いつも辛い運命を背負って孤独に戦う仮面ライダーですが、それを支える存在にかわいいヒロインや頼れる味方のライダーは欠かせませんよね?彼らがいるからこそ仮面ライダーは強くなれました。

でもその他にある意外な形で仮面ライダーを支える人物がいるのをご存知ですか?それが仮面ライダーキバに登場するガルルです!ヒロインでもなくライダーでもない彼は○○となってキバの戦いを支える重要な役割をしていました。

う~ん、一体ガルルは何になったんでしょうか?気になるその答えは・・・仮面ライダーキバのガルルを紹介するとともに詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク


仮面ライダーキバのガルルとは?

全身真っ青な体に赤く鋭い目がギラっと光るこの姿!今にもこちらを襲ってきそうな緊張感が走る姿に、みなさんは一目みてどんなふうに感じましたか?もしかして仮面ライダーキバに登場する敵の怪人だな!なんて思いませんでしたか?

ママ
思ったわよ~!お腹がすいた猛獣みたいでこわい~。すぐにこいつがキバと戦う敵怪人だってわかったわ!

今にも襲ってきそうなこの出で立ちですが、実は意外なことに彼が仮面ライダーキバを支える戦士のガルルなんです!たしかにこの鋭い目つきと爪を見たら人間の本能で危ないやつ!って感じちゃいますよね。

でもガルルはすごく頼もしくて熱~い気持ちを持ったキバには欠かせない存在なんです!あれ・・・まだ疑ってます?ではさっそくガルルのプロフィールや性格を知ってもらいましょう。

仮面ライダーキバとは?
仮面ライダーキバとは平成の仮面ライダーシリーズ9作目として2008年から2009年にテレビ朝日系列で放送されました。仮面ライダーの原作者、石ノ森章太郎の生誕70周年記念作品でもあります。

仮面ライダーキバは吸血鬼をモチーフにしているのが特徴で、ライダーの変身時に自らの体を吸血させたりキバに登場する魔族ファンガイアが人間のライフエナジーを吸血する悪事を働くなど、所々で吸血行動が使われています。

あらすじでは主人公の紅渡(くれない わたる)が生活する2008年の現代編と、その父である紅音也(くれない おとや)が生きた1986年の過去編のストーリーが並行して進んでいくところが見どころです。

過去の出来事が現在にリンクしながら複雑にからみあうストーリーは、今までにない仮面ライダー作品として大きな話題になりました。

ガルルの特徴

仮面ライダーキバに登場するガルルは狼男の血を引くウルフェン族という一族の出身です。しかしある出来ごとによってウルフェン族は滅び、存在しているウルフェン族はガルルただ1人になってしまいました。

ガルルのプロフィール

  • 身長:2m25cm
  • 体重:92kg
  • 主食:ライフエナジー
  • 攻撃方法:爪、噛みつき
  • 能力:俊敏性、月の満ち欠けで力が変わる

狼男というだけあって月の満ち欠けで力が変化するのが特徴で、満月になるとその力は最大になります。絵本やアニメでは、まんまるなお月さまをバックに狼男がワオーンと吠えながら変身するシーンがあるんですがまさにそのイメージですね。

ちなみに普段は人間体の次狼(じろう)として生活していることがほとんどで、ファンガイアと戦闘になった時などにガルルへ姿を変えています。

パパ
主食はライフエナジーって書いていあるけど、もしかしてガルルって人間を襲っちゃうのかな?

気づいちゃいました?実はその通りで過去編のガルルは人間を襲ってライフエナジーを補給していたんです。他の魔族からも「人間はエサのようなもの」とまで言われていますからね。

最初はためらいもなく襲っていたガルルですが、過去編のヒロイン麻生ゆり(あそう ゆり)を気に入ったことでそのことを隠しながら接するようになります。

それでも人間を襲うことをやめないガルルは、人間を襲った後にすぐ次狼の姿になることで自分の行いを大胆に隠ぺいしていたんです。これってダサいですよね~。

しかし紅音也と何度も衝突することで友情が生まれたガルルは、次第に人間を襲うことをやめていきました。ちなみに現代編では仮面ライダーキバが倒したファンガイアのライフエナジーを吸収しています。

ガルルは過去編でかわした紅音也との約束からキャッスルドランという城の中に住んでおり、同じく絶滅した魔族の生き残りであるフランケン族のドッガとマーマン族のラモンと共にある形で仮面ライダーキバに力を貸しています。

キバがファンガイアを倒すと、そのライフエナジーをキャッスルドランがぱくっと食べ中にいる3人に等分されると言う訳です!

普段はビルの中に擬態しているキャッスルドランですがフエッスルによってその姿を現します。

フエッスル
仮面ライダーキバに装着されているふえ状のアイテムのこと。それを吹くと必殺技やアイテムを召喚したりキャッスルドランを召喚できる。

こちらではキャッスルドランの登場シーンとライフエナジーをぱくっと食べるかわいいシーンを見ることが出来ます。迫力のあるサイズ感と登場シーンに流れる重厚な音楽をぜひ聞いて見てください。

ガルルは過去編と現代編の両方に登場しているんですが、最初は凶暴でとがった性格が少しずつ丸く優しくなっていく様子がわかります。きっと根はいい奴なんでしょうね!

