超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



大人から子供まで楽しめる仮面ライダー!

親子で楽しむことができるのが仮面ライダーの魅力の1つなんですよね。

さて、今回はそんな人気の歴代仮面ライダーのキャスト(俳優)について見ていきたいと思います。

今回ピックアップするライダーは、

仮面ライダーBLACK RX  ロボライダー

倉田てつを

です。

  • 仮面ライダーBLACK RXとは?
  • プロフィールや経歴は?
  • どんな人と共演してたの?
  • 今はどんな活躍をしてる?

について徹底的ご紹介していきたいと思います!!


仮面ライダーBLACK RXとは?

「仮面ライダーBLACK RX」は、1988年から1989年にかけて放映されています。西暦で書くとピンと来ないかもしれないけれど、昭和63年から平成元年と書けば分かりやすいでしょう。まさに昭和仮面ライダーと平成仮面ライダーの架け橋とも言える作品なのです。

もっとも、スタートが昭和ですから、残念ながら平成仮面ライダーの枠組みには入っていません。また、昭和仮面ライダー達が活躍するコミック「仮面ライダーSpirits」(村枝賢一作)にも、直前の「仮面ライダースーパー1」までしか登場しないため、ちょっと可哀想なポジションと言えるかもしれません。

この作品の前に放映されていたのが「仮面ライダーBLACK」で、「仮面ライダーBLACK RX」はその続編にあたります。「BLACK」がパワーアップして「BLACK RX」になったのですが、演じている俳優さんもBLACKと同じ倉田てつをさんが続けて演じています。

主演俳優の2作連続主演は倉田てつをさんだけです!

「仮面ライダーBLACK」とは

さて、「仮面ライダーBLACK」の主人公、南光太郎は親友の秋月信彦と共に暗黒結社ゴルゴムに囚われ、南光太郎は体内にキングストーン「太陽の石」を、秋月信彦にはキングストーン「月の石」を埋め込まれます。そして光太郎は世紀王ブラックサンに、信彦は世紀王シャドームーンに生体改造されてしまうのです。

しかし、光太郎だけは脳改造の直前に救い出されたことにより、悪の世紀王ブラックサンではなく、仮面ライダーBLACKとなったのでした。その結果、光太郎と信彦は敵味方に別れて戦う事になり、ついには親友との戦いと別れを経てゴルコムを滅ぼしたのです。

「仮面ライダーBLACK RX」誕生!

ゴルコム壊滅後、心身ともに傷ついた南光太郎はヘリのパイロットとして暮らしていました。徐々に平穏な生活を取り戻しているのですが、偶然見かけた怪異を調べるうちに怪魔界からの侵略者クライシス帝国に囚われてしまうのです。

侵略の協力を拒んだことから仮面ライダーへの変身機能を破壊され、宇宙に放り出されてしまいます。絶体絶命の時、体内のキングストーンが反応し、光太郎を新たな仮面ライダー、「仮面ライダーBLACK RX」へと進化させたのです。ちなみに、RXというキーワードはRがライダーを、Xが試作機を意味しているようです。

「ロボライダー」登場

こうして再び戦いに身を投じた光太郎であったが、ゴルコム以上の強敵との戦いの中で、家族とも言える少女を死なせてしまう。これはクライシス帝国による偽物で、本物は無事であったのだが、光太郎は深い悲しみにくれる。

この時、キングストーンにより「悲しみの王子」としての形態を得ます。これが「ロボライダー」です。なお、最初は「悲しみの王子」とされていましたが、ファンから可哀想、という意見が相次いで、「炎の王子」と呼び変えられます。それだけファンの気持ちを引きつけていたんでしょうね。

「ロボライダー」の特徴は、スピードが遅いけど、代わりに防御力と攻撃力が強いライダー。逆に攻撃する力は弱いけれど、速く動けるのが「バイオライダー」となります。

ロールプレイングゲームのキャラメイキングに例えれば、速さを低くし、代わりに体力と腕力を上げたのがロボライダー。その反対に速さの性能を高くし、攻撃力を下げたのがバイオライダーです。

  • BLACK RX   バランス重視
  • ロボライダー  防御力・パワー重視
  • バイオライダー 敏捷性重視

また、ロボライダーは動きがややスローなためか、接近戦ではなく、距離のある攻撃を出来るように銃を使うライダーです。そう、武器として初めて「銃」を使ったライダーがロボライダーなのです。

「仮面ライダーBLACK RX」の役割

「仮面ライダーBLACK RX」では初めてバイクではなく、車に乗って攻撃するようになりました。また、仮面ライダーといえばキックやパンチを繰り出しますが、剣や銃を主体に戦うのも大きな変更点です。

さらに相棒のバイクであるバトルホッパーも変身するいう多重変身もしちゃうんです。

パパ
仮面ライダーBLACK RXは平成仮面ライダーの諸設定の先駆け的な意欲的な作品だったんだね!

倉田てつをさんのプロフィールを紹介!

