超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーWの中で仮面ライダーに変身するために必要だったガイアメモリですが、もちろん人間がドーパントに変身するためにも必要なアイテムでした。

そんなガイアメモリは、作中に登場したものと販売品をあわせるともう数えきれない本数なんですよ!

さて、今回はそんな仮面ライダーWガイアメモリについて一覧にまとめたので、詳しく見ていきましょう。

Contents

仮面ライダーWに欠かせないアイテム・ガイアメモリとは?

ガイアメモリとは、あらゆる「地球の記憶」がプログラムされた全長10cmほどのUSBメモリ型のアイテムです。

パパ
実際にパソコンなどに挿入(そうにゅう)してデータを保存とかできるUSBメモリの主なサイズって、差し込み部分を含めても7cmなんだよね~。しかも、最小のものだと約2cmしかないんだよ!
ママ
へぇ~、そうなのね。そう考えたら、10cmってちょっと持ち運びには不便かもね。

基本はアルファベットA~Zの26個のガイアメモリがありますが、厳密には同一アルファベットの他モチーフがあるためもっとたくさん存在します。また、このほかにも「ギジメモリ」「T2ガイアメモリ」などが存在します。

風都に流通している物は化石のような有機的なフォルムで、中心のモニタには埋め込まれた「地球の記憶」を連想するイラストが、そのイニシャルをかたどって描(えが)かれています。

シリーズ初となる2人で1人の仮面ライダーが特徴の仮面ライダーWは、主役の左翔太郎(ひだり しょうたろう)とフィリップが同時に変身ベルトを装着し、ガイアメモリを使用することで1人のライダーに変身しました。

その方法は、キーアイテムとなる純正型のガイアメモリを専用のドライバーと呼ばれるベルトにさし込むことで変身するというものです。

また、仮面ライダーWと戦うドーパントと呼ばれる敵もまたガイアメモリを使って変身しました。

ドーパントとは

使用者(ユーザー)が自身の肉体にガイアメモリ内の「地球の記憶」を挿入し、その記憶を宿した怪人となった者の総称。作中では挿入することをドーピングと言い、ドーパントのことは超人体とも呼ばれている。

ドーパントという名前には、”肉体に「地球の記憶」をドーピングしたもの”という意味が込められている。

そもそも、ドーパント(英語: dopant)という言葉には、「半導体にドーピングされる不純物のこと。」という意味があり、ドーピング(英語: doping)という言葉には、「主にスポーツで記録向上のために薬物投与を行うこと。」という意味がある。

ガイアメモリの生産はミュージアムの支配下にある秘密工場で行われ、同組織のセールスマンによって販売されていました。そして、メモリの新開発には園咲来人(そのざき らいと)の存在が必要不可欠であったため、園咲来人がいなくなった後は開発が上手くいかなかったんです。

また、『劇場版 仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ』などに登場する『運命のガイアメモリ』のT2ガイアメモリは、財団Xというミュージアムとは別のところで開発されていました。

基本的には高額であることから値打ちの上下も存在するものの、一般人でも購入可能なメモリもあったんです。ただし、購入者の素性はデータベース化されており、組織の意に沿わない使い方をした場合は抹殺対象になることもありました。

そんなガイアメモリについてもう少し詳しく見ていきましょう。

ガイアメモリの種類

一概にガイアメモリと言っても様々な種類があるので、最初に大まかな分類を確認したいと思います。

ガイアメモリの分類
↓気になる+をクリック↓
次世代型メモリ

翔太郎達が仮面ライダーへの変身に使用するメモリで、装飾の無いクリスタルのようなデザインとなっています。Wの変身に使う物は精神側の「ソウルメモリ」と肉体側の「ボディメモリ」に分けられます。

ガイアメモリの毒素をなくし、できるだけ純化されたメモリとなっています。そのため、ガイアドライバーを発展させた「第二世代型メモリドライバー」に挿して変身することで、変身者にメモリの悪影響を与えることなくドーパントの力を発揮させることを可能としました。

通常のメモリは第二世代型ドライバーに挿入することはできず、逆にプロダクションモデルのように生体コネクタを通じて使用することはできません。

プロダクションモデル

プロダクションモデルは仮面ライダーWの世界では一般流通しており、作中で購入できるガイアメモリです。

端子は銅色で、USB本体のデザインは気味の悪い化石のようなものとなっています。メモリの色は赤、黄色、黒、青、緑、赤紫、茶色、ピンクの8種が確認されています。

プロトモデル

プロトモデルはガイアメモリの試作品で、通常はプロダクションモデルが完成すると破棄されます。そのため、販売ルートには流れませんが、作中ではプロトモデルを使用してドーパントに変身する人間が登場したケースがありました。

試作品ということもあってプロダクションモデルと違い、接続コネクタに剥き出しになった基盤が直接付いています。

ゴールドメモリ

ゴールドメモリはミュージアム幹部が使用する高級メモリで、端子は名前の通り金色となっています。一般に流通されているガイアメモリよりも強力な能力を持っていますが、その反動も大きなものとなっています。

そのため、毒素を抑えてくれるガイアドライバーを介して使用しますが、それでも使用者の身体に強い影響や負担を及ぼし死に至らしめる場合があります。

シルバーメモリ

シルバーメモリはゴールドメモリより1ランク下のメモリで、端子は名前の通り銀色となっています。TVシリーズに登場したウェザー、漫画版仮面ライダーWである『風都探偵』に登場したアルコール、リアクターが該当しました。

自立行動型ガイアメモリ

自立行動型ガイアメモリは独自のAIと「ライブモード」と呼ばれる動物型ロボットの姿を持ったメモリです。

通常はライブモードの状態となり、自ら判断して所有者の護衛やサポートを行いますが、メモリとして使用される場合は変形します。

作品内ではTVシリーズに登場したファング、エクストリームと、小説版に登場したズーが該当します。

T2ガイアメモリ

T2ガイアメモリは劇場版『AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場する最新型ガイアメモリで、財団Xが開発していました。「T2」とは「Type2」の略となっています。

アルファベットに合わせて26本あり、外装は仮面ライダーWや仮面ライダーアクセルの使用する次世代型メモリと同型ですが、端子の色が青みがかっているのが特徴です。

またT2ガイアメモリは映画のサブタイトル通り、適合者とそれこそ運命の如く強く惹かれ合う性質を持っていて、劇中ではNEVERの面々や翔太郎がそれぞれのメモリと運命的な出会いを果たしました。

ただし適合者と引かれ合った結果、勝手に体内に侵入してドーパント化させるという性質(適合者の肉体を強引に動かして挿させようとしたりするタイプもある)をも持ち併せています。

旧来のガイアメモリと違い、メモリを使うために必要なコネクタ手術をしなくても使用できることが最大の特徴で、ドーパントを撃破したとしてもメモリブレイクされることはなく、そのまま排出されました。

ガイアメモリの使い方と特性

ガイアメモリの使用者は、一部を除いてミュージアムのL.C.O.G(Living Connector Setting Operation Gun=生体コネクタ設置手術器)により、対応メモリ挿入用の生体コネクタを体表面のどこかに付ける措置を受けなくてはなりません。

そして、そのコネクタを経由してメモリを挿入することでドーパントに変身するようになります。

ガイアメモリの使用方法はとっても簡単で、たった2つの手順で使えちゃいます。

  1. 使用者がスイッチを入れます。そうすることでメモリに封じられた「地球の記憶」を表す地球の声・ガイアウィスパーが発声され、同時に起動します。
  2. 起動したら人体に挿入します。挿入すると使用者を変身させ、本体に収められた「地球の記憶」をその場で「再現」することが出来るようになります。

※その間、メモリは体内に収納されるため、変身したものは手ぶら状態となり、すぐに攻撃など出来ます。

ガイアメモリを使用すると、プログラムされたあらゆる「地球の記憶」の力を手に入れることから、身体能力の向上などと共に固有の特殊能力を持つ場合が多くあったんです。

そのため、単純に戦闘能力だけを見ると低いドーパントでも、優れた特殊能力を持っているという場合もありました。このような特殊能力を持っている怪人は、ほかの歴代仮面ライダーと比較しても仮面ライダーWが多いそうですよ。

また、使用者の熟練度や素質次第ではメモリの力をより強く発揮することが可能ですが、実はそれだけじゃありません!

ナスカメモリがレベル2からレベル3に進化したように、その段階に応じてメモリが進化し、変身体の隠された能力を引き出すケースもあったんです。

それ以外にも、メモリによっては使用者(ユーザー)との相性が存在し、相性が良すぎてメモリの記憶を通常よりも余計に引き出してしまう「過剰適合者」なるものもいました。

どうすればこの「過剰適合者」になるのか、その適応率の原因はさまざまですが、一部エピソード・『運命のガイアメモリ』、『エターナル』において、使用者の性格・技能がメモリの性質・モチーフに近いほど適応しやすいことがそれとなく知らされています。

ちなみに、ここでいう使用者というのは作中において人間である場合がほとんどでしたが、特に人間だけとは限定していません。園崎家で買われている猫のミックが変身したスミドロン・ドーパントのように、人間以外の生物もドーパント化は可能なんです。

また、基本的にガイアメモリは生体コネクタの設置後、メモリが所有者を認識するため、原則として特定の個人しか使用できません。それから、1人につきメモリ1つが限界容量でした。

しかし、特殊な力が加わり変質を起こしたメモリは、複数の人間で使用できるようになったり、同種のメモリが複数存在するために別人が同一のドーパントになることも…。

たとえば、井坂深紅郎(いさか しんくろう)はガイアメモリの力を得るために研究した結果、ドライバーやメモリの改造ができるだけでなく、劣化品ながらもケツァルコアトルスメモリの複製を作れる技術まで持っています。

さらに井坂は、1人につきメモリ1つが限界容量という制限を無視し、肉体に日々複数のメモリを挿入することで、メモリの「地球の記憶」そのものを取り込めるよう強化されていました。

パパ
ガイアメモリって地球の記憶を入れることだから、使い方によってはかなり便利な感じがするんだけどなぁ。人類の発展にも使えそう!
ママ
確かにそうね!怪人になっちゃうようなことがなければかなり使い勝手がいい感じよね。たとえば、鳥の力を借りて自由に空を飛ぶとかかしら?

ガイアメモリの危険性

ガイアメモリは超常的な能力を手に入れる反面、メモリには精神を侵す毒素があり、使用者は多くの場合汚染によってエゴが増幅され、自らを制御できなくなってしまう危険性があります。

さらに、メモリの毒素は怒りや憎しみなどの強い感情に深い結び付きを持つ性質をもっていました。そのため、ドライバーと呼ばれるフィルターが無い限り、感情・精神が次第にゆがんでいってしまうんです。

【精神汚染による様々な副作用】

  • 使用者がメモリ自体に依存性を示すようになる場合がある
  • コネクタが恐怖などの感情で成長する場合がある
  • 使い続けることによって生身の状態にも影響を与え、ある程度ではあるが変身していなくても能力の一端を発現させることができるようになることもある
  • 使用者の中には軽くやつれることもある
  • ひどい場合には記憶喪失などの後遺症が残るほか、死亡する場合もある

コネクタもドライバーほどではないもののフィルターの役割を果たしているようですが、残念ながら後遺症が残る場合があります。というのも、この毒素の厄介なところは、メモリブレイク後も使用者の体に毒素が残ってしまうからなんです!

メモリブレイクとは

仮面ライダーの必殺技を受けて倒されたドーパントのガイアメモリが破壊および排出され、人間など元の姿に戻る現象のこと。

仮面ライダー以外にも、クレイドールエクストリームがこれを可能としている。メモリブレイクされた際には、対象者のコネクタも消失する。

実際、不破夕子(ふわ ゆうこ)と名乗って作中に登場する須藤霧彦(すどう きりひこ)の妹である須藤雪絵(すどう ゆきえ)は記憶喪失になってしまいました…。

また、生体コネクタの手術なしでも変身することは可能ですが、それをした場合、接続箇所から拒否反応として激痛やただれが生じたり、苦しみだしたり、最悪の場合だと即死するケースもありました。

パパ
便利とか言ったけど、副作用があるなら使えないよね…。これを解決するために実験するっていったて、その過程で怪人が誕生しちゃったらそもそも人類存亡の危機じゃないか!

