超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!

仮面ライダーシリーズは、昭和46年に1作目の「仮面ライダー」が放送されてから、昭和・平成・令和と続いてきた、言わずと知れた正義のヒーローの物語ですが、今回はヒーローではなく、毎回の仮面ライダーシリーズに必ず登場するヒロインに注目してみました。

その中でも特に「仮面ライダーシリーズの中で最も美しいヒロイン」とも言われている、記念すべきシリーズ第2作目の仮面ライダーV3のヒロイン・珠純子(たま じゅんこ)を紹介します。

珠純子とはどんなヒロインだったのか、そして演じた美人女優・小野ひずるさんとは?それでは詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


仮面ライダーV3のヒロイン、珠純子とは?

このツヤッツヤの黒髪ロングヘアーの美人が、仮面ライダーV3のヒロイン・珠純子です。

画像からは少し時代を感じますが、アーモンドのような大きな目、ぷっくりとした形のいい唇、おまけにお肌はツヤツヤと、その美しさは今でも十分通用しそうですよね。当時の子供たちにとって、憧れのお姉さんであったこと間違いなしです。

純子は1話から登場し、V3シリーズの最後まで出演し続けます。実は前作の「仮面ライダー」では、ヒロイン的立場の女性は1人ではなく、最終話まで登場し続けた人は誰もいなかったんです。そんな前作と比較すると、どれほど純子が人気だったかが分かりますね。

それでは、珠純子とはどんなヒロインだったのか、詳しくご紹介します。

ヒロインらしい初登場シーン

こちらが仮面ライダーV3の第1話、珠純子の記念すべき初登場シーンです。なんだか印象的なニット帽をかぶっていますが、それでもお美しいですね。

好奇心旺盛な純子は、悪の秘密結社デストロン怪人ハサミジャガーたちがアジトに入っていくところを目撃し、なんとのぞきに行ってしまいました。

そして案の定、見つかってしまい、怪人たちに襲われるのですが、そこに通りかかった主人公の風見志郎(かざみ しろう)によって助けられます。

デストロンとは?

仮面ライダー1作目の敵、悪の秘密結社ショッカーおよびゲルショッカーを率いていた首領が、こりずにまた作り上げた悪の組織です。

その科学力によって、機械や道具動物や植物を掛け合わせた機械合成怪人を作り出します。その力はショッカー、ゲルショッカー以上。世界各国の部族と手を組んだりしながら、世界征服のために様々な作戦を実行しますが、その都度V3達に止められてしまいます。

機械合成怪人を生み出したり、世界各国の部族とやり取りするなど、組織として科学力や交渉力に優れている一方で、ハサミジャガー(ハサミ+ジャガー)、カメバズーカ(カメ+バズーカ)など怪人の名前を見ると、ネーミングのセンスはないようですね。

風見志郎(かざみ しろう)とは?

仮面ライダーV3の主人公で、仮面ライダー1号である本郷猛(ほんごう たけし)の大学の後輩です。

当時人気だった長髪スタイルのイケメンで、頭も良くて、運動神経も抜群というヒーローらしい特徴の持ち主です。

普段は明るい性格ですが、V3になってからは周囲の人を巻き込むまいと、時々人を突き放すような態度をとることもありました。

そんな純子を志郎は自宅へ連れて帰ります。しかしその後、純子を追って志郎の家に怪人ハサミジャガーがやってきてしまいます。

仮面ライダー1号の登場もあり、なんとか純子は助かるものの、なんと志郎の目の前で、志郎の両親、そして妹がハサミジャガーの手に落ち、亡くなってしまいます。家族を失い悲しみに暮れる志郎は、仮面ライダー1号である本郷猛(ほんごう たけし)に改造人間になるための手術を頼み込みました。

一度は断られるものの、デストロンのワナにはまって動けなくなった仮面ライダー1号・2号を助ける際に重傷を負ってしまったので、1号・2号によって緊急改造手術が行われました。こうして志郎は仮面ライダーV3になったのです。

1話からなんとも衝撃的な展開ですね。悲しいかな、志郎がV3になるきっかけを作ったのは純子だったのです。

しかし、主人公に助けられて守ってもらうあたり、いかにもヒロインらしい登場の仕方ですよね!

