超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



爆発的な人気で驚きの視聴率をたたき出し、人気の土台となった仮面ライダーV3。主人公の風見志郎(かざみ しろう)が格好良かったですよね。格好良さを演出するのに欠かせないのが敵役です。

仮面ライダーV3に出てくる悪の組織『デストロン』。昭和ライダーに出てくる敵役は外見も、キャラクター的にも非常にインパクトがありますよね。中でもⅤ3を最後に苦しめた怪人がヨロイ元帥(よろいげんすい)でした。

『最も卑怯で最も残忍な幹部』と呼ばれていますが、どんな怪人なんでしょうか?今回はヨロイ元帥について紹介します。

ヨロイ元帥は残虐非道な大幹部

仮面ライダーV3に登場する『デストロン』には4人の大幹部と呼ばれる中ボスが登場します。最後に出てくるのがヨロイ元帥です。放送から30年以上も経っているのに、今でも嫌われ者として名を残しています。

元帥というのは軍隊の階級のことで、大将よりも上の階級となりますから、軍隊の中でも一番偉い人がなります。やっぱり最後に登場する大幹部だけあって役職も凄いですね。

しかも、他の大幹部は忘れられていてもヨロイ元帥はなんだか覚えているという人も多いですね。それだけインパクトのある怪人でした。

それでは、なぜこんなにも嫌われているのか?こんなにも印象が強いのはなぜか?詳しく紹介してみたいと思います!

ヨロイ元帥とは?

赤銅色(しゃくどういろ)の鎧(よろい)と兜(かぶと)に身を包んだ姿はまさに完全防備という感じに見えて、ヨロイ元帥という名前の通りといった感じがします。

赤色の鎧を見ると甲斐の虎と呼ばれた武田信玄の『赤備え』をイメージしてしまうのは私だけでしょうか?

「甲斐の虎(かいのとら)」とは?「赤備え(あかぞろえ)」とは?

武田信玄が山梨県をおさめた時、あまりにも強いことを恐れられて「甲斐の虎」と呼ばれるようになりました。

戦国時代、武器や鎧を色で統一した色備えというものがありました。その中でも赤で統一した「赤備え」は武術にすぐれ、勇気のある強い武将が引き連れているエリート部隊であることが多かったです。

特に武田の赤備えは誰もかなわないくらい強かったため「赤備え隊は最強部隊」として各大名に知られていき、いつしか赤備えといえば武田信玄と言われるまでになったのでした。

武田信玄が亡くなった後も、歴代の名武将が赤備えをしていました。

左手には、モーニングスターという武器を持っていますね。トゲのある鉄球に鎖を取り付けたような武器です。重そうな左手です。この武器で攻撃されたら痛いなんてもんじゃないでしょうね。

ドラゴンクエストシリーズをやっていた人はなじみがあるのではないでしょうか?この武器を持っている敵キャラも出てきますし、武器屋で買ったりしたことがあるかと思います。

赤銅色の鎧に武器は重量感たっぷりのモーニング!見た目には最後の大幹部らしい強そうな感じがしますよね。

ヨロイ元帥の特徴

見た目のインパクトはなかなかのものがありましたね。それではその特徴についても紹介していきます。

特徴

  • ヨロイ一族の長
  • 血を見ないと眠れない
  • チンギス・ハンの血を引く
  • 兜からレーザーが出る(テレビでは使用されていない)
  • 他の大幹部と同じように口調が独特
  • 『結果が全て』が信条

血を見ないと眠れないなんて、どれだけおぞましい性格なんだ!!と思いましたが、もしかしたらチンギス・ハンの血を引いているからかもしれませんね。

モンゴル帝国を一代で築き上げたチンギス・ハンは歯向かうものは絶対に許さなかったといわれていて、町を1つ壊してなくしてしまうほどだったといわれています。

人類史上で最も大きなの帝国を築き上げるために、時には普通の人では考えられないようなヒドイ作戦も必要だったのでしょうか?反面、ついてくる人にはすごく優しかったみたいですね。

モンゴル帝国の基礎を築き上げた男チンギス・ハン。その遺伝子もまた偉大
イギリスの遺伝学の研究チームが驚きの発表をしています。それは、チンギス・ハンの直系の子孫が現在でも1,600万人いるという内容なんです。

世界最強の帝国を作り上げたチンギス・ハンには本妻の他にもたくさんの愛人がいたとか、一生のうちで自分の子供は100人を超えるとも言われています。恐るべしモンゴル帝国!恐るべしチンギス・ハン!

