超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーと言えばバイクをイメージされる方も多いはず!実は仮面ライダーのバイクは、ホンダやスズキなど様々なバイクメーカーのベースとして使われているんですよ。

元になっている市販車を見たら、めっちゃ仮面ライダーのバイクがカスタムされているかわかります。これは裏方である美術係の傑作とも言えますね。

私もバイクが好きなので、今回はそんな歴代仮面ライダーのバイクの特徴や、活躍ぶりを様々な視点から見ていきたいと思います。

今回ピックアップする仮面ライダーマシーンは、

仮面ライダーストロンガー

カブトロー

です。

    • 仮面ライダーストロンガーのバイク「カブトロー」とは?
    • 仮面ライダーストロンガーの「カブトロー」のベース車や当時の価格は?
    • ベース車は購入はできる?
    • カブトローの見分け方

について徹底的にご紹介していきたいと思います!!


仮面ライダーストロンガーのバイク「カブトロー」とは?

仮面ライダーストロンガーは、昭和仮面ライダーシリーズの最後を飾った作品で、7人の歴代仮面ライダーが登場する夢のようなシリーズなんですよ。「有終の美を飾りたい」と、最終話は7人の歴代俳優の方々が素顔で全員集合し、原作者さんも撮影の監督を務めているんです。

そんなシリーズの主役である仮面ライダーストロンガーの愛車は、カブトローです。カブトローはストロンガー専用で、真相は明らかにされていませんが、敵である秘密結社ブラックサタンが製作したとという説が。

パパ
あれ、仮面ライダー1号・本郷猛も敵のバイクに乗ってなかった?

カブトローの最大の特徴は、電気で動くこと。電気自動車ならぬ電気バイクですね!大気中の静電気を吸収して動くので、燃料補充不要で無限の走行距離を誇るバイクなんです。決してガソリンでうご…なんて言っちゃダメですよ☆

当時気づいてしまった方もいらっしゃるみたいなんですが、実はカブトローには重大な秘密があるんです。それは、同じカブトロ-なのにシーンによってバイクが変わっていること。よく見ると、バイクのパーツの色や形が変わっているんですよ。

オフロード用(でこぼこ道)・オンロード用(道路など)・アクション用(戦闘など)の3種類あるんですが、あくまでも1台のバイクとして扱われ、電気の吸収率を上げるために形が変わっている(という設定になっている)んだそうです。

子どもの夢が壊れてしまいそうな情報ですが、大人からしたら3台見比べて間違い探ししたくなっちゃいますね。余談ですが、仮面ライダーストロンガーも通常シーンとバイクアクションシーンで違うところがあるんですよ。その違いも探してみてくださいね。

カブトローはどんな活躍をしていた?


個人的な印象ですが、主人公の城茂(じょう しげる)にとってのカブトローは乗り物としてだけではなく、サポート役としても活躍していたんじゃないかな~と思います。ではなぜそう思ったのか、その理由とともにカブトローの必殺技をご紹介します。

カブトローはどんな攻撃ができるの?

  • カブトローサンダー
    ボディーから放電しており、カウル(ハンドル部分の星)から光線を放つ攻撃
  • カブトロージャンプ
    200mを誇るジャンプ力を生かしたジャンプ技

カブトローは常に静電気を吸収して充電することができますが、逆に放出することもできるんです。必殺技カブトローサンダーは、城茂いわくイナズマ光線。この攻撃はきっとビリビリするだけでは終われませんね☆

カブトローのすごいところは、仮面ライダーストロンガー・城茂の意志で遠隔操作できるうえに常時攻撃可能なことです。常に電気を溜めているからか、城茂が仮面ライダーに変身する前でも敵を攻撃できるんですよ。変身前でも戦闘可能なマシンって珍しいですよね。

城茂が変身できない!という時でも、遠隔操作してカブトローが攻撃してくれそうです。

カブトローはサポート役?エピソードを解説

ブラックサタンによって改造され電気人間になった仮面ライダーストロンガーこと城茂は、シリーズ35話の中でヘビ女の毒にやられて電気を発生できなくなってしまいます。どうやら電気を吸収されたようですね。

体内の電気が無くなった城茂は、5万ボルトもの電気を蓄えたカブトローのバッテリーからケーブルを伸ばして自身を充電し、見事ストロンガーに変身!そして駆け付けた仮面ライダーV3と共にヘビ女を撃破します。

城茂のピンチを助けたカブトロー。ナイスサポートですよね!

