超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!

  • 「戦わなければ生き残れない!」がキャッチコピーの仮面ライダー龍騎。仮面ライダー同士が殺し合うなんて言うそれまでにない設定が斬新でしたよね。


つい、ライダー同士の戦いにばかり目を向けがちなんですがよくよく考えてみたら、このライダー同士の戦いを仕組んだ人物がいたんです。

今回はそんなライダーバトルを仕組んだ黒幕・神崎士郎(かんざきしろう)や演じた菊地謙三郎さんについて徹底的に調べてみます!


仮面ライダー龍騎に登場する神崎士郎とは?

神崎士郎(かんざきしろう)とは、「仮面ライダー龍騎」における黒幕と言える人物で、3話から登場します。

仮面ライダー龍騎とは?
平成仮面ライダーシリーズ3作目にあたる作品。

作品に登場する仮面ライダーはミラーワールドと呼ばれる鏡の中の世界に住むミラーモンスターと契約をかわしライダーに変身する。ミラーモンスターは契約を快く思っていないものたちばかりなので、隙をみせるとモンスターに食べられてしまう事も・・・。

ライダーに変身したものたちはお互いに殺し合い、最後の1人になると何でも望みがかなうと言われたためライダーバトルを繰り広げていた。

また仮面ライダーに変身するにはモンスターと契約を交わすためのカードデッキが必要でカードデッキさえあれば誰でもミラーモンスターと契約を交わすことができる。そのため、主人公の城戸真司(きどしんじ)は偶然に龍騎のカードデッキを手にいれて成り行きで仮面ライダーに変身することになった。

う~ん、契約したモンスターからも命を狙われる危険があるなんてめちゃくちゃ物騒(ぶっそう)ですね。ミラーモンスターとだけでなく他のライダーたちとも戦わなければいけないとは命がいくつあっても足りなさそうです。

神崎士郎はそんなライダーバトルに必要な「ライダーシステム」を作り上げた人物なんです。

ライダーバトルの黒幕・神崎士郎の正体は?

神崎士郎は仮面ライダー龍騎のヒロイン・神崎優衣(かんざきゆい)の実の兄です。

2人は幼いころに両親が亡くなったため士郎はアメリカにいる親戚に、優衣は叔母である神崎沙奈子(かんざきさなこ)に引き取られました。なので、2人は作中で再会するまでは離ればなれで暮らしてたんですよ。

士郎は一見普通の青年に見えますが幽霊みたいに実体がありません。え、実体がないってどういうこと?って思っちゃいますよね。

実は士郎はアメリカの大学でカードデッキやライダーシステムの研究中に死亡したと言われているんです。そして、死亡後は現実世界ではなく「ミラーワールドに存在するもの」になりました。

ミラーワールド・・・?聞いたことありますね。そうです、仮面ライダーたちが契約するモンスターが住む場所、それがミラーワールドです。ミラーワールドに生息できるのはモンスターだけではなかったんですね。

ただし、普通の人間がミラーワールドに入ると制限時間以内に現実世界に戻らなければ消えてしまうと言う制限があります。

これは、反対の事も言えてミラーワールドに住むものが現実世界に出現した場合、一定時間以内にミラーワールドに戻らないといけないという制限があるんです。

そのため、士郎が現れる時は鏡や鏡のように姿を映す物の中か、現実世界に現れてもすぐに鏡の世界の中へ戻っていってました。そのように、行動に制限のある士郎ですがライダーバトルを進めようと頑張っていたんですよ。

神崎士郎はどんな事をしていた?

士郎はライダーバトルを開催するため、ライダーに変身できる人間を探してはカードデッキを渡していました。

そして自分自身は浮浪者などを仮面ライダーオーディンとして自分の代理としてバトルに参戦したり、時にはライダーたちの心が戦いに向くように心理的に働きかけていたんです。

そんな士郎に対する私のイメージは『「戦え!」といつもライダーたちに命令している人』。実際は他にもいろいろ喋ってるシーンもあるのですが「戦え!」のインパクトが強くて他のセリフがすぐには思いつきません(笑)

ライダーバトルについては、「最後まで勝ち残ると自分の願いがかなう」がうたい文句なので変身者には欲望のある人間が望ましかったのでしょう。ライダーに変身するものたちは一癖も二癖もある人物ばかりを選んでカードデッキを渡していたんですよ。

例えば、刑事である須藤雅史(すどうまさし)は裏では悪事を働いていてその悪事を隠すためにライダーバトルを利用していました。

さらに須藤はライダーバトルで頂点になることを目的としてミラーモンスターに一般人を襲わせてパワーアップをはかったりもしてたんですよ。

パパ
こんな刑事、実際にいたらかなりイヤだな・・・

別のライダーでは、弁護士である北岡秀一(きたおかしゅういち)は不治の病を患っていたため永遠の命を望んでいたり・・・。つまり、自分の命の代わりに他の誰かを犠牲にしようとしていたと言えますね。

