超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーと言えばバイクをイメージされる方も多いはず!実は仮面ライダーのバイクは、ホンダやスズキなど様々なバイクメーカーのベースとして使われているんですよ。元になっている市販車を見たら、めっちゃ仮面ライダーのバイクがカスタムされているかわかります。これは裏方である美術係の傑作とも言えますね。

私もバイクが好きなので、今回はそんな歴代仮面ライダーのバイクの特徴や、活躍ぶりを様々な視点から見ていきたいと思います。

今回ピックアップする仮面ライダーマシーンは、

仮面ライダークウガ

ライジングビートゴウラム

です。

    • 仮面ライダークウガのバイク「ライジングビートゴウラム」とは?
    • 仮面ライダークウガの「ライジングビートゴウラム」のベース車や当時の価格は?
    • ベース車は購入はできる?
    • VMAXはバイクだけじゃなかった

について徹底的にご紹介していきたいと思います!!


仮面ライダークウガに15秒だけ登場したバイク「ライジングビートゴウラム」とは?

平成仮面ライダーシリーズの記念すべき第1弾「仮面ライダークウガ」に登場したバイク「ライジングビートゴウラム」は、ゴツゴツとした金のパーツと、前輪の周りに部分にある大きな2つの刃(やいば)が印象的です。

リアルタイムで仮面ライダークウガを見ていた友達が、ライジングビートゴウラムはめちゃくちゃ派手で、とても印象に残っていると言っていました。もう20年以上前の仮面ライダーなのに、まだ覚えているなんてすごいですね。

仮面ライダークウガのあらすじ
西暦2000年。とある山岳で謎の遺跡が発掘され、その中にあった棺の蓋を開けたことで超古代のクウガに封印されていた殺人集団「グロンギ」が解放され、人々を殺人ゲームのように襲い始める。主人公・伍代雄介は同時に発掘された変身ベルト「アークル」を使いクウガに変身して、人々の笑顔を守るために、警察と共にグロンギと戦っていくストーリー。
こんなに派手なバイクだから、何度か登場していたような気がしていましたが実際にライジングビートゴウラムが登場したのは15秒!登場回数も1回だけです。

こんなにも登場時間が短い仮面ライダーバイクはおそらくライジングビートゴウラムだけでしょうね。当時、仮面ライダークウガを見ていた人の中でもちょっと目を離していた隙に見逃した人もいるかもしれませんね。

 ママ

こんなに派手なバイクなのに15秒だけの登場だったなんて意外ね!こんな短い時間でどんな活躍をしたのかしら?

15秒だけの登場シーンが一体どんなものだったのか気になりませんか?でも、その前に是非ともライジングビートゴウラムのバイクがいかに強いのかを知っておきましょう。

というのも、ライジングビートゴウラムは、クウガのバイクが改良・進化を重ねていったものと、クウガの強化フォームチェンジが合わさった集大成ともいえる姿なんです。

クウガと共に戦いながら、改善し尽くされていったそのスペックの歴史を知らずにライジングビートゴウラムを語ることは不可能だからです。

クウガのバイクとゴウラムの関係

ということで、まずは、クウガの乗っていたバイクとそのサポートメカ「ゴウラム」についておさらいしておきましょう!

サポートメカ、ゴウラム とは?

クウガの乗り物に合体して、防御力や突進力、スピードをアップさせることができるクワガタ型の高知能メカ。超古代に存在した戦士クウガのもので、グロンギと同じ時にバラバラの状態で発掘されました。

ゴウラムは自らエネルギー源(燃料?)となる金属を補給し本来の姿になりはがら現代のクウガの元へと本能的に飛んでいきます。

ストーリー序盤では、街のあちらこちらで一生懸命に金属を補給してしまい街中で金属がなくなる騒動を起こすという、お茶目な一面もあることから「ゴウラムかわいい!」と密かに人気があるようです(笑)

クウガの歴代バイク

クウガのバイクを強さ順に見ていきましょう。

トライチェイサー2000

  • 最高時速300km/h
  • クウガの初代バイク。
  • 元々は警察の新型白バイの試作品だったので、武装は一切なし。バイクに乗ったままの攻撃が話題になる。
  • ゴウラムと何度か合体していくうちに金属を吸収されて、バイクの疲労が蓄積し32話で戦いの最中に不調を起こし結果的に走れなくなった。

