超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



俳優業というと色々ありますよね。例えばドラマや映画で演技をする俳優・女優であったり、アニメや洋画の吹き替えで声で演じる声優だったり。しかし、特撮ファンには忘れてはならない大切な俳優業がもう1つあるんですよ。

そう、「スーツアクター」です!スーツアクターとはご存知の方も多いと思いますが、スーツや着ぐるみを着てアクション専門で演技をする俳優です。簡単に言うと仮面ライダーなどのヒーローや怪人の中の人ですね。

今回は数あるスーツアクターの中で色んな伝説をお持ちの新堀和男(にいぼり かずお)さんについて紹介していきます!


新堀和男(にいぼり かずお)さんってどんな人?

目力がすごくてちょっと怖そうなこちらの俳優さんが仮面ライダーをはじめ、色んな役をスーツアクターとして演じられた新堀和男(にいぼり かずお)さんです。

あまりの目力に、街中でお会いしても声をかけにくい気がします。握手してくださいなんて気軽に言ったら、この木刀でカツをいれられてしまいそうですね(笑)

画像のお姿だけだととても厳しそうな印象ですが、実際はどんな方なのでしょうか。それでは詳しく見ていきましょう!

プロフィールやデビュー作は?

https://twitter.com/42k31210/status/967038270885412870

こちらスーツアクターとしてバリバリ活躍していた若い頃の新堀さんです。スーツを脱いだ素顔の新堀さんは、どことなくTOKIOの長瀬智也さん風のイケメンじゃないですか!

スーツアクターだけじゃなく、俳優やモデルとしても十分活躍できそうな気がしますね。それでは、そんなイケメン新堀さんの基本情報からご紹介します。

新堀さんの基本情報

新堀和男さんのプロフィール

  • 生年月日:1955年2月23日(執筆時64歳)
  • 出身地:茨城県
  • 身長:180cm
  • 血液型:B型
  • 現職:レッド・エンタテインメント・デリヴァー社長
  • 活動期間:1971年〜
  • 配偶者:あり

1971年、16歳の時に高校を中退して「日本テレビ俳優養成所」に在籍していました。高校を中退してまでも、俳優養成所に通っていたということは、もともと俳優業に興味あったのかもしれませんね。

そして、ここからミラクルが起きます!養成所の講師だった大野剣友会代表の大野幸太郎さんと養成所の先輩の岡田勝さんに誘われて大野剣友会に入ることになったんです。その後、仮面ライダーでショッカー戦闘員役のスーツアクターとしてデビューを果たしました。

大野剣友会
日本の演劇・殺陣(武器を用いた演技)などを専門とする集団で、仮面ライダーをはじめ多くの特撮でアクションを務めたことで有名。アクションシーンを支える名優をたくさん輩出した。

これってすごいことですよね。AKB研修生の子が、講義に来ていたプロデューサーの秋山康さんから声をかけられて、テレビに映るかわからないくらいの後ろの方だけどAKBの一員としてデビューしたのと同じような感じです!

大野剣友会代表の目に止まるってことは、新堀さんにスーツアクターとして何か光るものがあったのかもしれません。

デビュー作はザコキャラのあれ!

新堀さんは仮面ライダーでザコキャラとして有名なショッカー戦闘員でデビューをされました。黒いタイツと「イー!」という掛け声が特徴の、敵キャラのランクでいうと一番下ですぐ倒されてしまうちょっとかわいそうなやつです。

でも、ザコキャラの代名詞になっているショッカー戦闘員って、実はアクションがすごいんですよ!まずはこちらをご覧ください。

バク転4連続ですよ!しかも、体操選手並みのきれいなバク転を決めています。見てるだけで気持ちいいですね。

こんなにアクロバティックに挑んでいるのに、最後は仮面ライダーのキックで倒されてしまうんです(笑)倒されるまでがショッカー戦闘員の役割なんですね!

出演作品はこんなにも!

新堀さんは1971年から1991年の20年間スーツアクターとして活躍されました。年齢でいうと17歳から37歳です。37歳で引退というと早い気がしますが、やはり体が売りの仕事ですので仕方がないのかなぁとも思いますね。

