超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



特撮ヒーローといえば、必ずヒーローと敵が登場しますよね?敵は「人間たちを排除し、自分たちが世界を征服するのだ!」と張り切って人間たちに襲い掛かり、そしてヒーローにボコボコにされる…そんな敵はたくさん出てきます。

しかし!仮面ライダーファイズに出てくる北崎(きたざき)はめっちゃ強いし、めっちゃ怖い敵なんです。それって普通なんじゃないか?と思いますよね。それが、ただ強いから怖いだけではなく彼の人間性がやばいんですよ。

そんな恐ろしい北崎の名言や、変身形態のドラゴンオルフェノクの強さ、悪役なのに仮面ライダーデルタという仮面ライダーに変身しちゃう経緯や、北崎を演じられた、俳優の藤田玲(ふじたれい)さんについてご紹介します。

仮面ライダーファイズに出てくる北崎ってどんな人?

北崎は仮面ライダーファイズで、スマートブレイン社という敵組織に属する人物です。スマートブレイン社の「ラッキークローバー」という、強さが上位4人で結成されているチームの一員で、その4人は皆オルフェノクでした。

その4人の中でも最も強いのがドラゴンモチーフのオルフェノクである北崎で、触るものをすべて灰にしてしまう特殊能力を持っています。

スマートブレイン社とは?
オルフェノクを支援する会社で、初代は花形(はながた)、二代目は村上峡児(むらかみ きょうじ)、三代目は木馬勇治(きば ゆうじ)が社長を務めた。
オルフェノクとは?
人類の進化形態で、一度死んだ人間が覚醒(かくせい)してオルフェノクとなる。オルフェノクのパターンは2パターンあり、普通に死んで覚醒し、オルフェノクになるもの(オリジナル)と、使徒再生(オルフェノクが人間をオルフェノクにしてしまう行為)により覚醒し、オルフェノクになるものがいる。オリジナルの方が能力が高い。

北崎は自分の強さを信じており、言葉や行動のはしばしにその自信がうかがえます。性格は自由奔放で気まぐれ。しかし戦いに敗れたり、自分の意に反する行動を相手がとると激怒する激しい部分もあります。

年齢が16歳ということで幼い所もあり、その幼さゆえに何をするかわからないと仲間からも恐れられている存在でした。

ママ
そういえば、北崎は同じラッキークローバーの琢磨(たくま)をいじめていたね。北崎の強さに怯えていた琢磨を面白がっていじめていたようだけど、髪の毛にわざと触れて、髪がちょっと灰になっちゃってたシーンはかわいそうだったな…。
パパ
本当だよ!髪は男の命なのに!
ママ
パパにとっては切実な問題ね(笑)
誰だって身の危険を感じるようないじわるをされたら怖くなっちゃいますよね。自分は強いから絶対にやり返されるわけがないと思っているからこそ、出来ることなのだと思います。
琢磨とは?
琢磨逸郎(たくまいつろう)はラッキークローバーの一員でセンチピードオルフェノク(ムカデモチーフのオルフェノク)に変身する。人間態の時はウィリアム・バトラー・イェイツの詩集を持ち歩いている。力が強くプライドが高い。北崎の触るものをみな灰に変えてしまう能力に怯えている。

最強最悪の敵!北崎の名言

北崎は特徴的なしゃべり方をします。ぼんやりとした口調で、相手を挑発するようにゆったりしゃべる傾向があり、特にラッキークローバーの琢磨には「またわけのわからない本を読んでいるの?」と相手を苛立たせる発言をします。

琢磨には「あなたとは話したくない」と直に言われちゃうくらいにイライラさせてしまったり、そうかと思えば、ドスの効いた低い声で「調子にのるなよ?」と相手をおどしつける事もありました。

しゃべり方が急に変わるので、北崎が何を考えているのか周りも想像ができなかったようですね。そういう人が一番怖いと思いませんか?そんな北崎の印象的な名言をご紹介します。

北崎の名言その1

「いいよ、手を出さないで…ひとりで遊ぶからさ」

仮面ライダーファイズ第28話でのセリフです。北崎の他にもオルフェノクが3人いたのですが、そのオルフェノク達を止めて、ファイズとカイザを1人で相手します。

圧倒的に北崎が強いのですが、その時に何故か仲間のオルフェノクが手を出してしまい、北崎に「わからない人だなぁ」と言われながらボコボコにされます。本当に何故手を出したのでしょう?

