超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



1971年の昭和の時代から始まり現代まで続いていて大人も子供も楽しめる特撮テレビドラマシリーズが仮面ライダーです。仮面ライダーはもちろん大人気でしたが、として登場する怪人たちも個性的で憎めないキャラ達ばかりだったんです。

フクロウ男はかなりぶっ飛んだ設定になっていて、手ごわい敵であると同時にかわいらしい一面もあったんですよ。そんなフクロウ男について今回はご紹介します。


フクロウ男とは何者なのか?

名前の通り「フクロウ」+「男」=フクロウ男なんです。期待を裏切らないネーミング通りの姿をしていますね(笑)

ショッカーが開発したフクロウ型改造人間で鳴き声は「ホホホホホホ・・・」なんです。なんだかかわいらしい鳴き声ですね。

かわいい鳴き声とは反対に両目にはとんでもない兵器が取付けられていました。どんな兵器かはもう少し下の方で説明しますので、お楽しみに。

ショッカーとは

仮面ライダーの世界において世界征服を企む悪の秘密結社のこと。

てっきり黒い服に身を包んで「イーーー!!」と叫ぶ人たちが「ショッカー」なのかと思い込んでいましたが、彼らは「ショッカー戦闘員」というようなんです。

フクロウ男とはどんな敵?

フクロウ男はただ単にフクロウの姿をした人間ではないんです。フクロウ男とはどんな敵だったのかをまずはご紹介しますね。

  • 名称:フクロウ男
  • 弱点:腹部(かなりの弱点)、お昼の時間帯(フクロウの能力を持っているので昼間では動きが鈍くなる)
  • 移動手段:歩いたり走ったりもするが、飛行能力もあるので自由自在に飛び回れる
  • 特殊能力:両目に「殺人レントゲン」が仕込まれている

フクロウ男はフクロウの能力を持っているだけあって、フクロウと同じように昼間では動きが鈍くなったり、飛行能力があるなどの特徴をもっています。

その中でひときわ気になるのが「殺人レントゲン」ですよね。この能力はレントゲン写真を応用している数十倍の威力を持ったレントゲン装置のことなんです。

かなりの威力を持っていて、フクロウ男の眼に撮影された者はたちまち白骨化して死亡してしまいます…。とっても恐ろしい能力ですね。

フクロウ男が登場するのは第60話!

殺人レントゲン装置を両目に取り付けたフクロウ男が登場するのが仮面ライダー第60話「怪奇フクロウ男の殺人レントゲン」です。

ママ
フクロウ男が登場する第60話が放送されたのは1972年5月20日だったのよ。しかもね!視聴率は約26%もあったのよ。
パパ
だいたい4人のうち1人は仮面ライダーを見ていたってことだね。当時の人気もすごかったんだね~。

第60話のあらすじ

ショッカーはフクロウ男に殺人レントゲンを取り付けることに成功し、その殺人レントゲンがどれだけ機能するのかなどを実験することにしました。元気いっぱいにアジトを飛び出すフクロウ男がついつい可愛く見えてしまいました。

【殺人レントゲンの実験】

実験の標的となったのが偶然通りかかったテニスのコーチの男性でした。(男性はテニスの練習の帰り道に女学生2人と別れてすぐにフクロウ男に襲われたので、たまたま1人になったところを狙われたんです。)

男性は叫び声をあげるも、あっという間に白骨死体となってしまいます。男性の悲鳴を聞いて少し前に分かれた女学生2人がかけつけてきますが、白骨死体とフクロウ男を見てすぐに逃げ出します。

しかし、1人が転んでしまい捕まってしまいます。捕まった女学生はこの後アジトに連れていかれ、ショッカーで整備員として働かされる予定になっているんです。

もう1人の女学生は団地のようなところまで逃げてきて、通りかかった警察官に助けを求めました。ですが、警察官はフクロウ男や白骨死体のことなど信じてくれず、女学生のイタズラだと決めつけてまともに対応してくれませんでした。

パパ
確かにもしも現実世界で「さっきまで生きていた人がいきなり白骨死体になった!」「フクロウのような男が襲ってくる!」なんて突然言われてもなかなか信じられないよね。

警察官が立ち去っていくと女学生をなんと走って探しにきたフクロウ男が現れます。思わず空を飛んだ方が早いのではないかとツッコんでしまいますよね。

女学生はすぐに近くにある電話ボックスに隠れるのでなんとか見つかりませんでした。するとそこへバイクに乗った本郷猛(ほんごうたける)が登場します。

本郷猛とは?