このほか、ガイアメモリには事故で精神のみがドーパント化することで大幅に弱体化したドーパントが誕生したり、メモリとの適合率が高すぎると変身を解除しても体外に排出されなかったりといった問題も多かったんです。

こうしたことからか、表向きには未成年への販売は禁止されているようなんですね。

仮面ライダーWが複数のガイアメモリを使える理由

このように危険性もあるガイアメモリですが、不思議なことに仮面ライダーWは第1話にしてすでに複数のガイアメモリを使用しています。それを可能としているのがドライバーでした。

正式名はメモリドライバーといい、これを使用した変身の場合、生体コネクタの手術は必要ありませんし、ガイアメモリによる毒素の影響を受けずに済むという利点だらけなんです。

ドライバーとは

正式名は『メモリドライバー』

ガイアメモリの力を制御することが出来るベルト型生体挿入フィルターで、これを通してメモリを使用することで副作用や依存性をなくし、理性を失わずに強大な力を引き出す事ができる。

種類は、次の4種類が存在する。

  • ダブルドライバー(所有するメモリを含めた総称はダブルドライブギア)
  • アクセルドライバー
  • ロストドライバー
  • ガイアドライバー(※次世代型は、ガイアドライバー2G(セカンドジェネレーション)ことダブルドライバー)

しかし、井坂深紅郎によれば、メモリ直挿しの副作用による暴走にも大きな力があるため、ドライバーを使用することでメモリの力を最大限に引き出す事は出来ないとのこと。

実際、クレイドール・ドーパントはベルトのフィルター機能を低下させることで、パワーアップしたこともある。

通常、ドライバーを通してメモリを使用したドーパントは倒されると変身が解除されてメモリが排出されるだけで、メモリ自体の破壊はできないようです。

復活できる…と考えらたかなり手強い敵になりますよね。もちろん、ドライバーごと壊してしまえば確実に破壊されるようなので、ねらい目はドライバーに絞られるということになります。

ありがたい(?)ことに、どの種類のドライバーでも変身後に外側から確認することができるので、狙いは定めやすそうです。

ただし、メモリの露出に関してはちょっと違うようで、ガイアドライバーだけはメモリの挿入口を守るようにドーパントの特徴である球体(金色)が出現するようです。

ダブルドライバー

ダブルドライバーは左翔太郎とフィリップが仮面ライダーWへと変身するために使用する変身ベルトで、このドライバー専用に開発された6本のガイアメモリがセットになっており、これらを総称して「ダブルドライブギア」とも呼ばれます。

開発時はガイアドライバー2Gと呼ばれており、園咲家が使用する「ガイアドライバー」と呼ばれるガイアメモリ用の生体挿入フィルターをさらに発展させたものなんですよ。

ロストドライバー

ロストドライバーはダブルドライバーのプロトタイプで、アルファベットのLに似た姿をしており、このスロットにガイアメモリを入れることで仮面ライダーに変身します。

複数が存在しており、作中ではシュラウドが制作し鳴海荘吉(なるみ しょうきち)とフィリップに与えた個体と、大道克己(だいどう かつみ)が財団Xから奪ったものの3つが登場。

鳴海荘吉はWが誕生するまでの9年間、ロストドライバーとスカルメモリを使って仮面ライダースカルに変身し、風都をドーパントの被害から人知れず守り続ける孤独なヒーローとして活躍していました。

また、大道克己はロストドライバーと財団Xの輸送ヘリから強奪したT2エターナルメモリを使って仮面ライダーエターナルに変身します。

仮面ライダーとは言いつつも、残念ながら仮面ライダーWと対決する悪のライダーで、劇場版『仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場しました。

ちなみに、フィリップが持っていたものは、仮面ライダーWの小説版にてフィリップにより修復された後、TV本編第48話で左翔太郎の手に渡ったものと同じことがそれとなく書かれています。

登場キャラの説明
↓気になる+をクリック↓
鳴海庄吉

鳴海探偵事務所の先代所長で、左翔太郎の探偵業の師匠であり、フィリップの恩人。また、ヒロイン・鳴海亜樹子(なるみ あきこ)の実父でもある。本編では既に故人。翔太郎からは「おやっさん」と呼ばれている。

俳優 仮面ライダーWのおやっさんこと鳴海荘吉はどこで登場するの?
大道克己

不死身の雇われ兵隊で構成される戦闘集団・NEVERのリーダーで、コンバットナイフを武器とし、空飛ぶヘリに片手で捕まるなど並外れた身体能力を誇る人物。

仲間の死を何とも思わず、足手まといと判断すると始末するなど冷酷非情な性格ではあるが、似たような境遇を持つフィリップを兄弟と呼ぶ。

元は病弱な心優しい性格の少年だったが、16歳の頃にトラックのひき逃げに遭い死亡。そして、NEVERになった事ととある経緯がきっかけとなり、元の性格は失われている。

アクセルドライバー

アクセルドライバーは照井竜(てるい りゅう)が仮面ライダーアクセルへの変身に使用する変身ベルトです。

家族を皆殺しにされ復讐を誓ったころ、シュラウドが照井の前に現れ、エンジンブレード・アクセルメモリ・アクセルドライバーを入手しました。

オートバイのハンドルとメーターを模した形をしており、ダブルドライバーともガイアドライバーとも異なる独自のデザインをしています。

メモリスロットは中央にあり、ここにアクセルメモリを上から差し込んで右手側のパワースロットルをひねると使用者はアクセルに変身できるという仕組みになっていました。

登場キャラの説明 その2
↓気になる+をクリック↓
照井竜

家族を皆殺しにしたWのメモリを持つ男を追って風都警察署にやってきた刑事。本編第18話より「風都を嫌う者」として登場し、第19話にて鳴海探偵事務所に依頼人として現れた。

俳優 仮面ライダーWでバイクに変身しちゃう照井竜とはどんな人物?
シュラウド

照井竜に仮面ライダーアクセルの装備を与えた謎の女性で、その後も秘密結社「ミュージアム」への対抗勢力として、左翔太郎、フィリップ、照井の前に度々現れ、助言を与える。

その正体は、園咲文音(そのざき ふみね)で園咲琉兵衛(そのざき りゅうべえ)の元妻であり、冴子、若菜、来人の実母である。

ガイアドライバー

ガイアドライバーはミュージアムの幹部達がドーパントに変身するのに使う専用のベルトです。

このような怪人に変身するための専用装着式ベルトの存在は、『仮面ライダー剣(ブレイド)』に登場した怪人の姿を借りるカリスラウザーを例外とすると、仮面ライダーシリーズ始まって以来、初のことでした。

園咲の人間達が使っているガイアメモリはかなり毒性が高く、一般人ならば生体コネクタを介しても死亡するらしいことから、幹部達はこのベルトを経由してメモリの力を体内に取り込んでいます。

このベルトはかなり毒性を低くしているらしく、園咲の人間にはあまり副作用は見られません。このガイアドライバーはプロトタイプであり、次世代型がガイアドライバー2G(セカンドジェネレーション)ことダブルドライバーなんですよ。

ロマンと危険が詰まっている!?そんな地球の記憶が見られる仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


仮面ライダーたちが使うガイアメモリ

ガイアメモリはあらゆる「地球の記憶」が埋め込まれており、アルファベットA~Zの26個を基本としています。

しかし、決して1つのアルファベットにつき1本という決まりがないため、その数も多数存在していました。

そこで、まずは主人公である仮面ライダーW、そして本作に登場する仮面ライダーたちが使うメモリから見ていきましょう!

仮面ライダーWが使用するガイアメモリ

仮面ライダーWとなる左翔太郎とフィリップが所有するメモリで、ダブルドライバーを用いて変身します。端子部分は肉体側となるボディメモリが24金、精神側となるソウルメモリがプラチナでメッキされていました。

基本となるサイクロン・ヒート・ジョーカー・ルナ・メタル・トリガーの6本のメモリとファングメモリはダブルドライバーを展開した時の角度に合わせて、イニシャルが斜めに描かれています

また、プリズムメモリ以外は『T2ガイアメモリ』にも登場しました。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン 使用場所
サイクロンメモリ
(CYCLONE)
旋風 右(ソウル)サイド
ファングメモリ
(FANG)
裂傷 右(ボディ)サイド
ヒートメモリ
(HEAT)
熱さ 燃え上がる炎 右(ソウル)サイド
ジョーカーメモリ
(JOKER)
切り札 道化師の靴 左(ボディ)サイド
ルナメモリ
(LUNA)
幻想 三日月 右(ソウル)サイド
メタルメモリ
(METAL)
闘士 ビス留めされた鉄板 左(ボディ)サイド
プリズムメモリ
(PRISM)
結晶 複数のプリズム プリズムビッカー
トリガーメモリ
(TRIGGER)
銃撃手 拳銃 左(ボディ)サイド
エクストリームメモリ
(XTREME)
なし (極限) エネルギーの奔流 両サイド

【サイクロンメモリ(CYCLONE)】

サイクロンメモリは主人公の一人であるフィリップが所有するガイアメモリで、「風の記憶」を宿しています。「C」のイニシャルは竜巻をデザインモチーフとしていて、強風や風圧を発生させたり、飛行する能力を持っていました。

フィリップにとって最も適合率の高いメモリであり、第1話から登場し、ダブルドライバーの右側であるソウルサイドに差し込むことでフィリップの精神だけを移動するので、最初の話から意識を失うフィリップが見られます。

テレビシリーズ第29話の翔太郎の夢の中では、ジョーカーメモリと同様にサイクロンメモリも同様にメモリの形をしたサイクロンのイニシャルと「疾風」の文字が描かれた木札が登場しました。

ちなみに、『cyclone(サイクロン)』は『低気圧、大暴風、大竜巻』という意味です。

【ファングメモリ(FANG)】

ファングメモリはフィリップの護衛用として作られた「牙の記憶」を宿した特殊なガイアメモリで、ライブモードとメモリモードの2つの姿を持っていました。

プラチナ端子であることからソウルメモリに該当するのですが、実際はファングメモリで変身を行うとフィリップの体が変化し左翔太郎の意識が転送されるようになります。

「いかなる手段を用いてもフィリップを護衛する」ように設計され、フィリップに危害を与える者を「野獣の記憶」によって徹底的に皆殺しにして滅ぼすプログラムが組み込まれているため、ファングジョーカーの暴走という危険性の要因となっているメモリでした。

ファングメモリの強い獣性を制御するために翔太郎にとって最も適合率の高いジョーカーメモリを使用する必要があることから、メタルやトリガーなどのほかのメモリと組み合わせることはできません。

普段はライブモードのまま姿をくらましていますが、フィリップに生命の危機がせまった時はそれを察知して姿を現します。テレビシリーズでは第16話のときフィリップの前に姿を現しました。

また、無理な減量によってフィリップの体力が限界に達したことを察知した際にも、彼のもとに現れています。始めは拒絶するフィリップですが、のちに制御可能になって以降は自在に呼び出せるよう手なづけました。

ちなみに、メモリ形態にするにはフィリップの手動操作が必要です。下半身部分は恐竜(ケラトサウルス)の頭部のように変化し、ダブルドライバーにさし込んだあとは尾部のタクティカルホーンが武装やマキシマムドライブ発動のための角となるんですよ。

そして、『fang(ファング)』は『きば、犬歯』という意味です。

【ヒートメモリ(HEAT)】

ヒートメモリは主人公の一人であるフィリップが所有するガイアメモリで、「熱き記憶」を宿しています。「H」のイニシャルは炎をデザインモチーフとしていて、闘争本能を高め、攻撃に炎の属性を付加して攻撃力を高める能力を持っていました。

強烈な炎と高熱を操ることができ、周囲の空気が高熱でゆがむほどのエネルギーが発生するんです。マキシマムドライブ発動時には全身が炎に包まれ、武器に熱エネルギーを飛ばして破壊力を増加したり、バイク兵器での特攻に使用されました。

ちなみに、『heat(ヒート)』は『熱、熱さ』という意味です。

【ジョーカーメモリ(JOKER)】

ジョーカーメモリは主人公の一人である左翔太郎が保有するガイアメモリで、「切り札の記憶」を宿しています。「J」のイニシャルはトライバル柄を意識してデザインされており、身体能力や運動能力を高め、専用武器を持たない代わりに近い距離での格闘に優れていました。

翔太郎にとって最も適合率の高いメモリであることから、第1話から登場するだけでなく6つのメモリのうち最もさまざまな用途や場面で用いられました。

ダブルドライバーの左側であるボディサイドに差し込むことでフィリップの精神だけを移動しますが、基本フォームのサイクロンジョーカーだけでなく、単体で仮面ライダージョーカーに変身する際にも使用するメモリなんですよ。

テレビシリーズ第29話の翔太郎の夢の中では、ジョーカーメモリはメモリの形をしたジョーカーのイニシャルと「切り札」の文字が描かれた木札に、サイクロンメモリも同様にメモリの形をしたサイクロンのイニシャルと「疾風」の文字が描かれた木札が登場しました。

ビッグコミックスピリッツで連載中の漫画であり、『仮面ライダーW』の続編作品である『風都探偵』第36話では、使用者の感情によって性能の上限を突破する特性を持っていることが明かされています。

ちなみに、『joker(ジョーカー)』は『冗談を言う人、おどけもの、取るに足らない人』という意味ですが、トランプの世界では時としてもっとも効力の高いカードである『切り札』となるんです。

ジョーカーメモリに埋め込まれた記憶が「切り札」なのは、このトランプの世界での立ち位置が関係しているのかもしれませんね。

ジョーカーはなぜ「切り札」で、道化師(ピエロ)が描かれているの?(気になったら+をクリック!)