しかし、そのおかげでファイズとカイザは隙を見て逃げる事に成功しました。逃げるが勝ち!圧倒的に強い相手に対しては、一度引くと言うのが勝利の法則ですよね。

北崎の名言その2

「僕がやられるはずはないんだ…僕は王様なんだから」

仮面ライダーファイズ第49話で、死ぬ直前に言うセリフです。ファイズとデルタの必殺技をもらい倒れる寸前の北崎。仲間からも裏切られ、痛めつけられます。

そんな時、草かげからオルフェノクの王、アークオルフェノクが姿をあらわします。仲間は逃げて、北崎は捕まり、そして食べられてしまいます…。

アークオルフェノクとは
バッタの特徴をもつ、オルフェノクの王様。オルフェノクの人間の部分を取り除き、完全なオルフェノクとして不死を与えられる。自身の体を、完全に目覚めさせるの為に、他のオルフェノクを食べる必要があり、北崎は食べられてしまった。
ママ
このシーン、ゾッとしたのよね。だってオルフェノクの王の顔って、バッタだったの!仮面ライダーが食べてるように見えちゃうのよね
パパ
この世に絶対正義なんてものはないのかもな〜。実際戦っているのは同じような力を持つ者どうしだからね!奥が深すぎるぜ仮面ライダーファイズ!

仮面ライダーファイズの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


ドラゴンオルフェノクの並外れた強さ

ドラゴンオルフェノクは唯一想像した動物をモチーフにしたオルフェノクで、「ドラゴン」というように龍の特徴があり、強い肉体を持ち魔人態の時には両腕につけている鋭い爪で攻撃してきます。

ファイズとデルタの二人で攻撃しても大苦戦するほどの強さでした。また通常時は魔人態ですが、龍人態にも変形し、ファイズ達を圧倒します。龍人態では、魔人態の時の重い鎧を取り払い、スッキリとした姿をしています。

そのスピードはファイズのアクセルフォームよりも早い為、追いつくことが出来ません。ちなみにアクセルフォームで走ると100mを0・0058秒で走れます。早い!というかもはや見えません!

身長 体重
魔人態 2m25㎝ 167㎏
龍人態 2m15㎝ 119㎏

北崎の仮面ライダーデルタ

仮面ライダーファイズでは、敵もライダーギアをつけて変身することができる為、ライダーギアが色んな人に渡っていきます。

第1話ではヒロインの園田真理(そのだ まり)もファイズギアを着けて変身しようとして、はじかれてしまいました。変身できるのは適性がある人間のみで、適性があるのはオルフェノクと「記号」を持つ者だけなのです。

園田真理って誰?
流星塾の元関係者で、16歳の女の子。スマートブレイン社の花形からファイズギアが送られてきた意味を確かめようと東京に向かっている途中に、乾巧(いぬい たくみ)に出会う。その時オルフェノクに襲われ、ベルトを着用しようしたが適性がなくはじかれてしまう。乾にベルトを着けて変身させてその場をしのぎ、その後も乾と行動を共にする。
記号を持つ者とは?
オルフェノクになれる人間が「記号」をもっている

北崎が着用したギアは「デルタギア」

ライダーギアは「ファイズギア」「カイザギア」「デルタギア」の三種あり、その内の「デルタギア」が北崎の手に渡ります。デルタギアは3本のギアの中で一番最初につくられたギアで、他のギアよりもついているアイテムが少なめでシンプルなつくりになっています。

ファイズやカイザが新アイテムなどで、新しい能力を得ていく中、デルタにはそれがなかった為、ギアもシンプルなままなのです。一番最初につくられたギアだった為、後付け機能がなかったのかもしれません。

しかしもともと能が高い為、草加(くさか)がいつもはカイザに変身して勝てない相手でも、デルタなら勝ててしまうなんてこともありました。

草加とは?
草加雅人(くさかまさと)は、真里と同じく元流星塾生。真里に好意を寄せていて、本当は関わり合いたくないが、真里を助ける為に、カイザに変身して戦っている。

