超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーといえば、大人から子供まで年齢関係なく楽しむことができる作品で、仮面ライダーと敵役とのアクションシーンも魅力的ですよね。そんな中私が注目したのが、仮面ライダー!…ではなく敵役の怪人です。

新しい怪人が出るたびに「この敵はどんな技を使うのだろう?」とか、「この敵は飛ぶのかな?」と予想するのですがいつも予想が外れるんですよね…。こんな風に、仮面ライダーファンの私は敵役の怪人についても気になってしょうがないです。

ということで、今回は劇場版仮面ライダーW「運命のガイアメモリ」に登場するメタル・ドーパントをピックアップして紹介していきたいと思います。この機会にメタル・ドーパントについて詳しくなっちゃいましょう!

仮面ライダーWに登場するメタル・ドーパントとは?

このキャラは劇場版仮面ライダーWに出てくる敵の中で、私が一番気になっていた敵なんですよね。当時はネットを見ても詳しい情報が出ていなかったんですが、久しぶりにWを見てメタル・ドーパントを思い出したので調査することにしました。

メタル・ドーパントの変身シーンを見つけました!目が真っ赤に充血していて、名前の通り身体全体が銀色でキラキラしています。目が一つしかないのに、周りはどんなふうに見えているんでしょうか。

メタル・ドーパントはどんな役柄?

メタル・ドーパントは、劇場版仮面ライダーWで敵役として登場する怪人です。目が一つしかないというなんともインパクトがある見た目なので、出てきたらすぐにわかりそうですよね。

メタル・ドーパントのプロフィールは?

まずは、メタル・ドーパントのプロフィールから見ていきましょう。

  • 身長 200センチ
  • 体重 270キログラム

めっちゃ背が高い!それに体重…重すぎませんか(笑)電気屋さんに売っている家庭用の6ドアある大型冷蔵庫でも1台110キロくらいなんですが、2台にしても足りないなんて…身体がメタルだから重いってことですね。

メタル・ドーパントは、NECRO OVER(ネクロオーバー・略してNEVER(ネバー)と呼ばれている)という集団に身を置く、棒術の使い手である堂本剛三(ドウモトゴウゾウ)が変身するドーパントです。

NECRO OVER(NEVER)とは
人間の死体を科学技術を使って強くするだけでなく、死んだ者を生き返らせて作った兵器、またはその集団のこと。メタル・ドーパントのほかに4人のドーパントが一緒に活動しています。

また、ドーパントというのは劇場版に出てくる敵をまとめた呼び名です。ドーパントたちの身体には”生体コネクタ”と呼ばれる部分に”ガイアメモリ”をさすことで、メモリの中に入っている地球の記憶を呼び起こすことができるようになるんですよ。

というか、生体コネクタやガイアメモリってなんなの?と思いませんか?わかりやすく言うと、生体コネクタがパソコンで言うところのUSBを刺す場所、そしてガイアメモリがたくさんのデータが入っているUSBですね。

メタル・ドーパントの場合は、背中にある生体コネクタにガイアメモリを挿すことによって変身ができるようになっていて、メモリが「メタル」という声を発してから身体に取り込まれて変身する敵になっています。

パパ

声がするUSB?聞いたことないなー。でも、本当にあったら面白そうだね!

メタル・ドーパントの特徴や使用する武器は?

メタル・ドーパントは鉄で作った壁と同じくらいの固さで防御力がかなり高く、攻撃しても簡単にやられません。しかも、変身しなくてもどんな重たいものでもひょいと軽々持ち上げられるような怪力の持ち主で、格闘技を得意としています。

ママ

どのくらい強いのかしら?もし出会ったらどうしよう…(汗)

持っている武器はメタルシャフト(とても丈夫な棒)と左腕にある曲がった爪です。この爪の形を見たら、動物園でたまに見かけるナマケモノを思い出しました。

劇場版では、持ち前の怪力とこれらの武器を使って、途中で合流した仲間のルナ・ドーパントとヒート・ドーパントと一緒に戦い、仮面ライダーWを苦しめていました。劇場版についての詳しい内容はこのあとのあらすじ紹介の際に説明しますね。

メタル・ドーパントは、主人公の一人の左翔太郎からこう呼ばれていた!

