超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダー電王は2007年1月から1年間TV放送されていた特撮ドラマで、他の仮面ライダーシリーズと大きな違いがあるんですよ。それは、今までの「かっこいいライダー」から「おもしろいライダー」要素が満載の作品になったことなんです。

この作品の中では、主人公の野上良太郎にとりつく怪人と敵の怪人が次々と出てくるんですが、今回はそんな怪人の中の1体であるリュウタロスについて調査しました。

リュウタロスってどんな怪人?また、名前の由来必殺技など、これを見たらリュウタロスのすべてがわかるように様々な目線で調べたいと思います!


仮面ライダー電王に登場するリュウタロスとは?

リュウタロスは主人公に憑(と)りついた紫色の怪人です。とりつく…幽霊のようなものでしょうか(笑)まずは、リュウタロスのことを知ってもらいたいので、性格や名前の由来などを見ていきましょう。

リュウタロスってどんな性格?

リュウタロスは作品中に登場した4番目のイマジン(怪人をまとめた呼び名)です。作品中で登場する味方の怪人は他にも数体いて、先に良太郎にとりついたモモタロス、ウラタロス、キンタロスの名前に合わせて自分で「リュウタロス」と名乗っています。

リュウタロスは龍のような凶暴な見た目と高い能力を持っていますが、見た目とは裏腹にむじゃきな話し方とわがままで気分屋な性格のキャラクターです。

自分のことを”僕”と呼び、またほかの怪人の誰よりも甘えん坊な面を持っていて、見た目と性格のギャップが世の女性たちの心を掴んでいるんですよ。

そう思うと、ギャップ萌えという言葉がこんなに似合うキャラはリュウタロスの右に出るものはいないかも…と思ってしまいました(笑)

パパ
リュウタロスは仲間のイマジンをあだ名で呼んでいたよね。ウラタロスはカメちゃん、キンタロスはクマちゃんって。でも、モモタロスは桃がモチーフだったから呼び捨てされてたな(笑)

でも実は登場してすぐの頃は「引きこもりの少年」という方向性のキャラクターで、出番も少ない予定だったんです。甘えん坊なリュウタロスを見慣れているので、なんだかイメージがつきませんよね。

怪人・モモタロスを演じたスーツアクターの高岩成二さんがインタビューでその時のことをこんな風に話していました。

リュウタロスに関しては、最初はあんな子供っぽいキャラじゃなかったですね。もっとこう、キレる10代みたいな、棘のある言い回しだったんですよ。それが変わっていったのも、おぐら(リュウタロスのスーツアクター)の影響ですね。遊び始めたので(笑)キレてる台詞があわなくなっていったので、みなさんがご存知の、子供っぽいキャラクターになっていったんです。

引用:animate Times インタビューより抜粋

リュウタロスのスーツアクター・おぐらとしひろさんの演技を見て、それに合わせて性格も変わっていったんですね!

でも、リュウタロスは元々の性格とは真逆の明るく甘えん坊なかわいい子になったからこそ出番も増え、視聴者からの支持が厚いキャラクターに成長していったんだと思えば、おぐらさんには感謝しかないです♪足を向けて眠れませんね。

リュウタロスの名前の由来は?

他の味方怪人たちはそれぞれ昔話で有名な桃太郎、浦島太郎、金太郎をモチーフにしていますが、リュウタロスのモチーフになったのは、故・松谷みよ子著の昔話『龍の子太郎(たつのこたろう)』に出てくるドラゴンでした。

龍の子太郎と言えば、『日本昔ばなし』のオープニングで大きな龍に乗った男の子を思い出しました。音楽もあわせてすごく好きなTV番組だったのでとっても懐かしいです。

よく見ていましたが、覚えているのは物語ではなくてこのオープニングとエンディングくらいでした(笑)思えば、この曲を聴くために見ていたような気がしますね。

ただ、龍の子太郎はオープニングではおなじみでしたが、物語としては放送されなかったらしいんです。もし放送されているなら、リュウタロスのモチーフになった龍の子太郎を一度ちゃんと見てみたいなと思いました。

また『龍の子太郎』を手掛けた故・松谷みよ子さんは、自分の描いたキャラクターがリュウタロスのモチーフになっていたことを担当者を通じて知ったときには、驚きながらも嬉しそうにニコッと笑っていたそうです。

松谷先生はすでに亡くなられていますが、松谷先生の作品を知る機会をリュウタロスが与えてくれていると思うと余計に龍の子太郎を見たくなってしまいますね。

リュウタロスの必殺技は?

