超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



皆さんはスーパー戦隊出身の俳優の方ってご存知ですか?仮面ライダー出身の方はオダギリジョーさんや、半田健人さん、佐藤健さんなど、カッコいいあの面々がすぐに思い出せますよね。それに比べるとスーパー戦隊出身の方はどうでしょう。

実は意外に知られていない有名なスーパー戦隊出身の俳優さんがいるんですよね!今回は仮面ライダーの俳優さんではなく、スーパー戦隊の俳優さんにスポットを当てて見たいと思います。特にみなさんが好きな俳優のギャラに関することも調べちゃいました。

そんなわけで今回は、

  • 勝手にギャラのランキング予想
  • 格闘アクションランキング
  • ノミネートされたスーパー戦隊出身の歴代の俳優

について紹介していきます。

Contents

ノミネート俳優一覧

まずはスーパー戦隊に登場した俳優をノミネートします。みなさんが知ってる俳優さんは何人いるでしょうか?ちなみに僕はこの記事を書く前は半分くらいは知っていました。

ノミネート
+をクリック↓
歴代俳優
秘密戦隊ゴレンジャー 海城剛(誠直也)
ジャッカー電撃隊 桜井五郎(丹波義隆)
バトルフィーバーJ 伝正夫(谷岡弘規)
電子戦隊デンジマン 赤木一平(結城真一)
太陽戦隊サンバルカン 飛羽高之(五代高之)
大戦隊ゴーグルファイブ 赤間健一(赤木良次)
科学戦隊ダイナマン 段北斗(沖田さとし)
超電子バイオマン 郷史郎(阪本良介)
電撃戦隊チェンジマン 剣飛竜(浜田治貴)
超新星フラシュマン ジン(垂水藤太)
光戦隊マスクマン タケル(梅津亮介)
超獣戦隊ライブマン 雨宮勇介(嶋大輔)
高速戦隊ターボレンジャー 炎力(佐藤健太)
地球戦隊ファイブマン 星川学(藤敏也)
鳥人戦隊ジェットマン 天童竜(田中弘太郎)
恐竜戦隊ジュウレンジャー ゲキ(望月裕多)
五星戦隊ダイレンジャー 天火星・亮(和田圭市)
忍者戦隊カクレンジャー サスケ(小川輝晃)
超力戦隊オーレンジャー 星野吾郎(宍戸勝)
激走戦隊カーレンジャー 陣内恭介(岸祐二)
電磁戦隊メガレンジャー 伊達健太(大柴隼人)
星獣戦隊ギンガマン リョウマ(前原一輝)
救急戦隊ゴーゴーファイブ 巽纏(西岡竜一朗)
未来戦隊タイムレンジャー 浅見竜也(永井大)
百獣戦隊ガオレンジャー 獅子走(金子昇)
忍風戦隊ハリケンジャー 椎名鷹助(塩谷瞬)
爆竜戦隊アバレンジャー 伯亜凌駕(西岡一郎)
特捜戦隊デカレンジャー 赤座伴番(載寧龍二)
魔法戦隊マジレンジャー 小津魁(橋本淳)
 轟轟戦隊ボウケンジャー 明石曙(高橋光臣)
 獣拳戦隊ゲキレンジャー 漢堂ジャン(鈴木祐樹)
 炎神戦隊ゴーオンジャー 江角走輔(古原靖久)
 侍戦隊シンケンジャー 志葉丈瑠(松坂桃季)
天装戦隊ゴセイジャー アラタ(千葉雄大)
海賊戦隊ゴーカイジャー マーベラス(小澤亮太)
特命戦隊ゴーバスターズ 桜田ヒロム(鈴木勝大)
獣電戦隊キョウリュウジャー 桐生ダイゴ(竜星涼)
烈車戦隊トッキュウジャー ライト(志尊淳)
手裏剣戦隊ニンニンジャー 伊賀崎天晴(西川俊介)
動物戦隊ジュウオウジャー 風切大和(中尾暢樹)
宇宙戦隊キュウレンジャー ラッキー(岐洲匠)
怪盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー 朝加圭一郎(結木滉星)
騎士竜戦隊リュウソウジャー コウ(一ノ瀬颯)

スーパー戦隊の勝手にギャラ単価ランキング

「俳優」と一言で言っても年収は全然違います!あの福山雅治さんレベルになると推定年収7億円!!