チンギス・ハンの事を知ると相撲界でモンゴル人力士が活躍しているのもなんだかわかる気がしますね。

また、口調も独特でデの後を母音を残しながら伸ばすように言う『デェーストロン』と独特な言い方も特徴の1つですね。

ちなみに初代の大幹部であるドクトルGは、日本語がカタコトという設定のため独特な口調をしています。大幹部あるあるの1つですね。

本当は違った!!赤銅色の鎧の秘密!?

血を見ないと眠れない性格のヨロイ元帥。怪人だって毎日眠るはずです。そうなると、大変な量の血を見てきていることになりますね。実はここに鎧の秘密があるのです。

本当の鎧の色はなんと銀色だったのです!!

『え~赤銅色と全然違うじゃん!』と思った人。まさにそうです。私も最初にその事実を知ったときは目が飛び出るくらいにびっくりしました。

じゃあ、銀色の鎧がなぜ赤銅色になったのか…。それはたくさんの血を浴びすぎたのが原因とされています。どれだけの量の血があれば鎧の色が変わってしまうのでしょうか?想像することもできません…。ん~こういったエピソードにもヨロイ元帥の性格がひどいということがチラつきますよね。

登場はいつ?

ヨロイ元帥が登場するのは41話から最終話までです。出演回数は大幹部の中でドクトルGに次ぐ2番目に多いですね。

大物だからかなと思いましたが、当初は他の大幹部と同様に5~6話の出演予定だったみたいです。後ほど紹介するライダーマンとの関係もあり出演回数が多くなったんですよ。

ちなみに40話の最後にその姿を確認するシーンがありますが、逆光で顔は判明せず、まだ何者なのかも明かされることはありませんでした。

しかし、そのシルエットは強烈なインパクトとともに次回を楽しみにさせる演出として十分でした。

初登場となる41話「あッ!人間が溶ける!ヨロイ元帥登場!」では、仮面ライダーV3(風見史郎)にとって親友である高木裕介(たかぎ ゆうすけ)にアルマジロの能力を実験により合体させた怪人『ガルマジロン』を送り込みます。

親友同士を戦わせるなんて、なんてひどい作戦を思いつくんでしょうか。人の一番痛いところをついてくるタイプってイヤですね、歪んでますよ。

最後はV3必殺の回転フルキックによりガルマジロンは倒されます。自身が倒した高木を抱いて歩く姿はすごく寂しそうな背中でした。

パパ
自分の大事な友達を自分の手で倒さなけらばならない、なんてどんなにつらいことなんだろう、男の背中がそのつらさを無言で語っているよね。

結城丈二(ライダーマン)との因縁

仮面ライダーV3とともにデストロンに対抗しているライダーマン。実はこのライダーマン誕生にヨロイ元帥が大きく関わっているのです。

首領は、元々デストロンで科学者として働いていた結城丈二(ゆうき じょうじ)をツバサ大僧正(つばさだいそうじょう)亡き後の幹部にしようと考えていました。

そのことを知ったヨロイ元帥はそれが面白くありません。自身の立場が危ないと考えたのでしょう。新しい上司にこき使われる自分の姿を想像したのかもしれませんね。

そこで卑怯にも結城をワナにはめて処刑しようと考えるのでした。途中まで思い通りにいき、結城を逆さ吊りにしていよいよ処刑するところまでいきます。

しかし、最後の最後で失敗し取り逃がしてしまいます。そして、見事に逃げ延びた結城はヨロイ元帥への復讐を誓い、ライダーマンへと変身するのでした。

仮に保身のために仲間を罠にはめるなんて考えなければ、結城がデストロンから抜けるようなこともなく、ライダーマンは誕生せず、その後のライダーたちとの戦いも違ったものになっていたかもしれません。

自らの手で最大の敵を生み出すエピソードに大きく関わっているとことが、そのキャラクターとともに長い年月を経ても忘れられない存在となる理由のひとつなんですね。

仮面ライダーを苦しめた様々な作戦

親友同士を戦わせるだけでも当時の視聴者からはブーイングの嵐だったかと思いますが、以降も数々の作戦を思いつき実行していきます。

ヨロイ元帥が仕掛けた数々の作戦を紹介します。

年賀状大作戦!