トライゴウラム

  • 最高時速420km/h
  • トライチェイサーとゴウラムが合体した形態。
  • 必殺技の「トライゴウラウム・アタック」を一度発動するとエネルギーを使い果たして、元のトライチェイサーに戻ってしまう。

ビートチェイサー2000

  • トライチェイサーの後継車。
  • クウガ用に設計されている。
  • トライゴウラムと同じスピードがでる。
  • ゴウラムとの合体に約500回は耐えられる設計。
  • 合体時にゴウラムへ液体金属を供給してバイクの劣化とゴウラムのエネルギー不足を解消した。
  • 50tの衝撃にも耐えれる

ビートゴウラム

  • 最高時速570km/h
  • ビートチェイサーにゴウラムが合体した形態。
  • 合体がよりスムーズになった。
  • 速度がビートチェイサーより150km/h速い
  • 突進力や防御力もアップしたが、実際に突進を使うシーンはなかった。

 

パパ
トライチェイサーは普通のバイクだから、金属を吸収する性質のある「ゴウラム 」が合体したから負担が大きくて耐えきれなかったんだね。ゴウラムに対応できるバイクとして改良されたビートチェイサーが誕生したってわけか!
ママ
ライジングビートゴウラムを除けば、ビートゴウラムが一番強いバイクなのはわかったよ。でも、クウガの”ライジングフォーム”って一体どんなものだったのかも気になるなぁ。

ライジングフォームとは?

ライジングフォームは、元々クウガには存在していませんでしたが、とある戦いで毒攻撃を受けて弱ってしまったクウガが電気ショック治療を受けたときに、偶然手に入ってしまった能力です。
クウガの強化変身フォームの特徴

  • マイティ(赤)…マルチなスペック
  • ペガサス(緑)…視力、聴力が研ぎ澄まされる
  • タイタン(紫)…高い防御力をもつ
  • ドラゴン(青)…ジャンプ力とスピードが上がる
ライジングフォームになるとクウガの強化変身フォームに雷(電気)の力が加わり、さらにパワーや防御力がアップして体にビリビリとした電気を纏い(まとい)ます。
さらに金色のパーツが増えて見た目も強そうな感じに変化するんです!主に「必殺技を放つための形態」として登場しました。
直径6㎞に及ぶ敵怪人の自爆にも無傷でたえることができるほどの防御力があります。といっても、わかりにくいですよね。なので、自分の家から大体車で10分くらいの場所が大体6kmなので、その場所までの爆破に無傷で耐えれるということです。
パパ
隣町のショッピングモールが大体10分くらいで行けるけど、現実でそこまでの爆発が起こったらと思うと怖いなぁ!
ママ
ライジングフォームに変身すれば大丈夫よ!さっ、パパ変身してみて!
パパ

超〜変〜身!!ライジングマイティフォーム!(うぅ、、、ママの無茶振りが始まっちゃった)

改良を重ねていくうちに、ゴウラム対策やスピードアップをメインにスペックが高くなっていったクウガのバイクと、電気ショック治療によって生まれた強化フォームが融合して生まれたのがライジングビートゴウラムです。

では、一体どのようにして融合したのか奇跡の15秒間に何が起きたのか見ていきましょう。

ライジングビートゴウラムはどんな活躍をしていた?

ライジングビートゴウラムの最初で最後の出演シーンそれはクウガは全編49話中の、第42話「戦場」です。物語も終わりに近づいていたので、もちろん敵もどんどん強くなっていきます。

敵種族・グロンギの中でも上級クラスの集団「ゴ集団」。その中でも「ゴ集団最強3人衆」と呼ばれているゴ・バベル・ダ(以下、バベル)との戦いでライジングビートゴウラムは姿を表します。

