仮面ライダーと言えばバイクをイメージされる方も多いはず!実は仮面ライダーのバイクは、ホンダやスズキなど様々なバイクメーカーのベースとして使われているんですよ。

元になっている市販車を見たら、めっちゃ仮面ライダーのバイクがカスタムされているかわかります。これは裏方である美術係の傑作とも言えますね。

私もバイクが好きなので、今回はそんな歴代仮面ライダーのバイクの特徴や、活躍ぶりを様々な視点から見ていきたいと思います。

今回ピックアップする仮面ライダーマシーンは、

仮面ライダーBLACK

バトルホッパー

です。

    • 仮面ライダーBLACKのバイク「バトルホッパー」とは?
    • 仮面ライダーBLACKの「バトルホッパー」のベース車や当時の価格は?
    • ベース車は購入はできる?
    • 二輪車の自動運転は実現するの?

について徹底的にご紹介していきたいと思います!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仮面ライダーBLACKのバイク「バトルホッパー」とは?

仮面ライダーBLACKの相棒であり、一部のサイトでは嫁ともいわれるバイクがこのバトルホッパー!バッタをモチーフにしたデザインで、ガケなどの平坦でない道でも駆け上がるほどの馬力を持つマシンです。

ゴルゴムの科学の粋を結集して造られた「モトクリスタル」を動力源とする世紀王専用マシンで、見た目は完全にバイクでマシンながらもれっきとした生命体なんです。

パパ
生命体で乗り物ってことは、馬が機械化したって感じかな?

バトルホッパーはどんな活躍をしていた?

バトルホッパーが相棒となるのは、のちに仮面ライダーBLACKに変身することになる南光太郎がゴルゴムによって肉体を改造され、脳も改造される前に秋月総一郎教授の抵抗と手引きで脱出に成功し、逃亡したときでした。

逃亡するための移動手段として奪った乗り物(?)がバトルホッパーで、それ以来、相棒として活躍します。他のライダーと違い支援する人を持たず、孤独な戦いを強いられた南光太郎にとって、常に良きパートナーであり続けました。

世紀王であるBLACKが搭乗する事でキングストーンとモトクリスタルのパワーが融合し最大の能力を発揮、この状態で放つ必殺技がダイナミックスマッシュです。

キングストーンとは

暗黒結社ゴルゴムにより改造された南光太郎(仮面ライダーBLACK)と秋月信彦(シャドームーン)の体内にそれぞれ埋め込まれた物質。

ゴルゴムの支配者である「創世王」および次期創世王候補「世紀王」の証であり、劇中ではBLACK=ブラックサンの「太陽のキングストーン」とシャドームーンの「月のキングストーン」の二つが登場する。

ゴルゴムには二人の世紀王を戦わせるしきたりがあり、勝ち残った者が二つのキングストーンを揃えた時に初めて王位継承が確定する。

なお、キングストーンは継承を経るたびに力が強化されていく性質があり、当代の世紀王が二つを揃えて創世王となった場合、全宇宙の支配すら可能になるという。

そんなバトルホッパーはマシンでありながらも、生命体であったため、2つの大きな特徴があります。

  1. 自我を持っている
  2. 自己修復機能

1.自我を持っている

仮面ライダーBLACK以前との大きな違いが自我を持っていることです。今までのライダーのマシンはあくまでただのバイクでしたが、自我があることでバトルホッパーは自分の意思に基づいて行動をします。

たとえば、南光太郎が話しかけると頭を横に振ったりライトを点滅させて意思表示をするんですよ~。何だか本当の馬みたいですよね!

