超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



獣電戦隊(じゅうでんせんたい)キョウリュウジャーは、2013年2月から1年間の間放送していた特撮テレビドラマです。恐竜が好きな子供からの人気も高く、大人でもハマる人が続出していたんですよ。

子どもが見る時間に放送されているだけあって、目をそむけてしまうようなシーンもなく、ストーリーも面白いと話題になっていました。今でも子どもに見せたい戦隊ものとして人気が高い作品です。そんな作品に出ている俳優さんのこと、気になりませんか?

ヒーローと言えば、やっぱりかっこいい人やかわいい子が出ているのではないかと期待しますよね。今回はかなり重要な役どころである主役・桐生ダイゴを演じた竜星涼さん、そして、変身後のキョウリュウレッドについても紹介していきます。

竜星涼はキョウリュウジャーの主役に選ばれた!

 

左右の写真を比べたらわかると思いますが、キョウリュウジャーに出ていた頃の竜星涼(りゅうせい りょう)さんはすでにかっこいいですよね。でも、この本が出た2017年の写真の方はかっこいいだけではなく、大人の色気が出ていて素敵じゃないですか?

竜星涼さんのプロフィールや経歴は?

世の女性たちは、竜星さんがイケメンすぎてフラフラ~っとよろめいたと思いますが、いつから芸能界入りしていつキョウリュウジャーの主役を務めたのか知っていますか?

まずはプロフィールやこれまで出演した作品を紹介しながら竜星さんのことを詳しく見ていきましょう。

<竜星涼さんのプロフィール>

  • 芸名:竜星涼
  • 生年月日:1993/3/24(執筆時26歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:183cm
  • 血液型:A型
  • 趣味:サッカー、バスケットボール
  • 特技:走り高跳び
  • 所属事務所:研音(けんおん)

竜星さんが生まれた平成5年と言えば、天皇陛下が皇太子時代に雅子様とご結婚されたり、山陽新幹線でのぞみが運行し始めた頃でしたよね。懐かしいです。

キョウリュウジャー出演時の20歳で既にかっこいいんだから、きっと赤ちゃん時代もかわいらしい顔立ちしていたんだろうなと想像が膨らんでしまいました。

身長も日本人男性の平均身長171cmをゆうに超えて183cmととても背が高いんですね。細身ですらっとしていて小顔だなんて、イケメン好きの女性が見逃すはずがありません。

しかも、スポーツ万能ときましたよ、奥さん!竜星さんの走り高跳びは芸術品のようにキレイだろうと想像ができますよね。飛んでいるところが見たくなってきちゃいました。

さすがに動画はありませんでしたが、中学時代に走り高跳びであと5cm飛べていたら優勝か準優勝を狙えるほどの実力を持っていたんですよ。ですか、実はこの時、竜星さんは陸上部ではなくサッカー部に入っていたんです。

ママ
え?どうして竜星さんが陸上部の大会に出ることになったのかしら?

うんうん、ママもそう思いますよね。竜星さんがどうして陸上部の試合に出たのかというと、陸上部の代わりに大会に出てほしいと頼まれたからなんです。

陸上部員を差し置いて、サッカー部員の竜星さんが出場するって…当時の陸上部員は、自分達の中から選ばれなかったことを悔しがったのではないでしょうか。

そんな代打のような出場だったのに優勝まであと少しのところまでいくなんて、どれだけ運動神経がいいんですか、竜星さん!そもそも陸上部に入っていないのに、そんな記録を出せるなんて凄すぎです。

竜星さん本人が脚力には自信があると言っているくらいなので、きっと頼んだ人も竜星さんの力を見込んでのお願いだったんでしょうね。そんな風に声を掛けられるなんて、竜星さんって本当に凄いです。

竜星涼さんの経歴は?主演ラッシュで大人気!

