»»»ついに令和初のライダーが登場!見逃した方は今すぐ無料視聴!!

2000年に放送された「仮面ライダークウガ」は平成に入って最初の仮面ライダーシリーズでした。今までの仮面ライダーにはなかった設定や深いストーリー性があることも話題になった作品なんですよ。

今回は平成最初の仮面ライダーにふさわしいと子供だけでなく大人からの評価も高かった、仮面ライダークウガの最終回について掘り下げていきます。

スポンサーリンク


仮面ライダークウガのこれまでは?

「人類VSグロンギ族」の戦いが描かれている仮面ライダークウガ。人類の敵・グロンギ族と正義の戦士仮面ライダークウガについて今一度振り返ってみましょう。

仮面ライダークウガが戦う理由とは?

仮面ライダークウガがなぜ戦わなければならなかったのか…それは

遥かな古代、人類を脅かす悪の一族=グロンギ族を倒すために現れた、伝説の戦士クウガ。
遺跡から出土したクウガの変身ベルトを偶然手にした五代雄介が、ベルトに秘められた宝玉の神秘の力によって変身した正義の戦士・・・それが仮面ライダークウガだ!

引用先:https://shop.toei-video.co.jp/

偶然ベルトを手にしてしまった事で戦うことになってしまったんですね。皆さんなら戦えますか?しかも敵は攻撃的で残虐な性格のグロンギ族で「ゲゲル」と呼ばれるゲームで人類を殺していきます。

仮面ライダーの敵は世界征服や何らかの支配を目的にしていることが多いですが、「何日で何人殺せるか」と人殺しを単純にゲームとして楽しんでしまっているグロンギ族はやっかいで怖い敵ですね。

でもそんなグロンギ族を倒すには仮面ライダークウガの力が必要でした。この作品ではオダギリジョーさん演じるクウガたった一人の仮面ライダーで、他には変身して敵と戦えるような味方がいないんですよ。

人類をおびやかす凶悪な敵に一人立ち向かわなければならないなんてどう考えても大変ですよね。

仮面ライダークウガに変身する五代雄介(ごだいゆうすけ)は冒険家で明るい性格が魅力的な24歳の青年です。心優しく暴力とは無縁の彼ですが、偶然クウガへの変身能力を得たために、人類とグロンギ族との戦いから逃れられなくなります。

人類の笑顔と平和な生活を守るため戦士となり、暴力はもちろん好きではありませんがグロンギ族と戦っていくのでした。

事実上の最終話?第48話「空我」は必見!

最終回に向けて第48話「空我」で仮面ライダークウガとグロンギ族の最終決戦が繰り広げられていました。クウガの最後の敵はグロンギ族の中でも圧倒的な強さを持った「ン・ダグバ・ゼバ」です。

ン・ダグバ・ゼバは3万人という桁違いの人を殺してきた最凶の敵で、とにかく強い相手と戦うことを楽しみにしているような性格でした。ゲーム感覚でそんなたくさんの人を殺す怪物なんて実在されたら怖すぎますよね。

多くの人が殺されるのを止めるために五代はン・ダグバ・ゼバとの男同士の戦いに向かいます。その場所は猛吹雪の中の九朗ヶ岳遺跡という所でした。ここはクウガのベルトがみつかった場所でもあります。

始まりの地で終わりを迎えようとする戦い、いったいどうなるのでしょうか?

仮面ライダークウガが最終形態に!

クウガは「凄まじき戦士」と呼ばれる最終形態アルティメットフォームに変身します。アルティメットフォームに変身することでン・ダグバ・ゼバと対等に戦う力を手に入れることができますが、人間の心を失い、ただ戦うためだけの生物兵器になってしまうリスクがあるんです。

ママ
アルティメットフォームには人類を滅ぼしかねないほど凶暴な力があるのよ。しかも自分の命も落としかねない危険なものなの!

