超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



轟轟戦隊(ごうごうせんたい)ボウケンジャーはスーパー戦隊30周年の作品です。その中でも小学生からも大人気で仲間からも「姐さん」と呼ばれしたわれていたのが西堀さくら(にしほり さくら)です。

スーパー戦隊の中ではちょっと特別?な感じのスカウトでボウケンピンクになりました。そんなさくらはとても生真面目で一見冷たく見えながらも、胸の中は熱く情熱的という意外な面も持っていたんです。

そんなさくらの色んな魅力が一つ一つ物語のなかで見ることができるんですよ。ではさっそく西堀さくらを紹介していきたいと思います!

タフなヒロイン西堀さくら

キレイなさらっさらストレートが印象的で可愛らしく、ピンク色がよく似合っていますね。しかもキリっとした目に心の強さも感じさせくれます。西堀さくらがお姉さんだったらいいのにな~と思ったのは私だけではないですよね。

しかも顔が小さくて鼻もシュッとしていてキレイで、私の近所に住んでいたら毎日挨拶に行きたいくらいです。キャラクター設定でもお姉さん的な位置なので、見た目と役がしっかりあっていますよね。

  • 深き冒険者
  • 22歳
  • 身長162cm
  • 血液型はA型
  • ボウケンジャーのサブチーフ
  • 冷静沈着頼れる姐さん
  • 元自衛隊(オリンピック候補生)

さくらは子供の頃に厳しい家庭で育ち、いつも自分の思いを押し込めて生活していたときがありました。自分が本当にやりたいことができない息苦しい環境だったんですね。

実はそれが嫌になって、自分が「本当に望むもの、やりたいこと、欲しいもの」それを見つけたくて自衛隊に入ったんです。

パパ
いきなり家を飛び出して自衛隊って、やることがとにかくすごいな~。

そこでボウケンレッドに出会い、「ボウケンジャーで自分が求めているもの探してみないか」と怪しげなスカウトをされたというわけです。

西堀さくらは真面目で可愛くて人気?

普段は超まじめでジョークを言うイメージのないさくらですが、

「これじゃボウケンピンクじゃなくてボケピンクじゃないですか!」

自分でしっかり突っ込みを入れてるんですから、こんな可愛すぎるギャップにはファンはやられちゃいますよね。こうゆうちょっとしたところが、男女問わずかなりの人気の理由なんです!そのなかでも理由の1番に来るのが真面目で可愛いです!

【視聴者から見たさくらちゃん可愛いポイント】

  • 元軍人さんで、言葉の最後が「~です」なところがなんといってもカワイイ
  • あの丁寧なかんじとかかといって、人に後ろに隠れて自分の意見を言わないタイプでないところとか好きです!!
  • なんと言ってもあの敬語!
  • 生真面目すぎて、本気なのかボケなのかわからないところ!
  • 私は女ですが、恋愛ゲームでさくらさん落としたい!
  • 敬語でしかも強い!かっこよくて可愛くてまじで大好きです!!
  • 昨日のパフェを食べてる姿が可愛かった!(大の甘党ですもんね)
  • たまにダジャレを入れてくるところが可愛い!

などなど、これはほんの一部のファンの方々のさくらに対するイメージですが、男女に好かれるヒロインて意外と少ないんですよ。

西堀さくらは大の甘党

ボウケンジャーのミッションがない場合や休日なんかは甘味処に入り浸っているとか、ストレス解消にパフェのやけ食いをすることもあります。

パパ
僕も甘いものは好きで特にクレープが好きなんだよ。「イチゴ味」が特に好きだな~。生クリームとの相性がバツグンだし、甘いものを食べると気分も上がるし、疲れた時にはこれに限るよね!
ママ
西堀さくらさんも自衛隊の訓練とか大変だったろうし、疲れもストレスもたまってたんでしょうね。

そんなときパフェを食べると、もうやめられない!とまらない!って感じですよね。オリンピックの候補生だったころだと、特にストレスたまってたんじゃないかな?

元自衛隊でオリンピック候補生!?

