超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



何回も見たい!あの超大作アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の謎が続々と明かされる!!エヴァはU-NEXTで!さらに漫画の試し読みを楽しむにはこちらをタップ↓↓


スーパー戦隊!アヤトレンジャー!

番外編「エヴァを楽しもう!」

今回紹介するアニメは「新世紀エヴァンゲリオン」

新世紀エヴァンゲリオンは1995年にテレビ放送して以来、今までとは違うロボットアニメとして絶大な支持を受けてきました。その影響は20年経った今も映画化されるほどの人気なんです。

今回は2007年からのシリーズ、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序について初めて見た方でもわかるように深掘りと詳しい解説をしましたので是非ご覧になってください。話ではない触れていない話題の部分も満載なのでその辺りも見ていってくださいね。

”新世紀エヴァンゲリオンの簡単なストーリー”

新世紀エヴァンゲリオンは略してエヴァとも言われていますが、どんな内容かざっくりいうと、ごく普通の中学生が汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、未知との敵、使徒(しと)と戦っていくお話です。

簡単に言うと、エヴァンゲリオンという人間が作ったロボットと使徒といわれる敵との戦いです。

戦隊シリーズの大人のアニメ版とも言えます!

エヴァの魅力は、物語や世界観だけでなく、14歳のリアルな少年少女の苦悩や葛藤、それをとりまく大人たちの物語、また一際目を引くキャラクターやメカのデザイン、謎の多い内容など、一言では語りつくせないほどすべてが魅力的なアニメです。

そんなヱヴァンゲリヲンについて、新劇場版:序の、深い解説と感想をまとめました!

前回の内容についてはこちらから!

関連記事⇒ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

今回は、

  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の登場人物や内容
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の感想
  • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のネタバレ

になります。

Contents

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の登場人物

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

初めてエヴァンゲリオンを見るという方のために、新劇場版:序に登場する人物の簡単なプロフィールをご紹介します。

初めてヱヴァンゲリヲンを見るという方のために、新劇場版:序に登場する人物の簡単なプロフィール

  • 碇シンジ:新世紀ヱヴァンゲリヲンの主人公で初号機パイロット。第3の少年。
  • 葛城ミサト:国連直属の非公開武装組織ネルフの所属でエヴァの指揮官。
  • 碇ゲンドウ:ネルフ総司令官。シンジとは親子の関係。
  • 冬月コウゾウ:ネルフ副司令官。ゲンドウとは大学時代の教授と教え子の関係。
  • 赤木リツコ:ネルフ技術局所属。エヴァンゲリオン開発総責任者。
  • 伊吹マヤ:ネルフ本部オペレーター。リツコの部下。
  • 綾波レイ:零号機パイロット。第1の少女。
  • 鈴原トウジ:シンジ、レイの中学校の同級生。
  • 相田ケンスケ:シンジ、レイの中学校の同級生。
  • 渚カヲル:第6号機パイロット。
  • キール・ローレンツ:ネルフの上部組織「ゼーレ」の中心人物。

劇場版新世紀ヱヴァンゲリヲン序はTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の第壱話から第六話までを凝縮した内容となっています。

エヴァンゲリオン自体をあまり知らない、という方でも劇場版:序がわかるように説明すると

  • シンジを中心とする選ばれた中学生が人類の作ったロボット、エヴァンゲリオンに乗り敵とされる使徒との闘いを描いた物語
  • いきなりエヴァンゲリオンのパイロットとなったシンジの心情の移り変わり

この2点を踏まえながら見ていくとエヴァンゲリオンの面白さがわかると思います。

新劇場版:序はTVアニメ版を踏まえた内容ですが、描写やセリフの言い回しなど多くの変更点もありますのでTV版との違いは後ほどご紹介いたします。それではヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のあらすじについて、順を追って説明していきます。

新世紀ヱヴァンゲリヲン劇場版:序のストーリー

人類を襲う「使徒」の襲来と主人公、碇シンジの上京。そしてミサトとの出会い

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

舞台は汗ばむ季節の日本、東京より西にある山に囲まれた地帯。未来のエヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジは突然父ゲンドウの命を受けて上京していた。シンジは今後お世話になるネルフ本部の指揮官、ミサトと待ち合わせ中であった。

そんな中、突如轟音がシンジを襲う。国連空軍の戦闘機の爆撃が使徒と言われる謎の生命体を攻撃していた。何百、何千の砲撃を使徒に浴びせるも、使徒の進撃を食い止める事ができない。使徒は空軍、戦車隊を次々とビームで打ち抜いていく。まさにバケモノといっていい使徒の襲来だ。

国連軍の無力さを見てネルフ総司令のゲンドウと副司令の冬月は使徒についてこう分析した。

冬月:やはりA.T.フィールドか。

ゲンドウ:ああ。使徒に対し通常兵器では役に立たんよ。

国連軍は使徒を食い止めるべく、最終手段に打って出た。シンジと合流したミサトは車の中でその戦いの様子を伺い、国連軍が使徒に対して何をするのか、とっさに呟いた。

ミサト:ちょっとまさか!N2地雷を使うわけ!?