本当、どこで探してくるの??っていうぐらい、癖のある人物ばかりで士郎の思惑通りバトルは進むのかなとちょっと絶望的な気分になっちゃいます。

ところが主人公の城戸真司(きどしんじ)や亡くなった親友に変わり変身した占い師・手塚海之(てづかみゆき)など「戦いを止めるため」に戦うと言う、士郎にとっては嬉しくない存在も出てきてしまいます。

その事でライダーバトルが思うように進まなくなると今度は凶悪な殺人犯で刑務所に捕まっていた浅倉威(あさくらたけし)をライダーに選んでバトルの活性化を図ったりもしたんですよ。

そうしてバトルを進めた結果、気に入らない結末にたどり着くと今度はオーディンの時間を巻き戻せる力を持つ「タイムベント」のカードを使い、ライダーバトルを最初からやり直したりするんです!

そこまでして神崎士郎がライダーバトルを行う理由は一体なんなのでしょうか?とても気になりますよね。では、その理由について詳しく説明していきます!

神崎士郎の目的

士郎がライダーバトルを行う理由は妹の優衣の存在がありましたよ。実は優衣は13年前に死亡していました。そして、ある方法で優衣は仮初(かりそめ)の命を手に入れたのですが優衣自身は自分が一度死んでいることを知らずに暮らしていたんです。

神崎士郎の目的は優衣を完全に生き返らせること。ライダーバトルはそのために士郎が作り上げたシステムでした。

なぜ士郎はそんな身勝手なシステムを作り上げたのか、もうちょっと詳しく説明していきますね!

幼少期のできごとがきっかけ

士郎と優衣はどうも親からネグレクト(虐待)を受けていたようで、広い屋敷の一室にほぼ閉じ込められた状態で暮らしていました。

何かつらいことがあったのか、泣きじゃくる幼い優衣を士郎は優しくなぐさめます。その行動の1つが2人で絵をかくこと。

2人がかいた絵はたくさんありますが、その絵の中には2人を守ってくれる強いモンスターたちの絵もあったんですよ。このモンスターたちを士郎たちは「ミラーモンスター」と名付けました。

そして2人は暮らしている部屋を「ミラーワールド」で、そこには士郎と優衣の2人しかいない世界だと言うように空想をするようになったんです。ミラーワールドやミラーモンスターは、もともとは神崎兄妹が空想上で作り上げたものだったんですね!

他にも、いつまでも兄妹が一緒にいられるようにと願いを込めて2人が手を繋いでいる絵をかいたりして2人はお互いを支えに暮らしていましたが、ある日優衣が死んでしまいます。

「俺を1人にしないで」と必死に呼びかける士郎。その時、鏡の中に優衣があらわれ「わたしがそっちに行っていい?お兄ちゃんと一緒にいていい?」と士郎に問いかけてきます。

必死に頷く士郎を見て「でも大人になると消えちゃうよ。20回目の誕生日に消えちゃうよ。それでもいい?」とさらにたずねる鏡の中の優衣に、士郎はそれでもいいから一緒にいて欲しいと願います。

その願いを受けた鏡の中の優衣は鏡を抜け出して現実世界の優衣の中へと消えていき、20歳までの期限付きの命を作り上げたんです!

そして、その瞬間に空想上のものでしかなかったミラーワールドは現実のものとなり、士郎は優衣を守るためにライダーシステムを作り上げ最後に勝ち残った1人を倒すことで新たな命を手にいれる計画をたてました。

20歳までに目的は果たせるのか?

士郎は優衣の20歳の誕生日までにライダーバトルを終わらせようと必死になります。なので、ライダーバトルが終わっても優衣が命を受け入れようとしないとタイムベントで時間を巻き戻しました。

そうして、士郎は何度も何度も自分の望む結末を迎えるためにタイムベントを繰り返してきたんです。

他にも、優衣が2人がいつまでも一緒にいられるようにと書いた絵を破り捨てたときには、その絵を取り戻すためにタイムベントを使うことも。とにかく士郎にとって唯一絶対の存在が優衣だったんです。

もう何回ライダーバトルをしてきたのかはわかりませんが、最終回が近づくにつれライダーバトルの終わりが近づいてきました。結末は果たしてどうなるのか、是非自分の目で確かめることをお勧めします!

そんな神崎士郎と優衣の結末が気になる仮面ライダー龍騎の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


神崎士郎を演じたのは菊地謙三郎さん

そんな神崎士郎を演じていたのは菊地謙三郎(きくちけんざぶろう)さんです。

初めて名前を見たときにはなかなか渋いお名前だな!なんて思ってしまいました。あ、もちろんいい意味で、ですよ!