リュウタロスの必殺技は紫の大きな銃・リュウボルバーで撃つ「ワイルドショット」です。ベルトにカードをかざした後、銃口を敵に向けて撃つとエネルギー弾を出すことができるんですよ。

命中すると大爆発を起こすほどの威力があり、狙った怪人の周りにいる敵たちをまとめて倒すことも可能です

ワイルドショットは、本編終了後に放映された映画『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』で撃っていて、その時にウサギの怪人・ピンクラビットイマジンをみごと倒せているんですよ。

通常は電王ガンフォームに変身してからとどめをさすことが多いこの技ですが、この時は変身せずにリュウタロスのままで敵(メイン怪人戦闘時・ザコは除く)に立ち向かって勝利するとは…狙った敵に当たりさえすれば強力な必殺技間違いなしですね。

パパ
電王ガンフォームっていうのは主人公の良太郎が変身するときの型の一つで、この型は全部で10種類くらいのあるんだ。あと、リュウタロスが変身したガンフォームの時には、その武器としてデンガッシャーという万能武器の”ガンモード”を使っているのも特徴かな。
ママ
電王の武器のデンガッシャーって、憑依(ひょうい)した怪人によって形が変わるすごい武器らしいわよ。デンガッシャーは電車をモチーフにしてると聞いたわ。さすが、正義の味方。武器も普通じゃないわね(笑)

リュウタロスのお決まりのセリフは?

このキャラクターの面白いところは、戦う相手に「お前倒すけどいいよね?」などと聞いておきながらも「答えは聞いてない!」と続けて言うところでしょうか。思わず突っ込みを入れてしまいそうな言葉ですよね。

リュウタロスに決めポーズをさせてみたい方にはこんな商品がおすすめです♪

そんなリュウタロスが登場する仮面ライダー電王の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


リュウタロスの初登場は13話!(※ネタバレ注意)

リュウタロスの性格や必殺技がある程度わかったところで、次は主人公・野上良太郎との出会い、そして活躍が知りたくなってきました!まずは、リュウタロスの初登場となる13話のタイトルは「いい?答えは聞いてない」からチェックしていきたいと思います!

主人公・野上良太郎との出会い

良太郎はすでにモモタロス・ウラタロス・キンタロスの3体の怪人に憑依(ひょうい)されていました。イマジンが3体憑りつくというのは身体がとてもキツイようで、自転車をひきながら夜道を疲れた顔で歩いていました。

「どんどん体が重くなってくかんじ。やっぱりイマジンが3体ってきついのかな」とつぶやくと、ウラタロスが「僕がかわるから、少し休みなよ。」と良太郎に憑依します。

そして、ウラタロスはなぜか良太郎の携帯で電話をかけ始めました。電話の相手は女の子でしたが、会話の途中で今度はモモタロスが良太郎に憑依して電話を切り、勝手に良太郎の体を使うなとウラタロスに注意しました。

二人が話していると次はキンタロスが来て良太郎に憑依し、そこから良太郎の体を3人で取り合いがはじまってしまいましたが、3体同時に良太郎に入ろうとしたその時、みんな良太郎からはじき出されて時の列車・デンライナーへと飛ばされます。

キンタロスに下敷きにされたウラタロスは、「重いよ!…ん?今のは…。」と良太郎からはじかれた際になにかの異変を感じます。

外では、倒れている良太郎に駆け寄ったおじさん・戸山が良太郎に大丈夫かと声をかけますが、良太郎は「結構…キツい、です。」と言ってそのまま気を失ってしまいました。

ーーーーー

その頃、良太郎の姉・愛理が経営するライブラリーカフェ「ミルクディッパー」の店舗の隅で三浦が良太郎に催眠治療(さいみんちりょう)をほどこしていました。

パパ
三浦というキャラクターは、良太郎が時折見せる変な行動を”悪霊のせい”だと決めつけているスーパーカウンセラーなんだ。催眠治療の時に使うのは振り子なんだよ。
ママ

