超人気シリーズ>>>歴代の全仮面ライダーを本より詳しく解説!!仮面ライダーまとめ一覧!!



「果てなき冒険スピリッツ!轟轟戦隊ボウケンジャー!」とバッチリ声をそろえて名乗るボウケンジャー5人も最初から強い絆のある仲間だったわけではありません。

でも新たに加わるボウケンシルバーはそれ以上に、仲間になって力を合わせて戦うのは難しいんじゃないかなと思うようなキャラクターなんです。

いやいや、戦隊なんだから仲良くやってもらわないと困る!ということで、どうなるのかみっちり調べてきましたよ。

他にもスーパー戦隊の関連記事がよく読まれています。気になる方はよかったらご覧ください↓↓

眩(まばゆ)き冒険者ボウケンシルバー!

銀色に輝くスーツに身を包み、持っているのは…えーと、最近は主流となってきた充電式のスティック掃除機でしょうか。

吸引力が変わらないただひとつのアレに似ているのですが、ボウケンジャーが掃除機を使うというのは聞いてませんのでおそらく違うと思われます。

それにしても銀色の戦士ってカッコいいですよね。銀色のユニフォームといえば、私はつい消防士さんを思い浮かべてしまうんですよね~。

着てみたい!?消防士さんの防火服はこちら!

そうそう、忘れちゃいけないのはシルバーはボウケンジャーの6人目の追加戦士なんです。これは色々と面白いエピソードがありそうですね!それでは、どんどん詳しく紹介していきます。

走る速さは○○と同じくらいの高い能力!

こちらがボウケンシルバーのスペックになります。

  • パンチ力:約1.6t
  • キック力:約5.6t
  • ジャンプ力:13m
  • 走力:6.0秒/100m 

他のメンバーと比べると、パンチ力ではレッドとブラックに次いで3番目に強く、キック力ではレッドに次ぐ2番目の強さなんです。

それからマンションの4階くらいまで跳べるジャンプ力があって、陸上動物最速といわれるチーターと同じくらい走るのが早いってことなんですよ!

この能力の高さはスーツが新しいからなんでしょうか?それとも他に理由があるんでしょうかね~。

どんな装備で必殺技を繰り出すの?VIP待遇のロボって何~?

どうやら戦闘力が高そうなボウケンシルバーは、どんな装備で戦うのでしょうか。ひとつずつ紹介していきますね。

ゴーゴーチェンジャー

他のメンバーはアクセルラーという携帯電話型のアイテムを使って変身するのですが、シルバーがもっているのは通信もできる腕時計型のアイテムです。

忘れ物が多い私からすると「腕時計なら忘れずに身に着けるよね」というサージェス側の気持ちを感じてしまいます。

サージェスってな~んだ?

ボウケンジャーたちに指令を出している組織である。

使い方は、変身の時には丸いところを人差し指中指の2本でエイッと押していますよ。のちほどご紹介するゴーゴービークルを合体させる時には、丸いダイヤルをカチカチと回してから押すという動作になります。

サガスナイパー

戦闘で使用する専用の武器はサガスナイパーといいます。こちらの写真はスナイパーモードです。「探す」と「スナイパー」を合わせたネーミングがお茶目でかわいい感じがしますね。

でも威力はかわいくありませんよ~。発射する光弾の威力を高めた必殺技『サガストライク』をも~っとパワーアップさせた『スナイパーガトリング』では、厚さ45cmの鋼鉄を貫けるほどのビームが、なんと1秒に30発も撃てるんです。

でもこれは破れない!「東洋一の大金庫」

「東洋一の大金庫」と言われているこの金庫があるのは三井住友信託銀行日本橋営業部・東京中央支店。扉の厚さは55cmあるそうなので、さすがのサガスナイパーも突破することはできない。

でもあと10cm薄ければ貫けると考えると、その威力がすさまじいのは想像していただけるだろうか。

続いて「サガスモード」です!スティック掃除機ではなく金属探知機型なのですね~。この形の時には、地面にかざすことによってプレシャスや敵の位置を探すことができるんです。

いかにも大事そうな名前!「プレシャス」ってなに?

