»»»ついに令和初のライダーが登場!見逃した方は今すぐ無料視聴!!

大人から子供まで楽しめる仮面ライダー!

親子で楽しむことができるのが仮面ライダーの魅力の1つなんですよね。

さて、今回はそんな人気の歴代仮面ライダーのキャスト(俳優)について見ていきたいと思います。

今回ピックアップするライダーは、

仮面ライダースペクター

山本涼介さん

です。

  • 仮面ライダースペクターの俳優さんとは?
  • プロフィールや経歴は?
  • デビューのきっかけは?
  • 今はどんな活躍をしてる?

について徹底的ご紹介していきたいと思います!!

スポンサーリンク


スポンサーリンク


仮面ライダースペクターの俳優さんとは?

2015年10月から2016年9月にかけて放送された「仮面ライダーゴースト」の「仮面ライダースペクター」『深海マコト(ふかみ まこと)』役を山本涼介(やまもと りょうすけ)さんが演じました。

深海マコトはバカがつくほどのまっすぐなキャラクターであり、クールな性格と合理的な考え方の持ち主です。他の登場人物と比べると、そのブレないまっすぐさが際立っています。

戦闘のエキスパートで、戦いにおいても「仮面ライダーゴースト」こと主人公の「天空寺(てんくうじ)タケル」の一枚上手をいく最強のライバルでもあります。

実際に、物語の序盤では仮面ライダーゴーストに連勝し、天空寺タケルを自信喪失という状況にまで追い込んでいます。スーツのデザインもとてもかっこいいですね。

10年前、深海マコトは明るい性格でした。しかし、あることを機に天空寺タケルたち幼馴染に対して辛辣な態度を取ったり、「俺に友などいない」と言い放っては容赦なく攻撃を仕掛けるような人格に変わってしまったのです。

その原因は、深海マコトの妹「カノン」が大天空寺の地下で行われた実験により、ゴーストアイコン(眼魂)に封じ込められてしまったからです。

ゴーストアイコン(眼魂)
「仮面ライダーゴーストに登場する眼球の形をしたキーアイテム。正式な表記は「ゴースト眼魂」。英雄の眼魂は全部で15個存在し、全て揃えた者は好きな願いを叶える事ができる。

引用元:ピクシブ百科事典より

妹のカノンを救うため、眼魂を集める孤高の戦いを続けていましたが、最終的に天空寺タケルの手で妹を救われたことで深海マコトは心を開いていきます。以前と違って明らかに態度が優しくなっています。

なんとなく距離を置いているようなクール感は変わっていませんが…。

撮影現場を振り返って思うこと

撮影現場を振り返り、山本涼介さんは今何を思うのでしょうか。

最初の頃は1年という長いスパンで、終わりが来ることを考えたりはしなかったけれど、だんだん終わりが近づくにつれ一回一回の変身シーンを噛みしめて、自分の中でカウントダウンしながらやっていたんだそう。

また、仮面ライダーに出ることはご自身の目標でもあったそう。本作を通じての成長をかなり実感しているようで、芝居の幅や引き出しがマコトという役を通じて増えたとも語っています。

山本涼介さんは仮面ライダーだからこそ経験できたことが貴重な経験であることも明かしており、『アフレコやCGを用いたグリーン背景での撮影はなかなかできる機会はないと思う』と感謝の思いでいっぱいだったようです。

特に、深海マコトは「心」で表現する場面が多く、顔には感情を出さないクールなキャラなので、演じるのはなかなか難しかったそうです。心を演じるというのはどういうことなのか、ぜひ本編の深海マコトをチェックしてみてください。

プロフィールや経歴は?