ガルルは仮面ライダーキバの○○だった!

ガルルの正体がだんだんわかってきたところで、仮面ライダーキバでとんな活躍をするのか気になってきましたよね?その答えは・・・私の口から説明するよりも実際のシーンを見ていただくといいかもしれません。

かっこよくて私も大好きなシーンなのでぜひご覧ください!

その目で確認いただけましたか?そう、ガルルは仮面ライダーキバの重要な戦闘アイテムだったんです!キバが基本のフォームで戦うことが厳しいと感じると、フォームを変えるためにガルルを呼び出します。

ガルル本体がそのまま登場するかと思いきやアイテムになるなんてびっくりですよね。そしてこのシーンいつ見てもかっこいい~。

ママ
え~ガルルってアイテムになるの?!ちょっとびっくりしてよく分からなかったから詳しく説明してちょうだい。

もちろんです!では華麗なるガルルの呼び出しシーンを詳しく解説していましょう!

ガルルを呼び出すには

呼び出すには決まった順番があるので流れをまとめてみました。

  1. キバの腰に付いている青いフエッスルをキバットバット3世に装着
  2. キバットバット3世の「ガルルセイバー!」という呼び声とともにフエッスルがなる
  3. キャッスルドラン内に待機している次狼の耳にフエッスルの合図が届く
  4. 次狼はガルルセイバーへ姿を変えキャッスルドランの口からキバへ向かって発射
  5. キバの左手にガルルセイバーが装着され剣に変形
  6. 仮面ライダーキバがガルルフォームにフォームチェンジ

ガルルはキャッスルドランの中で他のアームズモンスターたちと待機しているんですが、そこにフエッスルで呼び出しがかかるとすぐにガルルセイバーに変身してキバの元へ駆けつけます。

アームズモンスターとは?
仮面ライダーキバのフォームチェンジの際に呼び出されるモンスター達のこと。普段はキャッスルドランの中にいるがキバットバット3世がフエッスルで呼び出すことで彫像(ちょうぞう)モードに変身して登場する。ガルルの他にはバッシャーとドッガがいる。

急に呼び出されるなんて面倒な感じがしますよね~。でも、先ほど見ていただいたシーンで分かる通り次狼はトランプ遊びを放り投げてダッシュで駆けつけているんです。アームズモンスター達からすると呼び出されるのはかなり嬉しいことなのかもしれません。

顔には出さないのに内心はすごく張り切っているなんてちょっとかわいいですね。

ガルルセイバーとは

張り切った次狼が変身するのが魔獣剣(まじゅうけん)ガルルセイバーというアイテムです。

発射されるときはガルルの姿をそのまま彫刻にした形は彫像モードですが、キバの左手に装着されると剣の形をしたセイバーモードに変化していきます。

どちらも特徴があるんですが、なんといってもその変形の様子が面白いのでこちらの動画をご覧ください。

彫像モードにある三日月の形をした部分を組みかえるとソードになるとは面白い構成ですね。ガルルたてがみや顔の作りなどがしっかりと作りこまれているし、立体感もあってかなりかっこいいアイテムになっています。

そういえばガルルのプロフィールのところで月の満ち欠けによって力が変化すると紹介しましたよね?実は満月の時にこのガルルセイバーを使えば、大きな山をぱっくりと割ってしまうほどの威力を発揮するんですよ。

満月の時はガルルを呼び出せば間違いなしですね!ちなみにこのかっこいいガルルセイバーは実際に発売されているので、私たちでも手に入れることができます。

ボタンを押すとガルルの鳴き声が様々なパターンで流れたり、モードによっても音が変化するようです。棚にかざってもかっこいいオブジェになるので、ぜひいろんな形のガルルセイバーを見てさわって楽しんでみて下さい!

ガルルフォームとは

ガルルセイバーを呼び出すことで仮面ライダーキバのフォームもガルルフォームに変化します。

ガルルフォームになるとキバの目と胸、そしてガルルセイバーが装着される左腕がガルルカラーの青色になり、肩はガルルのたてがみのように変形するのが見た目で分かる特徴です。

ちなみにキバットバット3世の目もフォームカラーに合わせてちゃんと青くなっています。芸が細かいですね!

戦闘ではガルルセイバーを使った剣術がメインですが、すばやさを兼ね備えたキックも得意とします。またガルルが乗り移っているので、狼のような低い姿勢で威嚇しながら相手に攻撃を仕掛ける姿も大きな特徴といえます。

パパ
フォームチェンジって能力だけ受け継がれるイメージだけど、ガルルフォームになるとキバもガルルみたいな狼になっちゃうんだね!

たしかにモンスターがライダーの体に乗り移るという設定は少し変わっているかもしれませんね。仮面ライダーキバはいつもシュッとした出で立ちで戦うのでガルルとは正反対なんです。荒々しいキバが見れることもこのフォームの面白さかもしれません。

さて、見た目の特徴はわかってきたので次はガルルフォームの能力について確認していきましょう。他のフォームとはどんなふうに違うんでしょうか?

