超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーと言えばバイクをイメージされる方も多いはず!実は仮面ライダーのバイクは、ホンダやスズキなど様々なバイクメーカーのバイクがベース車として使われているんですよ。

元になっている市販バイクを見たら、めっちゃ仮面ライダーのバイクがカスタムされているかわかります。これは裏方である美術係の傑作とも言えますね。

私もバイクが好きなので、今回はそんな歴代仮面ライダーのバイクの特徴や、活躍ぶりを様々な視点から見ていきたいと思います。

今回ピックアップする仮面ライダーマシーンは、

仮面ライダー龍騎

烈火龍ドラグランザー

です。

    • 仮面ライダー龍騎のバイク「烈火龍ドラグランザー」とは?
    • 仮面ライダー龍騎の「烈火龍ドラグランザー」のベース車や当時の価格は?
    • ベース車は購入はできる?
    • レンタルバイクが広がっている

について徹底的にご紹介していきたいと思います!!


仮面ライダー龍騎のバイク「烈火龍ドラグランザー」とは?

「これ本当にバイク?」と突っ込みをいれたくなる見た目のこちらが烈火龍ドラグランザーです。バイクというよりも、”機械ドラゴン”に見えるのは私だけでしょうか(笑)遊園地のアトラクションにあったら、男の子に爆発的人気が出そうな見た目をしていますね。

この烈火龍ドラグランザーは、平成仮面ライダーシリーズの中でも話題となった「仮面ライダー龍騎(りゅうき)」に登場するバイクです。

なぜ、仮面ライダー龍騎が話題になったかというと、ストーリが異色だったからなんです。なんと、13人のライダー達が最後の一人になるまで戦い続けるという話なんですね。つまり、仮面ライダー版バトルロワイアルたいな感じです

パパ
ライダー同士が戦いあったり、正義のヒーローと思われていたライダーに悪の仮面ライダーが登場したり、子供に見せるのはどうかなと僕も思ったことがあったな。

しかし、シリアスな内容に反して、子供たちには大変人気が出た作品でもありました。13人ものライダーが登場するので、子供たちはきっと興奮したんでしょうね。

そんな仮面ライダー龍騎の主人公「城戸真司(きどしんじ)」は、鏡の中の世界「ミラーワールド」に存在する「ミラーモンスター」と契約をし、カードデッキを手に入れることで仮面ライダー龍騎に変身します。
城戸真司が契約したミラーモンスターが、無双龍・ドラグレッダーです。

城戸が変身した仮面ライダー龍騎が、更にパワーアップした最強形態を仮面ライダー龍騎サバイブというのですが、それに伴い無双龍ドラグレッダーもパワーアップして烈火龍ドラグランザーが生まれるというわけなんですね。

なので、烈火龍ドラグランザーは意思を持つ生きたバイクと言えます。

ちなみに「烈火」と「無双」ってなんとなくはわかりますが、実際どのような意味なのか調べてみました。

「烈火」と「無双」の意味って?
  • 【烈火】 激しい勢いで燃える炎のこと
  • 【無双】 並ぶものがないほどすぐれていること
ママ
意味がわかると、無双龍ドラグレッダーも烈火龍ドラグランザーも想像がつきやすくなるわね

烈火龍ドラグランザーはどんな活躍をしていた?

烈火龍ドラグランザーは、もとはモンスター(ドラグレッダー)です。モンスターの平均APが4000程度なのに対し、ドラグレッダーはAP5000を誇ります。

APとは
仮面ライダーのキック力やパンチ力の単位は「t」で表されることが多いのですが、仮面ライダー龍騎はカードを使用して攻撃することから、使用するカードに「AP」という力を表すポイントがついています。ちなみに、20APが1tの衝撃力とされています

モンスターの中でも強いドラグレッダーが更にパワーアップした烈火龍ドラグランザーはAP7000にまであがります。また、地上を走行するだけでなく、龍騎サバイブを乗せて空を駆けめぐることも出来るんです。まさに陸空両用機と言えますね。

