超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



仮面ライダーといえば、今でも幅広い層に大人気の作品ですよね。その中でも見応えがあるのは、やはり仮面ライダーと敵が戦う戦闘シーンではないでしょうか。

平成仮面ライダーシリーズの第1作目にあたる『仮面ライダークウガ』でも、クウガ vs 怪人の戦いが繰り広げられました。その中でもトラウマ回として名高い戦闘シーンがあったことをご存じでしょうか?

今回は心優しいクウガを鬼に変えてしまった怪人、ゴ・ジャラジ・ダをご紹介します!

仮面ライダークウガに登場するゴ・ジャラジ・ダとは?

このキャラが、仮面ライダークウガにでてくるゴ・ジャラジ・ダです。長野県の九郎ヶ岳(くろうがたけ)で復活した古代の戦闘民族「グロンギ」の一人で、その見た目からは温度を感じない冷徹さを感じます。

実はゴ・ジャラジ・ダがメインとなった回では、話の内容が怖い、トラウマになったなどの声も上がっており、視聴者にとって忘れがたい怪人と言えそうです。

ゴ・ジャラジ・ダはどんな敵?

ゴ・ジャラジ・ダは、ヤマアラシの体毛のように伸びた白髪の髪が特徴的なヤマアラシ種の怪人です。まずはプロフィールから見ていきましょう。

  • 種族:グロンギ族
  • 呼称:未確認生命体第42号
  • 身長:177㎝
  • 体重:134kg
  • 専用武器:

専用武器は針しか持っておらず、特に攻撃力や防御力が優れている訳でもありません。クウガに馬乗りをされてボコボコに殴られる場面もあり、針を使えない状況に追い込まれると途端に弱くなります。他のグロンギと比べてみても、戦闘力は低いといえるでしょう。

また、グロンギの中で最も低身長、低体重でもあるゴ・ジャラジ・ダ。他のゴ集団と比べてみましょう。

ゴ集団
↓気になる+をクリック↓
身長・体重
ゴ集団


ゴ・ブウロ・グ
(未確認生命体第37号)
身長:207cm
体重:168kg
ゴ・ベミウ・ギ
(未確認生命体第38号)
身長:198cm
体重:172kg
ゴ・ガメゴ・レ
(未確認生命体第39号)
身長:214cm
体重:268kg
ゴ・ジイノ・ダ
(未確認生命体第40号)
身長:202cm
体重:224kg
ゴ・バダー・バ
(未確認生命体第41号、B群8号)
身長:206cm
体重:176kg
ゴ・ザザル・バ
(未確認生命体第43号)
身長:187cm
体重:168kg
 ゴ・ジャーザ・ギ
(未確認生命体第44号、B群10号)
身長:201cm
体重:182kg(俊敏体)
213kg(剛力体)
ゴ・バベル・ダ
(未確認生命体第45号、B群12号)
身長:213cm
体重:223kg(俊敏体)
248kg(剛力体)
ゴ・ガドル・バ
(未確認生命体第46号、B群11号)
身長:209cm
体重:238kg(俊敏体)
252kg(剛力体)

身長は2m超える怪人が多く、体重は一番軽くても168kgとかなりの大物が出そろうゴ集団。その中でゴ・ジャラジ・ダは身長177㎝・体重134kgと、やはり小柄であることが分かりますね。

と、ここで「なーんだ小柄か!武器も針だし大して怖くないんじゃない?」なんて、油断してはいけませんよ。

実は、他のグロンギ怪人がまともに見えるくらいゴ・ジャラジ・ダは酷い!と言われているんです。その小柄な体で、どのようにして人々を恐怖に陥れたのか、これから詳しくお話していきたいと思います。

ゴ・ジャラジ・ダの能力は?

ゴ・ジャラジ・ダは、怪人体の時にアクセサリを胸からぶらさげています。もちろんこのアクセサリ、オシャレで身に付けている訳ではありません。ではどうするのかというと、それを標的の脳に刺し込むのです!

