超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



1987年10月から全51話にわたって放送された仮面ライダーBLACKは、悪の組織から逃げ出したヒーローが正義のために戦うという原点に立ち返った作品となりました。

この悪の組織には欠かせないのが、次々と送り出す怪人たちを仕切り頭を使ってヒーローを困らせた剣聖(けんせい)ビルゲニアでした。

今回は作戦を考えるのが好きで個性的な剣聖ビルゲニアについてみていきたいと思います。

剣聖ビルゲニアとは?

名前を聞いただけで何とな~く剣を上手に使う方なんだろうなと想像がついているそこのあなた!そうだけど、それだけじゃないっ、のです。

魔術や催眠術を使いこなし頭をつかってライダーを困らせた賢いところがある一方、反発心の強い中学生みたいなところがあり王に怒られ3万年も閉じ込められていたんです。

ね、色々気になってきたでしょう。お顔をみただけでインパクトがあるビルゲニアを知ると、今夜は眠れないかもしれませんよ。さぁ、前置きはこれくらいにして剣聖ビルゲニアについてさっそく語らせていただきましょう。

個性的な特徴

この、ハムが重なったような体をさらけ出しビジュアル系メイクで決めている男性がビルゲニアです。個性的~と感じるのは私だけでしょうか?なんてファッションセンスにあふれているんでしょう!

  • 身長:198㎝
  • 体重:88㎏
  • パンチ力:4t
  • キック力:9t
  • ジャンプ力:ひと跳び30m
  • 誕生日:三万年前の日食の日

古代の魚をモチーフとしたデザインとなっているんですよ。そういえば何だか熱帯魚みたいな感じを受けませんか?

お魚だからって甘く見てはいけませんよ。素手での闘いやパワーは仮面ライダーBLACKにかないませんが、「剣聖」とよばれるだけあって剣さばきがお上手!

「ビルセイバー」と呼ばれる剣でバッタバッタと斬り捨て、風速200mもの風「ダークストーム」を起こすこともできる不思議な剣なんです。

風速200mがどれくらいスゴいかというと、60m以上で「木造住宅の倒壊が始まり鉄骨構造物が変形する」とされているので想像もつかないほどとてつもない風だということですね!

パパ
台風よりも強い風を起こせる剣なんだな。危険すぎる!

「ビルテクター」とよばれる盾も頑丈で、BLACKの必殺技キックやバイクでどーんと当てられても倒れない強さをもっているので防御力も素晴らしいですね。

他にも魔法みたいなのは使えるわ催眠術も使えるわ、変装もお得意なので光の剣になって飛んじゃうこともできちゃいます。

おどろくことに他人の目をじっと見ただけでその人をそっくりコピーすることができるというルパン顔負けの技をもっていますが、これがまたコピーした人間はこの世にいなくなってしまうという危険なやつなんですよ。

そうまでしてその人になりきって潜入しライダーをやっつけようとするのに、ライダーにみやぶられているのでルパンよりはだいぶツメが甘いようです。

オレより変装が得意だって~?ジョーダン言うなよと~っつあ~ん

「ルパン三世」はモーリス・リブラン原作の小説に登場する主人公の盗賊「アルセーヌ・ルパン」の孫という設定でモンキーパンチ氏が描いた漫画である。

1967年から2年間漫画雑誌で連載され、1971年にアニメ化された作品は見る者の想像を裏切る展開で今もなお多くのファンを引きつけてやまない痛快アクションである。

 

こんなにも色々できるなんてそりゃあ自信満々にもなりますよね。表情にもそうした性格がみてとれます。出で立ちからもう「オレはカッコいい、素晴らしい」と思っているフシがあるように思いますね。

ママ
要するにうぬぼれが強い「オレ様」って感じのひとなのね~。

例えばそのプライドの高そうな表情の白いお顔、奇抜なメイクだってそうです。これ、何だか十万年以上生きている悪魔のあの方にソックリじゃありませんか?