乗っていた俳優さんは?

「天が呼ぶ、地が呼ぶ、人が呼ぶ、悪を倒せと俺を呼ぶ!」の決め台詞が印象的な仮面ライダーストロンガーこと城茂。改造手術に失敗し殺されてしまった親友の仇を討つため、自らも改造手術を受け仮面ライダーに変身し敵と戦います。

電気人間となった城茂を演じ、さらにニヒルな性格で相手を手玉に取るような策士であった彼を礼儀正しいキャラクターへと変化させたのは、荒木(あらき)しげるさんです。こちらの記事で荒木さんについて詳しくご紹介しています。

感動的なエピソードが盛りだくさんですので、涙もろい方はハンカチの準備をしてから記事を読んでくださいね。

仮面ライダーストロンガーの「カブトロー」のベース車や当時の価格は?

カブトローがどんなバイクなのかをご紹介してきましたが、カブトローの秘密も含め、そろそろ撮影に使われていたバイクが気になってきませんか?カブトローの基本情報と、ベースになったバイクについて簡単にご説明します。

仮面ライダーストロンガー

バイクの名前:カブトロー

スピード:時速300km(落雷を受けた時は時速1,010km)

馬力:1200馬力

特殊能力:大気中の静電気を吸収し放出する。

皆さんはどの仕様のバイクがお好みですか?先ほどお伝えした通り、カブトローは3台のバイクをシーンによって使い分けされています。そのため、ベースになったバイクも3台あるんです。

カブトローのベース車両は情報源によって様々なバイクの名前が挙げられています。「ベースは〇〇だ」という説があるけどここが違うから〇〇じゃない、というような情報も多数ある中、1番多く名前が挙がり有力だと言われているバイクをご紹介しますね。
https://twitter.com/PCX150SpEdition/status/1014494828384567298
こちらはオフロード用。ベースとなったのはスズキ・TM250です。販売当初は車体の構造や軽量化策などがまだまだで、ヨーロッパのバイクには勝てなかったそうですが、改良を重ね、1972年頃に世界をリードするバイクへと変化していったんだとか。

軽量かつ特撮の荒い運転にも耐え、安定した足回りをしているので、当時の仮面ライダーの俳優方達からの評価も高かったんだそう。扱いやすくてアクションの幅も広がり、メインマシーンのベース車に選ばれ続けたんですよ。

当時の販売価格は295,000円!

29万円って安くない?と思ってしまいますが、あくまで当時の値段です。今とは物価などが全く違いますから、現在の金額に直すととんでもないお値段かもしれませんね。


こちらはバイクアクション用。ベースとなったのは同じくスズキ・RL250です。このバイクは先ほどご紹介したTM250をベースに作られたトライアルバイクです。カブトローのベース車は市販用ですが、トライアル競技専用モデルRL250Lもあるんですよ。

スズキが販売したトライアル車でありながらも公道で走れる唯一の車両。パワーはTM250に劣りますが、車重90kgととても軽量で、デザインもよりすっきりとしています。

当時の販売価格は285,000円!

TM250との微妙な価格差は、TM250よりも少し性能が劣っているみたいですし、競技用だから☆ということにしておきましょう!


最後にご紹介するのは、オンロード用。ベースとなったのはこれまた同じくスズキ・GT550です。見た目の古さとパワーのギャップが面白く、登り坂は無敵の速さという口コミがありましたよ。逆に下りには弱いそうなので、乗る際はお気をつけくださいね。

当時の販売価格は385,000円!

需要の違いなのか、一気に値段が変わりましたね…。ご紹介した口コミは2009年頃の投稿されていたものなので、今でも好んで乗っている方もいらっしゃるかもしれません。もしかしたら40年以上前のバイクが見れるかも!