もともとトランプカードのジョーカーはトリックテイキングゲームの中で誕生したカードでした。

トリックテイキングゲームとは

トリックテイキングゲームとは、主にヨーロッパで盛んなトランプの遊び方の一種で、現在もたくさんのゲームタイトルがある。

基本的なルールはほぼ同じながらも、各ゲームごとに切り札・チームプレイ・宣言・勝敗の決め方・得点などが異なることでそれぞれに特徴があるゲームとなっている。

トリックとは1ターンのことで、全員がカードを出し合い、あるルールに従ってそのターンの勝者がカードを全てもらうため、トリックテイキングという。

19世紀後半のアメリカでトリックテイキングゲームのひとつであるユーカーが流行したときに、もっとも効力の強い切り札として追加されたんです。

ユーカーとは

19世紀後半から20世紀の初頭まで、米国で大変盛んにプレイされたトランプを使うトリックテイキングゲームのひとつ。現在でも米国の代表的なゲームの1つであり、英国の一部地方でも盛んである。

ユーカーは最初にジョーカーを使ったゲームだといわれているが、現在の米国ではジョーカーなしでプレイされることが普通で、様々な種類がある。

そのときは「best bower(ベスト バウアー)」という名前で追加されましたが、のちにジョーカーと呼ばれ、現在のように道化師の姿を持つようになりました。

パパ
そういえば、このジョーカーと似たような立ち位置で使えるカードがあるんだよね。え~と、逆さまになると意味が変わるカードだったはずなんだけど…。
ママ
あ、タロットカードでしょ!確か「愚者(ぐしゃ)」のカードが似ていたわね。

トランプカードのジョーカーはよくタロットカードの大アルカナに含まれる「愚者」と比較されるそうですが、実はこの「愚者」もタロットゲームにおいては「切り札」という立ち位置になることがあるんです。

なんとなくタロット占いのイメージが強いかもしれませんが、そもそもタロットカードはトリックテイキングゲームを遊ぶために作られたカードなんです。

原則として「愚者」のカードは最も弱いのですが、オーストリアなどの中央ヨーロッパではトランプカードのジョーカーと同じように最強の切り札として使用できるそうです。

こうした立ち位置が似ていることから、昔は「愚者」のカードがジョーカーの原型だとする説もあったようです。

ママ
ちょっと不思議に思っていたのだけど、トランプカードってどうして1じゃなくてエース(A)だったり、11以降は数字じゃなかったり、ジョーカーにピエロみたいな絵が描かれていたりするのかしら?

初めてトランプを使ったときに「1がない!」「なぜに11じゃなくてジャック(J)!?」と思った方もいるのではないでしょうか。

トランプにはさまざまなデザインがあるのですが、日本で明治以降に使われるようになったトランプはフランスタイプを変化させた”英米(アングロアメリカン)タイプ”というものなんです。

ランク(1~13)のうち通常人物の肖像画が描かれているジャック(J)・クイーン(Q)・キング(K)は、宮廷の王族に関係しているんです。

「エース(A)・ジャック(J)・クイーン(Q)・キング(K)」について

【エース(A)】

英語で『第一人者』を意味するが、「ace」という用語は古フランス語で『一単位』を意味する「as」からきており、もともとはサイコロの1の目を意味していた。

トランプ用語として使われるまでは『不運』を意味していたが、エースカードが最も強いカードとして使われるようになってから『高品質、特上の』という意味で使用されるようになった。

【ジャック(J)】

ジャック(Jack)は『家来・召使い・船乗り・労働者』を意味するカードで、前身はエジプトを中心に生まれたイスラーム王朝・マムルーク朝のカードに見られるサーニー・ナーイブ(第二総督)である。

トランプがイタリアまたはスペインにもたらされたときに、騎士のカードの下にある歩兵またはペイジ(page/騎士に使える雑用係である小姓)に変化。さらにフランスではヴァレ(召使い)と呼ばれ、王(キング)と騎士(ナイト)の間に女王(クイーン)のカードを作るきっかけとなった。

16世紀半ばごろにはイングランドでネイブ(knave/宮廷につかえる召使い)として知られるようになり、「ジャック」という言葉も「ネイブ」を意味するものとして一般に使われていたが、キング(K)に似ていることからジャック(J)に変更することとなった。

【クイーン(Q)】

クイーン(Queen)はジャック(J)がまだヴァレ(召使い)と呼ばれていたころ、王(キング)と騎士(ナイト)の間に女王(クイーン)のカードが作られ、キングとジャック・ナイトの間の強さとして設定された。

【キング(K)】

キング(King)は、王(男性の君主)の絵柄が描かれたトランプでクイーンより強い位置にある。それぞれのキングのカードにモデルがいるとされている。

ハートのキングは、頭に剣を突き刺しているように見えることから、「自殺するキング」と呼ばれることもある。しかし、誰か別の人間がハートのキングを刺しているように見えるデザインもあることから、剣とそれを握る手が本当にハートのキング自身のものかどうかについては意見が分かれている。

また、ハートのキングは4人の中で唯一口ひげを生やしておらず、ダイヤのキングは、唯一剣ではなく斧を持っており、「斧を持つ男」という愛称がある。スペードのキングは、右を向いている唯一のキングであり、クラブのキングは、武器を地面に付けている唯一のキングである。

このようにジャック(J)・クイーン(Q)・キング(K)が宮廷に関係するものおよび、王族を意味する絵柄であることから、ジョーカーのカードには関連して宮廷道化師(きゅうていどうけし)が描かれることが多いようです。

宮廷道化師とは

宮廷道化師とは、中世ヨーロッパもしくはイングランド王国およびアイルランド王国にあった王朝・テューダー朝時代に支配者層によって雇われたエンターテイナーのこと。

そもそも道化師とは、面白おかしい格好・行動・言動などをして他人を楽しませる者すべてをいう。

「宮廷道化師」を意味する『jester(ジェスター)』という単語は16世紀半ば、テューダー朝の時代までは使用されておらず、それまではさまざまな名前で呼ばれていた。

道化師のなかにはみなさんも知っているクラウンやピエロも含まれます。

クラウンやピエロとは

【クラウン】

クラウンとは、現在では曲芸と曲芸の間(あいだ)に生まれる間(ま)を埋めて観客の曲芸への楽しい気持ちを覚めないようにさせるだけでなく、曲芸もでき司会もできる役者のこと。

18世紀のイギリスのサーカスの中で「おどけ役」を演じていた役者が自らのことを「クラウン」と名乗ったことが始まりとされている。

『クラウン』には『のろま、ばか、おどけ者、おどける、ふざける、田舎もの』などの意味が含まれている。

【ピエロ】

ピエロはクラウンの中でもバカにされる人、つまりクラウンよりもバカにされる芸風をする人と言われている。クラウンのメイクに涙マークがつくとピエロメイクになる。

涙マークには、「馬鹿にされながら観客を笑わせているが、そこには悲しみを持つ」という意味をあらわしたものだといわれている。

そのため、ジョーカーのカードにクラウンやピエロが描かれることも多いようですよ。

【ルナメモリ(LUNA)】

ルナメモリは主人公の一人であるフィリップが所有するガイアメモリで、「幻想の記憶」を宿しています。「L」のイニシャルは月をデザインモチーフとしていますが、それだけでは文字として認識しにくいため、光った感じの効果線でL字を描かれていました。

6本のうち最も謎めいたメモリですが、登場は早く第1話から出てきます。超常的な属性を付加し、肉体や武器の形状をゴムのように自由自在に変化させるなど変則的な攻撃が可能になるほか、ガジェットにさすと光るという機能もあるんですよ。

本来、『luna(ルナ)』という言葉はラテン語で意味は『月、またはローマ神話の月の女神』ですが、このルナが転じて『狂気的』という意味の単語である『lunatic(ルナティック)や『精神異常』という意味の単語である『lunacy(ルナシー)』の単語ができています。

そのため、今回ルナメモリが幻想の記憶をもつということは単語の意味としては間違っていないと言えますね。

ルナシーといえばあの有名ロックバンドですよね!(気になったら+をクリック!)
ママ
ルナシーって言ったらやっぱりあのロックバンドよね!でも確か、「LUNA SEA」って書くのよね~。関係性は…ないかしら?
パパ
おぉ!ママ、良く知ってるね~。そうそう、「LUNA SEA」はインディーズ時代、まさしく「LUNACY」っていうバンド名だったんだよ。

今や日本を代表するロックバンドの「LUNA SEA」はまだ大手の制作会社に所属していないインディーズ時代、『狂気』という意味もあった『lunacy(ルナシー)』を使っていました。

大手の制作会社に所属するメジャーでの活動も視野に入れ、ベース&コーラスを担当しているJ(ジェイ)さんの提案により、バンド名を現在の「LUNA SEA」にしたそうです。

そこに込められた意味をかつて存在した出版社・音楽専科社から発売されていた『SHOXX』(1991年1月21日)にて、次のように話していました。

ひとつの意味に縛られず、音楽的にも「のように変化があって、のように深く」という思いから、「~CY」を「~SEA」にした。

改名はしましたが、旧バンド名との付き合いは続いていて、2000年に発売されたアルバムのタイトルが「LUNACY」だったり、東京ドーム初の無料ライブ「LUNACY 黒服限定GIG ~the Holy Night~」ではLUNACY名義で行ったりしましたよ~。

【メタルメモリ(METAL)】

メタルメモリは主人公の一人である左翔太郎が保有するガイアメモリで、「闘士の記憶」を宿しています。

「M」のイニシャルは鉄板をデザインモチーフとしていて、重量が増えることでスピード・ジャンプ力等の機動力は大きく低下しますが、使用者の筋力や防御力をアップさせてくれました。

このメモリを使用すると背面のシャフトマウントより専用の棒術武器・メタルシャフトが生成されるという機能があり、同じパワー系の組み合わせで闘争心を高められるヒートメモリと最も相性が良くなっているんですよ。

また、サイクロンメモリとはメタルの重量がサイクロンのスピードを殺してしまうというデメリットはあるものの、メタルメモリ自身が持つ弱点を互いに打ち消し合ってくれる組み合わせとなっています。

『metal(メタル)』は本来、『金属、金属元素』という意味ですが、ここでは『鋼』という意味で使っているようですね。

【プリズムメモリ(PRISM)】

プリズムメモリは「プリズムの記憶」を宿したガイアメモリで、「P」のイニシャルはダイヤモンドのカッティングラインをイメージしています。プリズムビッカーというアイテムにに装填する位置から、イニシャルはほかのメモリと異なり、縦向きに描かれていました。

プリズムソードの手で握る柄の頭の部分に専用のマキシマムスロットが設けられており、プリズムビッカーの起動キーとしての役割も持っているメモリです。

複数のメモリの力を集束させる能力を備え、ベルトのマキシマムスロットにさし込んでしてマキシマムドライブを発動することで翔太郎とフィリップのシンクロ率を極限まで高めることが可能となります。

複数と言いつつもデザインが”X”であることから4本までが限界で、第32話で初登場して以来、プリズムビッカーのマキシマムスロットに差し込まれたのは、サイクロン・ジョーカー・ルナ・ヒートの4本だけでした。

『prism(プリズム)』はもともと『角柱』という意味ですが、『よく磨かれた平面をもつ透明な多面体』という意味も持つようになりました。

【トリガーメモリ(TRIGGER)】

トリガーメモリは主人公の一人である左翔太郎が保有するガイアメモリで、「銃撃手の記憶」を宿しています。「T」のイニシャルは拳銃をデザインモチーフとしており、射撃攻撃に特化したメモリでした。

このメモリを使うと専用武器のエネルギー銃・トリガーマグナムが左胸部の「トリガーラング」に生成され、視力の上昇や磁場フィールドの形成による足下の固定といった銃撃戦に特化した能力が付加されます。

ちなみに、『triggre(トリガー)』は『(銃の)引き金、(紛争などの)きっかけ』という意味です。

【エクストリームメモリ(XTREME)】

エクストリームメモリは仮面ライダーWの最強フォームであるサイクロンジョーカーエクストリームの変身に使用されるだけでなく、バードモードで自立稼動する鳥型特殊なガイアメモリです。

エクストリームメモリはドライバーに対応する2本の端子を持っており、これ自体には特定の地球の記憶が埋め込まれていません。他のメモリを取り込んで強化するだけでなく、地球の記憶と直接データリンクするという機能にも特化しているという特徴がありました。

また、もう1つ重要な機能がフィリップの肉体をデータ化して取り込むというものです。

内部はガイアスペースと呼ばれる特殊な電子空間となっており、フィリップの体を保護しダメージを回復するほか、ここから現実世界を覗くこともできるようになっているんですよ。

初登場はテレビシリーズ第32話で、ウェザー・ドーパントの攻撃を跳ね返して撤退させました。

ユートピアとの最終決戦の後、変身解除と同時にフィリップやソウルメモリと共に消滅したものの、ミュージアム壊滅から1年後、園咲若菜(そのざき わかな)の身体を代価に新たな個体が現れました。

『エクストリーム』の正しいスペルは『extreme』で、『極度の、非常な』という意味です。

仮面ライダーアクセルが使用するガイアメモリ

仮面ライダーアクセルとなる照井竜が所有するメモリで、アクセルドライバーを用いて変身しますが、システムの性質上単身でメモリブレイクできるため、発動時にはWのような技名の発声は残念ながら行われませんでした。

Wが「2」を象徴しているため、アクセルは「1」をコンセプトとした一直線なキャラクターとしてデザインされました。また、アクセルメモリは『T2ガイアメモリ』にも登場します。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
アクセルメモリ
(ACCEL)
加速 タコメーター
トライアルメモリ
(TRIAL)
挑戦 オフロードタイヤ

【アクセルメモリ(ACCEL)】

アクセルメモリは照井竜が所持している「加速の記憶」を宿したガイアメモリで、縦向きに描かれた「A」のイニシャルはメーターをモチーフにしており、スロットルを切ると針が振り切るかのように文字が動作します。

身体能力を強化し、熱風が生まれるほどの超加速とオートバイのような形態への変形能力を与えます。シュラウドの計画ではこのメモリをボディサイドとしたWを作り、エクストリームメモリの力によってメモリの能力を解放する予定でした。

Vシネマの『仮面ライダーアクセル』では、ガイアメモリ強化アダプターを装着してアクセルブースターという飛行形態に変身する際、「Booster」と発声しました。

ちなみに、『accel(アクセル)』は和製英語であり、標準英語は『accelerator(アクセレーター)』で、『加速者、加速装置、促進剤』という意味です。

【トライアルメモリ(TRIAL)】

トライアルメモリは「挑戦の記憶」を宿したアクセル用の強化ガイアメモリで、イニシャルの「T」はオフロードバイクのタイヤとスポークで構成されています。

アクセルメモリのプログラムに「超加速」のプログラムパッチを当てることができ、アクセルメモリと交換してドライバーの右グリップを捻(ひね)ることでアクセルトライアルに強化変身することができました。

そして、アクセルトライアルは10秒間の超加速状態になることもできるんですよ。

信号機とストップウォッチのような装飾がされており、メモリモードとマキシマムモードの2形態をとりますが、その性質からアクセルドライバー以外のドライバーや武器への使用は想定されていません。

メモリ単独でマキシマムドライブを行う性質から、他のマキシマムドライブと同時起動による必殺技の高速連打も一部可能となっているようです。

ちなみに、『trial(トライアル)』は『裁判、公判、審理、(良否・性能などの)試み、試験、試練、災難、苦労、うるさい人』という意味で、本来『挑戦』という意味を持つ単語は『challenge(チャレンジ)』です。

ママ
トライアルという単語の意味だけ見たら、どこにも挑戦なんてないのにどうして「挑戦の記憶」なのかしら?
パパ
裁くとか災難とか試練とかってなんというか人生の壁って感じがしないかい?それを乗り越えるために挑戦する…そんな感じなのかな?

