超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーと言えばバイクをイメージされる方も多いはず!実は仮面ライダーのバイクは、ホンダやスズキなど様々なバイクメーカーのバイクがベース車として使われているんですよ。

元になっている市販バイクを見たら、めっちゃ仮面ライダーのバイクがカスタムされているかわかります。これは裏方である美術係の傑作とも言えますね。

私もバイクが好きなので、今回はそんな歴代仮面ライダーのバイクの特徴や、活躍ぶりを様々な視点から見ていきたいと思います。

今回ピックアップする仮面ライダーマシーンは、

仮面ライダーフォーゼ

マシンマッシグラー

です。

    • 仮面ライダーフォーゼのバイク「マシンマッシグラー」とは?
    • 仮面ライダーフォーゼの「マシンマッシグラー」のベース車や当時の価格は?
    • ベース車は購入はできる?
    • ホンダXR230の楽しみ方は?

について徹底的にご紹介していきたいと思います!!


他の仮面ライダーマシーンを詳しくみよう!さらに活躍されているあの人が実は仮面ライダーだった!!他の歴代仮面ライダーのキャストが気になる方はこちらの記事もご覧ください↓↓

仮面ライダーフォーゼのバイク「マシンマッシグラー」とは?

引用元:バンダイ公式サイト

仮面ライダーフォーゼはシリーズ40周年となる記念作品で、2011年3月の東日本大震災後だったため「子供たちをとにかく明るく元気にしたい」という思いのもと制作されました。

その作品に出てくるマシンマッシグラーは、仮面ライダーフォーゼの主人公如月弦太郎(きさらぎげんたろう)が勝手に名付けた名前で、実は「ORB-40F」という開発コードがあります。でも、マッシグラーの方がどこまでも突き進めそうでいいですよね。

スペースシャトルをモチーフにしているだけあって、最高時速は506.9km/h。燃料には水素を用いているという近未来の科学力が結集したようなバイクです。

その推進力はものすごく、期待後部に取り付けられた小型ブーストノズルによって宇宙空間へ行くこともできるんです!

ところでみなさんは『まっしぐら』という言葉を聞くことも使うこともありますよね。激しい勢いでひたすら進む様子を表す言葉なのですが、マシンマッシグラーは多分これが名前の由来だと私は思うんです。

私にはマシンマッシグラーが復興に向けての『前を向いて進んでいこう!』というメッセージなのではないかと思えてなりません。

東日本大震災での原発事故のことも含め、マシンマッシグラーの燃料がこれからの地球のエネルギーとして期待されている水素であることも未来を見て欲しいというメッセージなのではと思いました。

水素エネルギーの特徴として、さまざまな資源からつくることができる・エネルギーとして利用してもCO2を出さないということが挙げられます。そして何と言っても最大の魅力は安全であること。

仮面ライダーフォーゼも人類の安全のために戦っていましたよね。仮面ライダーはその時代の背景が読み取れると良く聞きますが本当にその通りです。マシンマッシグラーにもそんな色々な思いがあったのだとしたら、実に奥深いですよね。

マシンマッシグラーはどんな活躍をしていた?

マシンマッシグラーはパワーダイザーを発射台とすることで成層圏を突破することができます。成層圏突破して放つ必殺技が仮面ライダーフォーゼの代名詞となった「ライダーロケットドリル宇宙キック」です。

その必殺技はなかなか強引で、次のような段取りで敵を宇宙空間で撃破します。

ライダーロケットドリル宇宙キック手順

  1. フォーゼがマシンマッシグラーに乗り、パワーダイザーと合体。
  2. パワーダイザーからミサイルを発射し敵を砲撃で空中に浮かせる。
  3. パワーダイザーが発射台に変形し、フォーゼがバイクごと発射される。
  4. 空中に浮いている敵にバイクごと体当たりし、そのまま成層圏を突破。
  5. 宇宙空間に到達後、ロケットモジュールを使って加速してライダーキック。

引用元:バンダイ公式サイト

上の画像はパワーダイザーが発射台に変形した時の姿です。

パパ
おお!昔テレビで見たスペースシャトルが発射される時の映像とそっくりだ!

必殺技や活躍した状況は?エピソードを解説

この必殺技は第2話「宇・宙・上・等」で初登場します。

そもそもなぜ宇宙で必殺技を放つのか。実はこれ単なる演出ではないんです。

第2話で登場した敵は膨大なエネルギーを体内に蓄えていたため、地上で倒すと周辺の建物に被害がでるという理由から被害を最小限に抑えるために地上から離れる必要があったのです。

ママ
だからって宇宙まで行っちゃうなんて、すごい発想ね!
パパ
それを可能としたのがバイクに搭載されているロケットエンジンというわけか~

実は必殺技を放った後、宇宙から帰還するシーンがあり、フォーゼが地球へ真っ逆さまに落下します。最後はパラシュートを開いて事なきを得ますが、ライダー姿とはいえ生身で大気圏降下するシーンはとても面白く必見です

ただ、ここまで大袈裟な技なので毎話使っていたわけではなく、敵の自爆が非常に強力で周囲が巻き添えになるといった場合などに限定されていました。

また、スペースシャトルをモチーフにした本バイクは、宇宙まで到達できる推進力を持つため、飛んだり、スピンターンしたり、ウィリーしたりと、アクションシーンが盛りだくさんなんです。

乗っていた俳優さんは?