振り子って、左右にゆらゆらするメトロノームみたいなものよね?一定のリズムって気持ちよくなるから困っちゃ…ZZZ

パパ
あれ…ママ、寝ちゃってる?同じようなものでいうと、催眠術のときにヒモにつるされた5円玉を左右に振ったりしてるのをみたことがないかな。使うものが違うだけで、あれも催眠治療のようなものだよね。

言葉に耳を傾けながらも目を閉じていた良太郎に、三浦は「良太郎君、あせらずに落ち着いてやろう。内側へ意識を向けるんだ。ゆっくり、ゆっくり…。君の目は今、自分の心を見ている。」と問いかけます。

デンライナーの中では、先に異変を感じていたウラタロスだけでなくモモタロスとキンタロスもなにかを感じ始めました。三浦の治療で何かが目を覚まそうとしているのでしょうか。

そして三浦が治療を続けていると、良太郎が「見つかっちゃった」と小さくつぶやき、くちびるの端をくっと上げたかと思うと目を紫色に光らせたんです!これがリュウタロスが初めて現れた部分ですね。

モモタロスたちはさらに異変を感じ、同時に良太郎とのつながりがなくなってしまったことに慌てています。

パパ
良太郎とモモタロスたちのつながりをわかりやすく言うと、携帯の電波みたいなものだと思えばいいかな。そういえば前にウラタロスが憑りついた時にも、モモタロスが良太郎のことを察知できなくなったことがあったんだよね。
ママ
っていうことは、新しいイマジンが憑りついたってことなのかしら?

その頃、戸山が公園に住む動物たちにエサをあげていましたが、ストリートダンスの練習に来た集団のせいで動物たちは逃げてしまいます。

公園で暴れるのは禁止だぞ、と注意をしたとき、戸山はその集団の中に昔一緒に動物の世話をしていた青年がいることに気づきます。

青年が集団に入ってしまったことを残念がる戸山の前に敵の怪人が現れ「お前の望みを言え。どんな望みもかなえてやろう。お前が払う代償はたったひとつ」と言い契約を結ぼうとしていました。

ーーーーー

公園でストリートダンスを続けていた集団の前に、リュウタロスが憑依した良太郎が鮮やかなステップを見せながら現れ、一番近くにいる男を殴って「猫たちをおどかしたの、お前?」と言い放ちます。

ーーーーー

ミルクディッパーにやってきたハナは、荒れた店内で倒れている三浦を見て駆け寄ります。三浦はハナに、催眠治療中に強い悪霊が現れて良太郎が乗っ取られてしまったことを話し、すぐに探さないとといいますが、身体はボロボロです。

ハナは、三浦の代わりに私が探すと言いました。

ーーーーー

良太郎はダンスをしながら集団を1人ずつ倒し、指をパチンとならしてそこにいた全員の動きを止め「僕のこと、好きになってくれるよね」と言います。これは洗脳(せんのう)のような感じでしょうか。すごい技をお持ちなんですね(笑)

ーーーーー

デンライナーの中ではモモタロスがイライラし、良太郎が今どんな状況なのかを心配している様子です。その時ハナから電話があり、電話をとったナオミに「モモたち全員いる?」と確認しました。

全員デンライナーにいるなら、良太郎には誰が憑りついているのか…ハナもモモタロスたちも心配な様子です。

ーーーーー

良太郎は先ほどの集団とダンスを踊りながら街を練り歩いていました。公園では、戸山と契約した怪人が女性を襲っていて、そこに居合わせた戸山は話が違うと怪人に問いかけたんですが、どいてろと投げ飛ばされてしまいます。

ーーーーー

公園を歩くハナの前に砂の体のモモタロスが現れ、一緒に良太郎を探そうとしていたところに、敵怪人も登場。モモタロスは俺が相手だ!と言いながら応戦しますが、身体がサラサラの砂なのですぐにつぶされてしまいました。

怪人から逃げるハナと、ハナを追いかける怪人。その途中で、怪人が鳥の巣箱を木から落とし踏みつぶしたとき、ダンスミュージックが聞こえてきて、その中から現れたのはなんと良太郎ではないですか!

