»»»ついに令和初のライダーが登場!見逃した方は今すぐ無料視聴!!

↓↓昭和・平成の仮面ライダーシリーズを今すぐみたい!そんな時はauビデオパスで無料視聴出来ます↓↓

子供から大人まで人気の仮面ライダー!日曜日の朝になると、ついついテレビのリモコンを手が行き仮面ライダーを見てしまっている方も多いと思います。私もそのうちの一人です笑

やっぱりいつ見てもやっぱり面白いですよねー!!

今回は、そんな仮面ライダーの視聴率について調査してまいりました。ランキング形式で昭和・平成ライダーの視聴率を見ていきたいと思います!

ママ
ねぇねぇ、パパ!仮面ライダーだったらどれが視聴率1位かしら?
パパ
う~ん…そうだなぁ、ここはやっぱり、仮面ライダードライブかな!あの車がいいんだよー。

果たして予想は当たるのでしょうか!?

スポンサーリンク


仮面ライダーの歴代一覧

仮面ライダーシリーズは、1971年より開始された石ノ森章太郎(いしのもり しょうたろう)原作・東映制作による特撮テレビドラマシリーズです。

2019年現在全部で29作あり、その29作目の仮面ライダージオウが絶賛放送中です!

まずはランキングの前に懐かしい昭和仮面ライダーからカッコイイ平成仮面ライダーまで振り返ってみます。

懐かしい!昭和仮面ライダー

1971年4月3日に最初の放送が始まった仮面ライダー。

原作者の石ノ森章太郎さんは『仮面ライダー』第1作から『仮面ライダーBLACK RX』まで企画・制作に関わり、数篇の漫画も執筆されました。

また、映画監督を志したこともある石ノ森章太郎さんは、『仮面ライダー』第84話をはじめとして何度か本編の監督を務めた他、端役として出演もしているんですよ。

かなり長い歴史をもつこの仮面ライダーのうち、石ノ森章太郎さん直接かかわった昭和の仮面ライダーを紹介します。

  1. 仮面ライダー 1971年4月3日-1973年2月10日 全98話
  2. 仮面ライダーV3 1973年2月17日-1974年2月9日 全52話
  3. 仮面ライダーX 1974年2月16日-10月12日 全35話
  4. 仮面ライダーアマゾン 1974年10月19日-1975年3月29日 全24話
  5. 仮面ライダーストロンガー 1975年4月5日-12月27日 全39話
  6. 仮面ライダー(スカイライダー) 1979年10月5日-1980年10月10日 全54話
  7. 仮面ライダースーパー1  1980年10月17日-1981年9月26日 全48話
  8. 仮面ライダーBLACK 1987年10月4日-1988年10月9日 全51話
  9. 仮面ライダーBLACK RX 1988年10月23日-1989年9月24日 全47話

カッコイイ!平成仮面ライダー

続いて平成仮面ライダーです。

平成仮面ライダーは石ノ森章太郎さんが亡くなった後の作品であるため、直接関与してはいませんが、「仮面ライダー」というコンセプトに対する原作者としてその名をクレジットされています。

また、早瀬(はやせ)マサトさんによれば、新ライダーのデザインや要素を考える過程で、石ノ森の旧作や未使用スケッチを参考にすることもあるそうです。

早瀬マサトとは?

早瀬マサトとは、石森プロに所属している日本の漫画家・イラストレーター・キャラクターデザイナー・小説家である。

『仮面ライダーアギト』から『仮面ライダーオーズ/OOO』までの平成仮面ライダーシリーズでキャラクターデザインを務めた

そんな平成仮面ライダーを紹介します。

  1. 仮面ライダークウガ 2000年1月30日-2001年1月21日 全49話
  2. 仮面ライダーアギト 2001年1月28日-2002年1月27日 全51話
  3. 仮面ライダー龍騎 2002年2月3日-2003年1月19日 全50話
  4. 仮面ライダー555 2003年1月26日-2004年1月18日 全50話
  5. 仮面ライダー剣 2004年1月25日-2005年1月23日 全49話
  6. 仮面ライダー響鬼 2005年1月30日-2006年1月22日 全48話
  7. 仮面ライダーカブト 2006年1月29日-2007年1月21日 全49話
  8. 仮面ライダー電王 2007年1月28日-2008年1月20日 全49話
  9. 仮面ライダーキバ 2008年1月27日-2009年1月18日 全48話
  10. 仮面ライダーディケイド 2009年1月25日-8月30日 全31話
  11. 仮面ライダーW 2009年9月6日-2010年8月29日 全49話
  12. 仮面ライダーオーズ/OOO 2010年9月5日-2011年8月28日 全48話
  13. 仮面ライダーフォーゼ 2011年9月4日-2012年8月26日 全48話
  14. 仮面ライダーウィザード 2012年9月2日-2013年9月29日 全53話
  15. 仮面ライダー鎧武 2013年10月6日-2014年9月28日 全47話
  16. 仮面ライダードライブ 2014年10月5日-2015年9月27日 全48話
  17. 仮面ライダーゴースト 2015年10月4日-2016年9月25日 全50話
  18. 仮面ライダーエグゼイド 2016年10月2日-2017年8月27日 全45話
  19. 仮面ライダービルド 2017年9月3日-2018年8月26日 全49話
  20. 仮面ライダージオウ 2018年9月2日-現在放送中

さて、この仮面ライダーの中から1位に輝いた作品はどれだー!?

歴代仮面ライダーの視聴率ランキング!

歴代仮面ライダー(昭和・平成)の平均視聴率ランキングをまとめてみました。

ランキング29位~20位

29位 仮面ライダージオウ 平均視聴率3.1% ※第41話まで

平成仮面ライダーシリーズの20作品記念作品として2018年9月2日から放送が開始され、現在絶賛放送中の第20作目。

『仮面ライダージオウ』のモチーフは「時計」で、仮面ライダーとなる人物だけでなく敵も味方もみんな時間や時空を移動できたり、並行世界からやってきたりとタイムトラベルが可能となっているのが大きな特徴です。

『仮面ライダーディケイド』との違いは?

平成が改元となること、平成仮面ライダーシリーズが20作品目を迎えたこと、視聴率アップを狙ったことの3つから生まれた『仮面ライダージオウ』は、似たような作りだった『仮面ライダーディケイド』とどう区別をつけるかがポイントになりました。

『仮面ライダーディケイド』はそれまでの平成仮面ライダーシリーズ作品を知らない人に向けて作られていた作品です。

そこで、『仮面ライダージオウ』では仮面ライダージオウ・オリジナルの仮面ライダー・アナザーライダーの三つ巴の戦いを軸に、それぞれの仮面ライダーと出会える時代を中心に描くという手法をとって区別することになったのでした。

平成最後の仮面ライダー作品として、これまでの平成仮面ライダーシリーズに登場したレジェンド俳優さんやキャラクターの声を担当した声優さんが何人も登場してます。

そのため、平成仮面ライダーシリーズのどれかを見たことのあるファンにとっては「懐かしい」「そういえばこんな作品だった」と思い出も蘇る作品となっているんです。

そんな仮面ライダージオウが「未来の魔王」という設定については、20作品目らしい大きな設定にしようとの考えから生まれました。

パパ
実はさ、『仮面ライダージオウ』を含めない平成仮面ライダーシリーズの中で最強といわれている仮面ライダーディケイドって言われているんだ。
ママ
あら、そうなの?でも、仮面ライダージオウだって同じような存在じゃない?どっちが強いのかしら?
パパ
いや~、『仮面ライダージオウ』はまだまだ物語が進行している最中だからね!どっちが最強になるのか、これからが楽しみだよ!!

一方で、『仮面ライダージオウ』だけのオリジナル仮面ライダーも登場するため、初めて見る人にとっても楽しめる作品でもありますよ。

28位 仮面ライダービルド 平均視聴率3.2%

2017年9月3日から放送が開始された第19作目で、2018年8月26日まで放送されました。

『仮面ライダー』が人体実験によって改造人間にされたことを受け、仮面ライダー自身をモチーフに作られたのが『仮面ライダービルド』です。

作品のテーマは「成長を続ける高度文明への警告の鐘をならすこと」「科学が発展したときにたどり着く先は戦争になるのか」でした。

『仮面ライダービルド』の作品のテーマは『仮面ライダー』が関係している!?

最初の仮面ライダーである『仮面ライダー』が放送した1971年ごろといえば、ちょうど第二次世界大戦に負けた日本が高度経済成長をしていた時期の終わりごろになります。

この高度経済成長は1950年に起こった朝鮮戦争による好景気をきっかけに始まったものでもあったため、『仮面ライダー』を意識して作った『仮面ライダービルド』には「戦争」と「高度経済成長」を意識したテーマが使われているんですよ。

『仮面ライダービルド』の変身アイテムとして登場する「フルボトル」は合計60本あり、それを2つ組み合わせて変身するため、多くのフォームが登場します。

また、戦争をテーマにしたことで日本という国が3つに分かれている設定となっており、それぞれの国に仮面ライダーがいるため、複数の仮面ライダーも存在しているんです。

そうして生まれた仮面ライダーエボルの最終形態にして最強フォーム・ブラックホールフォームは”倒す”ことが出来ずに”封印する”こととなったこともあって、「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」で第4位にランクインしました。

27位 仮面ライダーエグゼイド 平均視聴率3.9%

仮面ライダーシリーズ生誕45周年記念作品として2016年10月2日から放送が開始された第18作目で、2017年8月27日まで放送されました。

『仮面ライダーエグゼイド』のモチーフは「ゲーム」であるため、ゲームでは良く見かける等身大のキャラクターを小さくし、三頭身で表現したレベル1という姿から等身大のキャラクターであるレベル2の姿に変形することが特徴となっています。

ゲーム案がようやく採用!

モチーフにゲームを使おうという案は『仮面ライダードライブ』のときにはすでにあったのですが、当時は仮面ライダーを見るであろう6~16歳前後の児童層にまだゲームは普及していないということから没になりました。

ところが、『妖怪ウォッチ』がヒットしたことやスマホゲームの普及によって、児童層でもゲームに触れる機会は増えただろうということで今回は採用が決定。

ついに念願のゲームという要素が採用されたのでした。

このモチーフからゴーグルに瞳のある目や髪の毛をつけた仮面ライダーといったようにこれまでの仮面ライダーにはないデザインが取り入れられた仮面ライダーが誕生しました。

また、ゲームで遊ぶときに使うものはスマートフォン・パソコン・ゲーム機と様々ありますが、こうした機械につきものなのが「コンピューターウイルス」ですよね。

感染したくないのにいつの間にかなってしまった…なんてこともあるこのウイルスから連想して『仮面ライダーエグゼイド』にはもう一つのモチーフ「医療」が追加されました。

「ゲーム」×「医療」にはほかにも理由が!

『仮面ライダーエグゼイド』で「ゲーム」と「医療」というモチーフの組み合わせを採用したのにはほかにも2つ理由がありました。

1つは、子どもたちに病院は怖い場所ではないことを伝えることです。生々しい手術の様子などは描けないものの、本物の医療器具を撮影に使用することで現実さを表現しました。

もう1つは、「ゲーム」と「医療」では命の扱いが違うことです。ゲームには「コンティニュー」というものがあって、一度操作キャラクターが死んでしまっても復活できる仕組みがありました。

しかし、生身の人間の命を扱う医療では失った命を元通りにすることは出来ません。

この考え方の違いは『仮面ライダーエグゼイド』の第31話にてドクターである主人公・宝生永夢(ほうじょう えむ)とゲームクリエイターである檀黎斗(だん くろと)が対立するという設定にも表現されています。

ゲームという子どもたちにとっても大人にとっても受け入れやすい設定だったからか、2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」では第10位に、「平成最強の主人公ランキング」にも第8位にランクイン!

さらに、仮面ライダーエグゼイドの最強フォーム・ムテキゲーマーは「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」第7位を獲得しました。

このほか、時間を止めることが出来る仮面ライダークロノスも「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」で第9位にランクインしていますよ。

26位 仮面ライダーゴースト 平均視聴率5.1%

2015年10月4日から放送が開始された第17作目で、2016年9月25日まで放送されました。

『仮面ライダーゴースト』で使われたのは「幽霊」ということで、まさかの主人公が第1話で死亡し幽霊となって復活するところから話が始まります。

「幽霊」をモチーフにすることで初心に帰った!?

