超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



大人から子供まで楽しめる仮面ライダー!

親子で楽しむことができるのが仮面ライダーの魅力の1つなんですよね。

さて、今回はそんな人気の歴代仮面ライダーのキャスト(俳優)について見ていきたいと思います。

今回ピックアップするライダーは、

仮面ライダーNEW電王

桜田通

です。

  • 仮面ライダーNEW電王の俳優さんとは?
  • プロフィールや経歴は?
  • デビューのきっかけは?
  • 今はどんな活躍をしてる?

について徹底的ご紹介していきたいと思います!!


仮面ライダーNEW電王の俳優さんとは?

2007年にテレビ朝日で放送され、2017年に10周年を迎えた特撮テレビドラマ「仮面ライダー電王」で「仮面ライダーNEW電王」『野上幸太郎(のがみ こうたろう)』役を桜田通(さくらだ どおり)さんが演じました。

野上幸太郎は、約50年後の未来からやって来た、佐藤健さん演じる野上良太郎(のがみ りょうたろう)の超天才な孫です。

野上良太郎の意志を受け継ぐような形で、孫の野上幸太郎が変身する、文字通り新しい電王です。映画「さらば仮面ライダー電王」にて初登場しました。

野上幸太郎は、テディというイマジンと一体化し変身します。自身に憑依したイマジンをフリーエネルギーによって武器に変形させる事ができる能力を持っており、相棒のイマジン「テディ」が変身した「マチェーテディ」を武器に戦います。

イマジン「テディ」とは
『仮面ライダー電王』に登場する怪人。その名は「イマジネーションの魔人」を意味する。「テディ」とは、電王に変身する野上良太郎の孫である、野上幸太郎/仮面ライダーNEW電王と契約した味方イマジン。 劇場作品『さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』からの登場で、テレビ本編には登場しない。

引用元:ピクシブ百科事典

ちょっと難しいですが、要するにイマジンとは、未来から歴史を改変するためにやって来た精神エネルギー体のようなものなのです!

イマジンはその気になれば人間に憑依することができますが、テディは幸太郎の執事のような存在なので、勝手に取り付いたりすることはしません。そんなイマジンと共に戦う仮面ライダーNEW電王の必殺技についてまとめてみました。

必殺技

  • ストライクスパート…飛び蹴り。
  • カウンタースラッシュ…マチェーテディで敵を切り裂く。

戦術は相手の体に密着しながら戦う、アクロバティックな戦法を得意としています。

また、野上幸太郎は「特異点」と言われており、ここでいう特異点とは、どんな時間の干渉にも影響を受けない特別な存在のことで、 特異点と言われる者のみ電王に変身することが出来ると言われています。つまり、特異点とはとても希少な存在なのです。

野上良太郎の孫が野上幸太郎なので、仮面ライダー電王と仮面ライダーNEW電王の変身フォームは似ているのかな?という気もしますよね。実際にベルトは本体の色が違うだけで、仮面ライダー電王は銀色、仮面ライダーNEW電王は金色となっています。

また、バックルの向かって左隣の矢印は、仮面ライダー電王が黒字に青なのに対して、仮面ライダーNEW電王は青地に白です。

桜田通さんはどんな人?

名前 桜田 通
性別 男性
生年月日 1991年12月7日
血液型 B型
出身地 東京都
特技 作詞・作曲

引用元:アミューズオフィシャルウェブサイト

一風変わった名前ですが、桜田通さんは芸名ではなく本名だそうです☆

名前の「通」の由来は「桜田通り」という事で、どのような意味が込められているのか気になります。「桜田通り」といえば東京都千代田区から品川区につながる道をイメージする人が多いと思います。

4人兄弟の次男だそうですが、お兄さんの名前は「門」だということなので、桜田門…!?お姉さんと妹さんのお名前も気になります。

愛犬ダックスフンドを飼っており、名前はファンタ。誰が名づけたのか不明ですが、桜田さん一家はファンタが好きなんでしょうか??

