超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーWで出演する俳優さんって素敵な方が多くないですか?もちろん主人公や味方は役もあって素敵に感じるとは思うんですけど、実は敵の中にも魅力的な人が多いんです。

結構、登場回が限られている敵もいるから倒されてしまうと「もう出てこないのかぁ…。」なんて淋しくなってしまいます。まさに、片想いしている気分ですね。

今回は、そんな魅力的な敵の中で園咲若菜(そのざき わかな)について調べてきました。

仮面ライダーWに登場する園咲若菜とは?

可愛らしい方ですよね。仮面ライダーWを見ていて、「この人にならだまされても良いかもしれない。」と思った男性は多いんじゃないでしょうか。ヒロインなのかと思いきや、実は敵なんです!

パパ
この人の情報は、ぜひ調べないと!と思って、しっかり調べましたよ。
ママ
美人には弱いから仕方ないわね。

園咲若菜とは?

園咲若菜は、風都にある名家で遺跡の発掘を行い、出土した物を公開している風都博物館を経営している園咲家の次女です。風都の街で知らない人はいない位、有名です。ただ、これは園咲家の表の顔

裏ではガイアメモリという仮面ライダーにも、敵であるドーパントにもなれてしまうアイテムを作っている秘密結社「ミュージアム」を経営しています。ガイアメモリの研究と開発をしながら、ドーパントに変身させて事件を起こしています。

ただ、若菜はミュージアムの経営には関わっていませんでした。普段は女子大生アイドルとして活動していて、風都のラジオ局で冠番組「園咲若菜のフィーリングプリンセス」を持っています。

このラジオ番組は実際にインターネット上でも配信されました。しかも話の展開とリンクしていたんです。役柄で歌手デビューする人はいるけど、ラジオ番組が配信されるって珍しいですよね。

パパ
ちなみに若菜は歌手デビューも果たしています。園咲若菜という名前で「Naturally(ナチュラリー)」という曲を出しているので、ぜひ聞いてみて下さい。

ファンからは「若菜姫」の愛称で親しまれ、左翔太郎(ひだり しょうたろう:仮面ライダーWの1人目の主人公)やフィリップ(仮面ライダーWの2人目の主人公)も若菜姫の大ファン!なんと、主人公も夢中になっていたんです。

可愛い見た目とは裏腹に、性格はきつめなんです。気に入らないことがあると「チッ」っと舌打ちするくらい。舌打ちは男女関係なく、聞いてて気持ち良い物では無いですよね。

姉の冴子(さえこ)とは折り合いが悪く、たびたびドーパントに変身して姉を攻撃することもありました。女性同士の姉妹だからこそ、比べてしまうんでしょうね。「なぜわたしを怒らせるの…」が口癖です。

クレイドールドーパントの特徴

若菜はミュージアムを経営している家族の1人としてクレイドールメモリと専用のベルト(ガイアドライバー)を使ってクレイドールドーパントに変身します。

クレイドールとは?
クレイドールは、それぞれ意味を持った単語なんです。

  • クレイ/clay ねんど
  • ドール/doll 人形

合わせると「ねんどの人形」という意味になりますね。

クレイドールドーパントのモデルは、縄文時代から神様や先祖を祀る(まつる)時に使われた土偶です。土偶は、基本的に女性を表した物が多いんです。女性の妊娠した姿には安産や実り豊かになるように願いを込めていたんですね。

祀るという所から精霊の姿なんじゃないかと言う人もいます。実は土偶の中には、意図的に壊されたものも多く見つかっているんですね。わざと壊している所から、壊す事で何かの祈りや儀式に関係していた可能性が高いと考えられています。

第40話で父・園咲琉兵衛(そのざき りゅうべえ)が「クレイドール、土人形とは古来人間が神への祈りを込める器として作り出したもの」と語っています。琉兵衛は娘の若菜への愛情を込めたかったのでしょうか。

クレイドールドーパントの最大の特徴は、粉々に砕けても再生するという無敵さ。材料が土なので崩れても、まとめる事が出来ますね。小さい頃、公園で土の団子を作っても崩れて、何回も丸めて作り直したなぁ、なんて事を思い出しました。

攻撃は重力を溜めて繰り出す重いパンチと、左手からは重力弾を発射します。ただでさえ、重たいパンチに更に重力が増したら…、強過ぎて普通の人は立ってられませんね。

またガイアプログレッサーという装置を身体に埋め込むことで、クレイドールドーパントからクレイドールエクストリームに進化します。さらに強大な力を持った、クレイドールドーパント…。最強じゃないですか!

