超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!

 



仮面ライダーWにはドーパントいう敵がいます。ドーパントはガイアメモリというUSBメモリのようなものを身体に挿入し変身することで正体を現します。メモリを使う人によって能力は様々あります。

その中で皆さんは「スイーツドーパント」という敵を知っていますか?スイーツという言葉の通り甘いものに目がないドーパントなんですよ。面白いですよね。

さて、今回はそんな仮面ライダーWのスイーツドーパントについて見ていきたいと思います。


スイーツドーパントとはどんなキャラ?

スイーツドーパントはスイーツの記憶をもったガイアメモリを使用することで変身します。

ガイアメモリとは?
秘密結社「ミュージアム」が裏社会で販売しているアイテム。メモリには地球に存在する物や事象の記憶がプログラムされており、メモリを使うことでドーパントに変身する。

見た目はこんな姿をしています。

カラフルで甘いキャンディのような見た目をしていますよね。このドーパントは変身する時に生クリームのようなドロドロの液体を出します。甘くてベトベトしていそうですね。

私はこの見た目を見て海外のお土産などでよく売られているとてもあま~いお菓子を思い出しました。イメージとしてはこんな感じでしょうか。

ママ
このお菓子は美味しそうだけど、スイーツドーパントはなんだか体に悪そうな感じがするわね。

スイーツドーパントの特徴とは?

スイーツドーパントの詳しい特徴はこちらです。

  • ガイアメモリ:スイーツメモリ
  • 身長:212cm
  • 体重:101kg
  • :口から吐き出す拘束生クリーム、生クリーム弾、手をケーキナイフに変え敵を切り刻む
  • 能力:周囲の環境に溶け込む力を持つ(例:壁に姿を変えて身を隠す)、生クリームに姿を変え動き回れる。形を自在に変化させることができる。
  • 生体コネクタ:首前右側

生クリームを武器として使ったり、手をケーキナイフに変えたりお菓子にまつわる技ばかりですね。スイーツドーパントは自らを「味覚の化身」と呼ぶほど甘い物に異常な執着心をも持っています。

ママ
生クリームを使うなんてちょっと可愛らしい感じもするけど、実際に体にまとわりついたら気持ち悪いわね。

スイーツドーパントの変身者は佐々木由貴子(ささきゆきこ)といいます。仮面ライダーWの舞台となっている風都という街の名家である園咲家(そのざきけ)にメイドとして働いていました。しかしその正体はスイーツ専門誌の評論家ライターで、園咲家にゲストとして呼ばれたパティシエを次々と襲った連続誘拐事件の犯人でした。

佐々木由貴子は自分が経営していた店が潰れてその借金を踏み倒そうと画策しているときにスイーツのガイアメモリを購入。しかしそのメモリが暴走してお菓子を作っているパティシエさえも自分のものにしようと誘拐するようになってしまいました。
パパ
ガイアメモリの力は強力すぎて、普通の人が使うと力が暴走してしまったり依存してしまうようになるらしい。一種の麻薬のようなものなんだ。だから佐々木由貴子のように犯罪を犯してしまう人も出てきてしまうんだね。

女性はとても色っぽい!?生体コネクタ位置とは?

スイーツドーパントは変身するときに使用する生体コネクタの位置が首にありますが、この生体コネクタはドーパントによって異なります。

生体コネクタとは?
ガイアメモリを起動した際に出現する黒い模様のこと。メモリをこの模様部分に挿入することでドーパントに変身します。
男女別に生体コネクタの位置をまとめたわかりやすい動画がありました!
右手でメモリを持つためなのか、左腕や左手にあることが多いですが首や腹・背中など身体の様々な部分に出現します。女性は胸やふとももにあるのはとても色っぽいですよね。
ママ
こういう部分は子どもより大人向けという感じがして面白いわね。

スイーツドーパントはあの宇宙人に似ている!?