デルタギアは、オルフェノクと人間が着けられるギアで、はじかれたり、死んでしまう等の拒否反応はありません。

しかし胸の部分に、戦う気持ちを高める装置である「デモンズスレート」がつけられており、それによって、戦いを好む性格に変わってしまったり、デルタへの強い執着心を持つようになります。

デルタに変身した他のキャスト

他のベルトよりも変身しやすい事から、北崎以外にもたくさんの人がデルタに変身します。しかしその副作用によって、仲間内でデルタギアの取り合いになったり、敵に戦いを挑み、殺されてしまったりと問題も多くありました。

デルタに変身した他のキャスト

  • 三原修二(みはら しゅうじ)
  • 木村沙耶(きむら さや)
  • 徳本恭輔(とくもと きょうすけ)
  • 新井賢(あらい けん)
  • 河内勇樹(かわち ゆうき)
  • 草加雅人(くさか まさと)
  • 乾巧(いぬい たくみ)
  • 阿部里奈(あべ りな)
  • 村上峡児(むらかみ きょうじ)

デルタギアを主に着けて戦う事になった三原は、戦いに消極的な性格だった為か、ギアをつけても暴走する事なく戦う事が出来たようです。

北崎も暴走することも、執着することもなかったですよね。戦うことが元から好きだったようですが、自分でコントロール出来るくらい、戦うことでの精神力は強かったことがわかります。

三原とは?
三原修二(みはらしゅうじ)元流星塾の出身者。争い事が嫌いな性格で、オルフェノクの戦いに巻き込まれたくないと思っている。戦い慣れておらず、単独で戦うのは苦手。普段はスマートブレイン社が経営している「創才児童園フレンズホーム」でアルバイトをしている。

そんなデルタギアを北崎が着けると?

ご想像の通り、めっちゃ強いです。元から強いのに更に力を上乗せした感じですね!ファイズとカイザは手におえません。魔人態の時から勝てていないのですから当たり前といえば当たり前なのですがね。二人同時に挑んでも、腕で押さえつけられていました。

北崎の弱点

しかしそんな北崎にも弱点があります。それは飽きっぽく詰めが甘いところです。北崎はご紹介した通り、まだ16歳と未熟です。仮面ライダー達にトドメをさせる状態にありながら、仲間に注意をひかれ逃げられたり、デルタギアに飽きて手放したりしてしまいます。

その結果が、第49話のファイズとデルタに必殺技を受け、仲間に裏切られ、挙げ句食べられてしまうという結末なのです。

しかし、北崎が大人で最後まで徹底的に仮面ライダーや敵対するオルフェノクをやっつけてしまったら物語は簡単に終わってしまうし、番組タイトルが「ドラゴンオルフェノク」に変わっちゃいますよね!北崎はこれでよかったのかもしれませんね。

そして敵ながらもその強さに惚れ込んで、北崎が好きという仮面ライダーファンもいるほどなのです。敵ながらあっぱれなやつですね。


北崎を演じたのは藤田玲(ふじた れい)さん

引用元:藤田玲オフィシャルファンクラブ

北崎を演じたのは、俳優の藤田玲(ふじたれい)さんです。スラリとした長身に、鼻筋の通ったTHEイケメンな藤田さん。現在は30歳を迎え、大人の男性に成長されています。

北崎の設定年齢は16歳なのですが、その当時藤田さんは14歳だったことにも注目されています。14歳であんなに怖い役を演じることができるなんて、天は二物を与えちゃってるなと羨ましくなりますね。

藤田玲さんのプロフィール

  • 生年月日:1988年9月6日
  • 出身地:東京都
  • サイズ:身長179㎝/体重60㎏
  • 資格/特技:英語、フランス語、楽器演奏、普通免許、中型大型二輪

藤田玲さんの経歴

藤田さんは、フランス人の父と、日本人の母から生まれたハーフです。中学生の頃、フランス語のインターナショナルスクールに通っていた時に、その端正な容姿からスカウトされたそうです。

後に、インターナショナルスクールから堀越高等学校に転校し、卒業。大学は青山学院大学に通いますが、中退します。

ママ
すごく綺麗なお顔だものね!きっと学校でも目立っていたんでしょうね。
パパ
インターナショナルスクールから、芸能人が通う堀越高等学校に行っている時点で、仕事が大変だったんだろうね!その中で青山学院大学に行けたのはすごいよな~!中退したのも仕事がうまくいっていたからだろうし、優秀な人なんだろうね。
ママ
イケメンで、頭も良くて、仕事も出来るなんて!…パーフェクトヒューマンよ!