ちなみに翔太郎はメタル・ドーパントのことを「マッチョメン」と呼んでいました。変身前からなかなかの身体つきの男性だし、変身したらその固すぎる身体ですもんね。そう思えば、その呼び名もわかる気がします。

また、私がメタル・ドーパントが変身する前の姿を見た時、ついつい笑いそうになりました。それは一瞬だけサンドウィッチマンの富沢たけしさんに似ていたからなんです!(もちろん演じている人は違います)

仮面ライダーWはよく笑わなかったなと思いました。でも、仮面ライダーはどんな相手にも心を乱さないですからね。敵に向かって笑うなんてありえない!!

そんな仮面ライダーWが出演している「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


メタル・ドーパントは仮面ライダーW劇場版で登場!

メタル・ドーパントは劇場版「仮面ライダーW(ダブル)FOREVER A to Z」の敵役として登場します。ということは、劇場版ならではのオリジナルキャラクターなんですね。メタル・ドーパントは果たしてどこで登場し、どんな戦いをするのでしょうか?

劇場版の気になるあらすじは?(※ネタバレ注意)

ここからは、メタル・ドーパントの活躍を含めたストーリーを追っていきたいと思います。

ヘリコプターの中で

作品中に登場する街・風都(ふうと)では、街のシンボル「風都タワー」の30周年イベントとして花火大会が開かれようとしていて、上空には1台のヘリコプターが飛んでいました。

このヘリ、実は闇の巨大組織・「財団X」のもので、機内には最新型メモリが乗っていたんです。でも、そんな最新型メモリを狙っていたNEVER(ネバ―)にヘリを襲われてしまったことで、メモリを守ろうとしたヘリは自ら爆発してしまうことに。

しかし、守ろうとした大量(25本)のメモリが風都にばらまかれてしまい、偶然そのメモリを拾った人達が次々と怪人になり暴れだします。序盤からなかなか衝撃的な展開ですね。この話で落ちてるものを拾うのは危険ってことを学びました(笑)

また、この最新型メモリの一つである「エターナルメモリ」は、ヘリを襲撃したNEVERのリーダーである大道克己(だいどう かつみ)の手にも渡り、大道はその力を使って「仮面ライダーエターナル」に変身してしまいます。

パパ

僕には一つ心配事があるよ。それはヘリコプターに乗っていた人たちが助かったのかどうか映像にはなかったから気になってしまったよ。助かってたらいいんだけど…。

その頃、外で本を読んでいたフィリップ(主人公の一人)は、現れた少年と話をしていました。少年の母親が迎えにきた時、フィリップたちの近くで人々が2体の怪人に襲われてます。

怪人に親子が乱暴されそうになったため、フィリップが助けに入りますが生身の人間のままでは、怪人に太刀打ちできませんでした。絶対絶命!?しかし、そんな危ないところを助けてくれたのが、国際特務調査機関員の一人であるマリア・S・クランベリー

マリア・S・クランベリーとは
仮面ライダーWに出てくる悪い集団、NEVERが暴れるのを止めるために風都の街にやってきた人物。

そこへバイクに乗って現れたのは左翔太郎(もう一人の主人公)で、フィリップと翔太郎は仮面ライダーW・サイクロンジョーカーに姿を変え、怪人たちに挑んでいきました。

ーーーーー

同じ頃、別の場所では2体の怪人が街の中で暴れ狂っています。そこへバイクに乗って来たのは、風都で刑事をしている照井竜(てるい りゅう)です。照井は仮面ライダーアクセルに姿を変え、怪人に歯向かいます。

そして、アクセルだけが使える剣を使用しただけでなく、パワーを最大にすることができるガイアメモリを使ったことで、1体の怪人を倒すことに成功。その後、もう1体の怪人をも倒し、メモリを回収しました。

ーーーーー

2体の怪人と戦っている仮面ライダーWのほうでは、怪人が攻めたことによって建物が崩れ、コンクリートの破片が親子に当たりそうになっています。誰かー!助けてー!!

その時にさっそうと現れたのは、緑色の怪人・サイクロンドーパント。危機迫る親子を救い出します。

そして仮面ライダーWは、ルナジョーカー(Wのフォームの一つ)に姿を変えます。メモリのパワーを最大にして必殺技の”ジョーカーストレンジ”を出したことによって2体の怪人を倒しました。さすが、仮面ライダー!