N国連軍が持っている殺傷能力最大の爆弾で使徒を爆発させることにしたのだ。使徒はものの見事に地雷と共に大爆発!

国連軍幹部もその様子をモニターで確認し、一同使徒を倒したかと思ったが爆風の後、再度モニターに映ったのは二足歩行で再び歩いていく使徒の姿であった。

使徒の近くにいたミサトとシンジも爆破の影響で車ごと吹き飛ばされていた。車はミサトの突貫工事でガタつきながら運転できる状況になったが、シンジとミサトはかすり傷一つなくて済んだ。二人は使徒の侵攻を確認しつつ急いでネルフ本部に向かう。

シンジ、父ゲンドウとの再会、そして謎の少女レイの登場

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

ネルフ本部に到着したシンジはミサトの案内で奥深くまで進んでいく。そしてミサトの大学時代からの唯一の友人でエヴァ技術責任者、赤木リツコを紹介される。リツコはシンジについて「例の男の子ね。」と話し、シンジがネルフに来た目的を理解していた。

リツコはシンジに人の作り出した、究極の汎用人型決戦兵器である人造人間エヴァンゲリオンを紹介する。シンジは初めて見るエヴァンゲリオンの大きさ、得体のしれないものに驚きと不安のような表情を浮かべている。同時にこのネルフ本部で父が働いているんだ!という事も理解した。

その後、シンジの父、碇ゲンドウがシンジ、ミサト、リツコを見上げるようにオペレーター室に現れた。ゲンドウとシンジは3年ぶりの対面であった。しかし父と子の感動の再会はなく、ゲンドウはシンジにエヴァンゲリオン初号機のパイロットになる事だけを命令する。

シンジはゲンドウに優しい言葉をかけて欲しかったのだが、期待を裏切られ初号機パイロットになる事を拒否する。ゲンドウはシンジをパイロットとして呼び出した事、そのパイロットはシンジしかいない事を告げる。そしてシンジが拒否するのであれば、帰れ!とまで言い切った。

ゲンドウはシンジが初号機に乗らない事を察して、ネルフ本部副司令の冬月に零号機パイロットの綾波レイを呼び出し、初号機のパイロットとして使徒の侵攻を防ぐように指示をした。

すぐさまレイは搭乗できるように初号機のいる格納庫まで運ばれる。レイは全身包帯、眼帯をしており、点滴をされていた。おそらく同じ年齢くらいの中学生、女の子なのに自分と同じパイロット、そして痛みがありながらもたちあがろうとするレイをシンジはそばで見ていた。

その瞬間、使徒がネルフ本部を目標に攻撃をしてきた。ネルフの奥深い場所にあるエヴァ初号機格納庫内でも振動が伝わり、建物のがれきがシンジ達の周りにも降り注いできた。シンジはよろけたレイを支えながら、今の状況、そしてレイの戦いへの姿勢を見てこう呟いた。

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだっ!

シンジは勇気を振り絞って使徒と戦う事、すなわちエヴァンゲリオン初号機に乗る決心を固めたのであった。

初号機発進!VS第4の使徒!そして暴走・・・

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

シンジは時間の猶予がないまま、エヴァンゲリオン初号機に乗り込む。リツコの説明を受けて、準備もままならないうちに指揮官のミサトがエヴァ発進の号令を行った。

ネルフ格納庫からリフトアップされた初号機がいざ、地上に到達した時には第4の使徒といわれるサキエルがすでに数百メートル離れたところまで迫っていた。シンジは使徒が目の前に現れた事もわからないまま、リツコの命令どおり、初号機を歩かせる事に集中している。

そして初号機が1歩踏み出そうかという時にバランスを崩して倒れてしまった。その一瞬の隙を見逃さず、使徒サキエルが初号機の頭をつかんで持ち上げる。そして初号機の左腕を思いっきりひねったのだ。シンジは初号機と神経回路で繋がっているため、自身の左腕に激痛が走る痛みを感じた。

ミサト、リツコが戦況を見守りつつ、シンジが動揺しないようになだめる。しかし使徒の猛攻はとどまらず勢いに任せて、左腕を引きちぎったのだ!初号機は使徒に頭をつかまれており身動きはできない。シンジもコックピットであるエントリープラグ内で意識を失ってしまう。

使徒サキエルはトドメとばかり、光線で近距離から初号機の頭部を打ち抜いた!初号機は完全に活動限界に達し、ネルフオペレーターのマヤが必死にシンジの生存を確認するも初号機内部の状況は掴めなかった。

ミサトは急いでシンジの回収を指示するが、初号機の応答もなく、制御不能に陥った。ネルフ作戦部の誰もがもうダメだ…と思った瞬間、初号機の目が光り勝手に動き出したのであった。シンジの意識はない中、サキエルを逆襲する。その光景にミサトやリツコは驚き、再起動いや暴走した初号機の姿を茫然と見守った。