コメンテーターとしても活躍していた悪魔

目が合うと蝋人形にでもされそうなコワいお顔の彼は10万年も生き続けているという悪魔。ロックグループ「聖飢魔Ⅱ」(せいきまつ)に属してそのパワフルボイスも披露している。

大の相撲と広島カープファンであり、人間界でいうと昭和37年生まれのオジサンらしい。

この個性的なメイクと出で立ちは、かなり「こだわり」のある方とお見受けしましたよ。しかし最初は素顔っぽい色にチョチョッとメイクをしている程度だったんですが、白いお顔に変わっています。

もとはどんなお顔だったか気になりませんか?ごらん下さい、ドンッ!

お、おお~。何だか地味~…という印象じゃないですか?これでは数々の怪人を送り出すボス的存在としては少し頼りないんじゃないでしょうかね。白いお顔の方がグッとアーティストな感じでフンイキもいいですよね~。

彼の美意識がもっと美しいお顔へと変化を求めていたのもあるかもしれませんが、復活したばかりで顔色が良くなかったのだろうといわれております。

しかしおそらくテレビの前のチビッ子達の反応がイマイチだったためメイクチェンジとなったのでは?とささやかれています。

ママ
もともとのお顔のほうが美白なのね~
パパ
確かに、白塗りメイクの方が悪役って感じがしていいよね

ところで復活したばかりって何?と思いましたか。そうなんです。最初にお伝えしたとおり、このプライドの高いお方は長いこと閉じ込められていたんですね。実は三万年前の日食の日に生まれてる縄文土器より古い方なんですよ!

社会の授業で習っただろ?縄文土器

約1万6000年前から約2300年前ごろの縄文時代に、日本列島のあちこちで作られた土器。獲ってきたケモノなどを料理する時に使ったものとされている。

彼だけでなく、ボスである創世王も5万年も前から生き続けているんです。そうして世界を自分達のものにし支配しようとしてきたんですよ。

ちょこっと一回このお話について説明しておこうか

悪の秘密結社ゴルゴムは世界征服のために何万年も前から動いていた。創世王と呼ばれるボスの言うとおりに地球のあちこちで人々を困らせ地球を自分達が支配しようとしてきたのだ。

5万年に一度の創世王を決める時期がやってきた。今の王はもう若いときの仮面ライダーのようにカッコいい姿ではなく、年を取ってデッカい心臓そのものような形になっているのだ。

候補者は5万年に一度の日食の日に生まれた者…19歳の誕生日をむかえた南光太郎(みなみ こうたろう)秋月信彦(あきつき のぶひこ)だ。二人ともゴルゴムにさらわれ創世王の候補である「世紀王」となるために改造手術をされてしまった事からこの物語は始まる。

普通の大学生としての日常を奪われ望んでもいないのに光太郎は「太陽の石」を、信彦は「月の石」と呼ばれる高いエネルギーをもつ物質を埋め込まれた。どちらが王にふさわしいかは戦わせて決めることになっているというではないか。

二人にとってそれほど残こくなことはない。幼い頃に両親を失った光太郎は信彦の父・秋月総一郎(あきつき そういちろう)に育てられた。同じ日に生まれ共に育ってきた信彦とは家族でもあり青春を分かち合ってきた親友だったのだ。

運よく光太郎は育ての親である秋月総一郎の助けによって手術の途中で逃げることができたが、信彦はかつて家族や仲間と過ごした人間としての記憶をほぼ失い、脳まで改造されてしまった。

光太郎は仮面ライダーBLACKとしてゴルゴムをやっつけ信彦を救い出すことを決めた。親友を救い出し、悪の組織をやっつけることはできるのかー。

創世王になりたかったのに…

縄文土器よりも長くこの世にいるビルゲニアは運が悪いんです。5万年に一度の日食に生まれていたら創世主という悪の組織ゴルゴムの支配者になれたかもしれないのに…2万年早く生まれてしまったんですよ。