経歴にびっくりですよね?お嬢様が急に自衛隊になっちゃうんですから。でも、銃の持ち方がかなり様になっていてカッコイイですね。

西堀財閥(にしほりざいばつ)のお嬢様で自分の感情を抑えるよう英才教育を受け育てられたことから、自分が本当にやりたいことを見つけるために自衛隊に入隊しました。

射撃の腕を認められて射撃のオリンピック候補生に上がるほどだったんですよ。しかも元自衛隊員で戦術のプロフェッショナルだから作戦を立てるのは大の得意分野でした。

メンバー全員が戦闘能力、冷静な判断能力に対して彼女へ高い評価をしていました。もう一度言っておきますが、オリンピックの候補生だったくらいですからね!

射撃のオリンピック選手って日本ではあまり馴染みがないかもしれません。射撃ゲームはやったことがある人はいると思いますが、実物の銃を見ることは日本ではほぼないですよね。

射撃に興味持っちゃった人はポチッ
↓気になる+をクリック↓
射撃はメンタルスポーツ

射撃がオリンピック種目になったのは、第一回アテネオリンピックの時。実は射撃種目に出ている参加国は陸上種目くらい多いんです。ちょっと意外ですが、昔から身近なスポーツだったことは間違いないようですね。

射距離50mの的の中心は直径1cmその的を狙い撃つライフルの重さは7㎏!精神的な動揺があれば、的の中心に弾が当たらないんだとか。射撃競技が約80%メンタルに左右されるスポーツとも言われるのも納得ですね。

的を撃ち終えるまで、視覚、呼吸、を「的を撃つ」ことに全部集中させなきゃいけないので、精神的に鍛えられそうです!

射撃種目その1【クレー射撃】

クレー射撃はマシン飛び出てきた弾を打ち抜く競技。

射撃種目その2【ライフル射撃】

ライフル射撃は止まっている的を打ち抜く競技。(ピストルでの競技もある)

パパ

長距離戦などで使えそうだね。

パパ
西堀さくらが自身の射撃の腕前を披露してくれるのが、ボウケンジャー第5話の時だよ。
ママ
敵(タクミガミ)との銃撃戦の時に相手の銃弾を打ち落としたやつだよね?かっこよかったよね!

タクミガミは顔がすでにミサイルみたいで肩には大砲、左は銃。弾も大きそうですよね。このタクミガミと互角に戦えてしまうんですからさくらの射撃の腕は確かにすごいです。レッドがスカウトしたくなる気持ちがわかりますよね。

このタクミガミとの銃撃戦の後に、ボウケンブルーから「さすが元オリンピック選手」と声をかけられるシーンがあります。まわりの仲間からもオリンピック選手の実力はすごいな!って感情が伝わってきました。

ボウケンジャーにスカウトされるが、実は…

ボウケンジャーの26話でもこのスカウトされてるシーンを再現されていますが、実は…さくらさん最初にスカウト受けたとき、チーフにハッキリと

ボウケンジャーには興味がありません。正式にお断りさせていただきます。

って、完全に興味なし!と断っちゃっているんです。それでもチーフはめげずにさくらがまだ悩み続けているところに問いかけました。

「自分の宝は見つかったのか?」「俺もまだ見つかっていない。一緒に見つけてみないか?」

この言葉にさくらはボウケンジャーに入ることで、今よりも自分の探している答えに近づけるんじゃないかとボウケンピンクになることを決意。自分の腕を認めてくれ、必要としてくれた明石暁(レッド)のことも信頼できたんでしょう。

ちなみにさくらにとっての宝は「心からの笑顔」です。これは仲間との信頼で初めて得られるものなのでさくらは仲間と共に心からの笑顔も手に入れたんですね。

西堀さくらはボウケンレッド[明石暁]に好意を持っている。

さくらはレッド(明石 暁・あかし さとる)のことを信頼していましたが、その信頼がやがて好意に…。レッド(明石暁)が入院するシーンでは、ずっとそばにいたい気持ちをこらえるというちょっと可愛いらしい一面も見えました。

その時は残念ながら思いを伝えることはなかったんです。ですが最終話の時、レッド(明石暁)がゴーゴーボイジャーで宇宙に旅立つことに…。そんな中さくらは仲間の協力もあり、こっそりゴーゴーボイジャーに乗り込み1年間ほど2人で宇宙を旅することになったんです。

ゴーゴーボイジャー

なんだかダイナミックでかっこいいですよね~。かっこいいのは見た目だけではないんです。

  • 全高=29.2m
  • 全幅=28m
  • 全長=83.7m
  • 重量=8500t
  • 最高速度=時速800km
  • 出力=4000万馬力

【8500トンってどのくらい重いの?】

重量8500トンはロシアの戦闘砕氷船並みです。ちなみに生き物最大級のシロナガスクジラの一番大きい記録が、約200トンなので約42頭…。どっちも想像がしにくいですよね?