初号機は一瞬で飛び跳ねてサキエルに体当たりし、サキエルもATフィールド(バリアのようなもの)を繰り出すも初号機もATフィールドを繰り出して、突破。サキエルの心臓部分、コアを切り開いた。サキエルは最後の抵抗とばかり初号機を包み込んで揃って大爆発した。

ミサトたちネルフの人間が見守る中、爆発の煙から姿を現したのはエヴァンゲリオン初号機であった。初号機は初の戦いで第4の使徒サキエルを殲滅したのであった。

ゲンドウの計画遂行とシンジ、ミサトとの共同生活

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

初めて乗るエヴァ初号機、そして第4の使徒との激闘。息つく暇もなく続いたシンジは戦いのショックと疲労で病院のベッドにいた。シンジが寝ている間、夢ではあるのだが奇妙な光景を見ていた。

その夢とは古ぼけた電車の車内。父ゲンドウと母ユイとの会話のようである。

ユイ:男だったらシンジ、女だったらレイと名付ける

ゲンドウ:シンジ・・・レイ・・・ シンジ・・・シンジ・・・綾波シンジ。

レイ・・・レイ・・・碇レイ・・・

そんな二人の会話から一転、暗闇になりレイの顔が浮かんできた時にシンジは目覚めた。大きな病室でシンジ1人が起き上がったものの、夢だとわかると再び仰向けになり、見知らぬ天井を眺めた。

その頃、ゲンドウは謎の組織ゼーレの会合に参加し、そこでゲンドウは使徒の襲来、初号機の起動、使徒殲滅の報告を行っていた。会合とはいえ、ゲンドウ以外はモノリスといわれる石柱のような大きな塊から音声が発せられている。

7つのモノリスが円状にゲンドウを取り囲んでいる様子は何かの裁きをしている風景にも見える。そんなモノリスの1つからゼーレの中心人物、キールはゲンドウの報告を聞き、ほぼ予定通りだったと振り返った。初号機の修理費、凍結された零号機も話題に触れていたがゲンドウは無言でうなずくのみであった。

キールは初号機、零号機は今後の戦いにも参加できればいい、とゲンドウに伝えた。ゲンドウも弐号機及びパイロットも試験中である事を報告した。ゼーレとゲンドウは極秘にある計画を進めている。それは使徒殲滅、及び人類補完計画であった。

病室を出るまでに回復したシンジは廊下で搬送されるレイに偶然出くわした。初号機に乗る直前、初めてレイを見た時以来であったが恥ずかしさなのか、目が合ったのにもかかわらずシンジは無言であった。

ミサトは病棟の待合室にシンジを迎えに来た。理由は上京してきたシンジをミサト自身のマンションの一室に住まわせるためだった。シンジは当初1人での生活を希望していたようであるがミサトに言われるがまま車に乗り込み、帰路についた。

まだ新しい生活やパイロットとしての自分になれないシンジを勇気づけるためなのか、ミサトは夕食を買いだめするためにコンビニへと立ち寄る。コンビニでは買い物客が使徒が襲来した話題でもちきりだった。みんな疎開する、ネルフは当てにできないという買い物客の声にシンジは戸惑うばかりであった。

そんなシンジを知ってか知らずか、ミサトはシンジをある場所に連れて行った。ある場所とは小高い山の麓。シンジには特に変わり映えのしない、寂しい街のように見えた。しかしミサトが腕時計で時間を確認した瞬間、地響きと共に、地面から高層ビルが出現していく。

シンジが新しく住む街、第3新東京市は、使徒からの攻撃を守る街であり、攻撃と守備を備えた要塞都市なのだ。人類を守ってくれたシンジへの御礼と元気づけるための光景でもあった。シンジも目の前に広がる近代化の象徴である高層ビル群を見て、驚きを隠し切れなった。

その後、二人はようやくミサトの部屋へと帰宅する。ミサトの部屋は女性らしからぬ一升瓶やゴミの山、脱ぎ捨てられた服が散乱していた。ミサトは特に気にする事もなく、二人っきりのパーティでシンジを歓迎してくれた。

ミサトはネルフでの仕事モードとは真逆なラフな半袖短パン姿でキンキンに冷えたビールをぐぃっと飲みほし、その日の疲れを癒す。それでもシンジは食事に対しても遠慮がちであった。ミサトは酔った状態だったためシンジにキツく言い放つ場面もあったが、お風呂に入って嫌な事を洗い流しなさい、と話した。

シンジはお風呂に入る際、ミサトの飼っている温泉ペンギンと遭遇し、びっくりはしたものの、お風呂に浸かって天井を見上げながら当日の出来事を振り返っていた。

シンジはその後、用意されていた自分の部屋でイヤホンをさして音楽を聴いていた。不思議と眠くならず、ドアに対して背を向けて横になっている。ミサトはそんなシンジの気持ちを察して背中越しに語りかけた。

