超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーカブトというと水嶋ヒロさんが主演をつとめたことで有名な仮面ライダーですよね。ちょっと謎めいていますが、とっても強くてカッコイイので当時の一番人気はやはりカブトでした。

しかし、仮面ライダーカブトを語る上で忘れてはならないキャラクターがもう1人いるんです!そう、仮面ライダーガタックの加賀美新(かがみあらた)です。影の主人公と認識して良いくらい超重要人物で魅力たっぷりなんですよね。

さて、今回はそんな仮面ライダーガタックについ紹介していきたいと思います。


仮面ライダーガタックに変身する加賀美新(かがみあらた)とは?

仮面ライダーカブトは2006年1月から2007年1月までテレビ朝日系列で毎週日曜に、全49話が放送されました。平成仮面ライダーシリーズでは第7作品目となっています。

全部で5種類のライダーが登場しますが、全て虫がモチーフとなっていて面白いですよ。前作で鬼がモチーフだった仮面ライダー響を受けて、仮面ライダーの原点回帰を目標に仮面ライダーカブトでは虫モチーフになったそうです。

その仮面ライダーカブトで主役より先に登場し、主役よりよく喋る!その人物こそ、仮面ライダーガタックに変身する加賀美新(かがみあらた)なんです。主役を食う勢いの存在感を放ちつつも、お人好しな性格で時にはトラブルに巻き込まれてしまうことも…。

そんな、名脇役で人間的にも興味深い仮面ライダーガタックの加賀美新について詳しく説明していきます!

仮面ライダーガタックの誕生は?

仮面ライダーカブトのモチーフといえば名前からすぐに想像できるように、カブト虫ですよね。その流れで仮面ライダーガタックといえば、ガタック…ガタック…クワガタック…クワガタ…そうです!クワガタがモチーフとなっています。

まぁ、ガタックって名前の時点でなんとなくクワガタかな〜と推測できていましたよね(笑)ということで、改めまして、この青くてクワガタのようなツノが生えた強そうなライダーが仮面ライダーガタックになります。

1999年10月19日に世界的なニュースになっても良さそうなくらいスケールが大きい事件が起きました。なんと巨大隕石が渋谷に落下し街は壊滅したんです。大都会の渋谷に隕石落下だなんて実際に起きたらパニックですよね。

そして、時は流れて7年後の2006年に舞台は移ります。そしてもっと衝撃的なことが起こってしまいます。何と、地球にワームという宇宙人が出現するようになりました。

ワームは悪い宇宙人なので人間を殺害してしまいます。しかもタチが悪いことに、殺害するだけではなくてその人間の体を乗っ取ってもっと悪さをしてしまいます。

そんな敵のワームから人間を守るために秘密結社ZECT(ゼクト)が立ち上げられ、マスクドライダーシステムを開発し5種類のライダーを誕生させました。その中の1つがガタックになります。

マスクドライダーシステム
仮面ライダーカブト作品における変身システム。変身道具のゼクター(小型で虫型の機器)に選ばれた者だけが変身できる。ゼクターは意志を持っているため喋ることもでき、ゼクター自ら敵を攻撃することもある。

これがガタックゼクターになります。仮面ライダーガタックは「変身!」と言ってガタックゼクターをベルトにガチャっと装着することで変身することができますよ。

パパ
変身グッズが意志を持ってるって歴代の仮面ライダーで初めてだよね。ゼクターに変身にふさわしくないやつって思われたら変身できないのか…結構ショックだよね(笑)
ママ
そうね。でも、変身道具だけじゃないみたいよ。ゼクターって料理を手伝ったりできるんだって!私も欲しいわ〜。パパより役に立つわね。
パパ
そっちの方がショックなんだけど!!

仮面ライダーガタックが開発された背景がわかってきましたね。それでは、ガタック自身をもっと詳しく見ていきましょう!

仮面ライダーガタックを詳しく紹介!

クワガタというとカブトムシと並ぶほど男の子に大人気の虫ですよね。私も子供の頃、夏休みにラジオ体操に参加した後は必ず友達とクワガタを取りに行ったものです。

そんな人気のクワガタをモチーフにしているガタックはおそらくすごい力を秘めているのではないでしょうか。ワクワクしますね。

ガタックのフォーム

基本カラーは青になります。ガタックは戦い方に合わせて3つの形態に変わることができます。形態の数が大きくなるにつれてパワーアップして強くなりますよ!

