超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーには数々の魅力的なヒロインたちが登場しますよね。可愛い、強気でかっこいい、ちょっと陰を感じさせる、おっちょこちょい、など色んなタイプのヒロインたちがいたのではないでしょうか。

そんなたくさんのヒロインの中でも、ずば抜けて明るいキャラクターが、仮面ライダーカブトに登場する主人公・天道総司の義理の妹役・天道樹花(てんどう じゅか)です。その明るさや快活さは、見ていてとても惹かれるものがあるんですよね。

今回はそんな仮面ライダーカブトの天道樹花について詳しく見ていきたいと思います。どうしてそんな明るさに魅力を感じるのか、どんなシーンで登場するのか、仮面ライダーカブトに登場する他のヒロインたちとはどう違うのか、そのあたりを掘り下げていきましょう。


仮面ライダーカブトの天道樹花って誰?どんなキャラクター?

仮面ライダーカブトの登場人物・天道樹花(てんどう じゅか)は、水嶋ヒロさん演じる主人公・天道総司の義理の妹です。総司と同居しており、とても明るくて活発な13歳の女の子です。

仮面ライダーカブトは比較的コメディタッチな演出やセリフも多々ありますが、やっぱりどうしてもストーリー的にシリアスになりがちな部分も多く見られます。こういった話の複雑さやシリアスさは平成仮面ライダーの特徴ともいえるかもしれません。

そんな中、カラっとした明るさで登場する樹花ちゃんは、仮面ライダーカブトを見ていた視聴者にとって、どこか息抜き的な存在だったのではないでしょうか。

早速どんなキャラクターだったのか詳しく見ていきましょう。

天道樹花のキャラクター

天道樹花は、劇中に登場する精華学園中等部に通う2年生でバドミントン部に所属しています。頭脳明晰な兄・天道総司が勉強を見てくれているため、成績は常に学年トップ。明るくてとても活発な、天真爛漫という言葉がぴったりな女の子です。

兄の総司は妹が大好きで、毎日のようにプロ顔負けの料理の腕をふるって樹花にご飯を作ってあげています。そしてこの妹大好きすぎるが故に、何があっても動じない天道総司を唯一凹ませることができるのが樹花ということで、ある意味最強キャラクターなんです!

ママ
勉強見てくれて、ご飯も作ってくれて、おまけにめちゃくちゃ強い頼りになるお兄ちゃんって…もう樹花ちゃん羨ましすぎる!

主人公・天道総司との関係性

ところで「なんで義理の妹?血は繋がってないの?一緒に住んでいるのに?」と不思議ではありませんか?

そうなんです。総司と樹花は直接血の繋がった兄妹ではないのです。

実は総司が3歳の頃、総司の両親が殺害されてしまい、祖母が身寄りのなかった総司を引き取りました。引き取られた後に祖母の家で樹花が誕生したため、直接の血縁関係はないそうです。

いとこや親戚にあたるのかもしれませんが、樹花の両親が誰なのか明確な情報はないため、あくまでも「義理の妹」という設定のようです。

しかも総司の両親が殺された時、母親は妊娠しており、本当だったら総司には妹がいたはずだったんです。そんな経緯もあって、総司は後に祖母の家で誕生した樹花をなおのこと大切に想っているのかもしれません。

演じていた俳優は誰?

そんな天真爛漫な天道樹花役を演じていたのは女優の奥村夏未さんです。

生年月日:1992年9月14日

出身:愛知県

身長:159cm

血液型:B型

主な出演作品:特捜戦隊デカレンジャーTHE MOVIE フルブラスト・アクション(2004年)、新キッズ・ウォー(2005年、小島リナ役)、仮面ライダーカブト(2006-2007年、天道樹花役)

主な出演CM:マツダデミオ(2003年)、ミツカン(2003年)、ベネッセコーポレーション進研ゼミ小学講座(2003-2004年)、タカラトミー(2005年)

当時のインタビュー映像がありました。

あどけなさと初々しさが樹花にぴったりだと思いませんか?インタビューを見て、思わず応援したくなっちゃう素敵な魅力を持っている子だなあと感じました。

仮面ライダーカブトの撮影当時は14歳だったはずですが、14歳で既にこんなにきれいでチャーミングだなんて、大人になったらどんなかんじなんだろうと気になりますよね。

ただ、残念ながら2007年以降の芸能活動はされていないようなんです。

仮面ライダーカブト当時は14歳ですから、もしかしたら進路を考えているうちに新たに挑戦したいことが見つかったのかもしれませんね。テレビで見ることができないのはとても悲しいですが、どんな分野でもぜひこのチャーミングさを武器に活躍していてほしいです!

