超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



ここ数年、仮面ライダーマニアの間で言われている「開発者とか学者のキャラクターぶっ飛んでいる人多い説」をご存じでしょうか?仮面ライダーウィザードにも、開発者であり学者であるという男が登場するのです。

その男というのが、敵の大ボスとして出てくる笛木奏なんです。劇中では笛木奏が変身する「白い魔法使い」や「仮面ライダーワイズマン」の姿の方が印象的かもしれません。

笛木奏は1話から白い魔法使いとして登場するも、その正体はなかなか明かされない謎多き人物でした。今回はそんな笛木奏がどんな人物なのかを紹介するとともに、白い魔法使いや演じている池田成志さんについても詳しくご紹介いたします。

笛木奏って誰?どんな人物?

笛木奏と書いて「ふえき そう」と読みます。1話から登場している白いマントを着ている「白い魔法使い」や「仮面ライダーワイズマン」の正体がこの笛木奏なのです。

1話から登場しているにもかかわらず、なかなかその正体が明かされないまま話が進んでいくのです。何者かわからないままどんどん話が進むと、逆に気になりながら見てしまいますよね。

実は、仮面ライダーウィザードの主人公・操真晴人(そうま はると)やヒロインのコヨミと密接に関係しているのも笛木奏なのです。

笛木奏とはどんな人物なのか?

まずは、笛木奏の基本情報から紹介します。

笛木奏のキャラクター

  • 本業:物理学者
  • 取得学位:理学博士
  • 専門分野:素粒子実験
  • 家族:妻・京子、娘・暦(二人とも他界している)
  • その他:科学や医学にも精通しており、魔法についても知識を持ち合わせていた。身体能力も高い。

劇中ではかなり謎に包まれている部分が多いのですが、プロフィールを見てみると割と詳細に書かれています。物理学者でありながら科学や医学そして魔法の知識を持つという頭脳派なんです。しかも身体能力も高いという最強な人物です。

ママ
奥さんも娘さんもすでに他界されているなんて気の毒ね。何かあったのかしら?

 

娘のコヨミがよほどかわいかったのか、「コヨミが生き返るならば他人が犠牲になろうと構わない」という考えの持ち主なのです。笛木奏は、家族への愛が強すぎて性格がゆがんでしまったということがわかります。

一方で、晴人のさらなる進化へ協力したりする一面もあり、敵であるはずが味方にも協力するという一面もあるのです。本来の目的である「娘の完全な生き返り」を果たすためなら、敵にも味方にもなるのですね。

笛木奏は目的の為なら手段を選ばない人なのです。コヨミのこと以外への感情はなくて、合理主義な人間だとも言えます。

どんな生い立ちなのか?

笛木奏には妻と娘がいました。妻は早くに他界してしまい、残された娘も病におそわれてしまったのです。

実はここが笛木奏のターニングポイントで、彼の生きがいであった娘の死が、白い魔法使いあるいは仮面ライダーワイズマンを作り出してしまったのです。笛木奏は自らの物理学や、化学、医学、加えて魔法の知識を活かし、「娘を生き返らせる」という決心をするのです。

しかし、この決心により笛木奏は大量の死亡者を出してしまう「サバト」という儀式を何度も繰り返してしまうようになるのです。

パパ
娘の死が笛木奏を悪党にしてしまったんだね。

 

サバトって何?目的は?

サバトの元来の意味は、中世のヨーロッパで行われていた魔女たちや悪魔に心をうばわれている者たちの集会です。

仮面ライダーウイザードの中では「魔法を使った大規模な儀式」のことで、日蝕の日に多くの人間を海岸に集めて行いました。そこで、ほどんどの人がファントムになってしまうのです。

ファントムとは?
サバトにより、人間の絶望という感情から生まれる怪人のこと。ファントムと化すと別人格となり、人間を攻撃してくる。

サバトの目的は一見すると「ファントムの誕生」に見えますが、笛木奏の目的は「娘を生き返らせること」です。しかし、このサバトでは魔力や人間が足りず、失敗に終わってしまいます。ですが、見た目は娘・暦そのものだが、暦の記憶を持たないというヒロインとなるコヨミが誕生します。

劇中ではこのサバトで生き残ったのは2人だけで、その2人というのが主人公の操真晴人とヒロインのコヨミなのです。


白い魔法使い・仮面ライダーワイズマンとは?