そんな竜星さんは、これまでどんな作品に出演してきたのでしょうか。芸能界に入った理由もチェックしていきましょう。

竜星涼さんの出演作品は?
↓気になる+をクリック↓
TV
2010 『素直になれなくて』高橋 正文役
2011 『桜蘭高校ホスト部』猫澤 梅人役
2012 『ライアーゲーム-再生-』大学生役
2013 『女信長』森 蘭丸役
『獣電戦隊キョウリュウジャー』主演 桐生 ダイゴ役
2014 『GTO』芹澤 航平役
2015 『超限定能力』主演 秋山 舜太郎役
2016 『こえ恋』兵頭 誠役
2017 『ひよっこ』綿引 正義役
2018 『アンナチュラル』木林 南雲役
2019 『都立水商!~令和~』主演 石綿 直樹役
『同期のサクラ』清水 菊夫役
映画
2014 『俺たち賞金稼ぎ団』主演 赤井 達也役
『マジックナイト』主演 桐生 レイラ役
2015 『orange』須和 和人役
2016 『シマウマ』主演 倉神 竜夫役
『泣き虫ピエロの結婚式』主演 秋山 陽介役
2017 『Bros.マックスマン』主演 谷口 英雄役
2018 『トイ・ストーリー4』フォーキー役(吹き替え)

竜星さんは、高校2年生の頃に原宿の竹下通りを歩いていた時に現在所属している研音のスカウトマンから声を掛けられたことがきっかけで芸能界に入りました。

高2だったら、そろそろ進路を考える時期に差し掛かる頃です。そんな時に芸能事務所からスカウトされたら、大喜びでハイ!と言ってしまうかも…って、それはさすがにないですよね。

みなさんも知らない人に声を掛けられたら、とりあえず怪しい人かもしれないと疑って身を守らないとダメですよ?最近は連れ去りとか、何かと危険ですからね。

竜星さんは当時全く芸能界に興味がありませんでした。じゃあどうして今芸能界で活躍しているのかなと思いますよね。実は、スカウトされたときにもらった名刺が関係していたんです。

その名刺の裏側には、なんと反町隆史さんと竹野内豊さんの名前が!それを見た竜星さんは、憧れの二人に会えるかもと期待して芸能界に入ることにしたそうです。なんともかわいらしい理由ですよね。

パパ
憧れの先輩と数年後にドラマで共演できたときは、とても嬉しかったんじゃないかな。
ママ
いいな、私も会いたい!

2010年の1月に研音と契約をかわし、その4か月後にはさっそくドラマに出演が決まったんですが、これって凄くないですか?

私は以前、TVで芸人さんの下積み時代が何十年もあったと何度か耳にしたことがあったので、それだけTVに出るって大変なんだなと思っていました。なのに、数か月で名前のある役をもらえたなんて…本当にスゴイです。

主役のように長い時間写っていたわけではありませんが、それでも名前がある役に選ばれたのは、竜星さんに光るものがあったということでしょうね。現に数年後にみごと主役を勝ち取り、それからは毎年のように主演に選ばれています

あちこちから声がかかって、とっても忙しそうですよね。でも、忙しいながらもとても充実した毎日を送っているのではないでしょうか。2019年も映画にドラマに大活躍の竜星さん。今後が楽しみですね。

竜星涼さんはこんな経験もしていた!

とっても背が高くてかっこいい竜星さんは、実はモデルとしても活躍しています。元々服が好きで、自分には服が似合う自信があるんですよ。イケメンだから、きっと何を着ても絵になりますよね。

外出の予定があるときは、服を決めることから始めるし、たとえ待ち合わせに遅刻しそうでも服を選んで遅刻したい。その感覚ってファッションが好きじゃないと分からない。だから服を大事にするってこともそうなんです。

引用先:竜星涼の素顔に迫る、本音のボーイズトーク。【VOGUE GIRL with BOY FRIEND

待ち合わせに遅刻してでも服はキチンとしたいって…私はどちらかというと時間は守りたいタイプなので、服は適当に選んでしまいます。竜星さんとは真逆ですね。

そんな竜星さんは、なんとパリコレというモデルにとっての夢の舞台にも立ったことがあるんですよ。

パリコレの出演はいつ?

2016年の秋冬のショーでヨウジヤマモトのオーディションがあると聞いた竜星さんは、挑戦したいという気持ちと同時に身体が自然と動いて、いつの間にかパリの地に立っていたらしいです。

しかも、当時は英語もフランス語もわからなかったそうです。そんな状況下でも行動できるなんて、竜星さんは行動派なんですね。

世界的に有名なファッションブランド『ヨウジヤマモト』とは?