好きなミュージシャンはUVERworldで、カラオケでもそれしか歌わないのだそう。

桜田通さんはUVERworldについて、『自分にとって存在が大きすぎる』と語っており、とっても憧れの存在のようです。実際にUVERworldに憧れて作詞作曲もしてしまうほど影響を受けたようですよ!

でも、考えてもみてください。好きな歌手が居るからといって、作詞作曲までやってみよう!なんて思ったことがありますか!?将来的に音楽をメインに活動する日もそう遠くはないかもしれませんね。

 

ママ
実際にUVERworldのTAKUYA∞さんと仲が良いみたいで、家に行くほどの仲なんだって!どういう繋がりなのかしら??

 

桜田通さんの性格は「ギャップ男子」で、ツンデレの一面を持った反面、とても愛嬌があり人懐こい性格だと言われています。TAKUYA∞さんと仲良くなれた人脈力も、好かれやすい一面を持っているからなのでしょうか。ぜひお話してみたいものです。

経歴

桜田通さんは13歳の時から芸能界でお仕事をしており、高校は芸能活動と学業両立のため、日出高校に通いました。日出高校といえば堀越学園に次いで多くの芸能人が通ってらっしゃいますね。

同級生には岡本玲さんがいたそうで、美男美女が溢れた高校生活を容易に想像することができます。

桜田通さんの高校生時代はというと、休みの日は家でゴロゴロしているのが好きで、とにかく寝ていることが多かったようです(笑)。こんなにカッコイイ人でもダラダラしている時があるんだなぁって思うと親近感が湧きますね。

そんな桜田通さんの世間的知名度が爆発したのは、2006年のミュージカル「テニスの王子様」で主役の三代目・越前リョーマ役に大抜擢されたことがきっかけでした。

原作と比べても文句ひとつないビジュアルに、女性ファンが爆発的に増えたのです!

そしてついに2008年、映画「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」にて野上幸太郎役として主演を務めます。

野上幸太郎役が決まったという内容を聞いたのはまさかの電話で、同じ事務所の先輩である佐藤健さんが出ている作品だと知らされたそう。

最初はまだ事の重大さに気付いていなかったとも語っており、後々自分が仮面ライダー役ってこと!?と理解すると、だんだん緊張してきて冷や汗が出るほどになってしまったとか!仮面ライダーを演じるプレッシャーをかなり感じていらっしゃったんですね。

桜田通さんは現在、佐藤健さんとも仲が良いそうですが、当時現場で初めて会った時は仮面ライダーという大役を背負ってきた人だなぁ、と委縮してしまったそう。

その後、2010年にも映画「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル」に出演しました。

この作品は人気テレビドラマ「仮面ライダー電王」から派生した劇場版「超・電王」シリーズ作品で、2週間おきに続けて公開中の3部作のうちの2作目となります。

本作では、ゼロノス、NEW電王、ディエンドの3人の仮面ライダーが集結し、熱い友情ときずなで結ばれた物語を展開していきます。

本作の主演で仮面ライダーNEW電王を演じた桜田通さんは、2010年公開の映画『BECK』にも出演し、仮面ライダー以外の場面でも活躍する俳優さんに成長。

実際に、仮面ライダーNEW電王として自分が出演する映画を観るお客さんに対し、『皆さんはこれからすごいものを観るわけですね~!』と、自分の演技に自信たっぷり!の発言をしています。

劇中では主題歌も歌うなど新しいチャレンジをしており、泣ける作品にもなっていたことから『女性の皆さんは化粧が落ちちゃうかも……(笑)』とユーモラスな一面を見せながら作品をアピール。

やはり桜田通さんはUVERworldさんの影響で音楽のセンスが磨かれ、主題歌を歌うことになったのでしょうか?

桜田通さんは「さらば電王」出演時代について、まだお芝居の経験が浅い時期だったが、そこで培ったものが役者としてすごく役に立っていると語っています。そのおかげで再び仮面ライダーの映画に関わることができると、感謝の気持ちを露わにしていました。

決して自分の演技だけではなく、全てのキャストやスタッフ、そして応援してくれるファンのおかげで「仮面ライダー電王」が大きな作品になっていると、常に周りへの感謝を忘れないことを大切にされています。

先輩の佐藤健くんの意志を受け継いで、NEW電王をやらせていただきました。彼の代わりになれるかはわかりませんが、今日は精一杯がんばります!