今回は特徴を比較しやすくするために基本となるキバフォーム、ガルルが憑依したガルルフォーム、そして仮面ライダーキバの最強形態エンペラーフォームの3つを一覧にまとめてみました。

フォーム(基本カラー) 身長 体重 パンチ力 キック力 ジャンプ力(ひと跳び) 走力(100m)
キバフォーム(赤) 200cm 98kg 6t 8t 85m 6.5秒
ガルルフォーム(青) 200cm 90kg 5t 9t 40m 1.5秒
エンペラーフォーム(金) 210cm 100kg 18t 32t 180m 3秒

ガルルフォームのパンチ力やジャンプ力は他のフォームと比べて少し劣っていますね。狼の血が入っているので前足でパンチというイメージもあまりないのと、ガルルフォームでは剣を使った攻撃になるのでパンチ力が低いことは問題なさそうです。

ジャンプ力はかなり差があってキバフォームは倍、エンペラーフォームにいたってはガルルフォームの4.5倍もの力があります。これだけみるとガルルフォームだとちょっと損なんじゃないかな~?なんて思っちゃいますよね。

でも心配はいりません!ガルルフォームにはそこをカバーできる最大の武器「俊敏性」があります。一覧の走力の項目を他のフォームと比べてみると分かりますがガルルフォームだけ100mが1.5秒とぶっちぎりの速さなんです。

このスピードがあれば敵の攻撃をかわすだけでなく先制攻撃だってガンガンできちゃいますね!

アームズモンスターは他にも

ガルルと同じように仮面ライダーキバの戦闘アイテムとして活躍するアームズモンスターは他にも2体存在します。そちらも簡単にご紹介しますのでそれぞれの違いなどを確認してみてください。

■ドッガ

左側にいる紫色のモンスターがフランケン族のドッガです。見た目もフランケンシュタインにかなり似てますね!ドッガもガルルと同じくファンガイア族によって絶滅に追い込まれ、最後の生き残りとなった存在です。

ドッガは雷をエネルギーに変えることができるほかに、3人の中でも一番力が強い怪力であることが最大の特徴です。

ドッガフエッスルで呼び出だされた際には、彫像モードから魔鉄槌(まてっつい)ドッガハンマーに変形すると同時にキバをドッガフォームに変えることができます。

人間体になると優しいマッチョな青年、力(りき)として登場します。浅黒く健康的に焼けた肌とかきあげた前髪、そしてりりしい眉毛は昭和のいい男といった感じですね。

いつもは黒くて長いスーツのような燕尾服(えんびふく)を着ていますが、彼ならふんどしも絶対に似あうと思います!

■バッシャー

左から2番目にいる緑色のモンスターがマーマン族のバッシャーです。首のまわりに水かきのひらひらが付いているのが可愛いですね。

見た目は魚人(ぎょじん)なんですが、緑の色から河童に見えなくもありません。こちらも同様に一族をファンガイア族に滅ぼされ、生き残った1人です。

水の属性を持っていて、口から水風船状の弾を発射する攻撃が可能です。バッシャーフエッスルで呼び出されると彫像モードからバッシャーマグナムという銃に変形すると同時に、キバをバッシャーフォームに変えることができます。

人間体は水兵隊が着る半ズボンのセーラー服を着用したあどけない少年、ラモンとして登場します。ラモンは見た目も声もかわいいので女の子に間違えるくらいかわいいんですよ~。

何歳なのか気になったので調べてみたんですが、その見た目とは裏腹になんと100歳をとっくに超えていましたー!みなさん、呼ぶ時はラモンさんと呼びましょう・・・。

ガルルセイバーとしてキバに力を与えているガルルが登場した仮面ライダーキバの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

スポンサーリンク


ガルルをさらに徹底解説しちゃいます!

ガルルはウルフェン族でただ1人の存在とお伝えしましたが、なぜガルル以外のウルフェン族が存在していないのでしょうか?気になりますよね~。こちらも詳しく調べてみました。

ウルフェン族はなぜ滅びたのか?

ウルフェン族は仮面ライダーキバの世界に存在する魔族の中の1つです。他にも人間以外に11種族が存在していますが、その中でも一番強い種族がファンガイア族となります。

このファンガイア族というのが、強いうえに傲慢でとんでもなく手荒な種族なんです!ファンガイア族は他の魔族に片っ端から攻め込んで、自分達の意思に従わない種族はすべて絶滅させていきます。う~ん極悪非道とはまさにこのこと。

ウルフェン族も狙われた魔族の内の1つであり、ファンガイアの侵略に抵抗したことで滅んでしまったんですね。

最強とされるファンガイア族の中では特に最強とされている4人、チェックメイトフォーが存在します。チェックメイトはチェス用語で「詰み」という意味をもつんですが、確かにこの4人に襲われたら人生詰んじゃいますよね・・・。

右から側近のビショップ、ファンガイア最強の皇帝キング、同等の存在となるクイーン、護衛のルークがいるんですがウルフェン族はこの中のルークによって滅ぼされました。

仮面ライダーキバの第15話「復活・チェックメイトフォー」では次狼の回想シーンで一瞬ですがウルフェン族の仲間がルークに襲われたシーンが流れます。

十数人のウルフェン族が悲鳴をあげながら森の中を逃げるように走っていると、その正面に現れたのがルークでした。

ウルフェン族の仲間たちはすぐさま応戦しようと変身しますが、次狼が駆け付けた時はすでに全員が殺されていたんです。なんてむごいことをするんでしょうか!