クレイドールドーパントが仮面ライダーWを苦しめる!仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


園咲若菜は物語の重要人物?

若菜は第1話からいきなり登場します。しかもディナーの席で、姉の冴子に姉妹ケンカをしています。姉妹ケンカもドーパント同士でするって、ありえない状況ですけど園咲家では普通な事なんでしょうね。

園咲家は「ミュージアム」を経営している事もあり、家族全員がガイアメモリを持っていてドーパントに変身するんです。しかも人物だけでは無いんですよ。

園咲家の家族が変身するドーパント
園咲 琉兵衛(父) テラードーパント
園咲 冴子(姉) タブードーパント 他
園咲 霧彦(姉の夫) ナスカドーパント
ミック(ペット) スミロドンドーパント

なんと、ペットまでドーパントに変身するんですね。そこまでするのか!って思いますよね。出来ればペットは可愛いままでいてもらいたいです。

ちなみにドラマ内で園咲文音(ふみね:母)、園咲来人(らいと:弟)の名前が出てきますが、母は別の形で登場します。来人も行方不明となっているので、ドーパントに変身していたのかは不明です。

若菜と翔太郎・フィリップの出会い

女子大生アイドルとして活躍していた若菜のラジオ番組を、もちろん主人公の2人も聞いていました。若菜の曲に合わせて一緒に踊ったり、口ずさんだりしていたので2人の中で若菜を応援したい気持ちが強い事が分かりますね。

第13話で同じように2人は若菜のラジオを聞いていました。番組内の電話リクエストのコーナーで若菜と話をしていたリスナーが若菜に好きな番号を聞いたんです。すると若菜は【7】と答えます。昔からラッキーセブンと言われていて縁起が良い数字ですよね。

その後、風都の風車が折れ曲がったり、怪人が突然暴れ始めたんです。異変を感じた翔太郎はラジオ局へ向かいます。既にマスコミが押し寄せており、先輩の助けを借りて、逃げようとしている所でした。

若菜を助けようと思ってラジオ局まで来た翔太郎ですが、ここで若菜の裏の顔を見てしまいます。自分のマネージャーに対して厳しい言葉を放ち、翔太郎には「探偵を雇った覚えは無い。」と言って追い払います。

実は今回の事件が起こる前に1度、会った事があったんですけど、若菜は覚えていなかったんですね。女子大生でアイドルでもあるので毎日たくさんの人と会っていたら、その内の1人は忘れてしまうと思います。ただ、翔太郎の立場になると切ない!

あまりにショックで、フィリップに話しますがフィリップは若菜を『天使』だと主張して全く信じません。目の前で見てないから信じられないでしょうね。若菜の裏の顔を見たり、フィリップには信じてもらえなくて翔太郎にとっては切ない事が重なる日になりました。

ママ
フィリップは、とっても純粋なのね。

若菜は物語の後半までガイアメモリの流通に関わっていなかった!

View this post on Instagram

仮面ライダーダブル第13話「レディオでQ/狙われたプリンセス」第14話「レディオでQ/生中継大パニック」のダイジェストです! 今回は若菜姫がたくさん出てきましたね!フィリップ君とも仲良くなっていい感じ…ですね? 翔太郎も若菜姫が大好きだったのに、彼女の毒の強さに圧倒され、毛嫌いするようになります。 番組中に舌打ちをするために、マイクをオフにするなんて、最早悪女道を極めた感じでしたね。 でもそんな若菜姫、行方不明?になった弟と探偵フィリップ君の同じようなセリフに心を動かされます。他の園咲家の面々に比べ、比較的に人間的です。今のところ人を襲っている描写もありません…。果たして彼女は良いドーパントなのでしょうか? #仮面ライダー #仮面ライダーダブル #風都 #左翔太郎 #フィリップ #探偵 #若菜姫 #園咲若菜 #kamenrider #kamenriderw

A post shared by LioRider (@liorider2003) on

昔から園咲家の跡継ぎとして育てられている冴子を見てきた若菜は自由奔放に成長していきました。次女は結構、自由に育てられる人が多いですよね。長女は、やはりお姉ちゃんとして色々、親から言われる事が多いと思います。

そんな姉を「大変そう」と思う反面、「お父様から目を掛けられていて、うらやましい」と思うようになります。跡継ぎとして育てている冴子に対して琉兵衛が気にかけるのも分かる部分ですよね。ただ、子供って自分を見てくれていない事をとても敏感に感じ取ります。

