超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーと言えばバイクをイメージされる方も多いはず!実は仮面ライダーのバイクは、ホンダやスズキなど様々なバイクメーカーのバイクがベース車として使われているんですよ。

元になっている市販バイクを見たら、めっちゃ仮面ライダーのバイクがカスタムされているかわかります。これは裏方である美術係の傑作とも言えますね。

私もバイクが好きなので、今回はそんな歴代仮面ライダーのバイクの特徴や、活躍ぶりを様々な視点から見ていきたいと思います。

今回ピックアップする仮面ライダーマシーンは、

仮面ライダー1号

サイクロン

です。

    • 仮面ライダー1号のバイク「サイクロン」とは?
    • 仮面ライダー1号の「サイクロン」のベース車や当時の価格は?
    • ベース車は購入はできる?
    • バイクの改造方法

について徹底的にご紹介していきたいと思います!!


仮面ライダー1号のバイク「サイクロン」とは?

仮面ライダーは1号から始まったという事は、仮面ライダーを知らない人でもわかりますよね。初期は初めての事だらけなので、不都合が起きて改良するという事が繰り返されたのです。なので、サイクロンも進化していったのですよ。

そもそも、バイクに乗ったヒーローという発想はどこから生まれたのでしょう?それは、当時の毎日放送の編成局長が大のバイク好きで、「新ヒーローにはスピード感が必要だ」と言って提案したのです。

そんな期待に答える形で誕生したのがサイクロンなんです。サイクロンは、フルカウルという車体全体を風よけでおおう形になっています。

仮面ライダーが放送開始した1971年当時、バイクの改造に関しては今より道路交通法が厳しく、サイクロンのようにフルカウルの改造をしたバイクは公道を走れませんでした。

なので、近所でこんなバイクを見かける事はなかったのです。だから、サイクロンは見た目のインパクトがあって、子供達が「かっこいい」とテレビを見ていたのですね。

サイクロンはどんな活躍をしていた?

「ライダー」というからには、バイクに乗っているのは当然ですよね。なので、仮面ライダーとバイクはセットなんです。もちろん、1号と愛車サイクロンは切っても切れない関係にあります。

ライダー誕生を手助けした

仮面ライダー1号になる本郷猛(ほんごう たけし)は、悪の組織ショッカーにさらわれて、組織の仲間にされそうになります。

体を改造されてしまいますが、脳を改造される前になんとか脱出することができました。なので、改造人間になったけど人間の心を失わずにすんだのです。

その逃げる時に使ったのがサイクロンなんです。サイクロンがなければ、仮面ライダーは生まれなかったのですよ。

サイクロンがライダーシリーズを作った?

本郷役の藤岡弘さんが、撮影中に大けがをしたというのは有名な話なので、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?サイクロンに乗っていて、カーブを曲がりきれなかったのです。

実は、サイクロンはデザイン重視だったのと、美術担当の人がバイクの改造に慣れていなかった為、かなりバランスが悪かったのです。常に前輪が浮いているウイリー走行状態だったんですね。

乗っていた藤岡さんは「いつか事故をおこすかもしれない」と思っていたらしいのです。えー!気づいていたなら言いましょうよ。

バランスが悪くなっていた原因はマフラーなんです。左右3つずつ合計6つあるのですが、その内1つだけが本当のマフラーで、後の2つは水道管で作った飾りなんですね。

なので、後ろが重たいのです。こんなバランスの悪いサイクロンを乗るのはかなりの技術が必要かと考えられますが、何も言わずに乗っていた藤岡さんはすごいですね。

この事故で、藤岡さんは1年近くお休みする事になります。そこで、1号はヨーロッパに戦いに行って、その間2号が日本を守るという設定になったのです。(ショッカーは世界中に支部がある設定)2号は1号の穴を埋める為のピンチヒッターだったのですね。

これが、その後のライダーが登場するきっかけとなりました。サイクロンが2号以降のライダーを作ったと言えるのです。

パパ
藤岡さんは「この事故のおかげで2号が生まれて、それ以降ライダーシリーズが続いていくきっかけになったから、けがをしてよかったんじゃないかと思っている」と言っているんだよ。ポジティブな人だね。

サイクロンは変身アイテムだった!