オフロード用は他の仮面ライダーシリーズでも使われていた

今回紹介したオフロード用のカブトローのベース車は、他の昭和仮面ライダーでも使用されています。その答えは他の昭和ライダーの記事にありますので、ぜひ探してみて下さい。すでにネタバレしてしまっていますが、そこはご愛敬♪ということで。

シンプルなデザインからド派手なものまである昭和仮面ライダーシリーズのバイク達ですが、中でもカブトローはバイクアクションを考慮してデザインされているため、よりシンプルに作られています。

オフロード車、準オフロード車が多く使用されている昭和仮面ライダー。バイクのデザインの違いからバイクアクションを見比べて考察するのも楽しいかもしれませんよ。

カブトローのグッズやフィギュアは?

仮面ライダーのフィギュアって人気ですよね。特に仮面ライダーと搭乗マシンのセットで楽しんでいる方は多いです。

カブトローのフィギュアももちろん種類が豊富なんですが、カブトローだからできる楽しみ方があるんですよ。撮影で3台のバイクを使い分けされていたカブトロー。実はフィギュアもデザインが違うんです。

オンロード用・オフロード用の2種類販売されていて、それぞれ使用されたバイクと同じデザインをしています。オンロード用を買ったつもりがオフロード用だった、なんてこともありますので注意してくださいね。

私はプレミアムバンダイから販売されている仮面ライダーストロンガーとカブトローがプリントされたTシャツが気になります。仮面ライダーストロンガーがわからなくても、仮面ライダーシリーズが好きなお子様は喜んでくれそうです。

プレミアムバンダイとノルソルマニアのコラボTシャツで、他にも「S」の文字がでかでかとプリントされた城茂Tシャツなど特撮ものの商品が多数販売されています。気になった方はぜひ調べてみてくださいね。

パパ
どのシリーズとコラボしてるのか気になるな~


今でもベース車は購入はできる?

カブトローのベース車は、どれも生産終了してから何年、何十年と経っているため、現在は新車での購入はできません。中古車情報に掲載されているバイクもありますが、数が少なく希少と言えますね。見つけたらすぐに検討したほうが良さそうですよ。

現代で売られているカブトローに似たバイクはこれ!

スズキは現在もオフロード車を販売していますが、公式サイトに掲載されているオフロードバイクは全て競技用。必要な装備がそろっていないため公道の走行はできません。じゃあオンロード用を…と思ったら、カブトローのベース車に似たバイクはみんな生産終了の文字が!

調べたところ、ライバル社であるカワサキもオフロードは競技用のみ、カブトローのようなバイクは生産終了になっていました。私はシンプルで好きですが、そんなに人気のデザインではないってことなんでしょうね。

ということで、ここではスズキのライバル社・ホンダから、そのまま公道で走れるオフロードバイクとオンロード用のベース車に似たバイクをご紹介します!

オンロードだけどオフロード!

https://twitter.com/Bianchi_love_M/status/915249768317644800
まずご紹介するのは、CRF250Lです。このバイクは力強い走りが特徴で、低回転域からスムーズに高回転域まで達するエンジンを搭載しているため止まって・走ってを繰り返す街乗りでも爽快な走りが楽しめるそうですよ。

実はこのバイク、競技用のモデルにそっくりなんですが公道でも走れるように装備されたバイクなんです。、街乗りでもちょっとした段差やでこぼこ道ってありますよね。このバイクはオフロードでも力強さを発揮してくれますので、でこぼこ道だってへっちゃらです!

オフロードバイクは車高が高いので、小柄な女性は特に乗るのが大変。CRF250Lは足つきと扱いやすさを高めたTipe LDというモデルもありますので、自分の体格に合ったモデルが選べるのも魅力の1つです。

小さくしてみました!

オンロード用カブトローのベース車に近いバイクを探してみて、見た目が近いのはCBシリーズかな~とも思ったのですが、CBシリーズは排気量が2倍あり車体もだいぶ大きくなってしまいそうなので逆に小さいタイプを探してみました。

ちまっとしてて可愛くないですか?こちらはMonkey125です。コンパクトなボディーなのにタイヤは極太という不思議な組み合わせのバイク。この組み合わせのおかげで軽快なハンドリングと快適な乗り心地になるんですよ。