マスクドフォーム(第1形態)

マスクドフォームはサナギがモチーフとなっています。そして大きな特徴は何と言っても肩なんです!両肩にガタックバルカンというイオンビームやプラズマ火球が出る装置が付いています。しかも、イオンビームは毎分5000発連射できるんです。

次の動画は、日本で一番打ち上げ数が多い諏訪湖祭湖上(すわこまつりこじょう)花火大会です。2時間で4万発打ち上げられます。つまりこの花火大会が8分で終了してしまうほどのスピードでイオンビームが発射されることになります。なかなかすごい威力ですよね。

プラズマ火球は高エネルギーをぎゅっと圧縮して放つので、1km圏内の全てのものを消滅させることも可能なんです!すごすぎる!

マスクドフォームのスペック

  • 身長:190cm
  • 体重:134kg
  • パンチ力:8t
  • キック力:9t
  • ジャンプ力:19m
  • 走力:8.9秒(100m)
  • 必殺技:特になし
パパ
サナギだからツノが生えていないんだ。細かいところまでこだわりがある変身スーツも見どころだね!もし、ママがマスクドフォームになったら気をつけないとな…。怒らせたら、すぐさま1km以上離れるように逃げないと!
ママ
あら、逃げられる前にプラズマビーム1発でこらしめられるわよ…(笑)それよりも、まだ第1形態なのにこんなに強い能力を持っているんだったら、第2、第3形態のになったらどうなっちゃうんだろう?
ライダーフォーム(第2形態)

ちゃんとツノが生えてクワガタっぽくなっていますね!仮面ライダーガタックはこのライダーフォームが基本形態となっています。

マスクドフォームの時にあったガタックバルカンは無くなり、代わりにガタックダブルカリバーという剣が肩に装着されます。戦うときは手に持って二刀流で使用していますよ。

ライダーフォームのスペック

  • 身長:194cm
  • 体重:97kg
  • パンチ力:3t
  • キック力:7t
  • ジャンプ力:36m
  • 走力:5.8秒(100m)
  • 必殺技:ライダーキック、ライダーカッティング、エクステンドライダー落とし

必殺技のライダーキックはパワーを溜めた右足で敵を蹴りつけます。主に延髄蹴りをしますが、飛び蹴りや回し蹴りもするんだそうです。威力はなんと19t。

アフリカゾウが約9tなのでガタックがライダーキックをするとアフリカゾウ約2頭分の衝撃がかかります。重すぎますよね。ワームだから普通に蹴られたくらいに攻撃を受けられますが、人間だったら紙ペラみたいになっちゃいますね。

ライダーカッティングはガタックダブルガリバーをハサミのように重ねて攻撃する技です。その上、そのハサミからエネルギーが出るので、30m圏内のあらゆるものを切り刻むことができるんです。

ライダーエクステンドライダー落としと言って、ガタックが乗っているバイクと一緒に空中から飛び蹴りするというアクロバティックな技もやっちゃいます。

ガタックは力技だけではなくて道具を使いながらバリエーションたっぷりの技で戦うことができるみたいですね!

ママ
色んな必殺技があるのは面白いわ。パンチ力やキック力とか身体能力がマスクドフォームより高いから、もっと身体能力が発揮できるようにガタックバルカンが封印されたのかもね。身体能力が高いからこそ剣の方が力を存分に発揮できそう。
ハイパーフォーム(第3形態)

ハイパーフォームはガタックの最強形態になります。最強なのでツノがめちゃくちゃに大きくなっていますね!

