超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーといえば、大人から子供まで年齢に関係なく楽しむことができる作品で、仮面ライダーと出演している人とのシーンも注目して見たいですよね。そんな中、私が注目したところが、仮面ライダー!…ではなく、仮面ライダーが変身する時の声です。

仮面ライダーオーズ最終回ではなんと準主役のアンクが変身する声を務めており、ファンの間では名言となっているんですよ!という事で感動するオーズ最終回について及びアンクの名言といわれている変身シーンを解説していきます。

仮面ライダーオーズの最終回とは?

テレビシリーズではオーメダルを使ってタジャドルコンボに姿を変える、仮面ライダーオーズの主人公火野映司(ヒノエイジ)。最終回を振り返る前に、簡単に前回(31話)の内容を振り返ってみましょう!最終回をより感動するための大事なステップなので、しっかり読んでくださいね(笑)

31話ではオーズはウヴァ(仮面ライダーオーズに出てくる敵)たちと闘っている時、飛んできた紫のコアメダルが体の中に入ってしまいました。

オーメダル・コアメダルとは
・オーメダルとは、仮面ライダーオーズが使うアイテム
・コアメダルとは、オーメダルの1つである

すると、オーズが付けているベルトから3枚のオーメダルが弾かれます。そのうちの1枚をウヴァに奪われてしまい、そのせいでオーズは、タジャドルコンボに姿を変えることができなくなってしまったんです!

では、最終回にオーズはどのようにしてタジャドルコンボに姿を変えたのでしょうか?なお、最終回のテーマは「明日のメダルとパンツと掴む(ツカム)腕」でした。それでは気になるシーンを追っていきたいと思います。

最後の闘い

映司とアンクは、天才研究員である真木清人(マキキヨト)から姿を変えたグリード(仮面ライダーオーズに出てくる敵たち)と最後の闘いをしてました。

真木グリードがとても激しい攻撃をしたことによって、完全体だったアンクは元の姿に戻ってしまいます。その時オーズは、メダカブリューという武器を使って真木グリードに攻撃を当てますが、手で簡単に攻撃を押さえ込む真木グリード。それだけでなく、真木グリードはオーズの体の中にある紫のコアメダルを奪い取ろうとしました。

しかしオーズは自身の体内にある紫のコアメダルをおとりに真木グリードを捕まえただけでなく、とても冷たい空気を当て真木グリードを動けなくします。オーズは真木グリードの腕が刺さってできた胸にある傷から、自身の体の中に取り入れた多くのオーメダルを放ち、そのメダルをメダカブリューに吸収させます。

オーメダルをたくさん吸収したメダカブリューでオーズはとても強い攻撃を一発当てます。そのシーンを見て、「今度こそ倒した」と思いませんか?

ですが、真木グリードが出した光によって全くダメージを受けてません。それと同時にオーズは、力を使いすぎてしまい映司に戻ってしまいました。

パパ

とても強い真木グリード。このあと、どうなるのだろう?

ついに登場!

アンクは自分が持っていた2枚のコアメダルを映司に渡しました。それはクジャクとコンドルのメダル。そのうちのコンドルはなんと、31話でウヴァに奪われたメダル!35話でアンクが取り返していたんです。

それだけでなくアンクの人柄が入っているタカメダルも英司に渡します。同時にアンクの姿は消えてしまいます。しかもタカメダルには大きな傷ができているではないですか!いつ割れてもおかしくないのくらい大きなヒビです。

ママ

このタカメダルは以前、真木グリードの攻撃によって割れてしまったの。それが原因でメダルの命は短いわよ。どうするの映司?

すると映司は、クジャクとコンドルのメダルをベルトの中に入れます。さらに映司は、「アンク、行くよ!」と言いながら割れているタカメダルをベルトの中に入れました。

そして「タカ・クジャク・コンドル」という声が・・・。ん?何か違う?

普段はこんな声です。

今回はこの声になっていました。

そうなんです!今回はアンクの声で映司からタジャドルコンボへと姿が変わりました。これは意外、ビックリしますよね。

パパ

そのわけは、タカメダルの中にアンクの人柄が入っているからなんだ。映司とアンクが一心同体になって戦う瞬間だね!いけー!!タジャドルコンボ

そしてタジャドルコンボは、真木グリードと闘います。戦っている最中に倒れたはずのアンクが登場します。タジャドルコンボと共に真木グルードを倒すために応戦します。ですが、空気の様にアンクの攻撃は真木グリードには当たらず、通り抜けてしまいます。

