超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



平成仮面ライダーの第三弾である「仮面ライダー龍騎」では、13人のライダー同士が戦いを繰り広げます。自らの願いを叶えるために戦い、最後に残った1人が全てを手に入れるというバトルロワイヤル的な要素も加わっている作品です。

今回紹介する「仮面ライダーガイ」は、まさに悪役と呼べる存在です。その自己中心的な性格は、よく自分を仮面ライダーと名乗れるなと驚くほど。仮面ライダーガイに変身する芝浦淳についても解説していきます。


仮面ライダーガイとは?

『仮面ライダー龍騎』に登場する芝浦 淳(しばうら じゅん)が変身する13人のライダーの1人
基本カラーはシルバー、神崎 士郎(かんざき しろう)が作ったライダーです。

神崎士郎とは
仮面ライダー龍騎における黒幕であり、ヒロインである神崎優衣の実兄である。ライダーシステムの開発者であり、ライダー同士が戦いを繰り広げるバトルの主催者といえる存在。

外見とは裏腹に動きは軽快で、他のライダーに比べてもパワーが強いのが特徴です接近戦や武器を持たない殴り合いが得意で、ライダー3人を相手に互角の戦いを演じたこともあるんですよ。

仮面ライダーガイの身長や能力は?

パワーと耐久性に優れている仮面ライダーガイですが、見た目通りスペックの高いライダーでした。身長や能力などについても詳しく見ていきましょう。

  • 身長:195cm
  • 体重:100kg
  • パンチ力:300AP
  • キック力:300AP
  • 走力:100mを5秒
  • ジャンプ力:ひと跳び20m

「AP」とは攻撃に使用するカードに存在するポイントのことであり、20APで1tもの攻撃力があります。走力とキック力は300APなので、それぞれ15tもの攻撃力があると考えられます。

突進からのタックルを得意としており、高身長でなかなかの重量級。15tの威力で突進されたら、ひとたまりもないでしょう。

ジャンプしたらビル6~7階分くらい跳んでしまうというから驚きです。このハイスペックなライダーは果たして生き残れたのでしょうか。

仮面ライダーガイの持っていたカードは?

13人のライダーはそれぞれにカードを持っており、このカードを召喚機に入れることでその効力を発揮することができます。

  • アドベント
    メタルゲラスと呼ばれるサイ型の契約モンスターを呼びだすカード。4000AP。
    龍騎との戦闘時に使用した。
  • ストライクベント(メタルホーン)
    メタルゲラスの頭部を真似て作られた格闘武器。2000AP。
    角で相手を刺したり、盾として使用したりすることが可能。
    仮面ライダーガイの主力武装である。
  • コンファインベント
    他のライダーのベントカードの効果を無効化する特殊なカード。
    複数枚所持している。
  • ファイナルベント(ヘビープレッシャー)
    メタルホーンを装着した状態で、突進するメタルゲラスの肩に水平に乗る。
    その勢いのまま敵に突撃し相手を打ち破る。5000AP。

何種類ものカードを持っていたガイですが、「サバイブ」と呼ばれる強化カードは残念ながら持っていませんでした。「サバイブ=生き残る」という意味の通り、そのライダーの力を他のライダー達が圧倒するまでに強化する力を持ったカードです。

勝利の鍵サバイブカードは誰が持っていた?

神崎士郎が投入したサバイブのカードは「SURVIVE 烈火」「SURVIVE 疾風」「SURVIVE 無限」の3種類ありました。

ライダー同士の戦いが早く終わることを望み、なかなか決着がつかないライダー達を見かねて投入したこのカードは、戦いの公平性を大きく乱すものでした。神崎も早く決着をつけたいと焦っていたのでしょう。

「SURVIVE 烈火」【城戸真司(きど しんじ)/仮面ライダー龍騎】の手に渡ります烈火のカードを使うと炎が巻き起こり、仮面ライダー龍騎は「龍騎サバイブ」とよばれる最強形態に。かなり強力な力を持っていたようです。

「SURVIVE 疾風」【手塚海之(てづか みゆき)/仮面ライダーライア】の手に渡った後、【秋山蓮(あきやま れん)/仮面ライダーナイト】に渡されました。

疾風のカードを取り出すと文字通り風が吹き荒れた状態になり、仮面ライダーナイトは「ナイトサバイブ」へとパワーアップします。必殺技ともいえるファイナルベントは8000AP!ガイのファイナルベントが5000APだったのと比べてみても、かなり強力な技をくり出していたといえますね。