山本耀司が設立した世界的に有名なブランドです。山本さんは、これまでフランス芸術文化勲章や日本の紫綬褒章(しじゅほうしょう)など、数々の受章されていますよ。

黒をベースにした山本さんの個性的なデザインは、ファッション業界の常識をひっくり返すほどの衝撃を与えました。

というか、竜星さんがのちに受けたインタビューで「受かった興奮が冷めないままショーに出た」と書いてあったんですよね。

私はオーディションで合格した後は少し日が空くのかなと思っていたので、これを知ったときは「そんなことがあるんだ!」とびっくりしました。

受かったその日にパリコレデビューなんて…私だったら心臓がバクバクして、せっかくの晴れ舞台で足元がふらついてしまいそうです。

竜星さんのデビューは、初めて歩いたとは思えないほどキレイで、他の出演者にひけをとらない美しさがありました。私ももしその場にいたなら、歩く姿につい見とれてしまったでしょう。

他にも『ドルチェ&ガッバーナ』のショーに招待されるなど、パリだけでなくミラノのランウェイでも活躍しました。日本のみならず、世界へ羽ばたく竜星さんのかっこよさにほれぼれしますね。

竜星涼さんの私生活は?

ここ数年はそういった話をききませんが、2014年には手つなぎデートの場面を撮られて報じられていました。お相手は、キョウリュウジャーで共演した今野鮎莉(こんの あゆり)さんです。

今野さんはキョウリュウピンクを演じており、収録中も仲良く話をしたり、二人で食事に行くこともあったようですよ。ただ、その後報道がないまま時が過ぎているので、別れたのではないかとウワサされています。

ママ
そうなのね。じゃあ私が立候補しちゃおっかな!
パパ
…ママは誰にも渡さないよ!

竜星さんの好みのタイプは、品があり奥ゆかしさのある人などがお好きだそうですが、最後はやっぱり「話していていいなと思う人」がタイプだと言っていましたよ。

ただ、竜星さん自身こだわりが強いので、それについてこれる方じゃないと付き合っていくのは難しいのではないかとも話していました。

好きな人のことならなんでも受け止めてくれる包容力のある大人の女性…、ということで、竜星さんは最終的に母親のような人が好みですねと結論を出していましたよ。

また、竜星さんは、好きになった女性には自分からガンガン行く方で告白は男らしく直球勝負!めちゃくちゃかっこいいですよね。私はなかなか自分からはいけないので、竜星さんのように直球でぶち当たっていく勇気が欲しいものです。

そんな竜星涼さんが演じた獣電戦隊キョウリュウジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


竜星涼が演じた桐生ダイゴとは?

とっても魅力的な竜星さんが、20歳の時に演じたキャラクターがそろそろ気になってきましたよね。ここからは竜星さんが演じたとっても元気な主人公を紹介していきます。

桐生ダイゴの特徴や性格は?

桐生(きりゅう)ダイゴは20歳の男の子です。恐竜がモデルなだけに、名前も恐竜の”ょう”を取って桐生。とってもわかりやすくていいですよね。

そんなダイゴは、小さいころからお父さんと一緒に世界のあちこちを旅しながら生活を送っていました。この、”世界を旅する”という設定は戦隊モノではおなじみですよね。

旅の途中で父と別れた後も一人で旅を続けていたダイゴは、いつしか『キング』と呼ばれるようになりました。そう呼ばれる理由は、彼の性格にあったんです。

桐生ダイゴは自信家であり楽天的な性格!

ダイゴは「~だろ!」や「~ねえよ!」といった語尾を使うことが多く、自分に自信を持っています。 加えて楽天的な面も持ち合わせていて、どんな壁にぶち当たっても「何とかなる」と前向きな姿が印象的ですよね。

色々な場所に旅をしたとなると、行く先々で自分で考えないといけない場面も多かったでしょうし、きっとたくさんの問題に立ち向かっていたのではないでしょうか。

そうして多くの経験を積んだダイゴは、何事も前向きにとらえられるようになったのかなと一人で想像をしてしまいました。皆さんはどう考えますか?