仮面ライダースカルが使用するガイアメモリ

仮面ライダースカルは劇場版『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』にて、鳴海荘吉がロストドライバーとスカルメモリを使って変身する仮面ライダーのことです。

ここで使用されるメモリはスカルメモリのみとなっており、ロストドライバーにセットして展開した際の角度に合わせて、イニシャルが斜めに描かれていました。また、Wのソウルメモリと同様にプラチナ端子を持っています。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
スカルメモリ
(SKULL)
骸骨 頭蓋骨

【スカルメモリ(SKULL)】

スカルメモリは「骸骨(がいこつ)の記憶」を宿したプロトタイプのガイアメモリで、骨格を中心に人間の肉体を強化し、身体能力を極限まで引き出す事が可能となっています。

他のメモリ同様戦闘力の向上やスカルマグナムの装備、胸部から骸骨弾を射出することもできました。

『skull(スカル)』は『頭蓋骨(ずがいこつ)、どくろ』という意味で、仮面ライダースカルの見た目通りです。

仮面ライダーエターナルが使用するガイアメモリ

仮面ライダーエターナルは劇場版『仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ』にて、大道克己がロストドライバーとエターナルメモリを使用して変身する仮面ライダーです。

このライダーは「いずれ全てのガイアメモリを支配する存在」として財団Xにより開発されたことが、劇場版の中にて加頭順(かず じゅん)の口から語られていました。しかし、映画では旧型のメモリを全て使用不可にしてしまい、主人公たちどころか本編ラスボスすら混乱させる存在でした。

使用するメモリはエターナルメモリをメインに新しく財団Xが開発したT2エターナルメモリで、これは翔太郎たちのもつガイアメモリとかなり似ているメモリとなっています。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
エターナルメモリ
(ETERNAL)
永遠 無限回廊
T2ガイアメモリ

【エターナルメモリ(ETERNAL)】

エターナルメモリは「永遠の記憶」を宿したガイアメモリで、ロストドライバーにさし込み、展開した時の角度に合わせて斜めに描かれたイニシャル「E」は、無限回廊という無限に続く長く折れ曲がった廊下をイメージしています。

この作品ではT2エターナルメモリが登場し、試作型としてWのソウルメモリと同様にプラチナ端子を持つ「T1エターナルメモリ」も登場しました。

『eternal(エターナル)』は『永遠の、永久の、不滅の、絶え間のない』という意味なので、宿した記憶通りですね。


ドーパントが使うメモリ

仮面ライダーWはTV放送の本編のほかに、映画・小説・漫画と幅広くメディア化されていました。

本来はアルファベットの数だけという設定ですが、映画・小説・漫画のそれぞれだけに登場するドーパントやアルファベット被りもいるため、ガイアメモリの本数はたくさんあります。

そこで、いくつかに項目をわけてアルファベット順にご紹介していきますよ~。

ミュージアムのメンバー専用メモリ

ドーパントの中でも非常に強力な力を持っているゴールドのガイアメモリは、園崎家(そのざきけ)にしか使えません。というのも、強力な力がある反面、毒素が強いという特徴がありました。そのためか、園崎家の面々は基本的にガイアドライバーを用いて変身します。

6本のメモリの内、ナスカメモリだけ『T2ガイアメモリ』にも登場します。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
クレイドールメモリ
(CLAY DOLL)
土人形 土偶の目
ナスカメモリ
(NASCA)
ナスカ文明 地上絵の翼
タブーメモリ
(TABOO)
禁忌 舌を巻く口
テラーメモリ
(TERROR)
恐怖 恐怖に怯える顔
スミロドンメモリ
(SMILODON)
スミロドン 交差する犬歯
ユートピアメモリ
(UTOPIA)
理想郷 手を取り合う目の笑っていない人間

【クレイドールメモリ(CLAY DOLL)】

園崎家の次女・園咲若菜(そのざき わかな)が所持するガイアメモリで、「土人形の記憶」を宿し、クレイドール・ドーパントに変身します。通常時は再生能力くらいしか特徴がありませんが、他にも射撃や天井歩行などが可能です。

ガイアプログレッサーという有機情報制御機関試作体(ゆうきじょうほうせいぎょきかんしさくたい)を合成したことで強化され、2段変身したクレイドール・エクストリームにパワーアップしました。

『clay doll(クレイドール)』は『土人形、泥人形』という意味で、ロゴデザインには土偶(どぐう)が使われています。

中学・高校で社会の授業をうけているときに、「ぶっちゃけ、土偶と埴輪(はにわ)って何が違うんかい!?」と思った人もいるかと思います。違いが気になる方はこちらを参考にしてください↓

土偶と埴輪の違い
↓気になる+をクリック↓
土偶

土偶とは、もっとも狭い範囲で考えると縄文時代頃の日本列島で作られていた土人形のことを指す。この定義上では霊的存在と思しき像も人型であればこれを含む一方、人および人型の存在以外の生物、並びに、非生物は含まない。

人型を真似してつくられたものは女性である場合が多く、通常は農作物が豊かに実ることを祈る地母神崇拝(じぼしんすうはい)のための人形と解釈されることが多い。また、安産・多産などを祈る意味合いがあったとも考えられている。

埴輪

埴輪(はにわ)とは、日本の古墳時代に特有の素焼の焼き。形は円筒形または壺形の円筒埴輪、武装した兵士や巫女などを模した人型の人物埴輪、馬や鶏などの動物を模した創物埴輪、家や財産などを模した形象埴輪などがある。

ざっくりですが、土偶は土人形、埴輪は焼き物という大きな違いがあるんですね~。クレイドールメモリに土偶が使われたのも納得ですね。

【ナスカメモリ(NASCA)】

園咲冴子(そのざき さえこ)の婿となった園咲霧彦(そのざき きりひこ)が所持するガイアメモリで、「ナスカ文明の記憶」を宿し、ナスカ・ドーパントに変身します。

火炎弾射撃、空中飛行、拘束マフラー、超加速など様々なことができますが、最初にもっていた霧彦はレベル2で死亡してしまったため、最大限まで力を引き出せていません。

霧彦自身は園崎家を出ようと冴子に持ちかけたところで逆に見限られ、タブー・ドーパントとなった冴子に致命傷を負わされたことで死亡します。そして、ナスカメモリは冴子の手に渡り、彼女は赤いナスカ・ドーパント(Rナスカ)に変身しました。

霧彦よりも冴子の方がメモリを使いこなしており、井坂深紅郎の理論に従い直挿ししたことでレベル3に到達します。それでも最期は、一家揃っての食事会にて若菜にブレイクされるのでした。

『nasca(ナスカ)』の本来のつづりは『Nazca』のようでスペイン語ですが、英語では『nasca』と表示されることもあるようです。

『Nazca』は、近郊に先インカ期の遺跡や大地上絵があるペルー南西部の小都市の名前です。このほか、『生まれる』という意味もあります。

【タブーメモリ(TABOO)】

園崎家の長女・園咲冴子が所持するガイアメモリで、「禁忌の記憶」を宿し、タブー・ドーパントに変身します。悪魔めいた人魚といった外見をしており、自在な空中飛行と破壊光弾を射出するといった遠距離攻撃を得意としました。

ミュージアム脱走後、ミックに襲撃されメモリを園咲琉兵衛(そのざき りゅうべえ)に奪取されたものの、ミュージアムの機能を意のままに使えるようになった財団Xの加頭順(かず じゅん)から返却されています。

『taboo(タブー)』は『ふれたり近づいたり口に出したりしてはならないもの、もし触ったりした場合には理屈では説明できない不思議な罰がくだされる』といった意味で、ロゴデザインに舌なめずりするかのような唇を使っているところにも雰囲気を感じますね。

【テラーメモリ(TERROR)】

園崎家の主・園咲琉兵衛が所持するガイアメモリで、「恐怖の記憶」を宿し、テラー・ドーパントに変身します。テラーフィールドを発生させることで他人の恐怖心を倍増させ、恐怖で支配して戦意を喪失させたり、敵対する者を遠ざけたり支配下に置いたりすることができました。

その恐怖はなんと酷い場合、トラウマみたいな状態になってしまい日常生活を送ることすらできなくなるレベルだそうです!関わりたくないですね~。

中には精神干渉攻撃に耐性のあるものもいるので、その場合には頭部を分離し、アステカ神話上の主神であるテスカトリポカに非常に似た「テラードラゴン」を呼び寄せることで物理的な攻撃を行いました。

アステカ神話とは
アステカ神話とは古代アステカ王国で伝えられた多神教の神話。

アステカは、1428年頃から1521年までの約95年間北米のメキシコ中央部に栄えたメソアメリカ文明の国家である。

最期はテラードラゴンを照井が引き付け、恐怖心を克服したWによってメモリブレイクされました。

『terror(テラー)』は『(非常な)恐怖、恐怖の種、恐ろしい人、大変なやっかい者、うるさいやつ』といった意味で、ロゴデザインも恐怖に怯える人の顔が描かれています。

ママ
テラーって「恐怖」って意味だったのね!だから、東京ディズニーシーにあるアトラクションに「タワー・オブ・テラー」って名前がついたのも納得だわ。

 

東京ディズニーシーにあるアトラクション「タワー・オブ・テラー」は高さ約38メートルから急降下するフリーフォールタイプのホラーアトラクションです。

ストーリー上、「恐怖のホテル(タワー・オブ・テラー)」と呼び名が付きましたが、一瞬だけ外が見えたり急降下したりするからか、かなりの怖さを感じる人もいて、アトラクションの内容も名前にあったものとなっていますよ。

【スミロドンメモリ(SMILODON)】

園崎家で飼われているペットのミック(猫)が琉兵衛によってスミロドン・ドーパントに変身したときに使ったガイアメモリで、「スミロドンの記憶」を宿しています。

使用者が人間でないため予想を超えた素早い動きができ、怪力、破壊光弾の射出、高速移動などの能力を付与しました。最期はWによってドライバーごと破壊されました。

『smilodon(スミロドン)』は、新生代第四紀更新世前期から更新世末期の約250万~1万年前の南北アメリカ大陸に生息していたサーベルタイガーの一種で、体長1.9~2.1m、体高1~1.2mくらいだそうです。

動物園でよく見かけるスマトラトラで2.15m~2.55メートルなので、動物園のトラくらいと考えるといいかもしれませんね。

【ユートピアメモリ(UTOPIA)】

Wの世界に存在し、暗躍する闇の巨大資本「財団X」の一員である加頭順が所持するガイアメモリで、「理想郷の記憶」を宿し、ユートピア・ドーパントに変身します。

加頭自身の能力の影響で重力操作重力操作や火炎弾射撃、超高速移動などが可能のほか、天候を変化させて竜巻や雷撃などを放つこともでき、さらに相手の生きる希望や活力を吸収し、奪うこともできるという理想郷に関係するような能力も持っていました。

加頭は投資先である秘密結社ミュージアムの頭目・園咲琉兵衛を裏切った彼の長女、園咲冴子をなぜか人目につかないように隠して助け、無償で彼女を支援していました。

その理由は加頭いわく「好きだから」だそうな…。その話は物語終盤にて本物であることが明らかになりました。

『utopia(ユートピア)』という言葉はそもそもイギリスの思想家トマス・モアが1516年にラテン語で出版した著作『ユートピア』に登場する架空の国家の名前だそうです。

ギリシャ語でouがnotの、toposがplaceの意味、つまり「どこにもない場所」という意味のようです。そこから転じて、『(社会・政治体制などの)理想郷、ユートピア』といった意味になりました。

ちなみにロゴデザインを見ると手を取り合う2人のように見え、「あ、理想郷って互いに手を取り合って作るものなんだな~」なんて思いますよね。残念ながら、そうではないんです。

ママ
うーん、あ!わかったわ~。よく見てみると親指が同じ方にあるわね。このデザインと同じように手を重ねると”誰か”とじゃなくて、”自分の手”じゃないとできないもの。まるで、ごますりしている人のような手の繋ぎ方だから、理想郷は上辺だけで心からはできないってことね!
パパ
おお~、さすがママ!そうなんだよ。”助け合って”ではなく、”たった1人の独善的な理想郷”ってことなんだって。

このロゴデザインから、誰もが平等な本当の意味での理想郷を描いているわけではないことを伝えているそうです。そして、本当の意味での理想郷ではないということは幸せではない人もいるということです。