ミサト:一ついい忘れていたけど、あなたは人に褒められる立派な事をしたのよ。胸をはっていいわ。

おやすみ、シンジ君、頑張ってね。

シンジはミサトの言葉に振り向く事はなかった。

初号機パイロットとしてのシンジの苦悩

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

ミサトのマンションに引っ越したシンジは翌日、中学校で同級生に呼び出しを受ける。呼び出したのは同じクラスメイトの鈴原トウジと相原ケンスケだ。トウジは校舎裏でシンジを見るなり胸ぐらをつかんで殴りつける。

ケンスケの説明では先日の初号機の戦いでトウジの妹がケガをしたのでトウジはシンジに怒りを持っていたとの事だった。それに対してシンジは乗りたくて、乗ってるワケじゃないのに!と反論するとトウジは再びシンジを殴りつけた。

トウジはシンジを殴った後、気が済んだのかケンスケと共にその場を立ち去る。殴られたシンジは空を見上げながらこのようにつぶやいた。

シンジ:どこが人に褒められることなんだろう。エヴァに乗ってたって言うだけで、なんで殴られるんだよ…

学校が終わった後、シンジはパイロットとしての訓練をするためにネルフへと向かう。シンジは何もわからないまま初号機に乗せられたこと、逃げ出したくなったこと、ミサトから労いの言葉をかけられてもうれしくないこと、トウジから殴られたことが頭によぎるが、何も考えずに訓練を行った。

感情を入れずに訓練する様子は少し不気味で目は虚ろに見える。そんな様子をリツコは客観的に人の言う事に従う事が一番の処世術、とミサトに話す。

ミサトはシンジを引き取った手前、シンジの心がモヤモヤしているのを気にかけていた。ミサトの気持ちを察するかのようにリツコはヤマアラシのジレンマの話に例えて、シンジは自分が傷つかないように臆病になっている、と話した。

 

ヤマアラシのジレンマとは?

鋭い針のような毛を持つヤマアラシは、温めあう為に互いに近づこうとすると、自分の針毛で相手を傷つけてしまう。そのため近づく事ができないというジレンマ。

 

ミサトは自身の体験からシンジが大人になる過程で他人とのいい距離感をつかんでくれるといい、そうリツコに語りながら今後もシンジを見守る決意を固めた。

初号機VS第5の使徒、そしてミサトへの反発

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

シンジは学校でも心を閉ざしていた。クラスメイトはもちろんシンジが初号機パイロットである事を知っており、シンジを遠巻きに噂を掻き立てている。シンジは目線から逃げ出すように屋上で仰向けになった。

しかし、休む間もなくレイが非常招集のためにシンジを呼びに来た。レイはその事だけを告げると一人ネルフへと向かう。レイの言葉を聞いたのにもかかわらず、シンジは話す事なくレイが走っていく姿を見つめるだけであった。

その頃、ネルフ本部では新たな使徒出現の準備に追われていた。情報収集とシンジ、レイのエヴァ搭乗準備を緊急に行っている。緊急事態に備えて近隣の住民の避難も同時進行で実施されていた。

クラスメイトのトウジ、ケンスケも一旦シェルター避難したものの、ケンスケはエヴァが戦っているシーンを見たいと言い出す。トウジも友達としてケンスケと共に隠れてシェルターから抜け出し、地上に再び戻ってきた。そして山の麓の神社でエヴァと使徒との闘いをカメラに抑えようと待っていた。

シンジも心の葛藤があるものの、初号機に乗り込み、迫りくる使徒と対峙した。シンジは戦闘に入った瞬間、訓練時の事を思い出し、使徒に目がけてガトリング砲を打ち込んでいく。しかし、シンジは心の冷静さとは裏腹にミサトの指示を無視して、全ての弾丸を使徒に打ち込んでしまった。

そのため使徒全体を煙で覆いつくす。ミサトは急いで予備のガトリング砲を受け取るようにシンジに指示するが、シンジは興奮しており、ミサトの指示に気づかない。その隙をついて使徒が反撃にうって出る。

初号機を光線の鞭で打ち、吹き飛ばした。初号機は体制を立て直し、反撃に出ようとしたが、その傍らには怯えたトウジとケンスケがたたずんでいたのだ。ミサトも二人が地上にいるとは知らず、初号機に対して二人を救助して一時避難するように指示を出した。

シンジは二人をエントリープラグ内に乗り込ませたものの、ミサトの指示を無視して使徒に突っ込みナイフで使徒の心臓部分であるコアに思いっきり突き刺す!初号機は使徒との闘いの中で、活動できる時間がなくなり、活動停止と同時に使徒を倒すことに成功した。