古代から伝わる不思議なパワーをもつお宝の数々のこと。ボウケンジャーはこれが敵に悪用されることがないよう先に見つけ、安全に保管することが使命なのだ。

この長さを利用して、槍(やり)のように使うこともできるんです。必殺技『サガスラッシュ』は、ぶんぶんっと二振りすると、光の刃が飛んでいき敵を仕留めるんですよ。

専用ビークル

3台のビークルを操って合体させたサイレンビルダーは、なんとボウケンシルバー専用のロボットなんです。他のメンバーが乗っているダイボウケンは5人で合体・操縦しているので、それと比べるとかなりのVIP待遇だと思いませんか?

機体No. ビークルの名前 モチーフ
No.11 ゴーゴーファイヤー 消防車
No.12 ゴーゴーエイダ― 救急車
No.13 ゴーゴーポリス パトカー

もともとこの3台とゴーゴーチェンジャーはサージェスが災害救助のために開発したものなんです。ボウケンシルバーの登場により敵との対戦にも使用されるようになりました。

そして全ての戦いが終わった最終話では、災害救助の活動をしているこの3台を見ることができます。

ママ
だから消防士さんみたいな銀色のスーツだったのね!

ボウケンシルバーはゴーゴーファイヤーに乗り込み、エイダ―とポリスを呼び出して合体するというしくみです。

もうお気づきでしょうか。元々いるボウケンジャー5人が使うビークルはダンプだったりドリルだったりと、プレシャスを探す時や大きな工事で使うような車両なんですね。

それらも充分にカッコいいのですが、ボウケンシルバーのビークルは街でも大活躍の車両たちですからね!男子なら心をうばわれること間違いなしです。

肩と頭についているノズルから大量の水を放出する「トリプルリキッドボンバー」は敵を倒す必殺技でもあり、災害時には消火にも使えるんですよ。

また、両手のこぶしから光弾を発射する「ナックルバルカン」は、たった3秒で戦車ですら穴だらけにしてしまうんです。

さらにさらに、エイダ―とポリスの代わりに、ドリルとシャベルが両腕に合体したこともあったんです。すると戦闘力は大幅にアップして、シルバーはひとりで仲間たちを守ることに成功しました!

キラッとかがやくボウケンシルバーの初登場は19話

ボウケンジャーは最初5人組でスタートしています。そしてボウケンシルバーは6人目の戦士として第19話で初登場しているんです。

この時出現していた新しい敵はボウケンジャーたちのエネルギー源である「パラレルエンジン」の力を無効にする技を持っていて、ボウケンジャー5人はまったく歯が立たない状況に追い込まれていました。

そこに登場したシルバーは、なんと新しいシステム「ネオパラレルエンジン」がエネルギー源だったため、敵からの妨害を受けずに戦うことができたんですよ!

パパ
めっちゃくちゃ頼もしいじゃないか~!

でも実は、シルバーの変身者は17話から登場しているんです。ボウケンシルバーとして迎え入れられていたのに、なかなか心が決まらずに変身できないでいたんですよ。

この初登場回で変身して戦ったのでボウケンジャーたちは危機を逃れることができましたがまだ彼の心は決まらず、この時には「これでやっと仲間だね!」とはならなかったんです。

普通は変身しちゃえばもう仲間って感じがしますよねぇ?これはなにか事情がありそうです。乙女心ばかりが複雑なわけではありませんよ。男だって複雑な思いを抱えることはあるんです。

ボウケンシルバーがどんな事情をもち、どんな気持ちでいたのかは次でご紹介していきましょう。

そんなボウケンシルバーが活躍する轟轟戦隊ボウケンジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓


ボウケンシルバーに変身する高丘映士

ボウケンシルバーに変身する高丘映士を紹介します。まずはざざ~っとプロフィールを確認していきましょう!