倒れたときに、ドーパントから人間に戻った二人はなんと、翔太郎の知り合いであるウォッチャマンとサンタちゃんではないですか。まさかこの二人が…翔太郎もびっくりしたでしょうね。

二人の話では、空から落ちてきたメモリを手にした時にメモリが体の中に引っ付いてしまったそう。なんと不運なことでしょうか。急に降ってきたのが身体にくっついたら、私なら虫かと思ってしっしっ!と払いのけようとすると思いますね。

そして、フィリップと翔太郎は落ちている2つのガイアメモリを拾いましたが、それを取り上げたのはなんとマリアでした。

ママ

マリアさんはなんだか謎が多い女性ね。この続きが気になってきたわ。

また、マリアの戦い方を見たフィリップは、行方知れずの実の母親なんじゃないかと思い始めていました。

鳴海探偵事務所に戻る

フィリップと翔太郎と照井の3人のライダーは、鳴海探偵事務所にマリアを連れて戻りました。マリアが、探偵事務所の所長である鳴海亜樹子(なるみ あきこ)に、最新型ガイアメモリNEVERとそのリーダーである大道克己について話しました。

というか、最新型メモリはコネクタがなくても人間の体に入ることができるだけでなく、怪人をやっつけても壊れないんですって!だから、倒した後回収することができたんですね。

そして、マリアは翔太郎たちに「メモリを取り返すことと、NEVERを攻撃すること」をお願いします。そして翔太郎、亜樹子、照井の3人は、まだどこかに散らばっているガイアメモリを回収するため、街へ向かいました。

その途中で翔太郎と亜樹子は女子高生からA(アクセル)とK(キー)とB(バード)のガイアメモリを取り返しましたが、もう一つのガイアメモリQ(クイーン)を使って変身しようとしていた女子高生がいました。

https://twitter.com/Semi8035/status/1124285560602804224

翔太郎と亜樹子は何とか女子高生から取り上げようとしましたが、女子高生がメモリを落としてしまいます。それを拾ったのはなんと、NEVERの一員である羽原(はねはら)レイカ。翔太郎はQのメモリを取り戻そうとします。

しかし、Qのメモリは相性が良くないと言って捨てて、ズボンの中から取り出したH(ヒート)メモリでヒートドーパントに姿を変えてしまいました。レイカはヒートメモリ持ってたんですね…。色々な怪人に変身したかったんでしょうか。欲張りだな~(笑)

バイクに乗り込みどこかへ行こうとしていたヒートドーパントの後ろからは、バイクに乗りこんだ仮面ライダーWが後を追いかけています。

そのありさまを見ていたNEVERの一人である泉京水(いずみ きょうすい)は、L(ルナ)のガイアメモリを使いルナドーパントに姿を変えます。

パパ

泉京水の動きを見たことあるかな?まるでIkkoさんみたい。ということはオカマ?僕は笑いそうになったけど、仮面ライダーWは笑ってなかったね。やはり冷静な仮面ライダーWはすごいよ(笑)

ルナドーパントは必殺技で数人のマスカレイドドーパントという怪人を生み出し、それぞれがバイクに乗り込んで仮面ライダーWを追っかけます。

ヒートドーパントを追っかけることを中断した仮面ライダーWは、フォームを変えながら数人のマスカレイドドーパントを跳ね飛ばします。

仮面ライダーWは、再びヒートドーパントを追いかけ、サイクロントリガー(フォームの一つ)に姿を変え、トリガーエアロバスターという銃を出して撃ちましたが、残念ながらヒートドーパントにはかすりもしませんでした。

バイクから飛び降りてヒートドーパントと戦う仮面ライダーWの前に現れたのはなんとNEVERのメンバーである堂本剛三でした。

仮面ライダーWは堂本を吹き飛ばしますが、痛くもかゆくもないというような顔をしています。身体、強すぎない?その時、堂本はたまたま落ちていたM(メタル)のガイアメモリを拾い、メタル・ドーパントに姿を変えてしまいました。

そしてすぐにルナドーパントとヒートドーパントがメタル・ドーパントと合流して仮面ライダーWに攻撃をし始めてしまいます。この3体の怪人はとても強くて、仮面ライダーWコテンパにやられてしまったんです…。

そこに現れたサイクロンドーパントの助けを受けた仮面ライダーWは、サイクロンドーパントと一緒に戦いから立ち退くことができました。

大道克己、登場!