それでは仮面ライダーBLACK RXの主役、南光太郎を演じられた倉田てつをさんのプロフィールをご紹介します。

倉田てつをさんプロフィール

  • 本名 高山哲夫
  • 生年月日 1968年9月11日
  • 出身 東京都
  • 身長 183cm
  • 体重 68kg
  • 血液型 AB型

まず、倉田てつをさんってめちゃくちゃ身長が高いですね!なおかつスリムな体型をされています。モデルでもされていたのかと調べてみましたが、モデル経験はないようですね。もし倉田てつをさんのようなイケメンで高身長なら何でも着こなせちゃうんじゃないでしょうか。

倉田てつをさんと仮面ライダー

斬新なアイデアを取り入れた「仮面ライダーBLACK RX」の主役を演じた倉田てつをさんですが、2作品続けて主役を務めるというのは仮面ライダーシリーズでは初めてのことでした。

そのため、倉田さんは最も長く主役を務めた仮面ライダー俳優となっています。さらに、BLACKへのデビューが19歳だったことから、昭和仮面ライダーとしては、最年少のライダー俳優ということでした

ママ
平成仮面ライダーを含めると「仮面ライダーW」の菅田将暉さんが16歳で最年少なんだって!

「南光太郎」から倉田てつをへ

オーディションで約8100人の中から選ばれた倉田さん。デビュー作で2作も続けて仮面ライダーに主演したということは、俳優としてのイメージが固定化されることにつながるようです。

有名なキャラを演じた俳優が、その後の役者人生でイメージを脱するのに苦労するのはよく聞く話で、倉田てつをさんにしても、南光太郎のイメージが強すぎてどこへ行っても「仮面ライダーBLACK」「南光太郎」と呼ばれていたようです。

倉田さん自身は、当時の演技にも納得ができていなかったようで、しばらくは作品を見直すこともしていませんでした。流石に時が経ち、徐々に当時の作品も見るようになったようで、子供と一緒に作品を見て当時を思い出して涙したという話もされています。

後年のインタビューでも「仮面ライダーBLACKは自分にとって宝物です」「自分にとって大きな経験だった」など、作品に対する愛着の深さが窺えるコメントも残しています。

倉田さんのそんな情熱もあって、仮面ライダー放映から2年後の1991年に朝ドラ「君の名は」に主演しています。その後も「渡る世間は鬼ばかり」など数多くのテレビドラマや映画に出演を果たし、昭和仮面ライダーの主演俳優としてはもっとも活躍した俳優さんとされています。

そんな倉田てつをさんが演じた仮面ライダーBLACK RXの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓



倉田てつをさんとの共演は?

高畑淳子

倉田さんと共演した俳優がすごいです。敵キャラですが、女幹部であった諜報参謀マリバロンを演じていたのはあの高畑淳子さんです。存在感のある女性バイプレーヤーとして、大河ドラマや朝ドラといった大作に出演していますが、当時は所属していた劇団青年座だけでは生活ができず、東映作品にも参加していました。

それがなんと、このマリバロンが当たり役となり、これ以降出演依頼が増えたと言われています。高畑さん自身、当時を回想して「RX(の出演)がきっかけで私はようやく役者として食べていけるようになった」とも述べています。

ご子息の不祥事が原因で活動を自粛していましたが、少しづつ活躍の場を増やしてきています。一日も早い完全復活を待ちたいものです。

小山力也

また、どちらかというと声優としての知名度が高いですが、俳優座の研究生であった小山力也さんはこの作品で俳優デビューをしています。この当時、24歳という年齢の小山さんは、オーディションでは比較的年齢が高かったため、デビューは諦めていたそうですが、プロデューサーの推薦により合格したと述べています。

よほどの危険なシーンを除き、ワイヤーアクションや爆破などのアクションシーンのほとんどを自身で演じていたという、声優のイメージの強い小山さんからは想像できない、熱い俳優魂が感じられるのではないでしょうか。

今はどんな活躍をしてる?

オーディションでいきなり「仮面ライダーBLACK」の主役を勝ち取った倉田さん。その後も数々の作品に出演し、役者として大きく成長して行きます。ドラマや映画、さらには舞台と様々なところで今も活躍をされています。

また、「ビリー・ザ・キッド 東陽町店」というステーキハウスのオーナーでもあります。運が良ければ「炎の王子」となった倉田さんの焼いたステーキを食べられるかもしれません(笑)。

そんな倉田てつをさんが演じた仮面ライダーBLACK RXの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダーBLACK RXの俳優さんは倉田てつを
  • 朝ドラの主役を務めた本格派
  • デビューのきっかけはオーディション
  • 今も現役だか、飲食店のオーナーとしても活躍中

倉田さんは仮面ライダーBLACKからスタートし、それまでのライダー俳優はその後の役に恵まれないというジンクスを破った最初の俳優です。

オーディションでいきなり主役に選ばれたからか、BLACKの頃はややぎこちない演技もありましたが、RXの頃にはすっかりライダーらしくなってます。だからこそ、朝ドラの主演も射止めたのでしょう。まだまだ活躍が楽しみな俳優さんです!


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