こちらも推定ですがCM女王の綾瀬はるかさんで4億1000万円だそうです。年収1000万円もあれば結構な生活が送れる庶民には、夢のような数字ですね(笑)

ランキング

ではスーパー戦隊に出ていた俳優さんたちの年収は、いったいどれぐらいなんでしょうね。スーパー戦隊の勝手にギャラ(年収)ランキング、ベスト10いってみましょう!年齢も気になる方のために生まれ年も書いていますよ。

10位:竜星涼(りゅうせいりょう)

獣電戦隊キョウリュウジャー/キョウリュウレッド(年収400万円)1993年生まれ

9位:金子昇

百獣戦隊ガオレンジャー/ガオレッド(年収700万円)1974年生まれ

9位:千葉雄大

天装戦隊ゴセイジャー/ゴセイレッド(年収700万円)1989年生まれ

7位:志尊淳(しそんじゅん)

烈車戦隊トッキュウジャー/ライト(年収900万円)1995年生まれ

5位:塩谷瞬(しおやしゅん)

忍風戦隊ハリケンジャー/ハリケンレッド(年収1000万円)1982年生まれ

5位:永井大

未来戦隊タイムレンジャー/タイムレッド(年収1000万円)1978年生まれ

3位:照英

星獣戦隊ギンガマン/ギンガブルー(年収1200万円)1974年生まれ

3位:玉山鉄二

百獣戦隊ガオレンジャー/ガオシルバー(年収1200万円)1980年生まれ

2位:横浜流星

烈車戦隊トッキュウジャー/ヒカリ・トッキュウ4号(年収2000万円)1996年生まれ

1位:松坂桃季

侍戦隊シンケンジャー/シンケンレッド(年収5000万円)1988年生まれ

やはりCM契約数が多い松坂さんがトップでした。当たり前ですがCM以外にも映画やドラマに出演されると、その分年収も上がります。みなさん、戦隊俳優でデビューされた後、活躍なさっているんですね。1990年代の若い世代もがんばっておられるのに驚きました。

スーパー戦隊ヒーロー俳優のギャラについて

ここでギャラの仕組みについてお話ししますね。ギャラにはサラリーマンのように毎月決まった額を受け取る”月給制”もあれば、”完全歩合制”の場合もあります。

多くの場合、事務所に入ったときに交わす契約書で決定されます。一度交わしてしまうとある程度の期間にならないと変えてもらえないので最初が肝心ですね。

その契約書に基づくので、事務所に所属すると「ギャラの一部」を事務所に渡さなくてはいけません。テレビ局からのギャラが全額俳優さんに渡る訳ではないんですね。

テレビ局からのギャラ=俳優の取り分+事務所の取り分

一般的には事務所の取り分が20~40%らしいですので、例えば100万円のギャラの配当で6(俳優):4(事務所)だとすると、俳優さんは60万円もらえることになります。

でもこれは計算が簡単だから書いただけで、若手俳優を起用しているスーパー戦隊戦隊で活躍されている若い俳優さんたちは、もっと低い配当だと考えていいでしょう。

あの新井浩文さんが「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演されたときに告白されていました。

「青い春」という映画の準主役に抜擢された時、「スゴイお金がもらえるんじゃないか」とワクワクされたそうです。ところが主役の松田龍平さん以外全員が10万円だったんですって。この10万円のうち事務所に3万、自分が7万で、そこから源泉徴収があったので手取りは6万円だったそうです。