ちょっと、いやかなり早く生まれちゃいましたね!お気の毒です。

何が一番気の毒って、この方は創世主になりたくてたまらない人なのです。別に興味がないなら問題はないんですが、何せプライドが高く自分にはその資格があると思いこんでいるんですよ。

そんな人だから、スネちゃったんですね~!反発してグレてしまい、大ボスである創世王が怒ってしまって棺桶(かんおけ)に閉じ込めてしまったという訳なんです。

パパ
吸血鬼でもないのに棺桶でジッとしているなんて地獄だな!

可哀想にも思えますが仕方ありません。そんな痛い目にあったというのに大幹部の三人「三神官(さんしんかん)」の命令を無視して自分の判断で行動するなど生意気な態度なんですから。

カーテンかぶって遊んでいるわけではない!三神官を説明しよう

ゴルゴムでえら~い大幹部の三人のことをいう。すごい力をもつといわれるパワーストーン「天」「海」「地」の石をそれぞれ持っている。

ダロム:写真中央で座っている一番年寄りでお肌はしわくちゃだが頭がよいとされるリーダー。右手でチョチョチョッと遺伝子をいじくることができるので改造手術は主に彼にお任せだ。

一番年上なので仲間割れしそうな時は「まあまあ」となだめる役もしなければならないが、本当に大事にしているのは創世王だけで、怪人たちがどうなろうが何とも思っていない冷たい所がある。天の石をもっている。

バラオム:写真右側で背が高くってツヤツヤした緑色のお顔をもつナイスガイ?ちょっと短気でけんかっ早いがまっすぐな仲間思いなためか、よくビルゲニアにからかわれてカッカと怒ってしまう。

ロボットみたいな手で光のビームをだして攻撃できるし、ピカーンと光る目で夜道も安心で心強く一緒にいたら助かるがなんだか機械じかけな男である。海の石を持っている。

ビシュム:写真左側で自分でメイクしたのか元々なのか、右と左でちがうピエロのようなアートっぽい顔をもつ。占いのように右目で未来を、左目で過去が見える。

それだけでなく熱い光の玉を放って攻撃することができるという恐ろしい目である。自分の手下である怪人には母性を感じるのか思いやりが見られるが、人間が苦しむことは何とも思ってないらしい。地の石をもっている。

 

長いこと生きているのに上司に対する態度とか習わなかったんでしょうか。お仕置きまで受けているのに全く反省している様子がありませんね。表面上は丁ねい~な態度をとっていると見えても反発心がもの凄く、キッツ~い中2病ではないかと思うくらいですよ。

ある落語家が言い出したことから始まった「中2病」

実際にそんな病気はないが、中学2年生くらいになると多くの子が大人に反発したくなったりカッコよく見せたくて洋楽を聴いてみたり、美味しいと思ってもないコーヒーを飲み始めたりする思春期の心理状態を例えた言葉。

落語家である伊集院光がラジオ番組で発した造語から広く世間に親しまれるようになった。「大人は汚い」「因数分解は役にたつのか」などといったリスナーの声をとりあげ強く共感を呼んだのだ。

パパ
ボク…いや、オレが中2のときは、何話して良いか分かんないだけだったけど女子なんか興味ないぜオーラを出してやったもんだぜ!

こんな性格だってことは大昔から知っていたしさんざん命令されたりしてイヤな思いをしたそうでして、三神官はそろいもそろって彼が復活することに反対していたんですよ。

なのに王様候補が決まらないことで命が長くない老人の創世王も焦りまくっていたんでしょう。「もしも信彦が復活しなかったときのために」と保険をかけたつもりで復活させちゃったんですね~。みんなは心の中ではブーイングの嵐だったことでしょう。

まあ、ボスも苦しんだうえの決断ではあるんですよね。BLACKを自分達の味方にすることもやっつける事もできないし、改造したはずの信彦はカプセルの中で眠ったままなんですからね。

ママ
上に立つ者は苦労するのよねェ。あとつぎを生み出さないといけないんですもの。
パパ
悪のボスも何かと大変なんだね~。でもビルゲニアはチャンス!と思ったんじゃないの?