引用元:映画ナタリー

1年間テレビシリーズで撮影していた仮面ライダー電王のキャスト陣の中に自分が新たに加わることについて、『僕と一緒に新しく仮面ライダー電王へ加わることになったテディ役のスーツアクター、金田進一さんだけが味方だと思っていました』と、とても心細かったことを告白。

しかし、そのような桜田通さんの素直な感覚は、「テディが唯一の相棒」「最初は全員敵くらいの気持ちで未来からやってくる」という野上幸太郎の役柄とマッチしていたんだそう。

野上良太郎さんを演じた佐藤健さんも、今回は桜田通に託す!という連絡を入れているほどお墨付きの作品となったようです。

その後も数多くの映画やドラマに出演し、今や芸能界の中で引っ張りだこになるほどの人気と実力を兼ね備えた俳優さんに成長しました!

そんな桜田通さんが演じた仮面ライダーNEW電王の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓



デビューのきっかけは?

桜田通さんはスカウトを機に芸能界に入られました。高校卒業後は進学せず、芸能界一本と道を決め頑張ってこられました。

桜田通さんは事務所アミューズに所属。アミューズといえば上野樹里さん、吉沢亮さん、神木隆之介さん、そして佐藤健さんなどが所属する大手事務所ですね!オーディションではなくスカウトで入られたのはすごいことだと思います。

2005年にはドラマ『瑠璃の島』に出演し、土谷哲平役として俳優デビューを果たしました。「瑠璃の島」は成海璃子さん、竹野内豊さんなど豪華キャストが出演していた連続ドラマでした。

いきなり連続ドラマに出演できたのも、事務所の期待の高さや桜田通さんの才能が目を惹くものだったと分かりますね。

そんなデビュー当時を振り返った2016年4月のインタビューでは、

知らない所を歩いている感覚でした。真面目にはやっていたけど、自分では何も考えずに動いていたと思います。

引用元:タレント辞書

と、まだ先が見えない中、手探り状態で不安定ながらも必死に歩んでいたことを語っています。

今はどんな活躍をしてる?

テニスの王子様に仮面ライダーなど、これまでも一つ一つの作品に真摯に向き合い活躍してきた桜田通さん。2015年にも映画「orange-オレンジ-」の荻田朔役で注目を集め、俳優としての道をさらに切り開いていきます。

同年には舞台「ロック☆オペラ サイケデリック・ペイン」、そして2016年にはドラマ「こえ恋」に出演。2017年フジテレビドラマ「クズの本懐」では粟屋麦役にて連続ドラマ初主演を飾りました。

「クズの本懐」は累計140万部を突破した大人気コミックで、美男美女の高校生カップル、安楽岡花火(吉本実憂さん)と粟屋麦(桜田通さん)が、誰にも言えない“秘密の契約”のもと、不条理な感情を慰め合い、堕ちていく様を描いた作品です。

桜田通さんがこの作品と出会うきっかけは約2年前。本屋さんで表紙に惹かれ購入したことがきっかけでした。そんな表紙には、安楽岡花火の物憂げな表情が描かれており、それが印象に残ったんだそうです。

桜田通さんは「アンチ恋愛派」で、『こんな美しい恋愛ない』『こんな人間いない』と思うほど、胸キュンな恋愛物語に興味がないそうですが、「クズの本懐」はその生々しいストーリーによって一気に引き込まれてしまったそう。

『いるいる!こんなクズいる!』とアンチ恋愛派でもかなり共感できたようで、ストーリーの面白さに魅了されていきます。以来、『実写化されるなら僕がやりたい!』と想い続け、ついにそれを実現させたのです!