風都タワーに忍び込んだNEVERの一員が、従業員やお客さんを次々に襲い風都タワーを乗っ取ります。

その頃、フィリップのところにマリアから電話が入りました。「集めたガイアメモリを持ってきてほしい」と。

フィリップ、翔太郎、亜樹子、照井の4人は、すぐにマリアのところに向かいましたが、約束の場所にいたのはマリアだけではありませんでした。なんと、NEVERのリーダーの大道克己がいたんです!!

大道は仮面ライダーエターナルに姿を変えて、Wファングジョーカー(フォームの一つ)に変身したフィリップ&翔太郎と争うことになりました。

パパ

ファングジョーカーはめったに見られないから仮面ライダーファンの僕にとって注目のシーンだよ~!

しかし、圧倒的な力を持つエターナルにコテンパにやられてしまいます。アクセルに姿を変えた照井が仮面ライダーWを手伝おうとしたその時、NEVERの一員である芦原賢(あしわら けん)が現れ、アクセルは銃で撃たれてしまいました。

そして、芦原はT(トリガー)のガイアメモリを使ってトリガードーパントに変わり、アクセルとバトルが始まりました。

エターナルに倒され変身解除されてしまったフィリップと翔太郎は、すぐさま再び変身しサイクロンジョーカー、サイクロンジョーカーエクストリームへとフォームチェンジをしながら戦い続けました。

攻められたエターナルは、エターナルエッジという光線の力を最大にして発射させ、それに直撃したサイクロンジョーカーエクストリームはまた変身が解けてしまいました。

その頃、アクセルの方にもアクシデントが起こり変身が解け、照井に戻ってしまいます。

変身が解けた理由は、なんと、エターナルが最新型メモリ以前のガイアメモリの全てのパワーをなくすことができる才能を持っているからでした。

ママ
仮面ライダーWやアクセルが持っているメモリは旧型だったから、メモリ自体が力をなくしてしまって変身が解けたのね。

そしてトリガードーパントは他のガイアメモリを持っていた亜樹子に向けて銃を撃ちましたが、さっと現れたマリアがC(サイクロン)のガイアメモリを使ってサイクロンドーパントに姿を変え、亜樹子を守りました。

しかし、サイクロンドーパントは亜樹子が持っていたガイアメモリを奪い取り、変身を解いたあと大道と一緒に去って行ってしまいました。マリアは、実は大道たちのグループだったんです。

再び事務所に戻る

そして花火大会の日。翔太郎は思い悩んでいました。そこに出てきたのは、なんと亡くなったはずのスカル(仮面ライダーWで登場する仮面ライダーの一人)。

フィリップが母親を覚えてないことを思い出させたうえで、ガイアメモリの一つであるロストドライバーを置いたあと消え去ってしまいます。

そしてロストドライバーを取った翔太郎でしたが、なぜかいきなり事務所に現れたレイカに襲われます。

フィリップは・・・

オルゴールを持っていたフィリップは、一緒に持っていた地図を見てマリアのいる場所に行きます。オルゴールの音色は息子が好んでいたメロディーであると言ったマリア。でもそこに現れたのは大道だったのです。

オルゴールに入っていたメロディーのことを話す大道は、フィリップに昔話を聞かせてくれました。実は、大道は昔交通事故で亡くなっていたんです。

しかし、母親であるマリアは科学を使って大道を生きかえらせただけでなく、死なない体に入れかえたことを話してくれます。その話を聞いてショックを隠し切れないフィリップの気を失わせたあと、大道はNEVERまで引っ張っていきました。

ーーーーー

翔太郎が、ヒートドーパントに姿を変えたレイカと必死で戦っている途中、床に落ちている最後の最新型メモリ、J(ジョーカー)を見つけました。そしてそれを使い、すぐに仮面ライダージョーカーへと変身!