ミサトはシンジが使徒を殲滅したのにも関わらず、命令無視をしたシンジに対して怒り心頭であった。シンジはそんなミサトの様子もわからぬまま、泣いていた。

戦いが終わり、シンジがジュースを飲んで休んでいると、ミサトはどうして指示を無視したのか問いただす。シンジは生返事で謝り、逆にミサトの怒りを買う。ミサトはシンジの胸ぐらをつかむも全く変わらないシンジの様子にあきれ果て、先に帰宅するように伝えた。

シンジはミサトの部屋に帰宅せず、電車に乗り見知らぬ街へと移動する。一夜を繁華街のビルの谷間で過ごし、再び電車であてもなく移動した。山へと続くトンネルまで行ったところでシンジの後をつけ回している気配を感じた。

シンジは初号機パイロットとして逃れられない人生だと悟り、ミサトによってネルフ本部に連れ戻される。シンジはミサトの指示を無視した件、断りもなく逃亡した件で拘留室に監禁された。

シンジは勝手な行動を取った理由について言い訳をしているとミサトはパイロットが嫌なら辞めてもいいと強い口調で言い放った。

そんな一連のシンジの行動についてゲンドウと冬月は別の大きな室内で二人で話していた。冬月はシンジの行動は全て予定通りといい、ゲンドウはすべて計画通りと同調する。そして冬月が次の言葉で締めくくる。

冬月:14年前からのシナリオ。運命を仕組まれた、子供達か。過酷過ぎるな。

人類の平和か、滅亡か、ゲンドウのいう人類補完計画は予定通り進行しているのだろうか。

零号機プロトタイプ試作訓練失敗!ゲンドウのレイへの愛情

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

シンジは第5の使徒との勝利後、初めて登校した。先日、トウジは校庭でシンジを殴ってしまったが、初号機に助けられた事で反省のためか、自分を殴ってくれとシンジに頼み込む。殴ってくれないと気がすまないとシンジに伝え、シンジもトウジを思いっきり殴った。

トウジにとって、殴り合いをした事でおあいことしたかったのだろう。シンジは殴った後の笑ったトウジを見てほほ笑む。その様子をレイは教室から無表情で見続けていた。

ネルフ本部に戻りシンジは綾波レイについて、リツコからある報告を受けていた。過去に起こった零号機試作品の起動実験訓練の出来事だった。

この訓練は結果として失敗に終わる。この訓練で意外だったのはゲンドウの行動だった。零号機は訓練時に暴れだし、制御不能となる。零号機はそのままゲンドウ達のいるオペレーター室を破壊しようとする。零号機を緊急停止させる数秒前にレイの操縦席であるエントリープラグを射出する事に成功した。

間一髪大事故は免れた。しかし、ゲンドウはレイが無事か心配で誰よりも早くエントリープラグからの救出を急いだ。ゲンドウ自ら素手でプラグ脱出口をこじあける。高熱のためメガネが歪み、やけどの重傷を負いながらレイの救出を助けたのだ。

シンジはリツコからレイについては過去の経歴を不明と聞いていたのにも拘らず、真っ先にレイの救出に乗り出したゲンドウについて疑問を抱いていた。また、実際にレイとゲンドウとが楽しそうに打ち合わせをしている光景を初号機コックピットから見て、不思議な感覚を持つようになった。

いつもの初号機の訓練が日常の風景となったある日、リツコから新しいセキュリティカードを自分用、そしてレイ用を預かる。そしてその日の夜、ベッドで天井を見上げながらシンジはこうつぶやいた。

シンジ:綾波レイ・・・。父さんは何で笑ってるんだろう。何で僕には笑わないんだ・・・

戦いから逃げ出したいシンジ、恐れる事がないレイ

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

翌日、シンジは新しいセキュリティカードを届けにレイのマンションを訪れた。そこはまだ開発途中からなのか、人っ気がほとんどない無機質なマンションだった。玄関のチャイムの応答はない。シンジは仕方なく施錠されていないレイの部屋に入る。

レイの部屋も外観と同様、整備されていない作りであったが女子中学生の部屋とは思えない、暗く薄汚れた空間だった。シンジが部屋に上がり込むもレイの姿はない。余計な物を置いていない部屋の机に目を向けるとメガネが置いてあった。シンジは特に理由もなくメガネをかけた時だった。

バスルームから出てきたレイはバスタオル1枚のままだ。シンジがいる事がわかると、何も言わずにシンジに向かって来る。レイの表情は明らかに怒っていた。シンジはレイがいた事よりも何も身に着けていないレイの姿に驚くも、言い訳を話している内にレイは壊れているメガネを取り返そうとする。

2人はもみあいになり、床に倒れた。シンジはレイにちょうど覆いかぶさるように重なっている状態だ。シンジは一瞬何が起こったのかわからないまま、動けずにいたが、レイは無感情で一言、どいてくれる、とだけ言い放った。

シンジは恥ずかしさのあまり飛びのこうとしたが、さらに自分の手がレイの胸を無意識の内に触っていた事に気づき、申し訳なさと更なる恥ずかしさが交錯してレイから急いで離れて言い訳を咄嗟に話し始めた。