日本人なら大体の人が送りあう年賀状。旧年の感謝と新年のあいさつを書いて送りますよね。年始に届く年賀状は新年の楽しいイベントの1つですね。離れた人からもらうと懐かしい気持ちでほっこりした気分になりますよ。

ヨロイ元帥は年賀状を結城丈二に送ります。『新年おめでとう』から書き始められたハガキにはご丁寧にもデストロンの住所が書かれていたのです。アジトへと乗り込む風見史郎と結城ですが、これはヨロイ元帥の仕組んだ罠でした!

事前に、部下に整形手術をすると結城のニセモノを作ると、まんまと乗り込んできた結城をとらえると、ニセ結城と風見を合流させます。

ニセモノだとは全然思っていない風見はニセ結城と一緒に本部に帰ろうとしたところ、なんと崖から落とされてしまうのです。作戦成功と思ったニセ結城は、本部へと乗り込み少年仮面ライダー隊を倒そうとします。

ママ
子供まで攻撃しようなんて、上司の性格の悪いところをそっくり見習っちゃってるのね!許せないわ~。

しかし、ギリギリのところで、生きていた風見が助けに来て、みんなを逃すことに成功するのでした。その後、ヨロイ元帥はポロっと結城がニセモノであることを言ってしまい、全て仕組んでいたことがバレてしまいます。

結局、ニセ結城は仮面ライダーV3と本物のライダーマンに倒されます。

手の込んだ作戦であと一歩のところまでV3を追い詰めますが、最後の詰めをしくじってしまうんですよね。

それにしても、悪の組織が年始の挨拶をするとは…。こういったおもしろい発想は昭和ライダーを楽しむポイントの1つですね。

真空空間への閉じ込め作戦!

アジトをつかんだ仮面ライダーV3とライダーマンは敵のラスボスである首領を倒すために、もう一度アジトへと入っていきます。

これも罠でした。V3たちの弱点が真空状態であることを知ったヨロイ元帥はV3たちを閉じ込めるために、再びアジトへと招き入れます。それにしても、自分の上司をエサにして敵をおびき寄せるなんて…。現代社会であれば逆パワハラですよ。

敵のワナということを知らない、V3とライダーマンはまんまと計画にはまってしまい真空空間に閉じ込められてしまいます。ん?真空状態?それって人間は生きられるの?体が破裂するんじゃない!?

ということで、調べてみるとどうやら体が破裂するというのは都市伝説みたいですね。実際には息ができない状態になるみたいです。

あの「NASA」で事故があったんだって!?

過去にNASAで真空状態に閉じ込められた事故があったようで、その際は14秒間意識があったとされています。それ以上の時間が経過するのは大変危険で、そのままの状態1、2分経過すると命の危険も!

ちなみにこの事故にあった人は、適切な処置のおかげで意識を取り戻すことが出来たそうですよ。

パパ
怖い事故だね~。助かったならよかったよかった。

人間が真空状態となるのはかなり危険です。良い子のみんなは真空状態の場所には近づかないようにしましょうね。

ワナにはまったV3とライダーマンですが、携帯用の酸素ボンベを持っていたのですぐには倒れません。しかし、ふたりを閉じ込めているすきに、全ての人間を倒そうとします!

Ⅴ3たちは助けに来た仲間の力を借り、脱出することに成功するのでした。脱出したV3たちはすぐさまみんなを助けに向かいます。最後は必殺技も決まり人類の平和が守られるのでした。

その歪んだ性格のせいなのか、いつもジワジワと苦しめながらⅤ3を倒そうと考えてしまい、それがあだとなり失敗してしまうんですよね。本当に途中までは作戦が良い感じで進むのですが…もったいない…。

ジワジワは失敗の元ですね。まぁこの性格の悪さがヨロイ元帥らしいところなのかもしれません。

残忍非道の怪人ヨロイ元帥の最期!!

