超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーと言えばバイクをイメージされる方も多いはず!実は仮面ライダーのバイクは、ホンダやスズキなど様々なバイクメーカーのバイクがベース車として使われているんですよ。

元になっている市販バイクを見たら、めっちゃ仮面ライダーのバイクがカスタムされているかわかります。これは裏方である美術係の傑作とも言えますね。

私もバイクが好きなので、今回はそんな歴代仮面ライダーのバイクの特徴や、活躍ぶりを様々な視点から見ていきたいと思います。

今回ピックアップする仮面ライダーマシーンは、

仮面ライダーBLACK RX

アクロバッター

です。

    • 仮面ライダーBLACK RXのバイク「アクロバッター」とは?
    • 仮面ライダーBLACK RXの「アクロバッター」のベース車や当時の価格は?
    • ベース車は購入はできる?
    • アクロバッターというマシーン名について考えてみると?

について徹底的にご紹介していきたいと思います!!


仮面ライダーBLACK RXのバイク「アクロバッター」とは?

バイクが仮面ライダーの顔をしていて、とってもかわいい!というのが第一印象でした。ブルーとイエローのラインもシュッとしていて、いかにも速そうなバイクです。この「アクロバッター」は仮面ライダーBLACK RXに登場します。仮面ライダーBLACK RXは、前年放送された仮面ライダーBLACKの続編として制作されました。

仮面ライダーBLACK RXとは?

主人公の南光太郎・仮面ライダーBLACKは悪の組織を壊滅させたあと、突如現れた新たな敵「クライシス帝国」に捕まり、宇宙空間に追放されてしまうが、体内に埋め込まれていた太陽のキングストーンという石の力で仮面ライダーBLACK RXに進化し地球に帰還。

そして「クライシス帝国」から世界を守るために、南光太郎は新たな戦いへと踏み出していく…

そしてアクロバッターは、RXが乗っていたロードホッパーというバイクが生まれ変わったバイクです。ロードホッパーは、BLACK編最後の戦いで敵にやられて大破してしまっていましたが、主人公の南光太郎の太陽の光の力で復活・進化して、光機動生命体「アクロバッター」となりました。

生命体の名の通り、生きているバイクと言うことになるのですが、その一番の特徴は会話ができる!ことです。

機械的な音声ですが、普通に会話していますね(笑)。このようにアクロバッターは自我を持つマシーンです。例えるならドラえもんのように自分の意志を持っています。そのため、RXがピンチの際には自力走行で助けに現れたりもできます。

あらゆる熱や寒さにも耐え、水の中も走行が可能。まさにRXの頼れる相棒といったところですね。うーん、こんなバイク欲しい!

アクロバッターはどんな活躍をしていた?

必殺技や活躍した状況は?エピソードを解説

アクロバッターは、ソーラジルコンという架空の金属で装甲されていて、その金属の力で高温・低温・水中と過酷な環境にも耐えることができます。RXがアクロバッターに搭乗するとお互いのパワーが融合し、ソーラジルコンにパワーを充填して敵に体当たりをする「アクロバットバーン」という必殺技が使えます。

乗っていた俳優さんは?

仮面ライダーBLACK RXは、倉田てつをさんが前作の仮面ライダーBLACKに引き続き主人公の南光太郎を演じています。南光太郎がどんな人物だったのか特徴をまとめてみました。

仮面ライダーRX/南光太郎のキャラクター

  • 生体改造手術をされた改造人間なので、変身前でもめっちゃ強い。変身するともっと強い。
  • 明るい熱血漢
  • サボテンに水をやりすぎて枯らすクセがある
  • ヘリコプターの操縦ができる
ママ
一言で表すなら、「熱い男!」ね

アクロバッターは倉田てつをさんが演じる南光太郎のバイクとなります。倉田てつをさんについてはリンクを貼りますのでこちらをご覧ください。

仮面ライダーBLACK RXの「アクロバッター」のベース車や当時の価格は?

仮面ライダーBLACK RX

バイクの名前:アクロバッター

スピード:750㎞/h

馬力:512馬力

ジャンプ距離:90m

特殊能力:アクロバットバーン

ベース車の当時の価格は、399,000円になっています。

すごくカラフルで走りやすそうなデザインですね。形状からも悪路に強そうなイメージを感じちゃいます。このバイクは1984年に、ハスラーの後継車として販売されたオフロード車です。

水冷単気筒の2サイクルエンジンで、馬力は35という当時としてはトップクラスの数字を誇っており、瞬発力や加速がすごいところが魅力的なバイクでもありました。

なので、道路の段差もそのままのスピードで乗り越えていけてしまうんです。わざわざ前輪を当ててブワって上らなくても、そのままスムーズに行けるのでかなり良いですよね。

このベース車は他のライダーバイクにも使われているようなので、こういうところがバイクアクションをするのにやりやすいバイクだったのかもしれませんね。

アクロバッターのグッズやフィギュアは?