胸部は今までの2倍の強度を持つようになります。ガタックプロテクターと言ってタキオンプレートという硬いプレートを内部に収納しているからなんだそうです。どんなパンチを受けても跳ね返すことができますね!攻撃力だけでなく防御力もアップしていることがわかります。

ツノが立派なので本物のクワガタのようにツノで攻撃できそうな気がしますが、ライダーフォーム同様に二刀流で戦いますよ。

ハイパーフォームのスペック

  • 身長:197cm
  • 体重:104kg
  • パンチ力:10t
  • キック力:15t
  • ジャンプ力:49m
  • 走力:4.2秒(100m)
  • 必殺技:ハイパーライダーキック(ライダーキックの進化版。破壊力は30t。)

このハイパーフォームはDVDやゲームでの登場になるので、テレビ版ではお目にかかることはできません。もし、ハイパーフォームを見てみたいと思ったらこちらのゲームで確認してみてください!

ママ
ハイパーフォームとなると、最高に強そうね。そんな最強のガタックに変身する人もやっぱり強い人なのかな?ムキムキで柔道黒帯です!みたいな人をイメージしてるんだけど、どんな人か気になるわ?

ガタックに変身する加賀美新って?

こちらの青年がガタックに変身する加賀美新(かがみあらた)です。柔道黒帯のムキムキって感じではありませんでしたが、正義感が強そうな青年ですよね。

加賀美は21歳でZECTの新入隊員として働いています。勤務形態は日雇いです。しかし、ZECTは秘密結社ということもあり自分がZECTの隊員ということは周りに知られてはいけません。

なので表向きはレストラン「ビストロ・サッル」や「ステーキのどん」でアルバイト定員をしています。緊急でZECTの仕事が入ることがあるため加賀美はよくバイトをサボります

性格は明るくて優しいながらも熱血。そして、諦めずに真っ直ぐな性格のため色んな人の心を開かせ、仲間との絆を深めることに一躍を担うこともあります。加賀美はZECTにいなくてはならないキーマンとなっていますよ。

ただし、お人好しすぎるところがあり、時にワームに利用されてピンチになることも…。真っ直ぐな性格だからこそ、憎めいない良いキャラをしていますね。

パパ
ZECTの仕事のためとはいえ、バイトをすっぽかすなんてバイト先にとったら迷惑な話だよね。普通だったらすぐさまクビにされてるとこかもしれないけど、加賀美の憎めない人柄のおかげでクビになっていないんだろうなぁ。

加賀美は本命のライダーにはなれずザビーに浮気も!

加賀美はもともと仮面ライダーカブトになりたくてZECTで活動していました。ワームを目の前にして加賀美はこう宣言しました。

「俺は貴様らを許さない。貴様らワームは俺が全て倒す。倒してみせる!」

そしてカブトゼクターは加賀美の手の中へ…って、嘘でしょ?加賀美の方へ来ると見せかけて、直前で90度カーブを描きながら水嶋ヒロ演じる天道総司(てんどうそうじ)の手の中へと飛んで行ってしまいました。

カブトは天道だろうなと薄々は気づいていたのでストーリーとしてはとても面白い展開だなと思いましたが、加賀美の熱い思いに感情移入して見ていたので残念でなりませんでしたね。

特にカブトゼクターがキュッと方向転換をした時は思わず「えっ!」と声が出てしまいました(笑)

そんな感じで加賀美は本命の仮面ライダーカブトにはなれませんでした。では仮面ライダーガタックにすんなりとなれたか?というと、そうではありませんでした。

実は、加賀美はガタックゼクターに選ばれていたにも関わらず、ザビーゼクターにも選ばれてしまいガタックより先にザビーへ変身してしまったのです。まさにゼクターからのモテ期到来ですね!

ザビーはもともとZECTの矢車想(やぐるまそう)が変身していましたが、ZECTのチームの和を乱したことで変身資格が奪われてしまいました。そのあとの適任者として加賀美が選ばれたんです。

しかし、加賀美は自分からザビーに変身する資格を放棄してしまいます。なぜかというと、仮面ライダーカブトを抹殺するように命令されたからです。

加賀美は正義感が強くてお人好しな性格です。なので、カブトを抹殺するなんて到底できるものではありませんでした。命令に逆らい、自分の中の正義を通す勇気ある選択に同じ男として胸に熱いものが込み上げましたね。

加賀美は一見頼りないダメ男感がただよっていますが、本当は男の中の男でとてもカッコイイやつですよ。女性ファンだけでなく男性ファンも多いことも納得ができますね。

様々な形態に変身できるガタックが登場する仮面ライダーカブトの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


仮面ライダーガタックは22話で登場

途中でザビーに変身したりと、ガタックに変身するまで時間がかかった加賀美ですね。初変身シーンやその時のエピソードが気になりませんか?それでは説明していきます!