  • 名前:高丘映士(たかおか えいじ)
  • 年齢:24歳
  • 血液型:不明
  • 身長 :175cm
  • 所属:サージェス(Search Guard Successor:SGS)財団/サージェスレスキュー
  • コードネーム:シルバー
  • 名乗り:眩(まばゆ)き冒険者 ボウケンシルバー
  • 以前の職 :アシュの監視者
  • 特技 :高丘流の術
  • 苦手なもの:報告書作成
  • 好物:野菜、特に生野菜
  • 大切な宝:仲間との冒険 

明るい茶色のロングヘアにひとすじの白い髪の毛が、それだけでミステリアスな雰囲気を感じさせます。

戦士がエクステなんてオシャレ~!と思われるかもしれませんが、そうではありませんよ。この白髪にも深い意味が隠されています。

そして黒いロングコートを着て、錫杖(しゃくじょう)という長い金属製の棒を持っているのが定番スタイルです。

黒いコートで思い出すのはコレじゃない?

1999年に公開された「マトリックス」は3部作の完結編であるリローデットが2003年に公開された。

そして18年ぶりとなる2021年5月に、マトリックス4が公開されるそう。主役の「ネオ」はもちろんキアヌ・リーブス。 

写真の厳しい表情をみても、彼がファッションやモテたい!という思いからこんな格好をしているわけではないことが、なんとなく感じられませんか?

え?モテたいからだと思った?それは戦隊ファンとしてまだまだですねぇ(笑)でもそんなあなたのために、高丘映士の姿の謎をこれから解説していきます。

高丘映士の生い立ち

高丘映士は代々「アシュの監視者」である高丘家の生まれです。小さい頃から父がアシュが悪さをしないか見張ったり、悪さをしたらやっつけたりするのをカッコいい!と思って育ってきたんでしょうね。

アシュとは?

作中では「悪魔や妖怪のような悪い怪物のモデルとなった生物」と言われてい大昔はたくさんいたが、百鬼鏡(ひゃっきかがみ)というプレシャスによってそのほとんどが百鬼界に封じ込められた。

もともとは人類が進化していく中で枝分かれした者たちなので、ルーツは人間と同じである。「アシュ」というのは「亜種」の読みからついた名前と考えられる。

われわれヒトは「動物界脊索動物門哺乳綱サル目ヒト科ヒト属sapiens種」という分類階級で表されているだが亜種とは種の下の区分のことなので、アシュが本当にいるとしたら「sapiens種の亜種」ということになる。

という難しい話が気になる方はあとで調べていただくとして、つまり「人間とほとんど一緒なのに怪物扱いするとは何事じゃ~!」「人間より我らの方がえらいんじゃ~!」と不満たっぷりな者たちなのである。

映士は母と暮らした記憶がなく、父はいつも「優しくて美しい人」と母の話をしてくれていました。

そんなある日、映士が10歳くらいの頃のことです。父とアシュ・ガイが出会い戦いになった時、映士をみつけたガイが「あいつが人間とアシュのハーフか~」と余計な事を言ってくれちゃったんです。

そうなんです、映士はアシュの監視者とアシュの女性の禁断の愛の末に生まれた子どもだったんです。怪物で悪いヤツだとずっと思ってきたアシュのひとりが自分の母だったなんて、少年はショックを受けるに決まってますよね。

映士はあまりのショックにパニックを起こし、それが引き金となりアシュの姿になってしまうんです。そうなるとケモノのように理性なんてぶっとんでしまうんですね。

映士は真っ白な髪の毛と口からはキバを生やし目をギラギラと光らせながら、我を失って叫び続けます。父はそれを抱きしめて押さえ、お母さんとは本当に愛し合っていたんだと必死に伝えるのですが、後ろからガイに斬りつけられて深い傷を負ってしまうんです。

次に映士が意識を取り戻して父を見た時、父はもう虫の息でした。そして映士は一度アシュになってしまった印として、髪の毛が一筋だけ白く変わってしまっていました。

傷を負った父は痛みをこらえながら映士に錫杖(しゃくじょう)を渡します。

この錫杖はアシュが苦手とするものだから、これさえ持っていれば映士もアシュの姿にならなくて済むと教えてそれを手渡し、父は息を引き取りました。

その時から映士にとってアシュはただ監視する相手ではなく、絶対に滅ぼしてやるという憎むべき相手になりました。

中でも父をうばったガイは許せません。そして、自分をハーフとして世に送り出し、父が亡くなるキッカケを作った母も許せません。さらには、自分の中に流れるアシュの血だって憎しみの対象です。

そんな憎しみと苦しみを抱え、父から引き継いだ黒いコートと錫杖を身に着けて高丘映士はたったひとりでアシュを滅ぼすために戦いはじめました。

そんな孤独(こどく)な映士はどんな青年に成長しているのでしょうか?

