは

シャドーラインの幹部のひとりです。初めて戦ったときにはその圧倒的な力を見せつけ、性格そのものもまさしく厳しい武人です。

最初こそグリッタ嬢に冷たい態度を取ったり利用していましたが、最期には彼女を救って守り抜き、優しい態度を取れるくらいに心を変化させていきました。

【グリッタ嬢の能力】

母親から『結婚した相手を飲み込む』という力を受け継いでおり、それを持っているからこそ、ノア夫人は母親として、道具として娘のグリッタを大切に育てていたといってもよいでしょう。

なぜなら、闇の皇帝ゼットと結婚させて飲み込ませてしまい、権力を掴もうという野望がこの母親にはあったからです。シュバルツ将軍に恋をしていたというのに、あんまりですね。

ノア夫人とは?

グリッタ嬢の母親にして、幹部のひとりです。喋り方は見下したような敬語を使いますが、娘であるグリッタにだけは少し甘い一面も。ただそれも、彼女をうまく利用して闇の皇帝と結婚させる為だったのでしょうか。

しかし、劇中後半では命がけでグリッタを救う為に動く姿もあり、やはり母親だったということなのですね。

この一族は結婚相手を飲み込む力を持っているので、彼女の旦那さんもきっと彼女に取り込まれてしまったのしょう。……カマキリかな?

闇の皇帝ゼットとは?

11話にして登場したシャドーラインのボスです。闇の中にずっといたからか、光輝く人工物や生物の希望といった美しく見えるものを「キラキラ」と呼んであこがれに似たものを抱いています。

グリッタ嬢に会ったときは目がキラキラしていると気にいってキスまでしてしまいました。その性格は軽いが、冷酷な悪の皇帝として振舞うこともあります。光を欲しながら光が弱点という劇中に深みを与えるキャラクターです。

【グリッタ嬢の逃走】

皇帝ゼットと結婚したくないグリッタでしたが、「グリッタはどうしても皇帝のお妃になるのは嫌です」と逃げちゃいました。

パパ
ああっ、ママ?あそこに変な人がいるよー?
ママ
しっ!大人のくせに他人に指をさしちゃいけません!

このシュールな――――ごほん、こんな美しい女性が電車に乗っている光景を見ればそんな風に大人だって言いたくなりますよね?

そして、逃走先で木に隠れながら乙女のナイフでゼットを狙います。しかし、ぷるぷる震えていた彼女のことを彼は見破り、連れ戻されることになってしまいました。

このときがゼットとの初対面だったのですが、目にキラキラの輝きがあると気に入られて「グリッタちゃん」と呼ばれることになります。ここからグリッタ×シュバルツ×ゼットの三角関係が始まってしまうのでした。

ママ
あらあら、若い頃を思い出すわ。パパとは三角関係の末に結婚したのよね
パパ
待って。それ初耳っ!相手はっ??
ママ
あ、あら?おほほほほ、いいじゃないパパと結婚したんだから

女帝グリッタ誕生

ゼットから気に入られアプローチを受け続けていましたが、21駅でついにグリッタの恋焦がれるお相手、シュバルツ将軍に一緒に逃げようと相談します。しかし裏切られて密告をされてしまいました。恋する相手に裏切られるってなんとなく酷い話ですよね。

逃走先で連れ帰られたグリッタは清楚な純白のドレスに身を包んで花嫁となってしまいます。女性にとってあこがれの結婚式でしょうが、これは親に決められてしまった結婚。望まない結婚なのです。

現代日本でもちょっとした経営者の娘さんとかが家の為に……ってのはあるのかもしれませんが、親に強制される結婚というのでしたら幸福とは思いたくはないですね。

ですがその結婚式で話は急展開していきます。彼女の全身がパアッと光にあふれ、式場を照らし出す光。その光から巨大なキラキラした羽があらわれながら、目の前の男をガシッと掴むと一瞬にしてグリッタはゼットを食べるかのように飲み込んでしまったのです。

そう――――――。

女帝グリッタの誕生の瞬間でした。

結婚した相手を飲み込む力は強い闇の力をもつ皇帝ですら簡単に飲み込めるのですね!まさに計画通り野望が叶った瞬間!ですが、彼女のキラキラしていた瞳は赤く濁って優しかった心や言葉遣いも冷淡になってしまいました。

あの優しかったグリッタがその感情を失ってしまった……そうガッカリしたのですが、想い人からもらったハンカチを捨てられそうになったことで失ったはずの恋心を思い出します。愛の力は偉大ですね。

そして、やられそうになっていた恋のお相手のもとに急ぎ駆け付けるのです!青春、まさに青春ですね!

