超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



戦隊モノのレッドって明るくて元気で正義感に溢れていてまっすぐで…と、とにかく純粋で「ザ・主人公!」というイメージがありますよね。

私もそう思っているうちの1人なのですが、今回ご紹介する桜田ヒロム(さくらだ ひろむ)はそんなイメージとは少し違う人物像を持った主人公なのです。

無愛想で、ちょっぴり不器用な彼を応援したくなるかもしれません!

桜田ヒロムって何者?

このかっこいい中に可愛さを兼ね備えた見た目の男性こそが、今回ご紹介するレッドバスターこと桜田ヒロム(さくらだ ひろむ)くんです。

元気で明るくて…という男の子ではないのですが、正義感や使命感が誰よりも強いところは、みんなが憧れるヒーローそのもの!さっそく、そんな彼のことを詳しく見ていきましょう。

【桜田ヒロムのプロフィール】

  • 名前…桜田ヒロム(さくらだ ひろむ)
  • 生年月日…新西暦1992年11月29日(20歳)
  • 血液型…AB型
  • 相棒(バディ・ロイド) …チダ・ニック

新西暦というのは物語上の架空の暦で、あくまでパラレルワールドの日本ですよ!っていうことを表すためのもののようで特に物語には関係してきませんでした。

相棒?バディ・ロイド?気になるところはたくさんあるかと思いますが、彼について順番にご説明したいと思います。なにせ奥が深いのがゴーバスターズ。みなさんもゆっくりじっくりお読みください。

桜田ヒロムはどんな人なの?

ヒロムはとにかくまっすぐで強い信念を持った男だと私は思いました。

私だったら立ち直れないようなつらい事実を叩きつけられても彼は自分の中に持っている芯を最後まで信じ、敵に立ち向かいます

ボロボロに打ちのめされたら、みなさんはどうしますか?私だったら適当な言い訳をして諦めちゃうと思います。けど彼は諦めずにやり遂げてしまう。そんな心の持ち主なんです!

一見無愛想でクールで主人公らしくない性格をした彼ですが、作品を見ている人たちはそんな中に隠れた彼の熱い部分に惚れてしまうのです。かっこいいんです。

ですが彼は思ったことをすぐに口に出してしまう性格をしており、仲間であるイエローバスターこと宇佐見ヨーコ(うさみ よーこ)をよく怒らせてしまっています。

そして困ったことに彼自身はその性格を自覚していないという…よく相棒のニックに注意されたり、仲間のブルーバスターこと岩崎リュウジ(いわさき りゅうじ)に苦笑いされるといった場面がたくさん出てきます。

見ている我々からすれば、壮絶な戦いの合間のホッとする場面なのでずっとこの平和が続けばいいのにと思ってしまうんですけどね。

そんな彼ですが、第1話の最初の時点ではまだゴーバスターズとして戦いに参加していなかったのです。最初はブルーとイエローの2人で活動していました。

パパ
ええっじゃあなんで戦いに加わることになったんだい!?

ゴーバスターズに加入するまで

桜田ヒロムは13年前にとある事件で両親を失い、7歳上の姉・リカと2人暮らしをしていました。

あとで詳しく説明するのですが実はこの13年前の事件がきっかけでブルー、イエロー、そしてレッドの3人はゴーバスターズとしての能力を手にするのです。

…が、姉であるリカは弟をそんな命がけの戦隊に入れたくないと拒否。そのためヒロムは7年ものあいだゴーバスターズからは少し離れた生活を送っていました。

彼はその間、いつかゴーバスターズの一員として戦えるようひとりで体を鍛えていたようです。中学時代は担任の先生からの誘いで大道芸部に入部し、そこでジャグリングを習得していました。

これもジャグリングなんだ!

水晶玉が意思を持ってまるで自分で動いているような…こちらもジャグリングパフォーマンスの一種なんです!