アンクは真木グリードにパンチを繰り出します。もちろん、通り抜けてしまうのであたりません。ですが、その姿を見て驚く真木グリード。アンク自身も自分に起こっている現象に戸惑いながらも、タジャドルコンボに笑顔を向けます。

そしてアンクはタジャドルコンボが持っているアイテムの一つであるタジャスピナーの中に移り、タジャスピナーから出ている火を一発真木グリードに当てます。

炎の攻撃で真木グリードにタジャスピナーのシンボルマークが付き、真木グリードに大きなダメージを与えます。ですが、真木グリードはウヴァの暴走体である巨大なUFOのような建物の中に逃げ込みます。

この間タジャドルコンボは7枚ある紫のメダルをタジャスピナーに取り付け、飛び立ち真木グリードの後を追いかけて行きます。ですが、真木グリードが攻撃を仕掛けてきます。ところが真木グリードの攻撃は赤い翼によって邪魔されます。実はその赤い翼はアンクの物だったんです!

さらにタジャドルコンボの近くにアンクが現れます。ここからタジャドルコンボとアンクは全力で真木グリードを攻めていき、ついに真木グリードの体が大きく変形!真木グリードの体にとても大きい穴が開き、まるでブラックホールの様にどんどんメダルを吸いこんでいきます。タジャドルコンボが持っていた7枚のコアメダル、タカ、クジャク、コンドルのメダルも穴の中に吸い込まれます。

そして真木グリードの体がコナゴナになったことで、真木清人は姿を消しました。それだけでなく、アンクの姿も見当たりません。

その後真木グリードが持っていた器が、破裂しました。このシーンを見たら安心しませんか?

その姿を見ていた泉比奈(イズミヒナ)は、アンクと姿が戻った映司が生きているか気がかりで走って破裂したところに行きます。しかし映司は、空の上で気を失いながら落ちていきました。

ここでアンクの姿が現れ、「目を覚ませ!死ぬぞぉ」と声をかけました。この声で目を覚ました映司。それからアンクは、映司に「ありがとう」と言い残し、姿を消しました。さらに映司は、「アンク―」と涙を流しながら大声で言います。

ところで地上にいた比奈は、地面に落ちていたコアメダルを拾いながら、「アンク・・・ありがとう」と言いました。

そしていろいろな人が比奈の前には集まり、手を上に伸ばします。すると映司は、みんなの手の中に入ったことにより、無事に助かりました。

このあと、エンディングとなります。アンクが消えてしまったのは残念だけど、映司が助かって良かったですね。

ダジャドルコンボとは?

プロフィール

上の映像は、タジャドルコンボへ姿を変える時の様子です。この音楽を聞くと、声に出して歌いたくなりますね。しかも、かっこいいですよね。真っ赤なのですぐにわかります。

タジャドルコンボは、第20話で初めて登場しますが、時々しか出ないので詳しくない人もいると思います。まず、プロフィールから見てみましょう。

  • 身長 198㎝
  • 体重 87キログラム
  • ジャンプ力 160メートル
  • 走るスピード 100メートルを4秒で走る
  • イメージカラー 赤
  • コアメダル タカ・クジャク・コンドル

身長が198㎝。しかも、俳優の東出昌大さんが189㎝なので、それよりも9㎝も高いとは・・・。それだけでなく、体重が87キログラム。とても細い体ですね。モデルみたいだと思いませんか?

さらに驚いたのはジャンプ力。160メートルなので、8両編成の電車と同じ距離を飛ぶとは、なんてすばらしい。

そして100メートルを4秒で走ることができるスピードの速さ。今すぐにオリンピックに出たら金メダルが取れますよね。タジャドルコンボは強いだけでなく、ジャンプ力やスピードもあるので、まさに神業ですね。

ママ

こんなにすごい仮面ライダーがかつていたかな?すごい能力だわ。

タジャドルコンボは、ヘリコプターのように大空を自由に飛び回ることができます。また、「火炎コンボ」という別の名前が付いているんです。その訳は、火を使って攻めることがうまいからですよ。

使用したメダルと変身後の様子

次に使用したメダルと変身後の様子を見てみましょう。

タカメダル

これを使うと、赤いお面で顔を隠している姿に変わります。そこからは、遠くまで見ることができるので視力がとてもいいです。また、遠くの物音や声も聞こえるので耳もいいですよ。

クジャクメダル

これを使うことによって、腕がクジャクみたいな形に変わります。翼がついてるので、空を速いスピードで飛ぶことができるんです。それだけでなく、クジャクの羽に似ている手裏剣「クジャクフェザー」も使えるので、忍者みたいですね。