では動物園で見ることができるアフリカゾウ。こちらは6トンで約1416頭…とにかく大きいって事です。

【時速800kmってどのくらい早いの?】

時速800kmというと戦闘機並みの速さになります。なので一般の方が体感することは残念ながらありません。もうこの速さでは目が付いて行きませんよね。しかもレールの上でなければ恐怖を感じます。

ゴーゴーボイジャーのスペック凄すぎですね。完全に戦闘向けに作られています。

1年後、地球に帰ってきた時には、レッド(明石暁)に対する呼び方が、「暁さん」前まではチーフと呼んでいたんですが、呼び名が変わっていたので何かしら進展があったのか?と思われてるんですが、実は…謎のままなんだそうです。

そんなボウケンピンクが登場した轟轟戦隊ボウケンジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


西堀さくらが変身するボウケンピンクとは?

まじめで可愛いさくらのボウケンピンクはどんな活躍を見せてくれるんでしょうか。ちょっと楽しみですよね。かわいいシーンや、カッコイイシーンを期待しちゃいますね!

ボウケンピンクのスペックー

  • 西堀 さくらがアクセルスーツ着用で変身。
  • 主に水中での探索や水中戦が得意
  • ※1プレシャスの※2ハザードレベルを担当
  • パンチ力=約1t
  • キック力=約4t
  • ジャンプ力=14m
  • 走力=100mを6.5秒

※1、プレシャスとはボウケンジャーの世界では危険な力を秘めた宝を意味する。
※2、ハザードレベルとはそのままの意味では危険度ではあるが、この世界では「宝を悪用された場合の最悪のケース」を数値化している。

ボウケンピンクの華麗なるアイテム
↓気になる+をクリック↓

ゴーゴーマリン

ボウケンピンク専用の潜水型マシンで、海底での操作の時に大活躍します。しかも敵に体当たりする必殺技は『マリンロケットライド』。ロケット弾が飛び出すのではなく、もちろんゴーゴーマリンが体当たりです。

ハイドロシューター

ボウケンピンクの専用武器で水場で使うことで威力が上がり、1秒に90ℓの水を噴射!さらに消火液や熱湯などをだすことができる銃型武器です。

近接戦では銃の先端で敵を切る必殺技があり、パラレルエンジンのエネルギーを使った『シューターハリケーン』といいます。

主に水中戦を想定しての武器が多いみたいですね。やはり陸・海・空と戦えなければ勝利はないって事なんだと思います。

ボウケンピンク大活躍!

射撃が得意なさくらの銃撃戦も見どころがあるだろうな~と探してみたら、ボウケンピンクが活躍する場面って意外と多かったんです。しかも銃撃戦がかなり多いですね。ボウケンピンク=銃撃戦って思ってしまうほどなんですよ。

【ボウケンジャー5話 帝国の真珠(しんじゅ)】(ボウケンピンクの主役の回)

ダークシャドウとボウケンピンクの射撃戦闘中に、プレシャスである「真珠」が通りかかった少年に拾われてしまいました。そんなもの拾ってしまったら危険!と思っている間に敵は少年から真珠を奪い返そうと追いかけます。

ボウケンピンクの「逃げて!!」の一声で男の子はその場から逃げ出すことに成功しますが、のちに変身を解いたさくらの状態で少年から真珠を回収しようしたので、少年からの「こいつ…敵か?」的な視線を受けることに。

さくらは慌てて隠れ、ボウケンピンクに変身しますが少年はその場から離れた後でした。ここであの有名なみんながキュンとしてしまったあのセリフが!

これじゃあボウケンピンクじゃなくて、ボケピンクじゃないですか!!