リラックスしながらもキビキビとした走りが楽しめ、街乗りはもちろん郊外へのツーリングにもおすすめ!またABS(アンチブロック・ブレーキシステム)が装備されていますので、急ブレーキや滑りやすい路面でも安心です。ABSで横滑り知らず♪

仮面ライダーストロンガーの歴代バイク【カブトロー】を実際に見よう!今なら限定無料配信しています↓↓

3台を使い分け!カブトローを見分けるポイント

仮面ライダーストロンガーの愛車カブトローは、オンロード用・オフロード用・バイクアクション用と3台のバイクが撮影に使用され、ベースとなったバイクも3種類あるとお伝えしました。シーンに合わせて専用のバイクが用意されていたんですね。

それでは、その3台は何が違い、どのように見分けたらいいのでしょう。3台それぞれ解説します!

レアバイク!バイクアクション用


バイクアクション用に使用されたトライアルバイクは、トライアルというバイク競技専用のバイクです。公道を走っているようなオフロードバイクよりも車体が軽く、より高低差のあるでこぼこ道を走ることができます。イメージは山道や岩場など用ですね。

バイクアクション用が使用されたのは主に戦闘シーンですが、実は撮影中の事故で大破してしまったため6話までしか登場しないんです。つまり、6話までの戦闘シーンでしか見れないレアなバイクなんですよ。

気になるカブトローの見分け方ですが、ストロンガーの足元に注目してみてください。バイクの足をのせる所のあたりに赤色の太いパイプ(排気ガスが出るマフラーと呼ばれる部品)が、エンジンからぐるっと伸びているのがわかりますか?

このマフラーのパイプが足をのせる所よりも上にあるバイクが、バイクアクション用に使用されたカブトローなんです。画像でいうと右上のカブトローですね。バイクに詳しい方はもっと細かい違いがわかるようですが、専門用語がたくさん並ぶのでここでは省きます。

バイクアクションの後継者!オフロード用


オフロード用に使用されたオフロードバイク(まんまですね~)は、舗装されていない道路や道として整備されていない場所を走るためのバイクです。タイヤが大きく、衝撃を吸収するための工夫がされています。イメージは土や砂利道用です。

道路以外の場所を走行するシーンで主に使用されていますが、6話でトライアルバイクが大破して以降バイクアクション全般で使用されるようになりました。ということは、戦闘シーンでは常にこのバイクが活躍してくれるんですね。

オフロード用のカブトローの見分け方でも、先ほどのバイクアクション用と同じ場所に注目します。バイクアクション用が足をのせる所よりも上にマフラーが伸びていたのに対し、オフロード用は足をのせる所よりも下側にマフラーがあるんです。

6話以降の戦闘シーンは全てオフロード用のバイクが使用されていますが、オンロード用とも見分ける方法がありますよ。それは次のオンロード用バイクで解説しますね。

デザイン重視!オンロード用


オンロード用バイクは道路を走るためのバイクですので、主に戦闘以外で城茂が乗っているのがこのカブトローです。アクションに使用されるバイクと違い、道路は衝撃が少ないのでよりデザイン性を重視した装飾が可能なんですよ。

オフロード用とオンロード用のバイクの違いは一目瞭然!オフロード用のバイクはアクションを行うためにシンプルなデザインにされていますが、オンロード用のバイクはでかでかとした装飾がされています。

わかりやすい違いを詳しく説明すると、オンロード用のバイクの後ろの部分からまるでエビの尻尾のようなテールと呼ばれるパーツが伸びています。これはオフロード用の2台のバイクには付いていないパーツです。

もう一つの違いは、オフロード用と同じようにエンジン回りが赤色に塗装されている中、マフラーのパイプだけは銀色のままになっているところです。赤より銀の方が見栄えがいいということでしょうか。私は赤でも好きですけどね~。

3台だけじゃない?カブトローは5台ある説

真相を知っているのは東映の制作スタッフやキャストの皆さんだけですが、マシンの違いを見つけて「ここがこうなっているからこのバイクは◯◯だ!」と推測する方は多くいらっしゃいますよね。

前述の通り、カブトローは3台あると言われていますがベースとなったバイクの種類が情報源によって異なります。ウィキペディアなどのネット百科や個人ブログなどでいろんな意見が飛び交っている中、実は5台あるという説もありました。