引用元:山本涼介オフィシャルサイトより

プロフィール

生年月日 1995年5月15日
身長 185cm
出身地 奈良県
血液型 O型

引用元:山本涼介オフィシャルサイトより

山本涼介さんは事務所「研音」に所属しており、ファッションモデルとしても活動しています。

「研音」は所属することが困難といわれており、山本涼介さんは「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の予選コンテストである「スタイルフィットボーイ・コンテスト」で優勝したことで、所属が認められました。

スカウトもオーディションも滅多にしないようですね。山本涼介さんがどれだけスゴイ存在か分かるかと思います。

性格についてはあまり詳しく明かされていませんが、とてもストイックな性格だと考えられます。仮面ライダーでは酸欠になるほど懸命に演技に取り組んだんだとか…。

一方、ギャップ男子でもあり、学校では結構喋るけど現場ではすごく静かだということで、メリハリのある人物だということが分かります。

イケメンなのはもちろんですが、身長は185センチということでかなりの高身長です!スタイル抜群ですよね。ご兄弟はお兄さんが1人いらっしゃるようで、お兄さんも高身長だと言われています。

山本涼介さんの好みの女性のタイプは、「笑いのツボが一緒の人」で、お笑いが大好きなんだそう!ちなみに、好きなお笑い芸人は、中川家、千鳥、ラフレクラン、笑撃戦隊と宣言しています。彼らにどんな部分が共通しているんでしょう?

お笑いの他にも、サッカー観戦、ネットサーフィン、ファッションに興味があるそうで、暇さえあればずっと服を見ているそうです。基本的に服のことばかり考えていて、好きなブランドは「Yohji Yamamoto」や「BALENCIAGA」だということです。

芸能人ではBIGBANGのG-DRAGONさんの私服ファッションが好きで、着ている服を意識して服を購入するんだそうです。芸能人が買う服というと一流ブランドというイメージがありますが、似た服を安く探して買うなど、庶民的な一面もお持ちなんですよ~!

私は庶民的な芸能人に親近感が湧いてしまいます。古着探しも好きだということなので、古着の聖地「下北沢」で会えたりするかもしれませんね。

一時期はスニーカーを集めるのにはまっていたそうで、その数は約50足!50足なんて持ったことないから分からないけれど、大きな収納スペースをお持ちなんでしょうね(笑)。

絵を描くのも好きで、シンプルな靴に油性ペンでデザインをするのも好きなんですって!これは、将来デザイナーとしても大きな期待が持てますね!

山本涼介さんは一作品終えるたびに自分へのご褒美として服や靴を購入するそうで、買い物が仕事のモチベーションにもなっているようです。自分へのご褒美を上手に使われているなぁと思います。私も、にんじんぶら下げて頑張ってみようかな…(笑)。

一方サッカーはというと、小学校から高校までサッカー部でゴールキーパーをしていた経験から、サッカー観戦が好きなようです。子供のころの夢はプロサッカー選手で、中学生の時には奈良県の代表選手に選ばれ、県大会で優勝したこともあるんだそう。

相当サッカーが好きだったためか、幼い頃の夢はプロのサッカー選手になることだったみたいですね。

デビューのきっかけと輝かしい経歴

View this post on Instagram

Specter.

A post shared by DCD Productions (@justakamenguy) on

山本涼介さんは元ジャニーズJr.だった経歴もあります。HeySayJumpの山田涼介さんと名前が似てるので間違えそうになりますよね。

2009年、中学2年生のときにお母さんが「スタイルフィットボーイ・コンテスト」に応募し、なんと!1500人の中から見事優勝しました!ちなみに、山本涼介さんの母親はモデルなんだそうです。

学生時代サッカーに打ち込んでいた山本涼介さんは、中学に入って関西大会に出た時、周囲のレベルの高さを実感します。

これを機にサッカー選手という夢に迷いが生じ、諦めかけていたところに、「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」への参加が決まったのだそう。当時はサッカーか芸能人か、かなり悩まれたようです。

お母さんは、お仕事のことにはあまり口を挟まないそうですが、ファッション関係のお仕事だと、ポージングのアドバイスをしてくれるんだそうです。家族そろってモデル体型なんでしょうね~!

「第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」ではファイナリストになり、事務所「研音」にスカウトされて芸能界デビューが決まりました。

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」ではグランプリ受賞はかないませんでしたが、ファイナリストでもかなりすごいです!