自分の事を見てくれない琉兵衛に不満を持ち、目を掛けられている冴子からは差別を受けていた若菜は姉の事を強く恨むようになります。冴子の夫の霧彦や愛人の井坂深紅郎(いさか しんくろう)の事も冴子に関わっているというだけで嫌っていました。

冴子が受け継いだミュージアムに関わる事を拒否して、アイドル活動を始めた若菜は大人気のアイドルとして活躍します。CDを出したり、精力的に活動をしていましたが、ある事がきっかけでアイドル活動を辞めないといけなくなってしまいます

冴子がミュージアムを裏切り、若菜が後継者に!

琉兵衛は冴子を小さい頃からスパルタ教育する事でミュージアムの後継者に育てあげました。しかし、冴子を後継者に育て上げた目的は後継者としてではなく、若菜を後継者にする為の布石(ふせき)だったんです。

布石
布石には将来の為に備えておくという意味があります。琉兵衛としては将来、若菜を後継者にする為にあえて冴子にスパルタ教育をしていたんです。

琉兵衛の計画通り、まずは冴子がミュージアムを受け継ぎ、経営を進めていきます。冴子は冷酷な琉兵衛からスパルタ教育を受けていた為に似たような性格の持ち主に育ちました。

そんな冴子も琉兵衛に対して憎しみを持っていた為に復讐する事を考えていました。必要が無くなった霧彦を処刑し、愛人の井坂と共に琉兵衛を追い詰める事を決めます。

ところが、井坂が計画の途中で命を落とす事になり、冴子の考えを知った琉兵衛は裏切り者として冴子を追い出します。自分に対して復讐しようとしていたのが、例え娘だとしても一緒にいる事は出来ないですよね。

冴子が出て行った事により、琉兵衛は計画通り若菜をミュージアムの後継者として迎え入れました。アイドルから、いきなり会社経営に関わる事になった若菜は精神的に追い込まれていきます。

パパ
今までと全く違う職業で、不満を持っていた琉兵衛との仕事だもんね。俺は耐えられないと思う。

若菜の唯一の心の救いはフィリップ?

どうしてフィリップが急に出てくるの?と思いますよね。実は若菜とフィリップには深い繋がりがあったんです。

仮面ライダーWの主人公の1人であるフィリップは記憶喪失の状態で翔太郎と出会います。その後、翔太郎が所属していた鳴海荘吉探偵事務所で『2人で1人の探偵』として探偵活動を始めました。

翔太郎と一緒に風都のアイドル・若菜のラジオを聞くようになり、若菜の危機を救う為に何度か会う事になります。その時、若菜はフィリップと自分の弟の来人の面影が重なっていたんですね。

来人は若菜の事を慕っていて、仲が良かったけど亡くなった事も家族との溝を深めてしまう理由になったようです。冴子ばかり大事にする琉兵衛、いじめてくる冴子、そんな2人との生活は疲れる事が想像出来ますね。

若菜はフィリップを弟のように感じ、ミュージアムを継ぐ事になってから精神的に追い込まれた時にフィリップと一緒に逃げようとします。もちろん琉兵衛は、そんな事を許しません。フィリップを使って若菜に仕事をするように説得しました。

ママ
なかなか切ない家族関係よね。

この説得を受けている時に、実はフィリップが自分の弟だと聞かされます。記憶を失っていた事などを知る事になります。そりゃ驚きますよね!駆け落ちまでして一緒にいたいと思った相手が弟だったなんて。

もしかしたら、若菜もフィリップもどこかでお互いに近い存在だと思っていたのかもしれませんね。姉弟だからこそ一緒にいて心地よかったというのもあると思います。

若菜も琉兵衛の最終計画に巻き込まれる!?