必殺技や活躍した状況は?エピソードを解説

仮面ライダー龍騎では、アドベントカードというカードを使用して攻撃をします。その中でも必殺技を出すときに使用するカードを「ファイナルベント」といいます。仮面ライダー龍騎サバイブのファイナルベントが、ドラゴンファイヤーストームです。

これは、ドラグランザーが火炎を連続発射し、相手を動けなくしている間に、そのまま激突するという力業。

パパ
「こんなのやられたら太刀打ちできないよ」と敵からしたら思わず泣きごとを言いたくなうような必殺技だったよ

どんな技なのか気になる方は、ぜひ動画をチェックしてみてくださいね。他にも7000℃の火球を口から放ち、敵を爆殺することも出来るんだそう。まさに「烈火龍」です。

水が沸騰する温度が100℃と考えると、7000℃って。太陽の表面温度がだいたい6000℃だと言われていますが、遠く離れた地球に太陽の暖かさが伝わるくらいなので、烈火龍の炎ってとんでもなく熱いんでしょうね。

乗っていた俳優さんは?

そんな最強バイクに乗っていた主人公の仮面ライダー龍騎/城戸真司はどんな人物なのでしょうか。

【仮面ライダー龍騎/城戸真司のキャラクター】

  • お人好しで強い正義感と行動力の持ち主
  • 良い意味でも悪い意味でも「バカ」
  • 変身後、胸の前で拳を握り「っしゃあ!」と気合を入れる
  • ライダー同士で戦うことに疑問をもっている
  • 人々を守るため戦い続けている
ママ
よく単細胞キャラとかってアニメで言われたりするけど、城戸真司はそういう憎めないキャラクターだったみたいね
パパ
そうそう。ストーリーがライダー通しの殺し合いという過激な分、主人公のキャラクターがほっとする1つの要因になっていたみたいだね

その仮面ライダー龍騎を演じていたのは、俳優の須賀貴匡(すがたかまさ)さんです。詳しくはこちらの記事も読んでみてくださいね。

仮面ライダー龍騎の「烈火龍ドラグランザー」のベース車や当時の価格は?

まずは、烈火龍ドラグランザーのスペックはどんなものなのか確認とおさらいをしておきましょう。

仮面ライダー龍騎のバイク

  • バイクの名前:烈火龍ドラグランザー
  • 最高速度:760km/h
  • 特殊能力:飛行できる「モンスターモード」から、バイク形態の「バイクモード」に変形可能

760km/hって相当な速さですが、空を飛べるということも考えると納得できる数値とも言えます。何といってもバイクとはいえ、龍ですからね。龍だったら760km/hくらいちょちょいのちょいなのかもしれません(笑)

そんなドラグランザーのベースになったバイクはホンダの「X4」というバイクです。ドラグランザーになってしまうとバイクの形態自体があまり見えないのですが、実際のベース車はシンプルかつスタイリッシュでかっこいいと感じますよ。

引用:HONDA公式HP

X4は、1997年3月に発売され、その年の10月までの自動ニ輪(750cc以上)クラスの累計登録台数でナンバー1を記録(3,514台)した好評モデルだったそうです。”新たなるカスタムスポーツバイクとはどうあるべきか”を徹底追求し、開発されたスポーツバイクなんだとか。

当時のメーカー小売希望価格は890,000円でした。

ホンダ:X4のスペックは?

  • 全長:2,330mm
  • 全高:1,140mm
  • シート高:730mm
  • 車両重量:270kg

約90万円のバイク。なかなか勇気のいるお買い物と言えそうです。車両重量も270kgなので倒れた時に起こすのが大変そうと思いますよね。でも大丈夫!重いバイクを起こすにはコツがあるんです。そのコツがこちらの記事で紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。

ホンダX4は他の仮面ライダーシリーズでも使用されていた

実はホンダのX4は別の仮面ライダーシリーズでも使われています。それは、「仮面ライダーアギト」に登場する仮面ライダーG3(G3-X)が乗るガードチェイサーです。

こちらは、X4 Type LDというホンダ・X4の2000年モデルを使用しています。ドラグランザーとは見た目が全く違いますよね。ドラグランザーもガードチェイサーも、見た目だけでX4だと気づける人は、バイクの神童と言えそうです(笑)

ガードチェイサーについては、ぜひ、こちらの記事も確認してみてください。

ドラグランザーのグッズやフィギュアは?

