超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



平成仮面ライダーシリーズの第3作目となる仮面ライダー龍騎は、13人の仮面ライダー達が自分の望みを叶えるために最後の1人になるまで戦い続けるというストーリーになっています。なんて、悲しいシリーズなんでしょう。

仮面ライダーと名づけられたからにはヒーローのままでいて欲しいものです。また、仮面ライダー同士で戦うだけでなく、ミラーワールドという鏡の中に住むミラーモンスターたちとも戦うことになります。

今回はそんな仮面ライダー龍騎に登場する敵モンスター、レイドラグーンについて見ていきたいと思います。

劇場版で初登場!レイドラグーンとはどんなモンスター?

レイドラグーンは『劇場版仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』で初登場しました。レイドラグーンはいったいどんな怪人なのでしょうか?

レイドラグーンとは?

レイドラグーンは、ヤゴをモデルにした「シアゴースト」という怪人がトンボに進化した姿です。青い方がトンボ型のレイドラグーン、全身が真っ黒な方がシアゴースト。というか、成長して姿を変える怪人もいるんですね。

では、レイドラグーンのプロフィールを見ていきましょう。

  • 身長:232㎝
  • 体重:140㎏

身長は普通に考えてもかなり大型のトンボだなと思いますよね。体重だって、50キロ~70キロくらいの中型冷蔵庫が2つ分の重さ…。指に乗せるどころか、とてもじゃないけど抱き上げられそうにないですね(笑)

レイドラグーンの見た目や特徴は?

見た目は、トンボがモデルなので背中に4枚の翼が生えていて、両腕にフックのようなするどいかぎ爪を持っています。その羽根で自由自在に飛ぶことができ素早く動けるため、自慢のかぎ爪を使って仮面ライダーを攻撃しますよ。

もともと、トンボはするどいトゲを脚に持っていますが、レイドラグーンは見るからに痛そうなかぎ爪を持ってるなんて…なんだか可愛くないです。

レイドラグーンのすごい繁殖力と適応能力にびっくり!

レイドラグーンは、繁殖力が強くて放っておくとどんどんシアゴースト(ヤゴ)を生むので、劇場版以降に本編で登場した時には恐ろしいほど大量に発生していましたよ。なんて気持ちが悪いんでしょう。

大量で襲いかかってきたら私なんて太刀打ちできません。ただ、ミラーモンスターの中でも個々の戦闘力が低い部類に入るので、増えるのを阻止できればいいんでしょうけど、難しそうですよね。厄介な相手です。

他のミラーモンスターには変形して強くなるものや群れで行動するものがいますが、レイドラグーンの群れの規模と成長速度には他のモンスターも敵わないほどなんですよ。

レイドラグーンはさらに進化する!?

レイドラグーンは、ヤゴからトンボに進化するだけじゃないんです!なんと、完全体の姿があるんですよ。さてどんな感じなのでしょうか?

レイドラグーンの完全体は〇〇!

レイドラグーンの完全体はハイドラグーン。シアゴーストがレイドラグーンになり、成虫になってハイドラグーンに進化していきます。卵が幼虫になりやがては成虫になる。まるで虫の成長そのものですね。

人間型を保っていたシアゴーストやレイドラグーンとは違い、ハイドラグーンになると私たちがよく見かけるトンボそのままのフォルムになるんですよ。

しかも、レイドラグーンがハイドラグーンになると仮面ライダーとも渡り合えるほどに強くなります。TV版では完全体にはなりませんでしたが、劇場版では圧倒的な力で世界を危機におとしいれます。

1匹ならどうにかなるのですが、大量に昆虫たちが寄ってきたら鳥肌が立ちますよね。ありえないことですが、その辺で私がレイドラグーンやハイドラグーンの群れを実際みてしまったとしたら、怖くてその場から一歩も動けないだろうと思いました。

でも、敵の立場だったらやっぱり仲間が多い方が安心しますよね。人だって1人で何かをするよりは、たくさん仲間がいた方が力にもなります。まぁ、本音を言うと、大量の怪人よりもライダーがたくさんいた方がファンはうれしいんですけど(笑)

レイドラグーンが登場した仮面ライダー龍騎の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


レイドラグーンは劇場版で初登場!