キバに登場する魔族たち
↓気になる+をクリック↓
キバの魔族が気になる方はココ!
キバット族 キバットバットⅢ世が属している吸血コウモリの種族。体は小さいが戦闘力や防御力の能力はとても高く、仮面ライダーキバにとって欠かせない存在。代々ファンガイアに使えている。
ファンガイア族 魔族の中でも最強とされる吸血鬼の種族。命令に従わない数々の種族を絶滅させてきた。仮面ライダーキバの敵となる存在で、人間と恋愛をすることが固く禁じられている。
ウルフェン族 ガルルが属している狼男や獣陣の種族。獣のように鋭い爪やキバを使って戦い、口からライフエナジーをむさぼる。ガルル以外は全てファンガイア族によって滅ぼされてしまった。
マーマン族 半漁人の種族で、沼や川など水辺の湿ったところ好んで生息している。水陸両方での活動が可能で性別はオスのみで構成されている。ファンガイア族に滅ぼされ、バッシャーのみが生き残った。
フランケン族 人造人間の種族で、フランケンシュタイン博士によって作り出された存在。義理がたくとても素直な性格をしているのが特徴。こちらもファンガイアによって滅ぼされ、ドッガのみ生存している。
ドラン族 竜やドラゴンの種族でとても凶暴な性格が特徴。本編ではキャッスルドランという城とドラゴンがあわさった個体が登場し、キバが倒したファンガイアのライフエナジーを取り込む。中にはガルルやドッカが住んでいる。
マーメイド族 人魚の種族でメスのみで構成されている。マーマン族との交配で繁殖するが、ファンガイア族に滅ぼされてしまった影響でマーメイド族も絶滅の危機にある。水中でしか行動できない。
ゴースト族 肉体を持たないことが特徴である幽霊の種族。自らの体で戦うことはできず、他のファンガイアに取り付いてライフエナジーを確保している。
ギガント族 巨体な体を持つとても希少な種族。普段は雪山などに生息しており、未確認動物としても有名な雪男のイエティなどがあげられる。
ホビット族 小人や妖精などで構成されとても小さい個体をもつ種族。争いを好まない平和主義者で自給自足の生活を送っていたが、ファンガイアからの攻撃に対しては、一族がしもべになることで危機を免れた。
ゴブリン族 ゴブリンや鬼で構成され、凶暴で手荒な性格を持つために一族内での争いが絶えない種族。ファンガイアと対抗していたがチェックメイトフォーによって絶滅してしまった。
レジェンドルガ族 悪魔や幻獣など、上記の魔族にはあてはまらない種族のこと。戦闘力がとても高く、魔族最強のファンガイアに次ぐ実力をもっている。

ガルルの名シーンはここ!

現代編では仮面ライダーキバの戦闘アイテムとして大活躍だったガルルですが、過去編でも負けないくらいの名シーンがたくさんあるんです。

ぜひすべてご紹介したいんですがあまりにも多くなってしまうので、今回は私がおすすめするシーンを2つご紹介します。どちらもガルルの気持ちを想像しながらみてください。

男泣きのガルル

1つ目は第41話「ララバイ・心を解き放て」のシーンです。キングは紅音也とチェックメイトフォーのクイーンである真夜(まや)が思い合っていることを知り、音也を憎み殺害を計画します。

しかしキングは自らの手は汚さずガルルとバッシャー、ドッガを脅迫して彼らに殺害することを命じるんです。も~なんて卑怯なやり方をするんでしょうか!

キングの強さに怯える3体はしかたなく音也の殺害を試みますが、いつも通りに接してくれる何も知らない音也をどうしても殺すことができません。なんだか見ているだけでかわいそうですね。

こちらのシーンはガルルが音也を殺すため一緒にお風呂に入るシーンです。果たしてガルルは音也を殺してしまったんでしょうか?!

やっぱりできませんでしたね。ずっと一緒の時を過ごしてきたガルルにとっては、音也の「男同士」や「熱い友情」という言葉が胸に響いたんでしょうね。

思わずぴくっとなるところも、その言葉に感動して泣いちゃうところもかわいいなあ~。そして最初は次狼の姿で登場するので思わずドキッとしちゃいました。

ガルルって実は人間に負けないくらい熱い気持ちをもった素敵なモンスターなんですね。

紅音也と男の約束をするガルル(次狼)

2つ目は第46話「終止符・さらば音也」のシーンです。タイトルで分かってしまいますが、この46話では紅音也が最期を迎えます。

そしてこのシーンはガルルではなく次狼として登場するシーンなんですが、どうしても見てほしい熱いシーンだったので紹介させていただきました。

次狼と力、ラモンの3人はキングが死んだことで暴れ出したキャッスルランドを見ながら、自分達が城に入れば暴走を止められるかもしれないと話していました。

すると、どこからともなく音也があらわれます。音也は最期の力を振り絞って彼らにあることを伝えに来たようですが、もう時間がないんです!