凛々しく男らしい顔立ちと謙三郎と言う名前がとっても合ってると思いませんか?「男前」と言う言葉は菊地さんのためにある言葉なのかと思うほど、私の想像する男前にあてはまるんですよ、菊地さんって。

菊地さんがどんな方なのか、どんどん気になってきました!

菊地さんのプロフィールや経歴は?

まずは菊地さんの詳しいプロフィールをみてみましょう。

  • 本名:菊地謙三郎(きくちけんざぶろう)
  • 生年月日:1978年9月29日
  • 血液型:O型
  • 身長:183cm
  • 出身:北海道札幌市
  • 趣味・特技:イラスト、バイク、陸上
パパ
ちなみに、菊地さんは左利きなんだよ。
ママ
へ~!私のまわりにはいないから、左利きって聞くと珍しく感じちゃう!

菊地さんは専門学校を卒業後、地元で絵画販売業者として働きだしますが半年ほどで退職しイラストレーターになる事を夢みて上京します。

菊地さんが何の専門学校を卒業したのかまではわかりませんでしたが、絵画販売業者をしていたことやイラストレーターを目指したことを考えると、菊地さんが通っていた専門学校は美術系の学校だったのかもしれませんね。

上京後の菊地さんはバイトを転々としながらモデル活動を開始したのですが、モデルになる経緯はわかりませんでした・・・。背も高いし男前なのでスカウトでもされたのでしょうか?それともどこかで募集していて自分で応募したとか??

答えはわかりませんが、ただわかるのは菊地さんがモデルができるぐらいカッコイイってことだけですね。

そしてモデル活動を続けていた菊地さんですが、2002年に仮面ライダー龍騎で俳優デビューを果たします。なんと、龍騎が俳優デビューだったんですね!菊地さんにとっては記念すべき作品だったって事になります。

龍騎の撮影こぼれ話
バイク好きな菊地さんは龍騎の撮影中はバイクに乗るのを我慢していたそう。理由はもしバイクに乗って目立つところに傷がついた場合、神崎士郎に傷があるのはおかしいと思ったからなのだとか。

劇場版の上映の時には父親から「小さい頃にお前を連れて見に行った映画館で、お前を見た」との連絡があったという、ちょっと微笑ましいエピソードもありますよ。ご家族、仲が良かったんですね。

俳優デビュー後の菊地さんの出演作品がこちらになりますよ。

テレビドラマ 仮面ライダー龍騎(2002年)神崎士郎 役
エコエコアザラク〜眼〜(2004年)岸田嘉彦 役
ウルトラマンマックス(2005年-7話)宇宙工作員ケサム 役
プリマダム(2006年)
仮面ライダーカブト(2006年-14話)井口浩二 役
映画 劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL(2002年)神崎士郎 役
ビデオシネマ 聖女 ダブルフェイス
LED GRASSHOPPER(原案・監督・主演)

特撮では龍騎の他に仮面ライダーカブトとウルトラマンマックスにゲスト出演しているんですね。

その他のドラマで注目するべきは、2006年の「プリマダム」でしょうか?このドラマでは役名こそないものの、神田うのさん演じる青葉笑子(あおばえみこ)の愛人役でセミレギュラーで出演していたんですよ!セミレギュラーなのに、役名がないのが惜しまれます。

余談ですが、このプリマダムの3話には仮面ライダー龍騎で仮面ライダーゾルダ/北岡秀一役の小田井涼平(おだいりょうへい)さんが保険外交員の役でゲスト出演しているんですよ。

さらに由良吾郎(ゆらごろう)役で龍騎に出演していた弓削智久(ゆげともひさ)さんが三島正人役で仮面ライダーカブトにレギュラー出演されていたので、菊地さんは龍騎キャストとの共演が多い方だったんですね。

特撮ファンをやっていると、こうやってキャスト同士が別のドラマで共演しているのを見てつい喜んじゃいますよね。・・・え、私だけですか??

でもやっぱり共演は嬉しいので、同じく嬉しくなったであろう人のために今回はプリマダムのDVD-BOXの情報を載せておきますね。気になったらぜひ、ポチッとしちゃいましょう。

そしてビデオシネマの「LED GRASSHOPPER」、気になりますね!主演だけでなく、原案や監督まで務めていたとは・・・!詳しい内容を調べてみたのですが、残念ながら詳細はわからずじまいでした・・・。

俳優以外にもこんな活動をしていた!

「LED GRASSHOPPER」では原案まで務めていた菊地さんは実はエッセイや小説も書いていたんですよ。う~ん、多才ですね!