コンドルメダル

これを使っただけで、足がコンドルみたいな形に変わります。足の爪を大きくすることができますので、それを使って攻めることができるだけでなく、かかとを使って風を飛ばすことができる「ラプタードエッジ」という技を起こすこともできるので、敵を攻める時にはいろいろと活用することができますね。


仮面ライダーオーズ最終回の名場面を紹介

最終回の内容と、ダジャドルコンボについて振り返ったところで

パパ

その前に少しだけ補足説明!アンクの正体は敵であるグリードなんだ!(詳しい内容は後で紹介します!)グリードはもともと【欲望の中から生み出されたメダル】という”物”でしかなく、つまりアンクのタカメダルの様に人柄が入っているメダルさえ壊れなければ不死身の存在なんだ。だから、アンクやその他のグリードには【命】【生命】といったものがないんだよ。命の無いものに、魂なんて宿らないよね・・・。

パパさんの補足を踏まえて、これから紹介する最終回の感動場面を読んでみてくださ。片手にハンカチを準備しておかないと、最後まで読めなくなっちゃいますよ(泣)

自身の人柄が含まれるクジャク・コンドル、タカメダル託す場面

https://twitter.com/bluestylevocal/status/1146387557292265472?s=19

オーズの捨て身の作戦が失敗してしまい、変身が解けてしまうほど追い込まれた映司。それでもなお、変身して戦おうとします。アンクはそんな映司の姿を見て止めに入り、このセリフです!

「映司!よせっ!…これを使え!」

アンクは自分の存在を作るのに、とても重要な3枚のコアメダルを映司に渡します。それが、クジャクコンドル、アンクの人柄が入っているタカのメダルです。アンクはタカのメダルを渡す際、少し戸惑い躊躇します。

パパさんの補足説明でありましたよね。アンクの正体であるグリードは、もともと【欲望の中から生まれたメダル】という”物”でしかありません。それに、自分の人柄が入っているメダルさえ無事であれば不死身です。人柄が入っているメダルは、人間の心臓といった重要なものなんです。

アンクは、自身の人柄が入っているメダルを映司に渡したています。言い換えると、自分の心臓を他の誰かを助けるために渡すのと同じことなんです!心臓が無くなった人間はどうなりますか?死んでしまいますよね。アンクも同じです。自身の存在が消え、ただのメダルになってしまいます。

ですが、アンクは自分の存在が消えようとも映司を助けるということを選択するんです!欲望から生まれたグリードからは、決して考えられない選択なんです!

グリード化しつつある映司の視界。実はそこには…

「…分かってる…お前がやれって言うなら、お前がほんとにやりたいことなんだよな…アンク…いくよ…」

いざ!ダジャドルコンボに変身!

「タカ!クジャク!コンドル!」

ん?いつもと違うんです。なんと今回は、アンクの声になってます。これには驚いてしまいますよね。

アンクが復活?ほんとは○○なんです

メダルに戻ってしまい、存在が消えてしまったアンクが再び登場するが、実は幻のようなもので実体を持たない。アンクの映司を助けてという気持ちとともに、真木グリードを倒したい気持ちが生み出したものかも?

まるで、人間の執念というか魂の行動の様に思えますね。

アンクの最後

「お前が掴む腕は…もう俺じゃないってことだ」

このシーンは、腕だけとなったアンクのラストの声。そのあと腕が消え、半分に割れたコアメダルを映司がつかみました。それは、アンクの形見。見ているだけでも、悲しくなったんです。

メダルをつかんだ映司はこの後、「アンク―」と叫んでました。見ていると、玉ねぎを切った時と同じくらい涙が止まりません。久しぶりに感動するシーンでした。

【番外編】仮面ライダーオーズにはこんな粋な演出が!!

仮面ライダーオーズが放送されていた間、公式サイトではオーズの所持メダルの情報が毎週書かれていました。そして最終回で更新されたメダル情報が上の画像です…。もう感動もんですよね!涙なしでは語れません(泣)

なんと、泉比奈(イズミヒナ)の前にアンクが現れたんです。私は、「キセキだー」と心の中で叫んでしまいました。すぐに目の前から消え、半分に割れたコアメダルになったんです。

「これが最後のアンクか」と思った私は、とても悲しい気分になりました。

アンクがいてくれたおかげで、敵であるグリードを倒すことができたんです。それを思い出したら、手をたたいていただけでなく、涙を流していた私。とても感動しました。

ここまでの演出も、仮面ライダーオーズが長く愛される秘密かもしれませんね!

ネタバレ必死!その後の映司はどうなった??