軽快なステップを見せつけながら、かっこよく決めポーズをした良太郎を見たハナはその見た目に驚きを隠せません。なんと、目は紫で、髪の毛の一部も紫色に代わっていたんです!

良太郎は、壊れた巣箱を見て「それ壊したの、お前?」と問いかけ、「お前なんだ。じゃあ僕怒るよ。いい?」「いいんだ?(くるっと回って)…変身」とベルトを出して電王に変身しました。頭の部分には龍の形をしたものがシャキーンと出てきました。

その姿を見たハナとモモタロスはまたまた驚いています。今回は驚きが満載の日で忙しそうですね。

「ちょっと倒してもいい?答えは聞かないけど。」と言ったあと、得意のダンスを取り入れながら怪人と戦い始めました。

デンガッシャーをガンモードに連結させて怪人を狙い撃ちしますが、飛んで逃げる怪人に「僕も飛んでいい?」と専用バイクを呼び寄せ、バイクでジャンプして怪人を追い詰めます。

しかし、デンガッシャーを続けて撃っても怪人には当たらずに公園の施設がどんどん壊れてしまいます。ハナにもうやめなさい、と止められた良太郎はハナとモモタロスとしばらくこんなやりとりをしていました。

良太郎「あ、そっか、鳥の巣が壊れちゃうね。」

ハナ「あなた、何なの?」

良太郎「何って?」

モモタロス「とぼけるんじゃねぇ!いつの間に良太郎に憑きやがったんだ。さっさと離れろ!」

良太郎「駄目だよ、やることあるし。」

ハナ「やること?」

良太郎「うん。僕、良太郎をやっつけなきゃいけないんだって。だから憑いたんだ。」

モモタロス「なにぃ!?」

そのあと、キンタロスとウラタロスも駆け付け、良太郎の中に入って出て行ってもらう作戦を立てますが、失敗してまたデンライナーに飛ばされてしまいます。

変身を解いた良太郎にハナが「良太郎を返して!」と叫びますが、憑りついた怪人は「う~ん、やだ。だって僕のだし、これ。もうちょっと遊んでもいいよね。」と言い良太郎の中から出ようとしません。

しかし、良太郎に必死に声をかけ続けるハナの声が聞こえたのか、良太郎がもとに戻りました。そして14話に続きます。

初登場なのに…

13話はリュウタロスが初めて出た放送でしたが、怪人の姿で出ることもなく、名前もまだ名乗らなかったですね。出たといえば、電王の新しいフォームくらいでしょうか。

リュウタロスのスーツは、龍を模した頭の部分も含めてかなりかっこいい見た目でした。何度か銃を使ったのに当たらなかったのは残念ですが当たれば確実に倒せるほどのパワーがあるので、その後の登場回を見ていない方はその後の期待が高まりますね。

また、13話では良太郎を倒すと言っているリュウタロスですが、次第に良太郎のことを信頼していくんですよね。その後の展開が気になります。

実は、登場する前から良太郎の中にいた!

次の14話では、リュウタロスが話した中で判明したことがありました。なんと、リュウタロスが言うには、ウラタロスの前に良太郎に憑りついていたらしいんです。3体はキツイのかな、と言っていた良太郎でしたが、実は4体分のキツさだったんでしょうか。

でも、どうしてみんな気づかなかったんでしょうか。それには、リュウタロスが隠れていた深層意識が深くかかわっているようです。えーっと、そもそも”深層意識”ってどんなものか知らないんですが…。なので、ちょっと調べてみました!