その通り、ビルゲニアは「オレの時代が来たぜ~」とルンルンで復活したことでしょう。めでたく復活して出てきたとたんに自慢の剣で棺桶をぶった切っていますからね。

うれしい~って気持ちと、こんなもん!という反発心からの行動でしょうね~ビルゲニアらしいです!

そしてまだ見てもないのにBLACKなんかチョチョイのチョイでやっつけてやるみたいな生意気な事を言うんです。絶対に奴には負けるもんかって気合いでいっぱいですね。

ママ
そん~なに創世王になりたいのね!
創世王になったらどんな良いことがあるの?

若いときはBLACKのようにピチピチでカッコいいのでみんなにチヤホヤされて良い気持ちにもなれるだろう。しかしそれだけではない。世紀王がもつ2つのキングストーンを揃える事で創世王の称号を得ると、年を取って上の写真のような姿になっても地球を壊してしまうくらいものすごいパワーをもてるのだ。

世紀王同士の戦いに勝てばキングストーンだけでなく、サタンサーベルという王さまだけが持つ剣をいただける。これもただの剣ではなく、人の心を操ったりと魔法のような力ももっているのだ。

彼は自分に自信をもっているので、BLACKの「欲しくもないのに資格をもっている」っていうのがムショーに腹が立つんじゃないでしょうか?だからよけいに目のかたきにして争い、彼の持つキングストーンを奪おうとやっきになっているように私は感じますね

目のかたきって何のかたき?
パパ
誰かをライバルや敵と見て憎んだりすることだよ。いいライバルをもとうぜ!
 

ただのイケメンだったのに「太陽」のキングストーンを埋め込まれたってだけでとんでもない力が発揮できるようになったBLACKを見ていると、長い長い監禁から解き放たれたビルゲニアは「自分だってなりたいのに…」と、さぞかし悔しい想いをしたでしょうね。

ママ
悔しいくらいイケメンだしね~。

バイクも乗りこなした!

ビルゲニアは何万年も閉じ込められていたわりに現代文明をかなり使いこなしているんです。大昔にはきっとなかったであろうバイクだって、上手に運転しているんですよ。

21話でBLACKの愛車であり生きているかのように意志をもつバイク・バトルホッパーを操って暴走させたうえに自ら乗り込んで運転しているんです。これってかなり乗りこなした人でないと難しいですよね。

パパ
大昔は自転車だってなかったはずだぞ。さすがだな!

しかしバトルホッパーは王になる資格を持つ人しか使いこなせないんです。このバイクにひそかに「カッコいい~!」とあこがれていたんでしょう。

なんとBLACKのバイクを開発した大門洋一博士というエラい研究者の弟子だった江上という男性を無理矢理に連れ出しておどし、自分用のバイクを作らせちゃいました。

その名もヘルシューターという兵器にもなるバイク。コンピューターシステムでミサイルは放つわレーザーでビビビッと相手を攻撃しちゃうわで「バイク型兵器」という仕様になっているんです。

しかし上の動画を見ていただければ分かるように、コンピューターシステムがいじられおかしくなってしまったため走行中にジャンプして降りなければならず、倒れたところをBLACKにキックされ大事なバイクはドッカーンと爆発してしまいました。

ママ
バイクは走るだけでいいのよ。ミサイルなんか詰め込んじゃうから大変なことになるんだわ

バイクにまたがる姿もけっこうカッコよかったのに…いや~残念です!

