超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



大人から子供まで楽しめる仮面ライダー!

親子で楽しむことができるのが仮面ライダーの魅力の1つなんですよね。

さて、今回はそんな人気の歴代仮面ライダーのキャスト(俳優)について見ていきたいと思います。

今回ピックアップするライダーは、

仮面ライダーガオウ

渡辺裕之

です。

  • 仮面ライダーガオウの俳優さんとは?
  • プロフィールや経歴は?
  • デビューのきっかけは?
  • 今はどんな活躍をしてる?

について徹底的ご紹介していきたいと思います!!


仮面ライダーガオウを演じているのは誰?

仮面ライダーガオウは佐藤健さんが主演した仮面ライダー電王で活躍したライダーで、渡辺裕之さんが演じています。全体的に黒で、ポイントにゴールドを使っていて、とてもカッコいいです!身体の至る所にワニの意図が見られ、ワニの口が変形した大きなV字型の仮面が特徴的で、慣れてくるとなぜかさらにカッコよく見えてくるのが不思議です。

仮面ライダーと言えば、若い俳優さんを起用していて仮面ライダー出身俳優と呼ばれたりするイメージが強いですが渡辺裕之さんは2007年当時としてはシリーズ史上最高齢となる51歳の仮面ライダーとして登場しています。

『仮面ライダースーパー1』の仮面ライダースーパー1こと沖一也役のオーディションで落選していたことを明らかにしています。

同じ頃、特撮誌のインタビューで「子供の頃から好きだったウルトラマン・仮面ライダー・ゴジラ・ガメラには出演したいと昔から思っていて、ライダー以外には出演できたが年のせいもあってライダーは無理だろうと思っていたらライダー役が来たので驚いた。」とコメントしています。

仮面ライダーガオウとは?

列車に乗ってタイムトラベルする設定の特撮ドラマ佐藤健さんが演じる最年少ライダー・電王と最年長ライダー・ガオウの対決が物語になっている『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』でのラスボスです。

宝石泥棒にのりうつってしまったイマジン(未来からの侵略者)を追って、良太郎(佐藤健さん)たちは過去の世界に向かいます。しかしそれは、時の列車ばかりを狙う強盗集団の首領、ガオウ(渡辺裕之さん)だったんです。

性格は何事にも物怖じせず悪賢く、戦闘スタイルも野性的でなおかつ、マンガ肉を喰らうなど、まさに悪党の中の悪党。とにかく「喰らう」ことに貪欲で、ついには時間すらも喰ってしまおうと作戦を立てます。

全ての時間を支配できる「神の列車」を求め、デンライナー(電王が乗っている列車)をジャックする電王の世界では有名な強盗が起こり、宝石を奪い返そうとして過去へ飛ばされる事になってしまいました。

さまざまな時代を通り抜け、良太郎たちは江戸時代にたどりつくことができますが、先回りしていたガオウは、なんとすべての時間を支配できるという神の列車の封印を解こうとしていました。史上最弱の仮面ライダー電王が“時の運行”を守るため、時の支配を企む強大な敵と戦う物語となっています。

監督、主要キャストはテレビシリーズのメンバーに加え、グラビアアイドルの星野亜希、タレントの陣内智則ら豪華な顔ぶれが集結しており、悪の仮面ライダーガオウの登場、劇場版ならではの見どころが満載です。

ちなみに、ライダーとしてのスペックの数値自体は他のイマジンが乗り移った状態と大差は無いですが、イマジンの力を使わずとも戦闘力はかなり高いんです。電王4大フォームとゼロノス・ベガフォームの面々を前にしても「バカの揃い踏みだな」と軽口を叩いた上で、その言葉通り圧倒するほど脅威的な戦闘技術で敵を圧倒しているのもガオウの特徴です。

仮面ライダーガオウのスペック

身長:198cm
体重:102kg
パンチ力:7t
キック力:6t
走力:100mを6.2秒
ジャンプ力:ひと跳び25m

プロフィールや経歴は?