レイドラグーンは劇場版仮面ライダー龍騎EPISODE FAINLが初登場です。TV版最終回の先行として上映された作品で、劇場版で初登場したレイドラグーンもTV版第47話から第49話まで登場しています。

最終回間際での登場なので龍騎シリーズ最後に登場するモンスターといってもよいでしょう。ここではレイドラグーンの登場するストーリーとレイドラグーンの活躍を見ていきます。

劇場版、仮面ライダー龍騎EPISODE FAINLの内容とレイドラグーンの活躍は?

劇場版でレイドラグーンはどんな活躍をしたのでしょうか?かなり増殖して空を飛んでる…とかじゃないですよね(汗)それだったら怖すぎる…。実際はどうだったのか見てみましょう!

劇場版のあらすじはこちらをクリック!

2002年の冬。自分の願いを叶えるために戦っていた13人の仮面ライダー達は、龍騎・ナイト・ゾルダ・王蛇(おうじゃ)・ファム、そしてまだ登場していないライダーの6人になっていました。

ある日、ライダーの戦いを仕掛けた男・神崎士朗(かんざき しろう)は生き残ったライダー達に「ライダーの戦いを後3日のうちに決着をつけなければ、願いを叶えることはできない」と告げます。

戦いを止めようとする龍騎こと城戸真司(きど しんじ)の声は届かず、他のライダー達は勝者を巡って戦いを繰り広げます。

そんな中、龍騎と瓜2つの姿をした仮面ライダー・リュウガが最後の参戦者として現れ、ライダー達は次々と倒されていってしまいました。

激しい戦いの末、病気になっていたゾルダは戦いがむなしいと感じるようになったゾルダは戦いをやめて脱落、ファムは実の姉を殺した王蛇を倒しました。

姉の敵をとったファムは、その後真司と交流を深めていきますが、もう一人の真司が変身したリュウガによって倒されてしまいます。 こうして、ライダー同士の戦いは劇場版で決着を迎えようとします。

レイドラグーンやシアゴースト、ハイドラグーンの活躍は?

序盤でさっそく大量のシアゴーストが街の人々を襲ってさらいます。残り5人のライダーが戦いはじめる中シアゴーストが脱皮してしまい、レイドラグーンに進化しました。脱皮のシーンはリアルすぎてなんだかちょっと…と思ってしまいましたね。

ここでシーンが変わり少し時間が戻ったので、レイドラグーンの活躍はおあづけです…。

後半戦では、龍騎とリュウガの戦いでライダーキックによる爆発が起こり、生き残っていたのは龍騎だったんですが、その時大量に発生していたハイドラグーンの群れが人々を襲っていることに気がつきます。

残るライダーは龍騎とナイト。ハイドラグーンの大群を見てナイトは生き残れないかもしれないと思い、龍騎としばらくおしゃべりして友情を確かめ合い、ハイドラグーンに立ち向かいました。

…でも、ここで劇場版がまさかのエンディングに突入してしまうんです。ハイドラグーンたちの群れは?龍騎とナイトは生き残ることができたのか?謎が残ったままTV版へと続きました。気になる終わり方でムズムズしちゃいましたよ。

活躍というか、とりあえずの印象は「めっちゃいっぱいいた」って感じですね(笑)大量にいるし成長して強くなるしで、倒しても倒しても無限に増えるレイドラグーン達にライダーはため息が出ていたのではないでしょうか。

人々を襲ってさらって、攻撃して、さすが敵怪人!敵目線だとかなり活躍してる気がしますね。

TV版第47話のあらすじやレイドラグーンの活躍は?

あの気になる終わり方からの続きのお話となる第47話はどんなお話なのかや、レイドラグーン達の活躍を見ていきましょう。

仮面ライダー龍騎 TV版47話のあらすじはこちらをクリック!

20才の誕生日とともに、亡くなってしまう運命にある士郎の妹・優衣を救いたいと思っている真司。戦う決意を決めた真司と蓮のきびしい戦いが始まります。

迷いを捨て去り、ライダー同士の戦いを始めようとする真司にナイトに変身する秋山蓮とゾルダに変身する北岡秀一はどう対応するのでしょうか。

そして、今まで謎が多かった優衣の過去が少しずつ明かされていくのですが、時がたつのが早く、タイムリミット(20歳の誕生日)はすぐそこまで近づいてしまいました。

レイドラグーン達の活躍は?

