超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーJは1993年から1995年の間特撮ヒーロー映画を年間3本ずつまとめて劇場公開した東映スーパーヒーローフェアの1作として作られました。

たったの46分の映画なのですが、環境問題をテーマにしていて心清い少女を助けるために戦う仮面ライダーというヒーローの王道を感じられる作品です。

フォッグマザーにいけにえとして選ばれた少女を助けるために、瀬川耕司(せがわ こうじ)はJパワーで「仮面ライダ−J」に変身します。少女を救うために戦うJについて詳しく見て行こうと思います。また主人公を演じた望月祐多さんについても調べました。

仮面ライダーJに変身する瀬川耕司は何者なの?

仮面ライダーにぴったりの誠実そうなこの姿にドキッとしちゃいますよね。キリッとしっかりした太さの眉、黒々としたフサフサの髪の毛。悪いことなんて絶対にし無さそう…真面目な印象を受けるのは私だけでしょうか。

これで26歳って落ち着きと安定感がありますね。口数は少なめだけど守ってくれそうな…リードしてくれそうな感じでもありますよね。

この男性こそが、仮面ライダーJに変身する瀬川耕司(せがわ こうじ)なんです。お仕事はカメラマンなんですが、イケメンや綺麗なモデルさんを撮影するカメラマンではなくて美しい自然の風景を撮るカメラマンなんです。

しかもオートバイに乗り、キャンプしながらあちこちを取材する旅をしているんです。なんともワイルドな感じですよね。

カメラマンとフォトグラファー、写真家...何が違うの?

写真を撮る人ならみんなカメラマンじゃないの?と思うかもしれませんが、実は違うんです。さてどこがどう違うのでしょうか…

カメラマン プロから素人まで写真や動画を撮る人
フォトグラファー 写真を撮ることがお仕事の人
写真家 写真をとりつつ芸術性も追求し活動する人

少しずつニュアンスが違うんですね。カメラを持って撮るという行動1つでも色んな面で呼び名が違ってくるんですね。

ママ
パパは素人カメラマンね!
パパ
確かに…一生懸命撮ってもブレブレだもんな~(笑)
ママ
耕司くんは、写真家に近いのかしらね~。美しい風景を撮っているってことは芸術性もあるってことなのかしら。

突然、世界中で原因不明の異常気象が起こり始めるのです。美しい自然を撮るカメラマンの彼にとっては、これは大変なことですよね!

何が大変かと言うと様々な野生の動物たちが、どんどん汚染にやられしまうんです。こんな現場を目の当りにしたら、心が痛みますよね。

しかし自然の写真を撮り続け自然保護を訴えたのです。人間の力で何とか自然を守ろうとしたんですね。

さてそんな異常気象には裏がありました…。

どうして瀬川は仮面ライダ−Jになったのか?

異常気象は世界征服を狙うフォッグ・マザーの仕業(しわざ)だったのです。それを知らない瀬川はカメラマンとして汚染された湖の調査のための撮影をしていたんです。

その時、少女加那(かな)に出会います。加那は汚染によってなくなった動物のお墓を一つ一つ作ってお花を供えていました。なんて心優しい少女なんでしょうか…。

加那(木村加那)は心優しい少女!

心優しい9歳の少女。9歳と言ったら小学4年生ですよね。可愛らしさもありますが、大人びた雰囲気が強いような気がします。

加那を演じたのが、野村佑香(のむら ゆうか)さんです。現在も女優やモデルとして活動しています。2019年現在で35歳なんですが、上の画像の面影がバッチリ残っています。

ママ
あら~、大人になっても可愛らしさがあって子どもの頃の面影があるわね~。
パパ
可愛いね~。3歳から子役とし活動してたんだって!

心やさしい加那はフォッグ・マザーの儀式の生贄(いけにえ)に選ばれさらわれてしまいます。加那を守るために瀬川は体を張りました。しかしあろうことか崖から突き落とされて、命を落としてしまうんです。

ママ
え?主人公の耕司くんがこんなに早く消えてしまう…の…
パパ
これが、仮面ライダーJになるキッカケなんだよ!