仮面ライダーオーズのラスボス、真木グリードをアンクの命ともいうべきコアメダルを使用した最強のタジャドルコンボで撃破した映司はどうなったんでしょうか。

力の限りを尽くしてアンクはこの世から消滅してしまいます。しかしアンクの源泉であるタカコアメダルは真っ二つに割れてしまうも映司の手元に形見として残りました。

映司はアンクとの再開を願い、常にこの割れたタカメダルを肌身離さず、明日はくパンツと少しのお金を携帯しながら行くあてのない旅をつづける事になるのです。

そんな感動の最終回が待ち受けている仮面ライダーオーズの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

最終回のダジャドルコンボは一味違う!

実は最終回のダジャドルコンボは、それまでのダジャドルコンボと違うんです!

変身の時からすでに始まっていた

その違いはすでに、映司がタジャドルコンボへ姿を変える時から始まってます。いつもなら、「タカ、クジャク、コンドル」の順に光を出したあと、タジャドルコンボに変身しますが、そのうちタカの時だけいつもと違った光り方をするんです。

今まではタカの時、光の色が赤だけですが、今回はそれに加え、黄色と緑が混ざってました。それだけではありません。見たことがない赤い羽が画面いっぱいにたくさん飛んでます。

変身中からいつもと違うとわかった時には、この後どんなことが違うのか、思っているだけでワクワクしますよね。

闘っている途中で・・・

その後、タジャドルコンボが敵である真木グリードと闘っている時に、なんとアンクの幻が・・・。一瞬の出来事なので「夢かな?」と思いませんか?

この後、その幻は夢ではないことがわかります。1回だけではなく数回も出てきたんです。しかも、アンクも一緒に闘ってます。このまま、2人を応援したくなりますね。

ママ

イケー、タジャドルコンボとアンク。そのまま倒してね。

ラストには・・・

ぶっちぎりの強さで真木グリードを追い込んでいったタジャドルコンボとアンク。最後には今まで見たことがない技を出します。

それは、ロストブレイズ。この技を出せた訳は、映司の体の中にある7枚のコアメダルを、オーズが持っているアイテム、タジャスピナーの中に詰め込みます。

そこから出したエネルギーの球を撃っただけでなく、アンクも火がついた球を撃ちました。それらの球を合わせることができたので、1つの球になります。その球を使い、敵に向かって投げる技の名前のことを言うんですよ。

パパ

これは2人いたからできた技。とても深い友情があると感じてしまうなー。そういえば、ロストブレイズを出した時のフィギアはあるかな?

仮面ライダーオーズに登場したアンクとは?

この男性がアンクです。第1回目を見た時、なぜか自動販売機の下にいたので、気になって仕方がありませんでした。

そのことを久しぶりに動画を見て思い出し、アンクがどんな人物か気になったので調べてみました。

アンクが復活した時

アンクの本当の正体は、オーズの敵であるグリードという悪役のうちの一体なんです。グリードは800年前に封じられますが、その後、5体のグリードは目を覚ますことができました。鳥の形をしている敵ですが、アンクが持っていると思われるメダルが足りなかったことにより、右の腕だけが生き返ることができます。

その時、アンクは他のグリードが持っていたコアメダルを持って逃げたことにより、他のメンバーからは仲間外れにされてしまいます。しかし、腕しかないアンクが持つことができたのは2枚のタカのコアメダルだけでした。

その後、4体のグリードのうち、ウヴァによって出すことができたカマキリヤミーが、コアメダルを取り戻そうとします。

しかし、アンクが落としてしまったタカのメダルをたまたま拾った映司を使い、オーズに姿を変えることができたことにより、カマキリヤミーを倒すことができました。

さて、映司を利用したアンクは、カマキリヤミーの攻めにあったことから亡くなりそうになった刑事、泉信吾(イズミシンゴ)の体へ乗り移ったことによって、自由に動き回ることができたんです。

アンクとはどんな人?

アンクは、主人公である火野映司を手助けする人物です。髪の毛が金髪なので、出てきたらすぐにわかりますよ。

まとめ

  • 仮面ライダーオーズの最終回はタジャドルコンボがポイント
  • 最終回の「タカ!クジャク!コンドル!」の声がアンクになっていた
  • 仮面ライダーオーズのキーマンはアンク

アンクって、性格が悪いので近寄りにくいと思ってましたが、最後は火野映司を助けるなど良い面を持つことができたので、本当はいい人?と思ってしまいました(笑)。

でも、仮面ライダーオーズは主役だけでなく、タジャドルコンボの姿に変えた時の声を出していた俳優さんもいるので、応援したくなりますね。この作品は、私にとって注目したい番組の1つになりました。

久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