こうしたことをみると確かに三神官よりも派手で大がかりな作戦を考えているんですよね。三神官が自分より下に見えてしまうのは策士だからかもしれません。

策士って呼ばれてみたいけどどんな意味?
ママ
作戦を考えるのが大好きなひとのことよ。考えつくのも早かったりするのよね~尊敬しちゃうわ

ひとの心を操るのが楽しいように見えますね。BLACKが戦う気がなくなっちゃうようにオオガネムシという虫がつがいで黄金の巣を作るというヘンな情報を流し、人間たちをお金に夢中させています。

実際にその方法で豪邸を建てた人がいるということで報道陣が取材に行くと人間に変装していたビルゲニアだったんです。人々はそのウソの情報にどんどんだまされ、会社までやめるお父さんもいるほど。

パパ
ひ~、そんな商売で会社やめるなんて、ボクにはできないなぁ

知り合いが仕事も家庭も放ったらかしてお金もうけに夢中になっていく姿にガッカリと力をなくすBLACKに、シメシメと作戦成功の予感を感じ取ったビルゲニアは、コガネムシ怪人を送り出して戦闘開始します。

コガネムシ~は金持ちだ~コガネムシ怪人は?

ビルゲニアがウソの情報を流して人々を舞い上がらせ混乱におとしいれた後、「人間なんて…守ったって仕方ないかもしれない!」とBLACKが落ち込むところを狙って送り込んだ怪人。

長い長い腕をつかってつかみあげたり毒をもった金ぴかの粉を吹いて呼吸困難にさせたりしてライダーを苦しめた。

 

しかし正義の味方は大人がどんなに欲に目がくらんでも、子ども達のキレイな瞳があるかぎり落ち込んだりしないってことをビルゲニアは知らなかったようです。惜しいところに見えましたが敗れて逃げてかえってきちゃいました。

こんな風に自分も失敗しているのに三神官の失敗を小バカにしたりしています。

テレビ画面から少年達をさらうシステムを作ったプログラマーの青年の裏切りをいち早く気づきやっつけ「自分がいなければ今ごろ大変なことになってた」みたいな事を言って三神官の事を鼻で笑っています。

ママ
イヤミなひと。3万年たっても性格って変わらないのかしらね~。

 

創世王になれそうな予感!

ついにシャドームーンが復活するときがやってきそうな気配を感じ、もういても立ってもいられなくなり自分はもう必要ないのですか~と創世王に正直に不安な気持ちを打ち明けて自分の今後の事について聞いています。

この問いかけに対してボスは、こわーい地下の洞窟へ続く道を示して言葉にはしませんが「行ってみろ」みたいな空気を発しました。こりゃ、行ったほうがいいかなと思ってしまいますよね。

行かないと自分の未来は無いなんて焦った気持ちもあったのでしょう。この時点でもうすでに冷静な判断はできなくなっていたのかもしれませんね…。

ママ
焦ったときは動いちゃダメなのよ~私の経験上。

進んだ先にはやっつけられた人達の魂がウヨウヨしててそれはもう気持ち悪いのなんのって、私なら大金積まれても行きませんよ。

それでもエイヤッと勇気をだして進んでいくんだからその野望も大したもんです。夢を持つと小さな事も気にならなくなるといいますもんね。

そんな夢見る男が進んでいくと世紀王が手にできるといわれる「サタンサーベル」が置いてあるじゃーないですか。

ママ
たしかに目の前にあったら、欲しくなっちゃうわよね~
パパ
でもあやしいぞ~何かあやしいぞ~やめといたほうがいいんじゃない?

それを見た時ビルゲニアは創世王がやっぱり自分にチャンスをくれたと思い込んだんではないでしょうか。そしてこのチャンスをものにしようと引っ張るんですけど、世紀王の二人しか手にできない決まりになっているのでなかなかとれないのです。

それでもビルゲニアはあきらめるもんかとヨイショヨイショとくりかえします。熱い炎が下から吹き上げ深い傷を負いますが執念で剣をつかみとりました!