パパ
じゃあ、僕たちが教えるね。まずは「表面意識」から…ママ、お願い!
ママ

はーいっ!まず、心には「表面意識」と「深層意識」の二つがあるの。表面意識の方は普段自分で自覚できる意識のことで、選択や決断の役割があるのよ。でも、心の約10%しかこの表面意識はないと言われているわ。

パパ
逆に、深層意識は表に出てくることがあまりないから自分で自覚することが難しいんだよね。過去の経験を記憶しておく倉庫の役割があって、心の約90%を占めているんだ。
ママ

表面意識では「〇〇したい」と思っているのにそれを深層意識が「やめるべき」と無意識のうちにブレーキを掛けたとすると、心のほとんどを占める深層意識の考えに引っ張られてしまうのよね。

なるほど、心の中でも深い場所にあるのが深層意識なんですね。自分たちがいつも決断している部分が10%くらいしかないなんて、びっくりしてしばらく口が開いたままになってました(笑)

ちなみに、リュウタロスは良太郎をやっつけたら時の列車の車掌(しゃしょう)さんにしてくれると指示があったから良太郎に憑りついたそうです。

また、私はリュウタロスが出てくるまで何もしなかったことが気になってたんですが、調べたらどうやら良太郎に憑いているといいことがあるみたいなんです。いいことってなんなのでしょうか。今回わからなかったので更に気になってしまいました。

最終話、良太郎との別れ

最終回のタイトルは『クライマックスは続くよどこまでも』。敵怪人のラスボスのカイが消えると同時に一緒に戦ってきたモモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス、デネブ、ジークも消えてしまうという何ともさみしい展開になります。

悲しみに暮れる侑斗は、デンライナーにデネブを探しに行くとそこにはデネブからの愛妻弁当?と、「侑斗へ、椎茸ちゃんと食べて」というメモ書きがありました。

良太郎はみんなの名前を呼びながら、「まだ話したい事があったのに…さよならも言えなかった」と言っていると、さっき目の前で消えたはずのモモタロスたちが土手の陰からのぞいています!

みんな陰から出るタイミングを見計らいながら僕が、俺がと言い合いしていて最後にはジークに「頭が高いっ!」と注意したとき、良太郎が「何やってんの…?」とみんなに言うんですよね。このくだりはとっても面白かったです。

良太郎はデンライナーでオーナーにパスケースを返して、みんなと最後のお別れです。リュウタロスは良太郎に「えへへ」と言いながらピースサインを送り、良太郎は「ありがとう」とつぶやきました。

エンディングでは自転車で走っていた良太郎の横をデンライナーが通り抜け、みんなが一言ずつ良太郎に言葉をかけていくんですが、リュウタロスは良太郎に「楽しかったよねっ!答えは聞いてないっ!」と言ったんです。

…もうかわいすぎませんか?しかも、くるっとターン&きめポーズ付きだったので、セリフの最後に星が見えてしまいました(笑)最後までリュウタロスらしいセリフでしたね。

リュウタロスはつい頭をなでてぎゅっと抱きしめてあげたくなるようなキャラクターで、他のキャラにはないいたずらっ子のようなところがリュウタロスの持ち味だと思いました♪

そして、リュウタロスたちを見送った良太郎が笑顔で言ったセリフがこれまたいいんですよ。

『いつか、未来で』

短いセリフの中にいろいろ詰まっている感じがしませんか?別れの切なさもありましたが、またきっと会えると信じて前に進む良太郎たちを見ていると、私も勇気をもらえました。

電王最終回では笑いあり、涙あり、そして最後はさわやかな別れと、とってもいいドラマだと思って何度も繰り返し見てしまいました。

電王をかかさず見ていたテレビの前の子供たちや電王ファンの人たちが「いつか、未来で」電王たちに会える日がくるといいですね。

電王は劇場版でも放映されていた!

仮面ライダー電王はその面白さと感動的な内容から人気が高く、これまで何作も映画化されてきました。そのリストがこちらです。

  • 劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!
  • 劇場版仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事
  • 劇場版さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン

他にも電王のトークショーなどなど、たくさんのDVDが出ていますよ。上記の作品ではリュウタロスも活躍しているので、興味がある方はぜひ見てみてくださいね。

探したらこんな商品もありました♪↓

また、これらの映画は使い方次第で無料で見ることもできるんです♪他の映画作品も別記事にて紹介していますので、気になる方はご覧ください。

映画【仮面ライダー電王 俺、誕生!】フル動画を無料で視聴する方法!フリドラより安全に

今でもイベントに引っ張りだこ!