3人がキャッスルドランに入ることを聞き「それしかないな」とつぶやきながら、「お前らには山ほどの貸しがある。いつか返してくれ。」と謎の約束を取り付けてきます。

ここで次狼は音也の足が透け初めてることに気付くんですが、冷静に「どういうことだ?」と尋ねます。次狼は驚かないんでしょうか?それともキングが死んだことで音也の体も持たないことを悟っていたのか・・・。

そしてここで交わされた2人の言葉が、現代編へとつながっていきます。

音也「いずれ俺には息子が生まれる。そいつは悩み多き人生を送るだろう。そのとき助けてやって欲しい。」

次狼「どうかな、俺たちは化けもんだ。人間との約束など簡単に破るかもしれん。あるいはおまえのガキをくっちまうかもな」

音也「頼んだぞ、次狼。」

次狼「いっちまったか・・・。」

これが音也と次狼が交わした最期の会話でした。次狼が音也の約束に簡単に応えようとしないところが、紅音也の死を受け入れたくないのかな~と感じてしまいすごく切なくなりました。次狼もきっと寂しいだろうな。

なんだか今なら「男同士の約束」っていうタイトルで1曲作れそうですね。次狼はこの約束を守るために、現代編の仮面ライダーキバにガルルセイバーとなって力を貸していたんですね。

過去編と現代編のガルルがつながったとても重要なシーンでした。

おばあちゃん
ガルルって最初は人間を隠れて食べたりしてたから嫌なやつだと思ってたけど、音也と出会ったことで性格も丸くなって本来持っているいいところが出てきたのね。

たしかに登場したころのガルルは目的のために手段を選ばない奴だったんですが、いつのまにかこんなに素敵なキャラになっていたとは驚きました。

ガルルは過去編と現代編どちらにも登場するので、そういった変化を感じながら見ると仮面ライダーキバをもっと楽しめそうですね!

ガルルはこんな作品にも登場していた

ガルルは仮面ライダーキバだけでなく他の仮面ライダー作品にも登場しているってご存知でしたか?そちらの登場シーンについてもぜひ一緒に見てきましょう。

仮面ライダーディケイド

仮面ライダーディケイドは平成仮面ライダー作品10周年記念として2009年に放送された作品です。10周年ということで本編には仮面ライダークウガから仮面ライダーキバに登場した人物が様々なかたちで登場するところが見どころとなっています。

ガルルが登場したのは第4話の「キバの王子」と第5話「かみつき王の資格」です。この回では主人公の門矢士(かどや つかさ)がキバの世界に飛ばされます。

飛ばされた世界では、ファンガイアと人間が共存していたり紅渡ではない子供のワタルが変わりに登場したりと設定もかなり変わっています。キバを知っている人がみたらかなり混乱するかもしれませんね。

本編では仮面ライダーキバの鎧をもつワタルに王位が託されましたが、ファァンガイアの血が入ったワタルは衝動的に人を殺してしまうんじゃないかと怯え、即位を拒むばかりか人との関わりまで避けるようになっていました。

ガルルはドッガ、バッシャーとともにワタルを説得しますが中々受け入れてもらえません。そうしている内にビートルファンガイアが登場し、力ずくでキバットバット3世を奪って王位についてしまいました。

ガルル達はアームズモンスターとしてそれを受け入れるしかありません。しかも悲しいのがワタルを始末しようとしたところをクウガが阻止すると「新たなファンガイアの王の御前だ!控えよ!」と言ってくるんです。

アームズモンスターの宿命なのでしかたないですが、なんか寂しいですね・・・。

そんなガルル達でしたが、ビートルファンガイアに人間を襲えとの命令に逆らったことで最期は暴ビートルファンガイアに吸収されてしまいました!ガルル達はワタルと同じように人間との共存を信じていたのかもしれませんね。

王位を奪われたワタルでしたが、見かねた士から奪還しろとゲキ飛ばされます。人間との関わりで少しずつ心を動かされたワタルは、ディケイドと力を合わせてビートルファンガイアを見事うち倒しました!

ママ
ガルルの声はキバと違う人だったからちょっと違和感があったけど、吸収される最期までワタルを信じていたのかもしれないわね。

こちらに登場したキバの世界は、今回紹介している仮面ライダーキバの世界とは似ているけれど違う世界「パラレルワールド」のようです。仮面ライダーキバの世界ではガルルはちゃんと生きているはずなので安心してくださいね。

仮面ライダージオウ

https://twitter.com/jfifdecoder/status/1124838150923116545

仮面ライダージオウは2018年9月2日から放送された、平成仮面ライダーシリーズ20作品記念作品です。こちらも歴代のライダーの仮面ライダークウガから仮面ライダービルドの時代をめぐりながら戦うのが特徴で、タイムトラベルライダーとされています。

ガルルが登場したのは第35話の「ハツコイ、ウェイクアップ」と第36話の「ハツコイ、ファイナリー!」です。この回では北島祐子(きたじま ゆうこ)がえん罪で牢獄送りにされてしまうところから始まります。

無実の怒りを爆発させる祐子に、謎の的集団タイムジャッカーのオーラが目を付けその怒りを利用してなんとアナザーキバに変身させてしまいました!