しかしその時――――吸収したはずのゼットが身体を食い破るように出てきてしまいました。グリッタは悲鳴をあげてその次の瞬間、消滅してしまったのです。

吸収されてもなお、戻ってきたゼットの力はすさまじいということなのですね!まさに闇の皇帝。まるで明智光秀のように女帝となったグリッタは短い天下で終わってしまったのでした。

パパ
ぐ、グリッタァアーーッ!!
ママ
あら、生きてるわよ?
パパ
……えっ?

グリッタ嬢の復活

パパのように叫びたくなりますが、実はゼットの中で彼女は生きていたのです。ですが、すでにことが起こってしまった後なのでシャドーラインという闇の組織が元の状態に戻ることはもうできなくなってしまいました。

そうでしょうとも。よりにもよって幹部がゼットからその地位を奪おうとしたり、カタキを討とうとして返り討ちにあった者が出てきてしまったのですから。もう、元の組織としての関係に戻るなんて不可能でしょう。

ですが消えてしまったかのように見えましたが、実は取り込まれただけで生きていたのです!

闇でありながらキラキラを持っていた特別な彼女のことを消さなかったのではなく、消せなかった。母親であるノア夫人はそう考えていました。

だからノア夫人は、裏切り者といわれながらもゼットと取り込まれた娘の傍に残りチャンスを待ち、それを知らずシュバルツ将軍は消えた彼女のカタキを討つ為にひとりゼットを倒す為に動いていくのです。

一話ごとに短い物語を重ねていく作品ですが、敵側もまた全編を通して大きなドラマを展開しながら話を深めていきますね!悪の組織側にも事情があるというのがとても出ていて分かりやすい脚本です!

ここからグリッタを中心に双方の物語が進んでいく、そういっても過言ではないかもしれません。少なくても皆がグリッタの為に想い、それぞれが自分から行動を開始したのは間違いありませんね。

そして36駅にて、ついにグリッタは自分の意思で一瞬だけあらわれ、皆にまだ生きていることを示します。

最初からそれを知っていたノア夫人が娘を救う方法を考え、シュバルツ将軍が作戦をもってゼットに戦いを挑む中、気まぐれなゼットはトッキュウジャーの電車にひとり乗り込んできます。

そんなとき、グリッタ嬢は入れ替わるように姿を見せ

ママ
「トッキュウジャー、お願いです。シュバルツ様を……止めてください」って願うように言ったのよね!

彼女は決して自分を助けて欲しいとは言いませんでした。愛する人が傷つき、倒されてしまうことを嫌がったのでしょうね。それと合わせてグリッタは自分が分離してしまうと誰にとっても恐ろしいことが起きるとすでに知っていたのです。

しかし、41駅でついに激しい戦いのさなか、娘を取り戻そうとするノア夫人の手によって解放されてしまいました。

パパ
グリッタ復活ッ!!

そして恋心の行方

なんてパパのようにそうも言ってはいられません。

復活した直後、ノア夫人は最後の抵抗にと嫌味を言いながら自分の娘の目の前でやられてしまうのでした。そしてグリッタが自身の中からいなくなったことで究極的に力を強めたゼットはその手でシュバルツ将軍をも倒してしまうのです。

そんな彼の最期は彼女に自分を助けてくれてありがとうとお礼を言い、グリッタを逃がして満足した様子で討たれた、というものでした。

消耗していたとはいえ、あっさりと幹部レベルを二人倒すことのできる真の闇の皇帝ゼットはその力を見せつけた、といっていいでしょうね。

母と恋した相手が同時にいなくなってしまったグリッタ。しかし心優しい彼女は、自分の身が闇側でありながらも人間に対して敵対する意思はなく、シュバルツ将軍が彼女を逃がす為に乗せた専用クライナーを操りトッキュウジャーへの協力を申し出ます。