瀬川の命を助けたのが… 

崖から落ちて命を落としてしまった瀬川を生き返らせたのが、Jパワーを持つ地空人(ちくうじん)そのJパワーのおかげで「仮面ライダーJ」に変身するパワーを持ったのです。

地空人っていったい何者なの?って感じですよね…こんな人たちなんです。

  • Jパワーを持つ(精霊の力や地球の神秘のエネルギーのこと)
  • 太陽の光に弱い
  • 優れた科学力を持っている
  • 見た目は人間にそっくり(劇中では2人登場)
  • 下半身が木の根っこのようになっているため、その場から動けない。

大地の精霊と共に生きる、地底の奥深くに太古の昔から住んでいる人間のような生き物なんですが、自分の力で動くことができないんです。

なので自分達の持つJパワーを使ってフォッグマザーと戦うことのできる自然を愛する人間を探していました。そんな中、崖から落ちてきたのが瀬川だったというわけです。

パパ
自然を愛し大切にしようとする人物、まさに耕司くんが仮面ライダーJにぴったり!選ばれし者だったんだね!

瀬川の相棒はしゃべる昆虫!?

地球上に出られない地空人は自分たちの言葉を伝えたり彼を助けたりする相棒として巨大バッタのベリーをつけてくれます。ベリーは言葉が話せてとても優しいバッタなのです。

  • 身長:30cm
  • 体重:215g
  • 性格:明るく、気さくな感じ
  • 仕事:瀬川のサポート役
  • 特技:ホバリング

ベリーはバッタの姿をした地空人の使者なのです。外界の情報収集やJのサポートをしてくれます。全長30センチほどの巨大バッタです。たいていはJの肩に乗っています。人間の言葉を話すことができます。

勝手にベリーの特技にしてしまいましたが、特技かはわかりません。ですが、ベリーのモチーフはショウリョウバッタで、通常バッタ類はホバリングが出来ないんです。

ホバリングとは、空中で飛びながら停止すること。これが出来る代表例はヘリコプターです。くるくるとプロペラを回しながら、その場に留まることが出来ますよね。それと同じようにベリーも、空中で留まることが出来るんです。

ママ
大きいバッタで、人の言葉を話せるなんて凄くない!欲しい~!
通常のバッタの大きさは?

子どもの頃は、ちょっと触るのもドキドキする程大きく感じませんでしたか。ショウオリョウバッタは日本でも大きめのバッタさん。

体長はオスで約4.5cm・メスで約7.5cmほどです。体の色は、緑のも居れば茶色っぽい色もいます。

ママ
メスの方が大きいのね!今度草むらで探してみよ~と!
パパ
ってゆーか…ベリーは巨大すぎだよね!!30cmもあるんだよ!
ベリーの声を演じたのは?

声優、女優として活躍している愛河理花子(あいかわ りかこ)さんがベリーの声を担当しています。たくさんの作品に出演しているのですが、愛河さんは何と言っても早口言葉!と思っているのは私だけでしょうか。

早口言葉でめちゃめちゃ活舌が良すぎなんです。普通の人なら舌を噛んじゃいそうな早口言葉をココまで聞き取りやすく話せるのは、愛河さんだけではないかな~なんて思っちゃいます。

是非、トヨタのファンカーゴのCMで早口言葉を披露しているのでご覧ください。

仮面ライダーを原点に返って見たい方は「初代仮面ライダー」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


仮面ライダーJとは!?

仮面ライダーJもバッタをモチーフにしているようなんです。見るからにそんな感じですが、実際は劇中で明らかになっていないんです。

見た目としては、全体は濃い緑色でさし色に2種類の緑色があり、グラデーション調になっていてとても綺麗な色合い。シンプルな感じでもありますが、少しオシャレなスーツではないでしょうか。

まず何と言っても仮面ライダ−Jの特徴は手でJのポーズをして変身することなんです。通常ライダーたちは、大きく手を広げダイナミックな変身ポーズを披露してくれますよね。しかしJの場合は、至ってシンプルにJポーズで変身です。

これなら複雑な変身ポーズではないので、小さいお子さんでも1度見たらパッとマネできそうですよね。

仮面ライダーJの基本情報

  • 身長:194cm
  • 体重:84kg
  • ジャンプ力:ひと跳びで150m
  • 走力:測定不能

ジャンプ力がとんでもなく凄くないですか。成人男性のジャンプ力の平均は62cmというデータがあるんですが、さすが仮面ライダーですよね(笑)