そんな奥村夏未さんが演じた天道樹花が登場する仮面ライダーカブトの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


天道樹花の登場シーンは?

主人公の天道総司と同居しているということもあり、多くの回で登場します。主な登場シーンとしては、総司が食事を振る舞うシーンが多いようです。

第1話の初めて登場するシーンでも、総司が作った朝食を前に、

「お兄ちゃん、今日の朝ごはん♪グー♪」

という全国のお兄ちゃんをとりこにしちゃうようなセリフを、最高の笑顔とともに総司に伝えてくれます。こんなに可愛かったら、どんなにクールな変人お兄ちゃんでも妹にメロメロになっちゃいますよね(笑)

うろたえるお兄ちゃんが見れる第39話

さて、先ほど「何があっても動じない天道総司を唯一凹ませることができる存在」が樹花であると紹介しましたが、第39話では実際にとてつもなくうろたえる総司を見ることができます。ちょっとどんなシーンなのか、見ていきましょう。

自宅であんこう鍋をつつきながら、食事をとる総司と樹花。そこへ樹花の携帯電話に着信が入り、樹花が電話をとります。

樹花:もしもし?え、うそ?まじまじ?

総司:こらこら、食事中に電話するんじゃない

樹花:ごめんね、また後で掛け直すねっ(電話を切る)

樹花:…だって…好きな人ができたから…

ここで、思わず手に持っていた器を落とす総司お兄ちゃん。そして、もうそれだけで十分伝わってくるほどのショックな表情を見せます。

水嶋ヒロさん迫真の演技です(笑)

総司:なにぃぃぃぃ…。ついにこの日が来たのか…。

(しばし凹む総司)

総司:どこの誰だ!どんな奴だ!ええええええい面倒だ!今すぐここに連れてこい!!

鬼気迫るほどに樹花を問い詰める総司です。どうする樹花ちゃん?!

樹花:違うってば!私のことじゃないよ。友達のことだよ!

樹花:もう、お兄ちゃんのはやとちりっ♪

総司:そ…それを早く言え…。

よかったね、お兄ちゃん!と声をかけたくなる名シーンですね(笑)妹がいると皆さんこんな心境になるんでしょうか?さらに「はやとちりっ♪」のセリフも可愛すぎて、こんな妹がいたら確かに心配になってしまうかもしれません。

しかし樹花に本当に恋人ができたら、確実に一悶着ありそうですね。そんなシーンもいつか見てみたいです。


仮面ライダーカブトを支えるヒロインたち

明るく天真爛漫でお兄ちゃん大好き!なキャラクターの天道樹花ですが、仮面ライダーカブトには他にもたくさんの魅力的なヒロインたちが登場します。

ツンデレ女子・日下部ひより

View this post on Instagram

#仮面ライダーカブト#日下部ひより #シシーラワーム#仮面ライダー#特撮#平成 18歳。東京タワーにほど近い洋食店“Bistro la Salle”のアルバイトで、加賀美の同僚。第一人称は「ボク」。なおかつ生意気で言葉遣いは乱暴で、渋谷隕石により両親を失い、その経験からか他人と上手くコミュニケーションをとることができない。趣味は絵画で、いつも愛用のスケッチブックに妖精の絵を描いている。 #あなたへのおすすめ#宮崎剛#韮沢靖#唐橋充 #ラサール#異形の者#白黒の時代#monochrome_period#ドンキホーテ#donquijote#ドン娘#犯行に使われた凶器は#バールのようなもの#鈍器#鈍器スタグラム#beams#sk8#ドンキスタグラム#donki_stagram#君の街から仮面ライダーが消えたら大変だ