さくら得意の銃撃戦でかっこいい姿を見たばかりなのに、いきなりコミカルな雰囲気がおもしろい5話でした。

【ボウケンジャー12話 ハーメルンの笛】

ハーメルンの笛の争奪戦。笛には子供と大人を操る能力がありボウケンジャーの仲間が操られてしまいました。ボウケンピンクの機転で仲間1人は正気を取り戻すことが出来ましたが負傷してしまいます。そしてアクセルラー奪われてしまい変身できないまま敵地へ向かいました。

さくらはボウケンジャーに変身できないので、自衛隊の知り合いを頼りに武器を調達…自衛隊って知り合いに武器を貸しちゃっていいの?なんて疑問はよそに、機関銃2本で敵をやっつけます。

この12話でもさくらの華麗な銃撃戦が見れますよ。

【ボウケンジャー22話 ソロモンの指輪】

動物を操る能力のある指輪の争奪戦。仲間が動物にされてしまい、敵は仲間を元に戻す代わりに取引をしようと持ち掛けてきます。が、勘の鋭いさくらは「これは罠だ。」と気づき対策を練りました。

さくらは取引の場所に行ってもすんなり取引ができるはずがないと予測。この予測は的中し無事に敵を倒し、仲間を元に戻すことに成功しました。

この回ではさくらの自衛隊で学んだ、戦闘シュミレーションの場面が見られます。夜遅くまで、敵との取引のシュミレーションをしているさくらさんはとても頼りがいのある姐さんに見えました。

【ボウケンジャー26話 ガラスの靴】

ボウケンジャーの仲間たちがドレス姿に変身?(男性も女装)ガラスの靴に呪いがかかっていて靴を履いたら最後、まぼろしの世界に引き込まれてしまうんです。なんと、さくらはガラスの靴を履いてしまいまぼろしの世界に入り込んでしまいました。

まぼろしの世界ではドレス姿で舞踏会でダンスを楽しんでおり、現実世界での意識はないが現実世界のさくらもダンスを踊っています。

シンデレラの呪いなので時計が12時の針を刺すころに現実世界で、明石(レッド)がさくらの踊りを止めて現実世界に引き戻してくれました。

まぼろしの世界でさくらは、「君の求めるものは何でもあげる」と言われ、そのことが引っ掛かり過去の記憶を思い返しています。この26話でさくらが自衛隊員の時に明石(レッド)にスカウトされた詳細を描かれていました。

【ボウケンジャー31話 亡国の炎】

仲間ともめたさくらが急に出て行き、大好きなパフェを頬張るシーンがなんともかわいらしさを引き立てます。

国をまるまる焼き払えるほどの力を秘めた「亡国の炎」の奪い合いは、さくらと馬が合わなさそうな映士(ボウケンシルバー)と二人で敵の仕掛けた結界の中での戦いでした。シルバーを倒した敵は調子に乗り…そのことにさくらは怒り大爆発で

黙れー!!

と一言。怒りまくりでアクレルラーを地面に叩きつけて変身するシーンはなかなか迫力がありました。ボウケンピンクになって敵と結構いい勝負をするのですが、敵もなかなか手ごわくボウケンピンクだけでは負けそうに…。

と、いいタイミングにレッドがやってきて、敵をなぎ倒していきます。この回はなかなか見れないさくらがめっちゃ怒っているシーンを描いている回でした。好きなパフェを食べるシーンも見どころです。

【ボウケンジャー35話 神の頭】

昔、手にできなかった「神の頭」を敵が持っていて、お宝を売却して儲けて敵の組織の軍資金にしてしまおうと計画している情報をキャッチします。しかも敵はこちらを騙すために2つの取引を設定し、当然ボウケンジャーも2チームに分かれ作戦を考えます。

しか~し、そもそもこれがワナだったんです。敵はボウケンジャーの作戦を予測し、戦力が分断したところでやっつけてしまおう!!と考えていました。

戦力が分断したボウケンジャーたちは敵との思考戦に苦戦するも二つの取引を止めることに成功します。…と思いきや実は取引は3つあり、すでに終わっていると告げられました。なんと、まさかの3つ目の取引があったんですね。

そのことに驚くボウケンジャーですが、その3つ目の取引もわかっていたんだよね。と、敵そっくりに変装していたレッドが姿をばらし見事お宝をゲットしていました。

まるでルパン三世みたいだな~と思いましたが、35話はボウケンジャーのチームワークを発揮した回だったなと思います。

2チームに分かれた1チームがピンクとブルーが組むんですが、実は、1年半前にも同じくタッグを組み神の頭の回収に向かっていたんですね(前回は失敗に終わっていますが)。今回のはその時のリベンジも兼ねていてピンクとブルーの連係プレイがあって面白いですよ。