パパ
仮面ライダー1号・2号は第2話の戦いで、時限爆弾を体に入れ込んだ怪人カメバズーカを抱えて、海のかなたに飛んでいくんだよな。V3に人類の平和を守ってくれ!ってその役目を受け渡してさ。
ママ
とってもかっこいい世代交代の仕方よね!V3になるきっかけこそデストロンへの復讐だったけど、その後のV3は本当に世界の平和を守るために戦っていくのよね。

ちなみにここで登場する怪人ハサミジャガーは、その見た目と残酷さで視聴者に大きなトラウマを与えることになった、伝説的な怪人なんです。そちらも気になる方は、この記事を読んでみてくださいね。

少年ライダー隊の通信役として大活躍!

https://twitter.com/Atna43vn_Hidden/status/1117444139077922817

この写真で手にしているペンダント、よく見てください。仮面ライダーV3の顔になっているのが分かりますか?

実はこのペンダントは、立花藤兵衛(たちばな とうべえ)率いる少年仮面ライダー隊が使っている通信機器なのです。平成生まれの方は、名探偵コナンの探偵バッチを想像してもらうといいかもしれません。

立花藤兵衛(たちばな とうべえ)とは?

シリーズ1作目の仮面ライダーから出演し、主人公の本郷猛から「おやっさん」と呼ばれていた主要キャラクターでした。

それぞれのライダーの正体を知っている貴重な存在で、それゆえ特訓に付き合ったり、仮面ライダーが乗るバイクを作ったり、時にライダー達を励ましたり、仮面ライダー達を様々な面から支える重要人物です。

1作目では、喫茶店のマスターで本郷が所属していた立花レーシングチームのオーナーでもあるという設定でしたが、シリーズ2作目のV3ではスポーツ用品店「セントラルスポーツ」の経営者となっていました。そして、店の奥にライダーの基地を作っていました。

そして彼は、第1作目より「少年仮面ライダー隊」を結成し、彼らからは「会長」とも呼ばれています。

とにかく、とても多才なおじさんです。

少年仮面ライダー隊とは?

https://twitter.com/meatsauce_z/status/1145359126060400640

シリーズ第1作目の74話に、仮面ライダーをサポートするため立花藤兵衛によって結成された少年仮面ライダー隊は、仮面ライダーV3でも活躍します。

彼らは全国に散らばっていて、いつも自分の町を自転車でパトロールし、怪人を見かけたり何か怪しい事件があると本部に連絡します。そしてその情報をもとにV3が調査を開始し、最終的にデストロンの作戦を止めることができるのです。

令和の今ならツイッターで「怪人なう」とか呟くだけで良さそうですが、昭和の当時では彼らが情報収集においてとても重要な役割を担っていたのですね。

また当時、雑誌の企画で「少年仮面ライダー隊 隊員証」なるものが発行されたり、「少年ライダー隊ヘルメット」や「ライダー隊自転車」が発売され、リアルな世界でも自転車にまたがり町中をパトロールする少年仮面ライダー隊が激増しました。

「自分のせいで、志郎は家族を失ってしまった」と思った純子はその後、志郎の役に立とうと少年仮面ライダー隊の通信係として活躍していきます。

志郎の助けになりたいと一生懸命な純子ですが、その分立花藤兵衛たちと事件が起こっている現場に足を踏み入れることも多く、危険な目に合ってしまうこともしばしば。

志郎としては、純子を巻き込みたくないという気持ちがあり、「オレに近づくな」と言われています。

純子が志郎に対して罪悪感だけでなく恋心を抱いていることは、純子の志郎への熱い視線を見ればもはや明らかでしたが、最終話まで詳しく語られることはありませんでした。やはりそこはあくまでも正義のヒーローの物語、ということなのでしょう。

怪人に襲われまくる、美しきヒロイン

やっぱり怪人も美人好きなんでしょうか。志郎の役に立とうと一生懸命頑張る純子ですが、何かと怪人に捕まってしまいます。何度も縄でぐるぐる巻きにされたり、オリに閉じ込められたり、十字架に張り付けられたり…。痛々しくて可哀想なヒロインです。