エネルギーを最も高いところへ持っていくことができるマキシマムドライブを使って、ついにライダーキックを食らわせることに成功しました。見事にヒートドーパントを変身解除に追い込みました。

ーーーーー

大道に連れていかれたフィリップは、風都タワーにある部屋の中でコードがいくつもつながっている「光線砲エクスビッカー」という帽子をかぶらされ、部屋から出られない状態にされています。

そして再び戦う

翔太郎と照井は、仮面ライダーが使っているハードボイルダーというバイクに飛び乗って風都タワーに向かいます。その途中、翔太郎はジョーカーに姿を変えました

それを見ていたルナドーパントは、マスカレイドドーパントを数匹を呼び出しましたが、すぐにジョーカーと照井に倒されてしまいます。物陰から、トリガードーパントとルナドーパントはチャンスをうかがっています。

その間に風都タワーの中に入るジョーカーの前に、メタル・ドーパントが現れ、ジョーカーと激しく戦います。最後にはマキシマムドライブを使ってついにライダーパンチでやっつけられてしまいました。

そして元の姿に戻った堂本はそのまま気を失いました。

その後、仮面ライダージョーカーは、風都タワーから動けないでいるフィリップの所にたどり着きました。が、そこに現れたのが大道。

大道はエターナルに変身し、U(ユニコーン)のガイアメモリをベルトに刺し、さらにマキシマムドライブを使ってジョーカーに必殺技をくらわせます。

受けてしまったジョーカーはふっ飛んでしまい、変身解除に追い込まれました。翔太郎が敗れたことで、最後のメモリ「J」も大道に奪わてしまいます。

最新型メモリを全て集めたエターナルは大道の姿に戻り、Z(ゾーン)メモリをエクスビッカーに詰め込んだあと、残りの25本のメモリも全てエクスビッカーへと差し込まれました。

止めようとする翔太郎でしたが立ち向かうことができません。そして、フィリップもエクスビッカーにつながれているため体を思うように動けないでいます。

そこにたどり着いたのはレイカ。体の具合が悪いと大道を頼りますが、「負けた奴は用無しだ」とレイカを見捨ててしまいます。そして、倒れたレイカは消滅…。

一部始終を見ていた翔太郎は頭に血が上って怒りに震えています。エクスビッカーにつながれているフィリップは、エクスビッカーが動き出そうとするのをなんとか自分で抑えようとしていました。

さらにエターナルのメモリを壊せば自分たちのメモリを生き返らせて勝つことができると考えたフィリップは必死でプログラムを書き換えます。頑張れフィリップ!

目の前でその様子を見ていたマリアは、自分のしでかした過ちに気づき、大道の体を保つことができない薬を入れようとしました。が、その行動に怒った大道にピストルで撃たれて亡くなってしまいました。

ママ

マリアさん、死んでしまったのね。泣きそうだわ・・・

パパ

ティッシュ持ってこようか?

そんなマリアを見て、怒りを隠せないフィリップは、自分の力でエターナルメモリとエクスビッカーを壊すことに成功し、その場から逃げることができました。

ーーーーー

そして、ルナとトリガーのメモリが戻ってきた京水と芦原、そして照井のメモリも戻ってきます。そしてアクセルに変身した照井、それを見ていた芦原もトリガードーパントに姿を変え、2人は戦いはじめました。

大道のことが気になっていた京水は、2人が戦っている間に風都タワーの中に入っていきます。

最後の対決

エクスビッカーを起動させるために風都タワーの一番上に向かう大道を、仮面ライダーWとアクセルが追いかけます。

大道はエターナルへ、翔太郎とフィリップはW・サイクロンジョーカーへと姿を変えて戦おうとしましたが、ルナドーパントが立ちはだかり、戦おうとしたその時!

