超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



みなさんはトレジャーハンターと聞いたら、どんな印象を持ちますか?

泥棒のような悪いイメージもあれば、怪盗のようなどこかロマンのあるカッコいいイメージもありますよね。ボウケンジャーはそんな夢のあるトレジャーハンターなんです。

その中でもどこが謎めいているクールなボウケンブラックを紹介したいと思います。そして、ボウケンブラックを演じた俳優である齋藤 ヤスカさんについても調べてみました。

ボウケンブラックとは

ボウケンブラックとは、伊能 真墨(いのう ますみ)が変身した姿です。見るからにクールな雰囲気がありますね。そして、ボウケンブラックは「迅き(はやき)冒険者!ボウケンブラック!」というフレーズを引っ提げています。

迅いというだけあって、ボウケンブラックの強みはスピードです。高速攻撃が得意で、ダッシュ力が抜群なんです。トレジャーハンター時代から鍛えた眼力でお宝をロックオンしながら、敵に向かって猛ダッシュします。

ボウケンブラックの実力とは?

ではブラックのスペックをみてみましょう。

  • パンチ力:約1.5t
    これは野生の熊が手を振ったのと同じ位なんです。
    もちろん、人間が当たったら何メートルもふっとばされて大けがしますね。
  • キック力:約5t
    さっきのパンチ力の3倍以上ですね。
  • ジャンプ力:13m
    3階建て位の高さですね、スッと飛べたら便利ですよね。
  • 走力:5.1秒(100m)
    約時速70km、高速での車の速さ位ですね。

やっぱり足の速さがかなり際立っていますね、そんなスピードにのりながらも武器であるラジアルハンマーを軽々と振り回します。実際に見てみましょう。

こんなハンマーを振り回して攻撃しながら猛スピードで走り回るなんて、とってもパワーがありますよね。

ちなみにこのラジアルハンマーには、ゴーゴーフォーミュラというボウケンブラック専用の乗り物のパワーをぎゅぎゅっと入れ込んであり、攻撃するその瞬間にエネルギーをすごい威力で解放させて攻撃します。

そして、攻撃の他にもプレシャスを探すために、弱い衝撃波(しょうげきは)を出してレーダーのように探し出す機能もあるんですよ。

衝撃波とは?
衝撃波とは、物体が音速のはやさで進む時に空気が強い波になること。例えば、雷が落ちる音なんかも衝撃波ですよ。

雷が雲から地上まですごい速さで電気が走りぬける時には空気が押しのけられて、衝撃波が発生します。その衝撃波が地上にまで響いて聞こえるのです。

ボウケンジャーは戦いよりも宝探し!

さて、ここでボウケンブラックが登場する轟轟戦隊ボウケンジャーにも少しだけ触れておきましょう。この作品は、2006年2月から放送されたスーパー戦隊シリーズ30作品目です。

ボウケンジャーというタイトルからもわかるように、冒険をしながら宝探しをするというストーリーなんです。敵対する組織がある訳ではなく、あくまでも宝探し!が目的というちょっと今までにはないスーパー戦隊シリーズですよね。

ところで、ボウケンジャーが追うとはなんなんでしょうか。

お宝と言えば、宝箱に金貨や宝石に絵画などがわかりやすいお宝ですよね。怪盗がかっこよく盗み出したりしますし。

しかし、ボウケンジャーが追うお宝とは、プレシャスというものなんです。これは、古代の能力者が作り出した秘密のパワーで、それを持てば世界を征服出来ると言われているんです。

それだけの力を持つプレシャスなだけあって、散り散りにいろんな場所へひっそりと隠されています。そんなプレシャスを悪用されないようにするために結成されたのがボウケンジャーなんです。

パパ
ワクワクしてくるね!僕もお宝を追って、冒険に出たい!
ママ
じゃあパパに任せて、私はその巨大なパワーだけいただきたいわ。
パパ
ママ…もうそのパワーはあるから大丈夫じゃないかな。

そんながボウケンブラック出ている轟轟戦隊ボウケンジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


伊能真墨はどんな男?

https://twitter.com/kararisa0202/status/1169750164543664128?s=20

真墨は子供の頃からトレジャーハンターとして活動していました。というのも、親が居なかったためか発掘調査泥棒の元で働かされていたんです。

かなり長いキャリアを持っていると同時に、一人で独立して生活するのがかなり早いんだろうなとわかりますね。そんな生活から真墨にも自信があるので、皆のリーダーであるボウケンレッドにライバル心を抱いているんです。