『仮面ライダーゴースト』は前作『仮面ライダードライブ』との差別化をするとともに、『仮面ライダー』がもともと怪しく不思議なアクション作品であったことに戻って作られました。

また、仮面ライダー1号・2号の変身ベルト・タイフーンの形が目玉に似ていたことから、キーアイテムやサポートキャラには目玉が採用されているんですよ。

「幽霊」という流れから、モチーフとして「英雄・偉人」も一緒に使われました。

パパ
といっても、ロビン・フッドのように実在したかわからない人物も『仮面ライダーゴースト』の世界では実際にいたことになっているんだけどね。

仮面ライダーゴーストにとって2号ライダーとなる仮面ライダースペクターはこれまでの作品と比較しても登場が早く、敵がはっきりとわかるまでの間、仮面ライダーゴーストのライバルという位置になっているところも面白い設定なんですよ。

25位 仮面ライダー鎧武(ガイム) 平均視聴率5.2%

2013年10月6日から放送が開始された第15作目で、2014年9月28日まで放送されました。

前作『仮面ライダーウィザード』に引き続き、初の試みとして「戦国武将」をモチーフに採用。そのため、仮面ライダーのスーツも鎧風になっています。

仮面ライダーにも”戦国時代”が到来!『仮面ライダー龍騎』との違いは?

戦国武将といえば、日本を誰が統一するのかと戦いお互いに競い合ったことから、仮面ライダーたちも戦って奪い合うという設定が取り入れられました。

ここで気になるのが2002年に放送していた『仮面ライダー龍騎』との違いです。

単に戦わせては違いがないため、『仮面ライダー龍騎』でそれぞれが自分たちの「欲望」や「願い」のために戦う個人戦ではなく、黄金の果実というアイテムをチームで戦って奪い合う団体戦を採用。

また、当時はAKB48のような大人数のアイドルグループに団体戦競技の人気もあったことも団体で奪い合うという構図が採用されました。

そのモチーフに掛け合わせるものとして「フルーツ」を使って意外性を引き出し、アイテムには錠前を使っています。

「戦国武将」と「フルーツ」のモチーフを活かしたつくり

「戦国武将」をモチーフとしていることから、

  • ホラガイなどの和楽器を使用
  • オープニングのスタッフロールなどがほぼ縦書き

という『仮面ライダー響鬼』のように和風の要素を取り入れています。

また、「フルーツ」をモチーフとしていることから『旧約聖書』に登場する禁断の果実も話に盛り込んでおり、デザインや設定にも北欧神話・中国神話・日本神話といった神話の要素も入れました。

これによってなかなか真面目で真剣な話の流れを物語が始まってすぐには出すことが出来なかったため、話が進むごとにだんだんと真面目で真剣な内容になるような物語構成となったんですよ。

『仮面ライダー鎧武(ガイム)』でも東日本大震災とその後の社会の様子を意識した話の内容になっており、ヘルヘイムの森が侵食してくる超自然災害がもっとも恐ろしいものとして描かれています。

こうして誕生した仮面ライダー鎧武(ガイム)は戦国武将効果もあったのか、「平成最強の主人公ランキング」にて第5位にランクイン!

さらに、仮面ライダー鎧武(ガイム)の最強フォームである極アームズは「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」で第5位になりましたよ。

24位 仮面ライダードライブ 平均視聴率5.6%

2014年10月5日から放送が開始された第16作目で、2015年9月27日までまで放送されました。

『仮面ライダードライブ』で使われたモチーフは「自動車」で、『仮面ライダーBLACK RX』にて初めて専用自動車が導入されましたが、モチーフとして取り入れたのは初でした。

車をより魅力的に!

折角モチーフに使うならば、車をより魅力的に見せようと考えたメインライターの三条陸(さんじょう りく)さんは、「仮面ライダーと対等以上の存在として車を描こう」と決めます。

三条陸とは

日本の漫画原作者・脚本家で、仮面ライダーシリーズでは『仮面ライダーW(ダブル)』の脚本も書いている。

他にゲーム『デジモンアドベンチャー』の脚本を書いたり、別名義の瑳川竜(さがわ りゅう)でアニメ『ウルトラマン超闘士激伝』の脚本も書いたりしている。

そのため、『仮面ライダー』初期のころの仮面ライダー1号とサイクロン号のようにマシンがなければ変身出来ないといった自動車は仮面ライダーの大切な相棒であるとして位置づけました。

この設定は視聴者から「車にしか乗らない仮面ライダーなんて斬新!」と評価され、2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」第9位にランクインしました。

ここにテレビ局側から一話ごとに魅力のあるエピソードを入れてほしいとの要望があり、「刑事」もモチーフとすることに決定。

警察官が仮面ライダーに変身するのは『仮面ライダーアギト』にもありましたが、警察官が主人公というのも『仮面ライダードライブ』が初めての設定なんですよ。

主人公の泊進ノ介(とまり しんのすけ)を演じた竹内涼真さんは「平成イケメンライダー俳優ランキング」で第4位「最も印象深い平成ライダーを演じた俳優ランキング」第5位にランクインしました。

23位 仮面ライダーフォーゼ 平均視聴率5.9%

仮面ライダーシリーズ生誕40周年記念作品として2011年9月4日から放送が開始された第13作目で、2012年8月26日まで放送されました。

作品のテーマは「宇宙」。これは当時、小惑星探査機はやぶさについての映画が製作されたことやスペースシャトルの引退話など、宇宙に関する話題が多かったため用いられることになったんです。

企画時に起こった〇〇によってなくなったもの

『仮面ライダーフォーゼ』の企画が進められていた中、2011年3月11日に東日本大震災が発生しました。

そんな中で生まれた『仮面ライダーフォーゼ』は震災後、初めて登場する新しいヒーローであったことから、「子どもたちを明るく元気に!」という思いを込められているんです。

そのため、平成仮面ライダーのうち、主役となる仮面ライダーには伝統として取り込まれていた涙の跡のように見えるラインをあえてつけないようにします。

そして、仮面ライダーフォーゼは「日本を元気にするヒーロー」として誕生したのでした。

そこに「学園青春ドラマ」を掛け合わせることで、これまでにない面白さを引き出すことに挑戦します。

パパ
だから、『仮面ライダーフォーゼ』は福士蒼汰(ふくし そうた)さんが演じる主人公・如月弦太朗(きさらぎ げんたろう) と仲間との友情物語でもあるってわけなんだ。
ママ
そこが大きな魅力ってわけね。大人が見ても「懐かし~♪」って思いながら見れるわ。

このことはしっかり視聴者に評価され、2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」第7位、「平成最強の主人公ランキング」第7位にランクインすることとなったんですよ~!

また、仮面ライダーシリーズ生誕40周年記念作品ということで、これまでの仮面ライダーシリーズを意識した作品にもなっています。

仮面ライダーシリーズ生誕40周年記念作品としての”遊び”

『仮面ライダーディケイド』では過去の仮面ライダーたちとともに戦うことを表現したため、『仮面ライダーフォーゼ』ではそれと異なる表現を求めて次の3点を取り入れました。

  • これまでに登場した仮面ライダーは昭和仮面ライダーシリーズも含めてすべて都市伝説として語り継がれている。
  • 40周年ということで、仮面ライダーフォーゼが使用する「アストロスイッチ」の数は40の数字に掛け合わせて40個。
  • 特に重要な人物の名前は、過去の仮面ライダーシリーズ作品の登場人物にちなんで命名。

ちなみに、『仮面ライダーフォーゼ』の中で都市伝説として扱われたこれまでの仮面ライダーの映像はすべて新しく撮影されました。

また、重要な人物の名前については次のような理由でつけられていますよ。

登場人物名 名前の由来
歌星 賢吾
(うたほし けんご)
『仮面ライダー』の主人公・本郷猛(ほんごう たけし)の名前に使われている文字の順番を入れ替えた。
城島 ユウキ
(じょうじま ユウキ)
『仮面ライダーV3』に登場した結城丈二(ゆうき じょうじ)の苗字と名前を入れ替え、じょうじの後ろに「ま」を追加してついた。
風城 美羽
(かざしろ みう)
『仮面ライダーV3』の主人公・風見志郎(かざみ しろう)の名前に使われている文字の順番を入れ替えた。
大文字 隼
(だいもんじ しゅん)
仮面ライダーシリーズにて、仮面ライダー2号に変身した一文字隼人(いちもんじ はやと)の名前からついた。
大の字を一と人に分け、漢字のまま並べ替えると一文字隼人になる。
野座間 友子
(のざま ともこ)
苗字の「野座間」は『仮面ライダーアマゾン』のアマゾン(AMAZON)のアルファベットを逆読みしたもの。
名前の「友子」はアマゾンがまさひこ少年と「アマゾン、トモダチ」と言って友情を交わしたことからついた。
JK(ジェイク)
※本名:神宮 海蔵
(じんぐう かいぞう)
『仮面ライダーX』の主人公・神敬介(じん けいすけ)をアルファベットで書き表したとき「Jin Keisuke」となり、その頭文字からついた。
本名の「神宮海蔵」は苗字が『仮面ライダーX』に登場する海底基地・神ステーション、名前は神敬介が一度死んで改造人間・カイゾーグになったことからつけられた。

『仮面ライダーフォーゼ』で主人公を演じた福士蒼汰さんは「最も印象深い平成ライダーを演じた俳優ランキング」第3位「平成イケメンライダー俳優ランキング」で第1位にランクイン!

さらに、仮面ライダーメテオに変身する朔田流星(さくた りゅうせい)を演じた吉沢亮さんも「平成イケメンライダー俳優ランキング」で第8位にランクインしました。

「平成イケメンライダー俳優ランキング」
+をクリック↓
第1位~第10位までチェック!
1位 福士蒼汰
【仮面ライダーフォーゼ】
2位 佐藤健
【仮面ライダー電王】
3位 水嶋ヒロ
【仮面ライダーカブト】
4位 竹内涼真
【仮面ライダードライブ】
5位 オダギリジョー
【仮面ライダークウガ】
6位 菅田将暉
【仮面ライダーW(ダブル)】
7位 要潤
【仮面ライダーアギト】
8位 吉沢亮
【仮面ライダーフォーゼ】
9位 瀬戸康史
【仮面ライダーキバ】
10位 桐山漣
【仮面ライダーW(ダブル)】

23位 仮面ライダーウィザード 平均視聴率5.9%

2012年9月2日から放送が開始された第14作目で、2013年9月29日まで放送されました。

特徴は初めてモチーフに「魔法使い」を使ったことと、前作『仮面ライダーフォーゼ』を意識して逆の作品構成になっていることです。

『仮面ライダーフォーゼ』を意識したところを詳しく!

前作『仮面ライダーフォーゼ』は機械的な設定が多く、内容も科学的な空想の入った内容でした。そこで、前作とは全く違うファンタジーを極めた仮面ライダーを作ることになったんです。

また、『仮面ライダーフォーゼ』の主人公は明るい笑顔の似合う人物でしたが、『仮面ライダーウィザード』の主人公は魔法使いとなるために「絶望を乗り越えて今の力を手に入れた」という経験をしています。

しかも、その後も戦いで苦しんだり悩んだりするため、純粋な笑顔を浮かべる『仮面ライダーフォーゼ』の主人公とは逆にどこか陰のある笑顔を浮かべる性格となっています。

そして、前作に続いて東日本大震災後の日本を応援することも含めているため、「今を受け入れ前に進む」ということをテーマにした作品にもなっていますよ。

21位 仮面ライダーキバ 平均視聴率6.2%

2008年1月27日から放送を開始した石ノ森章太郎生誕70周年記念作品でもある第9作目。2009年1月18日まで放送されました。

『仮面ライダーキバ』は吸血鬼をモチーフとして使用しているため、ところどころに吸血鬼の本場である西洋の雰囲気や、日本ホラーにはない西洋ホラーの要素が盛り込まれた作品となっています。

『キバ』になった由来が意外だった!?