ドラグランザーのグッズで気になるものがあったので、ご紹介したいと思います。それが、こちらのフィギュアです。

これは、ドラグランザーの爪や顔など細かいところまで再現がばっちりされているフィギュアなので、ドラグランザーが好きな人にはたまらない1品になっています。さらにバイクモードはもちろんのこと、モンスターモードにも変形できるすぐれもの。

その他にも、アドベントカードなどのグッズもありますよ。アドベントカードはそろえる楽しさもあって収集家の方にはもってこいのグッズと言えそうですね。



今でもベース車は購入はできる?

ホンダ・X4シリーズは2003年に製造・販売が終了しているため、現在は中古車でしか買うことができません。ですが、グーバイクヤフオク!などの中古車情報にはたくさんのX4が販売されています。

金額は、ピンからキリまでありますが、相場は30万~40万円代が多いようです。バイクは自分好みにカスタムする人が多いので、カスタムしてあるX4は100万円近いものもアップされています。

ここで、実際にX4に乗っている人の口コミをみていきたいと思います。

【X4の口コミ】

  • スタイル、特に後姿は最高です
  • アクセル無しで発進が余裕だから「エンストなんてするのかな?」と思っちゃいます!
  • 大きなトルクを活かした素晴らしい加速
  • 重心が下に集中しているので意外に安定している
  • 燃費悪い

デメリットとして、燃費の悪さをあげている口コミがありました。燃費は車体の大きさや加速力を考えるといたしかたない部分なのかなとも思えます。また10年以上も前に生産が終了しているモデルなので、今ほど燃費に関する技術も進んでいなかったのでしょう。

でもやっぱり少しでも燃費を良くしたいという方に、燃費を良くする方法をピックアップしてみました!

【バイクの燃費を良くする方法】

  • アクセルは最初からがんがん踏まず、徐々に速度を上げて

アクセルを踏むということは、それだけで力を使うためエンジンに大きな負荷がかかります。エンジンの回転数に合わせて徐々に速度をあげていけるアクセルワークを意識するだけでも、無駄なガソリン消費を抑えやすくなります。

  • 急な減速・停止を行わない

前を走る車両と十分に車間距離を取って、余裕を持った減速・停止が出来ると、それだけ発進や加速の回数を減らすことができ、燃費向上にもつながります。

パパ
これは、バイクだけでなく車を運転する時にも言えそうだね。燃費を向上させてガソリン代が節約できれば、そのお金でツーリングした時に美味しいお土産を買ってくることも出来そうだね

現代で売られているX4に似たバイクはこれ!

X4の新車は無理でも、X4に似たバイクなら新車で買うことができます。それが、ホンダのCB1300です。

引用:HONDA公式HP

ハンドル部分などX4にどことなく似ているなという感じがしませんか?CB1300はCBシリーズと言われており、その歴史は1969年から始まっています。すでに約50年の歴史があるシリーズなんですね。

そのため、CB1300は「威風なる血統」というキャッチコピーでホームページに載っています。そのCBシリーズとX4の繋がりはエンジンです。X4はその優秀なエンジンが話題となったバイクです。そのため、1998年に発売されたCB1300SF(スーパーフォア)にもX4のエンジンが使用されました。

しかし、このCB1300SFにX4のエンジンが搭載されたことは、X4に向いていた消費者の目がCB1300SFに流れてしまい、その後のX4の販売台数が伸び悩んだ原因ともいわれています。

そんな長い歴史があるCB1300シリーズは現在も超人気バイク車種です。金額はグレードによって異なりますが150万~200万円!ひょえって声が出ちゃいそうですね。

ちなみにCB1300SFは「仮面ライダー555」の仮面ライダーカイザが使用しています。

仮面ライダー龍騎の歴代バイク【烈火龍ドラグランザー】を実際に見よう!今なら限定無料配信しています↓↓

バイクレンタルが広がっている!?