引退された理由は、足がまっすぐ上がらなくなったから。足がまっずぐ上がらないと、見栄えが悪くなるってことでしょうか?プロ意識の高さがうかがえます。

しかし、実は引退された後も少しづつスーツアクターとして出演されていますので、出演作品は数えられないほどあるんですよ!それでは一挙にご紹介します。

仮面ライダーシリーズ
出演作品 演じたキャラ
仮面ライダー(1971年-1973年) 仮面ライダー1号、仮面ライダー新2号、戦闘員、ヒルゲリラ、ショッカー科学者(第48話)他
仮面ライダーV3(1973年-1974年) 仮面ライダー1号、仮面ライダー2号、仮面ライダーV3、ライダーマン、ハリフグアパッチ
仮面ライダーX(1974年) 仮面ライダーX(終盤)、アポロガイスト、怪人、戦闘員
仮面ライダーアマゾン(1974年-1975年) 仮面ライダーアマゾン(10話まで)
仮面ライダーストロンガー(1975年) 仮面ライダーストロンガー(中屋敷鉄也の代役)、仮面ライダーX(最終回)、磁石団長
仮面ライダースカイライダー(1979年-1980年) スカイライダー(31話-33話 中屋敷の代役)、偽スカイライダー
10号誕生!仮面ライダー全員集合!!(1984年) 仮面ライダーストロンガー
仮面ライダー BLACK RX(1988年-1989年) 仮面ライダー BLACK RX(代役で1回のみの出演)
劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王(2008年) 仮面ライダーアーク
スーパー戦隊シリーズ
出演作品 演じたキャラ
秘密戦隊ゴレンジャー(1975年-1976年)/劇場版5作品 アカレンジャー(1-66話)、日輪仮面、火の山仮面マグマン将軍、武器商人、イーグル科学者、海賊仮面人間隊、他
バトルフィーバーJ(1979年-1980年) バトルジャパン
電子戦隊デンジマン(1980年-1981年)/劇場版 電子戦隊デンジマン(1980年) デンジレッド
太陽戦隊サンバルカン(1981年-1982年)/劇場版 サンバルカン(1981年) バルイーグルドラキュラ伯爵の亡霊
大戦隊ゴーグルファイブ(1982年-1983年)/劇場版 ゴーグルファイブ(1982年) ゴーグルレッド
科学戦隊ダイナマン(1983年-1984年)/劇場版 科学戦隊ダイナマン(1983年) ダイナレッド
超電子バイオマン(1984年-1985年) レッドワンドラキュラ伯爵
電撃戦隊チェンジマン(1985年-1986年)/電撃戦隊チェンジマン 2作品 チェンジドラゴン、宇宙獣士ゾノスの亡霊の人間態
超新星フラッシュマン(1986年-1987年)/超新星フラッシュマン 2作品 レッドフラッシュ
光戦隊マスクマン(1987年-1988年)/劇場版 光戦隊マスクマン(1987年) レッドマスク、アキラの3番目の相手
超獣戦隊ライブマン(1988年-1989年) レッドファルコン
高速戦隊ターボレンジャー(1989年-1990年)/高速戦隊ターボレンジャー(1989年) レッドターボ
地球戦隊ファイブマン(1990年-1991年) ファイブレッド
鳥人戦隊ジェットマン(1991年-1992年) レッドホーク、神父
劇場版 秘密戦隊ゴレンジャー 5作品 アカレンジャー
電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦(2007年) 乾坤一擲武術会の参加者コジロー・ムサシノ
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大戦(2011年) アカレンジャー、レッドターボ
その他
出演作品 演じたキャラ
宇宙鉄人キョーダイン(1976年-1977年) ダダロイド、他
大鉄人17(1977年) ワンセブン、レッドマフラー隊員、ブレイン党員、他
UFO大戦争 戦え!レッドタイガー(1978年) ジャンケン兵士、イエロー三人衆、他
その他 多数出演

仮面ライダーシリーズでは、仮面ライダー1号をはじめ主要キャラクターや怪人を演じられました。私はヒーローと怪人は別のスーツアクターが演じているものだと思っていたので、ちょっと驚きです。

この回ではヒーローとしてかっこよく演じたかと思うと、次の回では怪人役でヒーローに倒されるってことがあるということですもんね。スーツアクターは動きで表現するので、ヒーローと怪人の表現の違いなんかを観察すると面白そうです。

これからは、番組の最後に出演者を紹介するクレジットキャストを見るという、マニアックなブームが私の中に到来しそうです!

ママ
スーツアクターって顔が見えないし、しゃべることもしないから、動きだけで演技しなきゃいけないんだよね?すっごく難しそう。
パパ
そうだね。仮面ライダーを撮影する時って、先にスーツアクターの動きのシーンを撮ってから、その後で動きに合わせて声をあてるんだって。
ママ
じゃ、そのシーンの全てはスーツアクターにかかってるってことね!責任重大だわ。

途中で一度引退していた

これだけたくさんの作品に出演されていますが、新堀さんを大野剣友会にスカウトした大野幸太郎さんが原作をてがけた「UFO大戦争 戦え!レッドタイガー」に出演したのを機に、1979年に一度引退されていました。

当時25歳でしたが、引退理由は明らかにされていません。17歳から25歳までずっと芸能界で仕事をしていたから、違う世界も見てみたくなったのかもしれませんね。引退後は、テキ屋になるために料理屋で板前として修行を開始されてます。