22話の内容

仮面ライダーガタックの初登場は22話になります。加賀美自身は1話から登場して、色々と活躍をしていますが、実は22話まで仮面ライダーに変身することはありませんでした。初登場まで結構時間がかかりましたね。

22話のタイトルは「誕生特別編」です。

ZECT内ではワームの住みかとなっている工場を爆破する計画が進められていました。加賀美もその工場へ行き男の子のマコトから自分以外はワームにやられてしまったという話を聞きます。

みんなはマコトはワームが乗り移った悪者だと助言をしますが、加賀美は信じられずどうにかマコトだけでも救出したいと思います。加賀美らしい考え方ですよね。

加賀美は新しいライダーである仮面ライダーガタックが誕生すれば何かできるかもしれないと考えて、研究室でガタックに変身しようと試みますが失敗してしまい、病院へ運ばれてしまいました。そして病院で工場の爆破が決定したことを知らされます。

マコトに対して何もできない無力さに悔しさを胸に点滴を引き抜いて、工場へマコトを助けに行ってしまいます。しかし、そこには本性を現したワームのマコトがいました。

そのマコトにやられてしまう加賀美は裏切られた思いをパワーに変えてガタックゼクターをキャッチし仮面ライダーガタックへ変身したのです。その変身シーンがこちらです。

ガタックゼクターは壁を突き破って加賀美の元へ飛んでいきますよね。加賀美の強い思いにガタックゼクターの心が動かされたのでしょう。

初めての変身なのに迷いがありません。第2形態のライダーフォームになるにはゼクターのツノを180度倒すとなれるんですね。意外と簡単に形態変化できて驚きましたが、やっぱりツノがしっかりとあるライダーフォームはかっこいいです!

仮面ライダーガタックの戦い方

仮面ライダーは変身者の性格によって戦い方が様々なところも見どころなんです。仮面ライダーじゃない私達でも仕事のやり方などにその人の個性が出てきますよね。

スピード重視なのか、あるいは仕事の質が重視なのか、それとも仲間とのつながりを大事にしている、などと人それぞれです。私だったら、やはり仕事はチームワークですね。1人で頑張るより、みんなで協力して仕事をすると良い仕事ができます。

では、やっとのことで仮面ライダーガタックに変身した加賀美ですがどんな戦い方をするのでしょうか?

 

ガタックバルカンやガタックダブルカリバーを上手く使って戦っていますね。でも、見どころはそこだけではないんです!実は、戦い方の心構えにも加賀美らしさがあって感動するんですよ。

加賀美はマコトとムーンボゥという月の光に見える虹を見せるという約束をしていました。マコト姿をするワームを追い詰め、トドメを刺すというところまできますが、加賀美はトドメを刺さずに天井を壊してマコトにムーンボゥを見せてあげるんです。

ワームになったマコトも嬉しそうな顔をしています。トドメを刺す気を無くすくらい無邪気な子供の表情をしますが、最後は加賀美も腹をくくって正義を貫きライダーキックを決めます。また、それと同時に工場の爆破も決行されました。

ここで、感動的なことが起きるんです!

爆破の炎がガタックをめがけて来た時に、ライダーキックを受けて瀕死状態になっているマコトのワームがガタックを炎からかばったんです。敵なのにかばうなんてあり得ないことですが、加賀美の気持ちがマコトに届いて動かしたんだと思います。

私はこのシーンを見たときに感動してうるっとしてしまいましたね。しかも、その後の加賀美の言葉にも感動してうるっとくるどころか涙が込み上げましたよ。

お人好しの性格を逆手に取られて惑わされる様子を見ていたカブトからはライダーとしての甘さを指摘されます。しかし加賀美は力強く「俺は俺にしかなれない、でもこれが俺なんだ!」と言い放つんです。

自分の命さえ失いそうになりながらも、自分の意思や正義を貫き通す姿はまさにヒーローですよね。この一言に、加賀美のヒーロー像や信念をひしひしと感じることができます。

加賀美を演じた俳優さんって?

