超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダー龍騎に出てくるOREジャーナルという会社をご存知でしょうか。どんな会社でどのような人たちが働いているのか、どんな雰囲気の会社なのか…気になるあれこれ調べて見ました。

また会社を立ち上げた熱き社長…編集長についても紹介します。編集長も仮面ライダー龍騎の作品の中でとっても重要な登場人物なんです!ではOREジャーナルという会社について見ていきたいと思います。


OREジャーナルとは?

引用先:テレビ朝日公式HP

仮面ライダー龍騎に登場する「OREジャーナル」という会社は、インターネットで配信されるニュースや動画などを取り入れたネットニュースを配信する会社のことです。

社名のOREとはOpen Resource Evoiution(オープン・リソース・エボリューション)」の頭文字をとった略「ORE」を一人称の「」にかけて名付けられました

OREジャーナルを立ち上げたのは、以前大手新聞記者だった大久保大介(おおくぼだいすけ)が独立して作った会社なんです。

OREジャーナルで取り上げられていたニュースは、毛の生えたカエルや黄金色のザリガニなどが穫れたなどと言った、都市伝説系のニュースを扱っていました。

そのため視聴者からは「伊東家の食卓」「トリビアの泉」のような感じに似ているといった声もあったんです。確かにバライティ番組寄りというか…納得ですよね(笑)

ママ
OREジャーナルって名前のことなんだけど…2010年からファミリーマートで発売された「俺のスイーツ」シリーズを連想しちゃった~(笑)
パパ

あ~!あるね!!俺のティラミスとかでしょ?スイーツ男子なんてのが流行って、食べ応えのあるボリューム満点のスイーツ!

ママ

そ~それ!!OREジャーナルのOREは「俺」にかけてるんでしょ!だから~連想しちゃうわよね!!仮面ライダー龍騎の放送の方が早いから、ファミマがマネしたのかしら~(笑)

OREジャーナルのオフィスの場所は?

テレビシリーズで都内の2階にオフィスを構えた会社とのことでしたが、実際の撮影場所は、東京都杉並区井草3丁目のオフィスビルです。

他には、『ウルトラQ DarkFantasy』のニューライフハウジングや『特命係長只野仁 Abema TV Special』などでも使われていますね。『相棒シリーズ5』でも使われていました。

意外といろんな作品で使われる場所のようです。ということは、ロケ地巡りなんてしてたら、意外と撮影現場にでくわしたりしちゃうかもしれないですね。


OREジャーナルのメンバーは?

OREジャーナルのこんな賑やかな感じで、とても楽しそうですね。それぞれが個性的で、毎日の仕事も楽しくはかどりそうではないでしょうか。少し賑やか過ぎる…かもしれません(笑)

仮面ライダー龍騎では、ミラーワールドの事件に関わりを持った数少ない一般企業でもあったんです。ではどんなメンバーで働いていたのでしょうか、見ていきましょう。

社長兼編集長は大久保大介!

  • 名前:大久保大介
  • 年齢:36歳(2002年当時)
  • 役職:OREジャーナル編集長兼代表取締役社長
  • 性格:非常に明るい性格。少しお調子ものの面もあるが、何事にも熱心である。
  • メンバーとの関係性:主人公の城戸真司とは、大学の先輩にあたる。

大久保は、以前は大手の新聞会社に勤務していましたが、会社を辞めて「OREジャーナル」を設立しました。大手の新聞会社だったら、安定した収入もあるでしょうが、自分の会社を設立するほど我道を行く…情熱的な性格なのが伺えますよね。

そんな熱い思いがあるから、メンバーに厳しく指導をしても、メリハリがありよい上司として慕われています。実際に職場に大久保編集長のような素敵な上司がいたら、仕事も楽しくて充実するのではないかな~と思っちゃいます。