昭和ライダーに欠かせないものの一つは、変身ポーズですよね。ライダーごっこをする時は、変身ポースを覚えていないといけません。この変身ポーズは、2号から始まったという事を知っていますか?

実は、2号登場までは、変身ベルトの風車の部分に風を受ける事によって変身するというシステムだったのです。なので、サイクロンを走らせて風をおこすというのが基本なのですね。

ちなみに、変身ポーズ誕生の経緯はこちらに詳しく書いてあります。

バイクも変身するのだ!

昭和ライダーは、変身前後で乗っているバイクが違います。ですが、本郷の乗っているバイクと変身後に乗っているサイクロンは同じものなんです。

どういう事かというと、本郷が乗っているバイクのハンドルの横にスイッチがあって、そこを押すとサイクロンになるようになっているんですね。変身ポーズができる前は、バイクがサイクロンに変形するのと仮面ライダーに変身するのが同時だったのですよ。

乗っていた俳優さんは?

サイクロンに乗っていたのは、仮面ライダー1号の本郷猛(ほんごうたけし)です。

本郷猛の特徴

  • 1948年8月15日生まれ
  • 城南大学生化学研究所の学生
  • IQ600の天才
  • スポーツ万能
  • オートレーサー
  • 子供のように純粋
  • 冷静さと熱さを兼ね備えた紳士

本郷は、17歳の時父が、20歳の時に母が亡くなっています。そして親代わりだったのがライダーを支えていた、おやっさんこと立花藤兵衛(たちばな とうべえ)なんです。

おやっさんは立花レーシングクラブというオートレースのチームを作っているバイクトレーナーなので、その影響でオートレーサーになったのですね。

パパ
台本では「おやじさん」なのだけど、本郷の言い方がおやっさんと聞こえて、そのまま「おやっさん」で定着しちゃったんだよ。

本郷猛を演じたのは、藤岡弘、さんです。特徴ある声と話し方でモノマネされる事が多いですよね。それに言う事がおもしろいので、バラエティ番組やCMにもよく出演しています。なぜ「、」がついているのか気になる人は、この記事を読んでください。

サイクロンを作ったのは誰か?

サイクロンが誰によってどのような目的で作られたかについては、3つの説があります。みなさんは、どれだと思いますか?

サイクロンはなぜ作られたのか?3つの説【その1】

本郷の恩師である緑川博士が、脱走する為に準備していた。

緑川博士とショッカーの関係
緑川博士はショッカーに捕まって、人体実験用の人間を連れてくるように言われます。そこで本郷を推薦してしまいます。本郷が改造されている時に、間違いだったと考えなおして、本郷を逃がしたのです。

サイクロンはなぜ作られたのか?3つの説【その2】

おやっさんが作った。だから、サイクロンには立花レーシングクラブのマークが入っているんです。

ですが、後に作られた新サイクロン号が、初めて作ったマシンという説もあります。

サイクロンはなぜ作られたのか?3つの説【その3】

ショッカーが、仮面ライダーと連動させる為に作った。

1号は、目と目の間に「O(オー)シグナル」というシステムがあって、通信ができるようになっています。そこでサイクロンと繋がっているのです。

仮面ライダー1号の「サイクロン」のベース車や当時の価格は?

サイクロンのスペックやベース車について調べてみました。まずは劇中でのサイクロンのスペックはこちらです。

仮面ライダー1号

バイクの名前:サイクロン

スピード:400km/h

馬力:200馬力(500馬力という説もある)

特殊能力

  • 原子力エンジンで動く。
  • ジェットエンジンも補助で入っていて、併用するとさらに加速する。
  • ハンドルのクラッチの横にスイッチがあり、本郷の乗っているバイクから変形する。
  • 変身ベルトの左側に誘導装置があり、遠隔操作ができる。
  • フロントのエンブレムにレーザーガンが入っている。(テレビでは使用していない)
  • マフラーからサイクロンレインボーという煙を出す事ができる。

サイクロンのベース車はどれ?