そして信彦がシャドームーンとして生まれ変わるのをジャマしに走ります。なんてったって彼にはもう王の証しを持っているんですからね。必殺技サターンクロスを放って三神官に攻撃します。

ところが「あと少しでシャドームーン復活の時だったのに!」と創世王が怒ったのです。そして復活のためにエネルギーをもっと注ごうと天・海・地の石を三神官に出すよう命令しました。

思わせぶりな態度にどうも納得できませんが、創世王は別にビルゲニアを王の候補になんて考えてなかったようです。シャドームーンが目覚めるまでの間のつなぎでしかなかったんですね。

三神官はそれほど強くはないし彼らにはシャドームーンのお世話だってしてもらわなきゃならないし、逃げちゃったBLACKが敵となってしまい組織も危ないと思ったのかもしれません。

パパ
ほらな、だから言ったじゃ~ん。策士とか言ってるけどだまされてるじゃ~ん!
ママ
やっぱり人の上に立ったことがないから、トップの気持ちが分からないのよきっと。

それでもまだ真実をまともに見ることがこわいのか、自分はまだ王の資格があるんだと信じ続けるビルゲニアなのでした。


最期も気の毒だった!

もう一人の世紀王・シャドームーン誕生のためには信彦の妹・杏子の生命エネルギーもゴルゴムは欲しかったようです。それを知ったビルゲニアは杏子をはりつけにして火を放ち、シャドームーンが目覚めるのを止めようともう必死です。

杏子の危機は我らのヒーロー・BLACKがやってきて助けてくれましたが、それでもサタンサーベルを手に入れたもんだから気が大きくなっているビルゲニアはその剣の力で若者たちをピピッと洗脳して街をおそわせます。

こうすればBLACKがやってくるだろうというお得意の作戦です。BLACKを倒してキングストーンをいただき、我こそが世紀王になるんじゃーとこれまでにない勢いで直接対決が始まりました。しかし、まさにその時。不気味な地響きが起こります。

ママ
ま、まさか…かわいそうなことになりそう!

そうです、とうとうその時がやってきたのです。地響きの正体はゴルゴムのアジトのカプセルの中にいるはずの信彦、いえシャドームーンでした。カプセルを破ってよみがえったのです。

そして彼が放った赤い光が遠くへヒューンと飛んでいき、ビルゲニアが必死の想いでがんばって手に入れたサタンサーベルをあっさりと取ってしまったのです。サタンサーベルは世紀王が呼べばササーッと導かれるように飛んでいくようになっているのです。

アジトへ戻ってみると、みんながすがるように「シャドームーンさま」なんて神さまみたいにあがめているのを見てビルゲニアはプッツンきれちゃいました。しかし新しい世紀王にはかないませんでした。彼はそこで利用されていたことを本当に知ったのです。

「俺は利用されたに過ぎなかったのか…。創世王様ーッ!」

復活してからというもの、自分も創世王になれるチャンスがきた!とワクワクと期待に胸をふくらませていたことでしょう…

しかし全てはシャドームーンがよみがえるまでのつなぎのような役割のために、良いように使われていただけのことだったとようやく分かったのです。

しかし実際に三神官ではかなわなかったBLACKを困らせ、成長させたライバルとして強く視聴者の印象に残っています。才能がありながら3万年も閉じ込められ利用されたうえ、結局は王に選ばれなかった気の毒な人でした。

しかし、自分の欲望のまま突っ走りヒーローを成長させた魅力的な悪役でしたね。

そんな剣聖ビルゲニア仮面ライダーBLACKの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


ビルゲニアを演じたのは吉田淳さん!