仮面ライダーシリーズってたくさんの心に残る名言があるのはご存知ですか。大久保編集長も仮面ライダー龍騎で名言を残していました。

  • 真実は一つだが、正義は一つじゃない!最終的には自分を信じるしかない
  • 何が正しいのか選べないのは良いが、最後の答えの中には自分の事もちゃんと入れとけよ。お前が信じるものだよ!
  • この戦いに正義はない。そこにあるのは純粋な願いだけである。

セリフの一部分ですが、ぐっとくるものを感じます。戦いのシーンも凄く好きですが、それ以外の人間模様だったり、会話の1つをとっても面白いのが仮面ライダーシリーズだと思います。皆さんは、どんな言葉や場面が印象に残っているでしょうか。

ママ
大久保編集長ってホント龍騎の中でも重要な登場人物よね!こんなに熱い人ってなかなかいないし、カッコいいわ!
パパ

そうだね!仮面ライダーシリーズに出てくるライダーの協力者でもあり、支えでもある「おやっさん」的な存在を感じるよ!!実際に大久保編集長みたいな人の元で働きたいよ…いや、僕が大久保編集長のような存在を目指します!(笑)

城戸真司がライダーバトルに巻き込まれて、仕事を疎かにしたときは、きつく叱るだけでしたが、連続行方不明事件とミラーワールドの事件に関わりを持っていることを知ったのです。

城戸真司に対して人生のアドバイスをしての迷いを振り払ったこともありました。そして、城戸真司が仮面ライダーとして、ミラーワールドに関わった事件は自ら記事にすることになりました。

記者の桃井令子!

  • 名前:桃井令子
  • 年齢:24歳
  • 役職:OREジャーナル主任記者
  • 性格:生真面目な性格でどんな事件にも真っ向から立ち向かっていく。
  • メンバーとの関係性など:浅倉威関連の担当でもあり、度々危険な目にもあう。

    城戸真司が憧れる理想の先輩像でもある。

真面目すぎる性格が災いして気苦労も耐えませんでした。しかしミラーワールドのモンスターの存在を嗅ぎつけると、独自の取材を決行した結果、事件の核心を見つけることに成功するするほどの凄腕記者なんです。

しかし機械音痴でもあります。インタネットでニュース配信するためには、パソコンの使用は不可欠ですよね。しかしながら、機械音痴とは可愛らしい一面もあります。

システム担当の島田菜々子!

  • 名前:島田菜々子
  • 年齢:25歳
  • 役職:システムエンジニア

メガネ姿が印象的な島田菜々子。システム担当ということで、コンピューターに関する知識は一流のシステムエンジニアなんですが、少し変わり者なんです。

普段は地味でな感じなんですが、会社の給湯室でイグアナのマリリンをペットとして飼っていたり、愛用のパソコンにアマリリスと名付けたり…。なかなか個性的というか(笑)

パソコンのことに関して、機械音痴の玲子とはよく喧嘩をしています。パソコンに対する愛情は異常なほどで、よくフリーズをするiMacG3の機嫌を一発で直すほどなんです。あらゆるトラブルを解決してしまうシステムエンジニアでもあります。

見習い記者の城戸真司!

https://twitter.com/hiromura_jp/status/1139755990633480192

  • 名前:城戸真司(主人公)
  • 年齢:23歳
  • 役職:OREジャーナル記者見習い。
  • 性格:明るい性格でおっちょこちょいの調子者。お人好しで優しい性格でもあります。

OREジャーナルには、大学の先輩と後輩の仲だったので大久保編集長のスカウトで入社しました。

明るくておっちょこちょいな性格でしかもカッコイイときたら、世の女性は特に乙女心をくすぐられるというか…面倒見てあげたい、手助けしなきゃって勝手に思っちゃいますよね。

しかし城戸真司は、1度関わったことは最後まで付き合うという真っすぐな気持ちを持っているため、あれこれ悩んで抱え込んでしまうところもありました。

そんな城戸真司は、編集長には迷惑をかけてばかり。ライダーバトルに巻き込まれた際には、大久保編集長から迷いを振り払ってもらったり強い味方でもありました。

パパ
凄くいい関係性だと思うよ~!!なかなか現実社会というものは、こうはいかないからな~(汗)

城戸真司は、家賃滞納でアパートを追い出されてしまい、OREジャーナルの一時的に寝泊まりしていた。その後みんなが集まる喫茶店、花鶏(あとり)に居候することになりました。

見習い記者の浅野めぐみ!