渡辺裕之(わたなべひろゆき) 1955年12月9日生まれの63歳に見えない63歳。

所属事務所ユニコンスター株式会社に所属。

3人兄姉の長男(弟1人、妹1人)。茨城県水戸市出身。拓殖大学商学部経営学科卒業。

茨城県水戸市出身で現在は神奈川県に住んでいます。

渡辺裕之さんは芸能界で多趣味なことで有名であり、それに伴いたくさんの資格を取得しています。そのさまざまな趣味の中で自身の描いたイラストがテレビ番組のタイトルに採用されたりしています。

渡辺さんの趣味や資格を書いてみますね。

  • ドラム(パーカッション)
  • 英会話
  • 乗馬
  • スキー
  • 水泳
  • スキューバーダイビング(ライセンス所有)
  • パラグライダー(ライセンス所有)
  • ゴルフ
  • 商業簿記3級
  • 書道初段
  • 自動二輪・普通自動車免許

 

ママ
こんなにたくさんの趣味・資格を持っていてダンディな方はそうそういないよね。勉強熱心で好奇心旺盛なんだろうなぁ。

そしてトム・クルーズ、マイケルキートンの吹き替え担当をしたことがあるのですが、英語が堪能すぎて耳に入ってくる言葉と台本が違いすぎてやりにくかったらしく今では吹き替えの仕事は行っていないみたいです。

なぜ渡辺裕之さんは英語が流暢なのか?

大学生になって上京してから本格的に役者としての活動をはじめ、それと並行してルフトハンザ航空(ドイツ)でアルバイトを経験したことで語学力が鍛えられました。

そして大学卒業後の仕事がなかった時、たまたま成り行きでスウェーデンから来日していたモデルたちの通訳を務め、その関係で彼女たちのマネージャーをすることになったんです。彼女たちをクライアントに売り込む過程で、顧客リストのようなものが自然とできたことでしゃべれるようになったみたいですよ。

日本語しか話せない私からしたら是非渡辺さんから英語を教わりたいですね。きっと目がハートになってしまって集中できなくなりそうです。いや、集中できないですね。でも褒められたいがために今までこんなに勉強したことないだろう。というくらい勉強できそうな予感もします。

そんな老若男女問わず憧れられそうな渡辺裕之さん。まさに才色兼備という言葉しか似合わない方ですね。



デビューのきっかけは?

1980年に、コカ・コーラのCMでデビューしました。

その2年後、出演鍛え上げられた肉体美で「リポビタンD」(大正製薬)のテレビCMに出演。 皆さん1度は声に出して友人や家族に声をかけたことがあるかと思います「ファイト一発!」の台詞で注目を集めました。

https://twitter.com/1004Junjun/status/1056420941545127936

以降『嵐シリーズ』三部作で好評を博した。
また『ウルトラマンガイア』で司令官役を演じたことから、子ども世代の人気も高くなりましたよ。

『写真屋の息子として生まれ育ち、父はよく幼い僕をカメラの前に据えては、何度もシャッターを切り続けていた。子ども心にも、レンズ越しに父の温かい視線を感じ、「撮られる側にいたい」という思いを抱き小学生のころはテレビで怪獣映画や海外ドラマがよく放映されていて、劇中で銃などを扱う俳優の格好良さにも憧れたものでボーイスカウト入団も、それが一番のきっかけで、小学校2年生からのボーイスカウト体験。この二つの原体験が、今の僕を作ったと言っても良いくらいだ。』

と、あるインタビューで話されていました。幼い時に、とても貴重な体験をされたんですね。

小さい時って写真を撮ってもらう事は好きかもしれないけど、「撮られる側にいたい」なんて考えた事はありませんでした。その頃から、芸能界という業界は知らなくても、自然と目指していたのかもしれませんね。

 

ママ
ところでボーイスカウトってなんだろう?
パパ
健やかな子どもを育成する世界的な運動で「遊び」をとおして少年たちに、自立心や協調性、リーダーシップを身につけさせようとしたのがボーイスカウト運動の始まりだよ。
ボーイスカウトと聞くとイメージするのはキャンプやハイキング、そして街頭募金などとよく言われます。ボーイスカウト活動は、野外で、子どもたちの自発性を大切に、グループでの活動を通じて、それぞれの自主性、協調性、社会性、たくましさやリーダーシップなどを育んでいきます。そのプログラムはバラエティに富んでいて、各年代においても様々です。