「わたしは、わたしはもう誰かが消えるのを見たくない。それだけです」

なんて優しい言葉でしょうか。彼女は誰も恨まず、そんな平和を願う言葉を口にするのでした。

最初こそオドオドしていたというのに、話が進むごとに精神的に強くなっていく彼女の姿は高いヒロイン力を持ちながらまさに成長を遂げていっているといっていいでしょう。

しかし、トッキュウジャーを連れて前を走り、敵の本拠地であるキャッスルターミナルに乗り込んだ彼女でしたが、闇深くにこの城を沈めることのできるレバーを操作しているところで見つかり、大きな悲鳴と共にゼットに斬られてしまったのでした。

パパ
グリッタァアーーーーッ!!
ママ
えっ?生きてるわよ?
パパ
ええっ、また叫び損なの?

そう。ためらいがあったのか、彼女は五体満足で生きているのでした。最終回では倒されたゼットの身体から漏れ出た闇を連れ去り、

「陛下、闇は闇へ帰りましょう。陛下の欲しかったキラキラは闇あってこそ――――」

そう言い残し、眠る彼と共に生きていこうということなのかその本当の想いはわかりませんが、闇の世界へと戻っていきました

恋した相手を失い、それでも気丈に振舞って最後はゼットと共に闇の中に静かに帰っていく。

このドラマは敵の幹部たちにもそれぞれの思惑があり、恋愛や復讐、そして平和への願いといったドラマを作り上げていて非常に見応えがある作品ですね。

全編通して恋愛要素に繋がるものは多かったと思いますが、グリッタという女性ほどに最初から最後まで恋愛漫画のようにヒロインをしていたキャラクターはいなかったでしょう。

シュバルツ将軍の武人のような冷酷な感情を溶かし、闇の皇帝ゼットのお気に入りになることで彼の考え方も変え、もちろん、トッキュウジャー達も彼女の存在があって皆が少しずつ心変わりをしていきました。

だからこそ、列車戦隊トッキュウジャーにおける闇の真のヒロイン!それこそ、グリッタ嬢なのです!

パパ
最初は顔のインパクトしか印象になかったのになぁ、グリッタちゃんマジ天使!
ママ
ほら、三角関係のヒロインならここにも!
パパ
シャドーラインを超える闇がここに……ママ、マジ悪魔。「ええーっ」じゃないッ!

グリッタ嬢のスーツアクターは?

さて、話は少し変わりグリッタ嬢の中の人その1です。まずはグリッタ嬢のスーツアクターを演じた人は誰だったのか、ご紹介をさせて……えっ、なんですって?オレのグリッタに中の人はいない?

いやいやいや、そんなあなたの心のアイドルであるグリッタ嬢が実在すると思いたい気持ちはわかりますが、中の人あっての彼女ですので!

人間であれば、表に出てこない血や肉のような存在なんですよ、スーツアクターの役割って。とても大事なんです。だから、紹介しなければならないんです!

そう、グリッタ嬢を演じたのは1957年生まれの大ベテラン、日下秀昭(くさかひであき)さんなのです。簡単にプロフィールをまとめましたので、ご覧ください。

  • 生年月日(血液型):1957年9月6日生(O型)
  • 出身地:神奈川県
  • 所属事務所:ジャパンアクションクラブ
  • 身長:184cm
  • 職業:アクション俳優 スーツアクター

特筆すべきはその身長ですね。この高身長を活かして、大きなロボットや怪人の役を主に担当しています。実は本記事のグリッタ嬢は初めての女性役だったとか。ですので、とても難しくも芝居の面白さを彼自身が語っています。

確かに、男性と女性の動きや物腰っていうのは細かいところから違いがありますしね。しかし、それも慣れていったのか日下秀昭さんの勉強の成果か、列車戦隊トッキュウジャーの最初こそ歩くだけで大きくふりふりした演技だったのが、自然に動くようになっているように見えました!さすがです。

スーパー戦隊シリーズには本当に初期の作品からスーツアクターとして参加しており、シリーズのスーツアクターとしても大大大ベテランといったところでしょうか?

