超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



「宇宙戦隊キュウレンジャー」は2017年の2月~2018年2月までの間、テレビ朝日系列で放送されていました。初期メンバーの数がタイトル名になっていて「あっ、メンバーは9人いるんだ~」と分かってしまいますね!

初期メンバーが9人と今までの戦隊シリーズと比べてもとても多いので、全員並ぶと敵は圧倒されてしまいそうです。たくさんメンバーがいるということは、その中にはやっぱり変わったキャラクターもいるんですね。

今回はキュウレンジャーの中でも特に個性がある、ワシピンクこと「ラプター283」について紹介していきたいと思います!この記事を読めば、名前から既に癖があるこのキャラクターを好きになってしまうでしょう!

ワシピンクはキュウレンジャーに登場の戦士!

ワシピンクとは戦隊シリーズには欠かせないかわいいヒロイン枠として登場する、ピンク色の戦士です。

ワシとはあの空を飛んでいる鳥類の鷲のことで、皆さんも一度は見たことがありますよね?名前の通り、鳥類の中でも力強くスピード感のある鷲(わし)がモチーフになっているんです。

可愛い女の子なのにかっこいいワシがモチーフとはギャップがありますよね。そんなギャップにちょっと胸がときめいてしまいました。

左側の画像に写っているこのラピタ―283が右側に写っているワシピンクに変身するんですが、実はこの子の服装にはワシを連想させる作りになっているところがあるんです。

皆さんはどこかわかりますか?

そう、スカートなんです!このスカートのギザギザの模様がワシの毛並みを連想させる作りになっているんですね。男性の皆さんなんかは目が行きやすい場所なので気づいた方が多いんじゃないでしょうか?(笑)

ワシピンクの変身とスーツの特徴は?

そんな鷲をモチーフとしたワシピンクは、変身するときには左腕についているこのセイブラスターに変身アイテムのキュータマをセットし、「スターチェンジ!」と叫ぶことで戦闘スーツが全身を包みます。

変身後の決め台詞「スピードスター、ワシピンク!」は題材である宇宙の星とワシピンクの得意分野であるスピードの両方が入ったぴったりのセリフですね!

変身後のスーツにもワシを意識した大きな羽があって、顔の方にも大きく鷲の模様があることが分かります。

スピードスターと自分で言うこともあり、今にも空へ飛び立ちそうな印象を与える姿ですね。

ワシピンクの武器はどんなものがあるの?

ワシピンクの武器は変身する時にもつかったセイブラスターです。このセイザブラスターは射撃用の武器で、弾丸を発射して相手を攻撃します。

実はワシピンクの特徴的な羽、これは飾りではなくちゃんと飛ぶことができるんです!高速で飛行することで相手をほんろうしセイザブラスター攻撃をする、これがワシピンクが得意とするパターンです。

さらにもう1つワシピンク専用武器、「キュ―ザショット」というのがあります。この武器もまた拳銃として使うことができ、これによってワシピンクは二丁撃ちが可能になるんですね。

ただでさえ周りを飛び回りながら攻撃されるのでも強いのにその攻撃が2倍になるなんて、敵もたまったもんじゃないですね(笑)

さらにキューザショットに変身でも使ったワシキュータマを付け、キュータマの力を注入することで発射することができるピンク色の弾丸「アルタイトインパクト」は超強力な必殺技です!

キュータマってなに?
キュータマには基本的に変身するためのもの、特別な技を使うためのものがありります。キューレンジャーはそれぞれ自分のキュータマを持っていて、変身の時に使用します。

空を高速で飛ぶことができる機動力と、両手から放たれる弾丸で相手を倒すワシピンクはヒロインでありながらキュウレンジャーとして力強い印象ももてますね!

本職はパイロットと秘書!アンドロイド「ラプター283」について

ここからは数字を省略してラプターと呼ばせていただきます。(ちなみに283というのは「つ・ば・さ」を数字にしているとか)

ラプターはキュウレンジャー達が乗っている宇宙船「オリオン号」のパイロットと、司令官であるショウ・ロンポーの秘書とするために作られたアンドロイド

ショウ・ロンポーってどんな人?