自我があるので、南光太郎がバトルホッパーを呼ぶと、無人で駆けつけてくれるんです。そして、搭乗者が指示を出したり、操作しなくてもサポートもしてくれるんです。まるでAI(人工知能)つきの自動車、自動操縦機能みたいですよね。

基本的にはライダーしかバトルホッパーに乗れませんが、必要に応じて人命救助なども行いました。

2.自己修復機能

バトルホッパーの体内(車内?)には「リライブタンク」というものがあります。これにより、たとえ怪人の攻撃を受けてボディが破損しても、自身で修復を行って新しい外装を生み出せるという優れものなんです。

そのため、通常のバイクで考えれば大ダメージを受けた場合、行動不能になり、修理もしくは新車に…なんてことになります、バトルホッパーの場合はある程度の時間が経てば自然に復元して、本来の機動力を取り戻すことが出来ちゃうんです!

作中でも、一度仮面ライダーBLACKを庇って怪人の攻撃を受けて壊れてしまったことがありました。しかし、この自己修復機能で見事に復活しました。

これに南光太郎は大喜びし、その様子にバトルホッパーもライトをチカチカさせ嬉しそうにしているというワンシーンがあります。仲のいい様子がうかがえます。

自我があることを逆手に取られることも…

バトルホッパーはその有能さゆえに敵であるゴルゴムに標的にされる機会も多かったようです。その代表的なエピソードを2つご紹介します。

怪人の能力で動きを封じられ、乗っ取られる

1つ目は第18話より登場する剣聖ビルゲニアに乗っ取られることです。第28話で作戦のため人間に化け、倉持という名前で登場した剣聖ビルゲニアはタマムシ怪人に指示し、タマムシ怪人がバトルホッパーにタマムシを放ちます。

タマムシに寄生されたバトルホッパーは制御不能となり、暴走してしまったところを剣聖ビルゲニアが乗っ取りました。この時、もう1台のバイク・ロードセクターで対抗し、バトルホッパーを取り返すべく奮闘します。

しかし、スピード以外の点はバトルホッパーの方が上回っているため助け出すのに苦戦します。最終的には助け出すことができ、剣聖ビルゲニアのバトルホッパー乗っ取りは失敗に終わりました。

シャドームーンに奪取される

2つ目はもう一人の世紀王・シャドームーンに奪取されることです。バトルホッパーは世紀王専用マシンとして作られたものだったので、もちろんシャドームーンも操縦できるんです。

バトルホッパーが奪取されてしまったのは、最終回、戦いも終盤でのことでした。この時、バトルホッパーの自我を乗っ取ったわけではなかったので、自分の相棒である仮面ライダーBLACKの敵であるシャドームーンを乗せることを拒否しました。

しかし、シャドームーンはそんなバトルホッパーを無理矢理操って、仮面ライダーBLACKを攻撃します。やりたくないのに攻撃させられたバトルホッパーは、なんと涙を流すんです!!

ママ
涙を流すだなんて、なんて人間らしいマシンなの!?マシンにして生命体とはいえ、演出が細かいわ!

その後、長きに渡り共闘してきた仮面ライダーBLACKを守るという意思が勝ち、キングストーンフラッシュを受けて遂にシャドームーンに反攻することに成功します。

キングストーンフラッシュとは

ベルトに収められた太陽のキングストーンの力を強烈な閃光として照射すること。これにより、様々な現象が引き起こされる。

たとえば、単純なエネルギー攻撃から目眩(めくら)まし、敵の攻撃を弾き返すバリアー的使用、敵の使う幻術や妖術を無効化する、さらには知人に化けた敵の正体を暴き、消し去ってしまうなど。

ですが、これがバトルホッパーの最期へとつながってしまうのでした。

バトルホッパーの類をみない忠誠心と壮大な最期

キングストーンフラッシュを受けて正気に戻ったバトルホッパーは、シャドームーンを振り落とし、反抗すべくシャドームーン目掛けて突進します。それに対し、シャドームーンはサタンサーベルでバトルホッパーを切りつけました。

バトルホッパーのボディが、フロントが、無残に切り刻まれていきます。しかし、傷だらけになっても、なおシャドームーンに立ち向かっていくバトルホッパーは、ボロボロの体でシャドームーンに突撃するんです。