見ている人を嫌な気持ちにさせてきたヨロイ元帥にもいよいよ最期の時がきます。

様々な作戦で仮面ライダーを苦しめるも全て仮面ライダーV3に邪魔をされてきたヨロイ元帥はいよいよ最後の作戦に打って出るんです。

しかしその作戦もまた、いつものとおり最後のところでV3とライダーマンによって失敗してしまうことに…。

自身も正体であるザリガーナに変身し仮面ライダーV3と戦いますが、V3による強烈な攻撃を受けやられてしまうのでした。元の姿に戻ると、最後の力を振り絞り、命からがらアジトへと向かいますが、そこにいたのは怒り狂った首領でした。

「首領、私を見捨てないでください」

みじめにも命乞いをするのでした。自分以外の人に対してひどいことを行ってきたのに、自分の番になるとみじめな姿をさらすことに…。最期は、『お前は役に立たん』と見限られ処刑されます。大幹部の中で最も情けない最期となってしまいました。

性格が悪くてひどいことをしてきたうえに、自分のことを守るためならどんなみじめな姿もさらすその姿にはさらにズルいという言葉も付け加えたいくらいですね。

最期までTHE・悪役でした。

ヨロイ元帥の数々のずるい作戦がみられる仮面ライダーV3の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓



ヨロイ元帥を演じたのはどんな人?

ヨロイ元帥を演じたのは中村文弥(なかむらぶんや)さんです。まずは簡単にプロフィールをどうぞ

プロフィール

  •  愛称『ブン』
  •  生年月日  1946年1月10日
  • 出身  埼玉県
  • 大野剣友会の初期メンバ
  • 剣技が上手であり、指導するほどの腕前

亡き母の影響を受け演劇の道を志し、17歳から劇団入りします。その後、中村さんにとっても仮面ライダーにとっても運命的な出会いを果たすことになるんです。それは大野幸太郎さんとの出会いでした。

その後、23歳の時に『柔道一直線』で役者デビューを果たすとスタントマンとしてテレビや映画などで活躍します。

さらに、25歳の時に戦闘員役として第1話から『仮面ライダー』に出演、その後もスーツアクターとして数々の作品に出演することになるのでした。

仮面ライダーとの関係も深い大野剣友会
殺陣師(たてし)であった大野幸太郎さんが設立した殺陣集団。殺陣とは映画などで格闘シーンの時、武器などを用いた演技をすることです。その演技をする人たちが所属していたのが大野剣友会だったんですね。

始めは時代劇などで活躍していましたが、『柔道一直線』でのアクション以降、仮面ライダーをはじめとする特撮作品などで活躍が光るようになります。

所属していた方はスーツアクターとして活躍し、『ミスター仮面ライダー』の異名をもつ中屋敷哲也(なかやしき てつや)さんや、仮面ライダーの変身ポーズを開発した高橋一俊(たかはし かずとし)さんなどが所属していました。

そのお仕事教えて!スーツアクターってなに?
特撮ヒーロー番組にとって欠かすことのできない存在で、着ぐるみや変身コスチュームなどを着用して演技をする人達をいいます。

以前は、俳優さんがスーツアクターも一緒にしている人が多かったのですが、現在では専門の方が多いようです。アクション要素の高いヒーロー作品においてはスタントをしながらも演技を行わなければならないため高い技術が求められる仕事と言えます。

仮面ライダーシリーズを中心に数々の特撮作品で活躍され、数え切れないほどの子供たちの胸を熱くしたブンさんは33歳という若さで芸能界を引退します。

そのきっかけとなったのはやはり大野さんでした。師匠の大野さんが引退するときに、自身も引退を決意するのでした。

大野さんとの運命的な出会いから16年、お二人の並々ならぬ深い絆がこういったエピソードからも知ることが出来ますね。

仮面ライダーに対する熱いエピソード

悪くてひどい、ついでにズルいという悪の3拍子が揃ったヨロイ元帥を演じたブンさん。俳優さんってどうしても演じたキャラクターのイメージがついてしまいますよね。

しかし、ヨロイ元帥とブンさんは全く違い、大野剣友会きっての二枚目としても知られていて、気立てが良く優しい性格であったといわれています。

さらに!仮面ライダーに対する熱い思いと格好良いエピソードがあるんですよ。この話を最初に知った時は胸にグッとこみあげるものがありました。

撮影中、ロケ地でのスタッフが何気なく仮面ライダーのマスクを地面に置いているのをみて『その面を何だと思っている!そいつは主役の顔なんだぞ』と大声で怒鳴ったというのです。そのとき中村さんが演じていたのは戦闘員。いうなればショッカーなんですよね。