祐子はアナザーキバの力を利用して、自らをえん罪にした関係者を次々と襲っていきます。ここでガルルは仮面ライダーキバの時と同様にガルルセイバーとなってアナザーキバに力を貸す存在として、ドッガとバッシャーと共に登場しました。

アームズモンスターの宿命とはいえ利用されてアナザーキバになってしまった人物に従わなきゃいけないとは大変ですね。

このまま従い続けていくのかと思いきや、あまりにも暴走する祐子に次狼は「俺はキバの僕として仕えてきたからわかる…その女は腐っている」と衝撃の一言を放ちます!

言い方はかなり悪いですが次狼は女性の性格を見抜くセンスがあるので、ここまで言わせるとは祐子の性格がかなりひどかったようですね。

主人公の常磐ソウゴ(ときわ そうご)が仮面ライダーの力がこもった時計型の変身アイテム、キバライドウォッチを渡す相手だということが分かった次狼は、それをソウゴにたくして戦いを離脱していきました。

パパ
どちらも記念作品だったから登場できたんだね!ジオウではガルルだけじゃなく次狼の姿もちゃんとだしてくれたのがうれしかったな。しかし次狼って相変わらずかっこいいな~。

ガルルのスーツアクターはこの人

仮面ライダーに欠かせない存在がこのスーツアクターですよね。ライダー役の俳優がそのまま演じているような自然な動きと性格や属性に合わせたポーズ、さらに激しい戦闘シーンもこなすのはかなりの技術が必要になります。

さて、気になるガルルのスーツアクターは誰かと言うと・・・なんとあの名スーツアクター!高岩成二(たかいわ せいじ)さんなんです。でたー!

仮面ライダーファンならその名前を何度も耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。もちろん知らない人のためにも、ちゃんとご紹介しますね!

  • 生年月日:1968年11月3日
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:175cm
  • 職業:俳優、スーツアクター
  • 所属:ジャパンアクションエンタープライズ

ジャパンアクションエンタープライズはスーツアクターやスタントを仕事にする人たちの芸能事務所として有名な会社です。歴代の仮面ライダー作品でスーツアクターをされている方の多くはここに所属しています。

高岩成二さんもこちらに所属し俳優やスーツアクターとして数々の作品に出演しているんですが、その中でも仮面ライダー作品への出演がかなり多いことで有名なんです。

しかも演じる役は主演ライダーだけでなく、敵のライダーや怪人や端役まで何でもこなしてしまいます。仮面ライダーキバでもガルルと仮面ライダーキバのスーツアクターも同時に務めているんですよ!いや~天才すぎる!

知らない方はびっくりするかもしれませんが、仮面ライダーに詳しい人からすると高岩成二さんが同じ作品で多数のスーツアクターをこなすのはよくあることなんです。

高岩成二さんの出演ライダー作品
↓気になる+をクリック↓
高岩成二さんの出演作品が気になる方はココ!
作品名 役名(話数限定、一部出演の役は★)
仮面ライダーBLACK RX ライダーマン
仮面ライダーアギト 仮面ライダーアギト、★仮面ライダーG3-X
仮面ライダーアギトスペシャル 新たなる変身 仮面ライダーアギト
仮面ライダー龍騎 仮面ライダー龍騎、ヤクザ
仮面ライダー龍騎スペシャル 13RIDERS 仮面ライダー龍騎、★仮面ライダーナイト、仮面ライダーリュウガ
仮面ライダー555 仮面ライダーファイズ、ウルフオルフェノク、★センチピードオルフェノク、ワームオルフェノク、★ホースオルフェノク、スマートブレイン社研究員
仮面ライダー剣 仮面ライダーブレイド、★ジョーカー、ハカランダの客
仮面ライダーカブト 仮面ライダーカブト、仮面ライダーダークカブト、ZECT警備員
仮面ライダー電王 仮面ライダー電王、モモタロス
仮面ライダーキバ 仮面ライダーキバ、ガルル、★仮面ライダーダークキバ
仮面ライダーディケイド 仮面ライダーディケイド、★モモタロス
仮面ライダーG 仮面ライダーディケイド
仮面ライダーW 仮面ライダーW、仮面ライダージョーカー
仮面ライダーオーズ 仮面ライダーオーズ
仮面ライダーフォーゼ 仮面ライダーフォーゼ
仮面ライダーウィザード 仮面ライダーウィザード
仮面ライダー鎧武 仮面ライダー鎧武、★ビャッコインベス
仮面ライダードライブ 仮面ライダードライブ
仮面ライダーゴースト 仮面ライダーゴースト、ジャイロ、眼魔ウルティマ(声優)
仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダーエグゼイド
仮面ライダービルド 仮面ライダービルド
仮面ライダージオウ 仮面ライダージオウ、★オーマジオウ、仮面ライダー555、仮面ライダーオーズ

仮面ライダーキバのガルルは狼男の種族ということもあり、変身シーンも手を広げてヴオオオオオー!!とすごく派手で豪快なのが特徴です。その姿からは空腹なライオンがお肉たべたいー!と叫んでいるような獣のギラギラした感じが伝わってきます。