そして、訪れる大爆発にバトルホッパーはリライブタンクを失ってしまいます。この時の爆風で吹き飛ばされたシャドームーンにすかさず仮面ライダーBLACKが飛び掛り、パンチを撃ち込みました。

傷ついた体でBLACKに挑もうとするシャドームーンを侍女たちが必死に退かせたあと、残骸と化したバトルホッパーの元へ仮面ライダーBLACKが駆け寄ります。そして、声をかけると、バトルホッパーはこう言ったのでした。

「ア……アリガトウ……ラ……ライダー」

その直後、「バトルホッパーは消え行く意識の中、初めて声を出した。」とナレーションが流れます。そして、バトルホッパーのヘッドライトの光が消え、動かなくなったのでした。

パパ
切ない最期だね…。そして、仮面ライダーBLACKに対する忠誠心がすごい!
ママ
ナレーションがまた切なさを強調するわ…。ここで初めて話したというバトルホッパーは最期の最期でどうしても想い伝えたかったのね。

乗っていた俳優さんともう1台の相棒・ロードセクターとは?

こんなにも素晴らしい忠誠心を持っていたバトルホッパーに乗る仮面ライダーBLACKの南光太郎を演じたのは、倉田てつをさんです。そして、乗っ取られたときに使ったロードセクターも気になりますよね。

詳しくは、別記事にまとめてありますので、併せてご覧ください。

仮面ライダーBLACKの「バトルホッパー」のベース車や当時の価格は?

仮面ライダーBLACK 最愛の相棒車

バイクの名前:バトルホッパー

全長:2,220mm

全高:1,240mm

重量:118.2kg

スピード:最高時速 500km

馬力:415馬力

特殊能力:自我を持つ、自己修復機能

引用元:バイクブロス

ベース車はスズキ RA125で、スズキ ハスラー125の後継車種として1984年に販売されました。輸出仕様はTS125Xと呼ばれ、ハスラーシリーズの系譜であることがわかります。

125ccクラスの2ストローク単気筒最強のスペックである最大出力22PSのマシンで、同じ後継車種であるスズキ TS125Rとは違い、スズキ RA125には何のデバイスもついていなかったため、純粋な2ストエンジンを搭載したバイクといえる1台です。

110kgという軽量なボディにハイパワーなエンジンという組み合わせで、バトルホッパーの華麗なバイクアクションを支えました。

ベース車の当時の価格は現在、調査中です。

スズキ RA125は他の戦隊作品でも使われていた

昭和の仮面ライダーや戦隊シリーズといえば、スズキのバイクをベース車としていることが多かったようです。

そんな仮面ライダーBLACKの相棒・バトルホッパーのベース車であるスズキ RA125は電撃戦隊チェンジマンの各メンバーに配備されたバイク・オートチェンジャーのベース車でもありました。

ちなみにこのオートチェンジャーは機体ごとにそれぞれ搭乗メンバーのパーソナルカラーが施されており、武器としてチェンジャーミサイルを装備しているそうですが、本編中にこのミサイルは使用されなかったようです。

バトルホッパーのグッズやフィギュアは?

忠誠心の強いバトルホッパーはぜひ欲しい、いや、飼いたい!というファンも多かったようです。そんなファンにとって嬉しいグッズがありました!

スポンサーリンク

今でもベース車は購入はできる?

1984年に販売を開始したスズキ RA125ですが、結局バイクとしての人気はあまり出ず、1987年には生産中止となってしまいました。

生産中止なので新車で購入は難しいため、中古なら…と探したところ、好きな人にとっては好きな1台であるからか、なんと中古でも現在は見つけることが出来ません。

しかし、過去にヤフオクにて中古車が出品されていたことがありました!落札価格は29,000~150,000円となっています。

現代で売られているバトルホッパーに似たバイクはこれ!

バトルホッパーのベース車となったスズキ RA125ですが、現在RAシリーズはなく、RMシリーズとなったあと、125ccについてはDR-Zシリーズへと受け継がれているようです。

しかしながら、車体・大きさ・形をトータルで見たときにバトルホッパーのベース車に最も似ているバイクはこちらではないかなと思います!