『仮面ライダーキバ』の世界におけるの仮面ライダーの存在は、ファンガイアが作ったキバの鎧(よろい)か素晴らしき青空の会が作ったパワードスーツをみにつけた戦士という立ち位置にいます。

吸血鬼といえば、口元から見える鋭い八重歯で血を吸う生物というイメージがありますよね。

そんなわけで、『仮面ライダーキバ』への変身シーンでは蝙蝠(こうもり)に似た形をしたキバット族のキバットバットⅢ世が紅渡の手の甲から中指近くに噛みついて変身するという流れになっているんです。

ママ
ということは、キバって由来も噛みつくキバからなんでしょ~!

とまぁ、ママのように考えた人は多いはず!しかし、どうやらそれは違うようで、正しくは「ングオブンパイア」のから「仮面ライダーキバ」になったとのこと。うま~く掛け合わされている感じがしますよね!

用語の補足説明
ファンガイア 人間の生命エネルギー「ライフエナジー」を生命維持のためのエネルギーとして生きているモンスター種族の一種。人間の姿を借りているため、人間の中に隠れてしまうこともできる。
名前の由来は「ファング(牙)」と「ヴァンパイア(吸血鬼)」を組み合わせて作った造語である。
素晴らしき青空の会 ファンガイアを徹底的に滅ぼすために民間によって結成されたファンガイアに対抗するための組織。
キバット族 ファンガイアのうち、蝙蝠(こうもり)に似た体形を持つ小型のモンスター種族。
人間以上に知能が高いとされており、魔皇力を引きだしてコントロールする能力が優れており、ファンガイアの鎧のコントロールに使われている
魔皇力(まこうりょく) 魔族の内側に眠ったままの力。

大きな特徴は主人公が父と子の2人いることで、親子それぞれの物語・過去の出来事・現在の出来事が交差しながらかなり面白い物語の展開を可能にしたんです。

『仮面ライダーキバ』の世界での現在に当たる2008年では、瀬戸康史(せと こうじ)さんが演じる紅渡(くれない わたる)が主人公として物語が進み、事件や出来事の「事実」や「結果」しかわからないこともありました。

この謎は武田航平(たけだ こうへい)さんが演じる紅渡の父・紅音也(くれない おとや)が主人公となって物語が進む1986年を舞台にした過去で、原因や流れが解説されていったんです。

また、この設定をより活かすために1話ごとに過去編・現在編と話が進んでいくのではなく、手に入れたアイテムなど何かちょっとしたきっかけをもとにそれぞれの話の中で過去と現在を行き来するといったオーバーラップ技法が使われていますよ。

そして、ちょっと頼りないけどやるときはやる主人公を演じた瀬戸康史さんは「平成イケメンライダー俳優ランキング」で第9位にランクイン!

さらに、仮面ライダーキバ…ではなく、仮面ライダーダークキバが「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」第8位にランクインしました。

仮面ライダーダークキバが仮面ライダーキバを差し置いてランクインした理由は?

仮面ライダーダークキバは仮面ライダーキバの変形フォームのひとつである黄金のキバの鎧・エンペラーフォームの前に開発されていた鎧で、「闇のキバの鎧」と言われています。

仮面ライダーキバがキバットバットⅢ世が噛みつくことで変身しますが、仮面ライダーダークキバはキバットバットⅢ世の父・キバットバットⅡ世が噛みつくことで変身します。

仮面ライダーダークキバは変身者の負担が大きく、普通の人が変身したらば即死んでしまうという残念設計であるため、変身するには命がけでやらなくてはなりません。

一方、仮面ライダーキバのフォームの中でも最強で”核兵器に耐える”という絶対防御を持っているエンペラーフォームにも対抗できるくらいの能力を持ってるんですよ。

その名も「結界」。名前だけだと、大したことなさそうに聞こえますが、なんと大勢の敵・ファンガイアを一度に倒せるくらいの力があるんです!……もう一度言いますが、名前だけだとまったくそれを感じさせませんが(汗)

そのほか、防御力もエンペラーフォームの3倍なので能力値だけ見たら本当に仮面ライダーキバを超える最強フォームであることは間違いないですね!

20位 仮面ライダー電王 平均視聴率6.9%

2007年1月28日から放送が開始された電車(鉄道)とおとぎ話がモチーフとなっている第8作目で、2008年1月20日まで放送されました。

どうして”電車”と”おとぎ話”になったの?

仮面ライダーは1971年に放送を開始した昭和第1作目からずっと「バイクに乗ったヒーロー」というイメージが強くありました。

平成仮面ライダーでもその流れを取り入れつつ何とかこれまでにないデザインをと工夫を重ねてきたものの、印象が強く新鮮なものはまだ生み出せなかったんです。

そこで、より強い印象をと考えてプロデューサーの白倉伸一郎(しらくら しんいちろう)さんが電車を提案。

白倉伸一郎とは

日本のテレビドラマ・映画プロデューサー。『仮面ライダークウガ』でプロデューサー補佐を務めた後、『仮面ライダーアギト』『仮面ライダー龍騎』『仮面ライダー555』までチーフプロデューサーを務める。

その後、『仮面ライダー響鬼』で途中からチーフプロデューサーを務め、『仮面ライダーディケイド』『仮面ライダージオウ』でもチーフプロデューサーを務めた。

当時はあまりにも考えつかない組み合わせだったため、合わないということで反対する声もある一方で、賛成する声もあがったため採用されました。

どうして電車にしたかについて、白倉伸一郎さんは「子どもたちはバイクに乗れない。そんな子どもたちがもっと身近に乗れるものは何かと考えて出た案」と言っています。

電車を使うことに決まったのは良かったものの、新幹線を除いてほとんどの電車は四角いし同じ形をしているしで、デザインの区別をつけにくいという課題があったんです。

そこでまたもや白倉伸一郎さんが神発言をします!

電車には”お話”が乗っていて、各車両にはそのお話それぞれの特徴がある

この発言が突破口となっておとぎ話もモチーフに追加されることとなり、仮面ライダーの変身の仕方に影響を与えたほか、怪人はおとぎ話に登場する生き物という設定に繋がったんですよ。

「電車をどう活用する?」問題が発生!

モチーフに電車を入れることになったのはいいものの、どう活用するかという問題が発生!

というのも、大きくなった怪人やもともと人間サイズではない巨大な敵に対抗する武器として電車の形をしたものを登場させることは簡単ですが、「電車が常にないと話が進まーん!」というアイテムにするのはとっても難しかったんです。

ママ
確かに、スーパー戦隊シリーズみたいにロボットに変化!なら簡単だけど、常に乗るものとして出すには難しいものね。どうやったのかしら??
パパ
ここが腕の見せ所ってやつだよね~。考えに考えた結果、電車=時間を超えて運行する存在ってことになったんだ。

ようやく電車の立ち位置が決まったものの、次の問題・「どこに行くのか?」が発生します。そこで出た案は「過去」「パラレルワールド」「精神世界」でした。

このうち「過去」が採用され、電車=時間を超えて運行する鉄道車両型タイムマシンという設定が誕生しました。

パパ
ちなみに、「パラレルワールド」は『仮面ライダーディケイド』に、「精神世界」は『仮面ライダーウィザード』で使われることになったよ。

『仮面ライダーカブト』のときに生み出された新しいコメディの手法をたっぷり取り入れ、それぞれ登場するキャラクターの性格や特徴を活かした笑いがところどころに入った作品となっています。

また、仮面ライダー同士の戦いがあまりない作品でもありますが、最大の特徴は死人が少ないことでした。

というのも、『仮面ライダー電王』は過去との行き来をする話になっていて、もし過去に殺されてしまった一般人でも「現代にいる誰かがその人を覚えているならば、怪人を倒すことで生き返らせる」ようになっていたんですよ。

ママ
笑えるシーンがたくさんだし、戦いに巻き込まれて死んでしまう人も少ないから、話が暗くなりにくくて見続けやすいわ。

さらに、話が進むにつれて主人公と味方怪人であるイマジンとの絆も取り上げられるようになっていきます。

イマジンとは?

未来から『仮面ライダー電王』の舞台である2007年にやって来た人類の精神体が、人間に憑りつき、その人間が思い描いた童話などのイメージをもとに自らの姿をつくり、怪人としての肉体を得た姿。

『想像』を意味する『image(イメージ)』に『魔神(まじん)』を足して作られた言葉なので、英語表記は『imagin』となる。

怪人といいつつ、一部のイマジンはそれぞれの理由から目的を途中で投げ捨てて、ライダーの味方をすることも。

味方イマジンには人気の声優陣が声を担当したこともあって、若い女性陣からの支持も高い作品となりました。

人気の声優陣って誰?
イマジン名 担当声優 ※敬称略 担当声優のその他の出演作品
モモタロス 関俊彦
(せき としひこ)
最遊記シリーズ(玄奘三蔵/げんじょう さんぞう)
忍たま乱太郎(土井先生)
鬼滅の刃(鬼舞辻無惨/きぶつじむざん)
ウラタロス 遊佐浩二
(ゆさ こうじ)
BLEACH(市丸ギン)
銀魂(東城歩/とうじょう あゆむ)
弱虫ペダル(御堂筋翔/みどうすじ あきら)
キンタロス てらそままさき NARUTO 疾風伝(飛段/ひだん)
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(ドレイク)
Fate/stay night[Unlimited Blade Works](葛木宗一郎/かつらぎ そういちろう)
リュウタロス 鈴村健一
(すずむら けんいち)
機動戦士ガンダム SEED DESTINY(シン・アスカ)
銀魂(沖田総悟/おきた そうご)
黒子のバスケ(紫原敦/むらさきばら あつし)
デネブ 大塚芳忠
(おおつか ほうちゅう)
NARUTO(自来也/じらいや)
亜人(佐藤)
鬼滅の刃(鱗滝左近次/うろこだき さこんじ)
ジーク 三木眞一郎
(みき しんいちろう)
ポケットモンスター(コジロウ)
Fate/stay night(アサシン)
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(ロイ・マスタング)

このことに加えて、平成生まれの佐藤健(さとう たける)さんを主人公・野上良太郎(のがみ りょうたろう)役に起用したことや、ヒロインのハナ役をつとめた白鳥百合子(しらとり ゆりこ)さんが可愛いと話題になり、人気はますます上昇!

視聴率は決して高くないものの、玩具の売り上げは『仮面ライダー龍騎』以降、下がり続けていたのに盛り上がりを見せます。

結果、佐藤健さんは「最も印象深い平成ライダーを演じた俳優ランキング」第2位「平成イケメンライダー俳優ランキング」でも第2位にランクイン!

仮面ライダー電王は「平成最強の主人公ランキング」第2位、『仮面ライダー電王』は2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」で堂々の第1位を獲得しました!

「好きな平成仮面ライダーランキング」
+をクリック↓
第1位~第10位までチェック!
1位 仮面ライダー電王
2位 仮面ライダークウガ
3位 仮面ライダーアギト
4位 仮面ライダー龍騎
5位 仮面ライダーカブト
6位 仮面ライダー555(ファイズ)
7位 仮面ライダーフォーゼ
8位 仮面ライダーW(ダブル)
9位 仮面ライダードライブ
10位 仮面ライダーエグゼイド

20位 仮面ライダーオーズ/OOO 平均視聴率6.9%

2010年9月5日から放送が開始された第12作目で、2011年8月28日までまで放送されました。

2011年4月3日に放送された第28話で、1971年4月3日放送の『仮面ライダー』第1話から数えて仮面ライダーシリーズの放送話数が通算1000回を超えたという記念作品でもあるんですよ。

「オーズ(OOO)」という名前の由来は?

作品タイトルであり、仮面ライダーの名前にもなっている「オーズ(OOO)」には、3つの意味が込められています。

  • 主人公が変身の鍵となるアイテム「オーメダル」のうち、3枚を組み合わせて変身して戦うこと
  • 人間を危険に巻き込む怪人の幹部=王が数名いるので、「王s(オーズ)」と読ませること
  • 最高も無限大も超えたこの上ない満足という意味の「Over (無限大以上)」

『仮面ライダーオーズ/OOO』の作品テーマは「欲望」となっており、『仮面ライダー』からあった「敵の力を使って敵と戦う」という内容がもっとも強く表現されていました。

仮面ライダーシリーズでは恒例の原点回帰を入れつつ平成仮面ライダーシリーズならではの要素も!