グロンギとは?
高い知能をもつ殺人種族。人間の姿に変身し、ゲゲルと呼ばれる「人間を殺すゲーム」を繰り返していきます。軽く殴打するだけで人を殺せたり、驚異的な再生能力で銃弾で打たれてもすぐに再生してしまうといったまさに最強の敵。殺人することに何の罪悪感も感じないグロンギのモデルは、「昔より簡単に人を殺すようになった現代人」がモチーフ。

42話の中でバベルは、昼間からたくさんの人で賑わう池袋駅周辺に現れます。そして、地下街の入口を大型トラックで塞ぎ、中にいる人々の逃げ場をなくすという残酷な方法で虐殺をしていきます。

倒すと爆発する特性を持つバベルを目の前にクウガはその場でライジングフォームを使用することができず、どうにか弱らせて爆発してもよい安全地帯に運び出そうとします。

しかし、マイティフォームを一発で壊されたり、鉄の鎧と言われているタイタンフォームに穴を開けられるほどの圧倒的なパワーでクウガは厳しい状況に。

大ピンチに陥ったクウガでしたが、その場に駆けつけた警察官・一条の放った筋肉弛緩弾がバベルに見事命中し、一瞬の隙を突いてビートゴウラムで爆発しても大丈夫な場所に運んでいきます。

そしてビートゴウラムに乗ったままライジングフォームに変身するクウガ。すると、ビートゴウラムにも金色の力(雷の力)が宿りバイクが加速していく中「ライジングビートゴウラム」に姿を変えます。

パパ
ライジングフォームとビートゴウラムの合体した姿は、本来は存在しない組み合わせで、主人公の戦いにかける思いから実現した奇跡ともいえる姿とも言われているそうだよ。

そしてそのまま物凄いスピードでバベルへ突進し、かつてないレベルの衝撃をバベルへ与えて爆死させることに成功!ライジングビートゴウラムへ姿を変えてから突進するまでの約15秒、これがライジングビートゴウラムの登場シーンの全てです。

もちろん、クウガはライジングフォームに変身しているので無傷です。ちなみに主人公はこの技を「金のゴウラム合体ビートチェイサーボディーアタック」と名付けていましたが、警察官・一条に長すぎないかとちゃんと突っ込まれていました。

乗っていた俳優さんは

凶悪な敵、バベルをライジングビートゴウラムの力で撃破した仮面ライダークウガを演じたのは俳優・オダギリジョーさんです。オダギリさんといえば、無性ヒゲにモダンなヘアスタイルが特徴的ですよね。

ただ、クウガで演じた伍代雄介は爽やかな青年という感じだったので今のオダギリさんしか知らない人は、見た目のギャップに驚くかもしれませんね。オダギリジョーさんに関することは、こちらに詳しく書いてあります。

仮面ライダークウガの「ライジングビートゴウラム」のベース車や当時の価格は?

仮面ライダークウガ

バイクの名前:ライジングビートゴウラム

スピード:700km/h

馬力:測定不能

特殊能力:ライジングフォームの”金の力”より能力が強化された形態。

ベース車は「YAMAHA Vmax」で、当時の価格は¥890,000でした。

VMAXは劇場版人造人間ハカイダーでも活躍していた

劇場版人造人間ハカイダーに登場する主人公ハカイダーの乗るバイク「ギルティ」にもVMAXが仕様されています。戦闘時、ハカイダーが変身すると同時にタイヤの部分が青く光りギルティもアクティブモードになるという設定だったようです。

余談ですが、劇場版人造人間ハカイダーは仮面ライダーシリーズと同じ東映特撮作品で、原作氏はもちろん石ノ森章太郎さん。この劇場版人造人間ハカイダーは石ノ森章太郎さんの遺作となりました。

ライジングビートゴウラムのグッズやフィギュアは?

ライジングビートゴウラムのグッズは今はもう新品での販売はされていませんでしたが、フィギュアが3種類発売されていたようです。

定価9,800円のDXビートゴウラムは、バンダイから発売されていて。ビートチェイサーやゴウラム、ライジングパーツや主人公や通信用携帯電話なども入っています。現在では新品は売られていないようです。

ユタカというメーカーの「プラメカ ライジングビートゴウラム」という商品で、全長約17センチで3歳上からという表記があるのでフィギュアというよりかは、ガチャガチャと遊ぶオモチャといった感じだったのでしょうね。

もうひとつ、バンダイから発売されたトライチェイサーと、別売りのゴウラムを付属の専用パーツセットすることでライジングビートゴウラムにできるパターンもあったようです。

ゴウラムは、通販サイトでは売り切れになっていましたがオークションやフリマアプリなどで少しだけ出回っているようです。トライチェイサーの方はまだ新品購入なようなので、欲しい方はぜひチェックしてみてください。



今でもベース車は購入はできる?