スイーツドーパントはある宇宙人に似ていることで有名です。その宇宙人とはこちら。

https://twitter.com/3J0S1oigfXyAJYZ/status/936126015687892992

ウルトラマンでおなじみのメトロン星人です。赤い頭の部分などどことなく似ていますよね。

メトロン星人とは?
ウルトラマンシリーズに登場する地球人類滅亡を計画する宇宙人。劇中で夕日をバックにちゃぶ台を前にあぐらをかいて主人公と語り合う姿が有名。

なぜスイーツドーパントとメトロン星人が似ているのかというと、スイーツドーパントをデザインした寺田克也(てらだかつや)さんが、ウルトラマンのデザインをした成田亨(なりたとおる)さんの影響を受けているからだと言われています。成田さんはウルトラマンの生みの親であるだけでなく、怪獣のデザインや太陽の塔の製作にも関わった偉大な方です。

パパ
メトロン星人はとても人気があるキャラクターだよね。ちなみにお笑いコンビのダウンタウンの松本さんも好きだといっているらしいよ。

スイーツドーパントがメトロン星人に似ているというのが有名すぎて、ウルトラマンのゲーム「ロストヒーローズ」にメトロン星人がスイーツドーパントを引き連れて登場するというシーンもあります。

やっぱり似ていますよね。思わず笑ってしまいました。

様々な特徴のあるスイーツドーパントですが、どのように登場したのでしょうか。詳しく見ていきましょう!

そんなスイーツドーパントが登場する仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


スイーツドーパントは第9・10話で登場

スイーツドーパントは第9話・10話と2週にわたり登場します。9話で初登場するものの、変身者は分からず、10話で正体が明らかになっていくというお話の流れになっています。

第9話「Sな戦慄/メイド探偵は見た!」内容

物語は風都で有名なパティシエが失踪するという連続誘拐事件が発生したところから始まります。その捜査に乗り出したのは私立探偵の鳴海亜樹子(なるみあきこ)、仮面ライダーWのヒロインです。今回はパティシエをしている浅川麻衣(あさかわまい)が、同じくパティシエの父親が失踪したので探してほしいと亜樹子に依頼します。

失踪したパティシエ達がお屋敷に招かれていたということを聞き、亜樹子はそのお屋敷にメイドになって潜入捜査をします!

ヒロインの鳴海亜樹子を演じるのは山本ひかる(やまもとひかる)さんです。「平成ライダーヒロイン史上最も笑いのとれる女」とも言われているほどコミカルな演技が魅力で、今回もコメディエンヌっぷりを発揮しています。

あるお屋敷とは風都で有名な名家「園咲家」(そのざきけ)でした。

園咲家とは?
裏社会で秘密結社「ミュージアム」を運営する仮面ライダーWにおける悪の根源。ガイアメモリを製造・販売し数々の事件を引き起こしている。

園咲家の家族は幹部のドーパントとして変身することができます。スイーツドーパントとは異なるガイアメモリを使用する上位のドーパントで、園咲家は自分たち以外のドーパントを一般のドーパントと呼び区別しています。この回で登場する園咲家の人々を簡単にまとめてみました。

  • 園咲琉兵衛(そのざきりゅうべえ):園咲家の主人。テラードーパントに変身する。
  • 園咲冴子(そのざきさえこ):園咲家の長女。タブードーパントに変身する。
  • 園咲霧彦(そのざききりひこ):冴子の夫であり婿養子。ナスカドーパントに変身する。
  • 園咲若菜(そのざきわかな):園咲家の次女。

亜樹子の潜入先が園咲家だと知った主人公のフィリップと翔太郎は園咲家に向かいますが、亜樹子に追い返されてしまいます。このとき翔太郎はメイドになるという亜樹子の勝手な行動をたしなめますが、逆に「お父さんのことを何も話してくれない」と言われ言い返せなくなってしまいます。

亜樹子とフィリップ、翔太郎が所属している鳴海探偵事務所は亜樹子のお父さん(翔太郎はおやっさんと呼んでいる)が所長でしたが、亡くなってしまったため亜樹子が所長となっていました。亜樹子本人はお父さんがなぜ亡くなったのか知らないままでした。

この回で2人がなぜダブルとなったのかがわかる『ビギンズナイト』の話が出てきます。その中で実は翔太郎がドーパントになったおやっさんを殺してしまったということを話しています。『ビギンズナイト』は映画化されていますが、その宣伝もかねていたのでしょうね。

ママ
自分がおやっさんを殺してしまったなんて亜樹子には言えないわよね。翔太郎はずっと悩んでいたんでしょうね。

2人を追い返した亜樹子は料理長が怪しいと思いせまりますが、どうやらはずれのようでした。引き続きお屋敷の中を捜索していきます。

フィリップと翔太郎は次に狙われるパティシエが依頼主の浅川麻衣だと知り、お屋敷に入ろうとしますが園咲霧彦に捕まってしまいます。霧彦は翔太郎が園咲若菜のストーカーと勘違いしていました。