負けず嫌いで1人でなんでも出来てしまうと、自立心のある大人びた性格なんですね。そんなパワーもスピードもある真墨ですが、ボウケンジャーに加入したばかりの第1話からすっ飛ばしていたんです。

第1話から飛ばしています

物語のはじめにはサージェス財団に入って活躍していたのはレッド、ピンク、ブルーの3人だけでした。ブラックとイエローの2人は初期メンバーの3人より入団テストとして海底遺跡に送り込まれます。

サージェス財団って何?
サージェス財団とは、ボウケンジャーが所属している財団です。

サージェス財団は、器物として保管できれば本当にどんなジャンルでも集めては保管する機関です。お宝っぽい骨董品から、ん?と思うような生物まで、何でも対象なんです。

正式名称は、Search(探す)、Guard(守る)、 Successor(受け継ぐ)の略で、SGS財団です。

ちなみに、プレシャスでない宝物は、サージェスミュージアムで一般公開されているんです。実際に観れる場所があるのはステキですよね。

なおかつ、ここの学芸員の仕事を手伝うのも、ボウケンジャーの大事な任務なんです。

トレジャーハンターの経験のある真墨は張り切って進みますが、トラップを発生させてしまったり、落とし穴に落ちそうになったりしてしまいます。

そんな状況を見かねて、待機していた3人が助けに来ました。改めて5人で遺跡を進んでいきますが、やはり初期メンバーの3人はテクニックが格段に上です。スムーズにプレシャスを発見しました。そのプレシャスはゴードムの心臓と呼ばれる物でした。

ゴードムの心臓って?
破壊神ゴードムの心臓のことなんです。

宇宙から飛んできたと言われている破壊神で、かなり巨大だったそうです。そんなゴードムは、わずかな水で巨大兵器を動かすこともできました。

ただ、それは今から4万年前の事です。ゴードムはひっそりと海底の神殿で眠っていました。ボウケンジャー達が封印を解いたので、眠りから覚めて巨大兵器が動きだしたのでした。

真墨はその心臓をブルーから奪い取ると、地上へあがろうとします。そしてこんな言葉をレッドに向けました。

プレシャスはこの伊能真墨がいただいた! わかったか、俺があんたを超えるトレジャーハンターだと。明石暁……いや、不滅の牙!

レッドは昔、トレジャーハンターとしてかなりの腕前で、世界最高のやり手だったのです。そして、不滅の牙という異名を持っていたんです。そんなレッドに対する宣戦布告です。

加入したその日にそんな口火を切ったような言葉を投げかけて、先輩からお宝をかっさらうとは、とんでもない人物ですよね。

しかし、そんな話をしているうちに地底が、マグマに覆われてしまい逃げることもままなら無くなってしまいました。否応無しに、ブラックとして加入することにしっかりと決まったのでした。1話からかなり飛ばした新人が真墨だったのです。

大切な人がいます

ちょっと生意気なルーキーである真墨にも、大切にしている人がいます。それは、ボウケンイエローの間宮 菜月(まみや なつき)です。

可愛らしいルックスですよね。見るからに守ってあげたくなります。

もともと2年前に真墨が遺跡で倒れていたところを発見したのでした。そのときの菜月は記憶を失っていたので、真墨が助け出しました。そして、文字の読み書きや暮らしていくためのイロハを教え込んだのです。

マメに丁寧に教えてあげた菜月とは、トレジャーハンターのパートナーにもなって、支え合った2人なんですよ。

真墨の大切な人である菜月ですが、そんな気持ちを真墨からぶつけたこともあるんです。菜月が敵に洗脳されてしまった時に、真墨が、

仲間にしたのは可愛かったからだ!