仲間たちはそんな楽天的であり自信家なダイゴに呆れてしまうことも多いですが、それ以上にダイゴの魅力にひかれているのではないでしょうか。

そんなダイゴの魅力は、人をひきつけるカリスマ性と器の大きさです。つまり、周りにいる人を上手くまとめてくれるリーダーなんですよね。学校でいえば生徒会長でしょうか。

生徒会長に選ばれる人って運動神経がよかったり、頭がよかったり、明るい人、話しやすい人など、その人によって魅力的な部分がたくさんありますよね。その背中は、全校生徒のあこがれだと言ってもいいほどです。

自分が「この人についていきたい」と思える人って、どんな相手にもいつも変わらない態度で接してくれる素敵な人が多いですよね。話を戻しますが、ダイゴの場合はストーリー上でこんな行動をしていました。

  • チームってこんなものだと説明
  • 仲間たちの意見のすれ違いにうまくフォローを入れる

「自信家」「楽天的」という言葉だけを見ると、こいつバカなんじゃない?と思うかもしれませんが、ダイゴは自分が感じたことを的確に相手に伝える力を持ち、周りの行動を見てアドバイスができる人なんです。

仕事でも、上の人だから仕事がめちゃくちゃできるわけでも、うまくアドバイスをしてくれるわけではありませんよね。何なら、全然仕事ができないのにあれこれ的外れなことを言ってくる上司もいます。

リーダーって、伝える力とかなりの観察力がない人にはハードルが高いものです。物語を見ると、ダイゴはこれらの能力がとっても高いのが分かってきますよ。

このような能力の高さや性格もあって、ダイゴは旅先で『キング』というあだ名で呼ばれていました。どうしてそんなあだ名で呼ばれるのかわからなかったダイゴ本人も、初めてブルー達に正体を明かしたシーンで

俺は桐生ダイゴ。あだ名はキングだ!さぁみんな、遠慮しないで呼んでくれ

と言ったんです。そう呼ばれる理由も謎のままなのに、呼ばれるうちにあだ名がキングなのが普通になっちゃったんですね。それも楽天的な彼らしい反応です。

桐生ダイゴの能力やエピソードは?

小さいころから旅をしているとなると、すっごく鍛えられているのではないかなと思いませんか?そうなんです。ダイゴって、変身前でもかなり戦闘力が高いんです。

しかも、旅を一人でしていた時期もあるので、料理も上手なんですよ。料理もできるなんて、ため息が出ちゃいますね。色々なところで告白されていそうです。

そんなダイゴは、番組中盤で敵に勝つためにキョウリュウグレーから修行を受けるんですが、何をしてもそつなくこなせてしまうダイゴに対して、「弱さがないこと」が成長を止めていると言われてしまうんです。

キョウリュウグレーの試練とは?

中国拳法の達人であるグレーの幻術による試練で、出された課題をクリアするまでその幻術から抜け出せません。

そういえば、令和元年に放送していた同じ恐竜モチーフのリュウソウジャーでも同じように幻術での試練がありましたね。見た瞬間、ダイゴ達のことを思い出せてとっても嬉しかったのを覚えています。

実は、この言葉を言われる前に試練をクリアしていたんです。クリアしたんだから、もっと強くなれるハズ!と思っていたのに、いざ敵と向かい合って戦いが始まっても、自分だけ攻撃が通用しない現実がダイゴに迫りました。

大ピンチになったダイゴ達を救ったのがグレーでしたが、ダイゴの戦い方を見てダイゴだけを失格にし、戦隊から追放すると言い放たれたんです。 ダイゴは自分の弱さや恐れるものは一体何なのかと悩みました。

グレーに再度チャンスをもらったダイゴは、幻の見える逢魔(おうま)の森で自分の心が生み出した父と話すうちに、自分にとって「仲間を失うこと」が一番の恐れであり、自分の弱さだと気づくことができたんです。

その後、仲間が敵に捕まってしまったことを知ったダイゴは、すぐに助けに向かおうとしましたが、グレーが立ちはだかり戦うことになりました。でも、大切なことに気が付いたダイゴは簡単にはやられませんよ。

仲間を助けたいと思う気持ちがダイゴの力になり、ついにグレーに傷をつけることができたんです!

ダイゴが自分の心と向き合い答えを出したことによってグレーに認めてもらえることができ、敵を倒して仲間を助けられたんですよね。あの時のダイゴの迫力は、ぜひみなさんの目で確かめてほしいです。

桐生ダイゴの女装シーンがあった!

