»»»ついに令和初のライダーが登場!見逃した方は今すぐ無料視聴!!

大人から子供まで楽しめる仮面ライダー!

親子で楽しむことができるのが仮面ライダーの魅力の1つなんですよね。

さて、今回はそんな人気の歴代仮面ライダーのキャスト(俳優)について見ていきたいと思います。

今回ピックアップするライダーは、

仮面ライダーサソード

山本裕典

です。

  • 仮面ライダーサソードの俳優さんとは?
  • プロフィールや経歴は?
  • デビューのきっかけは?
  • 今はどんな活躍をしてる?

について徹底的ご紹介していきたいと思います!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


仮面ライダーサソードの俳優さんとは?

仮面ライダーカブト」の「仮面ライダーサソード」『神代剣(かみしろ つるぎ)』役を山本裕典(やまもとゆうすけ)さんが演じました。神代剣はイギリスから伝わる名門ディスカビル家の血を引くお坊ちゃまで、自らを「神に代わって剣を振るう男」と称しています。

ワーム(敵)1体を倒す毎に報酬120万円という契約で、ワーム狩りをしています。

運動神経抜群で、楽器も器用に弾きこなすというパーフェクトな能力の持ち主ですが、世間知らずが玉にキズ。

また、姉に似ているという理由で永田杏奈さん演じる岬祐月(みさき ゆづき)に惚れており、彼女のことを「ミサキーヌ」と呼ぶユニークな一面があります。キャラが濃いですが、そこが味のあるキャラクターでもあります。

姉にこだわる理由は、姉がワームに殺されてしまったという辛い過去があるからです。だから、ワームには人一倍闘争心を燃やします。

しかし、終盤で自分の正体がワームであることを知り、主人公の水嶋ヒロさん演じる「仮面ライダーカブト」「天道総司」に自ら殺される決意をします。このストーリー、ほんと泣けるんです。

「仮面ライダーサソード」の名前の由来は、サソリと武器である(ソード)です。「仮面ライダーカブト」の中で唯一、節足動物がモデルとなっているんですよ。

ブラッドベセル」という名のチューブのような触手で覆われたような形が特徴的であり、その触手でワームを捕える事ができます。相手に突き刺す武器にもなるようですね。また、クロックアップしているワームも確認できるほどのスゴイ能力があるんだそう。

クロックアップ
『仮面ライダーカブト』に登場する、高速行動能力。移動に限らず行動全般や、思考・感覚までもが加速される。

引用元:ピクシブ百科事典より

仮面ライダーサソードのスキル
☆毒を持っている。頭部の「サソードアンテナ」から毒を分泌できる。
☆卓越した剣技。
☆「ポイズンブラッド」を持っている。

【ポイズンブラッドとは】
胸部のブラッドコアから生成され、肉体を活性化するもの。体内に循環させ高い戦闘能力を発揮する。両肩から張り出した「ブラッドタンク」に蓄えられている。

ちなみに「サソードアンテナ」は聴覚を強化する役割も持っています。能力はもちろんですが、正面から見た写真もサソリをイメージさせる形をしています。肩がハサミで、左足には尾が巻きついているデザイン。目はサソリのハサミを連想させます。

仮面ライダーでは数少ない左右非対称のデザインです。剣型デバイス「サソードヤイバー」に、サソリ型の「サソードゼクター」を合体させ変身します!

必殺技はライダースラッシュで、歴代の仮面ライダーシリーズの必殺動作となっています。

当時、俳優デビューのきっかけとなったこともあり、仮面ライダーシリーズへの熱い思いを動画の中で語ってくれています。今の山本裕典さんと比べると若々しく、どこかあどけないですね♪

山本裕典さんはどんな人?

引用元:株式会社ワイツー公式サイトより

プロフィール
生年月日:1988年1月19日
出身:愛知県
身長/体重:180cm/64kg
血液型:A型
趣味:ゴルフ、サッカー、スポーツ観戦、映画鑑賞

引用元:株式会社ワイツー公式サイトより

本当にイケメンですね。こんなくっきりした二重の瞳で見つめられたら、吸い込まれそうです。

性格は真面目で繊細、負けず嫌いなど様々な説がありますが、世間ではチャラいイメージがあるので意外とも言えます。

山本裕典さんは元モデルということもあり、かなりスタイルが良いですが、その秘訣は趣味のゴルフなんでしょうか?