仮面ライダー1号に変身することが出来る。ショッカーによってバッタの能力を持った改造人間にされてしまい、人間でなくなったことに悩みつつも人類の平和の為にショッカーと日々戦っている。

なんてタイミングの良さなんでしょう!女学生は本郷に助けを求めて本郷と共に白骨化したコーチのところに行きます。本郷は白骨化した骨が本当にコーチのものなのかを調べるために「大学の研究室に運んで詳しく調べてみよう」と言って持ち帰ります。

【ショッカーの考えた作戦とは?】

場面が変わってショッカーのアジトの中では、殺人レントゲンの実験が成功したのでフクロウ男は「大時計爆発計画の責任者」に任命されることになりました。

大時計爆発計画とは?

昼の12時に日本各地にある大時計を一斉に爆発させて、連動するように小さな時計も次々と爆発させる。という作戦である。

大時計が爆発すると家にある壁掛け時計や置時計も爆発するなんてとんでもない原理ですが、そもそも日本各地にある大時計に爆弾などを仕掛けて一斉に爆発させるなんてコストも人員もかなりかかってそうですね。

【フクロウ男の弱点はかなりの弱点だった!]

白骨化したコーチを調べた結果、殺人レントゲンが使われたことが判明したので調査に乗り出した本郷と滝和也(たきかずや)ですが、フクロウ男とショッカー戦闘員におそわれます。

滝 和也とは?

本郷猛/仮面ライダー1号、一文字隼人/仮面ライダー2号と共にショッカーと戦った親友でFBI捜査官。最初の方は身分を隠していたが、どうみても生身の人間にしてはなかなかの強さであったようです。

本郷は仮面ライダー1号に変身しますが、ショッカー戦闘員にロープで手を縛られたうえに吊るしあげられてしまうんです。すかさずフクロウ男の殺人レントゲンがライダーのベルトに直撃します。素晴らしい連係プレーですね。

ライダーを白骨化することは出来ないようですが、ベルトに殺人レントゲンをくらったライダーはかなり痛いようでもだえてしまうものの、滝さんの活躍でなんとかライダーのロープをほどくことに成功します。

しかし、ベルトへの殺人レントゲン攻撃がかなり苦しかったようですぐには立ち上がれないライダーのもとに、再びフクロウ男がおそいかかろうとするんです。フクロウ男に反撃するべくライダーが手にしたのは「木の棒」でした。

特殊な木の棒なんてことはなく、ただの木の棒です。たまたま近くに落ちていたよくある木の棒なんです。その木の棒でライダーは何をしたと思いますか?

ズバリ!フクロウ男の弱点を突いたんです。おそらくライダーは弱点とは知らなかったようですが、結果的にはフクロウ男の弱点を突くことによって退散させることが出来たんです。

フクロウ男の弱点、皆さんは覚えていますか?先ほどフクロウ男の紹介の所で書きましたよ~。そうです!正解は「腹部」つまりお腹が弱点だったんです!

おなかを突っつかれただけで逃げないといけないなんて、フクロウ男の弱点はとんでもなく弱い部分だったんですね。

ママ
もしかしたらライダーの木の棒がたまたまフクロウ男のおなかを突っついてしまっただけかもしれないけど、結局は「運も実力のうち」っていうように運までもがライダーに味方していたのね。

【次に調査をするのは本郷と○○】

フクロウ男とショッカー戦闘員との戦いで、滝さんへのダメージが大きかったようなので次は本郷と立花藤兵衛(たちばなとうべえ)が調査をすることになりました。

立花藤兵衛とは?

本郷猛のオートバイの師匠でスナックのマスターで立花レーシングチームのオーナー(後に立花レーシングクラブの会長になる)。仮面ライダーファンから「おやっさん」の愛称で親しまれている。

なんとショッカーのアジトを発見した本郷と立花は、発煙筒でおびき出すことにしたようです。発煙筒の煙に慌ててアジトから出てきたショッカー戦闘員の1人を捕まえて、ショッカーの作戦がどんなものなのか聞きだそうとします。

このショッカー戦闘員は口封じのために殺されてしまいますが、最後の最後にショッカーの作戦をライダーたちに時計の絵を書き、なおかつ12時のところにもしっかりと〇印をつけてくれることで伝えてくれます。