仮面ライダーシリーズでは毎回何かしら「原点に返る」「原点の良さを取り入れる」をもとに作品を作っていますが、『仮面ライダーオーズ/OOO』にもそれが含まれています。

一方で、平成仮面ライダーシリーズに見られる要素もしっかり盛り込んでいますよ。

昭和的要素 平成的要素
敵の力を使って敵と戦う 鍵となるアイテムをめぐる奪い合い
英雄としての行動や考えをもとに英雄を尊敬する主人公の性格 相棒とともに戦う
主人公が人間とは違う姿・形に変わってしまう 師匠と弟子の間でのやりとり
人間とは違う姿・形に変わってしまうことに悩み苦しむ主人公 特定種族ならではの悩みや苦しみ

また、前作の『仮面ライダーW』で2種類のアイテムを組み合わせて変身していましたが、『仮面ライダーオーズ/OOO』ではそれがさらに進化。

変身ベルトに3種類のコアメダルを組み合わせることで、様々な種類の変身フォームが誕生し、その数は仮面ライダーシリーズの中でもとびっきり多くなっているんです。

そんな仮面ライダーオーズ/OOOのフォームの1つであるガタキリバコンボは「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」で第6位に見事ランクインしました。

仮面ライダーの動画はここから!

スポンサーリンク


ランキング18位~10位

18位 仮面ライダーカブト 平均視聴率7.7%

仮面ライダー生誕35周年記念作品ということで、「最強の仮面ライダー」を基本的な考えとして制作し、2006年1月29日から放送が開始された第7作目。

『仮面ライダー響鬼』とは違い、昭和仮面ライダーシリーズの要素を復活させつつ、これまでの平成仮面ライダーシリーズの要素も取り込んだ作品で、2007年1月21日まで放送されました。

『仮面ライダーカブト』に見られる昭和・平成それぞれの仮面ライダーシリーズの要素
昭和的要素 平成的要素
昆虫をモチーフに採用 一般人の姿と怪人の姿の両方を持つ敵の存在
「変身」のかけ声を復活 ヒーローが組織化されている
バイクを常に使いつつ、物語が進行する ライダー装着者が交代するという流れ
キックを使った必殺技
仮面ライダー自身によって必殺技名をいうこと

大きな特徴はこれまでのシリーズ作品でもよく登場していた料理が特に大きく着目されていること、コメディ要素の強い作風になっていることにあります。

このとき使われた天然キャラによって笑いを誘う方法やありえなさ過ぎて面白いといったコメディの手法はこれまでの仮面ライダーシリーズにはなかったもので、それ以降の作品に影響を与えることになりました。

最強の仮面ライダーとして生まれた仮面ライダーカブトはフォームこそ最強にはならなかったものの、「平成最強の主人公ランキング」第4位にランクイン!

そして、『仮面ライダーカブト』で主人公・天道総司(てんどう そうじ)を演じたことがきっかけで知名度を上げた水嶋(みずしま)ヒロさんは「最も印象深い平成ライダーを演じた俳優ランキング」第4位にランクインしました。

さらに水嶋ヒロさんは「平成イケメンライダー俳優ランキング」で第3位にもランクインしているんです!このほかにも、加藤和樹(かとう かずき)さんや山本裕典(やまもと ゆうすけ)さんも出演しているので要チェックですよ~。

17位 仮面ライダー剣(ブレイド) 平均視聴率7.9%

2004年1月25日から放送が開始された第5作目で、2005年1月23日まで放送されました。

『仮面ライダー剣(ブレイド)』では、「職業:仮面ライダー」を取り入れたことが大きな特徴となっています。

仕事としての”正義”

『仮面ライダー龍騎』『仮面ライダー555』では、ヒーローであっても正義とは言い切れない姿を表現し、”正義”とは何かについて明らかにしませんでした。

そして、特に『仮面ライダー龍騎』では仮面ライダーたちの戦う理由に個人的な願いを叶えるためという要素を盛り込んでいたことで、「ヒーローはなぜ戦うのか?」に対する考えが変化していったんです。

それまでの「人々のために、みんなの平和のために戦う」ことから「個人個人の願いを叶えるため、欲望のため」へと変わったことに対し、特定の職業という観点から個人個人にある”正義”を考え直そうとしたのが「職業:仮面ライダー」でした。

この背景には、「刑事だって普通の労働者であり、私たちと同じ存在である」ことを表現して1997年に大ヒットしたドラマ『踊る大捜査線』の影響もありました。

また、当時は医師やレスキューなどの特定の職業について掘り下げた番組やドラマなどが多くつくられていたんです。

そのため、仮面ライダーという子ども向け番組にも特定の職業に求められるものや考え方を表現しないわけにはいかなかったということからも生まれた「職業:仮面ライダー」なんですよ。

『仮面ライダー剣(ブレイド)』の放送中に昭和仮面ライダーシリーズが持っていた作品の連続放映期間と放映回数の記録を、平成ライダーシリーズが更新しています。

放送当時、『仮面ライダー剣(ブレイド)』に対する評価は決して高くなく、製作者側・関わったスタッフからも厳しい評価や意見を言われてしまうほどでした。

2010年代に入ってから当時の評価を見直す動きがみられるようになったんですよ!

『仮面ライダー剣(ブレイド)』に出演していた俳優さんや登場したバイクは??

16位 仮面ライダーディケイド 平均視聴率8%

2009年1月25日から放送が開始された平成仮面ライダー10周年記念作品でもある第10作目。「10年に1度のお祭り」という考えのもと、『仮面ライダーアマゾン』の全24話に続いて短い全31話の話で制作され、2009年8月30日まで放送されました。

『仮面ライダーディケイド』は「仮面ライダーバトル ガンバライド」という仮面ライダーのカードゲームと平成仮面ライダーたちが一緒に戦う作品という企画で制作されました。

一緒に戦わせるためには平成仮面ライダーならではの問題が!!
平成仮面ライダーはそれぞれ違う世界観で、それぞれの仮面ライダーが活躍するというものでした。

そのため、世界観に統一性のない平成仮面ライダーをどうやって同じ世界に登場させるのかが問題になりました。そこで採用したのが『仮面ライダー電王』のときに案として挙がっていた「パラレルワールド」でした。

主人公である仮面ライダーがほかの平成仮面ライダーたちのパラレルワールドを旅する話にすれば他の平成仮面ライダーを出しても違和感がないですよね。

そんなわけで、『仮面ライダーディケイド』はすべての世界を救うために破壊する仮面ライダーとして誕生しました。

そうして生まれた仮面ライダーディケイドはすべての平成仮面ライダーになれるという特殊な存在でした。

そのこともあってか、仮面ライダーディケイドのフォームの中でも最強のコンプリートフォームは「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」で第1位にランクイン!

同じく『仮面ライダーディケイド』に登場する仮面ライダーディエンドの最強フォーム・コンプリートフォームも第3位にランクインしました。

「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」
+をクリック↓
第1位~第10位までチェック!
1位 仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム
【仮面ライダーディケイド】
2位 仮面ライダーBLACK RX
【仮面ライダーBLACK RX】
3位 仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム
【仮面ライダーディケイド】
4位 仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム
【仮面ライダービルド】
5位 仮面ライダー鎧武 極アームズ
【仮面ライダー鎧武】
6位 仮面ライダーOOO(オーズ) ガタキリバコンボ
【仮面ライダー鎧武】
7位 仮面ライダーエグゼイド ムテキゲーマー
【仮面ライダーエグゼイド】
8位 仮面ライダーダークキバ
【仮面ライダーキバ】
9位 仮面ライダークロノス
【仮面ライダーエグゼイド】
10位 仮面ライダースーパー1
【仮面ライダースーパー1】

また、すべての平成仮面ライダーたちの世界を救うためにはその世界そのものや登場する仮面ライダーたちを破壊しなくてはならないことから、「平成最強の主人公ランキング」でも第1位という快挙を達成していますよ~。

「平成最強の主人公ランキング」
+をクリック↓
第1位~第10位までチェック!
1位 仮面ライダーディケイド
2位 仮面ライダー電王
3位 仮面ライダー響鬼
4位 仮面ライダーカブト
5位 仮面ライダー鎧武(ガイム)
6位 仮面ライダークウガ
7位 仮面ライダーフォーゼ
8位 仮面ライダーエグゼイド
9位 仮面ライダーW(ダブル)
10位 仮面ライダーアギト
『仮面ライダーディケイド』に出演していた俳優さんや登場したバイクは??

16位 仮面ライダーW 平均視聴率8%

2009年9月6日から放送が開始され、『仮面ライダーディケイド』とともに平成仮面ライダー10周年作品として放送された第11作目で、2010年8月29日まで放送されました。

『仮面ライダーディケイド』がそれまでの平成仮面ライダーの歴史10年間を総まとめするものであったのに対し、『仮面ライダーW(ダブル)』は次の10年に向けて作られた作品でした。

そのため、『仮面ライダーW(ダブル)』は平成仮面ライダーシリーズ第2期の始まりに位置付けられています。

最大の特徴は2人で1人の仮面ライダーに変身するという設定で、これはシリーズ初の試みでした。

仮面ライダーへと変身する主人公の一人・左翔太郎(ひだり しょうたろう)を桐山漣(きりやま れん)さんが、もう一人の主人公・フィリップを菅田将暉(すだ まさき)さんが演じています。

パパ
ダブル主人公ってことで、オープニングで流れる名前も横並びなんだよ。
主人公が2人いるわけは〇〇にあった!?

主人公が2人いて、半分ずつ変身する仮面ライダーWはかなり衝撃的な存在です。そんな仮面ライダーWが生み出されるきっかけになったものは「探偵」でした。

探偵といえば、相棒がいて一緒に事件を解決するなーんて設定が多いものです。そこからビビッと閃いて「2人で1人の仮面ライダー」が誕生したとのこと。

そういったいきさつもあって、世界観や主人公の設定に「探偵」に関連するものが含まれるようになりました。

仮面ライダーWのデザインは昭和仮面ライダーを意識していて、要所要所に平成仮面ライダーシリーズではお目にかかれなくなったデザインが復活しています。

仮面ライダーWにて復活した昭和仮面ライダーにはあったデザイン
頭部と表情 トンボのような楕円形の複眼、虫によくある触角といった姿
装飾品 マフラーをつけている
※マフラーは仮面ライダーZXまでの昭和仮面ライダー共通のアイテム

また、仮面ライダーWの基本形態でもあるサイクロンジョーカースタイルの配色も昭和仮面ライダーを意識したものになっています。

右半身 仮面ライダー新1号を意識したメタリックグリーン
左半身 仮面ライダーBLACKを意識して黒をメインカラーとした配色

この2つの特徴が視聴者にも受け入れられた結果、2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」第8位「平成最強の主人公ランキング」第9位にランクイン!

そして、主人公を演じた桐山漣さんが「平成イケメンライダー俳優ランキング」で第10位、にランクインしました。

さらに、もう一人の主人公を演じた菅田将暉さんも「平成イケメンライダー俳優ランキング」で第6位「最も印象深い平成ライダーを演じた俳優ランキング」第6位にランクインしたんですよ~。

14位 仮面ライダー響鬼 平均視聴率8.2%

2005年1月30日から放送が開始され、これまでの作品をひっくり返すかのような設定が使われた第6作目で、2006年1月22日まで放送されました。

これまでの作品をひっくり返すかのような設定の中でも特徴的なのが、「日本らしい和をベースとした世界観」と「仮面ライダーではなく鬼と呼ばれる音撃戦士が登場する」ことです。

『仮面ライダー響鬼』に使われた驚きの設定を詳しく!