VMAXは発売以降、大型バイクなのに扱いやすいということで非常に高い人気があり愛好家が沢山いました。しかし、2017年2月20日をもって残念ながら生産が終了してしまいます。

しかし、人気車種ということだけあって中古車もたくさん出回っています。価格は100万前後です。新車の本体価格を上回っていることから、いかにVMAXがバイカーたちに愛されているのかがよくわかりますね。

パパ
廃盤になっていることから、プレミアがついているのかもしれないね。これぞ男のロマン!

廃盤になったVMAXに似ている最新のバイクはこれ!

個人的には、ホンダのCB1100RSがかなり似ているんじゃないかと思っています。見た目はもちろんですが、ライジングビートゴウラムのベースになったVMAXは1200ccに対してCB1100RSは1140ccと排気量もほぼ同じ。

ホンダは「世界一のオートバイメーカー」と名高いですが、その礎を築いたのがCBシリーズと言われているんですよ。そんなCB1100シリーズは2019年に新型モデルを発表しているほか、CB1100とCB1100RSは一部仕様を変更していて、さらに進化を続けています。

VMAXとCB1100RS、どちらも魅力的なバイクですが新品でVMAXみたいなイカついバイクに乗りたいならCB1000RSが絶対オススメです。

現実でライジングビートゴウラムのようなカスタムをしたら車検に通らないので、金のホイールをカスタムして「ライジングパワー(金の力)」を感じてみるのもいいかもしれません。

仮面ライダークウガの歴代バイク【ライジングビートゴウラム】が登場する42話を実際に見よう!今なら限定無料配信しています↓↓

VMAXはオートバイだけじゃなかった!

ここまでライジングビートゴウラムや VMAXについての内容だったのでVMAXと言えばもうすっかり「バイク」のこととしか思えませんよね?でも、VMAXの船外機も存在しているんですよ。

船外機とは?
小型ボートなどに用いられる、取り外しができる機械のこと。駆動装置・かじ・燃料タンクなどが一体となっている。

ヤマハといえば音楽教室や楽器のイメージが強いという人の方が思いますが、実はVMAXを作ったヤマハは、船外機のメーカーとして世界シェア率40パーセントを誇るすごいメーカーなんです。

先進国はもちろん、発展途上国の南米の方ではかなりの確率でヤマハの船外機が使われているようです。市場調査をしっかり行い現地の状況に応じて改良したりと地域の特性に合わせたVMAXを開発していることが、世界シェア40パーセントの理由なのだそうです。

たとえば、現地のバイクに使う燃料が悪く試行錯誤で何度も改良を試みたんだとか。さらにインドでは宗教観によって現地の人々と軋轢(あつれき)が生じたりと、様々な苦労を重ねてきたそうです。しかし、その甲斐あって今ではたくさんの地域で愛用されているのだからすごいですよね!

仮面ライダークウガの歴代バイク【ライジングビートゴウラム】を実際に無料視聴することができます!今なら限定無料配信してます↓↓


まとめ

  • 仮面ライダークウガのバイク「ライジングビートゴウラム」とは?
  • 仮面ライダークウガの「ライジングビートゴウラム」のベース車や当時の価格は?
  • ベース車は購入はできる?
  • VMAXはバイクだけじゃなかった!

ライジングビートゴウラムがどんなバイクだったのか知れば知るほど、15秒の登場シーンではその魅力が正直伝わりきらなかったんじゃないかと思いました。しかし、そのレア感がまたライジングビートゴウラムの魅力でもあるのかもしれませんね。


バイクだけが仮面ライダーの魅力じゃない!久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で楽しく安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

&nbsp

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