超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーといえばライダーやバイクだけでなく、その特徴的な敵役でも話題を呼びます。何かが人間に化けていたり、宇宙生命体だったり、様々な敵がいますが、その中でも可愛い猫ちゃんが変身して怖い敵になっちゃうなんてそんな話が…なんとあるんです!

実は仮面ライダーWではとっても可愛い人気のあの品種の猫が登場し、さらにはその猫が超強い敵キャラ、スミロドン・ドーパントに変身しちゃいます。可愛い人気のあの品種って?スミロドンって?ドーパントって何?と気になりますよね。

今回はそんな仮面ライダーWに登場するスミロドン・ドーパントについて見ていきたいと思います。


スミロドンとは何?

スミロドンとは、仮面ライダーWに登場する猫ミックが変身するドーパント、つまり敵キャラの一種となります。そのドーパントに変身してしまうミックは、ミュージアムといういわゆる敵組織の首領である園咲琉兵衛(そのざき りゅうべえ)が飼っている猫です。

つまりどういうこと?猫が変身ってどうやって?ってかんじですよね。詳しく見ていきましょう。

ドーパントとは?

どんな仮面ライダーにも当たり前ですが、必ず敵キャラがいます。有名なのはショッカーでしょうか。仮面ライダーWではそのショッカーに当たるものがドーパントとなります。

ガイアメモリというあらゆる「地球の記憶」を宿したUSBメモリのようなものがあるんですが、そのガイアメモリを装着し、メモリの内容を挿入(ドーピング)することで、ドーパントに変身します。飼い猫ミックも、飼い主の園咲にガイアメモリを装着されることでスミロドンというドーパントに変身するんです。

スミロドンの特徴は?

猫のミックが変身するスミロドンですが、こちらは絶滅動物サーベルタイガーの一種である「スミロドン」の地球の記憶を持ったガイアメモリをミックに装着することで変身するんですね。変身後は、身長220cm、体重132kgと、可愛らしい猫が人間以上に巨大化します。

特徴としては、高い身体能力や俊敏で目にも止まらぬの速さの高速移動をすることで相手をかく乱します。また、変身前が猫なので、人間を凌駕する高い反射神経も持ち合わせています。

そしてもう一つの特徴として、スミロドンは「幹部ドーパント」、つまりドーパントの中でもちょっと偉い格上なドーパントなんですね。園咲琉兵衛率いる秘密組織ミュージアムの中で裏切り者がいると、その者を処刑・抹殺するという役割を果たしていたなんです。

ママ
可愛らしい猫ちゃんが処刑執行人だなんて怖いわ…

ミックはどんな猫?演じているのは?

そんな恐ろしいスミロドンに変身させられてしまうミックは、気性が荒く、園咲家の中でも琉兵衛と次女の若菜にしか懐いていないということで、少々気難しい猫ちゃんのようですね。

物語の中では14年前に園咲家に来たということで、推定年齢は14歳。人間でいえば約70歳ということで、なかなかの重鎮感があります。

品種はブリティッシュショートヘアーです。ブリティッシュショートヘアーといえばあのちょっと短めの脚。たまらない可愛さですよね♪てこてこと歩くあの姿を見たら誰しもが癒されてしまいます。

そしてそんなミックを演じているのは、猫タレントのブリちゃんです。仮面ライダーWの他にも2017年に公開された神木隆之介さん主演の映画「3月のライオン」にも出演しているんですよ。グレーのモフモフな愛らしい雰囲気で観る人を魅了すること間違いなしですね。

ママ
スミロドンは怖いけど、ブリちゃんは可愛すぎる♪

猫のミックとドーパント・スミロドンは何話で登場?

猫のミックは、飼い主がメインの登場人物である園咲琉兵衛であることから、物語初回からちょこちょこと登場しますが、スミロドンは初回の第2話ではじめて登場し、第45話までの間に10回登場します。

その中でも第37・38話では、もう一人の処刑執行人であるホッパー・ドーパントが、秘密組織ミュージアムから逃走しようとしたということで、スミロドンに抹殺されてしまうという恐ろしい回もあるんです。同じ処刑執行人なのに抹殺しちゃうって、スミロドン恐ろしいですね。

どうしてホッパー・ドーパントがスミロドンに抹殺されることになったのか気になる方、ブリティッシュショートヘアーのミックに癒されたい方はぜひとも本編を確認してみてくださいね。

ブリちゃんが演じたミックが見れる仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


本物のスミロドンってどんな生き物だった?

スミロドンという言葉自体、あまり聞きなれないと思いますが、これは実際に新生代第四紀更新世前期から更新世末期に、南北アメリカ大陸に生息していたサーベルタイガーの一種だそうです。新生代第四紀更新世前期から更新世末期というのは、約250万年前〜1万年前くらいのことを指します。

サーベルタイガーとは

サーベルタイガーのサーベルとは何のことだと思いますか?これは西洋の長い剣を意味するんですが、サーベルタイガーの特徴の一つである上顎犬歯が、長くて厚みのないサーベル状だったため、このように名付けられたようです。

サーベルタイガーは漸新世後期(約2300万年前)から更新世(約1万年前)の間に栄えたネコ科の食肉獣で、大きさは体長約2m、体高1〜1.2m、推定体重はおよそ270kgです。

動物園で私たちがよく見るベンガルトラのオスの大きさが体長約3m、体重は180〜250kgということなので、大きさとしてはベンガルトラより少し大きいくらいでしょうか。

スミロドンは、そのサーベルタイガーが栄えた時代の中でも最後期に現れた種と考えられています。ちなみに人類の祖先であるホモ・サピエンスが誕生したのが、およそ1万5千年前と考えられているので、スミロドンと人類が同時期に生息していたということになりますね。

スミロドンの特徴と絶滅した理由

スミロドンの特徴である上顎犬歯はおよそ20cmほどの長さだったようですが、それがサーベル状ということで、長さはあるものの厚みがなく、決して強度が高いとはいえない歯だったそうです。

骨などの固いものは噛み砕くことができなかったんですね。そのためスミロドンは上顎犬歯を、獲物の喉元など柔らかい部分に突き刺して失血死させることで捕食していたようです。

そのサーベル状の犬歯を活かし大型動物の捕食に特化していったようなんですが、その後気候の寒冷化により、スミロドンの獲物であった大型動物が次々に絶滅していってしまいました。更には機敏な動きの新たな草食動物を捕食する機敏性はスミロドンにはなく、最終的には絶滅せざるをえなかったと考えられているようです。

パパ
機敏性があまりなかったところは、仮面ライダーWのスミロドンとは違うところだね

 

そんな絶滅したサーベルタイガーがモデルになっているドーパント・スミロドンが出てくる仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓



まとめ

  • 仮面ライダーWに出てくるスミロドンは園咲家の飼い猫ミックが変身したドーパント
  • スミロドンは幹部ドーパントで組織の裏切り者を処刑する
  • 猫のミックはブリティッシュショートヘアーで、演じているのは猫タレントのブリちゃん
  • スミロドンは絶滅したサーベルタイガーの一種

あんなに可愛らしいブリティッシュヘアーのミックがまさかあんなに恐ろしいドーパントに変身させられてしまうとはちょっとビックリですね。ミックに癒されつつもドーパントになっちゃうということで、猫好きにはちょっと刺激が強そうです(笑)。

とはいえ絶滅した本物のスミロドンをはるかに超える能力を持ったスミロドン・ドーパント。とても見応えがあります。その攻撃力の高さや機敏性、ぜひ仮面ライダーWで確認してみてくださいね。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