超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



みなさんは最初に京本政樹(きょうもと まさき)さんの作品と聞いて何を思い出しますか?私はやっぱり『必殺仕事人』ですかね。これを外してこの方を語れないと思っています。

他にも『高校教師』や『家なき子』にも出演し、強烈なインパクトを残してくれましたよね。あれは良く引き受けたなと思う位の役どころでしたが、さすが一流の俳優さんだなと思わずにいられませんでした。

そして仮面ライダー愛が凄すぎる事でも知られている京本政樹さんですが、実は仮面ライダーBLACKと仮面ライダーアギトに出演しているんです。今回は仮面ライダー愛と言っても、ただの愛ではない京本政樹さんと仮面ライダーの深いつながりをご紹介していきます。

京本政樹さんと仮面ライダーのつながり

1985年に放送された『必殺仕事人Ⅴ』に組紐屋の竜(くみひもやのりゅう)として登場した京本政樹さんは、とっても中性的で視聴者の注目を集めました。この頃は仮面ライダーとはまだまだ無縁の世界にいたわけです。

当時、あの切れ長のシュッとしたクール過ぎる目とブラウン管越しに目があったもんなら『京様~~~~!!』と黄色い叫び声が飛び交っていましたよね。あの美しさを越えた男性は今現在もいないのではないでしょうか。

あ、はるな愛さんとかの女性的な美しさを求めた方面の人は置いておいてくださいね。そして、この作品を見て京様ファンが増え、京本政樹さんの存在が絶対的なものになったと言っても言い過ぎではありません。

そして京本政樹さんの演じた組紐屋の竜といえば、クールで口数が少なく見た目のイメージとは違いかなりの腕力の持ち主でした。あの細い腕で組紐を使い人を釣り上げてしまうのですから相当ですよね?

組紐ってどんなヒモ?

日本のならではの工芸品で、昔は茶道の道具の飾りヒモや巻物のヒモとして使われていました。見ても分かる通り、何本物細い糸を編んでいくのでとっても丈夫だったんですね。

2016年に公開された『君の名は。』で重要なカギを握るアイテムとしても登場し注目され、現在はアクセサリーとしても人気があります。

地道に筋トレとかしていたとしか思えません。でも…ヒモで人を持ち上げる…。筋トレってどんなトレーニングすれば、あんなことできちゃうんでしょうかね。

そんなことを言ったら中条喜寿さんの演じた三味線屋の勇次(しゃみせんやのゆうじ)は三味線の糸(しかも一番細い糸)で同じことしてました。さすが、必殺仕事人。ただものではなかったということですね。

かっこよすぎる必殺仕事人!
パパ
あ!こんなところに仮面ライダー発見!!

脱!必殺仕事人

そして良くも悪くも世の中は京本政樹さんイコール必殺仕事人のクールで綺麗なお兄ちゃんのイメージを気球のようにどんどん膨らませ、当たり前のように彼はプライベートもこんな雰囲気なんだろうと思っていました。

人のイメージって怖いですよね。アイドルはオナラしないとか、トイレ行かないとか…。京本政樹さんのイメージもまさしくそんな感じで固まりつつあったんです。

でも実際に京本政樹さんをトーク番組などで観た人は分かると思うのですが、ビックリするくらい面白い方なんですよね。実は関西出身で笑いのセンスも抜群なんです。

ママ
京本政樹さんは柳沢慎吾さんと仲良しで二人の会話は面白いわよね~。タイプは正反対なのになんだか息がぴったりで学生時代からの友人みたいに見えるのよ。あ…実際は違うのよね。
パパ
この二人は芸能界でも【芸人つぶし】って言われるくらい面白いんだ。しかもお互いを血がつながっていないのに兄弟って言っちゃうくらいだから、ちょっとうらやましい位だよね。

この頃京本政樹さんは大人の都合で『必殺仕事人』を降板。事務所から独立し、当たり前ですが仕事は無くなってしまいました。でも今までの強烈なイメージだけはそう簡単には無くなりません。

そんな彼がこのままではいかんと立ち上がり、組紐屋の竜から京本政樹を切り離し芸能界で生きていくために、あれじゃない…これじゃないと必死にネタ探し。そこで思いついたのが、当時興味を持ち始めていた特撮ヒーローネタを思いっきり話す事でした。

この時、特撮ヒーローは過去のものになりつつありました。もしかしたら自分とも重なったかもしれません。あんなに人気だったものが時代と共に消えていく…。しかし、京本政樹さんと特撮ヒーロー負けませんよ~!反撃はここからです!