ずっとオフなんて書いてますが、この美ボディを維持するために日々努力しているか、ゴルフしているか、といった感じなのでしょうね。引き締まったウエストがとても魅力的です。

山本裕典さんは、契約内容に違反したため所属事務所との契約を2017年3月21日付で終了しています。事務所の発表では、契約内容に違反したことのみ明らかにされており、具体的に何がどのように違反したのかを明らかにはしていません。

これまで十分本人と話し合ったけれど、山本裕典さんが事務所の考える“基準”に至らなかったということが原因だとされています。ファンにとっては曖昧な終わり方だったのではないでしょうか。

法的に問題になるような違反をしたわけではないので、世間では色んな批評がありますが、2019年に再び芸能界入りをしたこともあり今後の活躍が期待できそうです。

経歴

山本裕典さんは、愛知県立豊川工業高等学校機械科をご卒業されています。在学中には機械科関係の資格をたくさん取得されたそうで、努力家な一面が垣間見えますね。

勉強にも力を入れる一方、接客業などのアルバイトにも一生懸命取り組んでいたようです。

『当時高校生だった時は欲しいものを買うのにお金が欲しくて、親にお金をもらったりしたこともあったけど、お金を稼ぐって大変なんだなって学びました』と語っています。若くしてお金を稼ぐということについて、ちゃんと考えていたんですね!

2005年の『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で準グランプリ&フォトジェニック賞を受賞し、芸能界入りを果たします。読者投票部門では1位を獲得したそうです。まさに、国民から選ばれたスターだと言えます。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト
主婦と生活社が発行している月刊雑誌JUNONが主催する美男子コンテスト。

引用元:ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト公式サイトより

一見とんとん拍子で知名度を高めてきているように思えますが、オーディションに落ち何度も泣いたり、役作りで悩みトイレに引きこもったりと、苦しみながらも芸能活動に懸命に取り組んでいたようです。

2006年にドラマ初出演となった「仮面ライダーカブト」でレギュラー出演、俳優デビュー。演じる山本裕典さんの表情豊かな演技も良く、今でもサソードといえば山本裕典!と言われるほどになりました。

そんな山本裕典さんが演じた仮面ライダーサソードの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

デビューのきっかけは?

小学生の時から芸能界に憧れており、特にジャニーズの滝沢秀明さんのファンであったと語っています。

高校生までは芸能活動を行うことなく、普通の生活を送っていました。高校卒業後は就職も決まっていたそうですが、父親と母親、どちらから背中を押されて芸能界入りしたのかは不明です。

母親から『芸能界目指してたんじゃなかったの?』と言われたという説もあれば、母親は大反対だったけれど父親が『やってダメなら戻ってこい』と背中を押してくれたという説もあります。

また、高校時代にやっていた接客業のアルバイトも、俳優のお仕事も、”相手を喜ばせる“ことが大切だと考えていたようです。

今はどんな活躍をしてる?

仮面ライダーの出演後、テレビ、映画、舞台と活躍の場は広く、「花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜」では一躍話題になり、「桜蘭高校ホスト部」では主演を務めました。

ドラマ「タンブリング」でも主演を務め、人気イケメン俳優の仲間入りを果たしました。

また、2013年には日本歯科医師会が主催する「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2013」の著名人部門を受賞しています。

しかし、数々の恋愛スキャンダルや事務所から禁止されていた副業など、その活躍とは裏腹にファンの期待に添えないような行動が続きました。

これが原因かは明確になっていませんが、山本裕典さんの所属していたエヴァーグリーン・エンタテイメントは、『このような結果は、非常に残念であり、私共の指導力不足を痛感しているところでもあります』とコメントしています。