そして一番すごいと思ったのは、第15話の現代編と過去編がどちらも並行してルークとの戦闘になるシーンです。どちらも高岩成二さんが演じるシーンが交互に流れてくるのでスーツアクターファンもびっくりしたんじゃないでしょうか。

【過去編】

ウルフェン族を滅ぼしたルークと次狼が森の中で対面するシーンです。怒りをあらわにした次狼は一族の仇をとるためにすぐガルルへ変身します。

次狼は人間体なので表情や言葉でその怒りを表しますが、ガルルに変身してもその感じが同じように伝わってくるんです。

いつもは獲物をゆっくり狙い間合いをとるのにこの時は落ち着きがなく、ルークが1歩あるくだけでガルルは2,3歩移動して相手よりも細かく動きます。

パパ
きっとガルルの心に余裕がないんだね!みているだけで分かったよ。

ルークに攻撃を仕掛けるも次々とかわされ逆に攻撃を喰らってしまうシーンではいつもより細かく反応し、でも攻撃は大雑把に動くため歯が立たずもがいている感じが伝わってきて、思わず頑張れ!と声をかけてしまいそうです。

【現代編】

こちらでも紅渡がルークと対面し仮面ライダーキバへ変身して戦闘が始まりました。キバの戦闘はいつもスッとした出で立ちでファンガイアに向かうのが特徴ですね。真っすぐそして冷静に戦います。

しかし今回は相手が因縁のルークということで、すぐにガルルフォームへ変形します。鋭く低く姿勢はガルルそのものです!

おばあちゃん
こんなに低い姿勢で戦うなんて腰にきそうだけど、高岩成二さんは辛くないのかしら?

ちなみに仮面ライダーキバのガルルフォームって最初はすごくガルルそのものなんですが、所々に渡の戦闘意思が見え隠れするところが最大の見どころなんです。

特に注目なのがその出で立ちです!ガルルフォームでガオガオとうなりながら戦う合間でも、あのキバのスッとした綺麗な姿勢が入っていて、キバの静とガルルの動がすごく自然に表現されているなあ~と思いました。

これこそが長年仮面ライダーのスーツアクターを務めている高岩成二さんだからこそ出来る演技なんですね。仮面ライダーのスーツアクターって奥が深いなあ~。

高岩成二さんのすごさやスーツアクターの魅力が伝わったでしょうか?さらに興味を持った方については、こちらスーツアクターを徹底解説した記事がおすすめです。これを読めばあなたも立派な仮面ライダー通になれちゃいますよ!

ガルルの人間体「次狼」とはどんな人物?

ガルルは普段人間体の「次狼」として生活しています。この次狼がどんな人物なのか気になって調べてみましたが、残念なことに身長や体重などは公式で発表されていませんでした。

でも諦めるのはまだ早いんです。実は次狼のあるマニアックな好みを知ることができたのでご紹介します!

  • 好きなアイドル:おニャン子クラブ
  • 好きな飲みもの:コーヒー

次狼は意外なことに、あのおニャン子クラブの大ファンなんです!いつも通う喫茶店「カフェ・マル・ダムール」のマスターから、おニャン子クラブの山本スーザン久美子ちゃんのファンであることを見抜かれ会員にならないかと誘われます。

しかし次狼はすでに入会済みという衝撃の事実がわかりました。しかも会員番号は13番という結構早い番号なのもびっくりですね。ちなみに誘ってきたマスターは32番でした。

他にも無類のコーヒー好きな次狼はこの喫茶店でよくコーヒーを飲んでいます。コーヒーの味にはかなりうるさいらしく美味しいと思わなければお金を払わないと自ら言ってくるんです。ちょっと嫌な客ですよね~。

しかしこの喫茶店のコーヒーは気に入っているらしく、最初に入ってときは1杯に1万円札を出していました。これにはマスターもご満悦ですね!その日から次狼はこの喫茶店に足しげく通っています。

次狼は思ったよりキャラが濃いのかもしれません。食通でアイドル好きとは意外な情報でした!

次狼を演じたのは松田賢二(まつだけんじ)さん

人間体である次狼を演じたのは俳優の松田賢二(まつだ けんじ)さんです。本編では次狼の他にもガルルの声優も務めていました。一体どんな俳優さんなのか気になるところをどんどん見ていきましょう。

松田賢二さんのプロフィール

ガルルと同じキリっとした瞳と低音のダンディボイスが男らしくてとっても素敵な松田賢二さん。ぜひその目で見つめられた~い!耳元でささやいて欲しい~!

興奮冷めやらぬところで松田賢二さんのプロフィール紹介にいきましょう。

  • 生年月日:1971年9月23日
  • 出身:大阪府茨木市
  • 血液型:B型
  • 身長:177cm
  • 所属:オスカープロモーション
  • 出演作:仮面ライダーシリーズ

意外なことに松田賢二さんはオスカープロモーションに所属していたんですね。米倉良子さんや上戸彩さんなど女優さんを多く抱えている事務所というイメージだったので、男性の松田賢二さんが所属しているとはかなりびっくりしました!