『仮面ライダー響鬼』の放送と同時期に流れるスーパー戦隊シリーズが『魔法戦隊マジレンジャー』に決まったことを受けて、西洋魔法はモチーフとして使えなくなってしまいます。

そして、もともと「仮面ライダーものじゃない作品を作ろう!」という動きがあったことに加え、プロデューサーを務めた髙寺成紀(たかてら しげのり)さんが感じていた違和感もあって、これまでとは違う作品にしようという動きが強く見られました。

髙寺成紀とは

日本のテレビドラマプロデューサー。代表作に『激走戦隊カーレンジャー』『仮面ライダークウガ』『仮面ライダー響鬼』『大魔神カノン』などがある。

そのため、『仮面ライダー響鬼』には、これまでにない驚きの設定がいくつもありました。

【これまでにない驚きの設定】

  • 日本らしい和風作品
  • 仮面ライダー同士が戦わない物語
  • これまでの仮面ライダーとは異なる音撃戦士の登場
  • 音楽をモチーフにしていることで生まれた仮面ライダーらしくない仮面ライダー
  • イケメン若手俳優を起用しない

【日本らしい和風作品】

差別化を図るために西洋魔法はモチーフとして使えなくなったため、真逆の和風作品にすることになった『仮面ライダー響鬼』は平成仮面ライダーシリーズでは初めてとなる縦書きのタイトルロゴやスタッフクレジット、筆文字のカットを挿入しています。

このほかミュージカル的な演出などもありましたが、途中から髙寺成紀さんがプロデューサーを降板したこともあって『仮面ライダー響鬼』ならではの設定がだんだんと見られなくなってしまいました。

【仮面ライダー同士が戦わない物語】

『仮面ライダー響鬼』の制作当時、プロデューサーの髙寺成紀さんは自分が手掛けた『仮面ライダークウガ』以外の平成仮面ライダーにて仮面ライダー同士が戦うことに違和感を覚えていました。

そのため、前作までに見られた仮面ライダー同士が戦う難しい設定や不安定な世界をできるだけ抑えた明るい作品になっています。

また、ほとんどの仮面ライダーが穏やかな性格で正義感に溢れた設定となっているため、戦いに対して悩む姿や仲間割れする様子などもほとんど見られません。

【これまでの仮面ライダーとは異なる音撃戦士の登場】

仮面ライダーとは違うシリーズを目指していたこともあって、仮面ライダーではなく「鬼」と呼ばれる音撃戦士という設定で仮面ライダー響鬼が登場。

これをプロデューサーの髙寺成紀さんは「『仮面ライダー響鬼』は平成の『仮面ライダーアマゾン』」と位置付けています。

【音楽をモチーフにしていることで生まれた仮面ライダーらしくない仮面ライダー】

音楽をモチーフに使っていることで、マスクには仮面ライダーの特徴だったトンボの目のような複眼も眼そのものもありません。

というのも、音で戦うため視覚に頼らず聴覚が重要というイメージからこのデザインなりました。

そして、騒音を生み出すバイクとの相性は悪いだろうという企画会議であがった話をもとに、仮面ライダーでありながら始めはバイクが登場しません。

ママ
えぇ!?じゃあ、それまで何で移動したの??
パパ

また、『仮面ライダー響鬼』に登場する仮面ライダーは修行をすることで自分自身の体を変化させ、鬼となる能力を得た者たちという設定でした。

そのため、これまでのような変身ベルトのようにへんしんのきっかけとなるキーアイテム・音叉(おんさ)はありますが、修行を積んでいなかったり能力を持っていなかったりする者がそのアイテムを使っても鬼にはなれませんでした。

この設定は撮影用のスーツにも影響を与え、自分自身の体を変化させていることからスーツという服をまとっているわけではないことを表現するために筋肉の形を再現し、筋肉ムッキムキな仮面ライダーが誕生します!

さらに、手首から先もグローブという衣類を身に着けていないんですよーということを表現するために爪や手のひらのしわも表現し、腕の部分は手首・肘・二の腕といった部分ごとに色を分けずグラデーションな色使いを使いました。

【イケメン若手俳優を起用しない】

プロデューサーの髙寺成紀さんはイケメン俳優を起用したヒーローブームに対しても違和感を持っていました。そのため、当時俳優としてすでに有名であった細川茂樹(ほそかわ しげき)さんが起用されました。

また、平成仮面ライダーシリーズは第1作目で若手俳優を起用したことから、若手俳優の登竜門と見なされていたのですが、起用されたのは当時33歳の細川茂樹(ほそかわ しげき)さんでした。

パパ
このことは昭和ライダーまでさかのぼっても最年長の主演俳優の起用になったんだ。そんなわけで、細川茂樹さんはこの話を3回も断ったんだけど、相談を受けたダウンタウンの浜田雅功(はまだ まさとし)さんの後押しもあってOKしたんだよ。

”鬼”と呼ばれる戦士に見た目も鬼のようなキャラクターデザインは「とにかくカッコいい!」と高評価を得て、仮面ライダー響鬼は「平成最強の主人公ランキング」第3位にランクインしました!

13位 仮面ライダーBLACK 平均視聴率9.2%

1987年10月4日から放送が開始された第8作目で、1988年10月9日まで放送されました。前作のスーパー1から6年ぶりのテレビシリーズ・一新されたスタッフでの作成ということもあり、ここから昭和仮面ライダーシリーズ第3期となります。

『仮面ライダーBLACK』の特徴の1つが「原点回帰」、つまり初心に戻ることでした。

そこで、仮面ライダーの特徴である「主人公は悪の組織から脱出してきた」「改造人間」「バイクに乗る」「バッタがモチーフ」「正義のヒーロー」という5要素をリメイクする形で盛り込まれているんです。

『仮面ライダーBLACK』の特徴を詳しく!

【特徴その1:新たな敵だけど、初心に帰ってる!?】

『仮面ライダーBLACK』には戦闘員のいない新たな敵組織・ゴルゴム、モチーフ動物の特徴をよりリアルに表現した怪人が登場します。

ゴルゴムとこれまでの敵であるショッカーからバダンまでの組織と関係があるようなシーンはないものの、作品の中で過去に「仮面ライダー」という名のヒーローが存在したことをそれとなく伝える発言が存在するんですよ。

また、怪人のネーミングが「○○怪人」とシンプルなものに統一されている点も初心に帰ったといえる点ですね。

【特徴その2:仮面ライダーBLACKの個性のつけ方は初心に帰ってる!】

過去のライダーは、『仮面ライダーX』の深海活動、『仮面ライダーストロンガー』の電気技などのように、仮面ライダー1号・仮面ライダー2号との違いを見せることを条件とした能力が付けられていました。

ですが、仮面ライダーBLACKについては、キングストーンや古代科学などの要素により怪奇アクションとしての原点を追求するものとなっているんですよ。

【特徴その3:改造人間登場!そして、仮面ライダー vs 仮面ライダーの先駆けに】

『仮面ライダーBLACK』は初心に帰るをもとに「ライダー0号」として企画されたこともあって、『仮面ライダー』のように、主人公が生態改造手術(せいたいかいぞうしゅじゅつ)を受け世紀王ブラックサンにさせられてしまいます

そして、敵組織には仮面ライダーと全く同格の改造人間・世紀王シャドームーンが登場するという点が特徴的でした。

そのため、何度も「自らが改造人間にされたことへの苦悩」や「自らと同じ境遇ながら、自我をなくした秋月信彦(あきつき のぶひこ)と戦う苦しみや悩み」などに迷い・戸惑うシーンが描かれていたんです。

ちなみにシャドームーンは名前に「仮面ライダー」の文字は含まないものの、歴代仮面ライダーを紹介する書籍やバンダイの玩具などでもBLACKとほぼ同等に扱われています。

この設定は、後のシリーズにおける「仮面ライダー vs 仮面ライダー」の構図の先駆けとなったんですよ。

【特徴その4:姿は初心に帰ったけど、新しい要素も導入!】

『仮面ライダーBLACK』は他にも過去のライダーと異なり、マフラーや手袋・ブーツのようなスーツを思わせるかたちを省いた生物的なデザインが採用されました。

一方で、『仮面ライダーBLACK』放送前の特番で「バッタの血液は黒」だと伝え、仮面ライダーの姿は黒という原点に戻って仮面ライダーBLACKの体色は黒になっているんです。

用語の補足説明
ゴルゴム 人類の誕生以前から人間の文明や文化を完全破壊し、優れた人間だけを怪人にして、怪人だけの世界を創ろうと暗躍を続けていた創世王が統治する暗黒結社。
組織には政財界の実力者や優秀な科学者も参加しており、世界を裏から操っている。
5万年に一度、キングストーンを持つ2人の世紀王を闘わせ、勝った方を次期創世王にするというぶっちゃけ迷惑な組織。
バダン 1982年~1984年まで、主に雑誌にて展開された『仮面ライダーZX』に登場する敵組織。
第二次世界大戦後、生き残っていたナチス残党が南米で立ち上げた秘密結社で、地下都市バダン・シティーを拠点に暗躍する。
世紀王シャドームーン 暗黒結社ゴルゴムのメンバーである秋月総一郎(あきづき そういちろう)教授の息子・秋月信彦(あきづき のぶひこ)が、ゴルゴムによってもう1人の世紀王として改造された姿。
キングストーンの1つ「月の石」を体内に持ち、「地獄王子」や「影の王子」とも称される。

初心に帰ることに加え、次の2つの要素によってオンエア当時から強く支持されたことで高い人気を得ることとなりました。

  • 兄弟同然の親友・秋月信彦(あきづき のぶひこ)が敵となってしまい、戦わなくてはならなくなった主人公・南光太郎(みなみ こうたろう)の悲しく辛い気持ちを描いた物語終わりのハードな展開
  • ヒーローが戦いに勝利したにも関わらず、主人公にとってはやるせなさを残したラストに示されるようなドラマ性

そのため、本作品に続けて南光太郎を主人公とする続編『仮面ライダーBLACK RX』が制作され、事実上2年続く珍しいシリーズとなったんですよ。

12位 仮面ライダーBLACK RX 平均視聴率9.3%

1988年10月23日から『仮面ライダーBLACK』の続編として放送が開始された第9作目で、1989年9月24日まで放送されました。

原作者である石ノ森章太郎さんが関与した最後のテレビシリーズで、放映中に元号が昭和から平成に移行しているものの、平成仮面ライダーシリーズには含まれません。

『仮面ライダーBLACK』から半年後の世界が舞台であることから、主人公である南光太郎の性格が前作のラストを感じさせないほど明るめに描写されていたり主人公の周囲を敵味方共に数多くのサブキャラクターが取り巻いていたんです。

ママ
なんだか和気あいあいでにぎやかな感じなのね~。半年って年月を感じさせるかのような設定だわ!

「家族でも楽しめる」という条件のもと、作品づくりが行われたことから、こうした人物設定となっていました。

ここでも新しい取り組みが採用され、後のシリーズにおけるさまざまな設定の先駆けとなったんですよ。

新しく採用された取り組みについてもっと詳しく!

【その1:必殺技】

『仮面ライダーBLACK』に初めて採用されたものは、剣や銃などの武器による攻撃をメインの必殺技です。

仮面ライダーアマゾンを除き、当時の仮面ライダーシリーズは原則としてキック技が必殺技でしたが、仮面ライダーBLACKが使う「リボルクラッシュ」はリボルケインを使った必殺技なんですよ。

【その2:ライダーだけど、四輪車を導入】

専用バイクだけではなく専用の四輪車が導入されたのもこの作品が初めてでした。ライダーなのに四輪車??と思ったので、ちょっと『rider(ライダー)』という言葉を改めて調べてみたところ…

『rider(ライダー)』とは

rider(ライダー):(馬・自転車・バイクなどの)乗り手、乗馬者、騎手など。元々は乗馬している人の意味。

とありました。もともとが乗馬している人という意味だから、きっと形が似ている自転車やバイクの乗り手も”ライダー”というんですね!