つまり、”死んだように生きている人々がいる”ということから、相手の生きる希望や活力を吸収して奪うという能力もつけられたようですよ。

TVシリーズ本編に登場したガイアメモリ

TVシリーズに登場したガイアメモリは名前だけのものも含めるとかなり数があります。ここでは、ドーパント化したものを中心に28本のガイアメモリをご紹介します。

先に書いたしたミュージアムのメンバーだけが使用する6本のメモリと、このあと書く名前だけのメモリに含まれるエッジメモリを含めて35本セットの『ガイアメモリコンプリートセレクション』となって発売されました。

バード・ジーン・アイスエイジ・パペティアー・バイオレンス・ウェザー・イエスタデイ・ゾーンの8本は『T2ガイアメモリ』にも登場します。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
アノマロカリスメモリ
(ANOMALOCARIS)
アノマロカリス 2匹のアノマロカリス
アームズメモリ
(ARMS)
武器 ナイフとライフル
ビーストメモリ
(BEAST)
野獣 獣の顔
バードメモリ
(BIRD)
始祖鳥 飛翔する鳥
コックローチメモリ
(COCKROACH)
ゴキブリ 曲がったゴキブリ
エナジーメモリ
(ENERGY)
エネルギー コンデンサーと電流
ジーンメモリ
(GENE)
遺伝子 塩基配列
ホッパーメモリ
(HOPPER)
バッタ 二匹のバッタ
アイスエイジメモリ
(ICEAGE)
氷河期 氷の柱
インビジブルメモリ
(INVISIBLE)
不可視 消える人間
ジュエルメモリ
(JEWEL)
宝石 繋がった宝石
ライアーメモリ
(LIAR)
嘘つき 舌を出す口
マグマメモリ
(MAGMA)
マグマ 溶岩が吹き出る火山
マスカレイドメモリ
(MASQUERADE)
仮面舞踏会 舞踏会のアイマスク
マネーメモリ
(MONEY)
金銭 Mの字に立つ硬貨
ナイトメアメモリ
(NIGHTMARE)
悪夢 三日月に悪夢を見せる幽霊
オールドメモリ
(OLD)
老朽 曲った老木
パペティアーメモリ
(PUPPETEER)
人形使い マリオネット
ケツァルコアトルスメモリ
(QUETZALCOATLUS)
ケツァルコアトルス 翼を広げた翼竜
スイーツメモリ
(SWEETS)
菓子 S字のケーキ
ティーレックスメモリ
(T-REX)
ティラノサウルス ティラノサウルスの横顔
トライセラトップスメモリ
(TRICERATOPS)
トリケラトプス トリケラトプスの顔
バイオレンスメモリ
(VIOLENCE)
暴力 尖った爪を持つ腕
バイラスメモリ
(VIRUS)
ウイルス 蝕まれた傷
ウェザーメモリ
(WEATHER)
気象 日光、雨、雷、竜巻
イエスタデイメモリ
(YESTERDAY)
昨日 過去が消えていく砂時計
ゾーンメモリ
(ZONE)
地帯 座標軸

【アノマロカリスメモリ(ANOMALOCARIS)】

「アノマロカリスの記憶」を宿したガイアメモリで、水中移動や腕の伸縮・キバの撃ちだし・煙ガス・巨大化といった能力を有したアノマロカリス・ドーパントに変身します。

差し込み口は左手のひらで、複数人の使用が可能です。登場話数は第5話・第6話・第49話ですが、第5話・第6話のときにはプロダクションモデルとプロトモデルの両方が存在しました。

『anomalocaris(アノマロカリス)』は『古生代カンブリア紀の海生肉食動物』のことで、ロゴデザインもアノマロカリスが使われています。

【アームズメモリ(ARMS)】

「武器の記憶」を宿したガイアメモリで、左手をマシンガンや剣などの武装に変化させることができるアームズ・ドーパントに変身します。

差し込み口は右のこめかみで、第15話・第16話に登場しました。一見、能力は地味ですが使用者の倉田剣児(くらた けんじ)の適性もあり、仮面ライダーWを苦しめました。

『arms(アームズ)』は『武器』という意味で、剣と銃を用いてAを形作るロゴデザインが使われています。

【ビーストメモリ(BEAST)】

「野獣の記憶」を宿したガイアメモリで、強靱な肉体や怪力のほか、高い再生能力を持つビースト・ドーパントに変身します。

差し込み口は左腕で、TVシリーズの第31話・第32話だけでなく、風都探偵にも登場しています。TVシリーズの所有者は十年間このメモリを所持していたことから、強力な能力者になっていたため、仮面ライダーWと仮面ライダーアクセルを圧倒しました。

『beast(ビースト)』は『動物、獣性、かっこいい』といった意味で、キバが見える獣の口を横から見たデザインのBとなっています。

【バードメモリ(BIRD)】

「始祖鳥の記憶」を宿したガイアメモリで、飛行や火炎攻撃、風圧攻撃、羽手裏剣など空中戦を得意とするバード・ドーパントに変身します。

差し込み口は左腕で、第17話・第18話に登場したときに、複数人で1本のメモリを使用したことにより使用者の体をおかしていきました。

『bird(バード)』という単語は『鳥』を意味しますが、ここでは不死鳥がピックアップさせており、ロゴデザインも始祖鳥のような鳥が飛び立とうとしている横姿でBが描かれています。

始祖鳥とは

古代の鳥もしくは肉食恐竜の1種で、鳥類と恐竜の中間的な姿をしている。

【コックローチメモリ(COCKROACH)】

「ゴキブリの記憶」を宿したガイアメモリで、手のひらから青い粘液状の体液を出して窒息させたり、ハイスピードで動き回れたりするコックローチ・ドーパントに変身します。

差し込み口は左足の裏で、第7話・第8話・第49話に登場し、そのスピードで仮面ライダーWの攻撃を次々とかわしました。

『cockroach(コックローチ)』は『ゴキブリ』という意味で、ロゴデザインにもあんまり見たくないですがヤツ(ゴキブリ)が描かれています。

ママ
ヤツは私にとっては天敵よ!もーどうしてあんな好かれない見た目の生き物を「地球の記憶」に選んだのかしら?
パパ
それはね、ゴキブリが出現したのは約3憶年前らしく、「生きている化石」って言われるからさ!ゴキブリは生命力が強いからか、作:貴家悠・画:橘賢一の漫画『テラフォーマーズ』でも人類の敵として登場するんだよ。
ママ
へぇ~、ただ気持ち悪いだけの存在じゃなかったんだ!そんなに昔からいるなら、確かに「地球の記憶」に当てはまるわね。

【エナジーメモリ(ENERGY)】

「エネルギーの記憶」を宿したガイアメモリで、電気を操って腕からレールガン放つといった超電磁砲や電撃放射を用いるエナジー・ドーパントに変身します。

差し込み口は鼻で、TVエピソードラストである第49話に登場しました。自称最強のドーパントらしいですが、仮面ライダーWの敵ではなかったようですね。

『energy(エナジー)』は『元気、活力、(電気や石油などの)エネルギー』といった意味ですが、ここではエネルギーに重きを置いて使われていました。そのため、能力も電気エネルギーですし、ロゴデザインもその関連となっています。

【ジーンメモリ(GENE)】

「遺伝子の記憶」を宿したガイアメモリで、異なるふたつの遺伝子を操作したり組換えたりすることで物質を変換したり、まったく違う物体を生み出すことができるジーン・ドーパントに変身します。

差し込み口は左腕で、第39話・第40話に登場しました。戦闘能力はほぼありませんが、遺伝子混合ができることからクレイドールドーパントの身体に「ガイアプログレッサー」を埋め込むことでクレイドールエクストリームに進化させました。

『gene(ジーン)』は『遺伝子』という意味で、ロゴデザインもDNA構成している二重螺旋の塩基配列でGとなっています。

【ホッパーメモリ(HOPPER)】

「バッタの記憶」を宿したガイアメモリで、動作の素早さに関する能力や運動能力が強化されて足技が強力なホッパー・ドーパントに変身します。

差し込み口は右太ももで、第37話・第38話に登場しました。素早い動きはアクセルトライアルと同じかそれ以上の能力でした。

『hopper(ホッパー)』は『ぴょんぴょん跳ぶ虫』という意味で、そこからバッタが採用されたと考えられます。

様々な跳ぶ虫がいる中で、なぜバッタになったのかという理由はわかりませんが、もしかしたらもともと仮面ライダーのモデルはバッタであったことに関係しているのかもしれませんね。

【アイスエイジメモリ(ICEAGE)】

「氷河期の記憶」を宿したガイアメモリで、冷凍ガス攻撃や氷による分身の作成、水分を武器化することができるアイスエイジ・ドーパントに変身します。

差し込み口は不明で、第19話・第20話に登場しました。仮面ライダーアクセルこと照井竜が宿敵であるウェザーと間違えたり、仮面ライダーWのヒートモードのボディさえも凍結させる強い勢いがありました。

『iceage(アイスエイジ)』は『氷河時代』という意味で、氷の柱のようなIがロゴにデザインされています。

【インビジブルメモリ(INVISIBLE)】

「不可視の記憶」を宿したガイアメモリで、透明人間になれるインビジブル・ドーパントに変身します。

差し込み口は右のニの腕で、第27話・第28話に登場しました。作中では異常適合のためか異形にならず、井坂深紅郎が調整をしたことで適合者が死ぬまでメモリが体外へ排出されなかったため、適合者への負担が大きくなりました。

『invisible(インビジブル)』は『目に見えない、姿を現わさない』といった意味で、ロゴデザインも透明人間になる様子を表現した消える人間の形からIを作ったものとなっています。

【ジュエルメモリ(JEWEL)】

「宝石の記憶」を宿したガイアメモリで、自身を硬化させたり、強固な盾を持ったり、ビーム照射や人間を宝石化することもできたりするジュエル・ドーパントに変身します。

差し込み口は右腕で、第41話・第42話に登場し、仮面ライダーWサイクロンジョーカーエクストリームの攻撃を1度は切り抜けていました。

『jewel(ジュエル)』は『宝石、石』といった意味で、繋がった宝石でJを作ったロゴデザインになっています。

【ライアーメモリ(LIAR)】

「嘘つきの記憶」を宿したガイアメモリで、嘘を針にして刺し、信じ込ませることができるほか、光弾射撃もできるライアー・ドーパントに変身します。

差し込み口は右太ももで、第37話・第38話に登場しました。『liar(ライアー)』は『うそつき』という意味で、あっかんべーのように舌を出した口でLの形をしたロゴデザインでした。

【マグマメモリ(MAGMA)】

「マグマの記憶」を宿したガイアメモリで熱で地盤を溶かしたり超高熱・火炎で風都の住民を攻撃したりするマグマ・ドーパントに変身します。

差し込み口は左腕で、第1話に登場しました。『magma(マグマ)』はそのまま『マグマ』という意味で、火山から溶岩が噴出した姿のMがロゴデザインとなっています。

【マスカレイドメモリ(MASQUERADE)】

「仮面舞踏会の記憶」を宿したガイアメモリで身体能力の向上以外、特殊能力のないマスカレイド・ドーパントに変身します。

差し込み口は右首筋で、TVシリーズでは第13話が初登場でしたが、ビギンズナイトにも登場します。複数存在し、このメモリを使って園咲家の使用人達が戦闘員の様にドーパント化しました。

『masquerade(マスカレイド)』は『 見せかけ、虚構、仮面舞踏会』という意味で、舞踏会につける仮面をMにロゴデザインに舌なめずりするかのような唇を使っているところにも雰囲気を感じますね。

【マネーメモリ(MONEY)】

「金銭の記憶」を宿したガイアメモリで、賭けに負けた人の命をコイン型メモリに封印できたり、人間をコイン化させたり、硬貨を射出して攻撃したりするマネー・ドーパントに変身します。

差し込み口は右太ももで、第37話・第38話に登場しました。『money(マネー)』は『金(かね)、財産、富、金額、資金』といった意味で、硬貨を使ってMを表現したロゴデザインが描かれています。

【ナイトメアメモリ(NIGHTMARE)】

「悪夢の記憶」を宿したガイアメモリで、他人の夢に侵入し、寝込ませるという能力を持ったナイトメア・ドーパントに変身します。

差し込み口は左腕で、第29話・第30話に登場しました。『nightmare(ナイトメア)』は『悪夢、悪夢のような出来事』という意味で、三日月に幽霊が手を伸ばして悪夢を見せている姿をNの形にしているロゴデザインとなっています。

【オールドメモリ(OLD)】

「老朽の記憶」を宿したガイアメモリで、対象の肉体や精神を強制的に老化させる波動を放つオールド・ドーパントに変身します。

差し込み口は左脇腹で、第43話・第44話に登場しました。精神干渉攻撃に耐性がある照井竜には効きませんでしたが、左翔太郎は攻撃をくらい老人になってしまいました。

設定上の存在にいたヤング・ドーパントはこのガイアメモリと対称の能力を持っており、相手を若返らせるそうです。

『old(オールド)』は『年取った、老いた、古い』といった意味で、古びて腐り、形が崩れた老木のようなデザインのOがロゴに使われています。

【パペティアーメモリ(PUPPETEER)】

「人形使いの記憶」を宿したガイアメモリで、人形や他人を操ることができるパペティアー・ドーパントに変身します。

差し込み口はあごで、第25話・第26話に登場しました。『puppeteer(パペティアー)』は『 人形使い』という意味で、マリオネットと操作する板でPを形作っています。