実は、サイクロンのベース車と言われているバイクが4種類あります。なぜかと言うと、1つはフルカウルで車体全体を囲うような改造をしているので、外見を見ただけでは分からないのです。

もう1つが、スタントの人と制作した人と本で言っている事が違うんです。なぜなんでしょう?40年以上も前の事なので、記憶があいまいになっているのかもしれませんね。

スズキT20

1965年、スズキはX6計画という世界最高水準の250クラスを作る取り組みをしていました。当時250ccクラスのロードスポーツがブームでしたが、スズキはブームに乗り遅れていたのです。そこで、生まれたのがこのT20なのですね。

研究の結果、250ccで25馬力というバイクが誕生したのです。当時の価格は187,000円でした。

いろいろなサイトや本では、これがベース車で他にこういう説もあると紹介している所が多いです。

ホンダRC166

引用先:ホンダ

1966年に作られたレース用のバイクです。この年、このバイクはレースで10戦全勝しています。レースに勝つ為に作られたものなので、速さに特化したバイクです。250ccで600馬力、当時の販売価格は調査中です。

ホンダCB400

1955年から始まった全日本オートバイ耐久ロードレース用に作られたバイクです。海外向けに作られたCM400Tを改良して国内で販売されたものになります。

スズキT125

1969年に販売された、通称「ウルフ」と呼ばれるバイクです。124ccで15馬力あります。当時の販売価格は調査中です。

サイクロンはどうなった?

1号がヨーロッパに行っている間、しばらく2号がサイクロンを引き継いで乗っていました。ですが、サイクロンは事故車です。いつまでも乗っていられません。そこで、改良された新サイクロンが登場するのです。

新旧サイクロンの違い

  • フルカウルからセミカウルになった。
  • カウル(風よけ)の両側が羽のように開く。
  • 飛べるようになった。
  • パラシュートがついた。(急発進がスムーズになった)
セミカウルとは
ハンドル回りとヘッドライトを覆う小型の風よけの事。ビキニカウルともいう。

そして、最初に作られたサイクロンは、60話で戦いの途中で燃やされてしまいます。本によると、「事故をおこした車なので、縁起が悪い」という事でこういう流れになったのです。

サイクロンのグッズやフィギュアは?

仮面ライダーファンの中には、「1号が1番かっこいい」「1号以上のライダーはいない」と言う人が多いのです。そこまでなくても、ほとんどのファンが仮面ライダーの原点という事で、1号を尊敬しています。なので、グッズもたくさんあって、今でも購入する事ができます。

フィギュアだけに限っていうと、サイクロンだけのものと、サイクロンと1号のセットで売っているものがあります。

サイクロンだけだと5,000円くらいです。セットだと1万円前後が相場になります。オークションサイトを見てみると、2,000円くらいから取引されていて、8,000円前後になるものもあります。

サイクロンと一緒に休日を楽しむ

リアルタイムで番組を見ていた子供達は、もう立派な大人になっています。休日はゴルフという人も多いはずです。そんな人にぴったりな物があるんですよ。それは「サイクロンモデルのキャディバック」です。

サイクロンの車体をモチーフにしたデザインで、立花レーシングクラブのマークも入っています。そして、底の部分が変身ベルトの形になっているんです。サイクロンと一緒にゴルフをするなんて、楽しそうですね。

ちなみに、同じ会社から立花レーシングクラブのマークが入ったゴルフキャップも売られています。ファンならそろえたくなりますよね。

これで君も仮面ライダーだ!

仮面ライダーの自転車があるのを知っていますか?