琉兵衛がミュージアムを始めたのは「ガイアインパクト」を目的とし、風都とその住んでいる人達を「地球の記憶」の巨大な実験の材料として考えています。その実験を成功させる為にガイアメモリを販売して資金を得ています。

ガイアインパクト/地球の記憶
  • ガイアインパクトは『地球の記憶』にアクセスできる人間に『地球の記憶』内の大量のデータを全て流し込む儀式の事を言います。
  • 地球の記憶はガイアメモリの中に入っているプログラムの事を言います。ガイアメモリを販売している理由はこのデータを集める為でもあったんですね。

その計画を達成する為に若菜はクレイドールドーパントからクレイドールエクストリームへ進化します。この進化能力を得られた事で若菜は地球の記憶と繋がる事が出来るようになり、その記憶が整理されている「地球の本棚」で情報を得られるようになりました。

しかし、フィリップも地球の本棚から情報を得ていたんです。ただ、若菜の方がミュージアムの後継者という事もあって地球の本棚とのシンクロ率が高いんです。フィリップを邪魔だと感じ、地球の本棚の中でドーパントに変身し、フィリップと直接戦う事もありました。

ミュージアムに隠れていた闇の組織が登場!

ミュージアムはガイアメモリを販売する以外にも財団Xという組織から資金援助を受けていたんです。表向きはお互いに協力しているが、裏ではお互いを出し抜こうと行動を起こしています。本音と建前という所ですね。

財団Xのリーダーである加頭順(かず じゅん)はミュージアムを自分達の計画を行動に移しているだけの組織だと言って完全に見下しています。その他にも財団Xは世界規模のネットワークや多額の資金を誇っています。

更に若菜の事をデータ化して、組織で所持している人工衛星にデータを取り込み、風都だけではなく地球全体にガイアインパクトを起こそうとします。規模が一気に大きくなりましたね!ただ、その計画は翔太郎が若菜を助けた事で失敗になりました。

しかも若菜を助ける為に、あれだけ仲の悪かった冴子も手助けをしていたんです。離れている時間があったからこそ、冴子も若菜の事を理解して助けたいと思ったんですね。

最終決戦で仮面ライダーWと決戦し、『ダブルプリズムエクストリーム』を受けて負けてしまいます。それにより地球規模の最悪な事態は避ける事が出来ました。

しかし!若菜の唯一の心の支えだったフィリップは、この出来事をきっかけに消えてしまいます。やっと本当の姉弟だという事も分かり、これから姉弟仲良く過ごせると思った時だったのに本当に切ない関係ですよね。

仮面ライダーWと財団Xが戦っている時、若菜は…

https://www.instagram.com/p/BkHlaVggxqb/?utm_source=ig_web_copy_link

仮面ライダーWと加頭の最終決戦の後、警察病院で保護されていた若菜は脱走しました。その時に翔太郎と照井竜(てるい りゅう/仮面ライダーアクセル)の会話で自分の為にフィリップが消えてしまったことを聞いてしまうんです。

そんな話を聞いて、今まで背負ってきた物が一気に崩れてしまい、気持ちが壊れてしまった若菜は叫びながら消えてしまいます。亡くなった訳では無く、精神世界に逃げ込むように行ってしまいます。

フィリップがいなくなった事実を受け止められない若菜は、精神世界の中で母の園咲文音(シュラウド/照井にアクセルに変身する為に装備を与えていた謎多き女性)に会います。そこで「あなたの好きなようにすると良いわ。」と言われ、若菜は考えました。

琉兵衛や園咲家、地球や風都の為じゃなく、今の自分が本当に望む事を一生懸命考えました。悩みに悩んで若菜が出した答えは、自分の身体をフィリップを復活させる為に使う事でした。フィリップ/来人への愛情が伝わってきますね。

若菜の身体はエクストリームメモリとして生まれ変わり、メモリの中で約1年かけてフィリップの身体を作ったんです。その間、地球の本棚の情報を全て目を通しました。若菜の頑張りの結果、フィリップは風都の街に帰ってきたんです。

最後の最後に苦しめてきたフィリップ/弟の来人を助ける事が出来て、若菜も救われたんじゃないでしょうか。

仮面ライダーWをどこまで追い詰めた?

https://www.instagram.com/p/BxW4sUEAkF3/?utm_source=ig_web_copy_link

クレイドールドーパント、進化したクレイドールエクストリームは、最後まで仮面ライダーWが倒すことができなかった唯一のドーパントなんです。メモリブレイクしても、再生出来るので復活する事が出来たんですね。

琉兵衛が変身したテラードーパントですら、メモリブレイクされて倒されている事を考えるとクレイドールドーパントは間違いなく仮面ライダーWに登場したドーパントの中で最強のドーパントと言えるでしょう。

仮面ライダー好きは紙粘土で作っちゃう!!