本記事を執筆した年には、映画村で『仮面ライダー電王 イマジンパーティ2019』が開催されました。モモタロスをはじめ、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス、デネブ、仮面ライダー電王、仮面ライダーゼロノスが出演していました。

イベントの内容はライブとハイタッチ会で、現地に足を運んだリュウタロスたちのファンにとって幸せな1日になったのではないでしょうか。また、今後もリュウタロスたちに会えるチャンスも期待できそうですね。

良太郎と10年ぶりの再会!?

https://twitter.com/masato_akimoto8/status/1130870100083404801

2018年12月22日に公開された映画『平成ジェネレーションズFOREVER』では、ウラタロス憑依バージョンの野上良太郎(佐藤 健)が出ていましたね。佐藤さんは、10年ぶりの仮面ライダー作品の出演でした。

TV版で良太郎が最後に「いつか未来で」と言いましたが、それを本当に叶えられたんですね。これにはファンもとても喜んでいて、中にはTV版と重ねて涙した方も。こんなに喜んでくれるほど、電王は良い作品だということですよね。

この映画には、もちろんリュウタロスもでていましたよ♪懐かしの野上良太郎に会える作品なのでとってもおすすめです。

そんなリュウタロスが登場する仮面ライダー電王の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


リュウタロスのスーツアクターや声優は?

さて、リュウタロスのことが大まかにわかってきたところで、そろそろリュウタロスの”中の人”が誰なのかを知りたくないですか?中の人は2人いて、スーツの中に入って演技をする「スーツアクター」と声を担当する「声優」に分かれています。

2人の演技を1体のキャラクターで一度に見れるのはぜいたくですよね♪ここではそれぞれどんな方が担当していたのか調べました!

スーツアクターを担当したのは、俳優のおぐらとしひろさん!

リュウタロスのスーツアクターを担当したおぐらとしひろさんはどんな方なのでしょうか。まずはプロフィールから見ていきましょう。

  • 芸名:小倉敏博(仮面ライダー電王ではおぐらとしひろ名義で出演)
  • 誕生日:1971年5月9日(執筆時48歳)
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京
  • 特技:各種格闘技
  • 所属事務所:JAE(ジャパンアクションエンタープライズ)
  • 仕事内容:俳優/スーツアクター/スタントマン

おぐらさんは漢字とひらがなの芸名を使い分けているようで、リュウタロスを演じたときはひらがな表記で出演していました。仕事内容も舞台MCから演出、アクション監督なども幅広く務めているやり手俳優さんなんですよ。

スーツアクターとして活躍した代表作はこちらです。↓

スーツアクター代表作

  • 仮面ライダークウガ:グロンギ怪人・ゴ・ジャラジ・ダ
  • 仮面ライダー電王:リュウタロス
  • 仮面ライダーディケイド:リュウタロス/電王ガンフォーム他多数の怪人役
  • 炎神戦隊ゴーオンジャー:蛮機獣/ウガッツ
  • ゴジラFINAL WARS:エビラ/アンギラス/カイザーギドラ

仮面ライダーディケイドでは、リュウタロス以外にも様々なキャラクターのスーツアクターとして活躍しています。というか、リュウタロスはディケイドにも出ていたんですね。

2019年5月から放送されている『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でもティラミーゴ(ティラノサウルスが進化した騎士竜)のスーツアクターを担当していますよ。

あのかわいいティラミーゴの中の人がおぐらさんだったなんて知らなかったので、チャンスがあったらチェックしたいと思います♪

リュウソウジャーのティラミーゴについてはこちらの記事で紹介しています。↓

声優は特撮物から音楽活動まで幅広く活躍中の鈴村健一さん!

声優を担当したのは、人気過ぎて色々なジャンルから引っ張りだこの鈴村健一(すずむら けんいち)さんです。

代表作は「ガンダムSEED DESTINY」の主役・シン=アスカや「銀魂」の沖田総司役、ゲームでは「うたのプリンスさまっ」の聖川真斗など、様々なジャンルのキャラクターの声を担当しているんですよ。

また、キャラクターソングやラジオ番組、舞台まで幅広く活躍されています。鈴村さんのさわやかな声に夢中になる女性たちが続出!一度聴いたら声優さんにハマってしまうかもしれませんね♪

仮面ライダー電王の声優さんについては他の記事で詳しく書いているので、ぜひそちらもご覧ください。

仮面ライダー電王の聖地(ロケ地)は?