その時、脳の内部に針も差し込まれます。想像しただけでも痛いですよね。しかもその針、膨れ上がって変形までするのです。

ここまできたら刺し込まれた者の命はありません。脳は内部から傷付き、標的とされた者は脳内出血によって死んでしまいます。

ちなみに、撃ち込まれた針はレントゲンやMRIでも認識することができず、手術による摘出もできないという恐ろしさ。一度撃ち込まれたら最後…死を待つしかありません。

さらに、体内に入れられた針が凶器へと変化するまでには4日間の時間を要します。つまり、針を撃ち込まれた標的は4日間死の恐怖におびえなければならないのです。

標的となった者の中にはその恐怖にたえられず自殺した者もいたほど。ただ痛めつけるのではなく、精神的にも追い詰めてしまう所が怖いですよね。

パパ
ゴ・ジャラジ・ダの能力、かなり恐ろしいね…。標的にされたら終わりだ。

このような残酷な殺し方をするグロンギは珍しく、かなり極悪非道な怪人だと言われています。

また、針状のアクセサリは投げるとクウガの鎧を突き破るほどの威力があり、ヤマアラシという特質上かなりの速度で移動することも可能です。

足元の悪い道でも瞬間移動かと思うような速さで移動するゴ・ジャラジ・ダ。戦闘力が低い割には、いろいろな能力を持っている怪人といえるでしょう。

ゴ・ジャラジ・ダの人間体の姿はこれ

人間体の外見を見ると、体調が悪いのではないかと心配になるくらい唇の色が真っ青です。特性でもある高速移動を利用して、神出鬼没に登場するという一面もあるんですが、こんな人がいきなり目の前に現れたら誰だって驚くでしょう。

ストリートファッションを好む若者で、常にテンションは低め。初めは派手な扇子を持っていたようですが途中で奪われてしまいます。この格好に扇子は似合わないので取り上げられて良かったのかもしれません(笑)

指パッチンを鳴らす、爪を噛むといった癖をもっており精神的に未成熟な面もあります。見た目は子どもじゃないのに…もう少ししっかりしてほしいですね。

ゴ・ジャラジ・ダの本性はここで暴かれた!

ゴ・ジャラジ・ダは第25話「彷徨(ほうこう)」で初登場します!しかし、その時はまだ極悪ぶりは見せず…。ゴ集団の一人として登場していました。

ゴ集団とは?
仮面ライダークウガに登場するグロンギ族の一集団である。グロンギ族の中で最も優れた者のみが所属を許されるエリート集団でもある。知能、武力ともに優れている。

意外と優秀な怪人であるということが分かりますよね。ここでは明かされなかった極悪非道ぶりが分かるのは、第34話と少し先のエピソードになります。

第34話 戦慄(せんりつ)

ゴ・ジャラジ・ダは「ゲゲル」と呼ばれる殺人ゲームに参加していました。

その内容は「緑川高校2年生男子を定めに従い12日間で90人殺す」というもの。ちなみに失敗すると、ゴ・ジャラジ・ダは爆死してゲゲル失敗となります。

アクセサリを脳内に刺し込んで殺すという能力を余すことなく発揮し、高校生たちを恐怖のどん底へと突き落としていました。

殺人以外にも、死が確定する4日目にターゲットの前に現れて死ぬ絶望感を与えたり、恐怖におびえる姿を見て楽しんだりするなど、とにかく狂気じみた行動をしていたゴ・ジャラジ・ダ。

ある告別式の会場では、一人の少年が取り乱して悲鳴を上げます。その亡くなった少年に死の宣告をした謎の青年が会場にいたというのです。被害者の葬儀にはいつも姿を現している謎の青年…その正体はもうお分かりですよね。