【ボウケンジャー37話 憧れの芸能界】

大物俳優が持つ指輪に危険な「繁栄の石」というプレシャスの反応が!爆発する指輪の暴走を止めるためさくらが芸能界へ潜入しアイドルリポーターに変身します。しかもさくらが大活躍の回でした。

まずは大物俳優に近づくためにマネージャー見習いになるのですが、マネージャーなら男性でも良さそうですよね?なぜさくらだったのかというと、大物俳優の女性の好みがさくらの容姿に近かったからみたいです。

そこへ番組のプロデューサーからアイドルレポーターになって大物俳優さんにインタビューしてくれないかと声を掛けられ、ビッグチャンスが来ました。さくらは自分はアイドルだと暗示をかけインタビュースタートします。

【地球のみんなのために生まれたアイドル‼堀西さくら子】華麗にアイドルを演じつつ指輪のすり替えに成功しました。と思ったものの、それは偽物!なんとケチな大物俳優が誰にも触らせたくないと偽物を付けていたんです。

ママ
いや~紛らわしい!あなたの指で爆発しちゃうわよ。残り1分…さくらちゃん急いで!

って時に、いきなり敵があらわれ指輪を奪われてしまいました。爆発まで残り15秒というところで、間一髪さくらの必殺アイドル上段蹴りの炸裂します。指輪を蹴り上げ回収し、ぎりぎりで爆発寸前の指輪を専用の液に浸して爆破を防ぐことが出来ました。

スーパーヒーローのアイドル姿なんて、なかなか見ることが少ないですよね。さくらでおなか一杯になる回だったのではないでしょうか。

パパ
各回面白いし、なんといってもボウケンピンクが主役??って思わせる話があったのがいいよね!ツンデレな部分にかわいらしい部分、演じた女優さんの魅力も存分に伝わってくるね~!

西堀さくらを演じた女優は末永遥(すえなが はるか)さん!

いきなりどど~んと失礼しました。末永 遥さんは2014年に、アテネ柔道家銀メダリストの泉 浩(いずみ ひろし)さんと結婚し2017年に男の子も出産しています。

強くて優しい旦那さんとお子さんと幸せな家庭を築いているんでしょうね。そんな末永さんのプロフィールから見ていきましょう。

  • 1986年7月22日生まれ 女性 かに座
  • A型 三姉妹の次女
  • 神奈川県出身
  • 全日本少林拳武徳会初代宗家の末永節は曽祖父
  • 好きなものはパスタ、肉、ほっけの開き、エビ、サラダ、納豆、岩のり、日本茶、和食!
  • 甘いものは苦手/ピンクが好き/1994年に女優デビュー
  • ファッションモデル

あ~やっぱりモデルさんでしたか。アクションする姿が妙にセクシーでしかも、かっこよすぎる!なのに納豆が好きとか岩のりが好きとかっておばあちゃん子とかおじいちゃん子なんでしょうか。

ちょっと渋めの食の趣味で私と相性が良さそうです。

末永遥さんは子供タレントだった!

末永遥さんは小さいに芸能界デビューし、CMでも大活躍していました。ガッツリ可愛いさんを観ちゃってください!

  • 大正製薬「パブロンSゴールド」(1996年 – 1997年)
  • 江崎グリコ「冬のくちどけポッキー」「つぶつぶいちごポッキー」「カルポ」「コロン」(1999年 – 2001年)
  • 防衛庁「自衛官募集」(2002年)
  • NTTドコモ(2005年)

ボウケンジャーに通ずる自衛官のCMも出てるんですね。ほかにはミュージシャンのPVにも参加していました。今が旬の高橋一生さんとカップル役で二人のすれ違いを曲にしたPVで言葉は発しないものの表情で演技されている姿はさすがと思います。

ドラマチックなPV観ちゃう?
エイジアエンジニアは2005年rhythm zoneからメジャーデビュー4人組グループ。そしてこの曲はエイジアエンジニアの身近な実話が元になっているそうですよ。

パパ
なんだか歳のせいかな~。こういうの弱いんだよね。

末永遥さんが注目された作品はコレ!

そして末永遥さんを一躍有名にしたのが、いじめをテーマにしたドラマ「ライフ」なんです。もともとは漫画が原作でかなりの人気があり2007年にドラマ化されました。親が子供に見せたくない番組7位に入っているほど強烈なドラマだったんです。

パパ
いじめの最大級って感じで、ちょっと怖かったもんね!