俳優さんにとって自分がこの作品の実写化をやるんだ!という意気込みは夢を叶えるためにとても大切なようで、実際に女優の桐谷美玲さんも「ヒロイン失格」の主役を演じていますが、元からこの作品が大好きで、実写化するなら自分がやると思い込んでいたんだそう。

 

ママ
そうそう!役がまだ決まってもいないし、映画化も決まってなかったのに、お家で「ヒロイン失格」の演技の練習をしてたのよね~。念じれば夢は叶うのね♪

 

桜田通さんも、粟屋麦という少年を演じるにあたり、表情や顔の角度に至るまで、原作に忠実になるよう取り組みました。

実写化する際の演技で大切にしていることは、『原作を好きな人が観た時に「あっ、ここ原作だ」と引っかかってもらえるような小細工』だと、徹底した下調べについても語ってくれています。

これで世間の反応が悪かったら僕たちは悪くない!というほど全力を注いた作品となり、この作品を通じて伝えたいことを演技に本気でぶつけたという桜田通さん。彼にとって実写化の意義とは、【その物語のいいところを多くの人に伝える】ということ。

世間で実写化というと、「漫画と展開が違う」「自分の好きな漫画のシーンが忠実に再現されてない」「漫画のキャラと役者が合ってない」など、不満を言う人もいます。

しかし、桜田通さんにとっての実写化はそうではなく『原作を知ってほしい』ということが大前提で、アニメでは表現できない、本物の人間だからこそできる表現をしっかりと見せていくことを大切にされています。

桜田通さんは漫画やアニメより勝る作品を作ることにはこだわらず、実写化された『クズの本懐』として一番になるんだ!と強く思われています。「実写化なんて意味ない」という声に腹立たしさも感じるほど、実写化で伝えたいことに熱意をお持ちの方です。

世間の実写化に対する意見への悔しさ、やり場のない腹立たしさ。世間が求める作品と自分が伝えたい作品とのジレンマなど、そんな負の感情もモチベーションに変え、演技力を高めていく。これが桜田通さんの魅力かもしれませんね。

ついに音楽活動もスタート!?

その後も、2017年にはドラマ「嫌われる勇気」では刑事役、映画「君の膵臓をたべたい」では大ヒットを記録するなど、数多くのメディアに出演していきます。

そして、2018年6月2日公開の映画『EVEN~君に贈る歌~』で桜田通さん演じる「武人」が率いる劇中のバンド「EVEN」が、5月30日にシングル「アイノウタ」でメジャーデビューを果たしました。

これからの音楽活動も活発になりそうですね!作詞作曲が趣味という桜田通さんにはふさわしい作品であり、また音楽活動でデビューする大きなきっかけとなりました。

https://twitter.com/s__dori/status/1001856598308880386

この映画では、人気歌手REI(白洲 迅さん)が交通事故をきっかけに、売れないインディーズバンド「EVEN」のボーカル「武人」(桜田 通さん)に憑依するというストーリー。

「アイノウタ」を含む、全楽曲を収録したミニアルバム『EVEN-君に贈る歌-完全盤』が発売されることも決定し、なんと!ミニアルバムには桜田通さんが作詞を担当した楽曲「寂しくなるじゃん」も特別収録されています!!

その後も2019年公開の映画「ラ」では主演の岡浜慎平役に抜擢されるなど俳優としての活躍を見せる傍ら、趣味の作詞・作曲も生かし、ライブ形式のファンイベント「Sakura da Festa」を毎年開催するなど活躍の場を広げています。

今後も引き続き自分の芝居を色んな人に見てもらえることを目標に、色んな役に挑戦していきたいと語る桜田通さん。音楽活動もどのような動きがあるのかますます楽しみです。

そんな桜田通さんが演じた仮面ライダーNEW電王の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダーNEW電王の俳優さんは桜田通。
  • 作詞作曲が趣味で、テニスの王子様出演後に人気急上昇。
  • デビューのきっかけはスカウト。
  • 今は俳優やミュージシャンとして活躍をしている。

実写化について熱い思いをお持ちの桜田通さん。世間一般の考えには流されない芯の強さで我が道を歩み、最近では趣味を生かして音楽活動もスタートさせています。

一時期語学の勉強を目的に留学もされており、今後はハリウッド進出も視野に入れているのでしょうか!?桜田通さんの活動から目を離せません!


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