京本政樹さんの仮面ライダーへの強い思い

京本政樹さんが特撮ヒーローに興味を持ったきっかけは、子供の頃見ていたから…なんてベタな理由ではありませんよ。時代劇で共演させていただいた俳優さんの中に特撮ヒーローに出演していた人がいて、たくさん興味深い話を聞かせて頂いたからなんです。

色々話しているうちに『なんだか特撮ヒーローって面白い!』と思ったんでしょうね。そして1985年と言えば、海外では『バットマン』や『スーパーマン』などのヒーローが大流行。この流れが日本に来ない訳がない!と京本政樹さんは時代を先読みしていたんです。

実は仮面ライダーシリーズは1981年に終了した仮面ライダースーパー1を最後に約6年間もの間、放送されませんでした。視聴率の低下や大人の事情などなどで放送されなかったのですが、京本政樹さんは必ず仮面ライダーは戻ってくると信じていたんでしょうね。

そしてトーク番組やバラエティー番組で京本政樹さんは熱く語り続けました。結果、彼は組紐の竜のイメージを抜け出し、熱い思いが届いたのか1987年仮面ライダーシリーズは復活を果たします!

パパ
これはもう愛の力だよね!愛!

芸能人の言葉の力って凄いですよね。世の中を動かしてしまうだけのパワーを持っていますから、本当に京本政樹さんが仮面ライダーシリーズを復活させてしまったのかもしれません。

一部の人からは強烈な特撮マニアと言われるほどのトークだったようですが、京本政樹さんはマニアでもコレクターでもないんです。なので自宅にもほとんどそれらしきものは無く、本当に好きなの?と思う人もいたかもしれません。

でも、彼には愛がありました。

京本政樹さんは特撮ヒーローのマニアではなかった!

みなさんはマニアと聞いた時に思い浮かぶのはどんなことでしょうか?マニアってマニアックの事だから…普通にみんなが好きな部分とは違った部分が好きということですよね。

怪人とか?いや…それは普通ですよね。あ!撮影場所に行ってみるのが好きとか?って京本政樹さん、そんな暇人ではありません。って考えるとちょっと京本政樹さんがマニアから遠のいていきます。

彼が共演者から話を聞いているうちに興味を持ったのは、なんと撮影技術や着ぐるみについてだったんです。どちらも当時、時代劇を中心に出演していた京本政樹さんには無縁なもので話を聞くだけでワクワクしたのかもしれませんよね。

時代劇にズラはあっても着ぐるみなんて使わないですし、馬を乗り回してもバイクを乗り回してアクションなんてしませんし、戦っているときに爆薬でドッカ~ン!なんていうのもありません。

なぜみんながあまり興味を持たない所に興味を持ったかと言うと、京本政樹さんはもともと俳優になりたかったわけではなくプロデュースする側や作品を作り出すことに興味があったんです。

ママ
京本政樹さんは昔から、歌を作ったりもしていたのよね。現在もプロデュース側として着物ブランド【雪華】を立ち上げてデザインを発表しているのよ。俳優でいながら凄い才能のある人なのね。

そう!彼が熱く語っていたのは物語や登場人物についてではなく、特撮ヒーローの技術に関してだったんです。マニアなんて軽いものではなく、もう完全にプロとしての熱い思いを語っていたんですね。

京本政樹さんの何かを作り出す才能は子供の頃にすでに発揮されていて、当時のヒーローのマスクを紙粘土で作り弟に付けさせたりして遊んでいました。これは番組で写真も公開されたようですよ。