高丘映士はどんなキャラ?性格や能力!

人間とアシュのハーフで幼いころに父まで亡くし、孤独にアシュと戦ってきた映士のことを「かわいそうな少年」「悲劇のヒーロー」と思っている方もいるかもしれません。

でもそれだけでは終わりません。個性的で近寄りがたいような、それでいて親しみも感じられるなかなか魅力的な男でもあるんです。

【子どもたちのお手本「俺様のおやつは生野菜」】

高丘映士といえば忘れてはいけないのが「生野菜」です。初登場でセロリの丸かじりをしていたのが有名なんです。

常に生野菜を持ち歩いていて、ボウケンジャーの一員となった時には他のみんなにひとつずつ、「これからよろしくね」といった様子でまるごとの野菜を手渡す場面がありました。

さらには敵にまで持ち歩いていた野菜を分けてあげたことがあったんです。なかなか情のあつい男なんですよ。

映士が野菜を分けてあげた敵とは?

ゴミから間違って生まれてしまった「アクタガミ」は敵役だがボケ~っとしていて憎めないキャラクターで、映士は「倒すまでもない」と言って見逃し、キュウリをあげた。

その後、「知恵の実」を食べたことでとても賢くなり、地球を汚す人間たちを倒そうとするが映士のことは傷つけようとしなかったのである。 

映士が生野菜を食べることは子どもたちへの「野菜を食べよう」というメッセージが込められていて、実際に映士を見て野菜をバリバリ食べられるようになった子どももいるんだそうです。

また、トークショーではお母さんから「どうしたら子どもが野菜を食べられるようになりますか?」といった質問も飛び出すなど野菜大使としてのキャラも定着させています。

【特殊能力がある!】

アシュの監視者として作中に登場するのは高丘家だけなんです。そんな高丘家に受けつがれてきた能力についても調べました。

映士は右手を地面にかざしてアシュの居場所や気配を探すことができるんです。「アシュは自分ひとりで倒したい」という思いが強いので仲間を遠ざけひとりで捜索する場面もありました。

ただ、地面に膝をつくという姿勢で眉間に苦しそうなシワを寄せて神経を集中し、地面にかざした手の甲には浮き出た血管がプルプルと震えているという異様な様子ですから、すぐにレッドに見破られていましたよ。

そして、アシュの監視者として高丘流の技を持っています。

技の名前 どんな技?
アシュ魂滅(こんめつ) 倒したアシュが二度と復活しないように消し去る
邪気貫通(じゃきかんつう) アシュが作った結界に入るための唯一の手段

さらに、アシュの血を引いているせいかとても運動能力が高く、高いビルの非常階段から飛び降りたりするのもへっちゃらです。また、見た目は青年ですが実はもっと長い間生きているのでは?とも言われています。

【自分のことを<俺様>と呼ぶ!?】

他人に対して偉そうな態度をとる男性のことを「俺様キャラ」なんて言いますが、実際に「オレサマは~」と自分のことを呼ぶのって聞いたことありますか?

そもそも本当に人から「様」をつけて呼ばれるような人は、自分で「オレサマ」とは言わないですよねぇ。

このキャラも「おれさま」っていうよ!