俳優で、特に映画はもらっていないと話されていました。だいたいはCMかドラマで補われているそうですよ。

ママ
映画なんて華々しい世界だと思いがちだけど、実際は違うのね。

特撮の若手起用のワケ

特撮は3か月クールのドラマと違い、1年間の放送なので、当然お金の問題が出てきます。そこで主演俳優たちのギャラを1年分支払うことについて、ギャラのかさまないイケメン新人を採用しよう!と制作者たちは考えついたんですね。

そうすることでヒーローに出てからブレイクしていく俳優を見て、また新たな新人が応募していく…といい方向に向かっていったんです。

パパ
これはなかなかの戦略ですね。考えてるなー!


戦隊ヒーローの格闘アクションがかっこいい強さランキング

では、ギャラの強さとは関係のない純粋なアクションのカッコいい強さランキングはどうでしょう?私の一番予想は豪快だけに「ゴーカイジャー」だと思うのですが。。。実際にいろんな雑誌や口コミからランキングを作って見ました。

10位:忍風戦隊ハリケンジャー

忍者をモチーフにしています。歌舞伎の要素も入っていて、少し前置きが長い印象もありますが、シュシュっと参上します。

9位:怪盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー

ギャングラーという共通の敵がいる中で怪盗と警察ともにらみ合う、少し複雑な作りですがアクションの撮影は360度カメラを使っているためカッコよさが倍増していますよ。

8位:百獣戦隊ガオレンジャー

ライオンをモチーフに、最終決戦には「百獣」が現れ百体のパワーアニマルがガオソウル光線と5人の獣皇剣とガオハスラーロッドからのガオソウル光線を一斉に放ちます。

7位:太陽戦隊サンバルカン

陸・海・空の3人の男性で構成されていて、バルカンボール、サンバルカン合体剣、サンバルカンロボで戦っていましたね。

6位:獣拳戦隊ゲキレンジャー

中国武術を中心とし、アクションは等身大の戦闘、巨大化しても格闘をメインとしました。やはり中国武術はジャッキーチェンやブルースリーのイメージが強いのでランクインも納得ですね。

5位:特捜戦隊デカレンジャー

「警察」をモチーフに刑事ドラマ風になっていて、巨大なデカレンジャーロボが登場しました。

https://twitter.com/bureiku797923w/status/883404145683607552

4位:五星戦隊ダイレンジャー

5人全員が主役で中国拳法の動きを取り入れたスピード感が魅力でした。またまたこちらも中国拳法ですね。中国拳法つよし!!

3位:海賊戦隊ゴーカイジャー

ゴーカイジャーの名前は「豪快さ」から来たものなんですよ。戦士たちの力が宿った「レンジャーキー」はグッズとしての売り上げが130億円を超えているんです。

2位:秘密戦隊ゴレンジャー

スーパー戦隊の第1作品目で、唯一2年間放送されました。子供番組ですが最高視聴率22%、平均視聴率も13.5%で、そのあとの作品の中でも歴代最高視聴率を保っている作品ですよ。

https://twitter.com/Rocknrollyyyyy/status/1104545340558987264

1位:侍戦隊シンケンジャー

侍の末裔が主人公ということもあり、キャッチコピーは「天下御免!」戦闘は時代劇を感じさせる刀剣で行うチャンバラアクションが注目されていました。

生身の俳優なら誰が一番強い?体格差ランキング

続いて体格差のランキング、行ってみましょう!戦隊ものに出演されている俳優さんたちには、身長が183㎝以上でシッカリした体格の俳優さんがたくさんいるんですよ。

5位:竜星涼(りゅうせいりょう)(183㎝)キョウリュウジャー・キョウリュウレッド

https://twitter.com/dogatch/status/1130381198973255680

2016年にパリコレでデビューされただけあって、すばらしい体型ですね。

4位:松坂桃季(183㎝)シンケンジャー・シンケンレッド

この方はすべてにエントリーされていますね!