対して、車を運転する人をドライバーと言いますが、

『driver(ドライバー)』とは

driver(ドライバー): (自動車などの)運転者、操縦者、ドライバー、(馬車の)御者、牛追い、馬方、動力伝導部、駆動輪など。

『運転する』を意味する動詞『drive(ドライブ)』に、接尾辞「-er」が付いたのが、『driver(ドライバー)』です。

接尾辞「-er」とは

古英語「-ere」より生まれたもので、英単語の最後について「人」や「もの」をあらわす名詞にするはたらきがある。「-or」も同じはたらきをする。

ママ
何度言葉の違いを見ても、仮面ライダーに四輪車が導入された理由がわからないわ~。もう、ライダーじゃなくて、ドライバーだもの。
パパ
そういった固定された考え方を振り払いたかったんじゃないかな?きっと、ママみたいに思っていた人へ、「車!?思いもよらない方向から挑戦してきたな~」って思わせたかったのかもよ。

【その3:ライダーもバイクもいろんなスタイルが!】

それまでの仮面ライダーは変身形態が1つだったのに対し、仮面ライダーBLACKには「ロボライダー」「バイオライダー」という特殊形態があるんです。

また、それらの特殊形態にあわせてバイクも「ロボイザー」「マックジャバー」に姿を変えました。

ママ
「ロボライダー」で「ロボイザー」となるのはなんとなくわかるとして、どうして「バイオライダー」で「マックジャバー」なのかしら?
パパ
…ママ、世の中には聞いちゃいけないこともあるんだ…。
用語の補足説明
リボルクラッシュ リボルケインで敵を突き刺し、光エネルギーを体内に拡散させて爆死させるRXが最も多用した技にして最強の必殺技。エネルギーの奔流により、敵を貫いた先から火花が噴出する。
リボルケイン サンライザーによって太陽光の粒子を凝縮化することで生成される杖状のスティックで、体内のハイブリッドエネルギーによって光の粒子を凝縮して形成される。
ロボライダー 『仮面ライダーBLACK RX』の第15話から登場する悲しみの王子と炎の王子の異名を持つ特殊形態で、涙に秘められた再生能力で進化する。
ボディが耐熱・耐衝撃性に優れた金属質の装甲ロボフォームに変化し、素早さには欠けるが、RXを上回る1.2倍の防御力と力の強さを発揮する。
バイオライダー 『仮面ライダーBLACK RX』第17話から登場する怒りの王子の異名を持つ特殊形態で、身体が液体分子構造を持っていることから、弾丸やレーザー等あらゆる物理攻撃、念力などの超能力も一切受け付けない凄い状態。
パワーは劣るが、身軽で瞬発力を生かした素早い動きが可能となり、ロボライダーとは対照的な切れのある動きの戦法を得意とする。また、水中での活動時間が無制限という特性もある。

こうして誕生した仮面ライダーBLACK RXは仮面ライダーBLACKの進化版であり、能力が全て上がった最強フォームとなっています。

どれだけ能力が違うの?徹底解説!

仮面ライダーBLACK RXは「もはや最強!」との呼び声高い能力を持っています。

能力の比較
ライダーキック 仮面ライダーBLACKと比較して3倍にパワーアップ
追加能力 自然治癒能力 0.1秒未満という超高速で傷を治癒する
物理攻撃の
無力化
体をまるでスライムみたいなゲル状に変えることができる。
それによって、殴る・蹴るなど物理攻撃がきかない
毒無効化 毒が体内に入った時点で毒に打ち勝てる成分(抗体)を作るため、どんな毒でも効かない。
ミクロ化 敵の体内に入り込めるくらいまで自分の体を小さくできる
※ただし、ひとりではできない。超能力少女の協力が必要。
同化 ゲル状になっていれば、触れた人間と一時的に一体化することができ、それをもって救助する
必殺技 リボルケインなどの武器・道具を使った必殺技を発動。
敵の内部にエネルギーを流し込み体内から爆裂させるリボルクラッシュは、まともに攻撃を受けた怪人が全て死亡しているというまさに最強技!

一人で数多くの能力を持っている大変珍しい仮面ライダーなので、もう仮面ライダーBLACK RXさえいればいいんじゃ…なんて声も聞こえるほど。

さらに絶体絶命の危機にあうと、なぜか「その時、不思議な事が起こった」というナレーションが発生。

どういった流れでそうなった!?とツッコみたくなるくらい理由も原因も全く分からないまま、危機から逃げられるというとんでもない特別な力(?)も持っているんですよ。

そんなわけで、昭和仮面ライダーの中でも”最強”との呼び声が高い存在となりました。ちなみに「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」でも第2位なので、強いことには変わりない存在ですね!

11位 仮面ライダー555(ファイズ) 平均視聴率9.3%

今でいうガラケーと呼ばれる携帯電話を誰でも持つようになり、インターネットとのつながりも強くなっていった2003年1月26日から放送が開始された第4作目。

再び仮面ライダーという名称を使わなくなった『仮面ライダー555(ファイズ)』は、2004年1月18日まで放送されました。

大きな特徴は、これまで視点を向けることのなかった怪人にも目を向けて、怪人側の事情や変身してしまう苦悩を表現したところにあります。

また、昭和仮面ライダーシリーズに登場する4番目の主人公・仮面ライダーXを意識して、機械的なアイテムやモチーフを使った仮面ライダーになっているのも特徴です。

『仮面ライダー555』に受け継がれたもの

『仮面ライダー555(ファイズ)』は初めて手持ち武器を使い始めた仮面ライダーXを意識していることから、これまでのような生物をモチーフとしていません。

デザインの面でも子どもが描きやすい円などの幾何学模様をモチーフとし、幾何学模様に似ているギリシア文字も取り入れています。

パパ
最初は前作の『仮面ライダー龍騎』の影響もあってシャチとサメのダブルライダーという案もあったんだ。結局、この案は採用しなかったけど、諦めきれなかったのかな?仮面ライダーファイズの裏モチーフとしてサメが使われているんだよ~。

『仮面ライダー555(ファイズ)』というタイトルも、もともと『仮面ライダーX』の番組タイトル案の中にあった「仮面ライダーGO5号(ゴーゴーゴー)」から生み出されたものなんですよ。

また、これまでのシリーズと同じく2~11歳の幼年層を意識した作品の制作、「仮面ライダーに変身するには資格が必要」という要素を受け継いだ作品でもあります。

『仮面ライダー555』で表現したかったこと

『仮面ライダー555(ファイズ)』は2~11歳の幼年層を意識した作品制作をしていますが、大きく4つのテーマを盛り込んだことからかなり複雑で難しい物語となっています。

【盛り込まれた4つのテーマ】

  • 「仮面ライダー=正義、怪人=悪」とはっきり言えないこと
  • 人間と怪人の共存
  • 子どもたちにもわかりやすく「死」を伝えること
  • 複雑な人間関係

【①「仮面ライダー=正義、怪人=悪」とはっきり言えない】

前作の『仮面ライダー龍騎』と同じように仮面ライダーの中にも善い行いをしていない人物が含まれているだけでなく、怪人であるオルフェノクにも正しい心を持っている者が存在しました。

オルフェノクとは

人間が交通事故など何かしらの方法で死を迎えた後、オルフェノク因子を持った者のみが覚醒して知的生命体へとなった人類の進化形態。

通常の見た目は人間と変わらないが、個人個人がもっている戦う姿を表現した人間の姿をしていない姿に変身することが出来る。

死を迎えた後ということから『死体』『死』『滅亡』をイメージして体の色はどれも灰色を基本色としている。

そのため、単純に「仮面ライダー=正義、怪人=悪」とは言えない作品となっているんです。

【②人間と怪人の共存】

一方、オルフェノクは変身さえしなければ見た目は人間と変わらないということもあって、人間を痛めつけたり命を脅かすようなことさえしなければ共存は可能ですよね。

そこで、物語の中盤からは人間に危害を加えない場合や改心する可能性のある場合ならば、とどめを刺さないという方向で物語は進みました。

【③子どもたちにもわかりやすく「死」を伝えること】

また、子どもたちに「死」を伝えることもテーマとしていることから、体が灰となってしまうことや新しいベルトの実験を行っている最中に人間が消滅するといったホラー要素が強く感じられる作品に仕上がっています。

【④複雑な人間関係】

私たちが普段生活している中でも、ちょっとしたすれ違いや誤解で友達との関係がギクシャクしたり、うまくいかなかったりしますよね。

『仮面ライダー555(ファイズ)』でも登場人物たちが誰が変身しているのかわからないために生まれてしまった誤解、他の誰かによる作戦によって生まれてしまった行き違い、もともとそれぞれが持っている感情のすれ違いなどを表現しています。

そして、それらから衝突や殺し合いに発展してしまう場面もあり、「誰を信じ、誰を信じないか」という大人でも難しいテーマも表現しようとしました。

『仮面ライダー555(ファイズ)』では本格的に外付けで自由に持ち運びできる変身ベルトが導入され、これ以降のシリーズでも受け継がれていきました。

2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」では第6位の『仮面ライダー555(ファイズ)』ですが、イケメン俳優にも注目の作品です。

仮面ライダーファイズになる主人公・乾巧(いぬい たくみ)には半田健人(はんだ けんと)さんを起用し、「最も印象深い平成ライダーを演じた俳優ランキング」で第10位にランクイン。

そして、なんと今では超有名俳優の綾野剛(あやの ごう)さんも怪人役で出演しているんですよ!

ママ
綾野剛さんは『仮面ライダー555(ファイズ)』がきっかけで俳優デビューしたのよ!仮面ライダーに出演した俳優さんで今や大活躍なんて人も多いみたいね。

 

10位 仮面ライダー龍騎 平均視聴率9.4%

2002年2月3日から放送が開始された平成第3作目で、平成仮面ライダーシリーズとしては初めて物語の中でも”仮面ライダー”という言葉を使った作品です。2003年1月19日まで放送されました。

当時、平成仮面ライダーは『仮面ライダークウガ』『仮面ライダーアギト』で終わる予定で、騎士をモチーフにしたヒーロー番組を作成しようという動きがありました。『仮面ライダー龍騎』はその流れを含んでいます。

一方で、平成仮面ライダーを続けない予定であったこともあり、前作とは全く違うものにしようとの動きがありました。

その結果、『仮面ライダー龍騎』は13人の仮面ライダーが登場し、それぞれの願いを叶えるために戦うというこれまでにない設定を取り入ることになったんです。

そこに登場した仮面ライダーの中には犯罪行為をする”悪い仮面ライダー”もいたため、当時は大きな批判もあったんですよ。

ママ
それはそうよ。だって、「正義の味方」っていったら子どもにも真似してほしい善いことをする存在でしょ?そんな存在が犯罪なんかしていたら、見ている子どもには悪影響じゃない!どうしてそうしたのかしら?
パパ
確かにそうなんだけど、この正義が正しい!って言いきれない部分もあるんじゃないかな。それで、今までとは違う悪の仮面ライダーも登場させたんだよ。
『仮面ライダー龍騎』が出来上がった背景

仮面ライダー龍騎が放送開始した一年前の2001年、世界でも衝撃的な事件がアメリカで起きました。そう、9月11日に発生した同時多発テロ事件です!

アメリカ同時多発テロ事件とは

2001年9月11日にアメリカ合衆国で同時に飛行機のハイジャックが行われ、そのうちの1機がワールドトレードセンターに衝突した事件など、イスラム過激派テロ組織アルカイダによる4つのテロ攻撃の総称のこと。

この影響もあって、テレビ側は「『仮面ライダークウガ』や『仮面ライダーアギト』のように難しいものではなく、正義が何か、悪が何かわかりやすい作品にしてほしい」と企画側に求めました。

正義が何か、悪が何かわかりやすくと言っても難しいところではありますよね。例えば人間と魔王の戦いを書いた物語で考えてみましょう。

人間は魔族という怖い存在に自分たちの安全な生活を壊されてきたから、魔族たちのトップに立つ魔王と戦っています。この情報だけだったら、人間が魔王を倒そうとするのは当たり前で人間のやっていることは”正義”になりますよね。

でも、そこに魔王側の言い分があったらどうでしょうか。見た目が違うことで人間にいじわるされてきたから仲間の魔族と一緒にやり返した…なーんて裏話があったら、人間が必ずしも”正義”とは言い切れません。

テレビ側からの要望を聞いたプロデューサーの白倉伸一郎(しらくら しんいちろう)さんもきっとそのことに気がついていたのかもしれません。

2018年に公開された『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』のインタビューで次のように言っています。

仮面ライダーは原作者の石ノ森章太郎さんの方針で平成仮面ライダーだろうと、昭和仮面ライダーだろうと良いことをしている人や良い行い(善)を勧めて悪者や悪いこと(悪)をやっつける”勧善懲悪”ではありません。

そもそも、初代仮面ライダーについての会議が始まったころ、『正義』という言葉を使わないようにしたらしいんです。正義という言葉は危険で、人間の自由と平和のために戦うのが仮面ライダーなんです。

白倉伸一郎さんは前作の『仮面ライダーアギト』でも3人の主役となる仮面ライダーを登場させ、「仮面ライダー1人1人、それぞれの立場からの正義がある」ことを表現しようとしました。