  • 名前:浅野めぐみ
  • 年齢:25歳
  • 役職:第30話より、いきなり採用が決まったOREジャーナル社員。記者見習い

北岡秀一(自称:スーパー弁護士)の元秘書でした。元々はジャーナリストを目指していたんですが、専門学校生の時に間違って秘書課を受験してしまうという流れになったようなんです。

なんと可愛らしい感じでありなが拳法の達人なんです。北岡はごディガードとして雇うんですが、勘違いがひどくさらに不器用だったために解雇されてしまうんです。拳法をやっているわりによく貧血でうろたえてしまうんです。

そんな浅野めぐみを大久保編集長が一方的に気に入ったため、OREジャーナルにいきなり採用が決まったんです。元々はジャーナリストを目指していたので、ある意味結果オーライでしたね。

OREジャーナルを乗っ取ったのは芝浦淳!

  • 名前:芝浦淳
  • 年齢:21歳
  • 本業:明林大学経済学部2年生

ゲームサークル「マトリックス」に所属していて当初は弱気な性格の青年に見えたのですが、本性は凶悪な男だったんです。これが本当の芝浦淳。弱気な青年のフリをして周囲をだましていました。まるで羊の皮をかぶった狼…なんとも恐ろしいですよね。

第16話で読者を装ったメールの添付ファイルでコンピューターウィルスを使ってOREジャーナルを乗っ取り、一時的社長となりました。

さらにOREジャーナルを拠点とし日本全体ゲームで支配しようとするんですが、OREジャーナルに優秀なシステムエンジニアの島田菜々子がいたため、芝浦淳の野望は阻止されました。

OREジャーナルの社内でのエピソード!

個性的なメンバーが集うOREジャーナルには、毎回楽しいやり取りがありましたが、社内で起こったトラブルも合わせて見ていきましょう。

城戸真司がしでかしたトラブル編!

OREジャーナルに居候中に寝ぼけて、消火器を使いまくり卓上を消火粉まみれにしてしまったんです。

家事の夢を見て、消火器で火を消そうとするとはナイス判断なんですが、寝ぼけてオフィス中が消火粉だらけにしてしまうとは、後始末が厄介ですね(汗)

さらに突如、オフィスでサッカーボールを蹴りました。城戸真司は幼い時にサッカー選手になりたっかたんですって。と言っても…会社のデスクの上で大声出すとは、自由すぎやしませんか!

毎日こんなに騒がしかったら、社内の出来事をインターネットで投稿しても面白そうですよね(笑)

クーラーが故障してサウナ状態になったのは…演技じゃない!

クーラーが故障して半分サウナ状態になって、過酷な状況でメンバーは仕事をしていたのです。実はこれは演技ではなく、現実の撮影現場のクーラーが故障していたようです。

撮影現場ではライトや機材などがあり、もともと熱いのに…クーラーが壊れるとはこれまた災難なことがありました。しかし、こんな状況の中でも演技するという俳優さんたちのプロ意識は半端ないですよね!

OREジャーナルのメンバーが楽しく働いている姿を見たい方は仮面ライダー龍騎の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


OREジャーナルは今はどうなっている?