子供はバイクの免許をとる事はできません。でも、仮面ライダーがかっこよくバイクに乗っている姿を見たら、「僕も同じバイクに乗りたい」と思いますよね。

その希望をかなえてくれるのがこの自転車なんです。これに変身ベルトがあれば、「君も仮面ライダーだ」となる訳です。



今でもベース車は購入はできる?

先にあげた4種類とも1960年代に販売されたものです。なので、とっくに販売終了しています。実は本物のサイクロンも、安い中古車を改造したものなのですよ。

なので、中古車を探すしかありません。スズキT20については、平均で45万円、最高で60万以上の値段がつく事があります。サイクロンのベース車として知られているので、注目している人がいるんです。

今でも「サイクロンに乗りたい」という人がいるんですね。バイクコレクターの方、車庫に眠っているT20はありませんか?確認してみてください。

その他の3台については、現在中古車を探すことは難しい状況なんです。万が一にも見つけたら超お宝バイクを発掘しちゃったことになりますね!

現代で売られているサイクロンに似たバイクはこれ!

ホンダCB400のシリーズは現在も続いていて、現在販売されているのはこの形です。

引用先:ホンダ

写真はSUPER FOURというタイプで、販売価格は、911,520円(税込)です。

「風を楽しみながら走りを堪能できる」というコンセプトで、高速でも安定した走りができる、長距離でも疲れないようなデザインになっています。ヘッドライトとテールランプがLEDになっていて、明るい光が出るので夜も安心して走れるようになっています。

シートの中だけでなく、カウルにも収納できる部分があって、便利な作りになっています。

仮面ライダー1号の歴代バイク【サイクロン】を実際に無料視聴することができます!今なら限定無料配信してます↓↓

安心安全な改造の仕方

サイクロンは、マフラーが重すぎたためバランスが悪くなっていました。改造って難しいものでしょうか?実は、簡単に見た目をかっこよくすることができるのですよ。

初心者が改造しようとする時に、やりやすいのは「マフラーを交換する」ことなんです。ちょっと変えただけで目立つし、いじったというのが分かりやすいのでオススメできます。

バイクのマフラーとは?
高温・高圧の排気ガスをそのまま放出すると大きな音が出てしまうが、マフラーはその音を消音する役割を果たす。

マフラーを変えるメリット

マフラーを変えると、見た目がよくなるだけでなく、こんないい事もあります。

軽くなる

マフラーをチタンやカーボンなどの軽い素材にすると、マフラーだけでなく車体全体が軽くなります。それによって、加速・減速がスムーズにできるようになるんです。

音がよくなる

マフラーが変われば音が変わります。なので自分好みの音にする事ができます。動画などで音を聞きくらべて、好きなものを探してみましょう。

パワーが増す

マフラーを変える事で、排気効率がよくなります。なぜかというと、改造用のマフラーは排気効率を重視して作られているからです。排気効率がよくなると、エンジンパワーが十分に引き出せるようになります。

サイクロンが今もいる!

仮面ライダーファンなら、サイクロンに乗ってみたいと思う人も多いはずです。そんな夢をかなえた人がいます。

かなり忠実に再現されているのに加えて、飲酒運転撲滅も呼びかけていてすばらしいですね。

サイクロンを作るには、「フルカウル」「マフラー」「立花レーシングクラブのマーク」がポイントです。ただ、マフラーは軽くしないと、本物のサイクロンみたいにバランスが悪くなりますので、その点は注意しましょう。

仮面ライダー1号の歴代バイク【サイクロン】を実際に無料視聴することができます!今なら限定無料配信してます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダー1号のバイク「サイクロン」はバランスが悪い
  • サイクロンのベース車は4種類の説がある
  • ベース車は中古車なら購入可能
  • 改造初心者はマフラーを変えてみる

仮面ライダーはサイクロンから始まり、サイクロンが2号以降のライダーを作りました。仮面ライダーの原点なんです。他のバイクもかっこいいですが、すべてサイクロンが原点だという事を覚えておいてくださいね。


バイクだけが仮面ライダーの魅力じゃない!久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で楽しく安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