【ケツァルコアトルスメモリ(QUETZALCOATLUS)】

「ケツァルコアトルスの記憶」を宿したガイアメモリで、オリジナルメモリであれば音速の飛行スピードと地上から10~50kmにある成層圏と呼ばれる大気の層にまで達する超高度飛翔能力(ちょうこうどひしょうのうりょく)を手に入れることができます。

第35話・第36話にて登場しますが、オリジナルでなく試験用に複製したものでした。この複製メモリをオウムに使用したときには巨大なケツァルコアトルス・ドーパントが誕生するも、本来のパワーは発揮できていません。

極めて特殊なメモリでゴールドメモリと呼ばれる幹部用のメモリと同等の力を持っており、形状も特殊なものとなっています。

『quetzalcoatlus(ケツァルコアトルス)』は中生代の終わり、白亜紀末の大量絶滅期の直前の時代を生きていた翼竜(よくりゅう)の1属で、ロゴデザインも羽を広げる翼竜を使ってQを生み出しています。

【スイーツメモリ(SWEETS)】

「菓子の記憶」を宿したガイアメモリで壁に姿を似せさせたり、人間を自身の体に取り込んだり、生クリーム使って相手を足止め・弾丸やブレード攻撃などができるスイーツ・ドーパントに変身します。

差し込み口は右首筋で、第37話・第38話に登場しました。仮面ライダーエターナルでは脚本家の三条陸演じる「スイーツの男」が試作品を使用しているシーンもありました。

『sweets(スイーツ)』はsweetの複数形ですが、『甘い食べ物・お菓子・飲み物、お菓子、楽しいこと』という意味で名詞としても使われます。ロゴデザインには、S字型のケーキが使われています。

【ティーレックスメモリ(T-REX)】

「ティラノサウルスの記憶」を宿したガイアメモリで、周囲の物を集めてT-REXの姿になれる能力を持ったティーレックス・ドーパントに変身します。

このほか、吠えたけることによって衝撃波を発生させたり地下潜伏したり、巨大化できたりしました。

差し込み口は左肩で、第37話・第38話に登場しました。『T-REX(ティーレックス)』は『Tyrannosaurus rex』の省略形で『ティラノサウルス』のことで、ロゴデザインにもティラノサウルスが使われています。

【トライセラトップスメモリ(TRICERATOPS)】

「トリケラトプスの記憶」を宿したガイアメモリで、怪力および重装甲・専用の武器装備・火炎攻撃が可能なトライセラトップス・ドーパントに変身します。

差し込み口は左太ももで第21話・第22話に登場し、通常攻撃のほかTレックスと同じように巨大化もできました。

『triceratops(トライセラトップス)』は『トリケラトプス』という意味で、ロゴデザインもトライセラトップスが使われています。

【バイオレンスメモリ(VIOLENCE)】

「暴力の記憶」を宿したガイアメモリで、自身に超怪力&防御力を付与させたり、鉄球を装備したり、自身をボール化したりする能力を持ったバイオレンス・ドーパントに変身します。

差し込み口は左手の甲で、第13話・第14話に登場しました。『violence(バイオレンス)』は『猛烈、暴力、乱暴』といった意味で、尖った爪をもつ右腕を曲げてVをつくったロゴデザインが描かれています。

【バイラスメモリ(VIRUS)】

「ウイルスの記憶」を宿したガイアメモリで、攻撃されたら即死するという恐ろしい能力を持つメモリで街一つを滅ぼす程ウイルスをまき散らす事ができるバイラス・ドーパントに変身します。

差し込み口は左腕で第11話・第12話に登場しましたが、本来の力が発揮できないほど能力が低い状態でした。

『virus(バイラス)』は『ウイルス、害毒』という意味で、ロゴデザインのVは棘のようなウイルスがちりばめられています。

【ウェザーメモリ(WEATHER)】

「気象の記憶」を宿し井坂深紅郎が所持するガイアメモリで、凍結・暴風・豪雨・高熱・落雷など様々な天候を元にした能力を操るウェザー・ドーパントに変身します。

差し込み口は右耳の付け根で第27話から登場し、仮面ライダーWおよび仮面ライダーアクセルを苦しめました。

『weather(ウェザー)』は『天気、気象、荒天、(人生の)移り変わり、栄えることと衰えること』といった意味で、竜巻・雷・雨・日光からつくられたWがロゴとなっています。

【イエスタデイメモリ(YESTERDAY)】

「昨日の記憶」を宿したガイアメモリで、「イエスタディの刻印」を打ち込んだ相手に24時間前をリプレイ(同じ行動)させることができるイエスタデイ・ドーパントに変身します。

差し込み口は胸部で、第33話・第34話に登場しました。ちなみに、刻印を撃たれたものは24時間後には昏睡状態におちいってしまいます。

『yesterday(イエスタデイ)』は『昨日、つい最近』といった意味で、砂時計の上半分と流れゆく砂をつかって過去が消え行く様子を表現したYがロゴデザインとなっています。

【ゾーンメモリ(ZONE)】

「地帯の記憶」を宿したガイアメモリで、地形や空中に座標を設定し、対象を任意の位置に瞬間移動させたり、目からは光弾射撃を放つこともできたりするゾーン・ドーパントに変身します。

差し込み口は右首筋で第32話に登場し、ビーストドーパントとの連携により仮面ライダーアクセルを変身解除まで追い込みました。

『zone(ゾーン)』は『 (外観・特徴などによって他と区別できる)地帯、地域、区域』といった意味で、9×9のマス目を持つゾーンボードを生成して瞬間移動させることもあって、ロゴデザインは5つのマス目でZを形作っています。

映画や雑誌の付録などで登場したガイアメモリ

仮面ライダーWの映画作品が複数あるほか、Vシネマ、雑誌『てれびくん』の応募者全員サービスDVDもありました。そこに登場したメモリをご紹介します。

『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』
ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
ダミーメモリ
(DUMMY)
偽物 複製される鎌
シニガミハカセメモリ
(SHINIGAMIHAKASE)
死神博士 死神博士の顔

【ダミーメモリ(DUMMY)】

「偽物の記憶」を宿したガイアメモリで、生物・非生物問わずあらゆる物に変身し、その能力を真似できる特殊能力を持つダミー・ドーパントに変身します。

差し込み口は左腕で、複製される鎌の形をしたDのロゴデザインとなっており、『TSガイアメモリ』としても登場しました。『dummy(ダミー)』は『飾り人形、ダミー、(射撃練習用)標的人形、替え玉、ロボット』といった意味です。

【シニガミハカセメモリ(SHINIGAMIHAKASE)】

「死神博士の記憶」を宿したガイアメモリで、死神博士・ドーパントに変身します。このほか、イカデビルにもなれてしまうメモリでした。

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』
ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
メモリーメモリ
(MEMORY)
記憶 大脳
バットメモリ
(BAT)
コウモリ コウモリ
スパイダーメモリ
(SPIDER)
蜘蛛 糸を出すクモ

【メモリーメモリ(MEMORY)】

「記憶の記憶」を宿したガイアメモリで、任意の対象の記憶を吸収し展開したり、対象が望む記憶を見せたりすることができるメモリー・ドーパントに変身しました。

『memory(メモリー)』は『記憶、(個人のもつ)記憶力、思い出』といった意味で、大脳の形をしたMのロゴデザインとなっています

【バットメモリ(BAT)】

「コウモリの記憶」を宿したガイアメモリで口から超音波を放ち、その超音波で無人の自動車や機械を操ったり、翼状のブレードで戦ったりするバット・ドーパントに変身しました。

『bat(バット)』は『打者、コウモリ』といった意味で、翼を広げたコウモリでBのロゴデザインとなっています。

【スパイダーメモリ(SPIDER)】

「蜘蛛の記憶」を宿したガイアメモリで、粘着糸の射出、愛する者に触れると起爆する奇声蜘蛛を体内に埋め込む能力を持ったスパイダー・ドーパントに変身します。糸は拘束・移動・犯行声明など何にでも使用できました。

差し込み口は左首で、S字に糸を吐き出す蜘蛛のロゴデザインとなっています。『spider(スパイダー)』は『クモ、三脚台、(鉄製の)フライなべ』といった意味です。

Vシネマ『仮面ライダーW RETURNS/仮面ライダーアクセル』
ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
コマンダーメモリ
(COMMANDER)
指揮官 指示する指

【コマンダーメモリ(COMMANDER)】

「コウモリの記憶」を宿したガイアメモリで、左腕のパネルを操作してコマンダー軍団の指揮や爆弾の操作が可能なコマンダー・ドーパントに変身します。アップグレードするとミサイルが発射できました。

『commander(コマンダー)』は『指揮者、司令官、指揮官、中佐』といった意味で、親指と人差し指で指示を出す右手でCのロゴデザインとなっています。

Vシネマ『仮面ライダーW RETURNS/仮面ライダーエターナル』
ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
ユニコーンメモリ
(UNICORN)
一角獣 ユニコーンの頭と前脚
アイズメモリ
(EYES)
視神経

【ユニコーンメモリ(UNICORN)】

「一角獣の記憶」を宿したガイアメモリで、メモリ自体は『T2ガイアメモリ』として劇場版で仮面ライダーエターナルの必殺技で登場しました。

ユニコーン・ドーパントについては『仮面ライダーWreturns仮面ライダーアクセル』で存在がそれとなく知らされているだけの存在となっています。

『unicorn(ユニコーン)』は『一角獣』という意味で、ユニコーンの頭と前脚を使ってUのロゴデザインとなっています。

【アイズメモリ(EYES)】

「眼の記憶」を宿したガイアメモリで対象を目玉を使って監視、相手の表情や筋肉の動きなどから相手の次の動きを予測、他者に埋め込んだ目玉で一定の範囲内から離れた対象を殺すといった能力を使うことができるアイズ・ドーパントに変身しました。

差し込み口は喉で、目の断面図で視神経を使ったEのロゴデザインとなっています。『eyes(アイズ)』はeyeの複数形で『目』という意味です。

てれびくん応募者全員サービスDVD『仮面ライダーW 超バトルDVD 丼のα(アルファ )/さらば愛しのレシピよ』
ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
エッグ&チキンメモリ
(EGG&CHICKEN)
卵&鶏 ひび入り卵と鶏

【エッグ&チキンメモリ(EGG&CHICKEN)】

「卵&鶏の記憶」を宿したガイアメモリで、このメモリを使って変身したドーパントはオヤコドン・ドーパントと記述される場合もありました。

ガイアウィスパーは「エッグ!チキン!オヤコドン!」といい、てれびくんで募集されたドーパントデザインコンテストでグランプリに輝いたドーパントです。

『egg&chicken(エッグ&チキン)』は『卵&鶏』といった意味で、割れた卵でEと鶏が象るCのロゴデザインとなっています。

小説版に登場したガイアメモリ

仮面ライダーWには、三条陸さん著・講談社キャラクター文庫から2012年11月30日発売された『仮面ライダーW 〜Zを継ぐ者〜』、2010年7月30日発売の「東映ヒーローMAX」(Vol.34)に掲載された『Nのはじまり/血と夢』などがあります。

テレビシリーズでは描かれなかった設定の補足も多く行われているだけでなく、オリジナルの仮面ライダーサイクロンが登場する小説なんですよ。

ゼロメモリだけはTVシリーズ本編にも市販されているメモリとして登場します。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
アンモナイトメモリ
(AMMONITE)
アンモナイト アンモナイトの殻
エイプメモリ
(APE)
類人猿 ゴリラの顔
ビーメモリ
(BEE)
Bの軌跡を描く蜂
ドルフィンメモリ
(DOLPHIN)
イルカ 尾を上げるイルカ
エレファントメモリ
(ELEPHANT)
象の横顔
フィッシュメモリ
(FISH)
フラワーメモリ
(FLOWER)
一輪の花
マンモスメモリ
(MAMMOTH)
マンモス マンモスの顔
クインビーメモリ
(QUEEN BEE)
女王蜂 身体を丸める女王蜂
サラマンダーメモリ
(SALAMANDER)
サンショウウオ サンショウウオ
トリロバイトメモリ
(TRILOBITE)
三葉虫 三葉虫
ゼブラメモリ
(ZEBRA)
シマウマ 駆け抜けるシマウマ
ゼロメモリ
(ZERO)
虚無 数字のゼロ
ズーメモリ
(ZOO)
動物園 パンダ、キリン、蛇

『風都探偵』に登場したガイアメモリ

『風都探偵』とは、週刊ビッグコミックスピリッツで連載される『仮面ライダーW』を題材にした漫画作品で、脚本:三条陸・作画:佐藤まさき・監修:塚田英明・クリーチャーデザイン:寺田克也で描かれており、2019年6月の時点で第5巻まで出ています。

トードストールメモリはTVシリーズ本編にもメモリのみ登場します。また、仮面ライダーWが使うジョーカーメモリと同じ名前のメモリも登場しますが、こちらはドーパント用のメモリとなっています。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
アントライオンメモリ
(ANTLION)
アリジゴク アリジゴクの上顎
アルコールメモリ
(ALCOHOL)
アルコール 溢れる酒瓶
オーロラメモリ
(AURORA)
オーロラ 流れるオーロラ
ブラキオサウルスメモリ
(BRACHIOSAURUS)
ブラキオサウルス ブラキオサウルス
カラカルメモリ
(CARACAL)
カラカル カラカルの顔
ジョーカーメモリ
( JOKER)
切り札 道化師の靴
メガネウラメモリ
(MEGANEURA)
メガネウラ メガネウラの正面
パズルメモリ
(PUZZLE)
パズル 複数のパーツ
リアクターメモリ
(REACTOR)
動力プラント
ロードメモリ
(ROAD)
路上 舗装された交通道路
スクリームメモリ
(SCREAM)
絶叫 悲鳴をあげる顔
トードストールメモリ
(TOADSTOOL)
毒キノコ 毒茸