そしてトーク番組でガンガン語っていた京本政樹さんのところにある依頼が来たんです。それが円谷(つぶらや)プロダクションからのおもちゃの制作依頼でした。

パパ
ん??円谷プロダクションってウルトラマンじゃ~ん。

はい、そうです。最初はウルトラマンのおもちゃをプロデュースする話からだったんです。

そんな京本政樹さんが登場する仮面ライダーBLACKの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


京本政樹さん愛の結晶!京本コレクションが出来るまで

京本政樹さんプロデュースのフィギュアはいかがでしょうか。昔、子供たちが遊んでいたおもちゃとはまるっきり違い、まるでテレビから飛び出してきたのではと思う位リアルですよね。

仮面ライダーと言えば複眼(昆虫などの小さな目がたくさん集まって出来た目)!そしてリアルなのはそこだけにとどまらず、スーツのシワや変身ベルトの細かな部分まで妥協していません。

京本コレクションのもう一つの特徴は、なんと言っても高さ40cm以上ある大きさではないでしょうか。一部のファンからも大きすぎて飾るところが無いなんて声も…。

40cmのフィギュアといわれてもちょっと想像しにくいですよね。500mlのペットボトルを縦に2個重ねたくらいの大きさなので相当大きいのが想像できるかと思います。ちなみに仮面ライダークウガに至っては驚きの48cm!

すでに部屋の片隅にちょこっとなんてサイズではないですよね。存在感ありすぎどころか、ちょっと気配を感じてしまいそうなサイズ感です。

一般的におもちゃ屋さんで買える手足の付け根くらいしか動かないソフビフィギュアと呼ばれているものが17cmなので、飾るところが無いのと言われるのも当たり前な気がしてきました。むしろ部屋に飾るものではないのかもしれませんよね。

でも一瞬こんな大きなフィギュアが飾れる家に住んでみたいな~なんて思ってしまいました。残念ながら現在、京本コレクションのような超BIG仮面ライダーフィギュアは販売されていないんです。住宅事情を考えての優しさか30cm程度のものが多いようですね。

これで、大きな家に住まなくても仮面ライダーフィギュアを飾れます。って心配していたのは私だけでしょうか?

そんな私の住宅事情は置いておいて、私がリサーチした限りの京本コレクションはこちらの18体。

1号 2号 クウガ
1号
(ゴールド)
2号
(ゴールド)
クウガ
(マイティーフォーム)
1号
(プラチナ)
2号
(プラチナ)
アギト
1号
(ブロンズ)
2号
(ブロンズ)
アギト
(マイティーフォーム)
J ZO オーズ
龍騎 リュウガ カイザ

右下2体は住宅事情に優しい30cm設計になっています。確かに省スペースで飾るのにはおすすめなサイズですよね。

パパ
京本政樹さんは20年以上もプロデュースしていたんだよね。本当にこだわりがあったんだろうな~。

それにしても、こんなに大きな…ではなく素晴らしい作品作りのきっかけを作ってくれた俳優さんはどんな人たちだったのでしょうか。

京本コレクションができるのに欠かせなかった人物達

京本政樹さんが時代劇で共演することが多かったのが黒部進(くろべ すすむ)さんや森次晃嗣(もりつぐ こうじ)さんのウルトラマン出演者、しかも主役の方たちでした。

黒部進さんはウルトラマン〇〇?

黒部進さんは1966年『ウルトラマン』に変身するハヤタ隊員役を演じました。平均視聴率36.8%の記録を残し、ウルトラマンと共に有名人になったんです。

森次晃嗣さんはウルトラマン〇〇?

森次晃嗣さんは1967年『ウルトラマンセブン』に変身するモロボシ・ダン役を演じました。50人の中から選ばれたヒーローだったんですよ。

その後に仮面ライダーに出演した藤岡弘(ふじおか ひろし)さん、村上弘明(むらかみ ひろあき)さんと共演し、興味はウルトラマン+仮面ライダー=特撮ヒーローへと変わっていきました。

藤岡弘さんは仮面ライダー〇〇?