有名なドラマやアニメ作品が公開されたときにファンが熱くなるものといえば、”聖地巡り”や”グッズ集め”ではないでしょうか。

私も何度か好きなドラマの聖地に足を運んだことがありますが、ここに〇〇さんが来ていたんだ、この席に座っていたんだ、なーんてことを考える時間が楽しかったりするんですよね。

仮面ライダーのようなドラマなら、ここは〇〇と戦ったところ、ここは主人公が〇〇したところ、などと振り返りながら仮面ライダーの世界にひたることができるのも聖地巡礼のいいところなんですよ。

ここではそんな聖地の中からいくつかピックアップしてみたいと思います。

良太郎の姉が経営する喫茶店・ミルクディッパーのロケ地はここ!

ミルクディッパーといえば、良太郎が催眠治療を受けて初めてリュウタロスの存在を確認した場所ですよね。そんなミルクディッパーのロケ地は埼玉県川越市にある「モダン亭太陽軒」さんです。

  • 住所:埼玉県川越市元町1-1-23
  • 電話:049-222-0259
  • 営業時間:ランチタイム11~15時/ディナータイム17~21時
  • 定休日:月曜日
  • 席数:90席、個室あり
  • 駐車場:10台(付近にコインパーキングもあり)
  • 創業:1922年

店舗から一番近い川越市駅からは徒歩20分ほどかかってしまいます。バスやタクシー、またはレンタカーなどを利用していくのが楽かもしれません。

レトロな雰囲気のある外観と店内にある無数のステンドグラスがきらめくさまがとてもきれいで、見ているだけで幸せな気分になりそうです。また、貴重な洋館として平成15年に国の有形文化財にも登録されている場所なんですよ。

ただし、店内の雰囲気がミルクディッパーのセットとは全く違うので、行ったときに全然違うと怒らないでくださいね(笑)

劇場版の戦闘シーンのロケ地はここ!

茨城県にあるワープステーション江戸は、戦国から昭和まで幅広く使用できる野外型ロケ施設なんですよ。劇場版『さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』の戦闘シーンで使われました。

いつからか場内の写真撮影などが一切できなくなってしまいましたが一般公開もしているので、リュウタロスたちが活躍した場所の雰囲気を楽しむにはもってこいの場所です。

  • 住所:茨城県つくばみらい市南太田1176
  • 電話番号:0297-47-6000
  • 営業時間:9:30~16:00(入場最終受付 15:30まで)
  • 定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休み)
  • 入場料金:大人(高校生以上)500円/小人(中学生以下)300円
  • 駐車場:無料/台数不明

ワープステーション江戸は最寄駅の「みらい平駅」から、車利用だと10分程度、徒歩だと1時間はかかる距離にあるので車を利用するといいですね。高速利用の方は、常盤自動車道谷田部ICから車で15分で行くことができますよ。

ただ、ドラマなどの撮影が入っている場合は場内の通行ができなくなることもあるので注意が必要です。日付が決まったらあらかじめ電話で確認しておくのがお勧めですよ。

劇場版の予告編動画があったので貼っておきます♪↓

ワープステーション江戸はリュウタロスも活躍していた場所なので、茨城県に行く際には是非足を運んでみてくださいね。

リュウタロスの活躍を見たい…!なんと、仮面ライダー電王のTV版「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れちゃいます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダー電王の怪人・リュウタロスはわがままで気分屋な性格
  • リュウタロスの由来は『龍の子太郎』
  • リュウタロスの必殺技はリュウボルバーで撃つ『ワイルドショット』
  • リュウタロスのセリフと言えば、『答えは聞いてないっ!』
  • リュウタロスはTV版で13話から登場
  • スーツアクターはおぐらとしひろさん、声優は鈴村健一さんが担当!

リュウタロスは、最初は主人公・野上良太郎を倒すために近寄ってきましたが、最後には味方となり、ほかの怪人たちと一緒に良太郎を手助けしていました。TV版が終わった後も映画やイベントで活躍しているリュウタロスをこれからも追っていきたいと思います!

それではリュウタロスのセリフでお別れしましょう。『(僕の調査)楽しかったよねっ、答えは聞いてないっ!』


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