残る1枚のカード「SURVIVE 無限」は、バトルに勝ち残ったライダーだけが戦うことを許される13人目のライダー、仮面ライダーオーディンが使用していました。

劇中では龍騎サバイブやナイトサバイブを圧倒していたことから、他の2枚のカードに比べても強力なカードであったといえるでしょう。残念ながらガイの手に渡ることはありませんでしたが、それで良かったんだと思います。

なぜって?それは変身者の性格上、きっとサバイブを手にしたらろくなことしないと確信が持てますから…。

ちなみに、サバイブのカードを3枚合わせるとゴルトフェニックスの絵柄になります。

ゴルトフェニックスとは、仮面ライダー龍騎に登場するミラーモンスターの1体で鍵、フェニックス(不死鳥)型の最強クラスのモンスターであり、仮面ライダー龍騎の最終回で一瞬だけ登場しました。

最強クラスのモンスターということもあり、かなりレアな存在と言えそうです。

仮面ライダーガイの契約モンスターメタルゲラスは意外と可愛い!?

仮面ライダーガイと契約していたメタルゲラスは、サイ型の二足歩行が可能なモンスターです。頭にあるドリル状の角・メタルホーンや、両手に生えた頑丈で鋭利な爪・メタルネールを武器としてているので、突進されたらひとたまりもないでしょう。

身長や体重はガイを余裕で上回っており、かなり大きいモンスターであることが分かります。

  • 身長:235cm
  • 体重:270kg

敵を圧殺するなど、その巨体を生かした突撃攻撃が得意です。仕草が意外と可愛く、撮影中にサイン、握手、写真をねだられるほど人気ぶり。もしかすると、仮面ライダーガイよりも人気があったかもしれませんね。

ママ
大人しそうだし見た目もあまり怖くないし、確かに可愛いかもね♪

 

ガイは戦闘中に死んでしまうのですが、主人のために敵打ちしようとする場面も見られる誠実なモンスターでもあります。主人に対する忠実な態度も人気の秘密かもしれませんね。

悪役ライダーガイと可愛いメタルゲラスが登場する仮面ライダー龍騎の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


仮面ライダーガイに変身する芝浦淳とは?

仮面ライダーガイに変身する芝浦淳は明林大学の経済学部2年生の21歳でした。ゲームサークル「マトリックス」に所属し、他者よりはるかに優れたプログラミング能力を持っています。

人の心を支配することに喜びを感じる危険な人物で、悪賢い、自己中心的、わがまま、残忍、自信家となかなかの性格。

相手の命を奪うことに何のためらいがなく、ライダーバトルをサバイバルゲームのような感覚で楽しんでいました。父親は大企業の社長です。

パパ
わがままで自信家で…なるべく関わりたくないタイプだな。きっと友達も少ないはずだよ。

カードデッキを手に入れるものの、特に叶いたい願いはなかったようです。ライダー同士で戦わなければならない場面でも、ゲーム感覚で楽しんでいたというから驚きですよね。悪の仮面ライダーと呼ぶにふさわしい存在です。

芝浦淳は第15話~第19話に登場!

芝浦淳は「マトリックス」に所属する先輩たちにこき使われる下っ端のようなキャラとして初登場。おどおどしていてどこか頼りない、そんな印象の青年でした。

しかし、それは全て演技!ハマったら本当に殺し合いをしてしまうゲームを製作したり、それを実際にプレイして殺し合う所属サークルの仲間を影から見て楽しんだりと、かなり残忍で凶悪な青年だったのです。

21歳にしてこの態度のでかさは何なんでしょうか。他のライダー達にも反感をかいそうなタイプであることは一目瞭然ですね。このわがままな自己中青年、実は意外と強いんです。

【仮面ライダーガイが仮面ライダー龍騎に勝利】

第15話『鉄仮面伝説』では、「マトリックス」に所属するメンバー同士を戦わせている芝浦淳を城戸真司が目撃。「何故そんなことを!」と問いつめる城戸対して「だって楽しいじゃん。」と芝浦は答えるんです。