引用元:バイクブロス

中国ヤマハより販売されているXTZ125というバイクで、日本では輸入して販売しています。見た目の雰囲気やデザインなどが似ていますが、実はそれだけでなく細かいサイズ部分もかなり似ています。

スペック スズキ RA125 ヤマハ XTZ125
全長(mm) 2,070 2,090
全幅(mm) 870 830
全高(mm) 1,165 1,115
車両重量(kg) 110 119

このようにサイズや車両重量が大変似ているヤマハ XTZ125ですが、エンジンは残念ながら2ストではなく、4ストとなっています。

日本のヤマハで作られていないからか、比較的値段は安いようですね。

  • 新車:191,900~365,000円
  • 中古:169,000~258,000円

同じスズキのバイクではないの?

同じスズキのバイクではないのかと気になる方のために、もう1台バトルホッパーに似ている1台をご紹介したいと思います!

排気量は84ccと小さくなってしまい、残念ながら公道走行ならびに登録が出来ませんが、バトルホッパーに近いデザインの1台はこちらになります。

引用元:スズキ

こちらはバトルホッパーのベース車であるRA125のRAシリーズ後続シリーズとして登場したRMシリーズのバイク、RM85Lです。排気量が小さいことで車両重量も74kgと軽くなっています。

サイズは、全長1,895mm、全幅735mm、全高1,165mmとなっており、長さや幅はやはり小さいものの、高さは同じなんですね。

なんといっても、エンジンが2ストという共通点もあるのがこのRM85Lです。最新の2019年モデルが2018年9月21日に発売開始したので値段はヤマハよりも高めで排気量の部分では差が出てしまいますが、同じスズキ車、同じ2ストエンジンを味わえる1台ではないでしょうか。

  • メーカー希望価格:456,840円
  • 中古:172,800円

仮面ライダーBLACKの歴代バイク【バトルホッパー】が復活!?仮面ライダーBLACKのその後を実際に見よう!今なら限定無料配信しています↓↓

二輪車の自動運転は実現する!?

バトルホッパーはマシンでありながら生命体であったので、自我をもっていました。そのため、運転のアシスタントや呼べばやってくるなんてこともできていました。

ならば、気になるのが現実世界でも実現できるかどうか、ということですよね!

数年前、ニュースでアラブ首長国連邦が完全自動運転自動車を試運転走行する映像が流れたときは衝撃的でした。

日本でも、車ではすでに自動で道路の白線を認識してちょっとでもはみ出ると警告音が出たり、周囲の状況に応じてスピード調整などのアシスタント走行ができています。日産のプロパイロットなどの自動運転技術の進化が止まりません。

もちろん、今はまだ運転者の手がハンドルに置いていないと警告が出ますが、それでも高速道路などではほぼ自動で運転できる時代に突入しつつあります。

そして、もはや高速道路での完全手放し運転可能なレベルであるレベル3での走行はシステム的に実現可能なところまできています。

では、バイクなどの二輪車も自動運転は実現するのでしょうか?気になる映像を見つけました!!

2018年9月にBMW社が公開した映像です。BMW社では、2年の歳月をかけて自動運転バイクを開発しており、そのテスト走行の様子を行いました。この映像にはなんと無人のバイクが走り出し、カーブを曲がり、ブレーキをかけている様子が映っています!

つまり、技術的にはすでに自動走行はできるところまで来ているというわけなんです。

ちなみに日本では、ホンダが2017年1月5日にライダーが乗っていてもいなくても自立する二輪車の実験車を発表しています。

こちらはASIMOに代表されるヒューマノイドロボット研究で培ったホンダ独自のバランス制御技術を二輪車に応用し、ライダーが少しバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保つことで低速走行時や停止時のふらつき、取り回しの際の転倒リスクを軽減するそうです。

また、スズキでは2017年7月27日に発売されたGSX‐R1000R ABSの日本仕様にライダーをサポートする高度な電子制御として、多数のシステムを搭載しました。