その時壁からクリームとなって現れたスイーツドーパントが浅川麻衣を連れ去るのを目撃!フィリップと翔太郎は仮面ライダーとなり追いかけます。そしてダブルとスイーツドーパントの戦闘が始まります。スイーツドーパントの吐き出したクリームに捕まって動けない2人。

そこにダブルを目撃した霧彦がナスカドーパントとして戦闘に加わります。

翔太郎がダブルだとは気づいていなかったようで「今日こそ正体を暴く!」と言っています。いや、さっき捕まえたのですよ。

一方、お屋敷を捜索する亜樹子は屋敷の主人園咲琉兵衛を発見。あとを追いますが、追った先に姿はなく、テラードーパントを発見します。

9話はここで終わっていて、10話に続きます!

第10話「Sな戦慄/名探偵の娘」内容

9話に引き続きダブルとスイーツドーパント・ナスカドーパントの戦闘から始まります。

その途中でテラードーパントが登場。そのただならぬ雰囲気にダブル・ナスカ・スイーツドーパントは退却し、フィリップと翔太郎は敵の根源がテラードーパントだと悟ります。翔太郎はこのまま亜樹子を屋敷に置いておくのは危険だ感じ、亜樹子のもとに向かいます。

潜入捜査を続ける亜樹子は浅川麻衣が狙われていると知り、犯人は屋敷の中にいると確信。園咲家の人々も屋敷に一般のドーパントが紛れていると知ったようです。

亜樹子と再び会った翔太郎は「ドーパントがいるのにも気づかないで何が潜入捜査だ!」と亜樹子を叱ります。これには亜樹子も素直に謝り、ぼんやりとしか覚えていない父親と一緒に仕事をしていた翔太郎が羨ましかったと言います。

ここで翔太郎もおやっさんとの思い出を語ります。自分も亜樹子と同じようにおやっさんに怒られたこと、これ以上亜樹子に危険な目にあってほしくないこと。そしておやっさんを殺してしまったことを言おうとするのですが…。

もう亜樹子がいない!おい!!とツッコミを入れてしまうシーンです。こういうところもコミカルで面白いですよね。

亜樹子は園咲琉兵衛のもとに向かい琉兵衛がいつも行っているスイーツタイムに使用人全員を参加させてほしいと頼みます。とびっきりのサプライズを用意するとのこと。亜樹子には何やら考えがあるようです。

その頃探偵事務所のフィリップはメモリがスイーツであることを突き止めます。スイーツドーパントが言った「恐怖もまた舌先を駆け巡る極彩色の甘美だ」の「舌先を駆け巡る極彩色の甘美」というフレーズから犯人を突き止めました。

そして当日。お屋敷には園咲家と使用人全員が集まりました。そこへモップを手に持ったメイド・亜樹子が登場。メイド服を脱ぎ捨て「美少女メイドは仮の姿。その実体は名探偵鳴海亜樹子!」と決めゼリフをはなちます。どこかで聞いたようなセリフですね。

そしてメイドの城塚を指し「真犯人はあなたです!」と言います。この時翔太郎にフィリップから電話があり、城塚の本名がライター佐々木由貴子であると判明。城塚はその場に用意されたスイーツが亜樹子が適当に作ったものだと知ると豹変し、スイーツドーパントに変身します。

スイーツドーパントは浅川麻衣と亜樹子を飲み込み立ち去ります。そのあとを翔太郎が追いかけ、フィリップとともにダブルに変身します。2人を追っていた園咲冴子(そのざきさえこ)と霧彦は変身シーンを目撃。正体がバレてしまいました。冴子と霧彦もタブー・ナスカドーパントに変身します。

2人のドーパントに攻撃されて倒れるダブル。タブードーパントを見て「ビギンズナイトのときのあいつだ!」と翔太郎。ここでも映画への誘導がありました。2人のドーパントとダブルの戦いが始まります。

一方でスイーツドーパントに飲み込まれ連れ去られた麻衣と亜樹子は、佐々木由貴子の家にいました。そこで佐々木由貴子は本当はライターではなく作る側になりたかったこと、いざ自分の店を出してみたものの一年もしないで潰れたことを語ります。このスイーツドーパントの能力があれば最高の味を自分一人のものにできる!と言い変身。亜樹子に攻撃しようとします。