ミラーワールドでは、シアゴーストの大群が逃げようとしていた蓮と色々な思いに惑わされて余裕のない真司を追い詰めたところで、なぜかシアゴースト達はパタパタ倒れて丸くなってしまいます。その隙を狙って蓮は無理やり真司を連れて現実世界に逃げました。

丸く…ということは繭(まゆ)になって成長し、脱皮しようとしてるのでしょうか。ここでも戦いシーンがありませんでしたね。でも、そろそろレイドラグーンの登場ですよね!…と思ったら、今回もそこからなかなか現れませんでした。

そして、47話が終わる直前、神崎士郎が鏡に現れタイムリミットを告げたかと思えば映像が変わり、序盤で固まったままのシアゴーストが映し出されました。次の瞬間、シアゴーストのサナギがピシッと音を立てて割れ、レイドラグーンが現れたんです!!

せっかく登場できたのにここで次回に続きます。劇場版に続き、47話でも活躍をおあずけされるなんて思いませんでした。なかなか活躍させてくれませんね。早くレイドラグーンの活躍が見たいです。

第48話のあらすじやレイドラグーンの活躍は?

前回は脱皮しただけで終わったレイドラグーンが48話ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

仮面ライダー龍騎 TV版48話のあらすじはこちらをクリック!

優衣の誕生日まであと3日。タイムリミットを宣言した神崎士郎は残ったライダーを教会に集め、最後の決着をつけることを求めます。士郎が連れてきた真司、蓮に加えて、王蛇の変身者・浅倉の姿がありました。

そこに来なかった入院中の北岡はここで脱落者になってしまいます。そして、戦いを止めたい優衣が現れてある行動に出ました。徐々に明かされていく優衣の過去。12年前、幼い妹と兄に、いったい何が起きたのでしょうか?

レイドラグーン達は48話で活躍した?

浅倉が北岡の事務所に行きますが、北岡は入院中なのでいません。その状況にイライラした浅倉が鏡を殴ったとき、たくさんのレイドラグーンの気配を感じ王蛇に変身して大暴れします。

この時、ブンブン飛んでくるたくさんのレイドラグーンを倒していました。でも、まだまだ飛んでくるレイドラグーンに王蛇はかかんに挑んでいきます。

私だったら次々に現れる虫にため息と恐怖を感じてしまいそうですが、王蛇はすごいですね。さすが仮面ライダー!怖さももろともせず、挑むなんてかっこいいです。

しかし、残念ながら王蛇がレイドラグーンたちに挑んだところで他の場面に変わったので、48話のブンブンタイムはこれで終了でした。

ブンブンタイム…勝手につけちゃいました(笑)ブンブンにぎやかで聞いてるだけで近くに蜂がいるような気持ちになってしまいましたよ。というか、トンボってそんなにブンブン言うんでしょうか?気になってしまいました。

第49話のあらすじやレイドラグーンの活躍は?

48話のブンブンタイムに続き、49話はどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?そろそろドーンと活躍してくれそうだと期待してしまっています。

最終回目前!49話のあらすじはこちらをクリック!
優衣の誕生日まであと2日、ライダーたちが戦う最後の日がすぐそこまできました。前回真司の変身を目撃したジャーナリストの令子(れいこ)。OREジャーナルという会社の社員・大久保と一緒に仮面ライダーを巡る謎をついに暴きます!

一方、死期が迫っている北岡は令子を最後のデートに誘いますが、忙しいと断る令子。最終的にデートをOKしてくれるといいのですが。

そして、現実世界にモンスター大群が空を埋め尽くす中、真司はライダーとして何を願うのでしょうか。

レイドラグーンの大群はどんな活躍をした?