150mっていったいどれだけ空中にいるのか…このジャンプ力は歴代仮面ライダーの中でも凄いんですよ。仮面ライダーJはさて、何位に入っているでしょうか。

ライダージャンプ力!トップ5はこれだ!!
1位  仮面ライダースーパー1 測定不能
2位  スカイライダー 200m
3位  仮面ライダーJ 150m
4位  仮面ライダーブレイド
(ジャックフォーム)
133m
5位  仮面ライダーZO 130m
ママ
わ~ぁ!仮面ライダーJは、3位なのね!凄いじゃない!!
パパ
測定不能のライダーもいるんだね(笑)どんだけジャンプするのかな~。

そして走力が測定不能って…どれだけすごいパワーをもらったのでしょうか。速いといえば、身近で想像できるのは新幹線じゃないでしょうか?東京から大阪までの新幹線は2時間半、一直線にしたら401km/hなんです。

それ以上早い…のか。色々想像しちゃいますが、子どもやライダー好きの友人とも話したら会話が盛り上がりそうですよね。

ちなみに仮面ライダーJの名前の由来って知っていますか。いろんな言葉の頭文字「J」から生まれていましたよ。

仮面ライダーJの名前の由来になった言葉
Jumbo
(ジャンボ)
巨大
Japan
(ジャパン)
日本
Judge
(ジャッジ)
年々凶悪で強大していく悪(文明の悪い面に対して)審判(しんぱん)をくだすもの
Jupiter
(ジュピター)
古代ローマの最高の神

いろんな言葉があるようですが、ただ単に巨大ってだけではないんですね。特にJudge(ジャッジ)なんかは、まさに悪を倒すヒーローの名前の由来にふさわしいと思います。

必殺技があるんだけど…

仮面ライダーJの設定の中に「最初は普通の人間が事件に巻き込まれてから改造されて変身して強くなる」という注目点があるんです。と言うことは、戦いに慣れていないと言うことになりますよね。

仮面ライダ−Jの魅力の一つはどの戦いでもいつもやられかけるところなのです。一回やられかけてそこからわずかな隙をついて逆転する展開が余計に人気だったんですね。体を張った特撮の最後の仮面ライダーでもあり傷ついて倒れる姿にとても臨場感があります。

戦いに慣れていないんですが、必殺技は他のライダーのようにある程度は存在します。むしろキックやパンチの定番攻撃から、細かな技もありました。

【必殺技】

  • Jキック
  • Jパンチ
  • Jチョップ
  • Jエルボー

本人の身体能力をフル活用して全力で戦っていたんですね。

特に強いパワーを持つJキックは3人のフォッグ怪人の中で最強のガライのトドメを刺す技としても使いました。

ガライとは
コブラ男です。

パパ
Jに取っては、1番の必殺技はのキックだったようだね!

元々、瀬川はフリーカメラマンで戦い慣れているわけではないので戦いでは力任せのパンチをよく使っています。生身のパワーだけで戦う姿も魅力の一つなんです。

ママ
なんどもやられかけるし傷つくからハラハラドキドキで目が離せないわ

とことんまで追い込まれてからはなつJパンチはアギトやズーといったフォッグの怪人たちを一撃で吹き飛ばすすさまじい威力を持っていてフォッグマザーを仕留める時にも使っていました。恐るべきパンチの威力です。

アギトとは
トカゲ男の事です。

ズーとは
ハチ女のことです。

悪のボス「フォッグ・マザー」は何者?

フォッグマザーは千年に一度沢山の卵を産んで成長させます。そのために宇宙から地球を狙ってやってきたのでした。卵からかえった子供たちは餌が必要なので人間を餌にして子供を育てるつもりだったのです。

過去には地球で卵をたくさん産んで卵から育った子供たちが恐竜を食べて絶滅させたこともあります。人類滅亡(じんるいめつぼう)の危機がどんどんせまっています。

フォッグマザーは機械生命体で外からはどんな攻撃もはねのける空母母艦のようであり巨大な要塞のような形をしています。とても巨大なのでその中にさらった加那や自分が産んだたくさんの卵などすべてをとりこんでいます。

そして、地球上を動き回ってはすごい戦闘能力で街や自然を焼き尽くし汚していくのでした。その動きが地球上では異常気象として見えていました。そのせいで湖や森では環境汚染が起き動物たちが次々となくなっていたのです。

仮面ライダーの怪人としては「フォッグマザーの3人の子供達」が順番にJを襲います。一番最初に瀬川はアギトに狙われてあっという間に谷に落とされてやられてしまうのです。