タブーとナスカに追い込まれたダブルは、間一髪リボルギャリーに助けられバイクに乗り亜樹子たちのもとに向かいます。ダブルを追おうとしたナスカでしたが、振り切られてしまいタブーに「あなたそれでもナスカメモリの所持者なの!役立たず!」とののしられてしまいます…。

ママ
ナスカである霧彦は冴子の夫であり園咲家の婿養子なのよね。冴子には頭が上がらないというか完全に尻に敷かれてしまっているわね。
佐々木由貴子の家にダブルが到着。現れたダブルを見て亜樹子は「どうしてここに!?」と驚きます。亜樹子の手にGPSがつけてあったようです。危なっかしい亜樹子は常に監視されているのでしょうか。
再びスイーツドーパントとダブルの戦闘が始まり、最後は必殺技「ジョーカーグレネード」でスイーツドーパントを撃破し一件落着します。

 


佐々木由貴子役の濱田万葉さんとはどんな人?

スイーツドーパントこと佐々木由貴子を演じたのは濱田万葉(はまだまは)さんといいます。

引用:ホリプロ公式サイト

現在も女優さんとして活躍されており、2児の母でもあります。どんな人なのか詳しく見ていきましょう。

プロフィールやデビュー作は?

濱田さんは1986年に芸能界デビューされ、デビュー作は1989年の「鎌倉ペンション物語」です。詳しいプロフィールはこちらです。

  • 生年月日:1974年9月18日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • 趣味:ヨガ・ゴルフ・書道・映画鑑賞・読書・ゲーム

出典:ホリプロ公式サイト

濱田さんはご家族も有名な方で、父親は洋画家の濱田ヨシさん、兄はプロゴルファーの濱田塁さんです。趣味がゴルフというのも納得ですね。小さい頃はお兄さんと一緒にゴルフをしたりしたんでしょうか。

プライベートでは2008年に一般男性とご結婚され、現在11歳の女の子と7歳の男の子がいらっしゃいます。過去には的場浩司さんと噂になったこともあるそうですが、あまり知られてはいません。

濱田さんの主な出演作とは?

仮面ライダーWに出演したときは2009年で、当時35歳でした。他にも様々な作品に出演されています。一部を紹介します。

  • 黄色い髪(1989年)
  • 世にも奇妙な物語「人面草」(1990年)
  • ええにょぼ(1993年)
  • 大河ドラマ花の乱(1994年)
  • 家なき子(1994年)
  • リング(1995年)
  • 京都発・ぼくの旅立ち(1996年)
  • 夜逃げ屋本舗(1996年)
  • これで家族(1997-1998年)
  • シンデレラは眠らない(2000年)
  • 暴れん坊将軍X(2000年),Ⅻ(2002年)
  • かまいたちの夜(2002年)
  • 明日天気になあれ。(2003年)
  • 手の上のシャボン玉(2005年)
  • ハタチの恋人(2007年)
  • 日本テレビ開局55周年ドラマ「東京大空襲」(2008年)
  • 臨場(2010年)
  • 咲くやこの花(2010年)
  • ハンチョウ〜神南署安積班〜(2010年)
  • 赤ひげ(2017年)
  • 映画「首都消失」(1987年)
  • 映画「ムラマサ」(2006年)
  • 映画「デトロイト・メタル・シティ」(2008年)など

出典:Wikipedia

体当たりの演技をする女優さんとしても有名で、ドラマ「黄色い髪」では頭をスキンヘッドにして撮影したという話があります。女性でスキンヘッドにするのは相当な勇気が必要ですよね。素晴らしい女優魂ですね。

今後の濱田さんの活躍も楽しみです!

そんな濱田万葉さんがスイーツドーパントを演じた仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダーWの敵役スイーツドーパントは甘い物に執着する「味覚の化身」
  • スイーツドーパントは第9・10話に登場。変身者は佐々木由貴子
  • 佐々木由貴子役の濱田万葉さんは現在も女優として活躍中
  • 濱田万葉さんはドラマ・映画など幅広い作品に出演。体当たりな演技が魅力

スイーツドーパントはその名の通りお菓子に異常に執着するドーパントです。執着する理由はお菓子を作る側になりたいという願望が叶わなかったことによる悲しい思いからでした。このドーパントが登場する回は亜樹子と翔太郎がおやっさんについて回想したり、ダブルが誕生する「ビギンズナイト」につながる話だったりと重要な回となっていましたね。

亜樹子のコミカルな演技が楽しいミステリー要素もある見応えある回なので気になる方はぜひ見てみてください!


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