「仮面ライダーみたいにバイクを乗ってみたい願望はあるけど、買うお金も無いし」と思った私みたいな方は多いのでは無いでしょうか。そんな方に朗報です!実は、レンタカーのようにバイクのレンタルが広がってきているんです。4月14日にはこんなニュースが発表されました。

2輪車のレンタルが広がっている。川崎重工業が自社製2輪車のレンタルサービスに乗り出した。新事業として育てつつ、顧客の需要を調べて商品やサービスの向上に生かす。ヤマハ発動機は2輪車のレンタルを全国展開するほか、ホンダの販売店などでも取り組みが拡大している。「モノからコトへ」の消費の変化が2輪車にも現れ始めた。

引用:日刊工業新聞

ママ
そういえば最近「モノからコトへ」って良く聞くようになったわよね。若者に物欲があまりないとか。「持たない暮らし」なんて言葉や本も人気になっているわよね

そうなんです。現在の若い世代は昔に比べて物欲が希薄と言われています。昔は「いい車が欲しい」「いい時計がほしい」「ブランド物がほしい」などモノにお金をかけることが多い時代でした。

それが近年、お金は趣味や経験のために使いたい!物より経験や体験に魅力を感じるという人が増えてきたんですね。その影響を受けてか、バイクも購入するのではなく、レンタルで乗りたいという需要が増えているんだそうです。

ママ
大型のバイクに乗るには、もちろん免許を取る必要はあるけど、レンタルバイクに乗れるたら、海沿いなどをツーリングなんてしてみたいわ。

では、バイクレンタルはいくらぐらいするのでしょう。ホンダのレンタルバイクを運営している会社「ホンダドリーム」で金額を調べてみました。金額はバイクの大きさやスペックによってH3~H8までの6段階あります。今回は、先ほどご紹介したCBシリーズの「CB1300 SUPER BOLD’OR」の金額についてご紹介します。

【CB1300 SUPER BOLD’OR(H5クラス)のレンタル料金】

  • 4時間利用 13,400円
  • 8時間利用 14,900円
  • 24時間利用 18,600円
  • 以降24時間ごと 13,000円
  • 延長1時間ごと 2,100円

ホンダのミニバンクラスのレンタカーを借りる際、24時間で約9,000円程度なので、それと比べるとだいぶ金額は高く感じますね。でも自分が購入検討しているバイクの試乗や、欲しいけど高くて買えないバイク車種にに乗れるのでお勧めとも言えますね。

バイク女子も増えている!

各企業がレンタルバイクに力を入れだしたのは、これまでどちらかというと需要の少なかった女性ライダーを増やす狙いもあるとか。

SNSではバイク女子の写真が多くアップされています。男性はもちろんですが、バイクに乗っている女性って憧れちゃいますよね。一度でいいからルパン三世の峰不二子のようにバイクにかっこよく乗ってみたいという女性も多いのではないでしょうか。

また、バイク女子の増加に伴い、女性専用のバイクファッションサイトもあります。「バイクに乗りたいけど、どんな格好をしてよいかわからない」という方はチェックしてみるといいですよ。

こんな可愛いヘルメットを被ってバイクに乗っていたら、男性から声をかけられるなんてこともあるかも!また、有名人の中にもバイク女子は意外といるんです。フィギュアスケーターの荒川静香さんや、女優の真鍋かをりさん、高島礼子さんなどがあげられます。ファッションに迷ったら有名人を参考にするのも楽しいですね。

仮面ライダー龍騎の歴代バイク【烈火龍ドラグランザー】を実際に無料視聴することができます!今なら限定無料配信してます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダー龍騎のバイク「烈火龍ドラグランザー」は生きたバイク
  • 仮面ライダー龍騎「烈火龍ドラグランザー」のベース車はHONAD/X4
  • X4は生産終了モデルで中古のみ販売
  • レンタルバイクが広がっている
  • バイク女子が増加中

仮面ライダーのバイクは本当に様々なタイプがありますが、烈火龍ドラグランザーは、バイクというよりもドラゴンでしたね(笑)あんなバイクに乗れたら世界最強になれるんじゃないでしょうか。ベースとなったX4を調べているうちに私もバイクに乗りたくなってきました!友人にお願いして後ろに乗せてもらおうかと思います。


バイクだけが仮面ライダーの魅力じゃない!久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で楽しく安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