「白い魔法使い」と「仮面ライダーワイズマン」の2つの名前があり、どちらが正しいのかと疑問に思う人もいるかもしれませんね。

正式には「仮面ライダーワイズマン」という名前が正しいとされております。白い魔法使いとしてなじみがある中で、仮面ライダーワイズマンは後から正式につけられた名前なのです。

白い魔法使いのスペック

白い魔法使いのスペックまとめ

  • 身長:208cm
  • 体重:85kg
  • パンチ力:推定7.4t
  • キック力:9.3t
  • ジャンプ力:30m
  • 走力:4.7秒/100m
  • 武器:ハーメルケイン(横笛+剣がモチーフ)
  • 必殺技:特にないが、テレポートやエクスプロージョンなどが得意。素手での格闘もかなり強い。

ライダーとしてのスペック自体はさほど高くはないのですが、仮面ライダーウィザードの中では最後に倒されるまで負けません。白い魔法使いの身体能力や頭脳がいかに高いかがわかりますね。

白い魔法使いの正体は?

1話から登場している白い魔法使いですが、その正体が明らかになるのは39話になります。39話で晴人の前で笛木奏から白い魔法使いへと変身する姿を見せるのです。

そして徐々に正体が明らかになり、仮面ライダーウィザードの生みの親であったり、ウィザードを間接的に進化させたりと、大ボスであることがわかります。しかし、自らが作り出したウィザードが進化すると危険だと感じるようになります。

ウィザードは進化していくしファントムは増え続けます。さぁ、白い魔法使いはどうなるのでしょうか?

ママ
善人な一面と悪人な一面を持ち合わせている彼の結末って想像がつかないなぁ・・・

白い魔法使いの最期は?

白い魔法使いは49話で大規模なサバトを行います。それは、4人の魔法使いを集めて東京全体が犠牲になってしまうものなんです。

これは大量の死者が出てしまう行為ですから、ビーストハイパーという仮面ライダーが阻止するために駆けつけます。しかし、白い魔法使いはこれを打ちのめしてしまうのです。

ウィザードの最強形態となるインフィニティ―スタイルと戦い相打ちになります。そして、最後は自らが作り出したファントムのグレムリンに串刺しにされてしまうのです。

グレムリンとは?
笛木奏自らが行ったサバトにより生み出されたファントムの1人。

自分が作り出したはずのファントムに自らの命を奪われてしまうなんて、なんとも皮肉なものですよね。結果的に「因果応報」と言わざるをえない結末となったのです。

パパ
こうならざるを得なかったかな?自分の産物に命を取られるなんて皮肉な最期だね。

白い魔法使いの最後を確認したい方、仮面ライダーウィザードの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


笛木奏を演じたのはこの人

白い魔法使いこと笛木奏を演じたのは、池田成志(いけだ なるし)さんです。

仮面ライダーウィザードでは38話から出演しています。

38話以前というのは変身したスーツ姿のみで、笛木奏での登場はありません。白い魔法使いの声は実は2人いて、38話以前は高階俊嗣(たかしな としつぐ)さんという声優さんが声を担当していましたが、38話登場以降は声も池田さんが担当しています。

池田さんは仮面ライダーウィザード出演時51歳で、実は最高齢のライダーなのです。いやぁ、びっくりですよね。

池田成志さんのプロフィール

まずは池田成志さんのプロフィールを紹介します。

池田成志さんプロフィール

  • 生年月日:1962年9月27日
  • 出身地:福岡県大野城市
  • 身長:173cm
  • 血液型:O型
  • 最終学歴:早稲田大学
  • 趣味:読書、ゴルフ、散歩

池田さんは、「第三舞台」「山の手事情社」と評判の高い劇団の出身で、舞台を中心に活動しています。今も「劇団☆新感線」などの人気がある舞台に出演しているんですよ。

池田成志さんのデビューは?