しかしレイは何事もなかったかのように、シンジのいる前で背を向けて着替えを始める。制服に着替えたレイはシンジから取り返した壊れたメガネをケースに戻すと、シンジに顔を合わせることなく、ネルフ本部へと向かった。

シンジは後を追うようにレイの後を追い、エスカレーターで移動中、再度レイに謝った。しかしレイは自分の部屋での出来事を何とも思っていないようだ。シンジはまた気まずくなるのを恐れて自分の気になる事をレイにぶつけてみた。

シンジはエヴァに乗るのが怖くないのか、レイに尋ねてみた。レイは特に感情を表すこともなく、エヴァに乗る事は怖くない、平気と答える。シンジは自分に恐怖心がある事をレイにもわかって欲しかった。使徒に殺されるかもしれない、シンジはレイに必死に訴える。

レイは話し続けるシンジに対し、親でもあるゲンドウの仕事を信じる事ができないのか、逆に尋ねた。不意を突かれたシンジはつい感情的になり、あんな父親なんか信じられないと強い口調で言い返す。シンジの言葉を聞いたレイはシンジの方を振り返り、近づくとシンジの左頬を思いっきり平手打ちした。

ひっぱかれるとは思わなかったシンジはただただ、レイの後ろ姿を追っていくしかなかった。

新劇場版序の最大の見せ場、ヤシマ作戦!その作戦内容と結末

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

第5の使徒シャムシェルを倒して間もなく、再び第3新東京市に次なる第6の使徒ラミエルが襲い掛かってきた。今までの使徒と違う人型ではない使徒ラミエルは正八面体の綺麗なブルー色、機械に操られているかのように形を変えながら攻撃を跳ねのける。

ミサトは第6の使徒ラミエルを倒すべく、初号機を発進させた。しかし初号機が地上に出た瞬間、ラミエルの放つビームでビルは一瞬で溶かし、防御壁も突き抜け、そのまま初号機の胸に命中!

シンジは衝撃と火力の激痛で声をあげる。ゲンドウは作戦の中止を拒んだが、ミサトはシンジの人命に関わると判断して、初号機回収を指示した。この使徒ラミエルとの闘いでシンジは緊急措置の重症を負う。

使徒ラミエルは初号機を倒した後、再び正八面体の形のなり、地下にあるネルフ本部へとドリル状のもので穴を掘り進めている。地下施設ジオフロントに到達するまでの猶予は残り10時間と迫っていた。

初号機とシンジの修復中にネルフ本部地下ではミサトを中心とした対ラミエルの秘策として編み出されたのがヤシマ作戦であった。ヤシマ作戦は高エネルギーを初号機の持つ大出力陽電子自走砲に一点集中するため、日本全国の電力を一時的に停電させ、全エネルギーを自走砲に送電させる作戦である。

ミサトの素早い決断にリツコ、ゲンドウも賛同し、その準備は全国で着々と進んでいる。その中でもラミエルを狙撃する二子山周辺では急ピッチで作戦準備が整えられつつあった。ミサトも都度情報の精査、指示を行いラミエル狙撃の時間には間に合う段階にきている。

初号機の修復も順調であったが、一番気がかりなのはシンジの精神的ダメージであった。シンジは慣れない第3新東京市での環境、父ゲンドウとの関わり、エヴァに乗る事の意味、恐怖心、そしてラミエルから受けたダメージでもうエヴァに乗りたくない気持ちで一杯の状況にあった。

レイが病院でシンジに伝えた言葉

シンジは使徒ラミエルからの負傷を癒すために病院にいた。寝ている間、シンジはレイが出てくる夢を見ていた。夢の中のレイはシンジに対して嫌な事から逃げ出す生活をずっと続けていくつもりなのかを問うものだった。

夢から目が覚めると傍らにはレイが本を読みながら看病をしていた。レイは再度使徒ラミエルを倒すヤシマ作戦をシンジに伝える為に来ていたのだ。しかし、レイが集合時刻と作戦内容、今から90分後に出発する事を伝えてもシンジはエヴァに乗る自信はなかった。

いつものようにシンジはエヴァに乗りたくない理由を述べているとレイはシンジに対し、そのまま寝ていたらと言い放つ。自分が初号機に乗ると言い出したのだ。シンジはレイの発言を聞き、うなだれているとレイは初号機には私が乗ると伝え、最後に「サヨナラ」と言い残し、病室を去った。

シンジはレイの言葉が脳裏をよぎりつつ、ミサトの呼び出しに応じて夜空の見える建物外に出てきた。シンジはミサトに対してもエヴァに乗る事への恐怖心を訴える。そんなシンジに対し、ミサトはあるものを見せるといい、ネルフ地下奥までエレベーターで連れて行く。