ビルゲニアを演じた吉田淳(よしだ じゅん)さんは「宇宙刑事シャイダー」では神官ポーという役で出演されていたことで知られています。

宇宙の中で幅をきかせて悪いことをしている大きな組織「不思議界フーマ」のえらい人という役どころなんです。どうりで、お写真を見ると下っぱではないお上品さが感じられませんか。

地球があまりにも美しいので、やっつけたりせずめちゃくちゃしたりせずに人々をあやつって自分たちが支配しようと企んでいる人でした。何か地球の美しさが分かるくらい知的なのにそこを支配しようとしてるっていうのが悔しいような複雑な気持ちですね~。

ビルゲニアと同じように悪役の仲間ではあるものの性質は全くちがう役どころで、いつも敬語を使う落ち着いた女性なんです。吉田淳さんは若いのにすでに特殊な役を演じ分けられる俳優さんだったんですね。

オーディションでは主人公のシャイダー役の話もあったということですが、きっと演技力があったので神官ポーという難しそうな役についたのではないでしょうか?

仮面ライダーBLACKのオーディションでもシャドームーン役も考えられていたそうですがビルゲニアをあれだけ印象深く演じられたんだからばっちりハマっていたんではないかと思いますね。

そんな吉田淳さんの作品を少しだけご紹介してますので興味があったらクリックしてみてくださいね。

吉田淳さんの作品
↓気になる+をクリック↓
ドラマ
タイトル
警視庁殺人科 第4話 1981年
宇宙刑事シャイダー
神官ポー 役
1984年~1985年
時空戦士スピルバン 第24話 
改造キンクロンのハイカー 役
1986年
特捜最前線 第480話 1986年
危ない刑事 第16話 (NTV)
河野淳 役
1987年
仮面ライダーBLACK 
剣聖ビルゲニア 役
1987年~1988年
世界忍者戦ジライヤ 
パコ (声)
1988年~1989年
機動刑事ジバン 第15話 
立原修一郎
1989年
もっと危ない刑事 第12話 1989年
特警ウインスペクター 第31話 
松下昭一 役
1990年
はぐれ刑事純情派シリーズ PART1第11話、
PART7第23話、
PART11第4話
1988年、1994年、1998年
美少女仮面ポワトリン 第35話 
月よりの使者 役
1990年
平清盛 (TBS) 1992年
女監察医 室生亜季子シリーズ16~22 
森刑事 役
1994年~1997年
映画
タイトル
無力の王  マージ 役 1981年
劇場版 宇宙刑事シャイダー 1984年
宇宙刑事シャイダー 追跡!しぎしぎ誘拐団 1984年
仮面ライダーBLACK 鬼ヶ島に急行せよ
剣聖ビルゲニア 役
1988年
いこかもどろか 
道南警察署・警察官 役
1988年
六本木バナナボーイズ 1989年
教祖誕生 1993年
集団左遷 1994年
借王 THE MOVIE 沖縄大作戦 
坂下 役
1999年
カリスマ(東京テアトル)
  西 役
2000年

吉田淳さんの現在は?

吉田淳さんのお父さまはなんとあの東映のプロデューサーをされていたそうです。きっと小さな頃からたくさんの映像作品に触れてきたのではないでしょうか?

お父さまの吉田達(よしだ とおる)さんはスゴうでのプロデューサーとして業界では有名な方だったそうですが、2019年の3月にお亡くなりになっています。

日本映画プロデューサー協会という映画やテレビのプロデューサーの団体が活動を報告する会報を製作しており、所属していた吉田達さんは東映で働き出した若いころ大御所の映画監督に原稿を持って行っても投げられてしまったなどの苦労話をつづられています。

その、何があったかを年表のようにたんたんと書き連ねた昔話の中で、ただ1か所だけ触れられた家族のことがありました。それは1961年に担当した作品のあとに書かれた「長男が生まれて父親になる」という一文でした。

ずっしりとした責任感や嬉しい気持ちがこのたった短い一文のなかに込められているように私には感じられました。吉田淳さんはとっても愛されて育ったんではないでしょうか。

そんな吉田淳さんは現在は芸能活動はされておらず、俳優業は引退されたそうですね。今の職業などは情報がないので分かりませんが、2018年に宇宙刑事シャイダーのブルーレイ化の特典映像として開かれた座談会で元気なお姿を見せてくれているんです!