みなさんがジャグリングと聞いて真っ先にイメージする玉をたくさん空中へ投げてキャッチしてを繰り返すあの技も相当練習を積まないとできませんが、こちらはびっくりしすぎて目が飛び出そうですね。

しかしある日、敵であるヴァグラスの侵略が本格的に活動を始めてしまったため姉の反対を押し切りゴーバスターズとして合流するのでした。

そのときのお姉さんの心配そうな表情は見ているこちらも胸を痛めたほどです。私も家族がそんな命懸けの戦いに向かうとなったら当然反対すると思います…みなさんはどうですか?

仲間との約束

無事(?)ゴーバスターズに加入し仲間とともに敵と戦うこととなったヒロムですが、先ほどの思ったことをすぐ口にしてしまう性格から何度かヨーコと喧嘩してしまいます。

ではなぜそんな彼らは固い絆で結ばれているのでしょう?

3人は13年前の事件で両親、大切な場所を目の前で失っています。

目の前でそれらが一瞬でなくなり大泣きしていた当時3歳の幼いヨーコに、ヒロムは約束するのでした。

この世界をきっと元に戻す

大きくなってからも3人はこの約束を覚えていたために、再会してから固い絆で結ばれるのに時間がかからなかったんですね。

実際に、ヒロムに馬鹿にされたと怒ったヨーコは「どうせあの時の約束なんて忘れてるくせに!」といじけてしまう場面があるのですがピンチの際「約束しただろ、この世界をきっと元に戻すって」とヒロムに言われるシーンがあります。

作中でもまさにそれで彼を見直すきっかけになり、そして信頼できる仲間へとなっていくのですが13年前の記憶ってみなさんどこまで覚えていますか?

意外と思い出せないって人多いんじゃないでしょうか?私もです。今を一生懸命生きているとどんどん記憶が上書き保存されてしまうんですよね。

これは私個人の考えですが、13年前の約束は本当にたった一言だったのにみんながちゃんと覚えているのって実はこの時点では誰も前を向けていなかったんじゃないかなって思いました。過去から抜け出せていないというか。

それほどまでに目の前で家族や研究所が文字通り消えてしまったことは大きな出来事だったんだなと思うと…さっさと幸せになってくれって思っちゃいます。

パパ
僕も小さい頃に可愛い子と約束してたことあるかなぁ
ママ
空気を読んだほうがいいんじゃない?パパ

相棒チダ・ニック

右から2番目の、頭にバイクのハンドルのようなものがピョンと付いている赤い子がヒロムの相棒であるチダ・ニックです。

ゴーバスターズでは相棒のことをバディ・ロイド(相棒の乗り物)と呼ぶのですが、彼は頭のハンドルの通りバイクに変身します!

バイクに変身したニックはヒロムの行きたい場所へひとっ飛び!…かと思いきや、極度の方向音痴だったりと可愛いとこだらけの男の子なのです。

無愛想ですぐにヨーコを怒らせるヒロムに「あの子は女の子なんだぞ!」と注意するところや、泣いているヨーコにヒロムがハンカチを渡してあげたら「グッジョブ!」と言いながら自分のことのように喜ぶ姿は本当の兄のようで見ていて笑顔になってしまいますね。

13年前の事件って?

先ほどから何度も登場している13年前の事件…それはとある研究所で起きたのでした。

ヒロムの両親たちを含めたくさんの研究員たちが働いていたとある転送研究センター。そのメインコンピューターが謎のウイルス「メサイア」に感染し思考を持つようになってしまい暴走を始めてしまいます。

「このままでは危険だ!」と当時の施設責任者であるヒロムの父の判断により、研究所ごと亜空間に飛ばしてしまうことになったのです。

へえ、あれも亜空間なんだ!