事務所からの解雇が発表される数日前には、ドラマ「北風と太陽の法廷」にも出演していました。本当に突然の出来事だったのでしょうか。

その約2年後の2018年12月20日、山本裕典さんが代表取締役を務める個人事務所「株式会社ワイツー」の公式サイトで、俳優としての活動再開が発表されました。本人のインスタグラムでも公表されていますね。

2019年3月に舞台「となりのホールスター」出演が決まったとのことで、2年での復帰となりました。

山本裕典さんの芸能界復帰に対し世間では賛否両論の意見があったようですが、仮面ライダーファンは「ジオウに出てくれ!」と大喜びしたみたいです。

昔からのファンだという方々は、仮面ライダーとしてのイメージが今もなお強く残っているのでしょうね。

今は韓国料理店の経営も行っているようです。お店は繁盛しているそうで、芸能界時代と収入も変わらないとのこと。

いやらしい話ですけど、正直、経済的にも変わりないです。ただ、友達は減りましたね。ふるいにかけられた感じです。今までかわいがってくれた社長さんとかが、手のひらを返したように連絡をくれなくなったり。自分の心の中で“それまでの人だったんだな”と整理をつけました。芸能人としてではなく、自分の人間性を見てもらえるようになって、“いい人たち”だけが残ったんだなと肌で感じています。

引用元:livedoorNEWSより

前の事務所から解雇されたことで離れていった人々について語る反面、復帰後の心境の変化については『休む前は感謝の気持ちが薄れていた』と、新たなスタートを切る上での反省点を明かしています。

山本裕典さんは、数々の恋愛スキャンダルや事務所とのトラブルについても、過去のことを随分と反省しているようです。『どん底は見ました。今はもう何も怖くないですね』と第二の人生を歩み始める覚悟も見せています。

日頃からご自身のインスタグラムでも元気な姿を見せており、ファンにとっては喜ばしいことではないでしょうか。

山本裕典さんは愛嬌がある?~人脈の広さ~

山本裕典さんはゴルフだけではなくフットサルにも取り組まれているようで、チームの皆さんとの楽しそうな様子をインスタグラムに投稿しています。

山本裕典さんが着用しているのは柏レイソルのユニフォームで、日本代表としても活躍した大津祐樹選手から頂いたものだと書いていますね!これだけ人脈が広いと、山本裕典さんは愛嬌もあり色んな人から好かれやすい人格をお持ちなんだろうなぁと感心します。

渡辺直美さんとも仲良し!

渡辺直美さんは親友なんだそう。死ぬほど語ったって書いてますが、どんなお話するんですかね!2人の写真が渡辺直美さんのインスタグラムに上がった時はかなり反響があったようです。

最近の恋愛事情は?

一方恋愛面はというと、現在の山本裕典さんは未婚ですが、周囲の人が結婚しているので焦っているようです。もしも山本裕典さんがご結婚されたら、”山本ロス”が起きるでしょうね(笑)

恋愛スキャンダルも多く一見チャラいイメージの山本裕典さんですが、好きな女性のタイプは「昭和女子」「やまとなでしこ系」なんだそうです。見た目に反して奥手な女性が好き、ということでしょうか!?

残るは本当に俺だけ、なんて書いてますね。世の中の女性からすれば残っていてほしい気持ちもあると思いますが(笑)。

そんな山本裕典さんが演じた仮面ライダーサソードの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • 仮面ライダーサソードの俳優さんは山本裕典。
  • 性格は意外にも繊細で負けず嫌い。
  • ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリ&フォトジェニック賞を受賞。
  • デビューのきっかけは両親で、幼い頃は滝沢秀明さんに憧れていた。
  • 今は飲食店経営を行う傍ら、芸能界に復帰し2019年3月には舞台も決まっている。

現在は飲食店の経営を行いながら芸能界復帰を公表した山本裕典さん。引退当時は素行の悪さが気になるという世間の声が多かったですが、今後どのように過去のイメージを変えていくのか楽しみです。

第二のスタートを切るのはなかなか簡単なことではないですが、仮面ライダー役に取り組んでいた当時と同じくらい純粋な気持ちで演技に臨んでほしいですね。

スポンサーリンク


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ

スポンサーリンク