ゴ・ジャラジ・ダは、葬儀に参列していた同級生たちにも恐怖を与えていました。こんな状況で落ち着いていられる高校生はまずいないでしょう。

また違う場面では、箱根の別荘に逃げ込んだターゲットの親子に対して、無言電話をかけるという陰湿(いんしつ)な嫌がらせもしています。窓の外に現れては消えたり、指パッチンをして自分の存在を知らしめたりとターゲットを精神的に追い詰めていくのです。

親子は別荘の外に逃げ出しますが、もちろんゴ・ジャラジ・ダが放っておく訳がありません。ターゲットの母親が「どうしてこんなことをするのか」と問いかけた時には

君達が苦しむほど……楽しいから

と答えています。その外道さがよく伝わってきますよね。子どもなどの弱者を苦しめて殺す行為に快楽を感じるなんて、まさに非道な怪人ですね。

ちなみにターゲットは危機一髪のところでクウガが現れたため、その時は殺されずに済みました。

ターゲットだけでなく、周りの人間の精神状態までもズタズタにしてしまうという最悪の怪人。そんな敵をクウガが許すはずはありません。

第35話では、ゴ・ジャラジ・ダに天罰が下ります。

第35話 愛憎(あいぞう)

ゲゲルの制限時間がせまり、残るターゲットはあと一人。それは先ほど箱根の別荘に逃げ込んでいた少年でした。

間一髪のところで助かった少年は、その後両親と別れて警護されることになります。家にいても危険だと警察も判断したのでしょう。しかし、ゴ・ジャラジ・ダも制限時間がせまっているので必死です。

彼はターゲットの少年が保護されている場所へと向かいます。そこで酷い仕打ちが待ち受けているとは知らずに…。

少年の警護にあたっていた警官を殺害し、針を差し込もうとしていたゴ・ジャラジ・ダ。そこへ主人公・五代雄介(ごだい ゆうすけ)が乱入してきます。雄介のタックルを受け、窓を突き破って中庭に落下した後はクウガに変身した雄介のターンの始まりです。

ゴ・ジャラジ・ダの外道さなどから心優しい雄介もさすがにブチ切れ、怒りが爆発。怪人の上に乗り、怒りのパンチをくらわせます。相手が吐血しても殴り続け、その手が止まることはありません。

https://twitter.com/hariri432/status/1101430981158813696

ちなみにこちらのシーン、殴るふりではなく本当に殴っているそうです。スーツアクターの方は、口を切り出血してしまったとのこと。クウガの怒り心頭具合が分かりますね。

途中ゴ・ジャラジ・ダは逃げ出そうと試みるものの、すぐに捕まってしまい再び殴られます。見てるこっちが「もう許してあげなよ…。」と言いたくなってしまうほどです。

その後、クウガはゴ・ジャラジ・ダを海岸へと連れ去ります。海についた瞬間に急ブレーキをかけ、クウガは敵を海に弾き飛ばすのです。いつもの心穏やかなクウガは一体どこへ?

ママ
主人公ってこんなに怖い人だったっけ?もう絶対逃がさないって感じよね。

針を投げ飛ばして抵抗しようとするゴ・ジャラジ・ダでしたが、クウガには効果がありませんでした。必死の抵抗もむなしく最後はソードでめった切りにされます。

そして倒れたところに剣を突き刺され、苦しみながらゴ・ジャラジ・ダは爆死してしまうのです。

平成仮面ライダーシリーズでも類をみないほどに痛めつけられ、悲しい最期を迎えたゴ・ジャラジ・ダ。子ども向きとは思えない内容に当時はPTAから苦情が殺到したそうです。

また、平成仮面ライダーのトラウマ回として現代も語り継がれているんです。視聴する時は心の準備をしてから見ることをおすすめします!

そんなゴ・ジャラジ・ダが登場する仮面ライダークウガの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓



ゴ・ジャラジ・ダの俳優・声優は大川征義さん!

ゴ・ジャラジ・ダは大川 征義(おおかわ まさよし)さんが演じられ、声も担当されていました!