その後、フォッグマザーの命令でズーが仮面ライダ−Jに挑みます。全然強くないのでやり返されて負けそうになった時飛んでJをフォッグマザーの要塞の中まで運びました。

そして、フォッグマザーの体内でガライとJの激しい戦いが繰り広げられます。その横では檻(おり)の中に捕らえられた加那が助けを待っています。フォッグマザーの卵の孵化が始まり、生まれた子供たちが加那に迫っていました。

パパ
この3人がフォッグマザーの体内で次生まれる卵の孵化(ふか)のための儀式を行っていたんだ
ママ
その儀式の生贄に心のきれいな加那が選ばれてしまったのよね。かわいそう。
卵の孵化(ふか)とは
卵から新しい生き物が育って出てくること

ライダーと言えばバイク!

瀬川が普段乗っているバイクがJパワーを浴びてジェイクロッサーに変形すると…あれ?顔がそっくり瓜二つではありませんか。

同じ色で同じ感じの目が付いています。バイクが乗ってる仮面ライダーとそっくりになってしまうなんてなんだかかわいらしく見えてきます。

前面部はJの顔(バッタ)に見える形になっています。触覚の感じが完全にバッタです。さすがJパワーです。これなら子供たちがダンボールでJクロッサーを作って仮面ライダーの真似するのも楽しそうですね。

Jクロッサー

  • 最高時速:1330km/h
  • 耐熱温度:1000度
  • 能力:悪路や悪天候でも性能を維持できる
  • デザインモチーフ:バッタ
  • ジャンプ力:90m
  • 必殺技:Jストライク(ジャンプからの体当たり技)

詳しく知りたい方は、コチラをご覧ください↓↓

仮面ライダーJの最大の注目ポイント!

注目の巨大化の姿はこちらです。ちょっと下からのアングルなので、わかりずらいかな…。なので奇跡の最強フォームと呼ばれた大きさを紹介します。

ジャンボフォーメーション

  • 身長:40m
  • 体重:736トン

必殺技

  • ジャンボライダーキック
  • ジャンボライダーパンチ

身長は20倍になって体重はなななんと!1万倍近くになっているのでした。この重さがあれば必殺技はキックで十分ですね。

ママ
寝るときに枕元に置いた1円が起きたら1万円になったくらいすごいわね!
パパ
ママの例えがイマイチ伝わらないけど…。ライダーが巨大化するってそれくらい驚きだよね!

Jが絶体絶命の状況に追い込まれたときにのみ、大地の眠る精霊の力が集中的にJに集まりその精霊たちの力を授かることによって初めて巨大化出来るので、巨大化したのは一度だけでした。仮面ライダーの歴史の中でもJだけ巨大化しました。

ジャンボフォーメーションになると見た目は少し変化して、頭の部分が金属のような色になり、緑の2本線が濃くなります。Jパワーの効果が出ている感じですね。

仮面ライダーJを演じた望月祐多さんはどんな人?

既に引退されているようですが、イベント等ではお会いすることができるようです。

  • 本名:松川学
  • 生年月日:1967年3月14日
  • 出身地:神奈川県
  • 職業:元俳優、元男性声優
  • 活動期間:1986年〜2005年、2014年

あんなに好青年のイケメンだった望月さんも今ではいい感じに脂が乗った優しそうな50代に変身していますね。

どんな活躍をしたのか?

望月祐多さんは当時では戦隊シリーズの「レッド」(主役)と仮面ライダーの主役を両方演じた唯一の俳優さんなのです。「恐竜戦隊ジュウレンジャー」では主役のレッドでティラノレンジャーのゲキの役をされています。

出演映画
1992年:松竹 外科室
1994年:東映 仮面ライダーJ
1994年:東映 スーパー戦隊ワールド
1994年:東映 仮面ライダーワールド
1995年:彩プロ ふうせん2
2014年:東映 獣電戦隊キュウリュウジャーvsゴスとバスターズ 恐竜大決戦!
さらば永遠の友よ
出演した舞台
1986年 JAC公演 スタントマン愛の物語
1986年 ロミオとジュリエット
1986年 黒蜥蜴
1987年 ハムレット
1988年 サムソンとデリラ
1990年 乾いて候
1993年 美少女戦士セーラームーン外伝
1995年 美少女戦士セーラームーンSuperS
1996年 美少女戦士セーラームーンセーラースターズ
1998年 美少女戦士セーラームーン永遠伝説

 

舞台での活躍も沢山されていて、特にセーラームーンの格好いい役柄が多いのでママファンが多いのも納得です。望月祐多さんといえば「タキシード仮面」と出てくるくらいの大人気なのです。

パパ
タキシード仮面を演じるなんてずるいよー。ママファンがいてうらやましいな!