「おれさまなんか、メカを作っても作っても、ぜーんぶアンパンマンにやられるんだぞ。けどまた、作るんだ」

映画「よみがえれ!バナナ島」でバナナが実らなくなって元気をなくしたバンナ姫をなぐさめるばいきんまんが男らしいと評判である。 

それでも本人はアシュをやっつける使命感に燃えていたり、ちびっ子が苦手な生野菜をバリバリ食べられちゃったり、普通の人にはない特殊な力を持っていたりするので、どこか「オレはすごいんだぜ~」と思っているところがあります。

ボウケンジャーたちは冒険が大好きだからプレシャスを探す仕事をしていることも、最初は「好きでやってるならいつでもやめられるんだし、遊びみたいなもんだ」と思っていました。

それに対して自分は「使命っていうのは、やめられないものなんだ。やらなきゃいけないんだ」と考えているわけですね~。だからでしょうか。自分以外の世の中みんなを見下しているような態度です。

ママ
映ちゃんって長いこと1人だったからか、ボウケンジャーになってからもみんなと別行動をすることがあるのよね。
パパ
確かにそうだね~。でもそのおかげで良い働きをすることも多いんだよな。

そんな映士がどんなに「オレサマは~」と言ってもだいたいの場面では、はいはいオレサマね~と軽く受け流して良いような雰囲気で進んでいきます。でも「オレサマ」が効いてる良い場面もあるんです!

その場面は、ボウケンシルバーへの変身と深い関係があるんですよ。

シルバーになる決心がなかなかつかない!

たったひとりでアシュを倒す使命を背負い、野菜好きで俺様キャラな映士がどのように仲間と共に戦うことになっていったのかをご紹介していきますね。

【初変身!!】

大昔にアシュが大量に閉じ込められた百鬼鏡をめぐってボウケンジャーたちと出会った映士は、一旦は父の仇(かたき)であるアシュ・ガイを倒しました。その後、レッドから仲間にならないかとスカウトされるんです。

はじめは「俺様は仲間なんていらない」「俺様には使命がある」と断る映士でしたが、復活してパワーアップしたクエスター・ガイに再び出会い、戦いの末に大切な錫杖を折られてしまいます。

今まで錫杖の力を信じていたためにアシュにならずにいられた映士ですが、その力を失ったらどうなるのかという不安のために逃げ出してしまいました。

それを追いかけたレッドはもう一度映士をボウケンジャーにスカウトし、ゴーゴーチャージャーとサガスナイパーを映士に預け「これにはお前の錫杖と同じ力を入れてある」と話すんです。

パパ
サージェスの技術力すごいな!!

それでも映士は納得できません。でも迷いも消えません。映士だって心の底では仲間がほしいし「冒険が好きだから続けている」と言ったレッドの言葉に何か感じるところもあったのでしょう。

しかし迷い苦しんだ末に、アシュの血を抑えきれなくなった映士は戦いの中に飛び込んでいきレッドに襲いかかるのです。

映士がまさにトドメを刺そうとした瞬間「お前の使命はなんだ!?」と問いかけるレッドの言葉で自分を取り戻し

俺様は…高丘の、高丘映士!アシュの監視者っ!!

そしてボウケンシルバーに変身し、敵を追い払いました!

最後にレッドから「サガスナイパーに錫杖と同じ力があるというのはウソ」とネタバレされ、映士は実は自分の中に流れるアシュの血への憎しみが自分をアシュに変えてしまうということに気づかされるんです。

ママ
なるほどね~。憎しみが消えれば、化け物になることもなくなるってことなのね。
パパ
映士は武器の力じゃなくて自分の力でアシュの姿から戻ってきたってことだね~。カッコいいな!

そしてこの戦いによりボウケンシルバーとして仲間になるのかな~と思いきや、男心はそう簡単なものではないようです。みんなの声を振り切り、映士はどこかに消えてしまいました。

【知らなかった母の想い、そして…】

映士はひとりで悩み続けています。自分の中に流れるアシュの血を憎んでいるからその憎しみに飲み込まれてしまう。

自分の心はアシュの血を抑えることができるのか、それは憎い敵を許すことになってしまうのではないか。

真っ暗なトンネルのような悩みの中で出口の光となったのは、やはり仲間の存在でした。ボウケンイエローの菜月から母の「涙の結晶」を渡されて、実は母からずっと愛され見守られていたことに気がつきます。

母は子孫を増やそうとして父に近づいたわけではないし、映士の中にアシュの血は流れているけれどもそれを憎む必要はないと思えたんですね。そして母は映士が孤独に戦うことを望んでいないことにも気づけたんだと思います。

映士も仲間が欲しかったけれど、自分の中にある憎しみを抑えることができなければいつか仲間を襲ってしまうことが怖かったんです。そう、ボウケンジャーたちはすでに映士にとって大切な存在だったんですね。

でも母の想いを受け取ったことによって、憎しみが消え自信に変わりました。

俺はアシュと戦う。だが憎いからじゃない…あいつらと冒険してみたいからだ。……母さん!