亜空間(あくうかん)とは、私たちが今生活しているこの世界の常識がまったく通用しない別空間のことをいいます。「時空のはざま」という言い方がいちばんしっくりくるのかもしれません。

それほどに亜空間という言葉はあいまいなものなので簡単に説明できるようなものではないようです。が、それじゃあここを読んでいる意味がありませんよね。そうはいきません。

SF作品や魔法使いが飛び交うファンタジー系作品では単純に「私たちが生きているこの現実世界ではないどこか」という意味で登場していることが多いです。

例えば「ドラゴンボール」。修行などで使われる「精神と時の部屋」はまさに亜空間のひとつで、部屋の中での1年間は現実世界ではたったの1日間にしかなりません。

そんな部屋が本当に存在したなら便利ですよね。私はゴーバスターズを一気に見るためにずっと引きこもるかもしれません。

次に紹介するのはみなさんご存知であろう「ドラえもん」。彼らがタイムマシンに乗っていろんな時代や場所に移動するとき、時計のような模様がたくさん描かれた怪しげな空間を通りますよね。

タイムトンネルと呼ばれるあの空間こそが、お話している亜空間なのです!なんとなく想像できたでしょうか。

あんな場所に飛ばされたヒロムのご両親や仲間の家族たち…無事だと心から思えない気がします。

お父さんの判断は正しかったのでしょう。結果として世界はメサイアに支配されることはありませんでした。が、それも一時的なものにすぎませんでした。

研究員たちは自分の子供たちと3対のロボットにワクチンプログラムというものを施し飛ばされた亜空間からさらに彼らを現世へと飛ばしたのです

それが、ヒロム・リュウジ・ヨーコと相棒の3体でした。

ワクチンプログラムは空間転送の際に体に害がないようにするためのもので、人間離れした能力を手に入れることができるのです。

ヒロムはワクチンプログラムのおかげで超人的な脚力を手にし、圧倒的なスピードで瞬時に移動することができます!

彼らはいずれまたやってくるメサイアたちの襲撃に備え、ゴーバスターズの戦士として訓練や修行を開始するのでした。

ウィークポイント

人間離れの力を手にした3人ですが、「ワクチン」プログラムというくらいですから当然副作用のようなものが存在します。それがウィークポイント(弱点)と呼ばれるものです。

ヒロムのウィークポイントは、「パニックになるとフリーズする」というものでした。

特に、ニワトリアレルギーの彼は実物のニワトリはもちろん写真やその単語だけでもフリーズしてしまいます。戦闘中にフリーズしてしまうこともあり、命の危機に直面してしまうのです。

ブルーのウィークポイントは熱暴走、イエローのウィークポイントは充電切れとコンピュータにちなんだウィークポイントとなっているのはワクチン「プログラム」だからなのでしょうか。

桜田ヒロムが見られる特命戦隊ゴーバスターズの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


戦闘センスはピカイチ!レッドバスター!

チーターのような頭が特徴のレッドバスター!

それもそのはず、レッドバスターはチーターのように足が速くそのスピードで敵に思い切りアタックし攻撃するのです!

その名も「超スピード」。そのまんまじゃん!と思うかもしれません。が、そのまんまなのです。

レッドバスターは3人の中でも特に戦いのセンスが抜群で、敵の弱点を突くためならその戦闘スタイルを柔軟に変えることができます。これって戦闘に限らず簡単にできることじゃないですよね。

特にレッドバスターであるヒロムにとっては難しいことのように感じるのに、それをさらっとやってしまうのですからかっこいいです。さらにバイクテクニックも抜群と、なんて欠点の無い男なのでしょうか。

思うことをすぐ口にするデリカシーの無い男でよかったです。じゃないと私含め世の中の男たちが敵になっていたことでしょう…。

嫉妬から少し口が悪くなってしまいましたね。失礼いたしました。

ヒロム専用の巨大ロボ!

高さ12.8m、長さ45mのこちらがヒロムが出動したときに乗り込むバスタービークルCB-01チーターです!

普段はただの赤いベンツですが、相棒ニックが合体すると性能が一気に上がりナビゲート(方向音痴なのでたまに失敗しますが)をおこなってくれます。他の仲間のマシンよりもスピードがダントツで速く、外見もチーターの顔が付いたベンツに変身しちゃいます!

そしてこちらがゴーバスターエースです。なんと高さはCB-01の3倍以上!マンションだと12階ほどに相当します。いかに高いか想像できたでしょうか?