この作品では、なんと、竜星さん…もといダイゴの女装までもが見られちゃうんですよ。決して、ダイゴに女装趣味があるわけではありません(笑)

この回で登場した怪人の能力が、恋心や友情の矢印をチョキチョキ切れるというものだったんですよね。切られてしまうと、相手に抱いていた気持ちがなくなり、相手に対する不安や切なさだけが残るんです。

ただ、彼氏彼女のどちらかだけ切られるので、もう片方の人の恋心や友情は残っているんですよ。さっきまでラブラブだったハズなのに、急に「あなたなんて嫌い」とか言われるなんて、自分だったら絶対悲しい気持ちになっちゃいます。

そんなヒドイことをする敵をおびき寄せるため、ダイゴとブルーに変身するノブハルは、 女学生(ダイゴ)に思いを寄せるガリ勉男子(ノブハル)を演じていたんです。

二人の雰囲気で恋してるんだな、ニヤニヤ。とか思ったみたいですが、さすがに男だとは思わなかったんですね。子どもがテーブルにあるおやつをみて、「やったー!おやつだー!」と言っているようなイメージで、なんだかかわいく思えてきました。

まんまとだまされた敵はダイゴ達にサクッと倒されてましたが、こんな能力を持った敵が現れたからこそダイゴの貴重な女装シーンが見られたんですよね。感謝感激雨あられです。

さて、そんなダイゴの黒髪ロングの女学生姿が見られるのは、キョウリュウジャーの13話です。女装が似合うと当時のファンからも声が上がっていたほどなので、ぜひチェックしておきたいところですね。


桐生ダイゴが変身するキョウリュウレッドとは?

キョウリュウレッドを見たときに一番目が行くのは、なんといってもマスクにある鋭いキバですよね。それに、頭のサイドにあるツノのようなものが、なんだかネコの耳みたいでかわいらしさもあります。

レッドのモデルはティラノサウルス!

さて、みなさんこれまでに登場した単語の数々からすでに想像がついていると思いますが、変身した時の格好のモデルはもちろん恐竜です。レッドの場合はティラノサウルスをモデルにしていますよ。

有名な映画『ジェラシック・パーク』など、恐竜が登場する作品には必ずと言っていいほど出ているので、誰しもが一度は聞いたことのある恐竜ではないでしょうか。定番ですがかっこ良いですよね。

この作品では、ヒーローそれぞれに恐竜が進化した姿である獣電竜が相棒になってレッド達と一緒に戦ってくれます。レッドの相棒は、ティラノサウルスの獣電竜・ガブティラです。

獣電竜たちはどれもとてもかっこいいので、恐竜が好きな子供は必ずほしがりそうですよね。おもちゃ売り場で自分のかわいい子供に買って買ってとねだられたら、つい買ってしまいそうです。

好きなものがあることはすごくいい事ですが、親のお財布には大ダメージ…もっとお手頃価格になればいいのにと思っちゃいますね。

ママ
特に年末年始のちょっと前に新しいおもちゃが出てくるのよね。お年玉とボーナスが狙われてるのかしら?

さてさて、二人の出会いも気になりますよね。ある日、南の孤島で敵相手に生身で挑んでいたダイゴと運命的な出会いをします。

ここで出会わなかったら、ダイゴはヒーローとしてではなく、ただ生身でもめちゃくちゃ強い人になっちゃいます。そんな展開も面白いとは思いますが、何はともあれ二人が出会えてよかったですよね。

その後、一か月という期間を使ってダイゴの力がどれほどのものなのかを戦いの中で試し、最後には戦士として十分な力があるダイゴを自分の相手として認めてくれました。

人間よりはるかに強い恐竜にたった一か月で実力を認めさせたんですよ。優等生とはダイゴのような人のことを言うのかもしれませんね。

でも、肝心な”変身できる能力”だけはなかなか渡せずにいたんです。それは、ガブティラの優しい気持ちからのためらいでした。

敵が恐ろしく強い力を持っていると知っていたからこそ、ダイゴをその戦いのど真ん中に立たせてもいいのか、巻き込んでつらい思いをさせてしまうのではないか、という思いがあったんですね。

大切なパートナーを危ない場所に置くことは、長年生きてきた恐竜でも簡単には決断できるものではなかったのです。ダイゴはとっても仲間想いの相棒に恵まれたんですね。

恐竜って弱肉強食の世界に生きているイメージがあったのですが、実はとても思いやりあふれる生き物だったんですよ。しかも種族を超えて心配してくれるなんて、とても知能が高い生き物と言えますね。

レッドの変身アイテムや武器は?