【仮面ライダーVSフクロウ男の結末】

敵地に乗り込む本郷と滝と、それを迎え撃つショッカー戦闘員のオートバイ部隊との戦いになります。本郷は仮面ライダーに変身して、サイクロンに乗り戦います。

その後ライダーとフクロウ男の戦いになり、ライダーハンマーというジャイアントスイングのような技でフクロウ男にダメージを与え、最後はライダーキックでフクロウ男にとどめを刺します

ライダーキックを浴びたフクロウ男は、かなりの距離を転がり落ちて大爆発を起こして敗れます。やはり最後は正義が勝つ!といいましょうか、お決まりの仮面ライダーの勝利で終わります。

フクロウ男が転がり落ちるシーンですが、撮影当時は人形を身代わりにするパターンが主流でしたがフクロウ男はなんと中にスーツアクターの方が入ったまま転がり落ちるシーンを撮影したんです。

撮影当時だからこそ可能だった撮影方法ですが、今では一歩間違えれば放送事故になってしまうレベルですよね。


フクロウ男は他の仮面ライダーシリーズにも登場している!

フクロウ男は仮面ライダーの漫画版にも登場しているんです。その漫画版はなんと2作品もあるんですよ。

  • 『新仮面ライダー』【作画:すがやみつる】

フクロウ男は漫画版でも、仮面ライダー1号に捕まってしまった仲間が情報を漏らしてしまわないようにするために口封じとして殺してしまうんです。平気で仲間を切り捨てられるような冷たい性格は漫画でも実写でも変わらないんですね。

日本の地下で大爆発を起こして日本列島ごと海に沈めようと計画していましたが、仮面ライダー1号によって殺人レントゲンを搭載している両目をつぶされてから、ライダーキックを浴びて大空へ散ってしまい計画は失敗に終わります。

  • 『新仮面ライダーSPIRITS』【作画:村枝賢一】

フクロウ男は魂をもたないゾンビとして復活します。仮面ライダー1号に殺人レントゲン攻撃を仕掛けるが、逆にライダーニーブロックをお腹に受けて爆発して敗北してしまうんです。

ライダーニーブロックとは?

ヒザから下を突き上げるようにして攻撃する技。

漫画でも実写でもフクロウ男の最大の武器である「殺人レントゲン」は搭載されているんです。新仮面ライダーSPIRITSは現在でも連載中なので、もしかしたら今後にまたフクロウ男が登場したりするかもしれませんよ。

そんなフクロウ男が登場する仮面ライダーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


フクロウがモチーフとなったほかの怪人たち

フクロウをモチーフとした怪人はフクロウ男だけではなかったんです。仮面ライダーシリーズに登場する他のフクロウな怪人をご紹介します。

怪人名 登場する仮面ライダーシリーズ名
フクロウ獣人 仮面ライダーアマゾン
ゴ・ブウロ・グ 仮面ライダークウガ
オウルロード ウォルクリス・ウルクス 仮面ライダーアギト
オウルオルフェノク 仮面ライダー555
オウルイマジン 仮面ライダー電王
フクロウヤミー 仮面ライダーオーズ
オウルハードスマッシュ 仮面ライダービルド

オウル=owl=フクロウを意味する英単語のことです。名前に「フクロウ」という意味が入っているのがほとんどなんですね。

フクロウ獣人

仮面ライダーアマゾン第19話に登場します。鳴き声は「ホ~ギャ~」です。なんだか怖いですね。今の所かわいさは見当たらないですよね。

フクロウ獣人の能力は自分の羽毛を相手の目に張り付けることで視力を奪って、特殊な義眼を埋め込むことで洗脳することが出来る。爪や腕を切り離して飛ばすこともできるんです。飛ばした腕にも視力を奪う効果があったんです。

視力を奪うことが出来る攻撃ってすごく怖いですね。実際にアマゾンライダーも1度目の対戦のときは視力を奪われたので、なかなかの強敵だったのではないでしょうか。

ゴ・ブウロ・グ

仮面ライダークウガ第25話第26話に登場します。見た目は人間の要素の方がかなり強く感じますね。むっきむきの筋肉ワイルドだろぉ~!とついつい思ってしまいます(笑)

時速300㎞以上のスピードで空を飛ぶことが出来て、羽の音もかなり静かなんです。吹き矢を武器としていて、すごく高いところからでも正確に攻撃することが出来るほどの精密さでかなりの身体能力の持ち主なんです。

自身の翼に攻撃を受けたとしても、約1時間程度で再生する能力もあわせ持っています。こんなに強いゴ・ブウロ・グですが、登場する回では仮面ライダークウガのストーリーの方を主に取り上げられていたために戦闘シーンが少なかったようです。