3位:白川裕二郎(185㎝)忍者戦隊ハリケンジャー・カブトライジャー

https://twitter.com/NIPPONCROWN/status/1072478579181666306

この方はなんと、元力士なんです!ハリケンジャーでデビューされて、今は歌謡ボーカルグループ「純烈」のメンバーなんですよ。

2位:永井大(ながいまさる)(185㎝)タイムレンジャー・タイムレッド

1位:照英(184㎝)ギンガマン・ギンガブルー

https://www.instagram.com/p/BvzwAtYBNO0/?utm_source=ig_web_copy_link

格闘家かと思っていたのですが、活動されたことはないんです。学生時代は陸上部でやり投げの選手だったから、こんなにしっかりとした体格なんでしょうね。


ノミネート俳優の詳細(昭和・平成のスーパー戦隊)

今回はノミネートされていたスーパー戦隊の俳優さんたち細かく紹介したいと思います。皆さんは何人知っていますか?意外な人も戦隊俳優でしたよ!!

1975年:秘密戦隊ゴレンジャー:主人公:アカレンジャー/海城剛→誠直也

https://twitter.com/Tokusou1977/status/1011217894523297797

スーパー戦隊シリーズの最初のヒーロー!5つの力を1つに合わせて、世界征服を狙う「黒十字軍」から世界を守るために「イーグル」が結成されました。

1977年:ジャッカー電撃隊:主人公:スピードエース/桜井五郎→丹波義隆

https://twitter.com/shinya_bokudake/status/1115386187303100416

国際科学特捜隊が作ったサイボーグで犯罪組織「クライム」のロボットたちと戦いました。合体武器も登場しました。

1979年:バトルフィーバーJ:主人公:バトルジャパン/伝正夫→谷岡弘規(芸能界引退)

悪の組織「エゴス」に立ち向かう5人の戦士が世界のダンスを取り入れたアクションで戦いました。巨大ロボットが登場しましたね。

1980年:電子戦隊デンジマン:主人公:デジンレッド/赤城一平→結城真一(芸能界引退プロモーター)

汚いヘドロで地球を埋め尽くそうとする「べーダー一族」と戦います。変形ロボットが登場しました。

1981年:太陽戦隊サンバルカン:主人公:初代バルイーグル/大鷲龍介→川崎龍介、二代目バルイーグル/飛羽高之→五代高之(俳優、声優)

機械帝国「ブラックマグマ」に立ち向かうため地球守備隊が作った戦隊です。

1982年:大戦隊ゴーグルファイブ:主人公:ゴーグルレッド/赤間健一→赤木良次(芸能界引退)

https://twitter.com/tokusatsumin/status/847642148207972352

暗黒科学帝国「デスダーク」に立ち向かうため、新体操の道具をヒントに作った武器で戦います。黒をキャラクターカラーにしたヒーローが始めて登場しました。

1983年:科学戦隊ダイナマン:主人公:ダイナレッド/段北斗→沖田さとし(俳優)

https://twitter.com/hhNQJ121vPWhcvB/status/977864992962756609

「ジャシンカ帝国」から5人の科学者が地球を守るためにダイナブレスで変身します。

1984年:超電子バイオマン:主人公:レッドワン/郷史郎→阪本良介(日本舞踊の師範)

マスクにある超電子頭脳を使って戦います。テクノブレスで変身しますよ。ヒーローが着用するマスクには発光ダイオードが使われました。

1985年:電撃戦隊チェンジマン:主人公:チェンジドラゴン/剣飛竜→浜田治希、浜田治貴に改名(ナレーター)

https://twitter.com/Dreamgirlsbeads/status/1105469295901855744

アースフォースを使って戦う戦士たちは大星団ゴズマと戦うためにチェンジブレスで変身します。

1986年:超新星フラッシュマン:主人公:レッドフラッシュ/ジン→垂水藤太(舞台、ドラマ、映画)

https://twitter.com/joujinakata123/status/1034748375382413312

フラッシュ星人に助けられ特殊能力を持った5人はプリズムのエネルギーを発揮して「改造実験帝国メス」と戦います。

1987年:光戦隊マスクマン:主人公:レッドマスク/タケル→梅津亮介(芸能界引退)