色んなガイアメモリを使って変身する姿が見られる仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


名前や姿がちらっとみえたガイアメモリ

仮面ライダーWに登場するガイアメモリはすべてがドーパント化するわけではありません。作中やネットムービーにちらっと姿を見せたり、名前が出ただけだったりするガイアメモリも多数あります。

そのうちの初回公表分は全て商品化されており、ここで登場するエッジメモリは35本セットの『ガイアメモリコンプリートセレクション』となって発売されました。

ちなみに、キー・クイーン・オーシャン・ロケットの4本は『TSガイアメモリ』としても登場します。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 ロゴデザイン
アップルメモリ
(APPLE)
リンゴ Aの中に収まるリンゴ
ビーンメモリ
(BEANE)
枝豆
ボムメモリ
(BOMB)
爆弾 カールする導火線付きの爆弾
バクテリアメモリ
(BACTERIA)
バクテリア 増殖するバクテリア
ブックメモリ
(BOOK)
開いた本
ブレッドメモリ
(BRED)
パン クロワッサンとフランスパン
ブロードキャストメモリ
(BROADCAST)
放送 電波を受信するテレビ
クラブメモリ
(CRAB)
  カニ カニのハサミ
カーメモリ
(CAR)
道路を曲がる車
コンピューターメモリ
(COMPUTER)
コンピューター 記録媒体
サイカスメモリ
(CYCAS)
ソテツ ソテツの葉
キマイラメモリ
(CHIMAIRA)
キマイラ 不明
ドッグメモリ
(DOG)
お座りする犬
ダイヤモンドメモリ
(DAIAMOND)
ダイヤモンド カットされたダイヤ
ドクターメモリ
(DOCTOR)
医者 聴診器
ドラキュラメモリ
(DORACULA)
吸血鬼 吸血鬼の牙口
ドラゴンメモリ
(DRAGON)
ドラゴン 翼を広げた西洋竜
イヤーメモリ
(EAR)
エッジメモリ
(EDGE)
切っ先 軌跡を描く日本刀
エクスプロージョンメモリ
(EXPLOSION)
爆発 小文字のeを描く爆炎
エリザベスメモリ
(ELIZABETH)
エリザベス エリザベス女王の髪の毛
イーグルメモリ
(EAGLE)
ワシ 不明
フィンガーメモリ
(FINGER)
Fの形に曲げた手
グラビテーションメモリ
(GRAVITATION)
重力 重力に押しつぶされるG
ゲイシャメモリ
(GEISHA)
芸者 座る芸者
ジェネラルメモリ
(GENERAL)
将軍 将軍の左腕
ゴーストメモリ
(GHOST)
幽霊 霊魂
ジャイアントメモリ
(GIANT)
巨人 人間を抱えた巨人
グラスイズメモリ
(GLASSES)
眼鏡 メガネ(小文字のg)
ゴールドメモリ
(GOLD)
黄金 金の延べ棒
グリフォンメモリ
(GRIFFIN)
グリフォン 不明
ヘルメモリ
(HELL)
地獄 逆さまに落ちる天使
ハイウェイメモリ
(HIGHWAY)
高速道路 高速道路
ハウスメモリ
(HOUSE)
煙突の付いた住居
インジュリーメモリ
(INJURY)
傷害 顔を傷つけるナイフ
ジャズメモリ
(JAZZ)
ジャズ サクソフォーン
カブキメモリ
(KABUKI)
歌舞伎 歌舞伎役者の隈取り
カラオケメモリ
(KARAOKE)
カラオケ マイクとタッチパネル
キーメモリ
(KEY)
キョウトメモリ
(KYOTO)
京都 五重塔、鴨川、大文字焼き
ナイトメモリ
(KNIGHT)
騎士 剣を持つ騎士
ライトニングメモリ
(LIGHTNING)
稲妻 稲光
ミュージックメモリ
(MUSIC)
音楽 16符音符
ミラーメモリ
(MIRROR)
1を映し出す鏡
ヌードルメモリ
(NOODLE)
フォークで巻き取られたパスタ
ナンバーメモリ
(NUMBER)
数字 整列した1~6の数字
ヌエメモリ
(NUE)
不明
オーシャンメモリ
(OCEAN)
大洋 循環する大波
オレンジメモリ
(ORANGE)
オレンジ オレンジの断面
オクトパスメモリ
(OCTOPUS)
タコ タコ
ピラミッドメモリ
(PYRAMID)
ピラミッド 目が描かれたピラミッド
パンゲアメモリ
(PANGAEA)
超大陸 地殻変動で噴火する火山
ペーパーメモリ
(PAPER)
トイレットペーパー
ペットメモリ
(PET)
ペット 尻尾をふる犬
プラントメモリ
(PLANT)
植物 イバラ
ポルーションメモリ
(POLLUTION)
公害 排煙を出す工場
ペガサスメモリ
(PEGASUS)
天馬 不明
クイーンメモリ
(QUEEN)
女王 女王の顔
レールウェイメモリ
(RAILWAY)
鉄道 曲がった線路
リボンメモリ
(RIBBON)
リボン 結ばれたリボン
ロケットメモリ
(ROCKET)
ロケット 上昇するロケット
スターメモリ
(STAR)
尾を引く流れ星
サケメモリ
(SAKE)
日本酒 徳利から溢れた酒
シーメモリ
(SEA)
大波
スパイスメモリ
(SPICE)
スパイス カレーを注ぐグレイビーボート
ストレスメモリ
(STRESS)
ストレス 鬱になって塞ぎ込んだ人
タイムメモリ
(TIME)
時間 時計の針
ツールメモリ
(TOOL)
道具 スパナとドライバー
タワーメモリ
(TOWER)
天を貫く塔
ツマメモリ
(TSUMA)
飛び上がる奥様
アンブレラメモリ
(UMBRELLA)
雨傘
ユニオンメモリ
(UNION)
同盟 手を取り合う人間
ユーフォーメモリ
(UFO)
未確認飛行物体 軌跡を描くUFO
ウォーターメモリ
(WATER)
ウォータークラウン
ホワイトメモリ
(WHITE)
不明
ウィンターメモリ
(WINTER)
不明
ヨガメモリ
(YOGA)
ヨガ 逆さで坐禅を組む人
ユーメモリ
(YOU)
貴方 相手を指して仰け反る人
ヤングメモリ
(YOUNG)
若さ 芽吹いた若葉
ゾンビメモリ
(ZOMBIE)
ゾンビ 刃物で刺されたゾンビ

上記メモリのうち、キマイラ・イーグル・グリフォン・ヌエ・ペガサス・ホワイト・ウィンターの6本は、フィリップが検索した候補として名前だけ登場しました。そのとき、「キマイラやヌエは合体元の動物の能力しか扱えない。」といっていたそうです。

また、アルファベットにポイントを置いていることから、基本は英語つづりなのですが、ツマメモリ(TSUMA)とサケメモリ(SAKE)は日本語をそのままアルファベット表記にしただけのものとなっていました。

ちなみに、本来であれば『妻』は『wife(ワイフ)』、『酒』は『ⅼiquor(リキュール)』となるのですが、『日本酒』を意味する場合にはそのまま『sake(サケ)』が正しいつづりとなんです。ご存知でしたか?

このほか、エリザベス・カブキ・ヨガ・UFOの4本はネットムービーのガイアメモリ研究所シリーズで登場したガイアメモリです。

TVシリーズ本編で市販されているガイアメモリとして登場

上記メモリのうち、次の21本はTVシリーズ本編で市販されているメモリとして度々登場しました。

アップル ビーン クラブ ドッグ
イヤー エッジ フィンガー グラビテーション
ヘル インジュリー ジャズ キー
ライトニング ミュージック オーシャン オレンジ
ピラミッド スター タイム アンブレラ
ユー

【エッジメモリ(EDGE)】

「切っ先の記憶」を宿したガイアメモリで、49話に登場するも起動前に破壊されたためデザインや能力は不明となっています。公式解体新書にてイニシャルデザインが判明し、ガイアメモリコンプリートセレクションにも収録されました。

【インジュリーメモリ(INJURY)】

「傷害の記憶」を宿したガイアメモリで翔太郎が説明の際、画面に映したガイアメモリです。

【ジャズメモリ(JAZZ)】

「ジャズの記憶」を宿したガイアメモリで、霧彦が販売していたものとして度々TVシリーズ本編に登場します。また、劇場版主題歌「W」のPVにも登場しました。

【オーシャンメモリ(OCEAN)】

「大洋の記憶」を宿したガイアメモリで49話に登場しましたが、劇場版の『T2ガイアメモリ』の方が先に登場しています。

シュラウドに関わりのあるガイアメモリ

ボムメモリはシュラウドと深く関係したメモリとなっています。

【ボムメモリ(BOMB)】

「爆弾の記憶」を宿したガイアメモリで、シュラウドが常に持ち歩いている「シュラウドマグナム」に使用するメモリです。形状は仮面ライダー達が使う次世代型メモリと同じものとなっていました。

新型ガイアメモリ『T2ガイアメモリ』

T2ガイアメモリはメモリの種類のところでも紹介したように、劇場版『AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場する最新型ガイアメモリです。

アルファベットに合わせて26本あり、外装は仮面ライダーWや仮面ライダーアクセルの使用する次世代型メモリと同型ですが、端子の色が青みがかっているのが特徴でした。

ガイアメモリの名称
(※アルファベット順)
内包する記憶 適合者
アクセルメモリ
ACCEL)
加速 なし
バードメモリ
BIRD)
始祖鳥 なし
サイクロンメモリ
CYCLONE)
疾風 マリア・S・クランベリー
(本来の適合者はフィリップ)
ダミーメモリ
DUMMY)
偽物 なし
エターナルメモリ
ETERNAL)
永遠 大道克己
ファングメモリ
FANG)
なし
ジーンメモリ
GENE)
遺伝子 なし
ヒートメモリ
HEAT)
羽原レイカ
アイスエイジメモリ
ICEAGE)
氷河期 サンタちゃん
ジョーカーメモリ
JOKER)
切り札 左翔太郎
キーメモリ
KEY)
なし
ルナメモリ
LUNA)
幻想 泉京水
メタルメモリ
METAL)
金属 堂本剛三
ナスカメモリ
NASCA)
ナスカ文明 風都の住民
オーシャンメモリ
OCEAN)
大洋 なし
パペティアーメモリ
PUPPETEER)
  人形使い 三日月に悪夢を見せる幽霊
クイーンメモリ
OUEEN)
女王 クイーン
ロケットメモリ
ROCKET)
ロケット なし
スカルメモリ
SKULL)
骸骨 なし
トリガーメモリ
TRIGGER)
引き金 芦原賢
ユニコーンメモリ
UNICORN)
ユニコーン なし
バイオレンスメモリ
VIOLENCE)
暴力 ウォッチャマン
ウェザーメモリ
WEATHER)
気象 風都の住民
エクストリームメモリ
XTREME)
なし (極限) なし
イエスタデイメモリ
YESTERDAY)
昨日 なし
ゾーンメモリ
ZONE)
地帯 なし

仮面ライダーを助けてくれるギジメモリ

ギジメモリはガイアメモリに似せて造られた仮面ライダーのサポートをしてくれる便利なツールであるメモリガジェットの起動キーのことです。

通常はカメラや携帯電話などといった形状をしているメモリガジェットに対応するギジメモリを挿すと、小動物型の小型メカ形態で自律行動形態である「ライブモード」に変形し、メモリガジェットのAIも兼ねるようになっていました。

ギジメモリの名称
(※アルファベット順)
使用デバイス ロゴデザイン
バットメモリ
(BAT)
バットショット メモリガジェットの形状
ビートルメモリ
(BEATLE)
ビートルフォン メモリガジェットの形状
デンデンメモリ
(DENDEN)
デンデンセンサー メモリガジェットの形状
エンジンメモリ
(ENGINE)
エンジンブレード E状のエンジンマフラー
フロッグメモリ
(FROG)
フロッグポッド メモリガジェットの形状
スパイダーメモリ
(SPIDER)
スパイダーショック メモリガジェットの形状

エンジンメモリはアクセルの専用武器であるエンジンブレードに挿して使用し、3つの内燃機関の力を引き出すことができるギジメモリとなっています。

ネタ枠として登場したガイアメモリ

仮面ライダーWの本編は、なぜか時代劇風になるなどのコメディ要素も多数ちりばめられていました。そして、ガイアメモリもそれに合わせるなど設定が凝っていたんです。ここでは、そんな特殊なガイアメモリをご紹介します。

時代劇風メモリ

ナイトメア・ドーパントに対抗するために翔太郎が夢の中で使った実在しないメモリで、時代劇調の夢に合わせて木製になっています。

時代劇に合わせて変身する直前の一瞬、翔太郎の顔に浮かぶ紋章は歌舞伎調の隈取(くまどり)に、変身音は和風にそれぞれアレンジされているという、細かい設定になっていました。

名称 元ネタ
疾風メモリ サイクロンメモリ
切札メモリ ジョーカーメモリ
牙メモリ ファングメモリ
月光メモリ ルナメモリ
鋼メモリ メタルメモリ

風都メモリ

ファイナルステージにて登場したガイアメモリで、通常のメモリよりもサイズが大きいのが特徴で、頭文字は「F」で「風都の記憶」を内包しており、変身するとなぜか風都のキャラクター・ふうとくんになります。