確実に仮面ライダーになったら駄目なタイプの人間ですよね。そこは戦いを止めるべきでしょ…。そういったやり取りをしている時に、モンスターの気配が2人をよぎります。

芝浦は鏡の前で変身、仮面ライダーガイとなってミラーワールドへ。城戸も仮面ライダー龍騎に変身して、ガイの後を追います。龍騎が到着すると、すでに「ガイ VS モンスター・バクラガーン」の戦いは始まっていました。

龍騎も加わりますが、残念ながらあまり出番はなく…。メタルゲラスを呼び出してバクラゲーンを倒したガイは、続けて龍騎に襲いかかります。

平和を好む龍騎は、仮面ライダー同士の戦いを望んでいません。ライダー同士で戦うつもりはないとガイに訴えますが、その訴えが届くようなライダーであれば、そもそも戦っていないでしょう。

ママ
ガイと龍騎の戦いが始まってしまうのね。勝敗はどうなるのかしら?

ガイは「じゃ、死んでよ。」と龍騎に言い放ち、ファイナルベントを発動します。龍騎も対抗しようとしますが、間に合わず…。必殺技ともいえるガイのベビープレッシャーを受けてしまいます。

吹っ飛ぶ龍騎の手からは、アドベントカードが落ちていきます。龍騎はガイに敗れてしまったのです。死んだように動かない龍騎を置いて、ガイはその場を立ち去ります。こんな生意気なライダーに負けるとは…龍騎もさぞ悔しかったことでしょう。

【芝浦淳は逮捕されたこともある!?】

日頃の行いが悪いからでしょう、芝浦は大学での傷害事件などについて取り調べを受けるため、第17話『嘆きのナイト』では警察に連行されます。

「さすがに反省するだろう」と思われましたが、そこは視聴者の期待を裏切りません。「取り調べごっこはもう飽きた。弁護士呼んじゃおうかな。」といい放ち、北岡 秀一(きたおか しゅういち)を利用して自由の身となりました。

父親が社長であったことも理由の一つでしょう。出来ればずっと捕まっていてほしかったですが、その望みは叶いませんでした。

北岡 秀一とは
不利な裁判でも判決をひっくり返す程の能力をもつスーパー弁護士。不治の病におかされており、永遠の命を得たいとライダーバトルに参加。仮面ライダーゾルダに変身する。

自由の身となった芝浦、もちろんじっとしている訳がありません。この後、他の仮面ライダーを巻き込んだ大乱闘を繰り広げます。早く誰か更正させてくれ…。

【ライダーバトルを演出、6人のライダーで大乱闘!】

芝浦淳はライダー同士の戦いをゲーム感覚で楽しんでいました。彼を含め、その時に登場していたライダーは6人。ライダーバトルを盛り上げるために、彼は6人のライダーによる大乱闘を演出します。

巻き込まれた5人のライダー(龍騎、ナイト、ライア、ゾルダ、王蛇)もいい迷惑ですが、物語をか回した人物としてネット上では意外と好評価でした。6人のライダーで戦っている場面は、確かに貴重ですよね。

ゲーム感覚で戦った罰が当たったのか、ガイは第19話では戦いに嫌気がさしたゾルダが放ったファイナルベント「エンドオブワールド」をまともに受け、重傷を負います。

王蛇に「たまたま近くにいたから」という理不尽な理由で盾にされてしまったのです。(ちなみに王蛇は無傷)

倒れる寸前の状態でガイは王蛇に襲いかかりますが、まるで相手にされず吹っ飛ばされ、最期は爆死していまいます。悪の仮面ライダーは、やはり短命ですね…。

ライダー同士では決して戦いたくないはずです。それを6人もの大乱闘まで持ち込んだのは凄いことですが、やはり戦いはゲームではありませんからね。自分の命や人の命を軽くみてはいけません。


仮面ライダーガイのカッコいいシーンとは!?

短命で終わってしまった仮面ライダーガイでしたが、アドベントカードのセットの仕方だけはカッコいいんです!

鏡面の前に立ってカードデッキをかざすと、鏡面から実体化した「Vバックル」という変身ベルトが腰部に装着され、変身モードに突入。「変身!」と叫んだ後デッキをベルトのバックル部分に差し込むことで、変身することができます。

左肩前部には「メタルバイザー」と呼ばれる召喚機を取り付けていて、この中にカードを投げ入れることで効力を発揮することが可能に。左右で形は同じですが、左肩のみ赤い角がついているのが特徴です。

さすが大学生というだけあってオシャレな入れ方ですね。

変身後はいかつい見た目なのに、中身は華奢という設定も好評だったようです。これで性格も良ければ文句なしだったのですが…。そこは大目に見ましょう。

こちらの動画では、変身ベルトや召喚機が紹介されています。子どもだけでなく、仮面ライダーファンであれば手元に置いていても損はしないクオリティの高さ。ガイになりきりたい方にはおすすめですよ!