藤岡弘さんは1971年『仮面ライダー』に変身する本郷猛(ほんごう たけし)役で一躍有名人になりました。ダイナミックなアクションと仮面をかぶればヒーローに…という分かりやすさが子供たちに人気があったんですね。

村上弘明は仮面ライダー〇〇?

村上弘明さんは1979年『仮面ライダー(スライダー)』に変身する筑波洋(つくば ひろし)役で、なんと3,786人の中から選ばれました。これがきっかけで大学を中退しています。たかが仮面ライダー、されど仮面ライダーですね。

色んな人達に色んな話を聞き、京本政樹さんは特撮ヒーローの魅力にとりつかれたと言ってもいいかもしれませんね。それだけ作る側の作品として魅力がいっぱいだったんです。

逆に言えば共演することが無ければ、興味もわかなかったかもしれないということになりますよね。

そして円谷プロダクションから最初の依頼がおもちゃメーカー【バンダイ】からの製品の販売だったので、ウルトラマンの次は仮面ライダーと言う流れは自然だったのでしょう。

どちらが先だったとしても、このプロデュースは京本政樹さんでないとできない仕事だったと思います。

もし皆さんが購入するなら、仮面ライダーへの思いが強く愛情のある人に作った作品とコンピューターが計算して作り出した作品、どちらを選びますか?

生産性も重要ですが、それ以上に大事な事や伝わる事ってがありますよね。


仮面ライダーBLACKに滝竜介として参上!

16話・30話に京本政樹さんは仮面ライダーBLACKの変身者を知っている重要人物として登場しました。名前は【滝竜介】、インターポール所属の捜査官。あれ?ここでも【竜】はついてきちゃったんですね。

先生!インターポールって何ですか?
パパ
インターポールは国際刑事警察機構(こくさいけいじけいさつきこう)のことで、国際犯罪防止のために世界中の警察が協力し合っている国際組織の事なんだよ。

インターポールなんて聞きなれない組織ですが、仮面ライダーには時々登場しているようですね。

インターポールが登場した仮面ライダー
  • 仮面ライダーV3
  • 仮面ライダーX
  • 仮面ライダーZX
  • 仮面ライダーBLACK
  • 仮面ライダーSPIRITS
  • 仮面ライダーフォーゼ

そして南光太郎(みなみ こうたろう)のおさななじみである秋月信彦(あきづき のぶひこ)のサッカー部の先輩でもありました。

あやしくもかっこよく登場した16話

初登場は真っ黒なサングラスをかけ銃を構え敵なのか味方なのかさっぱり分からない状態。一瞬、銃を構えている姿がゴルゴ13を思い出してしまったのですが、あの方はサングラスはしていませんでしたね。

ゴルゴ13って何者?

超一流の暗殺者でありスナイパー(狙撃手)。狙われたら逃げられませんので要注意!

確かに黒いサングラスをしていたら、ちょっと見づらい気がします。本当に炎天下ならいいかもしれませんが…あ!もしかして偏光レンズとか?あれは便利ですよ。

普通のサングラス同様まぶしさも軽減できるのに、見やすいというアウトドア派には欠かせないアイテムですよね。…と話がそれてしまいました。

光太郎が竜介を敵ではないと気が付いたのは、竜介の華麗な【リュウシュート】を見て自分の知っている人物を思い出したからでした。ちょっと気になったのですが、リュウシュートって【竜シュート】という意味でしょうか。

いや~、そのまんま感が半端ないです。ドラゴンシュートとかもう少ししゃれたネーミングでも良かった気もしますが、当時の子供たちはリュウシュートに憧れて日が暮れるまで練習したかもしれません。

そして光太郎が思い出したそして肝心な人物は、おさななじみであり竜介の後輩である信彦だったんです。信彦は竜介から、あの華麗なるリュウシュートを受け継いでいたんですね。

竜介は光太郎が仮面ライダーBLACKの変身者であることを知り、一緒に戦うことになりました。そこでもやっぱりリュウシュートの出番です!