ねんどって何でも作れて、もしも間違えたら作り直せるので、子供達の夏休みの作品とかに使いやすいですよね。親子で一緒に作品を作るのも家族の時間が出来て楽しいと思います。

作り始めはねんどが固いけど、触っている内に柔らかくなって、どんな形でも作れてしまうんですよね。実は紙ねんどで仮面ライダーを作っている人も結構多いんですよね。こんなに細かいパーツも簡単に作る事が出来るんです。

手先が器用でうらやましいです。最初に針金で元になる部分を作っておくと、人の形が作りやすいんですね。これを活かすと他のキャラクターも作れちゃいますよ。

ちなみに厚紙で少し大きめの型を作ってから紙ねんどを使うと、お子さんが被れる仮面ライダーのマスクが作れます!

これを子供が知らない内に作って、誕生日や何かの記念日に渡したら喜びますよ。道具も100均で揃う物がほとんどなので材料費も、そこまで掛かりません。大人用の物も一緒に作って、仮面ライダーごっこをするのも楽しそうですね。


園咲若菜を演じる女優は飛鳥凛さん!

こんな可愛らしく、見ている人を夢中にさせてしまう若菜を演じていたのは飛鳥凛(あすか りん)さんです。若菜を演じていた時は、まだ18歳だったんですね。今は28歳のとても大人な女性になられました。

飛鳥凛さんのプロフィール

  • 生年月日:1991年3月28日
  • 出身地:大阪府
  • 身長:166㎝
  • 血液型:A型
  • 所属:エイベックスマネジメント

2006年にスターダストプロモーションのオーディションに合格し、芸能界デビューを果たします。その後エイベックスマネジメントへ移籍し、たくさんの映画やドラマ、テレビCMに数多く出演している若手実力派俳優です。

主な出演作品をまとめてみました。

映画
天使がくれたもの(2007年) ひぐらしのなく頃に(2008年)
のみとり侍(2018年) 殺人鬼を飼う女(2019年)
テレビドラマ
仮面ライダーW(2009年) 世にも奇妙な物語(2010年)
ホワイトラボ〜警視庁特別科学捜査班〜(2014年) 警視庁捜査一課9係 Season11(2016年)
舞台
彩遊記(2007年) BIOHAZARD THE STAGE(2015年)
舞台「HERO」〜2019 夏〜(2019年)

ほんの一部ですが仮面ライダーW以外にも有名な作品に、たくさん出演しています。今後も出演作が公開される予定なので、楽しみですね。

園咲若菜のヒーリングプリンセスが素の自分!?

仮面ライダーWの中で、園咲若菜として出演していたラジオ番組「そのヒーリングプリンセス」の中のフリートークは、すべて凛さんに一任されていたんですよ。

普通は放送作家が内容を考えたり、ある程度の流れを考えておくんですけど、それを任せられるって、おしゃべりも得意なんでしょうか?インタビューで、こんな話をしていました。

『ヒーリングプリンセス』は私がMCなんですけど、口下手なのでグダグダになってしまいました。思いっきり素の部分が出てしまったと思います(苦笑)。この収録で、初めて本当のフリートークを経験しました。台本に“フリートーク”としか書いていなくて(笑)。いろいろ考えてやったんですけど、難しいとあらためて思いました。若菜ちゃんもラジオを始めたばっかりという設定だったので、私も若菜ちゃんと一緒に成長できるかなと思いながらやっています(笑)

(引用元:飛鳥凛 インタビュー Deview-デビュー)

あんなに元気いっぱいの姫の声を聞いているから口下手な事に驚きましたね。口下手だという事を知った上で改めて聞くと感心してしまいます。みなさんも若菜姫の声に癒されたことでしょう。

そんな飛鳥凛さんが演じた仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 園咲若菜は園咲家の次女で女子大生アイドルとして活躍していた
  • 園咲若菜は実は物語のカギを握る重要人物だった
  • 裏表のある園咲若菜が優しい気持ちを取り戻したきっかけはフィリップだった
  • 園咲若菜が変身するクレイドールドーパントは再生能力を持ち、仮面ライダーWがメモリブレイクできなかった唯一のドーパント
  • 演じていた俳優は飛鳥凛さん
  • 今でも映画や舞台で活躍中

仮面ライダーWで、園咲若菜が最も個性的な役だったなと全話見てそう思いました。園咲家の運命に振り回されてハラハラしたり、フィリップとの恋愛にヤキモキしたり、若菜姫なしではここまで壮大なストーリーにはならなかったでしょう。

そして、そんな難しい役を演じた飛鳥凛さんの今後の活躍、要チェックですよ!

 


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