  • 出身地:千葉県
  • 生年月日:1983年8月30日
  • 血液型:B型
  • 趣味:レザークラフト
  • 出身校:多摩大学目黒中学校・高等学校卒業

「レザークラフト」とは革を使ったハンドメイドのことです。革で作られたお財布やコインケース、キーケースなども当てはまります。長く使えて飽きのこない物が多い革製品、それを作られているのはとても素敵ですよね。

また、大川さんは日本の劇団・芸能事務所でもある劇団ひまわりのご出身でした。以前は俳優をされていたとのことで、昔から演劇などにも興味があったのでしょう。その演技力はクウガの中でも十分に発揮されていました。

現在はナレーションの仕事をする「ナレーター」として活躍されているようです。その美声、聴いてみたいですよね?大川さんがナレーターを務める動画がありましたので、どうぞゆっくりご覧ください。

高すぎず低すぎず、聞きとりやすい声をされています。極悪非道なゴ・ジャラジ・ダからは想像が出来ないほど良い声です(笑)

ゴ・ジャラジ・ダを演じられただけではなく、声を担当されていたのも納得ですね。かなり落ち着いた印象を受けます。

大川征義さんの主な出演作品は?

テレビ番組やCMのナレーションとしても活躍されていた大川さん。主な出演作品を見てみましょう。

主な出演作品
↓気になる+をクリック↓
テレビ
テレビ 「天才てれびくん」
1998年
NHK教育テレビ
「奇跡の人」
1998年
NTB系
「魔女の条件」
1999年
TBS系
「天国に一番近い男」
第1シリーズ
1999年
TBS系
「火曜サスペンス劇場保護観察」
少年A(岡大樹)役
2000年3月7日
NTB系
CM(ナレーション)
ラジオ
CM
サントリー 山崎12年
2011年放送
「熟成」
「職人たち」
「ブレンダー」
「山崎の水」
JFN
2011年放送
「ふるさとに元気を」
「ふるさとにチカラを」
ヒューマンコンシャス
2011年にエフエム東京で放送
「三陸鉄道・ささえる」
「三陸鉄道・つなぐ」
「三陸鉄道・元気」
テレビ
CM
サントリー 鏡月
『きょう、きみと、アルバム』篇

やはり声が良いからかラジオCMの出演も目立ちます。テレビ番組の出演はもちろんのこと、ナレーターのお仕事にも意欲的に取り組まれていたことが分かりますね。

声優と俳優を演じた人物にはこんな人も

声優と俳優を演じた人物が、実は『仮面ライダードライブ』にもいらっしゃいました。クリムスタインベルト/ベルトさんを演じたクリス・ペプラーさんです!

日本のタレント、ナレーター、声優として現在も活躍されています。かなりのイケメンですよね!女性からの人気も相当ありそうです。

  • 出身地:東京都新宿区
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 生年月日:1957年10月22日
  • 趣味:ベースギター

父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人とのこと。日本語、英語、フランス語を自在に喋るマルチリンガルであり、その他言語能力を生かしてナビゲーターとして第一線で活躍されています。声も美しいと評判です。

やはり声が美しい人は、俳優としてではなく声優としても活躍されているのですね!お一人で俳優と声優、どちらも演じられているのは凄いです。今後の活躍からも目が離せません!

俳優・声優も演じられた大川征義さんが演じた仮面ライダークウガの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • ゴ・ジャラジ・ダは極悪非道な怪人だった
  • クウガの怒りを爆発させた唯一の怪人である
  • ゴ・ジャラジ・ダの人間体を演じ声も担当したのは大川征義さん
  • 大川征義さんは現在ナレーターとして活躍されている

平成仮面ライダーの中でも類を見ないほどボコボコにされて倒されたゴ・ジャラジ・ダ。普段は心優しいクウガには心底許せない敵だったのでしょう。

ゴ・ジャラジ・ダを演じていた大川さん、現在はナレーターとして活躍されているとのことです。大川さんの美声を聞くとゴ・ジャラジ・ダを思い出してしまいそうですね。

久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