A post shared by Don Quijote (@donki_stagram) on

天道樹花と並ぶもう一人の人気妹キャラ、日下部ひよりです。明るく活発で、飾らない性格の樹花に対して、ひよりは少々生意気な言葉遣いと冷たい態度、どこか影があるような雰囲気を醸しつつ、時々こっそり笑顔を見せてくれたりするという典型的な超ツンデレキャラなんですね。

一人称が「ボク」で一見ボーイッシュに振舞っているんですが、どこか女の子らしい雰囲気や、はかなさそうなところがあるので、「守ってあげたい」とちょっと思わされてしまうキャラクターです。

パパ
明るくて活発な樹花も可愛いけど、どこか陰のあるひよりも応援したくなるね
ママ
普段はつれない態度な子が、急に優しかったり笑ってくれたりすると、すごく嬉しくなっちゃうわよね♪

悲劇のヒロイン?!ミサキーヌ

秘密組織ZECT(※1)の隊員、岬佑月(みさきゆづき)、ミサキーヌの愛称で親しまれています。クールで強気なかっこいい女性というイメージですね。

そんなミサキーヌですが、物語後半では仮面ライダーサソードこと神代剣(かみしろ つるぎ)から熱烈なアプローチを受けます。最初は逃げ回っていたものの、次第に剣のことが気になり始め、ついには両思いに…!となった矢先、なんと剣がワーム(※2)だということが判明してしまうんです。

ママ
ミサキーヌ…かわいそう。切なすぎる…!

ミサキーヌのとっても悲しいお話やその他詳しいことは、ぜひこちらの関連記事をご覧ください。

※1 秘密組織ZECTとは
人間を殺してその人間に擬態する宇宙生命体ワームに対抗するために人類が作った組織。人類を守り、ワームと戦うためにマスクドライダーシステムを開発した。
※2 ワームとは
仮面ライダーカブト作品のいわゆる敵組織。人間を殺し、その人間に擬態する宇宙生命体。

ちょっとドジなところが可愛い高鳥蓮華(たかとり れんげ)

https://twitter.com/minami3gou/status/1042995840476803073?s=20

33話から登場する高鳥蓮華は、ZECTに所属しているゼクトルーパー(※3)の訓練生です。当初は厳しい戦闘訓練に耐えるため、クールに振る舞うよう叩き込まれていましたが、天道総司が作ったオムライスをきっかけに心を許し、総司を「師匠!」とまで呼ぶようになってしまいます。

そもそもZECTの訓練に耐えるためクールに徹していましたが、本来は明るくて人懐こくおっちょこちょいな性格のようで、カレイの煮付けを作らなければいけないところでカレーライスを作ってしまったり、というとんでもない天然エピソードをぶっこんでくるんです。

パパ
カレイの煮付けがカレーライスって(笑)サザエさんみたいなエピソードだ!

そんな高鳥蓮華の天然エピソードや詳しいお話はこちらの関連記事をご覧ください。

※3 ゼクトルーパーとは
ZECTに所属する集団戦闘員。一人一人の戦闘力は低いため、集団でワームに対抗する。

そんな素敵なヒロインたちが出演する仮面ライダーカブトの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 天道樹花は、仮面ライダーカブトの主人公・天道総司の義理の妹
  • 明るくて活発、天真爛漫な13歳の女の子という設定
  • 演じている俳優さんは奥村夏未さん
  • 新キッズ・ウォーやタカラトミーのCMなどにも出演
  • 2007年以降は芸能活動がないため引退されたと考えられる
  • 仮面ライダーカブトには樹花以外にも魅力的なヒロインがたくさん出演している

たくさんのヒロインたちが出ていて、キャラクターも住み分けができているので、「私はひよりのファン」「ミサキーヌ応援したい」など、視聴者がそれぞれの見所を見出せたのは仮面ライダーカブトの魅力のひとつではないでしょうか。

その中でも、物語の最後まで明るくあっけらかんとした飾らない天道樹花は、少しシリアスな仮面ライダーカブトの中でも貴重な存在だったんだろうなと、この記事を書いていて改めて思いました。

そんな飾らない樹花と妹大好きすぎる総司の掛け合いが気になる方は、ぜひ仮面ライダーカブトをチェックしてみてください。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