ですが、『仮面ライダーアギト』では仮面ライダー=正義という視聴者の意識を壊すことはできなかったんです。

そういった理由もあって、『仮面ライダー龍騎』ではさらに仮面ライダーを登場させ、デザインや設定もこれまでと大きく違うものを取り込んで仮面ライダー=正義という視聴者の意識を壊そうとしたんですよ。

また、当時は集英社が発行している『週刊少年ジャンプ』にて連載していた『遊☆戯☆王』の影響もあり、カードゲームの要素を取り入れたバトル方法を導入。

しかもカードは安いだけでなく、コレクション性もあるものだったので、グッズの売り上げはこれまでにない記録を残すことに成功します!このことがのちの仮面ライダーシリーズにおいて複数のアイテムを登場させることに繋がっていきました。

このように、『仮面ライダー龍騎』は今までの仮面ライダーシリーズから考えたらありえない設定がいくつもあったため、あえて『龍騎』と漢字で表現することで外伝という意味を込めたタイトルに決定。

これらの意外性は印象強く残り、2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」では第4位にランクインしたんですよ~。

『仮面ライダー龍騎』に出演していた俳優さんや登場したバイクは??
↓気になる+をクリック↓
仮面ライダー歴代俳優キャスト
俳優 仮面ライダー龍騎・リュウガの俳優は須賀貴匡!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーナイトの俳優は松田悟志!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーシザースの俳優は木村剛!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーゾルダの俳優は小田井涼平!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーライアの俳優は高野八誠!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 浅倉威の食事がかなりコワイ!?史上最凶ライダー王蛇に変身!!
俳優 仮面ライダータイガの俳優は高槻純!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーインペラーの俳優は日向崇!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーベルデの俳優は黒田アーサー!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーオーディンの俳優は小山剛志!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダー龍騎オルタナティブゼロの俳優は神保悟志!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーファムの俳優は加藤夏希!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 仮面ライダーガイの俳優は一條俊!昭和平成の歴代キャスト経歴プロフィール
俳優 秋山蓮が変身する仮面ライダーナイトは最後まで最強だった!!
俳優 秋山蓮が変身する仮面ライダーナイトは最後まで最強だった!!

ランキング9位~4位

ここからは上位6組!あなたが好きな作品はまだ残っていますか?私のドライブは大部序盤で消え去りましたが…。

それでは発表していきます!

9位 仮面ライダークウガ 平均視聴率9.7%

『仮面ライダーBLACK RX』終了から10年4ヶ月ぶりの2000年1月30日から放送が開始された平成第1作目で、テレビシリーズを除けば『仮面ライダーJ』から6年ぶりとなる作品。2001年1月21日まで放送されました。

もともと、父と子の2世代で見てもらおうという考えのもと、大人の視点を意識してつくられていました。

しかし、主人公の五代雄介(ごだい ゆうすけ)をイケメン俳優・オダギリジョーさんが演じたことで、イケメン俳優目当ての母親層の視聴者も次第に増える結果に。

この作品をきっかけに特撮ヒーロー番組=イケメン俳優の登竜門という意味合いが強くなったのでした。

ママ
オダギリジョーさんは「平成イケメンライダー俳優ランキング」で第5位にランクイン、「最も印象深い平成ライダーを演じた俳優ランキング」ではなんと第1位を獲得しているのよ!それだけ当時は印象強かったのね!!
「最も印象深い平成ライダーを演じた俳優ランキング」
+をクリック↓
第1位~第10位までチェック!
1位 オダギリジョー
【仮面ライダークウガ】
2位 佐藤健
【仮面ライダー電王】
3位 福士蒼汰
【仮面ライダーフォーゼ】
4位 水嶋ヒロ
【仮面ライダーカブト】
5位 竹内涼真
【仮面ライダードライブ】
6位 菅田将暉
【仮面ライダーW(ダブル)】
7位 要潤
【仮面ライダーアギト】
8位 細川茂樹
【仮面ライダー響鬼】
9位 賀集俊樹
【仮面ライダーアギト】
10位 半田健人
【仮面ライダー555(ファイズ)】

昭和仮面ライダーシリーズと比較して世界観がまったく新しいものに生まれ変わっている一方で、昭和仮面ライダーへの尊敬や敬意を忘れていない作品になっています。

”平成”ライダーとして昭和ライダーとの大きな違いは?
なくなったもの 仮面ライダーや敵対する怪人が改造人間
世界征服を計画し、秘密に団結して活動する悪い結社(秘密結社)の存在
戦闘員
作品の中で「仮面ライダー」という名前を使わない
追加されたもの より現実的なものに近づけ、矛盾のない設定の重視
※クウガの場合、「敵であるグロンギ族は独自の言語と文化を持っている」、「仮面ライダークウガと警察が協力する」、「これまでとは違い、技名を叫ばない」などの設定がこれに当たる
ヒーロードラマだけでなく、一般的なドラマとしての要素も重視
※「周囲の人間の変化の様子」や「物語の舞台となる社会においてヒーローと悪の存在の認知はどのように知られていくのか」などが描かれているのがこれに当たる
2話で1エピソードというスタイル
本物のオートバイ競技のアクションを取り入れたバイクアクションシーン

なくなったものの中で特に、仮面ライダーも登場する怪人も改造人間だという設定は、医療技術の発展が影響しています。当時は、臓器移植手術が増え、人間を改造するのと似ている手術といったものが多く行われるようになっていました。

そのため、改造人間と使うことで臓器移植に対するマイナスイメージや非難などといったものにつながることを考えて、使用したくなかったんです。

そして、制作会社の東映も改造人間という設定によって、影を持つことになるような主人公は生み出したくないという思いもあって、廃止されました。これは、その後の平成ライダーシリーズにも引き継がれていくようになったんです。

一方、追加されたものの中で特に大きな違いはより現実的なものに近づけ、矛盾がないようにストーリーが作られていることです。

昭和仮面ライダーを見てみると、怪人がサイン会をしていて喜んでいく子どもたちの姿があったり、自分の能力で死んでしまう怪人がいたりと、「なんでそうなった!?」と思うことや「いやいや、それでいいのか??」とツッコみたくなるエピソードが満載でした。

対して、仮面ライダークウガでは始めは怪人の存在を知らない人々が「未確認生命体」と呼びつつも知っていく様子や、当時実際に起きていた事件について考えさせるようなエピソードが盛り込まれています。

また、仮面ライダークウガとともに戦う警察についても、普通の人間でありながら勇気と責任感でまったく予測不可能な超常現象に立ち向かう存在として現実に近い形で描かれていました。

ちなみにリアリティさを追求するため、脚本を書いた荒川稔久(あらかわ なるひさ)さんは埼玉県警察に問い合わせたそうです。

【質問】

もしも仮面ライダークウガのような怪人が現実に出現したら、どの部署が対応するんですか?

【答え】

殺人課は人間の起こした犯罪事件を取り締まるものなので違いますね。出動するのはおそらく警備部の野生動物を管轄するところでしょう。

この答えをもとに、雄介のよきサポートとしても活躍する一条薫(いちじょう かおる)は長野県警警備部所属という設定になったんですよ!

このほかにも全部が全部ではないにしろ、セリフや扉の方向などの細かいところまで現実の警察を意識して作られました。

さらに、オートバイスタントとしてトライアル元全日本チャンピオン・成田匠(なりた たくみ)さんが参加したことで、『仮面ライダーストロンガー』以来25年ぶりにようやくトライアルのアクションを取り入れることに成功します。

成田匠さんが初登場する第4話ではあらゆる段差や障害物を越えてあちこち駆け回るオートバイクの姿が描かれ、従来のアクションとは違うことが強調されているんです。

その後もウィリーによる「前輪パンチ」やジャックナイフによる「後輪キック」など、トライアル技の応用によるダイナミックなアクションが展開され、魅力の1つとなりました。

用語の補足説明
グロンギ族 人間とほぼ同じ身体・血液構造を持っており、人類に極めて近い超古代の好戦的な先住民族。
ひどくむごい行為を行え、高い戦う意思をもっており、超古代にクウガによって封印されていた。
九郎ヶ岳遺跡発掘に伴い、200体余りが現代に復活、警察や世間からは「未確認生命体」と呼ばれている。
トライアル 高低差のある場所や急な坂道などをあれこれ入れ込んで設定されたコースを、いかにオートバイに乗ったままで走り抜けることができるかについてを競うオートバイ競技
ウィリー オートバイや自転車などの乗り物で前輪(フロントタイヤ)を地面から浮かせた状態で走行する技術のこと。
ジャックナイフ バイクの前輪(フロントタイヤ)に全荷重をかけロックさせ、後輪(バイクのリア)を持ち上げるテクニックのこと。
アクション・ライディングの一つであり、エンドー(またはバーエンドー)ともいう。

そんな仮面ライダークウガは2002年に仮面ライダーシリーズ初の快挙である第33回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を受賞。

また、「平成最強の主人公ランキング」では第6位にランクインし、2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」では第2位になりました。

8位 仮面ライダースーパー1 平均視聴率9.9%

1980年10月17日から放送が開始された第7作目で、1981年9月26日まで放送されました。

主人公の沖一也(おき かずや)は当初一人で変身できなかったため、幼少期から老師のもとで鍛えていた赤心寺に身を隠し、赤心少林拳の奥義を身につけるという設定があったんですよ。

そんなわけでカンフーアクションが入ったり、特殊能力を持つ手袋が登場したりとこれまでの仮面ライダーにはなかった新要素が加わっています。

赤心少林拳を取り入れただけに面白い企画もあった!

放送が始まったばかりのころはほかの仮面ライダーシリーズ同様、番組終了後に通常の次回予告が流されていました。

ところが、第13話から第19話の予告フィルムだけは沖一也を演じた高杉俊价(たかすぎ しゅんすけ)さんが視聴者に拳法の呼吸法を教えるコーナーに変更

次回の話のタイトルコールと一部の映像のみが流れるという面白い作りになっていたんですよ。

また、スポンサーであるポピー(現バンダイ)側からの提案により、スーパー1は珍しく専用マシーンがスピード重視であるVジェット・アクション用バイクであるブルーバージョンの2台登場するライダーとなりました。

パパ
専用マシーンが2台あったからね~。しかも、Vジェットは通常が”Vマシーン”って状態で、実質ベース車は3台あったんだよ。こうしたことから、バイクアクションも前作以上に重視された作品になっているんだ。

ちなみに、「平成・昭和最強仮面ライダーフォームランキング」では第10位にランクイン!というもの、仮面ライダースーパー1は科学の使者という設定であるため、あらゆる科学の力を終結した技を使い、魔法攻撃はすべて無効化されるからなんです。

仮面ライダーウィザードと勝負したら、確実に仮面ライダーウィザードが負けるという…。昭和だけでならば仮面ライダーBLACK RXに続いて第2位になる強さなんですよ。

7位 仮面ライダーアギト 平均視聴率11.7%

原作者の石ノ森章太郎さんが亡くなって三回忌にあたる2001年1月28日から放送が開始された平成第2作目。2002年1月27日まで放送され、本作品の放送期間中より、番組の最後に「このドラマはフィクションです」とテロップ表記されるようになりました。

平成仮面ライダーシリーズの基礎を固めただけでなく、仮面ライダーシリーズ生誕30周年記念作品でもあったため、同じ2作品目に当たる昭和仮面ライダーシリーズの『仮面ライダーV3』を尊敬するような表現が見られました。

仮面ライダーアギトでは物語のはじめから3人の仮面ライダーが登場しますが、複数が同時に主役級で扱われたのは仮面ライダーアギトが初めてでした。この試みは以降のシリーズにも影響を与えることとなります。

”アギト”というタイトルになった理由

仮面ライダーアギトは、日本語の古語であごを表す『顎門(あぎと)』に由来したタイトルとなっています。

また、英字表記である『AGITO』はラテン語において『覚醒、挑戦』を意味するので、その要素も含まれています。

ママ
あれ、でも、アギトって『ΑGITΩ』となっていることもあるわよね?
パパ
おぉ~、ママもだんだん詳しくなってきたね!そうそう、これは聖書のフレーズからヒントを得て『ΑGITΩ』になっているんだ。

聖書に「Alpha(アルファ)に始まり、Omega(オメガ)に終わる」という一文があります。この一文を思い起こさせるように英語で表示するときは『ΑGITΩ』となっているんです。