池田さんのご両親は、幼いころから舞台や映画によく連れて行っていたのですよ。そこで「いつか自分もこんな芝居の世界で生きていけたら」と思うようになったのです。ここが俳優人生の始まりだったのですね。

それから大学で早稲田大学演劇研究会に入部します。そして在学中に劇団を立ち上げ、1982年の当時20歳の時から本格的に俳優活動がスタートするのです。この劇団が「第三舞台」という所で、小劇場をブームにした劇団の一つなんですよ。

その後28歳の時に劇団を退団し独立します。フリーの舞台役者ということで、苦労するのですが、今では俳優として舞台だけでなく、ドラマに映画にと活躍するようになるのです。さらに演出家としても活躍しているんですよ。

劇団の立ち上げや俳優の道へ進むことを決断するなど、かなり行動的なことがわかります。さらにフリーになるという決断もかなり勇気ありますよね。

パパ

学生しながら劇団立ち上げもすごいけど、さらにちゃんと早稲田大学を卒業されているっていうのがすごい

結婚はしているの?

2014年3月に放送されたテレビ番組「ボクらの時代」で、結婚していると語っています。その奥様との間に娘さんが1人いることもわかりました。奥様の情報が出てこないので、一般人であることが推測されます。

池田さんはプライベートではゆっくりしたいタイプで、「家にいる時はどうでもいい時間をすごしたい」とコメントしています。

また池田さんは子煩悩との噂があるんですよ。番組内でも娘さんが池田さんの舞台をたまに見に来ると話しています。親子の仲は良さそうですね。

ママ
ご家族を大切にされながら、俳優として活躍し続けるって素敵!

池田成志さんの交友関係

よく一緒に舞台をやっている古田新太さんと付き合いが長いのですよ。古田新太さんといえば、「劇団☆新感線」という熱心なファンが多い人気のある劇団をひっぱっている人です。ドラマでも映画でも、個性的な芝居で評価されている人ですよね。

プライベートでは、ボケる古田新太さんに対してツッこむ池田成志さんという関係性がずっと続いています。しかし、仕事では立場が逆で、舞台に上がると池田さんがちょっとボケた芝居をすると、「早く先に進め」と古田さんが目で訴えるのです。普段と舞台上で逆というおもしろい関係性ですね。

また、古田さんが池田さんの友人の一人である渡辺いっけいさんの声真似をして、池田さんの留守電に下ネタを吹き込み続け、池田さんと渡辺さんが20年以上絶縁してしまったというびっくりするエピソードがあります。

20年以上たって、古田さんから本当は自分が電話したことを打ち明けられ、池田さんは「信用できないやつ」と笑っていました。お2人の長年積み上げてきた関係性がうかがえる面白いエピソードですね。

その他にはどんな作品に出演しているの?

実は仮面ライダー電王にも第11話と12話で出演しているんですよ。小林謙作という役なんです。気になる方はチェックしてみてくださいね。

テレビドラマですと、2013年の大河ドラマ「八重の桜」、2015年のドラマ「オトナ女子」にも出演しています。映画では、2012年の「鍵泥棒のメソッド」や2013年、2016年の「HK 変態仮面」に出演していますよ。

その他あげるとキリがないほど、多くの作品に出演されていますので、気になる方はほかの作品もチェックしてみてください。

そんな池田成志さんが出演している仮面ライダーウィザードの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • 笛木奏の正体は、白い魔法使い、仮面ライダーワイズマン
  • 娘の死に執着し、他人の犠牲をいとわない人物
  • 笛木奏正体がわかるのは39話以降
  • 演じた俳優は池田成志さん

笛木奏は頭脳と身体能力に長けた人物で、劇中ほぼ無敗ということで相当強いライダーなんです。仮面ライダーウィザードのすべての始まりは笛木奏からなので、大ボスと言えるでしょう。

また、亡き娘への愛情から価値観が歪んでしまい、それが原因で自らの命を滅ぼすことになります。自分の作り出したものに命を奪われるなんて、因果応報と言えますが、なんとも悲しい結末ですね。

多くの人をサバトで犠牲にしたものの、その根底にある娘への愛情があると考えると人間味がある悪人だったのかなとも言えます。それゆえ残念でならない気持ちになりますね。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