人間が持っているオーラパワーで変身し、地底帝国チューブの攻撃から世界を守ります。東洋的な要素を取り入れ気功や集中力などによって繰り出される技も特徴でした。

1988年:超獣戦隊ライブマン:主人公:レッドファルコン/天宮勇介→嶋大輔(俳優)

宇宙からの侵略者、ボルトから地球を守るため若い科学者たちが立ち上がりました。

1989年:高速戦隊ターボレンジャー:主人公:レッドターボ/炎力→佐藤健太(歌手、俳優)

暴魔百族から地球を守るため、5人の高校生が自動車をモデルに変身します!

平成のスーパー戦隊

ここからは平成のスーパー戦隊を主人公の俳優さんと一緒にご紹介しますね。

1990年:地球戦隊ファイブマン:主人公:ファイブレッド/星川学→藤敏也(舞台俳優)

「地球戦隊ファイブマン!」15作目のシリーズが生徒だったのに対し、この作は全員が教師で兄弟戦隊という特徴があります。

1991年:鳥人戦隊ジェットマン:主人公:レッドホーク/天堂竜→田中弘太郎(俳優)

戦うトレンディドラマと呼ばれていました。「次元戦団バイラム」に立ち向かうため、4人がジェットマンになりました。

1992年:恐竜戦隊ジュウレンジャー:主人公:ティラノレンジャー/ゲキ→望月祐多(舞台俳優)

古代の戦士ジューレンジャーが「魔女バンドーラ」に立ち向かうためダイノバックラーで変身しますよ。

1993年:五星戦隊ダイレンジャー:主人公:リュウレンジャー/天火星・亮→和田圭市(アクション俳優)

「天に輝く五つ星!五星戦隊、ダイレンジャー!」オーラチェンジャーで転身して「ゴーマ族」に立ち向かいます。4年ぶりに緑の戦士が復帰しましたね。

1994年:忍者戦隊カクレンジャー:主人公:ニンジャレッド/サスケ→小川輝晃(俳優)

妖怪から平和を守るため立ち上がった忍者の子孫の若者、ドロンチェンジャーで変身します。印籠の形をした変身や忍術など和風のイメージの強い作品となっています。

1995年:超力戦隊オーレンジャー:主人公:オーレッド/星野吾郎→宍戸勝(俳優、歌手)

平成での唯一の軍人の戦隊です。マシン帝国「バラノイア」の攻撃から地球を守るため国際空軍のメンバーから「超力(ちょうりき)」を武器に立ち向かいます。

1996年:激走戦隊カーレンジャー:主人公:レッドレーサー/陣内恭介→岸祐二(舞台俳優、声優)

「戦う交通安全!激走戦隊、カァーーーレンジャー!」自動車会社に勤める若者たちが宇宙の暴走族「ボーゾック」の悪だくみを止めるため「クルマジックパワー」で戦います。

1997年:電磁戦隊メガレンジャー:主人公:メガレッド/伊達健太→大柴邦彦、大柴隼人に改名(俳優)

「インストールメガレンジャー!」5人の高校生がデジタル変身して「ネジレジア」の侵略に立ち向かいますよ。

1998年:星獣(せいじゅう)戦隊ギンガマン:主人公:ギンガレッド/リョウマ→前原一輝(芸能界引退)

https://twitter.com/ichimichifan/status/1086300772713656326

「銀河を貫く伝説の刃、星獣戦隊ギンガマン!」戦隊名に「レンジャー」ではなく「マン」のパターンが採用されています。「宇宙海賊バルバン」から銀河の平和を守るため5人の戦士が戦います。