2018年から放送の仮面ライダージオウの21話、22話は仮面ライダー龍騎編で、OREジャーナルが閉鎖されたということでした。

仮面ライダージオウに登場したのは、大久保編集長と城戸真司。

2019年現在SNSの発達によって、自分からいろんな出来事を自由に発信できる世の中になってきました。そのためニーズに合わなくなったためOREジャーナルは閉鎖されてしまったのです。

時代の流れによって変わりゆく世の中、ネット社会で生き残るためにはその状況に合わせて対応しないと無くなってしまうんですね…ついていくのがやっとです(汗)

しかし大久保編集長と城戸真司は、諦めずにまた前へ歩きはじめました。その様子は、まるで仮面ライダー龍騎の時と同じよなOREジャーナルの雰囲気だったと感動の口コミが多く見られました。

OREジャーナルのHPが存在している?!

※OREジャーナルHP

実は実際にOREジャーナルのHP(ホームページ)2019年現在でも、見れることができちゃうんです。記事の更新はないんですが、当時のままに残っています。

いきなり更新なんてことがあるかもしれないので、チェックしとかないとですね。お時間がある時でも見てみて下さい(笑)

OREジャーナルのTシャツが発売?!

引用先:プレミアムバンダイ

2019年5月5日開催のイベント「仮面ライダー龍騎ナイト」で販売された商品がなっとイベントに行けなかった人でも購入ができるんです。

販売価格:3,240円(税込)となっていて、サイズもM・L・XLとなっています。OREジャーナルのロゴのみのプリントは実にシンプルなんですが、インパクトあるTシャツですよね。

パパ
Tシャツを着て、OREジャーナルの一員になった気持ちになれるな~!!
ママ

イベントに行った人が買えたTシャツなのね!!買えなかった~っていう人は急いだ方がよさそうね!!それにしてもTシャツ来てカメラなんて持ってたら、まさにOREジャーナルの一員ね(笑)

他にもOREジャーナルグッズは?

引用先:プレミアムバンダイ

OREジャーナルのポーチ、マチがないスリムなパーチになっています。販売価格は1,296円(税込)です。

ちょっとした小物、化粧品など入れてバックにポンっと入れておいてもちょうどいい感じで、OREジャーナル好きにはたまたない1品ですよね。

OREジャーナルならぬ…Atashiジャーナルもあった!?

仮面ライダー龍騎に登場した会社OREジャーナル。その後仮面ライダーディケイドの6・7話、龍騎の世界ではOREジャーナルの代わりに「Atashi ジャーナル」という会社が存在していました。OREジャーナルの会社より立派な看板付きの会社になってます。

Atashiジャーナルのメンバー

  • 編集長:桃井玲子
  • 副編集長:鎌田
  • カメラマン:辰巳シンジ
  • ライター:羽黒レン

Atashiジャーナルという週刊誌を毎週火曜日に発売。

OREジャーナルと同じように、一人称の「あたし」と言うことで社名が名付けられたのでしょう。思わずOREジャーナルを感じる名前に仮面ライダー龍騎を思い出したという人も多いのではないでしょうか。

編集長も大久保編集長(男性)から、桃井玲子編集長(女性)へと変わり時代の変化…女性も男性と同じように働き社会に貢献という意図もあったのかなと想像してしまいました。

OREジャーナルのメンバーが楽しく働いている姿を見たい方は仮面ライダー龍騎の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダー龍騎に登場したOREジャーナルは、ネットニュースを配信する会社です。
  • メンバーは大久保編集長をはじめ、主人公でもある城戸真司が所属し個性的なメンバーが集う楽しい会社です。
  • 仮面ライダージオウでは、OREジャーナルは時代の変化についていけず閉鎖されていました。
  • OREジャーナルの会社のロゴ入りのグッツにTシャツやポーチが発売されています。
  • 仮面ライダーディケイドでは、OREジャーナルに変わりAtashiジャーナルが存在していました。

OREジャーナルという会社は、個性的なメンバーが集うネットニュースを配信する会社でした。こんな会社があったら毎日仕事も楽しそう~と入社したくなりました(笑)

特に大久保編集長のような上司に巡り会いたい…なんて思います。OREジャーナルは閉鎖されてしまいましたが、いつかまた復活して欲しいなと思いました。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