回りながら現れた一つのメダル。そしてこちらへ向かってきたのはなんと、仮面ライダーOOO(オーズ)の主人公・火野映司(ひの えいじ)ではありませんか。

コインを手に取った映司は、仮面ライダーオーズへと変身し、ルナドーパントと戦い勝利します。ルナドーパントを映司に任せたサイクロンジョーカーはエターナルを追いかけました。

一方、トリガードーパントと戦っているアクセルの方も、フォームをアクセルトライアルに変えて、最後にマキシマムドライブを敵に向かって放ち、決着がつきました。

そして、一番上に来たエターナル。そこに追いかけてきたサイクロンジョーカーは、ハードターピュラーという空を飛ぶバイクに乗り、サイクロンメタルへとフォームチェンジします。

エターナルと戦う仮面ライダーWは複数のガイアメモリを使い、ルナメタル、ヒートメタル、ルナジョーカー、ルナトリガー、サイクロントリガー、ヒートトリガーへと姿を変え戦い続けます。次から次へとフォームを変える仮面ライダーWは、本当にかっこよくて、大興奮のシーンでした。

そして再びサイクロンジョーカーへと姿を変えた仮面ライダーW。最後にはエクストリームメモリを使ってサイクロンジョーカーエクストリームへと姿を変えます。

しかし、ここでもエターナルの力の差が大きく、追い詰められてしまった仮面ライダーWでしたが、それを見ていた亜樹子が「仮面ライダー」と叫ぶと、周りの人も「仮面ライダー」と叫び、応援してくれていました。

風都の人々の応援を受けた仮面ライダーWは、そのパワーを吸い込み、翼を持ち空を自由に飛ぶことできる、サイクロンジョーカーGX(ゴールドエクストリーム)に変身しました。

エターナルが攻めてきたタイミングで仮面ライダーWが攻撃をかわしたあと、最後のライダーキックを決め、エターナルを倒すことができました。そして変身が解けた大道は穏やかな表情で2度目の最期を迎え、爆発。消えました。

その様子を見ていた風都の人たちは喜びに包まれています。そして、流れるエンディングテーマ曲を聴きながら、翔太郎、フィリップ、照井、亜樹子は無事に花火を見ることができました。

ママ

最後は花火が見れて良かった。

そんな仮面ライダーWが出演している「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


メタルドーパントを演じたのはアクション俳優の中村浩二さん!

メタルドーパントの声と変身前のことを調べてみると、なんとウルトラマンシリーズに出演していた中村浩二(なかむら こうじ)さんではありませんか。

ウルトラマンではスーツアクター(スーツの中に入る俳優)として活躍していたので特撮ファンでない限り知らないかもしれませんね。

プロフィールや経歴は?

白いTシャツを着ている人が中村さんです。Tシャツの上からでもかなり目立っている胸や腕の筋肉、そしてがっちりした体形。プロトレーナーさんの隣に並んでも引けを取らないほど鍛えてるなぁと思ってしまいました。

  • 生年月日:1967年9月22日
  • 年齢:51歳(執筆時)
  • 身長:180㎝
  • 体重:80kg
  • 趣味:野球
  • 特技:合気道、居合道、殺陣、乗馬
  • 資格:空手三段
  • 所属事務所 (株)倉田プロモーション

さすがというべきか、アクションにも役立つ合気道や殺陣(たて)を得意としているんですね。

パパ
殺陣っていうのは、主に時代劇に使われる格闘シーンで素手や素足、あと武器を使った演技のことなんだ。演技だとわかっていても、見ている方はすごい迫力に圧倒されるよ。

中村さんのようにスーツアクターの経験がある人は柔道や空手などの格闘技が得意な方が多い印象ですが、中村さんも自分が格闘技を経験しているからこそ、視聴者の目を離さない迫力のあるお芝居ができているんだろうなと思いました。

ちなみに同い年には、俳優の織田裕二さんや女優の天海祐希さん、サッカー選手の三浦知良さん、元テニス選手の松岡修造さん、また、コメンテーターや司会者としても活躍中の坂上忍さんなどがいます。

出演作品

中村さんは今までにどのような作品に出演しているのでしょうか。

【映画】

  • ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY(2002年)
  • ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET(2003年)
  • ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE(2003年)
  • 仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ(2010年)
  • アウトレイジ ビヨンド(2012年)  他

【テレビ】

  • ウルトラマンティガ(1996年)・ティガ役
  • ウルトラマンダイナ(1997年)・ダイナ役
  • ブースカ!ブースカ!(1999年)・隼人千里男役
  • サラリーマン金太郎4(2004年)
  • 仮面ライダーフォーゼ(2012年) 他

【オリジナルビデオ】

  • 静かなるドン7(1995年)
  • ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人(2001年)
  • 仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーエターナル(2011年) 他

俳優としてデビューしたのがいつなのか、残念ながら調べた中では分かりませんでした。スーツアクターとしては、ウルトラマンの中に入って演じていますよ。仮面ライダーWの映画とあわせてみてみたいですね。

中村さんのここが素敵!