1999年:救急戦隊ゴーゴーファイブ:主人公:ゴーレッド/巽纏(たつみまとい)→西岡竜一朗(芸能界引退、バイク専門店代表取締役)

「人の命は地球の未来…燃えるレスキュー魂!救急戦隊、ゴーゴーファイブ!出場!」と巽(たつみ)博士の発明する救急ロボを使って炎魔一族に立ち向かいます。


2000年:未来戦隊タイムレンジャー:主人公:タイムレッド/リュウヤ、浅見竜也(2役)→永井大(俳優)

「西暦3000年の未来人たちと一人の男が出会った…新しいときを刻むために!」「ロンダーズファミリー」を逮捕するために「時間保護局」と現代の若者で作られたタイムレンジャー。タイムトラベルを題材にSF性を持たせた作品です。

2001年:百獣戦隊ガオレンジャー:主人公:ガオレッド/獅子走→金子昇(俳優)

「命ある所、正義の雄たけびあり!百獣戦隊ガオレンジャー!」人々を苦しめる「オルグ」を滅ぼすため果敢に挑んでいきます。メンバーは名前ではなく変身カラーで呼び合い、最終話に個人名を使いました。

2002年:忍風戦隊ハリケンジャー:主人公:ハリケンレッド/椎名鷹介→塩谷瞬(俳優)

「人も知らず、世も知らず、影となりて悪を討つ。忍風戦隊ハリケンジャー、あ、参上ー!」忍者学校で学ぶ3人の忍者が変身し「宇宙忍群ジャカンジャ」と戦います。

2003年:爆竜戦隊アバレンジャー:主人公:アバレッド/伯亜凌駕→西興一朗(俳優)

「荒ぶるダイノガッツ!爆竜戦隊アバレンジャー!」恐竜をモデルにした戦隊です。「エヴァリアン」から平和を守るため3人の若者が戦います。

2004年:特捜戦隊デカレンジャー:主人公:デカレッド/赤座伴番→載寧龍二(さいねいりゅうじ)(ローカルタレント)

「S.P.D!特捜戦隊デカレンジャー!」S.P.Dスペシャルポリスデカレンジャーは5人の刑事たちです。地球に侵略してきた宇宙の犯罪者たちと戦い人々の平和と安全を守ります。

2005年:魔法戦隊マジレンジャー:主人公:マジレッド/小津魁→橋本淳(俳優)

https://twitter.com/bureiku797923w/status/877608500867645440

魔法、それは聖なる力。魔法、それは未知への冒険。魔法、そしてそれは勇気の証!あふれる勇気を魔法に変える!魔法戦隊マジレンジャー!「インフェルシア」の魔の手から地上を守っていきます。

2006年:轟轟(ごうごう)戦隊ボウケンジャー:主人公:ボウケンレッド/明石曙→高橋光臣(俳優)

「果てなき冒険スピリッツ!轟轟戦隊ボウケンジャー!」戦隊の目的が敵組織の打倒ではなくプレシャス(地球に眠る秘宝)の保護なのです。

2007年:獣拳(じゅうけん)戦隊ゲキレンジャー:主人公:ゲキレッド/漢堂ジャン→鈴木裕樹(俳優)

「高みを目指して、学び、変わる!」中国拳法と動物をモデルに「正義のヒーローvs悪のヒーロー」の物語が展開されていきます。戦闘シーンは格闘がメインで武器を使わず、こぶしで戦うところも見どころになります。

2008年:炎神戦隊ゴーオンジャー:主人公:ゴーオンレッド/江角走輔→古原靖久(俳優)

「正義のロードを突き進む!炎神戦隊ゴーオンジャー!」超獣戦隊ライブマン以来10年ぶりに「赤青黄黒緑」のメンバー構成となっています。機械生命体「蛮機族ガイアーク」の前に、3人の正義の味方が現れます。

2009年:侍戦隊シンケンジャー:主人公:シンケンレッド/志葉丈瑠→松坂桃季(俳優)