そんな純子をV3は必ず助け出します。まるでゲームのスーパーマリオで大魔王クッパに毎度毎度さらわれるピーチ姫と、彼女を助け出すマリオのようですね。

しかしなんと純子は、物語の最後まで「志郎=V3」とは気が付いていないのです。何度となく助けてもらっているにも関わらず、です。

志郎がその正体を隠していたとはいえ、気が付かない純子ははたして天然なのか、それとも気が付かないふりをしていたのか。視聴者の中でも意見が分かれるポイントです。

それはともかく純子は「仮面ライダーに最も助けられたヒロイン」とも言えるでしょう。

ストーカーにも襲われる珠純子

第12話は「純子が怪人の花嫁に!?」という衝撃的なタイトルでした。タイトルを見て、食べていた食パンを思わずポトッと落としてしまった子供がいたかもしれませんね。

実は美しすぎるヒロイン純子は、今でいうストーカーの被害にもあっていました。そのストーカーはなんとデストロンによって怪人ドリルモグラに改造されてしまいます。そして純子をさらって、あろうことか純子に結婚を迫るのでした。

もちろん純子は拒否します。当たり前ですよね、ストーカーのモグラと結婚するなんて誰だって嫌です。

ドリルモグラはデストロンのボスである首領から「ライダーV3を倒せば、珠純子と結婚させてやる」と言われて大喜びです。しかし首領、「結婚させてやる」なんて、あなたは純子の父親ですか?

そこで、ドリルモグラはV3を呼び出し、純子の人形を置いておきます。そして、V3が近づくと人形が爆発します。そしてV3は穴に落ちたように見えたのです。

これでV3を倒したと判断され、ドリルモグラと純子の結婚式が始まってしまいます。これをつけると身も心もデストロンになってしまうという指輪をはめられそうになった時、V3が登場します。V3が倒れるわけありませんよね。

ドリルモグラは元々よわいストーカーなので、V3にあっさりやられてしまい、純子も救い出されるのでした。当時見ていた子供たちもホッと一安心したことでしょう。

しかしストーカーに結婚を迫られてしまうなんて、美人も良いことばかりではありませんね。

映画ではビキニ姿も披露!

テレビシリーズ放送中、「仮面ライダーV3対デストロン怪人」という映画が公開されたのですが、その中に当時の子供たちをドギマギさせた伝説のシーンがありました。

それはエンディング手前のプールでのシーンで、なんと黄色の可愛い水着を着ている純子が出てくるのです。

映画ではプールの中にいる姿しか映されていないので、純子のビキニ姿の全身がスクリーンに映ることはなかったのですが、それがまたセクシーで、子供たちをメロメロにしてしまいました。

たしかにスラリとした長い脚、キュッとしまったウエストなど、まるでモデルさんですね。顔が美しいだけではなく、スタイルも抜群の純子を「憧れの女性」として挙げる男性はいまだに多いのです。

パパ

う~ん、これはたまらんですなぁ~。

ママ

あら?あなた、こんなスレンダーな正統派美人が好きだったのね?

パパ
…。

 

 

仮面ライダーV3の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

スポンサーリンク


珠純子を演じたのは小野ひずるさん

子供たちの憧れのお姉さん、珠純子を演じたのは小野ひずるさんです。まずは小野さんのプロフィールを簡単に確認してみましょう。

小野ひずるさんプロフィール

  • 生年月日:1955年2月1日
  • 本名:小野日出(おの ひずる)
  • 出身:東京都杉並区
  • 出身校:明星学園高等学校、自由が丘産能短期大学卒業

芸名は、本名の日出をひらがな表記にしただけだったのですね。確かに少し珍しい名前なので、正しく呼んでもらうにはひらがなにしたほうが良かったのでしょう。でも日が出ると書くなんて、何だか明るく前向きな気持ちにさせてくれる素敵なお名前ですよね。

芸能活動開始にともない、それまで通っていた高校から明星学園高校に編入するのですが、実はこの明星学園高校は、女優の加賀まりこさんや宮崎あおいさん、そして俳優の小栗旬さんも在籍していたことで有名な高校なんです。

芸能界での活躍

https://twitter.com/ruchishogun/status/861085396985303040

小野さんはデビュー以降、テレビドラマを中心に活動していました。

小野ひずるさんの芸能活動一覧
↓気になる+をクリック↓
テレビドラマ
タイトル
緊急指令10-4・10-10 第13話
「海獣半魚人の反逆」
1972
一姫二太郎
仮面ライダーV3 1973 – 1974
ボクは女学生 1973
白い滑走路 1974
ウルトラマンレオ 第32話
「日本名作民話シリーズ!
さよならかぐや姫
– 竹取り物語より – 」
破れ傘刀舟悪人狩り
第37話「傷だらけの烙印」
1975
破れ傘刀舟悪人狩り
第72話「闇に咲いた渡世花」
1976
太陽にほえろ! 第218話
「殿下とスコッチ」
5年3組魔法組
第35話「ステキー鬼姫先生」
第41話「くたばれ魔法組!」
1977
大江戸捜査網
第281話「雨の朝江戸に死す」
映画
タイトル
夕映えに明日は消えた
※未公開
1972
仮面ライダーV3