中村さんはがっちりした体形で演技も上手な、周りからみてもかっこいいと思える男性ですよね。そんな中村さんのことを調べていくうちに、こんなことがわかってきたんです!!

中村さんの素敵なところ1・タフ!

中村浩二さんは強い力を持っているだけでなく、苦しいことにも負けない精神力をもっているため、いろいろな監督からとても頼られています。

その信頼を目に見える形で表した作品が「ウルトラマンガイア」です。この作品で中村さんはなんと、一人三役を演じているんです!びっくりですよね。その回は、「プロレス回」と呼ばれていて、プロレスラーの橋本真也さんがゲストで出演しています。

タイトル『魂の激突!』では橋本さんの相手役として、ガイアで元々セミレギュラーだった桑原隊員と、桑原隊員と瓜二つのマンモス大剛を演じていました。

ママ
あれ?もうひと役はだあれ?
パパ
もちろん、忘れてはならないのがウルトラマンガイアだね!中村さんはガイアのスーツアクターと、桑原隊員とマンモス大剛の三役を演じたんだよ。

その時の監督である村石宏實(むらいし ひろちか)さんは、この時のことをこう語っていました。

「実際のプロレスラーと渡り合うので、生半可な役者じゃ持たないって考えたら、身近にいたんです。中村さんが(笑)」

監督からかなり信用されていたことがわかるエピソードですよね。でも、危険なことを頼まれている中村さんのことを考えるとなんだか複雑です(笑)

中村さんの素敵なところ2・マッチョ!

ウルトラマンティガに詳しい人は知っているかもしれませんが、実は、二人が交代しながら演じていたんですよ。その二人のうちの一人が中村さんでした。二人の担当がこちらです。

  • 権藤俊輔(ごんどうしゅんすけ・写真右)さん…痩せていた体格でメインとなって通常のウルトラマン(スカイタイプ)を担当
  • 中村浩二さん…筋肉モリモリでマッチョな体から力強い演技(パワータイプ)

これは初代ウルトラマンが痩せていたことから、その体系に近づけようとしたため基本的には権藤さんが演じ、力強さだけでなく長く持ちこたえられるウルトラマンに変わるシーンは中村さんという形で、二人で演じていました。

パパ

写真で見たら微妙に違うような・・・。でも僕には見分けがつかないな。

今はどんな活躍をしている?

仮面ライダーだけでなく、ウルトラマンシリーズにも出演していた中村浩二さんですが、テレビでは2017年に放送された「奥様は、取扱注意」の第7話で、映画では同じ年に放送された「破裏拳ポリマー」に出演してからは目立った活動はしていないようです。

今後もテレビや映画で活躍してくれると嬉しいですね。

劇場版に出てくる鳴海探偵事務所のロケ地ってどこ?

仮面ライダーWではよく出てくる鳴海探偵事務所はどこでロケをしているのだろうと気になった方はいませんか?なんと埼玉県にある鶴川座です。

しかし、とても残念なお知らせがあります。なんと老朽化のため2019年8月(予定)に取り壊されることになりました。仮面ライダーファンにとっては聖地と言っても過言ではない場所だったのに残念です。

取り壊される前に一度行って、仮面ライダーWのシーンを思い浮かべながらその雰囲気を味わってみたいですね。

そんな仮面ライダーWが登場する仮面ライダーW「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • メタルドーパントは映画「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」に出てくる
  • メタルドーパントの変身前を演じていたのは中村浩二さん
  • 中村浩二さんは平成ウルトラマンシリーズでスーツアクターとして活躍している
  • 中村浩二さんは、テレビや映画で活躍している

メタル・ドーパントって、変身前のあのニタっとした表情で近寄りがたい雰囲気があるし、背中にコネクタがついてるし…。なんだか、変身しづらくない?と思ってしまいました(笑)

でも、仮面ライダーWは主役だけでなく、めったにテレビや映画に出ない俳優さんもいるので、応援したくなりますね。久しぶりに見たくなったのでチャンスがあったら見てみようと思います。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