そんな松田賢二さんですが、実は多くの仮面ライダーシリーズに出演しているライダー俳優だということを知っていますか?TVシリーズはもちろんのこと、劇場版やオリジナル作品にも出演していたんです。

気になったので出演作品と役名を調べてまとめてみました。

作品名
仮面ライダー響鬼 仮面ライダー斬鬼(声)、ザンキ
劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 凍鬼
仮面ライダーキバ ガルル(声)、次狼
仮面ライダーG シェード隊員
仮面ライダーディケイド  仮面ライダー斬鬼(声)、ザンキ
仮面ライダージオウ ガルル(声)、次狼
パパ
そうだ!仮面ライダー響鬼に出てたんだよな~。ガルルとザンギは両方とも声優も担当しているし、松田賢二さんって器用な俳優さんなんだね~。

ちなみに仮面ライダーGとは2009年、テレビ朝日開局50周年記念番組の「SmaSTATION!! Presents SMAPがんばりますっ!!」の中で放送されるために作られた作品です。

主役は元SMAPの稲垣吾郎さんが演じており、仮面ライダーディケイドの主人公や歴代の平成ライダーも登場したクオリティの高い特別作品になっているんです!松田賢二さんは悪の組織シェードに属するシェード隊員として登場しました。

仮面ライダーでいうショッカー怪人に近い立ち位置かもしれませんが、今時の武装勢力といった感じでかなりかっこいい敵集団でした。こんなところでも松田賢二さんはライダー俳優として活躍されていたとは驚きですね。

松田賢二さんはあのライダー俳優と兄弟?

松田賢二さんを調べていると、なぜか仮面ライダー龍騎に出演していた松田悟志(まつだ さとし)さんが一緒に検索されているんですよね。

確かに2人とも仮面ライダーに出演していましたが共演はしていないはず・・・。

気になりますね~!その理由を確認してみたところ、なんと松田賢二さんと松田悟志さんが兄弟だという噂が!!これはびっくり!え~それって本当なんでしょうか!?すごく気になったので真実を確かめてみました。

2人を調べてみるとある3つの共通点があがってきたのでどんなところなのか見てきましょう。

共通点その1 顔が似ている

松田賢二さんも松田悟志さんも顔に余計なお肉が付いていないので輪郭がシュッとしています。また男らしく骨ばったところもあるため、全体的に顔つきが似ているという印象を受けました。

ママ
濃いめでキリッっとした松田賢二さんがお兄ちゃんで薄めでシュッとした松田悟志さんさんが弟って感じがするわね。どっちもカッコいいから選べない~!

共通点その2 プロフィールが似ている

ここで松田悟志さんのプロフィールを見てみましょう。

  • 生年月日:1978年12月16日
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 血液型:B型
  • 身長:181cm
おばあちゃん
あら、2人とも大阪府出身なのね!しかも同じB型よ。

そうなんです。この出身地が近いこと同じ血液型というところでも兄弟説が有力になったポイントでもあります。

松田賢二さんは茨木市なんですが、他県の人は土地勘もないので「大阪府」のインパクトだけで同じ所出身と思っちうのかもしれませんね。ちょっとわかる気がします。

共通点その3 名前が似ている

最後は一番シンプルな共通点です。松田賢二と松田悟志、名前は違うんですがこの「松田」の印象がすごく強いんですよね。

検索をしていてもタレントの辺見えみりさんは松田賢二さんの奥さんなのですが【松田悟志 辺見えみり】なんて出てくるくらい名前が混同されているようです!

パパ
あれ、でも松田悟志さんの名前は芸名なんじゃなかったっけ?

そうなんです。実は松田悟志さんは芸名で本名は「益田知紀(ますだ とものり)」という名前でした。

と言うことで、2人が兄弟ではないことが証明されてしまいましたね~。もうちょっと謎を残したままにしかたったんですが残念です。どうやら兄弟の噂は2人の共通点が多いために生まれたものだったようです。

でもこんなに共通点があったら兄弟って言われても信じちゃいますよね。2人とも仮面ライダー俳優としても有名なのでぜひ何かのライダー作品で共演して欲しいです。松田兄弟なんていうネーミングはどうでしょうか?

ユニットを組んで仮面ライダーシリーズに登場したら話題になること間違いなしですよ。もちろん奥様のハートもガッチリつかんじゃいますね~。どうかこの希望の声が仮面ライダー制作の方まで届きますように!!

松田賢二さんが演じた次狼が登場する仮面ライダーキバの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • ガルルは狼男の血を引くウルフェン族の男
  • 仮面ライダーキバのアイテムに姿を変えて戦闘を支えていた
  • 過去編では紅音也のよきライバルで、現代編では紅渡の見守り役だった
  • ガルルの声優と次狼の俳優を務めたのは松田賢二さん

ガルルは一見荒々しく乱暴そうに見えますが、実は戦友の紅音也と交わした最期の約束を守り続ける情に熱い戦士でした。過去編では紅音也を支え、現在編ではその息子の紅渡を助ける重要な役割を担っています。

ヒロインでもライダーでもありませんが、ガルルは仮面ライダーを誰よりも近くで支える唯一無二の存在です。心に響く熱い作品が見たい方は、ぜひ仮面ライダーキバを見て一緒に熱くなりましょう!

スポンサーリンク


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

スポンサーリンク