ここで初めて映士はボウケンシルバーになる決心がつき、仲間を助けるために戦いの場に飛び込んでいくのでした。

そして晴れて映士に銀色のユニフォームが贈られた場面では、照れたような嬉しそうな顔で受け取っていました。そして父の形見のコートを脱ぎ捨て、映士は新しいスタートを切ったんです。


高丘映士を演じた俳優は出合正幸さん

出合 正幸

引用:カートプロモーション

なんと、さわやかではないですか。黒髪に白シャツで、映士の俺様キャラが見当たりませんね~。どんな方なのか詳しく見ていきましょう。

出合正幸さんは海外志向?出演作品も紹介!

ではでは早速プロフィールを確認いたしましょう。

  • 名前:出合 正幸(であい まさゆき)
  • 誕生日:1981年1月21日(執筆時38歳)
  • 所属:カートプロモーション
  • 趣味:アウトドア キャンプ
  • 特技:殺陣 英語 乗馬 和太鼓 ギター カンフー ボクシング
  • 資格:書道6段 普通自動車免許 大型自動二輪免許

出合さんはジャッキー・チェンさんに憧れて、高校卒業後に上京して俳優の道を目指しました。現在の所属はカートプロモーションなのですが、どうやら最初はアクションで有名な倉田プロモーションに所属されていたようですよ。

2003年に映画デビューした作品は倉田プロモーションの創立20周年記念作品である「黄龍 イエロードラゴン」で、オール中国ロケで撮影されたものなんです。

そしてその次の映画作品は同じく2003年公開の「ラストサムライ」です。ジャッキー・チェンさんに憧れていただけあって、アクションはもちろん、きっと最初から海外を視野にいれて活動されていたんですね。

さらに「47RONIN」にも出演されていました。2011年には5か月間も日本を離れ、ハンガリーとロンドンでの撮影に参加されていたんですよ。

「47RONIN」とは?

2013年公開のアメリカ映画で、忠臣蔵をモチーフにしている。

世界を相手に好きな仕事ができるなんてひとりの男としても憧れてしまいますね~。そして出合さんのプロフィールにも特技と書かれている英語力はというと…こんな動画を見つけました。

少し照れているようにも見えますが、堂々たるインタビューではないですか?ファンの女性からするとこの照れ笑いもたまらないのではないでしょうか。

日本語でも自己紹介や自分の言いたい事を表現するのは難しい私から見れば、母国語以外の言葉でこんなにしっかり話せる人を見ると羨ましくなってしまいます。

そして出合さんは海外の映画祭でかなりの高評価を受けているんですよ。

主演映画「陽は落ちる」では2015年マドリード国際映画祭と2016年ミラン国際映画祭で最優秀主演男優賞にノミネートされ、2016年の「さつまおこじょ」ではニース国際映画祭で最優秀助演男優賞を受賞しています。

さらに2018年の「第2警備隊」ではニース国際映画祭2018で最優秀助演男優賞を受賞されているんです。

我らが特撮ヒーロー出合さんが海外で高く評価されているとは、嬉しくなってしまいますよね。

そんな出合さんの出演作品の一部をまとめましたのでチェックしてくださいね。

出合正幸さんの出演作品をご紹介
↓気になる+をクリック↓
ドラマ
2003年 武蔵 MUSASHI 第13話(NHK)
2006年 轟轟戦隊ボウケンジャー(テレビ朝日)
2013年 獣電戦隊キョウリュウジャー(テレビ朝日)
2014年 MOZU Season2〜幻の翼〜(WOWOW)
2015年 デスノート 第1話(日本テレビ)
2018年 BG〜身辺警護人〜 第6・7・8・9話(テレビ朝日)
2019年 4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!! 第1話
映画
2003年 黄龍 イエロードラゴン
ラストサムライ
2006年 轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス
2010年 仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ
2013年 47RONIN
2015年
烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE
陽は落ちる
2016年 さつまおこじょ
2017年 無限の住人
2018年 第2警備隊
ウスケボーイズ