一番左の方が吉田淳さんです。優しそうな柔らかい印象の方ですよね~。作品が終わって30数年経った今、仲間と再会し思い出を語り合えたことを「当時の続きのように楽しいひとときだった」と語っています。

お元気な姿を見せてくれたということは、俳優業の日々が良き思い出となっているからではないでしょうか?

吉田淳さんの演技を見ることはもうできませんが、熱演は過去の作品でしっかり楽しませてもらいますよ~。

そんな吉田淳さんが演じた仮面ライダーBLACKの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


他にもいた!古代魚をモチーフにした敵

仮面ライダーってほんっとーに色んな怪人が出てきますよね~。よく考えつくもんだと感心してしまいます。

過去にも色んな怪人がヒーローと戦ってきたわけですが、その中でビルゲニアのように「古代魚」をモチーフにした敵ってなかなかいないんですよね。

調べたところ、仮面ライダーの中ではいないようです。でも、「ウルトラマンA」にはいたんです!そのお姿がこちら、ジャン!

怪魚超獣ガランというお名前の敵なんです。何だかだいぶ怪獣の色が濃いい古代魚ですね。ぬいぐるみの怪獣みたいで愛らしさも感じます。さわると痛そうなウロコみたいなのがびっしり体を覆っていて、確かに魚なのかなと思います。

4億年前くらいにいた古代魚を怪獣を作る機械で作ってしまったんだそうです。短くて可愛らしいその手で波をかき分け300ノットという目にもとまらぬ早さで泳いでしまうんだとか。

「ノット」という単位にあまりなじみがありませんが、何でも1ノットで1時間に1852㎞も進んでしまうのだそうです。300ノットだったら50万㎞以上進んでしまうってことでしょうか?

50万㎞というと、地球12周くらいになるそうです。そんなに泳いでどうする~?と聞いてみたい気もしますがきっとスイミングが大好きなんだから失礼なことは聞かずにおきましょう、魚なんだから泳ぎまくりたいのは当然ですもんね。

毒ガスが大好物でそれを食べては体の中で自分流に変えて「ガランガス」にして吐き出すことで攻撃します。角から人を思いのままに操るテレパシーを発することもできるんですって~多才なんですね。

そんなガラン自身が怪奇なものを描く漫画家の思うように操られているんです。何とも皮肉な話ですよね~。

最期はウルトラマンAに右手をちょん切られてやっつけられてしまいました。可愛い見た目だから仲良くしてほしかったですね。

まとめ

  • 仮面ライダーBLACKの剣聖ビルゲリアは閉じ込められていた
  • 創世王になりたかったが資格がなかった
  • 最期は利用されシャドームーンにやっつけられた
  • ビルゲリアを演じたのは吉田淳さん
  • 他にもいた!古代魚をモチーフにした敵

仮面ライダーBLACKを頭脳作戦で困らせたビルゲリアは創世王になりたいとダダをこねてボスに怒られて3万年という長い間とじこめられてきました。

やっと復活し創世王になろうとがんばりましたが結局は利用されていたのでした。ビルゲリアを演じた吉田淳さんは宇宙刑事シャイダーで神官ポーを演じたことで知られています。

個性的なビルゲリア、今も人気がある理由が何だか分かりました。またチェックして見たいと思いましたよ!


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

https://twitter.com/soldier_tanaka/status/1100013126362099714

https://twitter.com/AceriderZ/status/797433672508915712

https://twitter.com/AceriderZ/status/797433672508915712

https://twitter.com/AceriderZ/status/797433672508915712

https://twitter.com/AceriderZ/status/797433672508915712

https://twitter.com/search?q=%E5%89%A3%E8%81%96%E3%83%93%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%8B%E3%82%A2&src=typd

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