と衝撃的な告白のような言葉を菜月に伝えていました。クールで一匹狼タイプな真墨が、こんなストレートに伝えるなんて、ちょっと胸アツですね。情熱を感じますね。

ママ
ギャップが素敵だわ。そんなハートの熱い所もあるのね。

そんなボウケンイエロー、間宮菜月についてはこちらをご覧下さいね。


演じたのは齋藤 ヤスカさん

伊能真墨を演じたのは、齋藤 ヤスカさんです。

真墨を演じてから10年ほど経っているせいか、角が取れて優しい微笑みを浮かべると、ちょっと中性的な雰囲気もありますね。相変わらず綺麗な顔立ちをされてますね。

簡単にプロフィールを紹介しましょう。

齋藤 ヤスカ

  • 神奈川県出身
  • 1987629日生まれ
  • 本名 齋藤 康嘉(やすか)
  • 身長 173cm
  • 趣味 スキューバダイビング、スノーボード、ピアノ、バイオリン
  • 主な代表作 ミュージカル テニスの王子様、映画 愛の言霊など
趣味ができる男なラインナップですね。スポーツも楽器も得意だとは、恐れ入りました。その趣味のスキューバダイビングが縁で、2014年から静岡県下田市の海の観光大使に任命されました。

現在は舞台を中心に活躍されていますが、なんと新宿にDREAMSというバーを経営されているそうです。

2017年にオープンしたこちらのシャンパンをメインに扱うバーですが、オープンまでには長い道のりがありました。

飲食店やエンターテインメントの下積みとして、ホストクラブで修行していたんですよ。なんでも、カリスマホスト零士さんという方の元で、トイレ掃除から雑用、接客や内勤などさまざまな勉強をしたそうです。

なかなかそこまでの情熱を持って出来ない事ですよね。華やかな舞台で活躍されていた俳優さんが下積みを続けるのは並々ならぬ努力があってのことでしょう。

その後、晴れてバーをオープンされました。お酒だけではなく、食事もメニューが多くて楽しめるそうですよ。

そんな齋藤ヤスカさんが伊能真墨演じた轟轟戦隊ボウケンジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

トレジャーハンターって実際にいるの?

ところで、真墨が少年時代から行なっていたトレジャーハンターって実際に日本にもいるのでしょうか?

ちなみに、海外だとエジプトのピラミッドだとか、カリブ海の海底遺跡とかが有名ですよね。昔から一攫千金(いっかくせんきん)を求めて、いろんな人がお宝を探しに行っていますね。

日本だと、徳川家の埋蔵金が有名ですよね。実際に日本にも探しているハンターが実はいるんでしょうか?

日本人のトレジャーハンターがいた

この方が日本人トレジャーハンター、八重野 充弘(やえの みつひろ)さんです。簡単にプロフィールを紹介しましょう。

  • 八重野 充弘
  • 1947年生まれ、熊本県生まれ。
  • 大学卒業後、学研と公文に勤めていたが、1992年より作家として自身のトレジャーハンターライフを題材に執筆活動をするようになる。
  • 主な著書に、「謎解き・徳川埋蔵金伝説」、「埋蔵金発見! 解き明かされた黄金伝説」など多数。

1974年から始めて、45年以上トレジャーハンティングをしているんです。八重野さんは、

昔の人との知恵比べはなかなかおもしろい

と言っていて、ギラギラした様な一攫千金を狙うぞ!いうような欲深さは感じられません。謎解きを昔の人とするような、歴史の裏を調べる事など、八重野さをが心からトレジャーハンティングを楽しんでいる事がわかります。まるで少年のようですね。

真墨とは狙いが少し違いますが、お宝を追いかける気持ちはよく似ている気がします。実際に日本にも、宝探しを楽しみながら何十年もハントし続ける胸が熱くなるトレジャーハンターがいらっしゃるんですね!

まとめ

  • ボウケンブラックはスピードが強み
  • 宝探しがメインテーマの轟轟戦隊ボウケンジャー
  • 飛ばしまくりの新人だが、大切な相棒がいる
  • 演じたのは齋藤ヤスカさん
  • 日本にもトレジャーハンターがいる

宝探しをメインにした轟轟戦隊ボウケンジャーに登場する伊能真墨は生意気なルーキーでしたが、菜月を守る力強さや、トレジャーハンターにかける情熱は本物でした。

そんな真墨を演じた齋藤ヤスカさんも俳優だけでなく、ホストクラブで修行をして努力の結果、バーをオープンさせていました。情熱的な齋藤ヤスカさんの今後がまだまだ楽しみですね。

久しぶりにスーパー戦隊シリーズが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

昭和のスーパー戦隊

平成のスーパー戦隊

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