出合正幸さんと特撮作品

出合正幸さんといえば特撮作品に出演されていることが有名です。高丘映士の他に、どんな役柄を演じていたのでしょうか。

獣電戦隊キョウリュウジャー(キョウリュウグレー)

お、おお…シルバーの次はグレー…少し地味に感じてしまいましたが実はスーパー戦隊シリーズでは「グレー」はこのキョウリュウジャーが初登場なんですよ。

しかも出合さんはなんとこの作品で二役を演じているんです。ひとりはスキンヘッドで拳法の使い手である鉄砕(てっさい)、もうひとりはその子孫である少女漫画家・津古内真也(つこうち しんや)という役柄です。

鉄砕は1500年前に活躍して現在は魂だけという不思議な存在なのに対し、真也は体力やパワーに自信はあるものの優しく穏やかな性格という対照的なキャラクターを演じ分けているんです。

「スーパー戦隊最強バトル!!」に参戦

見てください~!おかえり映士~!向かって右から二番目はたしかに映士ですね!

こちらは2019年に4週連続で放送された「スーパー戦隊最強バトル!!」です。この作品への出演の際の出合さんのコメントがこちらです。

スペシャルのお話をいただいた時、初めは当時のイメージからかけ離れているのではないかと不安でしたが、監督、スタッフの皆様から「やっと映士の復活が叶った」と言っていただけて、安心したと同時にとても感動しました。

約13年の時を経て『轟轟戦隊ボウケンジャー』の高丘映士として参加できたことは、非常にうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。そして、まさかこの復活であの野菜をまた食べることになるとは……!!

そうそう、出合さんは映士役であれだけ生野菜をかじっておきながら、セロリが苦手なんでした(笑)

これはもうファンの間では有名な話になっているので、放送の時に視聴者はニヤニヤが止まらなかったのではないでしょうか。

仮面ライダーW(トリガードーパント)

仮面ライダーWでは敵役を演じていらっしゃいました。劇場版に登場した強敵なんですよ。鋭い目つきが悪そうで強そうですよね。

詳しくはこちらの記事をチェックしてくださいね!

ボウケンシルバーのスーツアクターは日下秀昭さん!

銀色のスーツに身を包んでボウケンシルバーとしてカッコいいアクションを見せてくれたのは、アクション俳優の日下秀昭(くさか ひであき)さんです。

なんと日下さんは、スーパー戦隊シリーズ史上初のあの銀色の戦士も演じていたんです!

日下秀昭さんってどんな人?

とても優しくてイキイキとした目をされている、この大柄な男性が日下さんです。 知る人ぞ知る「スーツアクター界のレジェンド」と呼ばれる日下さんのプロフィールを確認していきましょう。

  • 名前:日下秀昭
  • 生年月日:1957年9月6日(執筆時62歳)
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:184㎝
  • 職業:アクション俳優
  • 活動歴:1980~2019年

これまで38年間にもわたって巨大ロボを演じてきたレジェンドと呼ばれ、「ジャパンアクションアワード2019」では特別功労賞を受賞されています。

素晴らしい功績をお持ちの方だと思いませんか?特撮の世界でひとつの歴史を作ってきた方と言っても言い過ぎではないですね。

2018年にプライベートで腰を痛めたことでスーツアクターは勇退され、今後は若手の育成や俳優業を中心に活動されることになりました。

ご勇退となると少し寂しい気もしますが、確かな実績のある日下さんに指導してもらえる若手俳優さんたちは幸せですね!活躍できる方がどんどん出てくるんじゃないかと思います。