テキ屋
縁日などの人通りの多いところで、たこ焼きやりんご飴など露店を営む業者。

しかし、スーツアクターとして才能があった新堀さんを放っておかなかった人物がいました!新堀さんが師匠としたっていた殺陣師の高橋一俊(たかはし かずとし)さんです。

高橋さんは新堀さんが働いているお店に毎日通い詰めて、芸能界にもどるように説得しました。この説得の仕方がまたかっこいいんですよね。

高橋さんは、いきなり芸能界に戻ってくるように説得するのは失礼だからと、お店に行くだけで何も言わなかったんです。何度もお店に行けば何も言わなくても言いたいことがあると察してくれるだろうと信じて毎日通いました。

そして察した新堀さんに、高橋さんは「その歳で引退なんてもったいない。お前が今やってる仕事はたった1カ月で筋がいいと言われたが、アクションはそうじゃなかったろ?これまで務めてきたキャリアが全部無駄になるぞ。」とズドーンと説得したそうです。

高橋さんが大好きな酒も頼まずに説得したので、新堀さんも心を動かされました。数日考えて、高橋さんのオファーを受けて芸能界へ復帰したんです。その後は電子戦隊デンジマンで再び戦隊シリーズのスーツアクターとして活躍されましたよ。

誰かを説得するときは、本題は先に言ってはいけませんね。高橋さんのように、言葉よりもまず態度で語ることが、相手の心をつかむ素晴らしい方法だと言えます!

ミスターレッドの称号も!

新堀さんは戦隊ヒーローで中心的存在である、レッドのスーツアクターとして長年活躍されました。一番最初にゴレンジャーでレッド役に抜擢された際は、周りが先輩スーツアクターばかりでものすごく緊張されたんだそうです。

アカレンジャーは演出上、リーダー的立場なので「行くぞ!」と周りをまとめるセリフがありました。リハーサルでは新堀さんが「行くぞ!」とセリフを言うと、周りの先輩たりに「お前が行けよ〜。」と冗談混じりで言われたことも。

新堀さんは当時のことを「本番はちゃんとやってくれました。おかげでリラックスできました。」と語っています。これは先輩の嫌がらせではなくて、愛情だったんですね。

ドキドキのレッド役デビューでしたが、その後は180cmの長身と演技力で歴代のスーパー戦隊シリーズのレッド役に抜擢され、ミスターレッドと呼ばれるほどのスーツアクターとなられました!

しかし、ミスターレッドならではの悩みもありましたよ。当時の戦隊シリーズでは、各戦士の名乗りポーズを自分で考えなければなりませんでした。変身シーンの決めゼリフですよね。数えてみたんですが、新堀さんは戦隊シリーズで15種類のレッド役をされています。

15個も違うポーズを考えるってなかなか大変なことですよね。私は変顔が得意ですが、それでも5種類くらいが限界です。15個も考えるなんて想像もつきませんし、顔が変形してしまいそうです。

新堀さんも「ネタ切れになる。」と話しており、後半はポーズを考えるのに苦労されたようですよ。

一応、私も15個ポーズができるかやってみました。結果、無理やり頑張ってみて8個が限界でした(笑)皆さんも、ぜひこの変身スーツを着て15個の決めポーズをやってみてください。新堀さんの苦労が身にしみてわかりますよ!

顔を出せばドラキュラ!

ミスターレッド以外にも、もう1つ称号があったんですよ。

「ドラキュラ俳優」です。

新堀さんはスーツアクター以外にも顔出しで出演されていたことがあったんです。「太陽戦隊サンバルカン」と「超電子バイオマン」の2つの作品でドラキュラ役を演じられました。

このドラキュラ役が結構インパクトがあったんですよね。180cmという長身と白塗りしてもくっきりと映えるお顔立ちなので、ドラキュラがハマり役で印象強かったのかもしれません。

生え際と首の色が違って白塗りのムラがありますが、それもまた昭和っぽさと奇妙さが増して、怪人の不気味な雰囲気が良く出ていますよね。個人的にはスーツを脱いだドラキュラ姿の新堀さんも魅力的で素敵だなと思います。

そんな新堀和男さんスーツアクターとして演じた仮面ライダーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


現在はどんな活躍をしてる?

途中で一度引退をされましたが、その後もスーツアクターに復帰されましたよね。そして、1991年の「鳥人戦隊ジェットマン」のレッドホーク役を最後に、約20年間のスーツアクターに幕を閉じました。

しかし、その後もアクション界の支える素敵なお仕事をされているんですよ。簡単にご紹介していきますね!

引退後はアクション監督に就任!