さきほどのCB-01がヒト型に変身した姿で、レッドバスターのみが乗れる専用機なのです。普段は基地の整備士たちによって念入りに手入れされているのですが、なんと関わる整備士は50人。

それだけ彼らにとって、そして世界にとってエースの存在は重要だってことですね。ちなみに第7話では整備士のお話を見ることができますよ。彼らも一緒に戦っているんだということがよく分かりますし、それを実感したヒロムの成長を見ることもできます!

最後の敵は自分自身

ダークバスターは、第1話から登場していた敵エンターがレッドバスターの情報を盗みだし悪のレッドバスターに変身した姿です。

偽物なのですがレッドの能力についての情報を盗み出して作り上げているためその力は本物以上となってしまいます。

さらにこいつは本物の能力だけでなく「本物が見たり聞いたりした情報」も取り込んでいるために仲間の技を出すこともできる…と最大にして最強の敵となりました。

まさに自分の敵は自分というか…いや、これを自分と言ってしまっていいのか怪しいところでもありますが。

情報を盗み出されているので本物の弱点も知られてしまい大ピンチになってしまったのですが…なんとか亜空間に飛ばすことができ倒しました。

パパ
最後に出てきた敵が自分自身だなんて怖すぎるよ!
ママ
でも倒せてよかったわ〜!

演じたのは鈴木勝大さん

引用:Ever Green

こちらの爽やかでかっこいいお兄さんが、桜田ヒロムを演じた鈴木勝大(すずきかつひろ)さんです。

鈴木勝大さんはどんな人物なのでしょうか?

【鈴木勝大さんのプロフィール】

  • 所属事務所…エヴァーグリーン・エンタテインメント
  • 生年月日…1992年12月29日
  • 血液型…O型
  • 出身…神奈川県
  • 身長…175cm
  • 趣味…ラジオ、読書、映画
  • 特技…水泳、テニス、パソコン操作

さらに出身大学はあの慶応と、頭の良さと運動神経の良さが両立した人でした。そんな人本当にいるんですね。

ゴーバスターズを撮影していたときは大学生だったそうで、移動中のバスやショーの合間に課題のレポートを書いたりするなどかなり多忙な日々を過ごされていたようです。

真面目な性格だってことがよくわかりますね!

鈴木さんは2009年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞し芸能界デビューを果たしており、ゴーバスターズへの出演で注目を集めたようです!

ですが鈴木さんは元々「バラエティ番組のディレクターになる」ことが夢だったそうです。同じテレビでも、裏方で支えるお仕事に就きたかったんですね。

共演した人たちからは「裏表のない性格」だったり「周りへの気遣いが抜群」など性格の良さを表す言葉しか出てこないほど、非の打ち所のないイケメンでした!

あの作品に出演していた!?

みなさんは「帝一の國(ていいちのくに)」という作品をご存知でしょうか?

若手俳優陣が多数出演したことで話題をよんだこちらの映画に、なんと鈴木勝大さんも出演されていました!

こんな人気の作品に出演されていたなんて、さすがですね!

しかも鈴木さんが演じたのは駒光彦(こま みつひこ)という役で、間宮祥太朗(まみや しょうたろう)さん演じる氷室ローランド(ひむろ ろーらんど)の友人であり右腕にあたる人物でした。

「帝一の國」ってどんな作品?

帝一の國は、古谷兎丸(ふるや うさまる)さんによって描かれたジャンプS.Q.に掲載されていた漫画作品。

主人公である赤場帝一(あかば ていいち)が入学した海帝高校で生徒会長を目指すという話であり、よくありそうな設定と思われるが実際に主人公が行う手段は非常に計算高く姑息だったりととても斬新な展開が目白押しです!

その中でもひときわ目をひくのが氷室ローランドという帝一の先輩。アメリカ人である父親の血を色濃く受け継いでおり、てっぺんを取るという漠然とした目標のため手段を選ばずに生徒会長を目指していました。

鈴木さん演じる駒光彦はそんな氷室のそばにずっといる右腕で、そんなふたりの強い絆は見る人の涙を誘いますよ!(ある意味シュールで笑ってしまいそうな場面でもありますが)

同じく帝一の國に出演されていた方で、スーパー戦隊シリーズの作品に出演されている俳優さんがいらっしゃいましたよ〜!