「ふうとくん」とは

「ふうとくん」とは、仮面ライダーWの舞台となっている風都のマスコットキャラクター。 翔太郎を始め風都の皆に愛されており、限定生産のキーホルダーもある。

実は園崎霧彦が小学3年生の時にデザインし、コンクールで入賞したことで生まれたキャラクターである。

風都の記憶から、風都に出現したドーパントや仮面ライダーを蘇らせる能力を持っていました。ただし、風都への思いが強くないとその力を使いこなす事が出来ないという特殊設計で、財団Xが作りました。

別の世界の井坂深紅郎である、「イサカシンクロウ」の手により、財団から盗ま、専用のコントローラーも作って風都をドーパントの街として支配しようとしましたが、偶然鳴海亜樹子にメモリが刺さってしまったらしいです。

「ふうとくん」をデザインした園崎霧彦は風都をこよなく愛する者として知られています。同じく風都を愛する者である左翔太郎とはたまたま行きつけの散髪屋が同じ「バーバー風」だったことで素顔で鉢合わせました。

そのとき、互いに散髪中だったため、顔にタオルがかかった正体のわからない状態で風都への愛を語り合い、敵同士ではありながら少しだけ気持ちを通じ合わせていました。

そんな園崎霧彦が生み出したキャラクターであるからこそ、”風都への思いが強くないとその力を使いこなす事が出来ない”という特殊設計があったのかもしれませんね。

玩具オリジナルのガイアメモリ

メディアに登場したガイアメモリのほか、玩具オリジナルのガイアメモリも作られ販売されました。

玩具オリジナルのガイアメモリ
↓気になる+をクリック↓
ライダーメモリ

『サウンドガイアメモリ』や『カプセルガイアメモリ』といったオリジナルのガイアメモリ。歴代ライダーに関連した変身音や効果音が鳴る(ただしオーズのみ変身音は収録されていない)。一部のメモリは例外だが、多くのメモリは立木文彦ボイスで名前を叫んでくれる。

アギト、ブレイド、ディケイド以外の平成シリーズの仮面ライダーのメモリはベストセレクションとして新たに販売された。

また、ダブルドライバーが再版されたこともあってか、番組終了後3年経った2013年7月~9月にカプセルガイアメモリ(7~9弾)が発売された。ロゴデザインはモチーフの画像およびライダーズクレスト。

収録弾
名称
(英語表記)
モチーフ
サウンド1 ファイズメモリ
(FAIZ)
仮面ライダーファイズ
電王メモリ
(DEN-O)
仮面ライダー電王
サウンド2 カブトメモリ
(KABUTO)
仮面ライダーカブト
響鬼メモリ
(HIBIKI)
仮面ライダー響鬼
サウンド3 アギトメモリ
(AGITO)
仮面ライダーアギト
ブレイドメモリ
(BRADE)
仮面ライダーブレイド
カプセル1 ディケイドメモリ
(DECADE)
仮面ライダーディケイド
1号メモリ
(1)
仮面ライダー1号
カプセル2 龍騎メモリ
(RYUKI)
仮面ライダー龍騎
モモタロスメモリ
(MOMOTAROS IMAGINE)
モモタロス
カプセル3 クウガメモリ
(KUUGA)
仮面ライダークウガ
キバメモリ
(KIVA)
仮面ライダーキバ
ウラタロスメモリ
(URATAROS IMAGINE)
ウラタロス
キンタロスメモリ
(KINTAROS IMAGINE)
キンタロス
リュウタロスメモリ
(RYUTAROS IMGZINE)
リュウタロス
カプセル4 ディエンドメモリ
(MASKED RIDER DIEND)
仮面ライダーディエンド
デネブメモリ
(DENEB IMGZINE)
デネブ
ゼロノスメモリ
(MASKED RIDER ZERONOS)
仮面ライダーゼロノス
NEW電王メモリ
(MASKED RIDER NEW DEN-O)
仮面ライダーNEW電王
カプセル5 ダブルメモリ
(DOUBLE)
仮面ライダーW
翔太郎&フィリップメモリ
(SHOTARO&RHILIP)
左翔太郎、フィリップ
ディケイドメモリVer.2
(DECADE)
仮面ライダーディケイド
モモタロスメモリVer.2
(MOMOTAROS IMAGINE)
モモタロス
オーズメモリ
(OOO)
仮面ライダーオーズ
カプセル6 オーズメモリVer.2
(OOO)
仮面ライダーオーズ
アマゾンメモリ
(MASKED RIDER AMAZON)
仮面ライダーアマゾン
電王超クライマックスメモリ
(DEN-O)
超クライマックスフォーム
ジークメモリ
(SEIG IMAGINE)
ジーク
カプセル7 ジョーカーメモリ(仮面ライダージョーカーver.)
(JOKER)
仮面ライダージョーカー
Wサイクロンジョーカーメモリ
(DOUBLE)
サイクロンジョーカー
Wサイクロンジョーカーエクストリームメモリ
(XTREAM)
サイクロンジョーカーエクストリーム
NEW電王ストライクフォームメモリ
(NEWDEN-O)
仮面ライダーNEW電王
カプセル8 ウィザードメモリ
(WIZARD)
仮面ライダーウィザード
フォーゼコズミックステイツメモリ
(COSMIC STATES)
コズミックステイツ
キバエンペラーフォームメモリ
(EMPEROR FORM)
エンペラーフォーム
電王ライナーフォームメモリ
(LINER FORM)
ライナーフォーム
ファイズブラスターフォームメモリ
(BLASTAR FORM)
ブラスターフォーム
龍騎サバイブメモリ
(RYUKI SURVIVE)
龍騎サバイブ
アギトシャイニングフォームメモリ
(SHINING FORM)
シャイニングフォーム
2号メモリ
(2)
仮面ライダー2号
ライダーマンメモリ
(RIDERMAN)
ライダーマン
ストロンガーメモリ
(STRONGER)
仮面ライダーストロンガー
BLACKメモリ
(BLACK)
仮面ライダーBLACK
シンメモリ
(SHIN)
仮面ライダーシン
Jメモリ
(J)
仮面ライダーJ
カプセル9 フォーゼメモリ
(FOURZE)
仮面ライダーフォーゼ
オーズプトティラコンボメモリ
(PUTOTYIRA COMBO)
プトティラコンボ
ディケイドコンプリートフォームメモリ
(COMPLETE FORM)
コンプリートフォーム
カブトハイパーフォームメモリ
( HYPER FORM)
ハイパーフォーム
装甲響鬼メモリ
(ARMED HIBIKI)
装甲響鬼
ブレイドキングフォームメモリ
(KING FORM)
キングフォーム
クウガアルティメットフォームメモリ
(ULTIMATE FORM)
アルティメットフォーム
V3メモリ
(V3)
仮面ライダーV3
Xメモリ
(X)
仮面ライダーX
スカイライダーメモリ
(SKY RIDER)
スカイライダー
スーパー1メモリ
(SURER 1)
仮面ライダースーパー1
ZXメモリ
(ZX)
仮面ライダーZX
BLACK RXメモリ
(BLACK RX)
仮面ライダーBLACK RX
ZOメモリ
(ZO)
仮面ライダーZO
ガンバライドメモリ

『仮面ライダーバトル・ガンバライド』第10弾で開催された「ガイアメモリキャンペーン」で抽選者にプレゼントされたガイアメモリ。ガンバライドで使われる音声と、各ライダーのライダー名が収録されている。

ドーパントメモリ

26種類のドーパント名が収録された玩具で、見た目はテラーメモリ。

ガイアメモリの声を担当したのはあの声優さん!

ガイアメモリは起動するとそれぞれの名称を叫ぶ仕組みになっていて、この叫びを「ガイアウィスパー」というのですが、その声を担当したのは立木文彦(たちき ふみひこ)さんなんです!

立木文彦さんと聞いてピンときた方も、逆に誰だろうと思った方もいるかもしれません。立木文彦さんのプロフィールを簡単に見ていきましょう。

  • 名前:立木文彦(たちき ふみひこ)
  • 出身地:長崎県
  • 生年月日:1961年4月29日(執筆時58歳)
  • 血液型:A型
  • 身長:174cm
  • 職業:声優、ナレーター
  • 事務所:大沢事務所
  • 愛称:ぶんちゃん、ふーみん、ブーン、マダオ

立木文彦さんの愛称にある『マダオ』は、「マジでダンディなオッサン」の意味だそうで、立木文彦さんが演じた印象的なキャラのあだ名が元となっています。

角川書店より発売された『ボイスニュータイプ』(2006年1月号)のインタビュー記事では、1983年のテレビアニメ『聖戦士ダンバイン』がデビュー作だと立木文彦さん本人は答えていました。

ですが、実際は1982年のテレビアニメ『戦闘メカザブングル』にてゴッチ役として出演されており、この作品がデビュー作のようです。

立木文彦さんの出演作品は?

立木文彦さんの声の特徴といえば「ダンディ」で、その声で『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ役など多くの役を声優としてこなしています。

それだけでなく、『世界の果てまでイッテQ!』などのナレーターとしても数多くの番組に出演されています。

どんな作品に出演されているのか厳選してまとめてみました!もしかしたら知っている番組などがあるかもしれませんよ~。

出演した作品(厳選)
↓気になる+をクリック↓
アニメ
  • 戦闘メカ ザブングル(ゴッチ)
  • 聖戦士ダンバイン(ゼット・ライト)
  • 新世紀エヴァンゲリオン(碇ゲンドウ、車内アナウンス)
  • 名探偵コナン(ウォッカ)
  • ONE PIECE(クリーク、赤犬 / サカズキ)
  • シャーマンキング(ロニー)
  • ポケットモンスター アドバンスジェネレーション(オダマキ博士、タケシのルンパッパ)
  • BLEACH(更木剣八)
  • 銀魂(長谷川泰三、ナレーション)
  • 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(スロウス、ブリッグズ兵)
  • 逆境無頼カイジ 破戒録篇(ナレーション)
  • ビッグオーダー(鳴神弁慶)

テレビ

  • 世界の果てまでイッテQ!(オープニングのタイトルコールも担当)
  • news every.(特集コーナー、不定期)
  • 世界まる見え!テレビ特捜部
  • 嵐にしやがれ
  • 炎の体育会TV
  • KAT-TUNの世界一タメになる旅!
  • 奇跡体験!アンビリバボー
  • PRIDE
  • 世界の何だコレ!?ミステリー
  • キスマイBUSAIKU!?

吹き替え

  • ベイマックス(Mr.ヤマ)
  • 宿敵 因縁のハットフィールド&マッコイ(ランドール)
  • キング・オブ・スコットランド(イディ・アミン)
  • ブラック・ホーク・ダウン(マクナイト中佐)
  • プッシング・デイジー~恋するパイメーカー~(エマーソン)

この他にもゲーム、CMのナレーションなど幅広く多彩な活動をされています。

立木文彦さんはかつて存在していた総合格闘技イベント『PRIDE』のナレーターとしてよく知られていて、格闘技界でも有名なんです。この番組の放送がフジテレビジョンから撤退したときは、PRIDEのあおりVTRのナレーションから遠ざかっていた時期もありました。

しかし、2006年11月5日に行われた『PRIDE 武士道 -其の十三-』にてPRIDEのナレーターとして復帰されました。このとき、オープニングVTR内で「ナレーション 立木文彦」の文字を画面いっぱいに表示され、会場で歓声が上がったそうです。

また、アニメ『銀魂』にて長らく長谷川泰三を演じていますが、2018年公開の実写版『銀魂2』ではなんと声優としてではなく、俳優として演じることになりました。

このほかにも、押井守監督作品の常連でもあったことから『トーキング・ヘッド』にも顔出しで俳優として出演しています。

そして、なんと音楽活動もされているんです!OVA『SDガンダム(1989年)』のイメージソングとして西村智博さんとのディエットソングを披露したり、アニソンでは『TAKADA BAND』として『BLUESEED』とOVA『BLUE SEED2』のOPテーマ曲を歌ったりしているんですよ。

さらに、2004年には『アンジェリークSpecial2』でヴィクトール役として、エルンスト役の森川智之さんとデュエットソングを歌ったことがきっかけでボーカルユニット『2HEARTS』を結成してCDを出しています。

日常でテレビをみながらだけでなく、音楽を聴くことでも立木文彦さんの魅力的なダンディボイスを堪能できちゃいますよ~。

そんな立木文彦さんがガイアメモリの声を担当した仮面ライダーWの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • ガイアメモリは、あらゆる「地球の記憶」がプログラムされたUSBメモリ型のアイテムである
  • ガイアメモリには7種類の分類があり、毒性の強さ・使用方法などが違い、ドライバーもしくはコネクターを介して使用する
  • TVシリーズ本編のほか、劇場版・小説版・漫画版・玩具オリジナルのガイアメモリも多数ある
  • 起動時に出るガイアウィスパーという声を担当しているのは立木文彦さんで、声優・ナレーター・音楽活動・俳優など幅広い活動をされている

ガイアメモリは「地球の記憶」ということもあってかなりの数がありましたね~。しかも、漫画版『風都探偵』は2019年6月現在ではまだ連載中ということもあって、今後ガイアメモリの数はまだ増えるかもしれません。

そして、ガイアメモリはロゴデザインもかなり凝ったものになっていて、同じアルファベットでも全く違うデザインになっている面白さがありました!

まだ見たことのない人も1度見たことがあって見返してみる人も、立木文彦さんのボイスを聞きながらどんな地球の記憶が登場し、それに関する能力があったのか、ロゴデザインにも注目しながら確認してみてくださいね。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