レッドの称号は”牙(きば)の勇者”です。元々運動神経や戦いに対する能力の高いダイゴがレッドに変身すると、銃・剣など様々な武器もバランスよく使いこなせるんですよ。

得意のパンチだけでなく、なんでも使いこなすなんて…本当にダイゴって器用ですよね。逆に苦手なものって何かあるんでしょうか?どなたかご存知でしたらこっそり教えて下さい。

また、変身用の道具としてダイゴが使うのはガブティラ獣電池です。電池って普通は懐中電灯など電気が必要な道具につけるだけだから、この道具もレッドになって戦うためのエネルギーを注入するだけの道具と思っちゃいますよね。

でもこの電池は変身だけではなく必殺技やガブティラを呼び寄せることにも使えるんです。こんなに重要な機能がいっぱいつまっているんだから悪いやつらと戦うには必須のアイテムですね。

そして変身するためにもう一つ必要なのが、ガブリボルバーという銃です。この銃に獣電池を入れて引き金を引くと変身もできるし、もちろん銃としても使えるんですよ。

変身シーンといえば、子供も大人もついマネしたくなって、戦士たちと一緒に変身ポーズを取ったりしませんか?この作品では、サンバのリズムに乗ってダイゴ達が踊るんですよね。

あの変身シーンは私もつい心が踊りますし、一緒に楽しくやりたくなってしまいます。まだ見たことがない方は、ダイゴの身軽な動きや見ていて楽しくなるようなステップをぜひチェックして一緒に踊ってみてくださいね。

また、アームド・オンという強化形態をすることで、右手に現れる相棒の頭の形をしたガブティラファングと呼ばれる武器もよく使っていますよ。

これがちょっとだけカワイイんです。パペットマペットが手にはめてる人形みたいなんですよ。ダイゴには腹話術をやってもらいたいですね。

でも悪者をバッチリやっつけられるくらい攻撃力はとても高いんですよ。武器の見た目から悪者を油断させておいてそのままパンチを決めてしまう、なんて戦い方もできそうですね。

レッドの必殺技は?

ダイゴはパンチを得意とするので、変身前から岩烈パンチという技を使っていました。でも、生身でエイッと岩をたたいたら、自分の手が痛くなるだけじゃないのと思いますよね。

私たちの想像のだいぶ上を行くダイゴのパンチは、大きな岩を一発で砕けさせるほどの強さがあるんですよ。どれだけ鍛えてもその域に達するまで何年かかるのでしょうか。今からやっても私には無理ですね、きっと。

すでに強い技なのに、右手に付けた武器を使って強化したパンチや、遠い場所から攻撃できるパンチもあります。遠くからできるなんて、万能すぎませんか?

パパ
パンチを遠くまで飛ばせるなんてマジンガーZのロケットパンチみたいだね。
ママ
パパが食べ終わった後の食器を持ってきてくれない時にキッチンから私のパンチが飛べば便利なのに・・・。
パパ
すぐに食器片付けるから許して〜。

しかし、それだけではまだ足りないと言わんばかりにできた必殺技があるんですよ。それが、ガブティラファングを両手に付けて連続でパンチを繰り出す「ガンガン岩烈ガブティララッシュ」です。

連続パンチと聞くと、ボクシング技っぽいイメージが強くなりますね。レッドの武器もボクシングで使うグローブにしか見えなくなってきました。

というか、戦隊モノと言えばキックや剣での攻撃が中心かなと思っていた私は、こんなにパンチ技があるなんて思いもしませんでした。

でも、必殺技はこれだけではないんです!キョウリュウグレーから受け継いだ『鉄砕拳・激烈突破』という技は、なんと鉄の球のような重いパンチまで出せるんです。

鉄の玉っていってもパチンコ玉じゃないですよ。ボウリングの玉くらい大きい鉄球をプロ野球選手が野球ボールを投げるくらいのスピードで迫ってくるのを想像してみて下さい。

もうちょっとやそっと準備したくらいではダイゴに勝てる気がしませんよね。それくらい重い一発を決めることができる技なんです。

そしてこの技で技を教えてくれたグレーにダメージを与えることができたんですよ。その後もパンチが得意というだけあって、見事にパンチをメインに敵達を倒していくレッド

思えばアンパンマンもパンチがメインで悪者をやっつける物語ですが、こうしてかっこよく一発で決めちゃうヒーローって子供のあこがれの対象になるのかな、なんて思いました。

スーパー戦隊にはこんな企画も!