鈴木勝大さんは他にどんな作品に出演されているのでしょうか?

テレビドラマ
作品名
2011 美咲ナンバーワン!!(日本テレビ)
花ざかりの君たちへ〜イケメン⭐︎パラダイス〜2011(フジテレビ)
2012 特命戦隊ゴーバスターズ(テレビ朝日)
2014 弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜(日本テレビ)
2016 THE LAST COP/ラストコップ(テレビ朝日)
2019 仮面ライダージオウ(テレビ朝日)
あなたの番です(日本テレビ)
映画
作品名
2012 桜蘭高校ホスト部
2017 帝一の國
一礼して、キス
2019 翔んで埼玉
舞台
作品名
2013 タンブリング Vol.4
2014 熱海殺人事件
2016 「終わりのセラフ」The Musical
2019 絢爛とか爛漫とか

イケパラ」や「あな番」など話題になった作品に多数出演されているんですね!

今後の鈴木勝大さんの活躍が気になるばかりです。

鈴木さんは仮面ライダージオウにも登場!

こちらのなんだかコメディチックな外見をした仮面ライダークイズですが、なんと変身者と声優が鈴木勝大さんでした!

なんと戦いの途中で敵にクイズを出し、不正解だったら電撃を放つという今までに無い戦闘スタイル!敵も急にクイズなんて出されたら混乱しちゃいますよね(笑)まさかそれも狙い…?

そして速く走るために足には「チーターズラン」というものを搭載しています。まさかのここでゴーバスターズの要素が取り入れられているんですね!ファンにとっては嬉しすぎる遊び心です。

今までに無い仮面ライダーのキャラだからこそスタッフの皆さんもお茶目心は発揮してくれたのでしょうか。こんなことされたらますますファンになっちゃいます。

そんな鈴木勝大さんが出演している特命戦隊ゴーバスターズの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

レッドバスターのスーツアクターは?

皆さんはスーツアクターというお仕事を知っていますか?今回の作品でいうと、実際にゴーバスターズが変身したあとの激しい戦いを実際に演じる俳優さんのことを言います。

今回ご紹介したレッドバスターのスーツアクターをされていたのが写真向かって左の押川善文(おしかわ よしふみ)さんです!もうすでに引退されており、所属事務所も退所されているそうですね。

赤の戦士を演じたのはレッドバスターが初めてで、そこから3作も連続してレッドの大役を演じきりました。

その温かい人柄により変身者の俳優さんたちにも慕われる存在で、自分の演技には叱られてでも妥協しないというストイックさをお持ちなところはスーパー戦隊の中心となるレッドそのものだなーと感じます。

ちなみに押川さんが所属されていたJAE(ジャパン・アクション・エンタープライズ)は他にもたくさんのアクション俳優が所属されていて、数々のスーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズで活躍されていますよ!

そちらに注目してみるのも見方が変わって面白そうですね。

そんな押川さんについては別の記事にまとめましたので、ぜひチェックしてくださいね!

まとめ

  • 桜田ヒロムは一見クールで不愛想だけどハートの熱いヒーロー
  • 桜田ヒロムはパニックになるとフリーズしてしまう!
  • 相棒はバイクのニック
  • レッドバスターは超スピードの持ち主!
  • 演じていたのは帝一の國にも出演していた鈴木勝大さん
  • レッドバスターのスーツアクターは押川善文さん

ニックや仲間たちに支えられてまっすぐ成長したヒロム。憎たらしいやつめと思いながら憎めなくて、いつのまにか彼の魅力に引き込まれてしまいました。

演じたのはイケメンでさらに素敵な性格のお兄さんである鈴木勝大さん。そんな人が主人公である桜田ヒロムを演じたのは運命だったのかもしれませんね。そんな素敵な鈴木勝大さんの今後も目が離せません!

久しぶりにスーパー戦隊シリーズが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

昭和のスーパー戦隊

平成のスーパー戦隊

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