デストロン怪人
レコード
タイトル
まえぶれ 1972

小野さんは1955年生まれなので、仮面ライダーV3出演時は18歳から19歳でした。連続テレビドラマのレギュラーは、その前年の「一姫二太郎」が初めてだったことも考えると、V3のヒロイン役に選ばれたのは本人もびっくりしたことでしょう。

その当時を振り返って、小野さんはこう語っています。

その当時若かったので、ただ言われた現場に遅刻しないように、皆さんに迷惑を掛けない様に、頂いた台詞をきちんと覚える事を考えていました。

当時すでに大人気となっていた仮面ライダーの続編に、ヒロインとして出演が決定!なんて、人によっては浮かれてしまいそうですが、小野さんはとても控えめで真面目な性格のようですね。

またV3出演の直前には、アイドルらしいレコードを発売しています。レコードに関してはこの1枚だけだったこともあり、ファンにとっては絶対手放せない宝物になっています。

人気絶頂のタイミングで芸能界を引退

V3出演から大人気となった小野さんでしたが、23歳の時に結婚し、それを理由に芸能界を引退してしまいます。まさに人気絶頂のタイミングだったので、ガックリしたファンは多かった様子。

人気絶頂のさなかに引退と言えば、歌手の山口百恵さんの日本武道館でのファイナルコンサートでの姿を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?静かにマイクを置き、舞台裏へ去っていく百恵さんの姿は、もはや伝説ですよね。

その百恵さんが引退したのは1980年。小野さんが引退したのは1978年。当時はやはり女性は家庭に入る、というイメージが強かったのでしょう。

パパ

V3出演から5年も経たないうちに引退してしまったんだよな。もっと色んな小野さんを見てみたかったなぁ。

ママ

でもだからこそ、純子のイメージが強いんでしょうね。まさに永遠のヒロインよね!

衰えないその美しさ!

この写真は、2011年に『ヒロインステーションVOL2』という雑誌に載せられた小野さんのインタビュー記事です。写真当時の年齢は55歳ですが、とてもそんな年齢には見えませんね。大きくてクリッとした目などは純子を演じていた時のまま。相変わらずお綺麗です。

また2009年に「スーパーフェスティバル」というイベントに登場したこともありました。その際にはサイン会が行われたそうですが、引退から30年以上経っているにも関わらず、なんと100人を超えるファンが集まりました!小野さんの人気ぶりがよくわかりますね。

さらに2011年に「大相撲甚句(おおずもうじんく)」というラジオ番組にゲスト出演しています。やはり、パーソナリティーを務める北脇貴士さんも鼻の下を伸ばしてしまうほど、小野さんの美しさはそのままだったようです。

なぜ相撲?と思いますが、実は小野さんは大の相撲ファン。何かと話題の貴乃花こと花田光司さんの父、初代貴ノ花の花田満さんとも面識があるそうです。ちょっと意外ですね。

引退後はほとんど公の場に姿を見せていない小野さんですが、歳を重ねてもその美しさを保っているなんて、さすがですね。

まとめ

  • 仮面ライダーV3のヒロイン・珠純子は黒髪ロングの超絶美人
  • 珠純子は怪人に襲われやすいが、主人公とともに戦う健気なヒロイン
  • 珠純子を演じていたのは小野ひずるさん
  • 小野ひずるさんは現在、芸能界を引退していますが、美しさは当時のまま

いかがでしたか?歴代ヒロインの中でも1位、2位を争うほどの美人と言われている珠純子は、当時の子供たちにとって忘れられない憧れのお姉さんでした。

そして何度も危ない目に合ってしまいますが、その度V3に助けられるという、まさに正統派のヒロインです。

引退されているのは残念ですが、いつまでも当時の子供たちの心に残り続ける伝説の美人ヒロインであることには変わりありません。

仮面ライダーV3の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

スポンサーリンク


スポンサーリンク


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ

スポンサーリンク