他にも仮面ライダーキバや後楽園ゆうえんちのヒーローショーにも多くの出演をされているようです。

列車戦隊トッキュウジャーではグリッタ嬢の他にもトッキュウジャーの列車が合体した巨大ロボであるトッキュウオーの中の人も演じています。

こんなゴテゴテしたロボ役ってどこから外が見えるようになっているのでしょうね?そもそも、かなり重くて動きづらいと思います。

パパ
実際、体力勝負でかなりキツイんだよね

一度はハードすぎて日下秀昭さんも辞めようと思い、事務所に申し出たことがあったそうなのですが――――現場に伝わっていなかったのか、あるいは監督が華麗なスルーを決めたのか不明ですがそのまま続投することに。よくその後も続けたものです。

しかし、2018年の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の途中、ぎっくり腰をしてしまい歳もあってなのか、引退することとなってしまいました。

なるほど、61歳でぎっくり腰をやってしまったら体力勝負のスーツアクターは厳しいかもしれませんね。その後は後輩を育てる為の指導に励むようで、「長い間お疲れ様でした」とお伝えしたいですね。

パパ
ぎっくり腰やったら一週間は動けないから大変だよなー。おお、そこそこ、腰マッサージされると気持ちい――――
ママ
次は声優さんね!景気づけに勢い込めて、そーれ、グキッと♪
パパ
ぎゃああああああああああああああああああああああああああっ!!

そんな日下秀昭さんが演じた列車戦隊トッキュウジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓



グリッタ嬢の声優、日高のり子さんって?

ここからは中の人、その2となります。そうですね、彼女の声をあてているのは声優界の大ベテラン、日高のり子さんなのです。

えっ?声優なんて詳しくないから知らない?そんなあなたでも大丈夫。だってこの人は有名なアニメやゲームで数多く出演して多くのヒロインの声を担当しているのですから、きっと知っている作品もあるはずですよ。

日高のり子さんの経歴とプロフィール

グリッタ嬢の声をあてている日高のり子さんですが、出演作品の前にまずはどのような人なのかを簡単にご紹介しましょう。ただの声優さんではないとても凄い経歴をお持ちですよ。

  • 生年月日(血液型):1962年5月31日生(AB型)
  • 出身地:東京都千代田区
  • 所属事務所:コンビネーション(設立者)
  • 本名:永井範子(旧姓 伊藤範子)
  • 職業:声優 アイドル、女優 歌手 ラジオパーソナリティー 他

これだけで気になるところがありますよね?なんといまでこそベテラン声優ですが、最初に目指したのは声優ではなく女優だったのでした!

声優ということだけを知っているだけの人からするとちょっと驚きですよね。そして、女優を目指して名前を売る為にアイドルとしてデビューをはたします。

この時期が1980年前後ですので、芸能界の仕組みというのは現在も昔もあまり変わっていないようです。

しかし、どうしてもアイドルとしてもう一つ伸びなかった彼女はかなり悩んだようですね。そして、リスナーの投書をきっかけに声優の道を目指すようになります。そして、日高のり子さんの声優人生は始まったのでした。

どんな作品の声優を演じたの?

声優として歩み始めたはいいのですが、最初の頃はやはりかなり苦労したようです。オーディションを受けては落ちの繰り返し。スタッフから気を使われていたくらい「下手」という認識を持たれていたそうです。

【タッチのヒロイン浅倉南役抜擢】

有名になったきっかけは本当にたまたま紹介されたオーディションで彼女の育成目的で抜擢された作品。

そう――――、

1985年から放送された『タッチ』の浅倉南という、伝説のアニメ&キャラとまでいわれている名作中の名作のヒロイン役を演じました。これは懐かしのアニメの代表作といっていい作品ですよね?