アクロバッターのフィギュアはフィギュアーツで商品化されています。

ただし、人気のある商品のようで、少数の出品となっています。ここでも仮面ライダーBLACK RXの根強い人気が窺えます。



今でもベース車は購入はできる?

ベース車であるスズキRH250はすでに販売終了しており、現在は購入できません。購入するなら中古になると思いますが、中古市場にもほとんど出回っていない状況です。

もう20年以上前のバイクになりますし、所持している人も少ないのかもしれませんね。

現代で売られているアクロバッターに似たバイクはこれ!

スズキRH250と似ていると思ったバイクはこれ、RM-Z250です。このバイクは競技用なので公道では走れないですが、スズキの中で同じ250ccのバイクだとこれが一番似ているかな、と思いました。

お値段は761,400円(税込み)となっており、なかなか良いお値段ですが、RH250に負けず劣らずスタイリッシュなデザインで、とてもかっこいいバイクになっています。

競技用なので、走る、曲がる、止まるといった基本性能をとことん追求したバイクとなっており、またエンジン位置の見直しなどにより、コーナリング性能もUPしました。なんだか、すごい性能の良いバイクですね。

このバイクで競技に参加し、BLACK RXのように思いっきり走りぬいたら、とても気持ちがよさそうです。

仮面ライダーBLACK RXの歴代バイク【アクロバッター】を実際に見よう!今なら限定無料配信しています↓↓

アクロバッターというネーミングについて

ここで、「アクロバッター」というネーミングについて考えてみようと思います。アクロバッターのネーミングの由来については明らかになっていませんが、マシーン名にはバッタが入っています。なぜ、マシーン名に「バッタ」が入っているのか?それは、仮面ライダーに込められた想いを引き継いでいるからだと考えられます。

仮面ライダーシリーズのモチーフに昆虫を使用しているケースは多くあり、仮面ライダーBLACK、BLACK RX共にバッタがモチーフとなっています。ちなみに、仮面ライダー1号・2号もバッタがモチーフです。ではなぜ、バッタをモチーフにしたのか?を見ていきたいと思います。

バッタに込められた想いとは?

初代仮面ライダーすなわち仮面ライダー1号は1971年に登場しています。原作者である石森章太郎先生は「リアリティがあり、かつグロテスクさも欲しい」と考えていたことから、当初はバッタがモチーフではなく、仮面ライダードクロマンという髑髏(ドクロ)をモチーフとした作品でした。しかし、営業上・商業上の理由からふさわしくないと制作陣から反対にあい、ボツになってしまいます。

画像右上がスカルマンです。仮面ライダーのイメージがこのときすでにできていたんですね。

そこで、ドクロに似ている「バッタ」をモチーフとした仮面ライダーが誕生します。それは見た目だけではなく、「バッタはあの大きさであのジャンプ力がある。もし、人間と同じ大きさのバッタがいたとしたらとんでもないジャンプができるはず」と、ライダーのジャンプ力のすごさ、ライダーキックが強力な技であるという根拠にもなる設定となりました。

また、放送当時は高度経済成長による影響で環境汚染が深刻化しており、社会問題になっていました。そこで、自然界の代表として昆虫であるバッタをヒーローにすることで、自然の力のすごさや大切さを伝えること、環境破壊への警告という深い想いがバッタのモチーフに込められていました。

仮面ライダーシリーズは、初代の段階から単に子供受けを狙った戦隊モノではなく、何かしらのメッセージが込められた作品であることが分かりました。平成の今の時代まで人気が続いている理由の一つだと私は思います。今後の作品でどのようなメッセージが込められるのか、その点にも注目ですね。

仮面ライダーBLACK RXの歴代バイク【アクロバッター】を実際に無料視聴することができます!今なら限定無料配信してます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダーBLACK RXのバイク「アクロバッター」は仮面ライダーBLACK RXが乗っていた。
  • 仮面ライダーBLACK RXの「アクロバッター」のベース車はスズキRH250。
  • ベース車の購入はかなり難しい。
  • バッタは自然界の代表をイメージ。

アクロバッターはRXにとって欠かせない存在といえます。主人公南光太郎は、そんなアクロバッターをとても大事にしていました。バイクと会話を通して心を通わせることで、バイク愛を表現したとも言えます。こういった描写もまた、仮面ライダーの人気の一因ですよね。今後も、どんな個性的なマシンが登場するか楽しみにしたいと思います。


バイクだけが仮面ライダーの魅力じゃない!久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で楽しく安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