自分が暴走してしまう恐怖から、アルティメットフォームになることをずっと避けていた五代ですが、絶対に勝たなければならない戦いのために変身することを決意しました。

仮面ライダークウガとン・ダグバ・ゼバの雪の中での最終決戦は武器も特殊能力も使わないような殴り合いの戦いになっています。平成の仮面ライダー作品で、バトル中に派手なアクションやCG演出が無いのはめずらしいですね。

戦うことを楽しむン・ダグバ・ゼバに対して、本当は暴力を望まない五代は涙を浮かべながら戦っています。自分の気持ちを押し殺して人のために戦う五代の姿が印象に残るシーンです。

お互いのベルトが壊れ変身が解けてからも殴り合いが続き、最後にはどちらも倒れてしまいました。白い雪に赤い血が飛び散るところをみれば、戦いが壮絶だということがわかりますよね。

パパ
大人も引き込まれるこのシーンがいまだに心に残っているという戦隊ファンも多いみたいだね。

2人とも素手で殴り合い、雪の上に倒れます。ずっとクウガを助けてきた刑事の一条薫(いつじょう かおる)が雪の中ひとり「ごだぁぁぁーーーい!!!」と叫ぶところで48話は終わり、戦いの結果がわからないままこの回は終わるのです。

クウガとグロンギ族の戦いをおさらい!仮面ライダークウガの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

スポンサーリンク


最終話「雄介」・登場人物のその後は?

最終話ではクウガ/五代とン・ダグバ・ゼバの命がけの戦いから3か月たった様子が描かれています。仮面ライダーの最終回には珍しく、ライダーも怪人もバイクも一切出てきません。

雪の中の決闘でン・ダグバ・ゼバは敗れたのです。そして人類を脅かしていたグロンギ族はいなくなり、世界に平和な春が訪れていました。

五代の居候先・喫茶店ポレポレのマスターや妹の五代みのり、友人たちに警察関係の人たちまで、五代の周りにいた人たちが次々登場します。

登場する人たちはみんな笑顔で「みんなに笑顔でいてほしい」という五代の願いがようやく叶ったのです。ただそこに五代の姿はありません。彼は無事だったのでしょうか?

五代雄介はどうなった?

五代は海外にいました。子供たちにジャグリングを見せていたのです。無事でよかったとテレビの前のみんなが思ったことでしょう。

最後の戦いで変身ベルトが破壊されて、クウガとして戦うことはもう無くなったのです。五代はアルティメットフォームに自我を飲み込まれることなく、戦いに勝利していました。彼の優しさや意志が相当強かったということですね。

そして本来望んでいなかった戦いや暴力から解放された五代は、みんなの前から姿を消して再び冒険へと出かけたのでした。

もともと平和主義で優しい五代は、クウガとして数々の敵を倒してきたことに一人心を痛めながら、みんなの前から姿を消したのでしょう。

今後は「五代雄介」として世界中の人々を違った意味で笑顔にする旅に出たんだろうなぁ、と希望を感じられる素晴らしい最終回になっています。

パパ
ちなみにこの最終回で五代が出てくるシーンはキューバで撮影をしたんだよ。

違うラストも考えられていた?

実は、凶悪な敵とはいえ暴力で殺してしまったわけなので最後に五代も死ぬ、という結末も考えられていたのですが、猛反対にあってこのような平和な最終回になったようです。

きっと暴力では何も解決しないと言っている五代が暴力で敵を倒した結果、罰が当たるという矛盾の無いリアリティを追求する制作者のこだわりがあったんですね。それでもヒーローには生きていてほしいという意見が圧倒的に多いのはすごくわかりますよね。

結果的に仮面ライダークウガのストーリーは高い評価を得て、平成仮面ライダーブームのきっかけとなっているんですよ。

平成の仮面ライダー第1作目!仮面ライダークウガの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • 仮面ライダークウガは人類を守るためグロンギ族と戦ってきた
  • 第48話でクウガとグロンギ族のボスが死闘を繰り広げている
  • 五代雄介は最後の戦いの後海外へと旅立った
  • 最終回には別の結末も考えられていた

記念すべき平成最初の仮面ライダー「仮面ライダークウガ」は、今までの作品にはないタイプの主人公と敵のあり方で大人にも刺さるストーリーになっていました。壮絶な戦いの後の最終回はみんなが笑顔でほっとする終わり方でしたね。

戦隊もの作品で「暴力では何も解決しない」というテーマが入ってくるなんて当時は誰も想像していなかったのではないでしょうか。でもそれがいまだに人気が高い理由になっているんですね。

スポンサーリンク


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

スポンサーリンク