新堀さんは引退後、1992年に「恐竜戦隊ジュウレンジャー」でアクション監督に就任され、様々なの作品を手がけらました。特撮はもちろんのこと、バラエティ番組や舞台、ヒーローショーに至るまで様々なジャンルで活躍されています。

アクション監督
映画やドラマの格闘シーンでのカメラワークやカット割りも含めたアクションの設計や撮影とそのシーンの編集まで行う専門職。

平成仮面ライダーシリーズでは「仮面ライダー剣」や「仮面ライダーキバ」のアクションを手がけました。しかし「劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王」ではアクションを手がけるだけでなく、ゲストライダー・仮面ライダーアークの一部を演じられたんです。

新堀さんは仮面ライダーアークを演じた時は53歳でした。私の高校時代の先生が50代だったんですけど、黒板に字を書くときに五十肩で腕が上がらないと言っていたことをふと思い出しちゃいました(笑)そう考えると、新堀さんってすごいですよね。

年齢を感じさせないくらい体が動かせるってかっこいいです!私も新堀さんみたいに年を重ねても若々しくいられるようになるには、今のうちから体を鍛えておかないといけませんね。

51歳で芸能事務所の社長になる

新堀さんはもともと「レッドアクションクラブ」を結成して後輩育成をされていましたが、51歳の時に法人化して「株式会社レッド・エンタテインメント・デリヴァー」というアクション専門の芸能事務所を立ち上げました。

もうお気づきかと思いますが、会社名にレッドが入っていますね!ミスターレッドと呼ばれていたくらいですし、会社名に入れるほどなので、新堀さんにとってレッド役にはとても思い入れがあるものだとわかります。

そして、会社のCMもありました!

俳優さんの鍛え上げられた体やキレのある動きがかっこいいですね!変なところにソファがあるなとちょっと面白かったですが、高いところから落ちるシーンは、俳優さんの演技や撮影の仕方でこんなにもかっこよくなれるんだと感心しました。

最後に新堀さんが登場しますが、眼光鋭くてボクシングのコーチみたいな雰囲気があります(笑)表情からアクションに対する真剣さが伝わってきますね。

男なら一度はかっこよくアクションを決めてみたいものです。こちらの事務所は通年募集と別に、2018年にはRED塾といって経験問わず研修生を募集していましたよ。機会があれば私もアクション俳優を目指して応募してみようかな、なんて思ったりしました。


スーツアクターって過酷な仕事だった!

子どもの頃一度は憧れるヒーローですが、そのヒーローをかっこよく演じるスーツアクターには過酷な試練があったんです!

ちゃんと見えてない!視界はマッチ棒並み?

仮面ライダーの中の人ってマスクの大きな目のところからしっかりと外が見えていると思ったら、実は全然見えてなかったんですよ!

このクウガの画像でいうと、外が見える範囲は赤い目と鼻に続いている金色の部分の間にある黒いスペースだけなんです。しかも、実はこれでも視界が広い方なんです。狭いものだとマッチ棒1本分くらいしかないものもあるんだそうですよ。

そんな狭い視界の中で、敵と戦ったりポーズを決めたりしなきゃいけないなんて、想像しなくてもスゴ技だということがわかります。私だったらまっすぐさえも歩けないし、すぐ転んでしまうでしょう。

ほとんど視界ゼロの状況で激しい演技をしても事故が起こらないなんて、まさに神ワザとしか言えません!

常に死と隣り合わせ…

アクロバティックな演技をするスーツアクターはやはりケガが多いみたいです。特に昭和の仮面ライダーは現在のようにCG技術なんてなかったので、爆破シーンなども実際に行われていました。

高いところから飛び降りたり、爆発に巻き込まれたりと危険なアクションも数多くあります。しかも、視界が狭い中でやらなきゃいけないので、普通に考えて結構危険ですよね。ちょっと気を抜いてしまうと命取りになってしまいます。

つまり、スーツアクターはかなりの集中力が必要ということになりますね。それだけすごいことをしているのに子どもには素顔を見せることなくヒーローや怪人を演じているスーツアクターはマジですごい仕事です!

新堀和男さんがアクションを手がけた仮面ライダーキバの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 新堀和男さんは有名なスーツアクター
  • ショッカー怪人でスーツアクターデビューをされ様々な作品に出演された
  • 途中で一度引退した過去がある
  • ミスターレッドという呼び名があるほどレッド役が適任だった
  • 現在は事務所社長としてアクション界の後輩育成に力を注いでいる

新堀和男さんは昭和の初代仮面ライダーから平成仮面ライダーまでスーツアクターとしてヒーローや怪人を演じられた俳優さんです。途中で一度芸能界を引退されましたが、スーツアクターとしての才能があり、熱烈なオファーを受けて約20年間演じ遂げられました。

スーツアクターは危険と隣り合わせで、過酷な環境の中で演技をしなければならないのでかなりの集中力が必要です。こんなに頑張って演じても決して顔を出すことはありません。まさにスーツアクターの新堀さんは仮面ライダーを影で支えた名役と言えますね!


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