仮面ライダーガイと芝浦淳の名言とは言いがたい名言

悪の仮面ライダーらしく、ライダーらしからぬ発言が目立ちました。名言ともいえるその発言を少しご紹介します。

「俺たちライダーなわけでしょ?つぶし合うのがルールじゃん。」

第17話で、トドメをささなかった仮面ライダーナイトに向かって芝浦が放ったセリフです。ゲーム感覚で楽しんでいるのが伝わってきますよね。絶体絶命のピンチに直面しておきながら、よくこんな自信に満ち溢れたセリフが言えたものだと逆に感心してしまいます。

「お前…俺がゲームを面白くしてやったのに…。」

第19話でゾルダが放ったファイナルベント「エンドオブワールド」をまともに受けてしまい、自分を盾にした王蛇に向かって放った一言です。誰もゲームを面白くしてほしいなんて言っていませんし、自業自得でしょう。

最期まで自我を貫き通した仮面ライダーガイこと芝浦淳。その点には拍手を送ってあげたいですが、やはりライダーとして人として、未熟な部分が多くあることが感じられますね。

登場した回は短かったですが、改心した芝浦淳も見てみたかったな…と少し悔やまれます。

大学生らしいオシャレな仕草がカッコいい芝浦淳が登場する仮面ライダー龍騎の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


芝浦淳が再び登場!今度は勝つことができるのか!?

芝浦淳は他にも『TVスペシャル』や『RIDER TIME 龍騎』にも登場していました。能力が高いライダーでもあるので、どんな活躍をしてくれるだろうと期待が高まります。

『仮面ライダー龍騎スペシャル 13 RIDERS』

TV版の特別番組として、2002年9月19日夜7時~放送されました。仮面ライダー13人が全員出演しており、本編とは異なったもうひとつの龍騎の世界が描かれています。

芝浦淳は今回凄腕のゲーマーとして登場。ライダーの戦いをゲーム感覚で楽しんでいる点は変わりませんが、前回とは違って戦いの終盤まで生き残るんですよ!

「そのまま頑張って!」と思わず応援したくなりますが、最期はミラーワールドのモンスター・ディスパイダーの糸に捕まり、そのまま食べられてしまいます。なんて残念な結末なんでしょうか。

ディスパイダーは本編第1話で仮面ライダーナイトが倒したモンスターでもありました。そのレベルのモンスターにやられてしまうとは…。油断していたガイにも責任はあるでしょう。ドンマイとしか言いようがありません。

『RIDER TIME 龍騎』

仮面ライダー龍騎を主人公とするスピンオフ作品です。2019年3月31日から3週連続ビデオパスにて独占配信されました。

芝浦はガイに変身し、仮面ライダーリュウガに変身した謎の真司と戦いを繰り広げます。現実の城戸真司とは異なり、ミラーワールドからやってきた邪悪な存在です。「悪 VS 悪」の戦いとなりましたが、結末はいかに…?

ガイがストライクベントを使い、メタルホーンを装備して攻撃してもリュウガには効かず…。リュウガはかなりの強敵だったのです。

リュウガが繰り出したファイナルベント・ドラゴンライダーキックにより、変身がとけた芝浦はそのまま消滅。格上の悪にはさすがの芝浦も敵わなかったようです。

 

芝浦淳は俳優の一條 俊(いちじょう さとし)さんが演じています。気になる方はこちらもチェックしましょう!

まとめ

  • 仮面ライダーガイは13人登場する仮面ライダーの1人
  • 仮面ライダーガイは悪のライダーであった
  • 契約モンスターのメタルゲラスは可愛くて主人に忠実
  • 芝浦淳は性格に難ありのイマドキ大学生だった

仮面ライダーガイ(芝浦淳)の性格に難があり過ぎて、他に登場するライダー達がみんな良いライダーに見えることは間違いないでしょう。

やはり悪は負けてしまうのですね。そんなことを考えさせられましたが、6人のライダーが戦うシーンは貴重だと思うので、その演出をしてくれたことには感謝したいものです。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