コンテスト出場者は1万人を越えると言われているので、ファイナリストは数名と考えるとものすごい倍率になります。しかし山本涼介さんは負けず嫌いなのか、グランプリに選ばれなかった時はかなり悔しくて泣いたんだそうです。

何事も突き詰める精神が山本涼介さんの魅力なんですね。

2011年には「花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス2011」で俳優デビューを果たします。このドラマを経て有名になった俳優さんはたくさんいらっしゃいますよね。

ちなみに、昔から小栗旬さんに憧れていたそうで、2007年に放送されたイケパラに小栗旬さんは出演されていましたから、そのリメイクバージョンに出演された山本涼介さんは後を継ぐような気持ちだったのではないでしょうか。

2012年にもドラマ「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~」に出演し、俳優としてドラマ出演が増えていきます。

2013年7月13日~9月1日まで東京のお台場で行われたイベント「お台場合衆国2013」で結成された「夏☆1グランプリ イケメンミストマンNo.1決定戦」では全国オーディションでメンバーの8人に選ばれ、オレンジ担当として活動しました。

このイベントは、8人のイケメン達が「この夏一番さわやかなイケメン」として認定される夏企画で、「皆さんを熱中症から守るミストマン」として結成されたイケメンユニットです。

8人が考案したオリジナルメニューがフジテレビ一階カフェで味わえたり、CDも発売されるなどかなりアツい期間限定企画でした。

フジテレビの考えとしては「今後のブレイクする人物」という希望が託された企画だったとも言えます。結構本格的に活動したユニットだったんですね。

その後「第29回メンズノンノモデル」のオーディションにも合格され、実際に契約できたのは約2000通の応募の中からたった3名なんだとか。この前まで泣いてたのは何だったのかと思わせるスゴさです。

俳優以外の場面でも活動を広げながら、2014年にもドラマ「あすなろ三三七拍子」に出演します。

映画では「好きっていいなよ。」で初出演を果たし、主人公で学校一モテる男・大和(福士蒼汰)の友達で、大和に想いを寄せる愛子(足立梨花)に好意を寄せる立川雅司役を演じました。

大人びた部分と高校生らしくはしゃぐという二面性を持ったキャラクターだったということで、演じるうえでギャップ見せるのが難しかったのではないでしょうか。

山本涼介さんは、『映画はドラマと違ってワンカットが長く、全然カメラが止まらないところが新鮮だった』と語っています。むしろ、細々カットが入るドラマよりも演技がしやすかったとか!?ここは、役者さんを経験してみないと理解するのが難しいですね。

ちなみに、台本を読むときは自己流の読み方があるそうで、1回目は自分の役を気にせず作品として読む。2回目以降は自分の役を意識して読み、「どういう気持ちなんだろう?」と考えながら何度か読み込んでいくようです。

映画「好きっていいなよ。」については、若者の恋愛離れが取り上げられていることもあり、『映画を観て、ちょっとでも恋したいと思ってもらえたらいいですね』とかわいらしいコメントもしていたみたいです。

同年には映画「神さまの言うとおり」にも出演し、映画業界へも確実な一歩を踏み出した年だったと言えるでしょう。

そして翌2015年には『仮面ライダーゴースト』にレギュラー出演。山本涼介さんにとっては、お芝居の面白さがより一層深められた特別な作品だったようで、さらにより多くの人に自分を知ってもらうきっかけにもなったと語っています。

昔から小栗旬さんが好きだということについて触れましたが、最近では菅田将暉さんの演技を参考にされているようです。菅田将暉さんも仮面ライダー出身の俳優さんですよね♪

また、私服ファッションだけではなく、”自己表現力”という点でもG-DRAGONさんを尊敬しているそうです。

そんな山本涼介さんが演じた仮面ライダースペクターの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

スポンサーリンク


ライダー出身の看板を背負って活躍!

https://www.instagram.com/p/BKWBHyrj3-o/?utm_source=ig_web_copy_link

2016年には8月6日公開の映画『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』にも出演するなど、注目を集め続けていきます。こちらは『仮面ライダーゴースト』の集大成とも言われている作品になっています。

山本涼介さん曰く、『小さいお子さんには家族と一緒に観てもらいたい』内容で、『子どもであっても命に対する想いを感じられるメッセージ性の強い作品』であるということです!