1975年に放送されているスーパー戦隊シリーズは、1作目の『秘密戦隊ゴレンジャー』から2019年の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』まで約45年の歴史があります。

シリーズ開始からすでに43作品目と長く続いていて、当時の子供達に根強い人気があり、どの戦隊も変わらず私たちに夢や希望を与えてくれました。

そんな何十作もある作品たちを、まとめて一度に見られる機会があるって知っていましたか?大人になっても戦隊が好きな方なら、もちろん知ってるよ、という方もいるのではないでしょうか。

実は、2019年12月中旬から2020年2月中旬にかけて、全43作品の武器や小道具をはじめ、そこでしか見られない貴重な資料を見ることができる企画展が開催されるんです。

この企画展では、キャストなどに実際に配布された台本の原本や作品ごとの内容をパネルで分かりやすく紹介していました。しかも、当時はやったものや出来事までを一度に見ることができるんですよ。

作品を見ていた時、「この変身ポーズやってたな」とか「そういえばこんな風に過ごしていたな」など作品と過ごした思い出とともに忘れていた昔の記憶もよみがえってきそうですよね。

また、企画展では展示だけではなく、なんと映像も楽しめるんです!すべての作品のオープニング映像を集めた主題歌コーナーは、戦隊ファンにはたまらないご褒美になること間違いありません。

ママ
企画展って子供も楽しめるかしら?飽きて帰りたいなんて言われたら大変なんだけど…。
パパ
出来れば僕もゆっくり見たいなァ…。

うんうん、子連れだとそこは気になりますよね。実は、展示・映像に加えて記念撮影スポットもあって、とっても充実しているんです。

他にも、握手会やトークショーも企画展のうちの数日だけですが開催されていました。この時はそれぞれ土曜日だったので、子供連れの家族でにぎわいそうですよね。

企画展と聞くとお固い感じがするかもしれませんが、戦隊モノはお楽しみもバッチリ用意されているので、足を運びやすいんですよ。子どもは大好きなキャラクターに会えて、大人も楽しめちゃいます。

この企画展は2020年2月中旬で終了しますが、今後もこうした企画をしてくれることに期待が高まります。終わってしまった後は、毎年出る最新作を見たりヒーローショーに行くなど、戦隊モノを存分に楽しんじゃいましょう。

企画展の場所や気になる料金は?
  • 期間:2019年12月13日(金)~2020年2月16日(日)
  • 休館日 :月曜日(月祝の場合は翌平日休)、年末年始12/29(日)~1/4(土)
  • 時間:10:00~17:00
  • 会場:横浜情報文化センター内放送ライブラリー 展示フロア
  • 会場住所:横浜市中区日本通11番地
  • 主催:(公財)放送番組センター
  • 企画:東映
  • 入場料 :無料
パパのつぶやき
パパ
え?こんなに盛りだくさんの内容で無料なの?子供を連れて絶対行こう!

キョウリュウジャーと同じ恐竜モチーフのリュウソウジャーについて気になる方はこちらの記事をご覧ください。

獣電戦隊キョウリュウジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • 獣電戦隊キョウリュウジャーの主役・桐生ダイゴの俳優さんは竜星涼さん!
  • 竜星涼さんは運動神経抜群!モデルもこなすイケメン
  • 桐生ダイゴは自信家で楽天的な性格
  • 桐生ダイゴのパンチが強すぎる
  • キョウリュウレッドのモデルはティラノサウルス

竜星涼さんは元々運動神経が高かったこともあり、明るいダイゴ役にピッタリの俳優さんでしたね。私はダイゴの変身シーンでみせる軽快なステップが頭から離れなくなっちゃいました。

この作品は内容も子ども向けで安心して見られますし、大人も楽しめるドラマだと感じたので、また子供達と一緒に全話一気に見たいと思います。

久しぶりにスーパー戦隊シリーズが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

昭和のスーパー戦隊

平成のスーパー戦隊

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