超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーWは、平成2009年から全49放送された平成仮面ライダー11作品目です。仮面ライダーW(ダブリュー)のWが意味するものが何なのか、正義の味方なのか悪の組織の一員なのか気になるところです。

ジョーカーを演じていた人は、かわいいのか、かっこいいのかもイケメンライダー好きママさんたちにとっては気になるところだと思いますので、そのあたりもばっちり書いていきたいと思います。


仮面ライダーWジョーカーって何者?

仮面ライダーWジョーカーって何者?ってまず思いましたよね。一個ずつ片付けていきましょう。仮面ライダーWというのはこのシリーズに仮面ライダーが2人いるのです。

ドラマでもたまに「ダブル主演」というものがありますよね。仮面ライダーWは、昭和の時代から続いている仮面ライダーシリーズの中で初めて「二人でひとりの仮面ライダーである」という新しい挑戦をしたシリーズなのです。

パパ
古い話だけど、仮面ライダーシリーズの第一作品目の途中で、仮面ライダー1号と仮面ライダー2号のダブル主演があったりしたね。仮面ライダーWは主役は2人いるけれど、2人とも仮面ライダーとして戦わないという新しスタイルを作ったんだ

先に、仮面ライダーWジョーカーの相方を紹介しておきましょう。フィリップという名前の探偵が、仮面ライダーWジョーカーの相棒になります。この役を演じていたのは、菅田将暉さんです。

菅田将暉さんが演じたフィリップは、仮面ライダーW〇〇とは言わず仮面ライダーWとだけ名乗っていました。

仮面ライダーWを演じた菅田将暉さんの魅力はこちらの記事で是非チェックしてくださいね。

仮面ライダーWジョーカーはこんなイケメン。

お待たせしました。仮面ライダーWジョーカーのことをたっぷり書いていこうと思います。仮面ライダーWジョーカー役も菅田将暉さんと同じぐらいイケメンなんですよ。

仮面ライダーWジョーカー役は、桐山漣(きりやまれん)さんです。変身する前は、探偵の左翔太郎(ひだりしょうたろう)として過ごしています。クールなかっこよさがたまらない俳優さんです。

https://twitter.com/KOH82276598/status/1126142390287208449

桐山さんの子供のころの夢が、なんと「仮面ライダーになること」だったんです。特に、仮面ライダーBLACKが好きだとインタビューなどで語っています。

仮面ライダー役を決めるためには、オーディションが開催され、時には数千人が応募してくることもあります。桐山さんは、仮面ライダーになるという夢を一発で叶えたわけではないんです。

オーディションに何度もチャレンジをして、いつもあと一歩のところで悔しい思いをしていました。そして、念願がかなって仮面ライダーWジョーカーになることができたんです。

クールに仮面ライダーWジョーカーを演じていますが、あこがれの仮面ライダーになれたのはうれしかったでしょうね。

桐山漣さんプロフィール

  • 名前 桐山漣(きりやまれん)
  • 出身 神奈川県
  • 趣味 ベースギター・スキー・ビリヤード・三味線
  • 特技 小型2級船舶免許

仮面ライダーWジョーカーの変身シーンがかっこいい!

仮面ライダーといえば、変身シーンがかっこいいですよね。子供のころからの夢である仮面ライダーになれた桐山さんもこの変身シーンにはこだわりがありそうですよね。

仮面ライダーWジョーカーの変身ポーズは大好きな仮面ライダーBLACKをちょっと意識したものになっています。大げさに立ち回らずクールにサラッと変身していますが、BLACK好きを隠しきれなかったのですね。

ちびっこのあこがれ 変身グッズ

仮面ライダーになりたいと思う少年はいっぱいいます。そんな子が仮面ライダーグッズのCMを見たら、欲しいと言いだしますよね。

仮面ライダーWでは、ガイヤメモリとよばれるUSBメモリを大きくしたものをドライバに差し込み変身をします。その時の状況にあわせて選べるというのがガイヤメモリーの大きな特徴です。

仮面ライダーWはとても人気があったので、このドライバも飛ぶように売れました。

 

そんな桐山漣さんが演じた仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


左翔太郎のモデルになった人

翔太郎の服を見て、どこかで見たことあるなと思いませんか?実は、翔太郎にはモデルになった人がいるんです。

あのテレビドラマがモデルになっていた

仮面ライダーWは、ドラマ「探偵物語」がモデルになっているんです。

翔太郎にそっくりなこの人は、探偵物語の主役である工藤俊作です。工藤が翔太郎のモデルなんです。

探偵物語

1979年から放送されたテレビドラマ。主人公の工藤俊作を演じた松田優作さんの代表作として有名です。黒いスーツでベルトは使わずサスペンダーを愛用していました。ユーモアと自由を愛する男で私立探偵として活躍をしました。

「コーヒーにミルクと砂糖は入れない主義」「午前中と日曜日は仕事をしない主義」「手相はみない主義」など多くの主義をもっていました。

最終回は特に、探偵物語を意識したストーリーなので、松田優作ファンにもぜひ仮面ライダーWを見てほしいです。


意外と知らないジョーカーの意味。

ジョーカーと聞くと一番に思い浮かぶのが、トランプに1~2枚入っているカードではないでしょうか。ジョーカーって、少し怖いイラストが描かれていることが多いですよね。今まであまり気にしなかったのですが、そもそもジョーカーってどういう意味?と調べてみました。

ジョーカーとは?

ジョーカーとはいうは、道化師という意味があるのをご存知ですか?道化師というのは、サーカスに登場するコミカルでみんなの笑いを誘うピエロの事です。

ジョーカーの歴史は中世ヨーロッパまでさかのぼります。宮殿に出向いて、貴族や王様を楽しませる仕事がありました。それがジョーカーだったのです。

ジョーカーは、愉快な言動と悪ふざけをして楽しませていました。冗談を言うことをジョークといいますよね。ジョーカーの愉快な言動していたことからジョークという言葉が生まれたのかもしれませんね。

ジョーカーのイラストがなぜ怖いのか

ジョーカーには2つの特権が与えられていました。一つは、庶民がなかなか入ることができない宮殿に入ることができるということです。もう一つは、王様や貴族を批判し王様や貴族の周りにいる人たちが言えないようなことを言うことが許されるということなんです。

王様に思うことがあっても、言えば処刑されることは間違いないので、言う人はいませんよね。そんな中、王様に「これはよくないですよ」と面と向かって言える存在は、ジョーカーしかいなかったのです。

王様(キング)よりも上の存在がジョーカーだったので、王様にとってはちょっと怖い存在だったのですね。

そんな桐山漣さんが主演している仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダーWジョーカーの俳優さんは桐山漣さん
  • 桐山漣さんは、仮面ライダーBLACKが好きな少年だった
  • 仮面ライダーWは、2人で1人の仮面ライダーという新しい試みをしていた

仮面ライダーWジョーカーは、変身する前は私立探偵として、フィリップという相棒と一緒に過ごし、仮面ライダーWとして二人が一体となり戦う新しいスタイルの仮面ライダーです。

ガイヤメモリを仮面ライダードライブに入れて変身をするというのがちびっこたちの心をつかみ、関連グッズが爆発的に売れた仮面ライダーシリーズでもあります。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