 

1982年に初の主演作でもある『オン・ザ・ロード』。俳優デビュー第1作です。

 

その後、フジテレビ系列で放送されたドラマ「愛の嵐」以降、映画、テレビドラマ、テレビCMと幅広く活躍しており、2014年にはハリウッド映画「EVERLY(エヴァリー)」で女優サルマ・ハエックと共演しました。

芸能界でも有名なおしどり夫婦

渡辺裕之さんは、1994年に、女優の原日出子さんと結婚されましたよ。原日出子さんには離婚歴があり、最初の結婚で長女を出産していたので、子連れ結婚でした。甘いものが好きすぎて自宅の冷蔵庫あった家族全員分のプリンを勝手にすべて食べてしまって妻に怒られたというお茶目な一面もあります。

その後、渡辺裕之さんは原日出子さんとの間に、1男1女をもうけました。しかし、原日出子さんの長女も我が子のように育てたそうです。現在、長女は結婚し、子供も授かっているようなので、渡辺裕之さんは「おじいちゃん」ということになりますね。

すでに孫にも恵まれている渡辺裕之さんは、2016年の「ベストプラチナエイジスト」に選ばれています。

「ベストプラチナエイジスト」とは、60歳以上の世代であるプラチナエイジの夢や目標となるにふさわしい人々を表彰する賞。60歳になった渡辺裕之さんは、「おじいちゃん」とは思えないほどのスタイルを保ち、「ベストプラチナエイジスト」の名にふさわしいアクティブな生活を送っています。

こんなムキムキなおじいちゃんが存在するんですね。私が孫だったら、鍛え方を習いたいと思ってしまいます。

渡辺裕之は嫁の原日出子とラブラブでいれる秘訣とは?

渡辺裕之さんと原日出子さんの結婚生活は、早22年となりますが、いまだにアツアツの関係だとか。「ずっと仲良く円満な夫婦でいたいですから」という渡辺裕之さんは、熱いキスやハグ、そして毎日おしりを触るなどまるで欧米人のような感覚の持ち主のようです。

海外の空港でアルバイトしていた経験からその光景が当たり前に見えて、そして愛し合っているからこそできる行動なんでしょうね。見ている側からしたら恥ずかしい反面、正直羨ましさでしかないです。

子供が出来たとしても、渡辺さんと原さんのように仲良く過ごしていきたいものですね。

長男がイケメン俳優に!ドラマ「幽かな彼女」に出演していた!

渡辺裕之さんの長男、渡辺貴裕さんは、1996年生まれで今年で23歳になりますが、実は2012年に芸能界デビューしています。写真を見ると、父親である渡辺裕之さんと、母親である原日出子さんのいいところをうまく受け継いだ、なかなかのイケメンです。

現在、本名で芸能活動をしており、2013年に放送されたドラマ香取慎吾さん主演の「幽かな彼女」に出演しました。渡辺貴裕は、親の七光りといわれるのが嫌で、父親の渡辺裕之さんには内緒でオーディションを受けたといいます。

https://twitter.com/takahiroactor/status/1109286151959896064

ご両親が俳優・女優として活躍されているので、貴裕さんにも、その才能が受け継がれたのかもしれませんね。今後の活躍が楽しみです。

今はどんな活躍をしてる?

特技のドラムを生かして現在はジャズドラマーとして東京、横浜を中心にライブ活動中。そして舞台に出たりと活動しているみたいです。最近ではテレビなどでは見ないですが活動自体はされているんですね。

渡辺裕之さんのドラマ姿、テレビでも見てみたいですね。


まとめ

  • 仮面ライダーガオウの俳優さんは渡辺裕之さん
  • 多趣味で資格もたくさん取得しており英語が流暢
  • デビューのきっかけは劇中で銃などを扱う俳優の格好良さにも憧れたため
  • 結婚22年目でもラブラブな夫婦関係

多くの趣味を持っていて資格もたくさん取得しており、芸能界引退しても職には困らなさそうな渡辺裕之さん。むしろ引退しても職どころかお金に困らなさそうですね。ずーっとラブラブな夫婦関係、とても憧れです。私は毎日喧嘩ばかり・・・見習いたいです・・・。独身ですが・・・。


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