仮面ライダーファンからも強さをちゃんと発揮できていない残念な怪人。と思われるような存在だったんです。

オウルロード ウォルクリス・ウルクス

仮面ライダーアギト第43話第44話に登場します。すごく大きな翼が特徴的で、時速300㎞のスピードを利用して上空からおそいかかります。するどい爪を使って標的の内臓を消滅することで殺害する能力を持っていたようですよ。

飛行能力とそのスピードを活かした戦いかたでライダー達を追い詰めていきますが、最後は仮面ライダーアギトのライダーパンチによって敗北してしまうんです。

オウルオルフェノク

仮面ライダー555第7話第8話に登場します。実はオウルオルフェノクはとんでもなく性格がゆがんでいるんです。

口から神経系の毒ガスを吐き出すことで、標的を呼吸停止状態にして殺害するという能力を持っています。息が出来なくなるとんでもない苦しみを与えての殺害なので、この時点ですでになかなかのゆがんだ性格が見えていますね。

オウルオルフェノクが人間の時は音楽大学の教授なんですが、自分より優れた音楽の才能がある者をただ単純に殺すのではなく、その才能を奪って音楽を出来なくして一生苦しめる。というなんとも性格の悪すぎることを平然とやってのけるんです。

例えばですが、天才的なクラシックギターの演奏者の音大生が使うバイクに事故を起こすような仕掛けをして、指に致命的な傷を負わせることでその音大生の演奏家生命を奪ったんです。

性格の悪さではある意味個性的な怪人の1体なのは間違いなかったのではないでしょうか。

オウルイマジン

仮面ライダー電王第13話第14話に登場します。フクロウをモチーフにしてはいますが、昼間も平気で行動するんです。白を基調としていてちょっとカッコよく見えたりもしますね。

小さな翼ですが空を飛ぶことも出来ます。自分の羽根をナイフのように飛ばして攻撃することが出来、その威力は自動車を一発で爆発させられるほどなんです。

フクロウヤミー

仮面ライダーオーズ第33話第34話に登場します。フクロウヤミー平気で昼間も行動することが出来ます。真っ白い体に真っ赤な顔が特徴的ですね。

もちろん空を飛ぶことも出来て羽根で攻撃することも出来ます。翼で強風を起こしたり、黒い包帯を出して標的を捕まえる能力も持っています。

マッチョな肉体真っ白い翼がなんとも神々しく見えますが、頭の上にあるフクロウの顔がなんだか可愛すぎませんか?ある意味ギャップ萌えですね。

オウルハードスマッシュ

仮面ライダービルド第17話に登場します。本当にフクロウをモチーフにしているのかすら怪しいような見た目ですよね。

見た目と反して空を飛ぶことが出来、空中からの高速突撃を得意としているんです。両方の腕に取り付けられているフォレストシーカー(球体のドローン)を利用してかなり広い範囲を索敵することも出来るんです。

ロボットのような見た目通りにドローンを操って周りを見渡せるって、なんだか急にハイテクになってきましたね。

「フクロウがモチーフとなった怪人」といっても、色々な怪人たちでしたね。フクロウのような翼を使ったり、爪を使ったり、羽根を使ったり、昼間が苦手だったりそうでなかったり・・・

同じモチーフでも見た目も性格も攻撃方法も違っていたので、今後の仮面ライダーにも今までとは違う新しいフクロウをモチーフとした怪人が登場することもあるかもしれませんね。

フクロウをモチーフとした怪人第1号の「フクロウ男」が登場する仮面ライダーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • フクロウ男とは両目に殺人レントゲンという撮影した者を白骨化させてしまう装置を持った怪人のこと
  • フクロウ男が登場するのは第60話の「怪奇フクロウ男の殺人」という回で放送当時の視聴率は約26%もあった
  • フクロウ男は漫画版にも登場していて最大の武器である殺人レントゲンもしっかりと搭載されている
  • 他にフクロウをモチーフとした怪人はシリーズ上7体いて、みんな個性的な見た目と性格の持ち主である

仮面ライダーを見る時はついつい仮面ライダーを注目して見てしまいがちですが、敵である怪人もよくみると変わった性格をしていたりツッコみどころ満載な姿をしていたりするんです。

みんなそれぞれ何かがモチーフとなって考えられた怪人なので、「この怪人はこれがモチーフになったのかな?」とか考えながら仮面ライダーを見るのもまた違った楽しみ方の1つになりますよ。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