「天下御免の侍戦隊シンケンジャー、参る!」戦隊シリーズ初の侍をテーマにした作品です。リーダーが殿、ほかは家臣と上下関係が区別されています。三途の川の棲む妖怪「外道衆」とシンケンジャーが戦います。

2010年:天装戦隊ゴセイジャー:主人公:セイレッド/アラタ→千葉雄大(俳優)

「地球(ほし)をまもるは天使の使命!天装戦隊ゴセイジャー!」カードによる戦闘システムを初採用した戦隊です。「ウォースター」たち悪しき魂たちに立ち向かっていきます。

2011年:海賊戦隊ゴーカイジャー:主人公:ゴーカイレッド/マーベラス→小澤亮太(俳優)

「海賊戦隊ゴーカイジャー!派手に行くぜ!」と海賊をモデルにした戦士が「宇宙帝国ザンギャック」に戦っていきます。

2012年:特命戦隊ゴーバスターズ:主人公:レッドバスター/桜田ヒロム→鈴木勝大(俳優)

動物とスパイをモデルに「ゴーバスターズ」が相棒のバディロイド(ロボット)と一緒に「ヴァグラス」に立ち向かいます。東日本大震災の翌年に放送されました。

2013年:獣電戦隊キョウリュウジャー:主人公:キョウリュウレッド/桐生ダイゴ→竜星涼(俳優)

「恐竜プラス人間!億千年の時を超え地球を守るために今、史上最強のブレイブチームが誕生した!聞いて驚けー!」「デーボス」に対抗するため「強き竜の者」キョウリュウジャーが立ち向かいます。

2014年:烈車戦隊トッキュウジャー:主人公:トッキュウ1号/ライト→志尊淳(俳優)

「7時30分発、烈車戦隊トッキュウジャーが発車いたしまーす!乗り遅れの無いようご注意くださーい!」戦隊シリーズ初の列車がモデルになりました。「シャドーライン」を走る「クライナー」と戦います。

2015年:手裏剣戦隊ニンニンジャー:主人公:アカニンジャー/伊賀崎天晴→西川俊介(俳優)

「忍びなれども忍ばない!忍ぶどころか、暴れるぜ!」妖怪たちを相手にニンニンジャーが戦います。

2016年:動物戦隊ジュウオウジャー:主人公:ジュウオウイーグル/風切大和→中尾暢樹(俳優)

「多くの命が生きる星、地球。一人の人間と4人のジューマンが出会い、一つの群れが生まれた。地球を守るために!本能覚醒!」「デスガリアン」と戦うためジュウオウジャーが立ち上がります。

2017年:宇宙戦隊キュウレンジャー:主人公:シシレッド/ラッキー→岐洲匠(俳優)

「宇宙が心なきものの手に落ち、人々が涙するとき、キュータマに選ばれた九人の救世主が宇宙を救う!宇宙は俺たちが取り戻す!」レギュラー12人という歴代最大の人数だったのでスタメンの戦士が変身するだけに4話かかっていました。「宇宙幕府ジャークマター」相手にキュウレンジャーが戦います。

2018年:快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー:ルパン主人公:夜野魁利/ルパンレッド→浅井宏輔(俳優)。パト主人公:朝加圭一郎/パトレン1号→結木滉星(俳優)

https://twitter.com/shorty04175510/status/1104785366945415171

快盗戦隊ルパンレンジャーと警察戦隊パトレンジャーの二つの戦隊が登場するダブル戦隊で「ギャングラー」という共通の敵を中心に三つ巴の戦いが繰り広げられます。

2019年:騎士竜戦隊リュウソウジャー:主人公:リュウソウレッド/コウ→一ノ瀬颯(俳優)

凶悪な戦闘民族ドルイドン族から地球を守るために、リュウソウ族の中から5人の騎士が立ち上がりますよ。歴代スーパー戦隊シリーズの人気ランキングの

2019年の詳しくはこちらでどうぞ。

スーパー戦隊にはそれぞれの役割があった!