本作の現場でのテーマは、役者としての山本涼介さんをとことん追い込むことだったそうで、涙だけでは片付けられないマコトが背負ってきた人生をかなり熱心に演じてくれたようです☆『こんな表情ができるのか』と現場の人たちも演技を絶賛していたそうです。

山本涼介さんは、この作品を通じて仮面ライダーの全てを出し尽くし、『またご縁があれば仮面ライダー作品に出演したい』と語っています。「仮面ライダーゴースト」通して気付いたお芝居の魅力は、”答えが一つじゃないこと“だそう。

人によって感性が異なるから、同じ設定の役でも演じる人次第で全然違うキャラクターになるところが面白いという発見があったようです。

だからこそ、自分が演じた役を褒められるとやりがいを感じることができ、仮面ライダーで例えるならば、子どもたちにとって本物のヒーローになれるところが演技の魅力である、と。

同年の8月28日には、山本涼介さん初のファンイベント「山本涼介ファーストファンイベント2016」を開催。

イベントではオリジナルグッズの販売や来場者全員との握手会を実施し、『日頃から僕を応援してくださっている皆さんに、感謝の気持ちを伝える場にしたい』と意気込んでいたようです。

2017年には「陸王」に吉田役で出演。ランナー役なので相当大変だったのでは?とは思いきや、山本涼介さんは「サスケ」に出られるほどの肉体派です。事務所「研音」でも「肉体改造部」に所属しているので、陸王からのオファーも納得ですね。

2018年にもドラマ「インベスターZ」、映画では「ニートニートニート!」に出演し、俳優としてさらに活動の幅が広がった一年となりました。

2018年12月9日放送の第14話「仮面ライダージオウ」では、再び仮面ライダースペクターの深海マコト役として山本涼介さんが出演したようです。仮面ライダーファンはこれを見逃さなかったようですね。

芸能界デビューから約10年経って思うこと

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場してから約10年が経ち、仕事に対する責任がきちんと持てるようになってきたことを実感。俳優としても貪欲になり、【小さな目標をたくさん立てる】という自分らしい仕事の取り組み方も見つけ始めています。

山本涼介さん曰く、高すぎる目標は思い通りにいかないことが多いので、小さな目標を達成しモチベーションを上げていくのが良い方法なんだとか。

そして、達成するごとに自分にご褒美を買い、それを手に入れるために頑張ろうと思える!という自分なりの良いサイクルでお仕事に取り組まれているようです。

また、芸能界デビューを目指している一般人や夢を実現したい人々に対し、『叶えるためには、今何をすべきかを逆算して考え行動する』ことが大切で、山本涼介さんも日頃から意識されているとのこと。

たしかに、何事も今できる範囲で努力しないと目標達成って難しいですよね。

山本涼介さんは、何度オーディションに落ちても「仮面ライダーをやりたい!」という信念を持ち続け、目標を達成することができたようです。なんだかアスリートのようなマインドをお持ちですね。

サッカーが上手だったのも、辛いことがあっても目標達成のためなら絶対に乗り越えられる、というポジティブ思考が鍵になっていたのかもしれません。

山本涼介さんは「夢」という言葉よりも「目標」という言葉の方が好きなようで、「夢」は漠然としているからだそうです。具体性を求めるというのも、理想の自分を実現する上ではとても大切なことですよね。

頭では分かっていても具体的に行動に移すってすごく難しいので、お若いのに素晴らしい考えの持ち主だなと尊敬します。

今後ももっと色々な役に挑戦し、ご自分のお芝居の幅を広げていくことを目標とされているので、山本涼介さんなら確実に達成してくれることでしょう!

そんな山本涼介さんが演じた仮面ライダースペクターの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

スポンサーリンク


まとめ

  • 仮面ライダースペクターの俳優さんは山本涼介。
  • ファッションが大好きな肉体派俳優で、ストイックな性格である。
  • デビューのきっかけはお母さんがスタイルフィットボーイコンテストに応募されたこと。
  • 今はドラマや映画、モデルなど幅広く活躍をしている。

『仮面ライダーに出ることは一つの目標だったけれどゴールではない』と語る山本涼介さん。色んな役に挑戦し俳優として多くの作品に出演する一方、185cmの長身を活かしモデルとしても活躍しています。

目標を立てることが大切だというお考えを心に留め、見事仮面ライダー出演も果たしました。今後、山本涼介さんがどのようなことにチャレンジし、どのような才能を発揮されていくのか、とても楽しみですね。

スポンサーリンク


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ

スポンサーリンク