リーゼントの主人公を演じていたのは超人気俳優の福士 蒼汰(ふくしそうた)さん。今とても勢いのある福士蒼汰さんのテレビドラマ初主演作が仮面ライダーフォーゼでした。

主人公である如月弦太郎(きさらぎげんたろう)はリーゼント&短ランというちょっと時代遅れのツッパリBOY。第1話では「学校の生徒全員と友達になる」と豪語する非常に明るく活発な高校生です。

またストーリーはシリーズ初の「学園青春ドラマ」の要素も含んでいて、それが「宇宙」という壮大なテーマと合わさり、とても面白く、そして観ていて楽しくなる作品となっています。

キャッチコピーは「青春スイッチ、オン!」

ママ
私も福士蒼汰君に青春スイッチ・オンしてほし~い!

福士蒼汰さんについてはこちらの関連記事をぜひご覧ください。

仮面ライダーフォーゼの「マシンマッシグラー」のベース車や当時の価格は?

仮面ライダーフォーゼ

バイクの名前:マシンマッシグラー

スピード:506.9km/h

馬力:312.6PS

特殊能力:

  • ドライビングAIで遠隔操作による無人走行が可能
  • 大気圏突破が可能

引用元:Honda公式ホームページ

マシンマッシグラーのベース車は「ホンダ XR230」。

ベース車の当時の価格は420,000円(メーカー希望小売価格)

ホンダXR230は同作のマシンメテオスターでも使われていた

マシンマッシグラーは同じ仮面ライダーフォーゼ内に別な形でも登場します!その名もマシンメテオスターです。

マシンメテオスター

同作品に登場する仮面ライダーメテオが使用するバイク。
人工衛星をモチーフにしたデザインで最高速度は511.7km/h。車体後部に2枚のソーラーパネルとバッテリーを設置しています。

引用先:プレミアム バンダイ

どことなくマシンマッシグラーに似てますよね。

そして、仮面ライダービルドマシンビルダーも同じベース車なんです。マシンビルダーは変形可能なスマートフォン型ツールで、乗り手の運転癖などをAIのように学習するなどハイテク感満載の仕様になっています。

マシンマッシグラーのグッズやフィギュアは?

マシンマッシグラーはパワーダイザーとセットで使う事ができるということで、単体のフィギュアだけでなくセットで販売されています。

マシンマッシグラー

DXパワーダイザー&マシンマッシグラー

フィギュアの楽しみ方は色々とあります

他のライダーバイクと並べたり、他のキャラと組み合わせたり。自分ならではの楽しみ方を模索するのも楽しそうです。

パパ
どのバイクもカッコいいねぇ~♪

ママ
このバイクなら宇宙の果てまでお店を探せそうね(笑)


今でもベース車は購入はできる?

マシンマッシグラーのベースとなったホンダXR230は2008年に販売されましたが、現在販売は終了しているようです。兄弟モデルのXR230モタードも2009年モデルで終了したため、購入は中古車に限られるようです。

ちなみに、中古車は23万~40万円で販売されています。

現代で売られているマシンマッシグラーのベース車に似たバイクはこれ!

引用先:ヤマハ公式HP

マシンマッシグラーのベース車(ホンダXR230)と似ているバイクといえば、「ヤマハセロー250」ではないでしょうか。シート高さや重量をみるとXR230が一回り小さなイメージですが、オフロード・オンロード共に楽しめるという点含めて似ているかと思います。

ヤマハセロー250は1985年に山を散歩する感覚「マウンテントレール」というコンセプトで発売されたヤマハセロー225の後継機車で、スリム、軽量、コンパクト、扱いやすいエンジンといった要素をもつバイクです。

SEROW250 XR230
全長 2,100mm 2,080mm
全幅 805mm 825mm
全高 1,160mm 1,110mm
シート高 830mm 805mm
重量 133kg 120kg

仮面ライダーフォーゼの歴代バイク【マシンマッシグラー】を実際に見よう!今なら限定無料配信しています↓↓

ホンダXR230の楽しみ方は?

エンジョイ・ライト級 マイ・ファースト オフロード」をコンセプトに開発された扱いやすいサイズのオンオフモデル、それがXR230です。

2005年3月に発売された同バイクは、誰でも気軽に楽しめる”エントリーオフ”に徹底していて、シートの高さを75mmも低くすることで乗りやすくしているなどの工夫をしています。

また悪路での走行も安心感が高く、またハンドル切れ角は左右各51度ととても小回りが利くため、オフロード車としての安定感も非常に高いバイクです。

ホンダXR230のポイント

  • 従来から安定度の高いエンジンを採用
  • シートが低く小柄なライダーや初心者でも乗りやすい
  • オンロードでもオフロードでも扱いやすいコンパクトな車体

ホンダXR230の楽しみ方を紹介!