エッセイは、バイク好きを活かしてモーターマガジン社「BORN Biker’s」に「仮面編集ライダー菊地・バイク乗りな日々」と言うイラストエッセイの連載があり、他にもこの雑誌で取材をしたり、読者のコーナーにコメントをしたりと大活躍だったんですよ。

イラストエッセイ・・・と言う事はきっとイラストも菊地さんがかかれていたんですね。ある意味「イラストレーターになる」と言う夢も叶ったと言っていいのではないでしょうか?私だったら確実に叶った!って言いふらしちゃうところですよ。

そして、龍騎終了後は俳優活動を続けながら立て続けにケータイ小説「目を閉じて三秒」「ルームシェア」を発表しました。

ケータイ小説とは?
携帯電話で主に執筆・閲覧が行われるオンライン小説。おもにフューチャーフォン(いわゆるガラケーのこと)の時代に流行した。

横書きに物語が書かれていることが特徴のひとつ。

ケータイ小説はおもに若い女の子の間で流行っていたイメージがありますね!ガラケーで読んでたっていうのには時代を感じちゃいます。

「目を閉じて三秒」は菊地さんの絵画販売業者をしていた時の体験をもとに書かれた小説、「ルームシェア」ではネット配信で朗読にも挑戦していました。

菊地さんは今何してるの?

俳優にモデルにケータイ小説作家に・・・なかなか順調に仕事をこなしていたかと思っていた菊地さんですが、2008年の1月に当時所属していた事務所から2007年12月末で俳優・タレント活動を引退したことが発表されました。

現在はバイク乗りのための革製品を製作・販売しているカドヤ東京本店にて店長を務めていらっしゃいます。

カドヤの本社ビルの1、2階が東京本店になりますよ。バイク好きでなくともいろいろな革製品が売ってますので、興味のある方は一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら菊地さんに接客してもらえるかもしれませんよ。

バイク好きの菊地さんが出演していた仮面ライダー龍騎の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


神崎士郎のような黒幕が他の作品にも存在した!

神崎士郎は妹である優衣を生き返らせるためにライダーバトルを開催していました。優衣が生き返るためなら、他の誰が犠牲になってもいいと考えていたんです。

そんな士郎のように、肉親を生き返らせるために他人を犠牲にした黒幕が他の作品にもいたのを知っていましたか?

それが平成仮面ライダーシリーズ14作目「仮面ライダーウィザード」に登場する笛木奏(ふえきそう)です。

笛木は早くに妻を亡くし、さらには愛する娘・暦(こよみ)まで病気で失ってしまい絶望してしまいます。そして、笛木は多くの人を犠牲にして暦をよみがえらせようとしたんです。

その方法は魔法を研究し、生死を反転させる「賢者の石」を埋め込みんで暦を蘇生(そせい)させようというもの。

そのためには多くの魔力が必要だったために強制的に人々を絶望させて魔力を奪う「サバト」と言う儀式を行います。

しかし、結果的にここでは暦を生き返らせるのは失敗してしまい暦は魂と記憶をもたない「人形」のコヨミとしてよみがえりました。

このサバトの儀式に主人公の操真晴人(そうまはると)も巻き込まれたのですが、晴人は絶望に打ち勝ったために笛木は彼に仮面ライダーに変身するために必要な「ウィザードドライバー」と「ウィザードリング」を与え、コヨミを託すんです。

この行動は、再び暦をよみがえらせるために晴人を利用するためのものなのですが、魔力を奪うために殺そうとした相手に自分の娘をよみがえらせる手伝いを無断でさせるって、本当に勝手な行動ですよね。

自分の大切な存在のために他人を犠牲にしようとする、主人公が仮面ライダーになる力を与える、そして自分が命をよみがえらせたい存在が主人公と行動を共にするなど神崎士郎と笛木奏の行動や状況はとても似ていると言えますね。

もし神崎士郎と笛木奏が出会う事があったとしたらお互いに自分の大切な人をよみがえらせようとした苦労話で盛り上がっちゃうなんて事もあるかもしれませんね。

でも、そのためにまた「無関係な人々を巻き込む」なんて事だけは勘弁して欲しいところです。


まとめ

  • 神崎士郎は「仮面ライダー龍騎」のライダーバトルを主催した黒幕
  • 神崎士郎はヒロイン・神崎優衣の実兄だった
  • 神崎士郎の行動は全て優衣のためだった
  • 神崎士郎を演じていたのは菊地謙三郎さん
  • 現在は俳優業を引退してカドヤ東京本店で店長をしている

仮面ライダーたちが殺し合うと言う設定が斬新な龍騎ですが、黒幕である神崎士郎の行動理由を知るとちょっとだけ切なくなっちゃいますね。

そんな切ない神崎士郎を演じた菊地謙三郎さんがすでに芸能活動をしていないというのも、ちょっと切ないですね。出来れば、神崎さんを含めた龍騎のキャストで対談!なんてものもしてもらいたいものです。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