ミサトは意識的なのか、シンジの手をギュッと握って離さない。地下の最終地点まで到達した先には巨大な十字架に使徒のような得体のしれないモノが貼りつけられている。その巨人の胸には大きな槍が刺さった状態であった。ミサトは説明を始める。

ミサト:この星の生命の始まりでもあり、終息の要ともなる、第2の使徒リリスよ。

15年前の悲劇を再び起こさないように、使徒の潜入をふせぐのが我々ネルフの使命。第2の使徒リリスとの接触が起こる前にネルフ本部は全て爆発するシステムになっている、とミサトは話す。

リリスを守り、エヴァで戦う。ミサトはエヴァで戦うのはシンジでしかできない事、人類の未来は全てシンジにかかっている事を説明した。異空間の中でもシンジはなぜ自分がそんな役割になったかをミサトに問いただす。

ミサトはシンジがパイロットになったのは運命だが、私たちもみんな命をかけて戦っている、だから戦っているのはシンジ一人ではないんだよ、と優しく伝えた。シンジはミサトの話を聞いて、もう一度エヴァに乗る約束をし、握っていたミサトの手を強く握り返した。

激闘!VS第6の使徒ラミエル

第6の使徒ラミエルとの再戦前、シンジとレイはエヴァに乗るため、着替えをしていた。シンジはレイに対し、これで死んでしまうかも知れない、と弱気な発言をする。それを着替えながら聞いていたレイはシンジにこのように伝えた。

いいえ、あなたは死なないわ。私が守るもの

決意表明をしたレイにシンジは自分なんか守る価値がない、と囁いた。ヤシマ作戦準備のため、日本全国が停電になる中、クラスメイトの励ましを受けてシンジとレイは待機所でエヴァの搭乗時刻を待っていた。再びシンジはレイになぜエヴァに乗るのかを訪ねる。

レイはエヴァに乗るのは絆だから、とだけ答えた。シンジは父さん、つまりゲンドウとの絆かと尋ね直す。レイはみんなとの絆だと訂正した。シンジは強いレイの気持ちに関心しきりとなる。そんな会話が続き、時間になるとレイは最後にサヨナラと別れのような言葉を言って零号機に乗り込んでいった。

ヤシマ作戦の準備は全て順調に整った。使徒ラミエルを打ち抜くべく、シンジの乗り込んだ初号機は全国の電力全てを集中させた陽電子砲を持って待機している。そしていよいよ発射のカウントダウンが始まった。

5,4,3,2,1、発射!ミサトの合図と共に初号機がラミエルに向けて第一射を打ち抜いた!光線はラミエルの中心部を打ち抜いたかのように見えた。使徒からは大量の血のような赤い液体をまき散らしたからだ。しかしラミエルは再び正八面体の元の姿に戻り、初号機に対して反撃を行った。

ラミエルの攻撃をくらった初号機は体制を崩して後ろにのけ反った。なんとか耐えた初号機であったがシンジの心は芳しくない。ミサトの呼びかけにもうめき声をあげるのみで再び弱気の虫をのぞかせる。業を煮やしたゲンドウは初号機パイロットをレイに切り替えるように指示を出す。

ミサトは先ほどまで勇気をだしてシンジが初号機に乗ってくれた事を思い出し、ゲンドウにパイロット交代に異論を唱えた。

ミサト:自分の子供を、信じてください!私も、初号機パイロットを信じます!

ミサトの必死の訴えに頑固なゲンドウは指示を撤回して、初号機をシンジのまま再度ラミエルに攻撃するように変更した。

シンジは映像モニターに流れたトウジ、ケンスケの励ましに呼応するように再度初号機を操縦、陽電子砲を握りしめた。ミサトもそんなシンジに日本のエネルギー、人類の未来、生命の命をあなたに預ける。がんばってね、と鼓舞した。

勇気をもらったシンジは使徒ラミエル殲滅に向けて再び陽電子砲発射の準備に取り掛かる。第2射を発射まであせるミサト、そして間もなく発射出来る時にラミエルが先制攻撃とばかり、強力な光線を発射してきたのだ!

絶体絶命のピンチの中、初号機の前に現れたのは盾となる零号機だった!シンジは零号機の姿を見て、「綾波!」と絶叫する。初号機の陽電子砲発射までは残り20秒。その間も零号機の持つ盾がみるみる内に高熱で溶けていく。

盾が溶けてなくなる寸前でようやく発射準備が整い、シンジはラミエルに向けて第2射を発射!ラミエルの放つ光線を跳ね返し、瞬く間にラミエルを打ち抜いたのだ!ラミエルは後方に炎を噴き上げながら大爆発。今度こそ使徒ラミエルは殲滅したのであった。

戦い終了後シンジに見せたレイの笑顔

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

第6の使徒ラミエルとの激闘を制した初号機パイロット、シンジは勝利の余韻に浸る事なく、盾となってくれた零号機の元に駆け寄った。武器であるプログレッシブ・ナイフで零号機を切り裂き、コックピットであるエントリープラグを取り出した。

プラグを包む外側は高温ではあったが、シンジはそんな事はお構いなしにハッチを力任せにこじ開けた。綾波!綾波!とレイに呼びかけた。レイはシンジの呼びかけで意識を取り戻した。無事を確認したシンジはレイに言葉をかける。

シンジ:自分に、自分には他に何もないって、そんなこというなよ。別れ際にさよならなんて、悲しいこと言うなよ!