現在も、テレビや映画、舞台で活躍されていて、特に舞台では、2.5次元ミュージカルにも出演されています。「NARUTO-ナルト-」や「刀剣乱舞」など有名な舞台で活躍されているんですよ!

ロックバンド「DUSTZ」での音楽活動

実は藤田さん!音楽活動もされています。インターナショナルスクールで出会った幼馴染2人と「DUSTZ」というバンドを組み、メンバーは変わりながらも、現在も活動を続けられているんですよ!

2006年から活動を開始し、2008年に「Future」でインディーズデビュー、2009年には「Break & Peace」でメジャーデビューをはたします。楽曲は、「モヤモヤさまぁ〜ず2」のエンディングテーマや、テレビアニメ「戦国BASARA」のエンディングに使われたりしました。

また海外のファンも多く、2009年に行われたフランスの音楽祭「Fetes de Musique(音楽の日)」に参加した時には、3000人もの人が集まったそうです。

音楽ももちろんですが、DUSTZの曲の歌詞にはフランス語が使われていることもあり、フランスの方にも受け入れてもらいやすかったのでしょうね。しかしアウェーの地で3000人も人が集まるなんてすごすぎます。

ママ
俳優業もこなしながら、音楽業でも結果をだすだなんて、やっぱり藤田さんはパーフェクトヒューマンね!ライブに行ってみたいわね〜!
パパ
現在もライブを中心に、活動されてるみたいだよ!ホームページでライブをいつやるか調べてみるよ!

16年ぶりに演じる北崎

そんな藤田さんですが、最近仮面ライダーファイズの北崎役を演じる機会があったらしく、演じた感想がツイッターにあげられました。

大人向けの仮面ライダーファイズの変身ベルト「デルタギア」が2019年に発売されるにあたって、16年ぶりに北崎の声を演じた藤田さん。北崎はホラーな役だと感じたようです。確かに大人の方が北崎を怖く感じるかもしれませんね。

そんな藤田玲さんが北崎を演じた仮面ライダーファイズの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • 北崎は、スマートブレイン社のラッキークローバーというチームに属している。
  • ドラゴンオルフェノクは、仮面ライダーファイズとデルタの必殺技を受けて、やっと瀕死状態(ひんしじょうたい)になるくらい強い。
  • ライダーギアは、特定の人でなくても着けて変身する事が出来る。北崎はデルタギアを着けていた。
  • 弱点は飽きっぽくて詰めが甘いところ。それが原因で壮絶(そうぜつ)な最期(さいご)を迎えた。
  • 仮面ライダーファイズの北崎を演じたのは、当時14歳だった俳優の藤田玲さん。
  • 藤田玲さんは、音楽活動もしており、メジャーデビューもはたしていた。

北崎は自信過剰な上に、敵味方関係なく自分の力をみせつけていたから、こんな最期(さいご)になってしまったんだよなとしみじみ思いました。出来るだけ人に優しくしていたら、きっと仲間が助けてくれたはずですよね。人に優しく、自分に厳しく!北崎を見ながら身の引き締まる思いです。

そして、そんな北崎を14歳で演じていた藤田玲さんは本当にすごい!正直16歳よりも年上に見えました!自分の14歳の時ってこんなに足長かったっけ?と羨ましく思いましたよ!そして素晴らしい演技力!あれがデビューだったなんて、信じられません。音楽活動も同時にされており、成果も出しているだなんて、藤田玲さん恐れ入りました!


久しぶりに仮面ライダーが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

◆昭和の仮面ライダー

◆平成の仮面ライダー

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