オフロードバイクに乗ってみたい。けれど、バイクも初心者でいきなりオフロードはちょっとハードルが高いかな。そう考えている方も多いのではないでしょうか。誰でも気軽に楽しめるコンセプトのこのバイクは、そういった方々にはまさにピッタリではないでしょうか。

ということで初心者からベテランまで幅広い層が乗れるXR230。そんなバイクの楽しみ方をいくつか紹介します。

1.気軽なツーリングで景色を楽しむ

冬の海に白いバイクが映えますね。ちょっと遠出して景色を楽しみたい。そう考えてふらっとバイクを走らせて撮った写真。そんな乗り手の心情が窺えます。

海岸線までバイクを寄せられるのもオフロードだからこそだと思います。凸凹の大きい林道だけでなくこういう道も走ることができるから、行先を決めずに出かけることもできるし、その道すがらちょっと怖いなと感じる道に出くわしてしまってもスイスイ走れるってとても魅力的ですよね。

バイクって車に比べて体への負担が大きく疲れやすいんです。その理由はいくつかあり、走行中に風を受けるため姿勢を安定させる必要があり筋肉を酷使してしまっていたり、長時間同じ姿勢を続けなければならないことなどが挙げられます。

長時間の走行には風を防ぐカウルというパーツが付いているバイクが良いとされていますが、残念ながらホンダXR230にはカウルが付いていません。しかしツイートを見ると疲れにくいと書いてありますね。これ実は、バイクで疲れる理由は他にもあるからなんです。

バイクを運転する場合、路面状況やカーブへの進入速度、前後車両の確認など車を運転している時よりも気にしなければいけないポイントが多く、そのため目と脳にはじわじわ疲労が溜まってしまいます。

オフロードバイクの場合、サスペンションが付いているため路面の多少の凸凹は吸収できるため路面状況の確認にかかる負担が軽減でき、加えてホンダXR230は小回りがきくためカーブでも曲がりやすいので総合的にみると、走行中の負担は比較的小さめなんですね。

気心知れた仲間と大好きなバイクに乗って花見。長時間の走行も疲れにくいホンダXR230なら帰りも楽なので、少しのんびりして帰ろうかという話になって楽しい思い出をもっと増やせると思いませんか。

2.散歩気分で近所を走る

散歩気分で近所を走った感じのツイートですが、よく見ると非常に細い道をバイクで走っていることが分かります。車道というよりは歩道に近いようにも見えます。

少々細くて舗装が十分ではない道も安心して走れるのは魅力的ですね。右手に桜を眺めながらゆっくりと川沿いの道を走る……とても心穏やかな時間を過ごせそうですよね。

パパ
オフロードバイクだからって林道ばかり走るわけじゃないんだなぁ

3.オフロード車の本領発揮!

先程とはうって変わってガチガチのオフロード走行のツイートです。もちろん、オフロードバイクなので、こんな凸凹道だって走る事ができます。

「でも、なんだか危なそう」そう思う人も多いと思います。でも実はスキーやスノボよりも安全だったりします。専用のオフメットやプロテクター類を装着すれば、少々転んだところでそうそう大きな怪我にはなりません。

むしろ転ぶことさえも楽しむ人がいるほどです。それにスキーやスノボと違って、走行速度を自分で調整できるので、ゆっくり走れば比較的安全だったりします。

ちなみにオフロードコースは全国に数多くあり3,000~5,000円程度で遊べます。またレースも全国で数多くやっていて、初心者が参加しやすいレースから上級者向けのレースまであり、自分のスキルに合った楽しみ方が用意されています。

他のオフロードバイクに引けをとらない性能のホンダXR230で、自分の中に眠る新たな扉を開いてみてはいかがでしょうか。

ママ
仮面ライダーになったつもりでジャンプ! ……なんてね♪

仮面ライダーフォーゼの歴代バイク【マシンマッシグラー】を実際に無料視聴することができます!今なら限定無料配信してます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダーフォーゼのバイク「マシンマッシグラー」はスペースシャトルをモチーフにしていて、大気圏を突破する事ができる!
  • 仮面ライダーフォーゼの「マシンマッシグラー」のベース車はホンダXR230で当時の価格は42万円だった
  • ベース車は2009年に販売終了しているが、中古品の購入が可能
  • ホンダXR230は初心者からベテランまで幅広い層が楽しめるバイクになっている

小回りが利くホンダXR230。マシンマッシグラーはそのバイクをベースにしているため、様々なバリエーションのバイクアクションが観れたのですね。

スペースシャトル×バイクという異次元の組み合わせのバイクが織りなすアクションをもう一度観てみたくなりました。


バイクだけが仮面ライダーの魅力じゃない!久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で楽しく安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