この文字列だと、まさしくAlpha(アルファ)に始まり、Ω(オメガ)に終わるとなり、聖書の一文と同じになります。そして、ここには「最初で最後の作品」との意味合いが込められていました。

『仮面ライダーアギト』では物語の中にたくさんの謎がありました。そのためか、最初のうちは内容が難しいなと感じることも。

でも、この謎がストーリー上の大事な伏線となっており、物語を見ていくと「そうか!そうなっていたのか」と気づくと同時にまた違う謎が見つかるという構成になっていました。

この形式は『仮面ライダーアギト』が先駆けとなり、以降のシリーズでも継承されていくことになったのです。また、アクション面においても前作よりももっと重要視されるようになり、エンターテイメント性の強い作品になりました。

そして、この作品でもイケメン俳優がメインとなる3人の仮面ライダーに変身しますよ~。

キャスト ※敬称略
賀集利樹
(かしゅう としき)
主人公で既に仮面ライダーの男・津上翔一(つがみ しょういち)
要潤
(かなめ じゅん)
警部補であり仮面ライダーになろうとする男・氷川誠(ひかわ まこと)
友井雄亮
(ともい ゆうすけ)
城北大学の学生で仮面ライダーになってしまった男・葦原涼(あしはら りょう)

その影響もあってか、2019年2月に行われた「好きな平成仮面ライダーランキング」では第3位!そして、「最も印象深い平成ライダーランキング」に要潤さんが第7位、賀集俊樹さんは第9位にランクインしました。

ママ
要潤さんは「平成イケメン仮面ライダー俳優ランキング」の第7位にもランクインしているのよ~!
パパ
そしてそして、仮面ライダーアギトは「平成最強の主人公ランキング」第10位にランクインしているんだぞ~。

6位 仮面ライダー(スカイライダー) 平均視聴率13.2%

1979年10月5日から放送が開始された第6作目で、1980年10月10日まで放送されました。

仮面ライダーシリーズは一度、『仮面ライダーストロンガー』にてシリーズを打ち切ったのですが、シリーズ終了後も幼年誌の特集や再放送の影響で新たな仮面ライダーを求める声がなくなることはありませんでした。

ママ
たとえ視聴率が下がってしまったとしてもやっぱり見たいファンはいたのね!

そこで、新しい時代の仮面ライダーとして制作されたのが、『仮面ライダー(スカイライダー)』です!そのため、昭和仮面ライダーシリーズの第2期と位置付けられています。

前半は原点回帰を意識したストーリーとなっていますが、後半から路線を変更して先輩ライダーがたくさん出演する作品となっているのが特徴です。

『仮面ライダー(スカイライダー)』に出演していた俳優さんや登場したバイクは??

5位 仮面ライダーストロンガー 平均視聴率14.7%

1975年4月5日から放送が開始された第5作目で、TBS系列となって初の作品です。第1期昭和仮面ライダーシリーズ最終作でもあり、1975年12月27日まで放送されました。

最もわかりやすい作品とすることが目指され、西部劇のような放浪劇となっていて、レギュラー登場人物がシリーズで最も少ないという特徴をもつ作品です。

『仮面ライダーストロンガー』に起きた悲劇!

当初、全52話(4クール)での終了予定でしたが視聴率は下がっていく一方…。しかも、それまで関西の視聴率が関東を下回ることはなかったのに、下回ってしまうということまで起きました。

その原因は、放送時間が30分早まって日没の遅い関西で子供たちの帰宅時間と合致しなくなったからでしたが、こうした不運が重なって『仮面ライダーストロンガー』は第39話で終了することに。

さらに悲しいことに、これで仮面ライダーシリーズは打ち切り!となってしまったんです…。

仮面ライダーのほかに、シリーズ初の正義側の女性戦士である電波人間タックルも登場しました。

これは岡田京子(おかだ きょうこ)さん演じる岬ユリ子(みさき ゆりこ)が変身するテントウムシ(ナナホシテントウ)をモチーフとした改造電波人間でした。

パパ
電波人間タックルは仮面ライダーとして正規にカウントされていないものの、女性仮面ライダーの先駆け的存在とも評されているんだよ~。

4位 仮面ライダーアマゾン 平均視聴率15.7%

1974年10月19日から放送が開始した、昭和仮面ライダーシリーズの中でも異色作な仮面ライダーシリーズ第4作目。1975年(昭和50年)3月29日まで放送されました。

『仮面ライダーアマゾン』の主人公はジャングルで育った野生児で、攻撃方法も「噛みつき」「ひっかき」など野性味あふれるものなんです。

これまでの主役ライダーのメインの必殺技が「ライダーキック」であったのに対し、もっとも多く使われた必殺技は「大切断」というひれカッターやフットカッターを使って相手を切り裂く技でした。

このように、メインの必殺技が歴代ライダーの中で初めてキック技ではないのも特色となっています。

そして、2016年にはこの『仮面ライダーアマゾン』を原典としつつも設定やストーリーをほとんど新しくした『仮面ライダーアマゾンズ』が製作されたんですよ。

『仮面ライダーアマゾン』に出演していた俳優さんや登場したバイクは??

やっぱり昭和は強かった!ランキングベスト3!!

ここからはもう予想出来ている方も多いでしょう。

それではベスト3の発表です!

3位 仮面ライダーX 平均視聴率16.9%

1974年2月16日に放送が開始した仮面ライダーシリーズ第3作目でありながら、1974年10月12日までの約8ヶ月という短い期間での放送でした。

『マジンガーZ』などのロボットアニメの人気により、変身もののブームが過ぎたこともあってか、従来よりも視聴者の年齢層を上げるように制作されました。

パパ
ここから仮面ライダーはブームの移り変わりの中で、試行錯誤の時代に入ったのさ。

『仮面ライダーX』の大きな特徴は正式な手持ち武器(ライドル)を装備したライダーであったことです。それまでXの歴代ライダーは敵から奪った武器を使用することはありましたが、手持ちの武器はなかったんですね~。

また、ベルト以外にもアイテムを用いて変身したり、武器をベルトに内装したりする点などの様々な新要素があったので、これまでの仮面ライダーのイメージを一新させる作品にもなったんですよ。

『仮面ライダーX』に出演していた俳優さんは??
↓気になる+をクリック↓

2位 仮面ライダーV3 平均視聴率20.2%

1973年2月17日に前作『仮面ライダー』の直接的な続編として放送が開始された第2作目。1974年2月9日まで放送され、本作には仮面ライダー1号・仮面ライダー2号ともに登場しました。

仮面ライダー1号・仮面ライダー2号の後を継ぐライダー3号としてV3が登場し、ショッカーやゲルショッカーに続く第3の組織・デストロンの戦いを描いた作品となっています。

テレビシリーズのほか、「東映まんがまつり」の中で劇場版が公開された作品で、前作の勢いを受け継ぎ、頂点を迎えていた変身ヒーローブームをひっぱっていくという大きな役目を果たした作品でした。

主人公の強いキャラクター性もあって歴代シリーズ中でも知名度が高く、制作局である関西圏の毎日放送ではシリーズ最高視聴率である38%を記録した作品でもあるんですよ。

『仮面ライダーV3』に出演していた俳優さんや登場したバイクは??

1位 仮面ライダー1号 平均視聴率21.2%

1971年4月3日に放送が開始された記念すべき仮面ライダーシリーズ第1作目。1973年2月10日まで放送し、これ以降シリーズは40年以上も続くことになります。

主人公もその敵である怪人も、ともに悪の組織「ショッカー」によって生み出された存在であるため、「ショッカーという同じ種族同士の戦い」「生みの親であるショッカーを倒す」といった内容が盛り込まれていました。

また、たとえがまさに伝説が勝利しても仮面ライダー自身、ショッカーによって生み出された存在であることから、最後には自分を消さなくてはならないという自分で自分を否定する存在でもあったんですね。

なんと初代の仮面ライダーは最高視聴率が30.1%!この視聴率は歴代の仮面ライダーの中でもトップで、昭和・平成の仮面ライダーシリーズで唯一30%を超えたんですよ。

納得の結果ではないでしょうか。仮面ライダー好きな人で1号を知らない方はいないでしょうからね。藤岡弘の変身ポーズは年代問わず一度は試した方も多いハズです。

平成ライダーの映画やヒーローショーにも昭和ライダー達は数多く登場しますしリスペクトされる存在ですよね。

ただ私はリアルタイムで見たわけではないので、当時の方々は私にはわからない感動や興奮があったのでしょう!

そして、平成ライダーとしてこの仮面ライダーの視聴率を抜き去る程の人気作が出ることを心待ちにしています!

昭和・平成をわけたベスト5を改めて見てみよう!

昭和・平成それぞれでの視聴率を分けてみましたので、ベスト5を見ていきましょう!

昭和仮面ライダー

  1. 仮面ライダー1号
  2. 仮面ライダーV3
  3. 仮面ライダーX
  4. 仮面ライダーアマゾン
  5. 仮面ライダーストロンガー

昭和の仮面ライダーでは年々視聴率が下がって行ったようです。その原因として、ゲストライダーの登場とライダーフォーマットの飽きが考えられています。

ですが、仮面ライダーBLACKではゲストライダーが登場していないにもかかわらず、かなりの人気を誇ってRXが制作されました。

これだけの視聴率、人気を持っていた仮面ライダーは、まさに昭和のヒーロー代表と言えるでしょう!

平成仮面ライダー

  1. 仮面ライダーアギト
  2. 仮面ライダークウガ
  3. 仮面ライダー龍騎
  4. 仮面ライダー555
  5. 仮面ライダー響鬼

平成仮面ライダーで見事視聴率1位に輝いたのは、

 

「仮面ライダーアギト」

 

です!

この仮面ライダーアギトが人気である理由として考えられることは、

  • 背景にあるあかつき号事件
  • 異なった境遇である3人の仮面ライダー
  • 単純にカッコイイ!

これらがまず考えられます。

これ以上は深く語りませんので、まだ仮面ライダーアギトを見ていない方は是非こちらから一度見る事をオススメします⇒Hulu

懐かしい!歴代仮面ライダーの再放送をフル動画で視聴しよう!

昭和・平成の仮面ライダーを、

  • 今回のランキングをみて見たくなった
  • まだ見ていない仮面ライダーがある
  • 久しぶりにもう一度見たい

と思った方もいると思うので安心安全な、VODサービスで視聴しましょう!

それぞれの取扱っている作品をチェックしていきましょう。

auビデオパス

  • 仮面ライダー
  • 仮面ライダーストロンガー
  • 仮面ライダースーパー1
  • 仮面ライダーX
  • 仮面ライダードライブ
  • 仮面ライダーカブト
  • 仮面ライダー555
  • 仮面ライダー電王
  • 仮面ライダー龍騎
  • 仮面ライダー響鬼
  • 仮面ライダーキバ
  • 仮面ライダー剣
  • 仮面ライダークウガ
  • 仮面ライダーW
  • 仮面ライダーオーズ/OOO
  • 仮面ライダーアギト
  • 仮面ライダーフォーゼ
  • 仮面ライダーディケイド
  • 仮面ライダーウィザード
  • 超英雄祭

これらの作品と劇場版も数多く取扱っています。

※2019年7月現在の取扱い作品です。もし久しぶりに見たい、最新情報をチェックしたい場合はこちらからお試しください↓↓
登録してから30日間は無料!auビデオパス

まとめ

あなたが好きな仮面ライダーは何位にランクインしていたでしょうか?視聴率だけでは語れない魅力があるのが仮面ライダー。実際に見てみると面白いライダーはたくさんいます。今回のランキングを調べていろんな時代を感じることができましたし、やっぱり仮面ライダーは大人から子供まで人気ですね。

視聴率は昔と比べて変わっていますが、録画とか今の時代はあるので、きっと視聴率には出てこないたくさんの人がみています。そうじゃないと、こんなに仮面ライダーが続かないですもんね。

これからもたくさんの仮面ライダーをみていきたいですし、皆さんに仮面ライダーの楽しさを知ってもらえるように情報発信していきたいと思います。

それでは今回はこの辺にしてまた次回お会いしましょう!

to be continued…。

スポンサーリンク


子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ

スポンサーリンク