その一戦闘員であった、ブンさんから出た一言は、仕事に対して真剣に取り組んでいたからこそ出た一言であり、どんな時でも主役をないがしろにすることなど許さない、という仮面ライダーに対する熱い思いを感じさせるエピソードです。

このエピソードがきっかけでその後、仮面ライダー2号のスーツアクターとして活躍することになるのでした。人生何があるのかわかりませんね、何事も一生懸命であればどこかで誰かが見ていてくれるものなんだなと感じます。

パパ
仕事に対して一生懸命向き合う姿は誰が見ても格好良いよね。パパもこういう人と仕事がしたい!

現在は?

33歳で芸能界を引退した後は会社に勤め、晩年にはOA機器の部品製造会社を経営していました。大野剣友会の仲間たちとも親交があったようです。

52歳の時に特番で10年ぶりに藤岡弘さんと大野剣友会のメンバーが再開する企画があり、初代ショッカーのブンさんと初代仮面ライダーの藤岡さんが、時を越え時代を越えて熱く抱き合っていた姿は胸を打ちました。そして、テレビ出演はこれが最後となります。

最後のテレビ出演から3年後に悪性リンパ腫で55歳という若さで亡くなります。実はこの年齢なのですが、仮面ライダーV3に登場したキバ男爵を演じた郷鍈治(ごう えいじ)さんも同じく55歳で亡くなっているのでした。

この事実を知ったときは少し鳥肌が立ちました。仮面ライダーV3という偉大な作品を盛り上げた2人の俳優が同じ年齢で亡くなるなんて、なんだか因縁めいたものを感じるのは私だけでしょうか?

そんな中村さんが演じたヨロイ元帥がみられる仮面ライダーV3の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

実はこの人もスーツアクターだった!

仮面ライダーがはじまったころから、戦闘員、怪人、そしてスーツアクターとして仮面ライダーを支え続けた中村文弥さん。ブンさんたちが支えてきたからこそ今の仮面ライダーがあるのでしょうね。

そして、今では仮面ライダーにとってなくてはならない存在であるスーツアクターですが、実はあの有名俳優さんが下積み時代にスーツアクターとして活躍していました。しかも、仮面ライダーにも出演していたんです。

『え~だれ!?』と気になってきましたよね?それでは発表します!その俳優さんとは・・・数々の映画やドラマで活躍している唐沢寿明(からさわとしあき)さんなんです。

しかも、今回の記事で登場したライダーマンのスーツアクターをしていたんです。実際に唐沢さんが出演した仮面ライダー作品は1984年に放送された『仮面ライダー10号誕生!仮面ライダー全員集合』という作品です。

スーツに身を包んで出演されているので作中でお顔を拝見することはできませんが、ライダーマンの仮面は口の辺りだけは出ていますので、口の周囲を確認することが出来ます。唐沢さんファンの人なら一発で分かるかもしれませんね。

スーツアクターのお仕事はアクションも演技もできないといけないので高い技術が求められますが、唐沢さんは演技力も抜群ですし、運動神経もすごく良いですよね。まさに、このお仕事にピッタリという感じがします。

そんな唐沢さんですが、『イン・ザ・ヒーロー』という映画では主演のスーツアクターをしている男性の役を演じています。同じようにスーツアクターとして下積み時代を過ごした唐沢さんらしい作品となっています。

仮面ライダーのスーツアクターとして、いや仮面ライダーとして是非、また出演してほしいですよね。

まとめ

  • ヨロイ元帥は最後の大幹部
  • チンギス・ハンの血を引いている
  • ライダーマン誕生に関わっている
  • ヨロイ元帥を演じたのは山本文弥さん
  • 唐沢寿明さんは下積み時代にスーツアクターをしており、ライダーマンも演じていた

ヨロイ元帥は時を経てなお記憶に残る大幹部でした。それは、仮面ライダーに対して仕掛けた様々なワナやエピソードもありますが、ライダーマン誕生に関わったことも1つの要因となっていました。

ヨロイ元帥を演じた中村文弥さんは、仮面ライダーが始まった当時から戦闘員として活躍しており、仮面ライダーを盛り上げるのに欠かせない役者さんの1人であり、仕事に対しての熱意あふれるとっても男らしい方でした。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