ただし、これは大役中の大役といってもよく、その演技指導はかなり厳しいものだったそうで、よく「へたくそ」と怒られてしまっていたそうです。1987年の放送終了まで現場で酷いことをいわれながらも、徐々に成長しながら立派に彼女は浅倉南を演じきったのです。

【トップをねらえ!の主人公役】

https://twitter.com/taku00502/status/1207430418149986304

翌年の1988年、OVA(オリジナルビデオアニメ)作品である、『トップをねらえ!』の全高200m以上もあるガンバスターという巨大ロボットのパイロットであり、主人公であるタカヤノリコを演じます。

これには当時のアニメファン、アニメオタクからの支持を得ることになりました。

ちなみにこのアニメ、いまでも「スーパーロボット大戦シリーズ」に人気作としてちょこちょこ参戦しており、日高のり子さんもしっかり声をあててくれています。かなり強い参戦作品の機体ですよ。

【となりのトトロ出演!】

https://twitter.com/ozandjapn/status/1188674933401931776

オタク層で名が売れたと思ったら、今度はなんとジブリ映画の代表作『となりのトトロ』の主人公、草壁サツキ役まで演じていらっしゃいます。

映画館動員数こそ、最初は『風の谷のナウシカ』に比べたら振るいませんでしたが、その後の広報活動により徐々にその知名度や人気はあがっていき、ジブリ作品を知っていてこの作品を知らない人はいない!というくらいになった超超名作です。

作中のサツキは小学6年生なのに大人びたところがあって、けどまだ子供でというところがある女の子ですよね。そんなキャラクターの絶妙な声をあてることができるようになるほど、へたくそと言われていた彼女は努力したのでしょう。

【有名作品に続々出演】

徐々に名を売り出していくにつれてこの後も多くの作品に出演していきます。

『らんま1/2』の天道あかねも『タッチ』の浅倉南と同じ名作ヒロインですね。約3年間、この作品のメインヒロインとして演じていました。

しかもこのキャラ、実は一番自分の地が出せたキャラで自然にやれたということだそうです。

スポーツ万能で一般人より強いものの、おてんば、やきもち焼き、突っ込みは暴力に訴えるという1990年代から2000年代に流行したツンデレヒロインの先駆けになったキャラなのかもしれません。

ちなみに、なんと当時の代表的な有名声優である林原めぐみさんも天道あかねをオーディションで受けていたとのことです。

ゲーム作品でもメインヒロインを演じます。画像は『サクラ大戦3~巴里は燃えているか~』のエリカ・フォンティーヌです。

その格好の通り、シスターです。……いや、シスターはこんな派手な格好はしないと思いますが、とにかく教会に仕える修道士です。

日本は大正時代の頃のパリでの話がメインなのですが、当時の世界観の作品の中でこのキャラもおとぼけ、ドジ、天然で面白い選択肢を選ぶとボケで返すような半分ギャグのようなキャラです。

しかし正義の心がしっかりあって話を盛り上げます。きっと演じていて楽しかったのではないでしょうか。

こうして挙げていったらキリがありませんが、アニメやゲーム以外にもドラマナレーターや、特撮キャラクターの声を演じています。いまやちょっと興味がある人であれば知る人ぞ知る大ベテラン声優さんがグリッタ嬢を演じていたんですね!

パパ
声優さんらしく、キャラクターソングとかも出してるんだよね
ママ
サクラ大戦では舞台とかもやってるし、本当に女優や声優の才能なかったのかしら?
パパ
努力するのも才能のうちじゃないかな?たまたまじゃこんな成功なんてしないさ!

そんな日高のり子さんが演じた列車戦隊トッキュウジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • グリッタ嬢はシュバルツ将軍を想っていた
  • 女帝グリッタと一時的になるも短い天下だった
  • 最後はゼットと闇の世界へと帰っていった
  • スーツアクターは日下秀昭さん
  • 声をあてた声優は日高のり子さん

シュバルツ将軍に恋をしていたグリッタ嬢でしたが、ノア夫人の野望やゼットとの複雑な関係がこの作品の敵側幹部の間でひとつのドラマを作っていきます。

彼女に対して冷酷になれなかった闇の皇帝ゼット。彼女がいたから心が溶けたシュバルツ将軍。悲恋で終わってしまいましたが視聴者の多くが、彼女の最初の評価と最終回の評価を大きく変えたのではないでしょうか?

ただ悪役だから倒される役割ではなく、このように敵側にも感情があることを出してくる戦隊ドラマは見応え満載のまさに良作ですね!

久しぶりにスーパー戦隊シリーズが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

昭和のスーパー戦隊

平成のスーパー戦隊

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