番組中盤で、レイドラグーンの群れがいきなり鏡の中から現実世界に飛び出してきて、人々を襲い始めました。蓮と真司がレイドラグーン達から人々を守ろうとしている中、ファンにとってつらい出来事が起こります。

きっかけとなったのは一人の少女。おびえる女の子を助けに向かった真司でしたが、なんとレイドラグーンの攻撃が真司の背中にもろに入ってしまいました(汗)え…真司、大丈夫でしょうか。

倒れこみながら、少女に逃げてと言いその背中を見届けましたが、カードデッキを手にした瞬間力が入らず落としてしまいました。そして、口から大量の血を吐いてしまいました。

レイドラグーンの攻撃が主人公に致命傷を負わせるなんて、まさかの展開でした!敵としてはすごく活躍しましたが、仮面ライダーを応援している世の子どもたち、ライダーファンたちはどう思ったんでしょうか。

その後真司は、蓮の手助けをしてレイドラグーンに挑み、致命傷(ちめいしょう)を負ったと思えないような動きで戦いました。途中、突然倒れこんだものの、蓮には「張り切りすぎただけ」と話し、ナイトと龍騎はサバイブ化して最後の攻撃をしました。

レイドラグーンはその攻撃ですべて倒されましたが、レイドラグーンの攻撃で負った傷で主人公が最終話を前に亡くなるという結末が待って居ました。劇場版と全然違う結末には私もびっくりしてしまいましたね。

漫画版も含めるとショッカーライダーが最初ですが、レイドラグーンは仮面ライダー史上初の主人公を殺した怪人になったんですね。ヒーローが怪人に殺されるなんてことがあるんですね。ハッピーエンドで終わることはできなかったのでしょうか?

レイドラグーンはやっと活躍したと思えたんですけど、真司だけじゃなく子供たちの心に傷を負わせてしまったんじゃないかと心配になってしまいました。でも、レイドラグーンも頑張りましたよね。お疲れ様でした!


他の仮面ライダーシリーズでトンボ系怪人はいるのか?

仮面ライダー龍騎の他にもトンボモチーフの怪人が登場するライダーシリーズがあります。仮面ライダーは見た目が昆虫に似ているので怪人も昆虫が多いんですよ。

仮面ライダー剣(ブレイド)で登場!ドラゴンフライアンデッド

アンデッドとは?

アンデットというのはブレイドで登場する死なない怪物のことです。全部で53体(+劇場版の1体)もいるんですよ。死なないので、倒す代わりにカードに封印すると、個々の怪物が持つその特殊能力を仮面ライダーが使えるようになります。

仮面ライダー剣に登場するドラゴンフライアンデッドは、水辺が好きでヘリコプターが空中で停止する”ホバリング飛行”で空中を自在に飛び回り、自分たちのなわばりを作ってそこに近づくものを上空からダガーという武器を使って攻撃します。

そして、無数のトンボを手下にして自由自在に操り、相手の不意を打って攻撃をしかけるのが得意なのです。

水辺を好むのはトンボの特徴ですよね。ただ、飛んでいるトンボならまだ可愛いのに攻撃してくるようなトンボなら可愛くないです。なんとなくですけど、このトンボモチーフアンデット、トンボというよりはハエに似ていませんか?

でも、同じ昆虫だから似ていてもおかしくないのかもしれませんね。

ママ
なんだか、恐い顔しているわね。でも、怪人さんがやさしい顔していたら怪人さんじゃなくなるものね。
パパ

やさしい顔して悪い事している方が逆に恐くないか?

レイドラグーンが登場する仮面ライダー龍騎の「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

また、仮面ライダー龍騎に出てくる他の怪人の記事もありますので、興味があれば見てみてくださいね。

歴代仮面ライダーを一度に見たい方に必見!これさえあれば本なんていらないですよ♪


まとめ

  • 仮面ライダー龍騎に登場するレイドラグーンはトンボがモチーフ
  • レイドラグーンは繁殖力が強く、放っておくとどんどん増えてしまう
  • レイドラグーンはなんと主人公を死なせた怪人だった!
  • 他のシリーズで登場するトンボモチーフ怪人は見た目が恐い

レイドラグーンって、始めはドラゴン系の怪人なのかと思っていましたが、調べてみるとトンボがモチーフなんだということがわかりました。昆虫特有の大量発生での攻撃は、怪人になっても一緒でしたね。

トンボモチーフですが、怪人になってしまうとトンボも昆虫だからか見た目が多少恐くてハエにみえてきちゃいますね。ライダーシリーズは怪人を昆虫系でまとめるとみんな一緒にみえる不思議…。

そして、レイドラグーンは主人公の真司を倒した怪人でした。主人公が死ぬなんて全く想像もしていなかったので本当にびっくりしてしまいました。怪人目線だと、きっと「レイドラグーン、よくやった!」と上司?に褒められるんだろうなと思いました。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

 

 

 

 

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