美味しそうな名前をしているショウ・ロンポ―はキュウレンジャーの司令官であり、変身して戦うこともできます。

戦闘においては実力があるんですが司令官としてはダメダメ。陽気で軽い性格をしているせいか、あまりにも作戦がテキトウで、メンバーに命令を聞いてもらえないこともあるんです。

しかしキュウレンジャー達より年上ということもあり、困っているときは良い方向に導いてくれる大人らしいところもあります。

オリオン号ってなに?

キュウレンジャー達が普段生活をしている宇宙船がオリオン号です。操縦はラプターが行っていて、そのためかオリオン号には人一倍思い入れがあるみたいですよ。

またラプターが話しかけたときは「おーりーおーん」と返事をしていて、ラプターと同じように意思がある機械でもあるようです。

サポートキャラとして登場したラプターはまじめで、メンバーの中ではお姉さんのようなポジションです。

ショウ・ロンポーの秘書ということもあり、何かと近くにいることも多く、彼の変な発言やふざけた態度に怒ることもしばしばあります。

見た目はアンドロイドということもあって、ピンク色の髪やメーターなどインパクトがすごいですね!

その中でも特に印象的なのが大きなメガネです。このメガネはパイロットのゴーグルと秘書のメガネを合わせたデザインとなっているそうです。

ママ
初めは秘書さんだからメガネをかけているのだと思っていたけれど、パイロットのゴーグルもイメージされていたのね。
パパ
秘書と言われたらメガネに見えて、パイロットと言われたらゴーグルに見えちゃう、これ考えた人すごいな・・・

妄想をするメガネっ子、内に秘めた本当の気持ちとは?

皆さんはラプターを見たときメガネをかけているを見て「この子もしかしたらオタクなのかな?」と思いませんでしたか?

実はラプターはオタクというわけではないのですが、よく妄想をしちゃう女の子なんです。でもそれは変なことを考えているわけではありません。彼女が頭の中で考えていること、それは実現が難しくてもこうしたいという彼女の願いだったんです。

ラプターの願いとそれを思う仲間たち

Space4で放送された内容を少し紹介します。

ラプターが胸の内秘めていた気持ち、それは「自分もキュウレンジャーのとしてみんなと一緒に戦いたい」というものでした。

ラプターって、もともと戦うために作られたのではなく、作り自体もそこまで頑丈なものではないんですよね。

また、変身するためのアイテム、「キュ―タマ」も持ってなかったので、生身で戦うわけにもいかず、ただ戦う仲間を見守るばかりでした。

パパ
野球部で言うと、一生懸命応援するマネージャー的な存在だね。

でも、自分が変身することができて、敵にやられそうになっている仲間を助けるという妄想ばかりいつもしていたんですね。自分は悪と戦う仲間たちをいつも見ているばかりで、手助けをすることはできない!みたいなモヤモヤな気持ちがあったんだと思います。

ジャークマターってなに?
宇宙を力や恐怖で従わせようとする悪の組織です。キュウレンジャーが誕生する以前から活動していたため、宇宙の99%をこの組織が支配していています。

キュウレンジャーが現れたことで危機感を覚え、賞金をかけて、どうにか排除しようとしています。

助けてもらってばかりの申し訳ないな、何もできなくてくやしいな、私も変身して戦いたいな、という気持ちがどんどん大きくなっていき、カッコ良く戦う自分の姿をいつも妄想していました。

誰しも助けられてばかりではなく、誰かを助けたい、誰かの役に立ちたいっていう気持ち、ありますよね。実際は十分人の助けになっていることに気づいていない人もきっと多いはず。

ラプターだって、戦えずとも情報を集めたりして別の角度から仲間を助けているんだから、それでいいじゃないかと思ってしまいますが、本人にしてみたら全然良くないんですね。

ある日、ラプターは襲われそうになったところを仲間に助けてもらい、ここにいたら危ないからという理由でオリオン号に戻されてしまいます。

皆がこうしてラプターを危険から遠ざけるのは、仲間として失いたくない思っているからなんです。

機械なので、完全に壊されてしまうと二度とラプターと過ごすことができなくなっちゃう!とみんな心配していたんですね。

ラプターはオリオン号に戻った後もタブレットに妄想を書いていきます。すると同じく戻ってきた主人公のラッキーに書いていた妄想を見られてしまうんですね。

ラッキーってどんな人?