現在は何をしているの?

なんと俳優業はすでにやめられていました。「仮面ライダーJ」の影響なのでしょうか。自然を愛するあまりに岡山県に移住され「三穂の郷農園」を営まれています。

パパ
現在では、自然に囲まれて生活しているんでね!
ママ
まるでライダーJの耕司くんみたいね。自然を愛し、自然と共に生きるみたいな…素敵~。

仮面ライダーZOとJって似てない?!

ぱっと見ではどちらがJかわかりませんでした。そっくりすぎます。見分けるポイントは体の周りのラインが黄緑色ならJ金色だとZOです。Jの方が体全体の色が明るくてはっきりしていますね。それだけ…?難しいかも…。

簡単に言うなら!お腹の部分に縦の線があればZOで、なければJなのです。だめだ、これでは顔だけで見分けられない…(笑)

スーツデザインと監督を務めた雨宮慶太(あめみや けいた)監督はZOの後にはZOをパワーアップさせた続編を作るつもりだったのです。

ところが、全く違う仮面ライダーを!と言われて慌てて書き換えたのですが、ライダースーツの発注はすでにオーダー済みだったとか。

パパ
だから、仮面ライダーZOとJは似てると言われてるんだね

仮面ライダーJは他の作品では登場しないの?

他の作品の登場はというと、映画「仮面ライダーワールド」でZOと共演しています。巨大化出来るためにZOを脇に置きながら巨大化した敵と戦うのでした。さらに小説「SIC HERO SAGA」でもZOと共演して悪と戦っています。

パパ
ZOと並ぶと、何となく違いが分かる気がしそうだけど…やっぱり似てるな~(笑)

たった一度きりの巨大化の予定が、実は他の作品に呼ばれるたびにジャンボフォーメーションで戦うことになるのでした。

2009年
巨大化
映画「仮面ライダーワールド」
2009年
巨大化
映画「仮面ライダーディケイドオールライダー対ショッカー」
2009年
巨大化
映画「仮面ライダーx仮面ライダ−W&ディケイドMOVIE大戦2010」
2011年
等身大で登場
映画「オーズ・電王・オールライダーレッツゴー仮面ライダー」
2012年
巨大化
映画「仮面ライダーxスーパー戦隊スーパーヒーロー大戦』
2014年
巨大化
映画「平成ライダー対昭和ライダー仮面ライダー大戦feat.スーパー戦隊」
2015年
巨大化
映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」
2005年
巨大化
小説「S.I.C. HERO SAGA MASKED RIDER ZO EDITION-ZOvsJ-]

仮面ライダーが巨大化するのは珍しいのでみんなが望んだんですね。

違う映画での仮面ライダ−Jのジャンボフォーメーションを観たい方は「オールライダー対大ショッカー」を今なら無料で見れます↓↓

まとめ

  • カメラマンの瀬川耕司は仮面ライダ−Jに変身して戦う
  • 仮面ライダーJの俳優さんは望月祐多さん
  • 恐竜戦隊ジュウレンジャーのレッドと仮面ライダーの主役を演じた唯一の俳優さん
  • 仮面ライダ−ZOと仮面ライダーJは似ている!
  • 望月祐多さんは今は実業家として活躍をしてる

仮面ライダーJは1994年に公開された映画でその頃から環境問題が騒がれるようになり「環境問題」「清らかな心の少女」「生贄」「助ける」といった絶対的に守るべき正義のために戦う仮面ライダーのストーリーでした。

たったの46分の中のストーリーなので展開もものすごく早くテンポよく正義を感じられて見終わった後スカッとします。普通の人間は瀬川耕司と加那以外に出てこないので少し寂しい感じはしますが、誰が見てもわかりやすくていい映画です。

仮面ライダ−Jを演じた望月祐多さんは仮面ライダ−Jの環境問題に影響を受けたのでしょうか。現在は俳優業をやめられ岡山県で自然派の農園を営んでいるようです。やはりいい人なんですね。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