カブトローのベース車に関してはいろんな種類のバイクの名前が出てきますし、もしそのバイクが使われていたんだとしたら、5台ある説は本当なのかもしれませんね。

マシンの違いを解説できて、かつそれを5台分も挙げることができたら、それはもうカブトローマスターとしか言いようがありません!ですが、その違いを見つけるには、まずバイクに詳しくなる必要がありそうです。

使い分けなんてできない!オン・オフ両方走るなら

オンロードバイクは街乗りや高速道路に特化したバイク、オフロードバイクは林道などの舗装されていない場所に特化したバイクですが、普段の生活で道路だけを走る方、もしくは山道だけを走る方はほぼいません。オン・オフ両方走るけどバイクは1台。そんな時どちらのバイクに乗ったらいいんでしょう?

先に結論を言ってしまいますが、私がリサーチした結果、1番理想的なのはオンロード向けのタイヤに交換したオフロード車のようです。オフロード車が良いのではなく、タイヤを交換したオフロード車がベストなんです。それはなぜなんでしょうか。

わかりやすくするために、まずはオフロードバイクのメリット・デメリットお伝えします。

【メリット】

  • 視点が高いので見晴らしが良く、周囲の状況を把握しやすい
  • 車体が軽いので、転倒したときに車体を起こしやすい
  • ハンドルの切れ角(回り具合)が大きいので扱いやすい
  • 車体が傷つきにくい、ついても目立たない
  • 燃費が良く、消耗品も安いので維持費がかからない
  • 構造がシンプルなので整備性がいい

【デメリット】

  • オフロード車のタイヤは舗装された道では滑りやすく、摩耗が早いためすぐに交換が必要になる
  • 高速道路は疲れやすい
  • ハンドル幅が広く、市街地などでは車のミラーなどに当たらないよう注意が必要

見晴らしの良さと扱いやすさは、街乗りには重要なポイントですよね。まさに街乗りできていいことだらけのバイクです。バイク初心者の方はオフロード車に慣れてから好きなオンロード車を選んで乗った方が良いそうですよ。

良さがわかったところで、今度はデメリットに着目してみましょう。

オフロードバイクの欠点はそのタイヤにあります。ですが、タイヤを交換してしまえば、デメリットが1つ無くなりますよね?オンロード用のタイヤに交換することが理想なのは、そのデメリットを無くすためなんです。なるほど~って思っていただけましたか?

ハンドル幅が広いというデメリットはあくまで車の横などをすり抜ける時のことですので、無理してすり抜けようとしなければデメリットではなくなります。駐輪場では気にしないといけませんけどね。

唯一どうにもできないのが、高速道路での疲れやすさ。これはバイク全てに当てはまることですが、スピードが出れば出るほど身体が風圧に耐えられなくなってしまうんです。特にオフロードバイクは上半身全体で風を受ける体勢で乗るため疲れやすくなります。

オフロードバイクは高速道路には向かないようですが、スピードと休憩頻度に注意して短距離を走る分には大丈夫という意見もありました。高速道路で乗れないというわけではありませんので安心してくださいね。

オフロードバイクがオススメとか言っちゃってますが、やはり一番良いのは自分の気に入ったバイクに乗ることですよ。これはあくまで参考です。いろんなバイクを見てまわって相棒と呼べるバイクを見つけてくださいね。

仮面ライダーストロンガーの歴代バイク【カブトロー】を実際に無料視聴することができます!今なら限定無料配信してます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダーストロンガーのバイクはカブトロー
  • カブトローはベース車が3台あった
  • ベース車は中古でも購入が難しい
  • 3台のカブトローには見分け方があった

私は子どもの夢を壊してしまいそうって思いましたが、3台のカブトローの間違い探しは仮面ライダー好き、バイク好きのお子様にとっては楽しいかもしれませんね。仮面ライダーシリーズの会話のネタにもなりそうです。

マシンが3台あることにも驚きですが、見分け方を見つけた方々にも驚きですよね。わざわざマシンを使い分けしていたぐらいですから、きっと仮面ライダーストロンガーのバイクアクションはすごかったに違いありません!機会があったら観てみたいものです。

 


バイクだけが仮面ライダーの魅力じゃない!久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で楽しく安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