情に流されやすいですが強い正義感と信念を貫く、まさにヒーローという名がふさわしい加賀美を演じた俳優さんは佐藤祐基さんになります。現在でもドラマや舞台で活躍されていますよ。詳しくはこちらで紹介していますのでご覧ください。


ガタックのモチーフって何クワガタ?

ガタックはクワガタがモチーフになっていることはわかっていますが、クワガタといってもいろんな種類がありますよね。どの種類のクワガタをイメージしてガタックが作られたのか気になりませんか?

ということで、ガタックがどのクワガタからデザインされたのか調べてみましたよ!

モチーフはクワガタ界のプリンス〇〇だった!

モチーフはやっぱりクワガタの王者とも言われるオオクワガタかな〜と思いがちですけど、実は違ったんです!ガタックゼクターのデザインをよーく見ると、クワガタマニアにはすぐわかるんだそうですよ。

ヒントは背中です!もうお分かりになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?正解はこちらです。

https://twitter.com/junya_uzawa/status/1065965994651246592?s=20

そうです!クワガタ界のプリンスとも言われるミヤマクワガタです!

ガタックゼクターのフォルムとそっくりですよね。ミヤマクワガタは、あの背中の突起が特徴になります。ミヤマクワガタはカブトムシ界では上位にくるくらいツノではさむ力が強いんでそうです。あの突起が発達することで、はさむ力がアップするんだそうですよ。

時にはカブトムシと戦うと、お得意のはさむ攻撃でカブトムシのボディに穴を開けて致命傷を負わせるくらいの威力を発揮します。間違って人間の指がはさまれてしまったら…想像すると怖くてゾッとしますね。

ミヤマクワガタ(オス)のスペック

  • 体長:22.9mm – 78.6mm
  • 色:金色の細かい毛が生えており、通常時は褐色だが水に濡れると黒くなる
  • 寿命:成虫になって約1年(クワガタ界では短命)
  • 生体:日本に幅広く生息している、夜行性ではあるが昼間に活動することもある、よく飛ぶ
  • 性格:いざという時はクワガタ界で1位2位を争うほどの強さを発揮する、無駄な戦いはしない

ミヤマクワガタは無駄な戦いはしないので、ツノの力を確認しようと思ってわざと小枝を近づけてもはさんではくれません。しかし、エサやメスをめぐっての戦いの場合は、人が変わった様に…いや、クワガタが変わった様にとんでもない力を発揮します。

守るものがあるとさらに強くなるなんて、まさにヒーローですよね。加賀美も同じで、正義を胸にワームから人間を守るために最大限の力を発揮して一生懸命戦う姿はミヤマクワガタの戦い方と重なる部分があると思いませんか?

ガタックゼクターは加賀美のヒーローとして何かを守るために一生懸命に頑張っている姿に共感し応援したくなったのではないでしょうか。ガタックゼクターが加賀美の相棒となり、変身することを許したのはそのことを物語っているようにも思います。

ミヤマクワガタがモチーフのガタックが登場するを仮面ライダーカブトの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダーガタックは戦いに合わせて第3形態まで変化できるハイテクライダー
  • 加賀美は本命のライダーにはなれなかったが、強い正義感でガタックの資格を得た
  • ガタックは22話で初変身し、加賀美にしかできない素敵な戦い方をする!
  • ガタックのモチーフはミヤマクワガタで性格もそっくりだった!

第3形態まで自在に変化できるライダーって珍しくて面白いですよね。形態によってビームが出たり剣を使うなど、戦い方がワンパターンでないので毎回ワクワクしながら見ることができます。しかし、個人的に一番の見所は加賀美の人情味のある戦い方だと思います!

人を信じやすい性格のため利用されることもありますが、敵だとわかっていても約束を果たすシーンは人としての本質って何なのかを改めて考えさせてくれました。ガタックゼクターが加賀美を選んだ理由もそういうところから推測できますね。

戦隊ドラマですが、道徳の授業のように私たちに大切なことを教えてくれる仮面ライダーカブトは子どもだけでなく大人の方にもぜひ見ていただきたい素晴らしい作品です。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