末永遥さんは岩本みどり役で出演し「おめぇーの席ねぇーから!」が一番有名なセリフになってしまいました。台本には「お”め”ぇ”の”せ”き”ね”-か”ら”」と書かれていたようですが、アドリブっていうんですかね?

演技派女優の一面がでたセリフでもあるんじゃないでしょうか。漫画から見るとまた違った視点が楽しめそうです。

それにしてもボウケンピンクとのギャップが受け入れられなかったファンも多かっただろうと思いますよね。でもこれも演技の幅と言うんですかね…素晴らしいなとも思ってしまいました。

『ライフ』をもう少し知りた~い!

漫画ライフはすえのぶけいこさんの作品で、いじめを題材にした漫画でした。主人公がいじめに立ち向かい成長するところが最大の見どころで、対人関係の心情をより繊細に描いていたところに定評があったみたいですね。

始まりは中学受験から一人は合格し一人は失敗し命を落としました。そのことから人間関係を築くことに恐怖を感じ、主人公が心を閉ざすようになったところから物語は始まります。

末永遥さんが演じていた岩本みどりは漫画では岩本咲という名前で主人公をいじめていたという設定は同じみたいですね。

岩本みどりはアンチヒロイン(もとは主人公と仲が良かったようですが、ちょっとした誤解があり仲が悪くなりいじめるようになったとか)の取り巻きをしているようで、なかでもナンバー2を背負っていたとかいないとか…。

パパ
おっと、これ以上は僕もターゲットになりそうなので内容は控えることにしておこうかな。

末永遥さんは仮面ライダードライブにも登場!

そして、なんと戦隊もので仮面ライダードライブに七尾リラ役で出演。超人気女優で怪物からストーカー被害を受けている役柄でした。

七尾リラの物語少しだけ観ちゃう?

リラの証言と襲われた場所、時間が一致したため仮面ライダーたちはリラの護衛につくことに。1番にストーカー疑惑が上がったのがファンクラブ会長でしたが、リラに強引にプレゼントを渡そうとして怪物に襲われるんです。

その場にもう一人いた怪しい人がリラのメイクアップさん。リラに交際を迫っていましたが、断られてストーカーしていたんです。でも正体がわかった時には、ほかの人にストーカーをしていてその容疑で捕まっていました。

こいつが怪物の正体だと思っていた仮面ライダーは「正体をあらわせ‼」と叫ぶんです。すると笑いながら

今頃もう一人の僕がリラの心を奪う。恐怖で縛り付けてね‼

と笑うばかり…。そして、そのもう一人が怪物だったんですね。リラは襲われそうになりますが、ライダーが助けに入りました。が、実はもう一人助けに入る人物が…それも怪物なんです!

なんだかわけが分からなくなってきましたよ~。先ほどの怪物とは違い、黒いマントを羽織っていました。しかも、その黒マントとリラは知り合いのようでリラの命の恩人が怪物になった姿だったんです~~。

 

実はこの末永さんが出ている回は1話では終わらないんです。内容的にもミステリーなところがあって面白そうですよね。こっちも観ちゃいますか?

ボウケンピンクと演じる女優さんのことを少し知るだけでもボウケンジャーがより面白くなりますね!末永遥さんはいろんな役をしていますが、役になり切ってる感があって観ていてとっても面白いし、物語にどっぷりつかれます。

末永遥さんがボウケンピンクが観れる轟轟戦隊ボウケンジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


まとめ

  • タフなヒロイン西堀さくら
  • 実は元オリンピック選手候補だった
  • ボウケンピンクは主役級?
  • 末永遥さんはいじめが題材になったドラマ『ライフ』で注目度アップ!
  • 末永遥さんは仮面ライダードライブにも登場していた!

ボウケンピンクは知的で強く優しい反面戦闘になるとすこぶる強い、普段は甘党の可愛い女の子でした。演じていた末永遥さんは甘いものが苦手だったなんて、撮影では大変だっただろうなって思いますよね。

甘いもの嫌いなのに美味しそうに見せてくれるのも見る側の楽しみの一つではないでしょうか。これを知ってからもう一度観るとイメージがグッと変わりますよね。皆さんもぜひ観ちゃってください。

久しぶりにスーパー戦隊シリーズが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

昭和のスーパー戦隊

平成のスーパー戦隊

 

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