本作の主人公でシシレッドに変身します。名前がラッキーということでとても運が強く、明るく仲間思いなところもまさに主人公らしいですね。

運が強いのもあるかもしれませんが、どんなピンチでもそれをピンチとせずに立ち向かうところが彼も魅力の一つです。

そこでラプターはずっと思っていたことをラッキーに伝えることにします。

「キュウレンジャーになる妄想ばかりしてしまう、自分はどこか壊れているんじゃないか」

ラプターはずっとそう思っていたんです。でも、ラッキーが「やめなくていい、ラプターが考えているのは夢だ!」と言うんですね。その言葉に心を動かされたラプターはラッキーと共に先ほど攻撃を仕掛けてきた敵のもとへ向かいます。

夢が現実に、ワシピンク誕生!

実はすでにラプターの気持ちを知っていた仲間たちは、危険な目にあわせたくないという気持ちと願いを叶えさせてあげたいという2つの気持ちの持っていました。

戻ってきたラプターに対して仲間の1人がは本当はどうしたいのか聞きます。そこでラプターは自分の心の奥にあった「みんなと一緒に戦いたい」という気持ちを叫ぶんですね。

するとその声に反応してピンク色のキュータマが現れ、ラプターはワシピンクへと変身します!変身したラプターはまさにワシのように空中を自由に飛びまわり、敵をどんどん倒していきます。仲間のピンチを見事に救い出し、夢を実現させた瞬間でした。

純粋に仲間と一緒に戦いたいというラプターの強う気持ちにキュータマが答えた瞬間してとても人気な回です。

パパ
大人になるにつれて夢を持つことは少なくなるけど、叶えたことなら思い続けることも大切なんだね。僕も好きな回だね。
ママ
そうね。パパも昇進もしっかり思い続けてたら叶うかしら?
パパ
・・・がんばります。

そんなラプターが登場する宇宙戦隊キュウレンジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


ラプターの声を担当したのあの〇〇イエロー!?

かわいらしいピンク色と同じように声もかわいらしいラプターですが、この声優さんがまた驚くべき人なんです!

ラプターの声はM・A・Oさんが担当していて、これまでも様々なかわいらしいキャラクターを演じてこられました。

M・A・Oさんは始めは市道真央という名前で女優活動をしていました。そしてある作品に出演された際に、アフレコも一緒に担当して、声優という仕事に興味を持ったそうなんです。

実はその役というのは「うっさいバーカ」でおなじみ「宇宙戦隊ゴーカイジャー」のルカ・ミルフィだったんです!

スーパー戦隊シリーズで初期メンバーを2度演じたのはM・A・Oさんが初めてなんですよ。

実はラプターとルカ・ミルフィはスーパー戦隊最強バトルという特別番組で共演していて、2人でマカロンを取り合うシーンがあったんですよ。

作中でも声が似ているようなという発言がありファンの方は盛り上がったのではないでしょうか?

そのほかにも「騎士竜戦隊リュウソウジャー」にも声優として出演されています。

戦隊シリーズにとても縁のあるM・A・Oさんの活躍にこれからも期待したですね!

ルカ・ミルフィやM・A・Oさんについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

そんなM・A・Oさんが声を演じたラプターが登場する宇宙戦隊宇宙キュウレンジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • ワシピンクはラプター283が変身するキュウレンジャーの戦士
  • ラプターはパイロットと秘書のために作られたアンドロイド
  • キュウレンジャーとして戦いたいという願いが叶いワシピンクとなる。
  • ラプターの声優はM・A・Oさん
  • M・A・Oさんは以前にも女優「市道真央」として「海賊戦隊ゴーカイジャー」ルカ・ミルフィ役で出演

ラプターのように本当はしたいのに自分にはできないと思って行動に移せないことは多いと思います。

しかし一人で考え込んでいるだけではなく、身近な人に相談することで、後押ししてくれることもあるのではないでしょうか?

家族や友人など信頼できる人に、キッカケを作ってもらえるかもしれませんね!

久しぶりにスーパー戦隊シリーズが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

昭和のスーパー戦隊

平成のスーパー戦隊


子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