怪人を倒した二人には、また新たな絆ができ、

君は今日まで一人で戦ってきた。信彦君のために…、人間の自由と平和のために。だが君は、けしてひとりぼっちじゃない。共に戦うものがここにもいる。

『京様かっこよすぎます~~!』これは竜介でしたね。それにしてもイケメン過ぎるセリフに男子もキュンとしたのではないでしょうか。

空から登場なんてかっこよすぎる30話

2度目の登場は、なんと空からパラシュートでの登場です。さすが京様!普通には登場しません。そして今回も光太郎と一緒に戦いますが、この方生身の人間でここまで戦えるのかと驚くほど戦います。

拳銃でイカ怪人の足を切り、さらにブーツに仕込んであったサバイバルナイフでシャッキ~ン!そして吹き飛ばされても仮面ライダーBLACKのピンチを救う…もうただの人間とは思えませんよね。

どちらかというと仮面は付けていませんが【仮面ライダー竜】の回と言ってもいいくらい活躍しまくって、アメリカに帰っていきました。

パパ
竜介かっこよすぎるよな~。実はこの演出・・・京様の演出なんだってさ~!

仮面ライダーシリーズへの友情出演

仮面ライダーBLACKに出演した京本政樹さんですが、実はノーギャラだったんです。世の中を組紐屋の竜で騒がせた彼がノーギャラですよ。これは聞いた人たちも信じなかったようですね。

それはそうです。たったの2話しか出ていませんがかなりの重要人物でしたから…。それにアクションだって仮面ライダー顔負けだったし…。

でも京本政樹さんの考え方は違いました。ノーギャラで出演する代わりに自分で役柄を決めて演出させてもらう条件で、自分のやってみたいことにチャレンジできたということなんですね。

もしかしたら、自分の大好きな作品に出演させてもらっているのにお金なんてもらえないと思ったかもしれません。

仮面ライダーアギトに特別友情出演

2001年に放送されたスペシャルで、京本政樹さんは主人公である津上翔一(つがみ しょういち)の診察をする心理学者、国枝東(くにえだ あずま)を演じました。

穏かな雰囲気ではあるものの、戦える心理学者でまたまた生身の人間なのに強いんです。息子がすでに他界していて、翔一にその姿を重ねて怒ったり励ましたりしていました。

どちらの作品も重要な人物ですが、どちらも友情出演。みなさんは時々見かける友情出演って知ってますか?

友情出演とは
監督や主演の友人に制作費の関係などで友情価格(相場よりかなり低い出演料)、またはノーギャラで出演する事。

似たもので特別出演がありますがこれは大物俳優を脇役として出演してもらっているためにギャラは高額な事が多いそうです。

今回仮面ライダーアギトでは京本政樹さんは【特別友情出演】となっていますが、この用語自体が本当は無いようですね。

と、いうことで私なりの解釈でお伝えします。既に大物俳優さんの京本政樹さんが脇役として出演を依頼され、快く引き受けてくれた京様。やっぱり特撮ヒーローへの愛は大きく、きっとノーギャラだったのではないかと思います。

もし、皆さんが大好きな仮面ライダーシリーズに出演できるとしたらギャラは欲しいですか?京本政樹さんは自分の好きなものが消え去ることなく、生き続けていってくれるならいつでも友情出演されるんだろうなと思いました。

熱く語っていた男は、熱い心を持った男だったんですね。京様、最高です!!

そんな京様が演じた滝竜介が登場する仮面ライダーBLACKの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • 特撮の話のネタは共演者からの情報だった!
  • 愛はプロデュース側に向けられていた!
  • 京本コレクションは京本政樹さんに愛の結晶!
  • 仮面ライダーシリーズでも京本政樹さんはかっこよすぎる!
  • 仮面ライダーにノーギャラ出演!

どこまでもかっこいい京様ですが、もしかしたら彼が仮面ライダーを救ったヒーローかもしれませんよね。もともとは自分のためにネタとして仮面ライダーを語っていましたが、そこにはただのネタではなく愛情があったから京本コレクションが生まれたんだと思います。

自分もこんな風にかっこよくありたいなと思ってしまう位、素晴らしい人でした。またいつか仮面ライダーシリーズに出演してくれることを楽しみにしています!


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