シンジはレイの戸惑った表情にも関係なく、無事だったのを確認して涙を流した。レイはそんなシンジの涙を見て、素直な気持ちでどんな表情をしていいかわからない、と説明する。

シンジはレイに優しくこういう時には笑えばいいと思うよ、と伝える。レイはシンジの気持ちが伝わったであろうか、自然とシンジに微笑みを浮かべた。2人を真夜中、暗闇をキレイな月夜が照らしていた。

敵?味方?渚カヲルの登場

引用元:(C)スタジオカラー/Project Eva.

場面は変わり、月の世界。月面は無機質な地上に自然現象でできたのか、赤いライン上のものがくっきりと入っている。そのライン上日本語は棺9つ並べられていた。その棺の中から謎の少年が目覚める。この少年こそ物語のキーマンともいえる渚カヲルであった。

カヲルはネルフ上部組織、ゼーレ幹部と今後の事についてやり取りをかわしている。この段階ではカヲルは敵か味方か不明のようだ。そしてカヲルのすぐ近くには使徒のような正体不明の巨人が大事に保管されている。

カヲルは地球を見上げ、シンジにこう呼びかけて新劇場版 序は幕を閉じる。

カヲル:また3番目とはね。変わらないな、君は。逢える時が楽しみだよ、碇シンジ君。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の感想と詳しい解説!

それではヱヴァンゲリヲン新劇場版 序の感想と解説をしていきます。初めての方でもわかるように解説しましたのでご覧下さい。また、今後のストーリーにつながる点も含めて解説していきたいと思います。

新劇場:序はただのTV版リメイクではない!変更点をまとめてみた

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序は2007年に公開された映画です。ざっくりした内容はTV版新世紀エヴァンゲリオンの第1話から6話までをまとめたものとなっています。但し、TV版をリメイク編集したものではありません。ここではTV版と新劇場版 序の違いをまとめてみたのでご紹介します。

【エヴァンゲリオン】から【ヱヴァンゲリヲン】へ込められた意味

一番気になるといってもいいのがTV版を新劇場版のタイトル表記の違いです。つまり、

  • 1995年からのTV放送:新世紀エヴァンゲリオン
  • 2007年公開の劇場版:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

と表記が違うのです。これは何を意味しているかというと、TV版を再構築(リビルド)したものが新劇場版だと言われています。そのためタイトル表記も違っているのです。つまりスタートする地点は同じですが、向かう手段が新幹線と飛行機みたいに段々ストーリーが変化していきます。

新劇場版:序でも始まりは似ているのですが、TV版ではあまり出番のなかった渚カヲルが登場しています。物語が進むにつれて大きく道を反れていくのでエヴァを知っている人も知らない人も楽しめる内容となっているのです。

新劇場版の年代が不明

TV版ではしっかりと西暦2015年のテロップが出ていましたが新劇場版:序にはエヴァの年代がはっきり明記されていません。意図的に消されたのか、謎のままです。新たなストーリーとしてあえて年代を伏せたのかもしれません。

赤い海が登場

赤い海の描写が劇場版の使徒襲来前から出てきます。この赤い海、どこかで見覚えがあると思ったら旧劇場版でも赤い海が出てくるんです。旧劇場版のストーリーはすでに人類が滅亡した状況を描いています。すでに赤い海になっているという事は人類がすでに危機的な状況という設定を作っている気がします。

その他、TV版では街並みに関しては平常なのですが新劇場版の描写では崩壊したビルや建物が顕著に描かれています。新劇場版になって緊迫感が見ている側にもすごく伝わってきますね。

使徒の番号が違う

新劇場版:序でエヴァと戦う使徒は3体登場しますが1つずつ番号がズレています。

TV版

  • 第3の使徒:サキエル
  • 第4の使徒:シャムシェル
  • 第5の使徒:ラミエル

なのが新劇場版 序では

  • 第4の使徒:(サキエル)
  • 第5の使徒:(シャムシェル)
  • 第6の使徒:(ラミエル)

このように使徒の番号が1つずつズレています。そもそもTV版とは設定が違うので番号が違うのも何となく理解できますね。ちなみに名前にカッコをつけたのは新劇場版では第〇〇の使徒としか表現されていません。使徒は全て技術の進歩なのか、カッコよくなっています!

そうなると気になるのが新劇場版の第3の使徒って誰よ!と気になりませんか?第3の使徒については続編である新劇場版 破で登場しますのでコチラを是非見てくださいね。

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