その内容は、制動時の姿勢を安定させる「モーショントラック・ブレーキシステム」や、エンジン出力を制御し10段階から選択できる「モーショントラック・トラクションコントロール」などの装備に、スムーズな変速を支援するクイックシフトシステムです。

さらに、サーキット走行でのアシスト機能として、理想的なスタートの加速を支援するローンチコントロールシステムも採用しました。

ママ
あら、じゃあもうすでに電子制御でアシスタントするバイクの存在はあるのね。技術的には完全自動走行する二輪車もあるみたいだし、バトルホッパーみたいな1台に出会える日も近いのかしら?

完全自動走行する二輪車は発売されるの?

もう技術的に実現可能となっている完全自動走行する二輪車ですが、実際に販売されるかというと、現在、その可能性は低いようです。

そもそも、この映像を公開したBMW社自身が完全な自動運転バイクを発売することを計画していません。BMWによれば、この技術の一部をバイクに応用して、「危険なライディングコンディションにおける高い安定性」を実現することが狙いとのことなんです。

たしかに、バイクで完全自動走行が可能になったら面白いかもしれません。また、車に導入されてきている自動緊急ブレーキやレーンキープシステムなどの技術をバイクにも取り入れ、避けられる事故を減らすことができたら犠牲になる人が減っていい世の中にもなります。

ですが、たとえば単純に自動緊急ブレーキをバイクに搭載してしまったらライダーがバイクから振り落とされてしまいますよね。このように、自動走行によって逆に事故が増える可能性があるんです。

また、バイクはどんな天候でも乗れる車と違うので、完全自動走行になったところで欲しい!買いたいと思う人は少ないと予想されます。

それに、車もそうですがバイクは自分で動かす、自分で運転するという楽しみを味わうことができるものですよね。そのため、完全自動走行になっては、買う人が減ってしまうかもしれません。

こうしたことから、現状では完全自動走行する二輪車は発売されず、あくまでこれまでのようにバランス調整やスタートの加速を支援するなどのアシストをしてライダーを手助けする機能だけが搭載されたバイクの販売が増えていくと考えられます。

パパ
う~ん、確かに全部自動でやってくれるバイクがあったらバイク初心者でも乗りやすくて、チャレンジする人は増えるかもしれないけど、自分で運転したい人にとってはマイナスだし、それによって事故が増えても困るよな。
ママ
うんうん。それに、バトルホッパーみたいに自我まで持っちゃったら、「この人は乗せない」なんてことが起きちゃうかもしれないものね。
パパ
たしかに!昔から比べたらアシストしてくれるってだけでも十分すごい技術だし、自分で運転するからこそ運転の危険性だってわかるってもんだから、きっとちょうどいいのかもしれないね。

仮面ライダーBLACKの歴代バイク【バトルホッパー】が復活!?仮面ライダーBLACKのその後を実際に無料視聴することができます!今なら限定無料配信してます↓↓

スポンサーリンク

まとめ

  • 仮面ライダーBLACKのバイク「バトルホッパー」は忠誠心の熱いマシンで生命体!
  • 仮面ライダーBLACKの「バトルホッパー」のベース車はスズキ RA125で、価格は調査中
  • ベース車は中古で購入できるものの、現在は中古でもなかなか見つからない
  • 二輪車の自動走行は技術的には可能で、すでに電子制御システムが搭載されたバイクも発売しているものの、完全自動走行する二輪車の販売は現状ではないと考えられる

バトルホッパーは調べれば調べるほど、欲しい…いや、飼いたい1台でありました!自我を持っていてアシスタントしてくれることはもちろん、その忠誠心がやはり魅力的ですよね。

忠誠心とまではいきませんが、ベース車は中古で売られていることもあるようなので、大事な相棒として1台手に入れてみるのもありかもしれませんよ。

スポンサーリンク

バイクだけが仮面ライダーの魅力じゃない!久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で楽しく安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

スポンサーリンク