スーパー戦隊シリーズとは、日本の特撮テレビドラマシリーズのことです。

特撮とは
特殊撮影の略語で模型やコンピューター映像を使って普通の撮影ではできない映像を作り出すことです。

ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズなどと一緒に40年ほどの間、放映され続けている長寿番組です。何人かのチームで色分けされたマスクとスーツで武装したヒーローに変身して、悪い敵と戦うという物語が基本となっています。

今やなんと世界の80か国で放映されているんですよ。

・スーパー戦隊の特徴・

  • メンバーは基本5人
  • 5人で力を合わせて悪い敵をやっつける正義のヒーロー物語
  • 一人一色のスーツとマスクをまとっている
  • メンバーの色に必ず「赤」「青」があり、黄、緑、黒、ピンクなど目立つ原色が多い

・基本的なメンバーの色でわかる性格や特徴・

  • 赤:リーダー的存在で熱い男
  • 黒:サブリーダー、クールで赤と対抗
  • 青:クール、もしくは三枚目
  • 黄:大きい、たくさん食べる、力持ち、やさしい、女の子の場合はボーイッシュ
  • 緑:穏やか、あまり印象の残らない
  • ピンク:女の人、乙女だが、やるときはやる

いつも正義の味方のヒーローは堂々としていますよね。メンバーそれぞれの長所を持ち寄って、短所をカバーしあえば、みんなで大きな力を発揮することができる!という教育番組的なメッセージもあります。

”色”という点で戦隊を見たときにも、それぞれの色に共通する個性があっておもしろいですね。そういえば子供が一番反応して、強い印象を与える”赤色”をリーダーの色に設定するのは、スーパーマンの赤いマントやスパイダーマンのときから生まれていますね。いろんな視点から大人も一緒に楽しめることが、長寿番組の秘訣かもしれません。

仮面ライダーとスーパー戦隊のちがいとは?

意外に皆さん説明できないのが仮面ライダーとスーパー戦隊の違い。真っ先に浮かぶ共通点は、未就学児や小学生の男の子向けの作品で、バンダイからおもちゃが発売されていますよね。これは誰もが知っているはず。さらにそれぞれの特徴を調べました。

仮面ライダーの特徴

仮面ライダーは同じ力の根源を持つ「正義と悪が対立するドラマ」です。正義同士の対立もあり、ドラマ性にこだわったストーリーが確立されて、演じる役者たちも演技派が育っていきます。

スーパー戦隊の特徴

スーパー戦隊は「何人かが同じ正義のもとに集まった戦闘チーム」で正義と悪がわかりやすく、合体ロボやバズーカなどが戦力になります。集団ドラマの中でメンバーがそれぞれの可能性を見つけていきます。

2つの共通点

どちらにしても若手の役者やタレントが大きく育っていくための「登竜門」的存在ですね。演技だけでなく昭和時代からのシリーズで大人から子供まで幅広いファンがいるので、出演するだけで多くの人々に顔を覚えてもらえます。

ママ
どっちにもこれから未来のスターが見れるのでいいわ!子供と一緒に見てるけど、実は私の方が楽しみなんだよね!

まとめ

  • スーパー戦隊とは日本の特撮テレビドラマシリーズのことです。
  • スーパー戦隊の一覧と歴代主人公を一挙に公開。
  • 格闘アクションがカッコいいランキング
  • 仮面ライダーとスーパー戦隊のちがいはドラマ仕立てのものと、同じ正義の元に集まった集団で演じるものです。

40年近く一度の休止期間もなく続いて、毎年1シリーズずつ放送してきたスーパー戦隊シリーズ。ヒーローとは「この人が正しい!」と視聴者全員が共感して、あこがれを持つことなので、その”ヒーロー”を演じる俳優さんたちやスタッフの努力のたまものです。

まだまだ続いていくスーパー戦隊、これからもますます見逃せませんね。

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