現役最後の作品は2018~2019年に放送された「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」で、ルパンカイザーとパトカイザーを演じられました。

このロボットに人間が入って動かすってかなり大変だろうなって思いませんか?めちゃくちゃ動きづらそうですよね。関節なんて曲げられるんでしょうか。バランスも悪くて、うっかりしたらすぐ転んでしまいそうです。

これは還暦をすぎた方にやらせちゃいけないんじゃない?って思うんですが、現場のスタッフの方々からは「もはや職人技」と言われていたんですよ。

このように巨大ロボに入ったら天才ともいえるような日下さんのひとつの転機となった作品が、なんと銀色の戦士と関係しているのです!

初めて演じたヒーロー役は…

こちらは「電磁戦隊メガレンジャー」のメガシルバーです。6人目の追加戦士であり、スーパー戦隊シリーズ初の銀色の戦士なんです!

プロトタイプのスーツを改良したため2分30秒しか戦えないのですが、メガレンジャー5人の性能をあわせ持った「最強の助っ人」と呼ばれる存在だったんですよ。

今まであんな動きづらそうなロボットを演じていたわけですから、日下さんはヒーローの身軽さに驚いたかもしれませんね。細かい体の動きを使って表現することも新鮮だったのではないでしょうか。

日下さんはこのメガシルバーを演じて以降、ヒーロー役も演じるようになりました。追加戦士・銀色となると、ボウケンシルバーを演じたのも何かの縁と感じてしまいますよね~。

そんな日下秀昭さんがボウケンシルバーを演じた轟轟戦隊ボウケンジャーの「1話〜最終話」を今なら全話まとめて無料で見れます↓↓

まとめ

  • ボウケンシルバーは轟轟戦隊ボウケンジャーの6人目の戦士
  • ボウケンシルバーは災害救助用アイテムを使用
  • 変身者の高丘映士はアシュと人間のハーフ
  • 高丘映士は母と仲間のおかげでボウケンシルバーになる決心をした
  • 演じた出合正幸さんは海外映画祭で高い評価を得ている
  • 出合正幸さんは3つの特撮作品に出演している

ボウケンシルバーは6人目という役柄にふわさしく、初登場から視聴者の心をグイグイ引き込んでくれました。ひとりで3台のビークルをあやつる「サイレンビルダー」最高にカッコよかったです。

変身する高丘映士もワケありでしたが、まさか人間ではないとは驚きでしたよね。でもそんな生い立ちを乗り越え、仲間とともに冒険に夢中になっていく姿に勇気をもらえました。

高丘映士を演じた出合正幸さんは海外で評価されはじめているので、そのうち出合さんが出演している特撮作品も海外から注目されるかもしれませんね!楽しみにしたいと思います。

久しぶりにスーパー戦隊シリーズが見たい!しかも無料で見たい!と思っている方いませんか?そんな方にこっそりと無料で安全に見る方法を教えちゃいます↓↓

昭和のスーパー戦隊

平成のスーパー戦隊

子供の思い出の為に今すべきこと

子供が大好きなキャラクターショー!子供にとってキャラクターとのふれあいは一生の宝。僕も昔にデパートの屋上であったキャラクターショーにつれていってもらった思い出は今でも覚えています。

子供ながらに感動しっぱなしだったなぁ。

スマホやPSP,任天堂DS、switchなど今はたくさん遊ぶものがありますが、キャラクターショーには心の中に一生残る魅力があります。

子供の為にも親として一度は連れていってあげて欲しい。

面倒臭いあなたの為にキャラクターショーの全てを調べました。

子供の心に残る一生の思い出を作るキャラクターショーはこちらです↓

【毎日更新】2019年仮面ライダーゼロワンショー&ジオウショー都道府県別の日程一覧!歴代ライダーも!

【毎日更新】アンパンマンショー!全国の全イベント無料有料を徹底調査!【秋の日程更新中】

【毎日更新】2019年全国スタートゥインクルプリキュアショー&HUGっとプリキュアショー徹底調査!

【毎日更新】2019騎士竜戦隊リュウソウジャーショー全国の全イベントまとめ